素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

Bill Kirchen & Austin De Lone/Transatlanticana

2016-10-04

19553.jpg Bill Kirchen & Austin De Lone/Transatlanticana(RED HOUSE RECORDS/RHR-CD-296/CD/0033651029625)

元コマンダー・コディ・アンド・ヒズ・ロスト・プラネット・エアメンのビル・カーチェンと元エッグズ・オーヴァー・イージーのオースティン・ディローンによる2016年新作アルバム「トランスアトランティカーナ」。

70年代に活躍したカントリー・ロック・バンド、コマンダー・コディ・アンド・ヒズ・ロスト・プラネット・エアメンはビル・カーチェンのトレード・マークとも言えるテレキャスター・ギターをフィーチャーした1972年の全米トップ10入りしたヒット曲「ホット・ロッド・リンカーン」で知られています。

エッグズ・オーヴァー・イージーは米国で結成されたバンドですが、英国に渡ってパブ・ロック・バンドとして成功したバンドとして有名です。

70年代に活躍したルーツ・ロック系バンドのギターリスト、2名による2016年のスタジオ・レコーディングによる新作はカントリー・ロック、ルーツ・ロック、パブ・ロック等のファンは要チェックな素晴らしい内容に仕上がっています。

冒頭の「ハウンズ・オブ・ザ・ベイカーズフィールド」は故マール・ハガードに捧げられたベイカーズフィールド・サウンドの楽曲です。

テキサスを代表するシンガー・ソングライター、ブッチ・ハンコックの作品「オックスブラッド」ではブッチ・ハンコック自身がデュエットでゲスト参加しています。

ラストを飾るのはボブ・ディランの名作「時代は変わる」で、ロック色の強いプレイをしています。

1.Hounds of the Bakersfield
2.Wine, Wine, Wine
3.Let's Rock
4.Oxblood
5.Think It Over
6.Warm and Tender Love
7.No Need for Knocking
8.All Tore Up
9.Already Walking
10.Back in the Day
11.Somebody's Going Home
12.The Times They Are A-Changin

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS16100318

●下記サイトで試聴可能です
https://www.redhouserecords.com/store/transatlanticana


Posted by uncledog at 13:34:31 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/19553

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE