素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

Timothy B. Schmit/Leap of Faith

2016-09-27

19650.jpg Timothy B. Schmit/Leap of Faith(Benowen Records/TBSCD001/CD/0860826000307)

2016年新作がCDリリース!

イーグルスのベーシストでありソロとしても輝かしいキャリアを持つレジェンドTIMOTHY B. SCHMIT。

09年『EXPANDO』以来7年振りとなる本作は、TIMOTHY自身のLAのスタジオで録音された6作目のソロ・アルバム。

ベースをアコースティック・ギターに持ち替えた全12曲、軽快なオープニング・トラック"MY HAT"からファンキーなマッスル・ショールズ・フィールの"WHAT I SHOULD DO"、PAUL FRANKLINのスティール・ギターも効果的なトラッド・カントリー"GOODBYE, MY LOVE"にハートフェルトな"THIS WALTZ"まで、ロック、カントリー、アメリカーナ、R&B、レゲエと自由に行き来する大人のロック・アルバムに仕上がっています。

1.My Hat
2.Slow Down
3.All Those Faces
4.I Refuse
5.What I Should Do
6.Goodbye, My Love
7.You're so Wild
8.It's Alright
9.Red Dirt Road
10.The Island
11.Pearl on the String
12.This Waltz

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS160926-14

●ティモシー・B・シュミットのウェブサイトは下記です
http://www.timothybschmit.com/#


Posted by uncledog at 13:21:28 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/19650

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE