素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

 
 

Carl Mann/Rockabilly Renaissance

2016-08-17

19546.jpg ◆入荷いたしました♪

<輸入盤新譜CD情報>

Carl Mann/Rockabilly Renaissance(Jaxon Records/CD/0190394704568)

米国のロカビリー界の大物アーティストとして有名なカール・マンの2016年新作アルバム「ロカビリー・ルネッサンス」。

1959年、16歳だったカール・マンは後に伝説のドラマーとなるW.S.ホーランドを含むトリオ編成でメンフィスのサン・レコーディング・スタジオに行き、スタンダード・ソング「モナリザ」を3テイク、レコーディングしました。この曲がフィリップス・インターナショナル・レコーズからリリースされ、最も売れたロックン・ロールのレコードの1枚となったのは周知の事実。それをきっかけにエルヴィス・プレスリーで有名なサン・レコーズの重要アーティストの一人となりました。

時は流れ、2012年のこと。カールはリッキー・ネルソンやビル・ブラックズ・コンボ等をプロデュースしていたラリー・ロジャーズとコンビを組み、カールのホームタウンであるテネシー州はジャクソンのダウンタウンにあるジャクソン・レコーズ・スタジオで新作のレコーディングを開始しました。

カールとラリーはナッシュビルにあるスタジオ19でもレコーディングをおこないましたが、このスタジオはエルヴィス・プレスリーのギターリストとして有名なスコッティ・ムーアが所有していたスタジオです。

この新作では「モナリザ」の新たなリメイク・ヴァージョンやロックン・ロールの名曲「メイビー・ベイビー」、「マイ・ベイビー・レフト・ミー」に加えてカール自身による新曲もレコーディングしています。

ロカビリー、オールディーズのファンは要チェックです。

1. I'm Comin' Home
2. Memphis Hair
3. (Gonna) Rock and Roll Tonight
4. Alone with You
5. Maybe Baby
6. Where the Rio De Rosa Flows
7. Move It
8. It's Just a Matter of Time
9. My Baby Left Me
10. Bull of the Woods
11. Danny Boy
12. Good Rockin" Tonight
13. When My Blue Moon Turns to Gold Again
14. Mona Lisa
15. Til the End of Forever
16. Hillbilly Boy with the Rock and Roll Blues

●下記サイトで試聴可能です
http://www.cdbaby.com/cd/carlmann12

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS160816-05


Posted by uncledog at 12:45:01 │Comments(0)TrackBack(0) | 素晴らしき音楽との出会い TOP | 前の記事次の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/uncledog/tapestry/cwtb.cgi/19546

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE