素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

プロフィール
酒と車と音楽をこよなく愛するコワルスキーのようなドリフター
実は元アナログ・ライフ(レコード専門のフリーペーパー)編集長
カテゴリー表示
blog内検索
月別アーカイブ

Wayne Carson/Writer

2017-05-25

20128.jpg Wayne Carson/Writer(Wayne Carson/WC5024/CD/0662582805024)

ダン・ペンの4年振りとなる待望の新作、デモ・シリーズ第4弾「サムシング・アバウト・ザ・ナイト」には親友の音楽ライター、故ウェイン・カーソンとの共作が収録されていた。ダン・ペン自身によるライナー・ノーツの最後には2015年に惜しくも亡くなった友人、音楽仲間のウェイン・カーソンへの追悼メッセージがあった。

米国コロラド州、デンヴァ―出身のソングライター、レコード・プロデューサー、ミュージシャンだったウェイン・カーソンと言えば、アレックス・チルトン率いるボックス・トップスのヒット曲「ザ・レター」「ネオン・レインボウ」「ソウル・ディープ」の作者としてロック・ファンには有名だ。

一方、さらに世界中の方に有名なのはエルヴィス・プレスリー、ブレンダ・リー、ウイリー・ネルソン、ペット・ショップ・ボーイズ、フリオ・イグレシアス等、数多くの有名アーティストにカバーされた「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」。

裏方役として長年活躍してきたウェイン・カーソンが2002年に自主制作盤CDでリリースした今では遺作となった「ライター」はオリジナル・ソングのセルフ・カバー集。

ダン・ペン等、カントリー・ソウルが好きな方は要チェックです。

1. That's It For Love
2. No Love At All
3. Blessing in Disguise
4. A Little Bit Harder
5. Places in Her Heart
6. Love Lite
7. Free Me When You Go
8. Never Thought About Love
9. Soul Deep
10. A Horse Called Music
11. '65 Blue
12. Always On My Mind
13. The Letter

●ウェイン・カーソンのウェブサイトは下記です
http://www.waynecarsonmusic.com/index.htm



Posted by uncledog at 18:50:02Comments(0)TrackBack(0)SSW

PROCUL HARUM/Novum(2LP)

2017-05-25

20160.jpg PROCUL HARUM/Novum(EAGLE ROCK/EAGLP661/2LP/ 5034504166127)

プロコル・ハルムの13作目のスタジオ・アルバムとなる2003年以来の新作スタジオ・アルバム「ノヴァム」がアナログ盤2枚組LPでも登場!

Gary Brooker(vocals, piano)
Geoff Dunn(drums)
Matt Pegg(bass)
Josh Phillips(organ)
Geoff Whitehorn(guitar)

1. I Told On You
2. Last Chance Motel
3. Image Of The Beast
4. Soldier
5. Don’t Get Caught
6. Neighbour
7. Sunday Morning
8. Businessman
9. Can’t Say That
10. The Only One
11. Somewhen



Posted by uncledog at 16:57:36Comments(0)TrackBack(0)ROCK

William C Beeley/Gallivantin'

2017-05-25

20159.jpg <輸入盤新譜情報>

William C Beeley/Gallivantin'(Tompkins Square/TSQ 5401/LP/0856225005401)

William C Beeley/Gallivantin'(Tompkins Square/TSQ 5395/CD/0856225005395)

テキサスのシンガー・ソングライター、ウィリアム・C・ビーリー(ウィル・ビーリー)が1971年に自主制作盤LPでリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ガリヴァンティン」(North Park/NPLP-101/LP)がCDとアナログ盤LPで奇跡の再発!!

オリジナル盤LPは200枚のみのプレスで激レアです。

テキサス、サンアントニオでレコーディングされたファースト・アルバムは初期のボブ・ディランを想起させるようなアコギ一本をバックにした弾き語りで、アシッド感も漂うローナー・フォーク的な雰囲気を持った内容です。

「ユー・エイント・ゴーイン・ノーホエア」はボブ・ディランのカバー、「リトル・ホイール・スピン・アンド・スピン/コダイン」はバフィー・セント・メリーのカバーです。

ティム・バックレー、ディノ・ヴァレンテが好きな方、アシッド・フォーク、サイケ、シンガー・ソングライター等のファンは要チェックです。

再発レーベルのインフォによればウィル・ビーリー(ウィリアム・C・ビーリー)はテキサス、サンアントニオで育ち、自身のコメントによれば常に詩が頭の中に浮かび上がっていたようだ。ゆえにギターを学び、頭の中に浮かんだ詩に曲を付けるようになった。ボブ・ディランやティム・ハーディンのようなフォーク、シンガー・ソングライターに興味を持つようになり、アコースティック・ギター奏法を学んでいった。その頃、友人から教わったのはアニマルズのヒットで有名な「ザ・ハウス・オブ・ザ・ライジング・サン」(邦題:朝日のあたる家)、ボブ・ディランの「ドント・シンク・トワイス」(邦題:くよくよするなよ)であった。

1967年になるとサンアントニオ・カレッジの近くにあった「ドゥーギーズ・ストーンヘンジ」やフォーク・ミュージック系コーヒー・ハウス「ザ・ゲイト・ハウス」に出演し始める。

1970年に友人の協力を得て自主制作盤LPで200枚プレスしたのがファースト・ソロ・アルバム「ガリヴァンティン」。ラジオ局、KTSAのDJ、ロン・ヒューストンとジョニー・オニールの注目を浴びたため、レコーディング契約ができるレコード会社を探すことになる。エレクトラ、キャピトル、A&Mレコーズ等の注目を引いたそうだ。

その頃、マラコ・レコーズと仕事をしていたA&Mのプロモーション担当者、ウェイン・シュラ―のバック・アップによって1974年にはマラコ・レコーズからシングル盤「レインボウ・ハイウェイ」をリリース。複数のラジオ局のチャートに上ったものの大きくはブレイクしなかったようだ。

紆余曲折を経て1976年にマラコ・レコーズで新曲をプレイしたところ、好評を得てセカンド・ソロ・アルバムとなる「パッシング・ドリーム」を1979年にリリース。

「レイニー・サンデイズ」と「スタンディング・アット・ザ・ステーション」がシングル・カットされた。しかし、大きな注目を浴びることもなく、今日に至っている。

今回の2枚のLPの再発をきっかけとしてサード・アルバムとなる新作が2018年にはリリース予定なので今から楽しみだ。

<SIDE A>
1.You Ain't Goin' Nowhere
2.Galivanter
3.Summer Colored Skin
4.Walk
5.And Then I'll Be Gone
6.Carol
7.Easter Sunday Song

<SIDE B>
1.Seasons Are Of Never
2.Weathered Lady
3.Little Wheel Spin & Spin/Codine



Posted by uncledog at 11:45:50Comments(0)TrackBack(0)SSW

Will Beeley/Passing Dream

2017-05-25

20158.jpg <輸入盤新譜LP情報>

Will Beeley‎/Passing Dream(Tompkins Square/TSQ 5418/LP/0856225005418)

テキサスのシンガー・ソングライター、ウィル・ビーリーが1979年にマラコ・レコーズからリリースしたセカンド・ソロ・アルバム「パッシング・ドリーム」がアナログ盤LPのみで奇跡の再発!!

セカンド・ソロ・アルバム「パッシング・ドリーム」のレコーディングはミシシッピ州のジャクソンで行われた。

レコーディングには今ではボブ・ディランやレヴォン・ヘルム(ザ・バンド)とのコラボで有名となったラリー・キャンベルやジェームズ・ストラウド(マーシャル・タッカー・バンド)、著名なセッション・キーボード奏者、カーソン・ホウィットセット等が参加。

再発レーベルのインフォによればウィル・ビーリー(ウィリアム・C・ビーリー)はテキサス、サンアントニオで育ち、自身のコメントによれば常に詩が頭の中に浮かび上がっていたようだ。ゆえにギターを学び、頭の中に浮かんだ詩に曲を付けるようになった。ボブ・ディランやティム・ハーディンのようなフォーク、シンガー・ソングライターに興味を持つようになり、アコースティック・ギター奏法を学んでいった。その頃、友人から教わったのはアニマルズのヒットで有名な「ザ・ハウス・オブ・ザ・ライジング・サン」(邦題:朝日のあたる家)、ボブ・ディランの「ドント・シンク・トワイス」(邦題:くよくよするなよ)であった。

1967年になるとサンアントニオ・カレッジの近くにあった「ドゥーギーズ・ストーンヘンジ」やフォーク・ミュージック系コーヒー・ハウス「ザ・ゲイト・ハウス」に出演し始める。

1970年に友人の協力を得て自主制作盤LPで200枚プレスしたのがファースト・ソロ・アルバム「ガリヴァンティン」。ラジオ局、KTSAのDJ、ロン・ヒューストンとジョニー・オニールの注目を浴びたため、レコーディング契約ができるレコード会社を探すことになる。エレクトラ、キャピトル、A&Mレコーズ等の注目を引いたそうだ。

その頃、マラコ・レコーズと仕事をしていたA&Mのプロモーション担当者、ウェイン・シュラ―のバック・アップによって1974年にはマラコ・レコーズからシングル盤「レインボウ・ハイウェイ」をリリース。複数のラジオ局のチャートに上ったものの大きくはブレイクしなかったようだ。

紆余曲折を経て1976年にマラコ・レコーズで新曲をプレイしたところ、好評を得てセカンド・ソロ・アルバムとなる「パッシング・ドリーム」を1979年にリリース。

「レイニー・サンデイズ」と「スタンディング・アット・ザ・ステーション」がシングル・カットされた。しかし、大きな注目を浴びることもなく、今日に至っている。

今回の2枚のLPの再発をきっかけとしてサード・アルバムとなる新作が2018年にはリリース予定なので今から楽しみだ。

<SIDE A>
1.Standing At The Station
2.Sailin' With You
3.Tell Me How Are You
4.I Can't Pretend Much Longer
5.I Don't Know What I'm Into

<SIDE B>
1.Rainy Sundays
2.Circle
3.I Saw Jesus Peekin' Through A Hole In The Sky
4.Passing Dream
5.As The Darkness Of The Heaven



Posted by uncledog at 11:36:26Comments(0)TrackBack(0)SSW

Little Steven/Soulfire

2017-05-24

20095.jpg ◆輸入盤新譜CDがお先に入荷いたしました♪

<輸入盤新譜情報>

Little Steven/Soulfire(Ume/UMEB002649602.2/CD/0602557477498)

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17052214

Little Steven/Soulfire(Ume/2LP)

ブルース・スプリングスティーンのバック・バンド、E-ストリート・バンドのギターリストとして70年代から活躍してきたリトル・スティーヴンの2017年新作アルバム「ソウルファイア」。

JACKSON BROWNEをしてグレイトなソングライターと言わしめ、JACKSON BROWNEも録音したVAN ZANDTのプロテスト・ソング"I AM A PATRIOT"はEDDIE VEDDERもお気に入りというシンガー・ソングライター、DJ、俳優、そしてもちろんSOUTHSIDE JOHNNY AND THE ASBURY JUKESのプロデューサー/ソングライターを経てBRUCE SPRINGSTEEN & THE E STREET BANDのギタリストとして知られた東海岸の異才、LITTLE STEVENことSTEVE VAN ZANDT。実に18年ぶりとなる新作ソロ・アルバムが登場です。

STEVEN VAN ZANDTが初めて書いた曲でもあり、SOUTHSIDE JOHNNYの1STアルバムのタイトル・トラックとなったクラシック"I DON'T WANT TO GO HOME"をはじめ、盟友SOUTHSIDE JOHNNYやGARY U.S. BONDSへ提供した楽曲や自身のレコード・レーベルWICKED COOLの所属バンドTHE COCKTAIL SLIPPERSらへ提供した楽曲のセルフ・カヴァー曲群に、女性バック・シンガーによるゴスペルを伴ったファンキーでソウルフルなオープニングのタイトル・トラック新曲"SOULFIRE"、元々82年のデビュー作のために書かれたもののお蔵入りとなった一曲で、自身のドゥーワップ・ルーツに迫った"THE CITY WEEPS TONIGHT"、初期ASBURY JUKESのアルバムに入っていてもおかしくないロッキン"I SAW THE LIGHT"に、JAMES BROWNのブラックスプロイテーション・ソング"DOWN AND OUT IN NEW YORK CITY"やシカゴ・ブルースを辿るETTA JAMESの"THE BLUES IS MY BUSINESS"などなど、スウィートなソウルにヴィンテージなリズム&ブルースとロックンロールが一体となり、STAX-VOLTなR&Bホーンとパワー・コードにMOTOWNなフックとコーラスでかつてジャージー・ショア・サウンドといわれたソウル・ロックが詰まった渾身の一枚です。

1 Soulfire
2 I'm Coming Back
3 Blues Is My Business
4 I Saw the Light
5 Some Things Just Don't Change
6 Love on the Wrong Side of Town
7 The City Weeps Tonight
8 Down and Out in New York City
9 Standing in the Line of Fire
10 Saint Valentine's Day
11 I Don't Want to Go Home
12 Ride the Night Away

●リトル・スティーヴンのウェブサイトは下記です
http://www.littlesteven.com/



Posted by uncledog at 15:20:35Comments(0)TrackBack(0)ROCK

室矢憲治/67~69 ロックとカウンターカルチャー 激動の3年間:サマー・オブ・ラブからウッドストックまで

2017-05-24

20157.jpg 室矢憲治/67~69 ロックとカウンターカルチャー 激動の3年間:サマー・オブ・ラブからウッドストックまで(河出書房新社/BOOK/9784309278391)

音楽、映画、文学、演劇、そして政治と社会......。すべてが引火し合って爆発したカウンターカルチャーの時代。伝説の《ウッドストック》に至る3年間を当時の写真とともに振り返る。佐野元春氏推薦!

室矢憲治:
1953年生まれ。滞米生活中ビートルズからウッドストックをリアル体験。パイオニア・ロックライターとして著訳書多数。

●上記国内新刊書籍は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17052215



Posted by uncledog at 15:13:50Comments(0)TrackBack(0)ROCK

Ken Whiteley/Freedom Blues

2017-05-24

20156.jpg Ken Whiteley/Freedom Blues(Borealis Recording/BORE242.2/CD/0773958124226)

ルーツ・ロック、ジャグ・バンド・ミュージック等のファンには有名なカナダのオリジナル・スロース・バンドのメンバー、ケン・ホイットリーの2016年新作アルバム「フリーダム・ブルース」。

いぶし銀のブルースをプレイしています。

1.Bring It All Right Down
2.Freedom Blues
3.Freedom Is a Constant Struggle
4.Throw Me Anywhere
5.Omar Khadr's Blues
6.Give Your Hands to Struggle
7.Sewing Machines
8.Right Here in My Town
9.Halls of Folsom
10.The Other Shore
11.Midnight Special
12.I Shall Be Released

●ケン・ホイットリーのウェブサイトは下記です
http://www.kenwhiteley.com/



Posted by uncledog at 14:31:38Comments(0)TrackBack(0)SSW

鈴木カツ/ボブ・ディランのルーツ・ミュージック

2017-05-24

20141.jpg <国内書籍新刊情報>

鈴木カツ/ボブ・ディランのルーツ・ミュージック(リットー・ミュージック/MBK/9784845630585)

ノーベル文学賞受賞のルーツ背景

発売予定日:6月13日
定価:(本体1,600円+ 税)
仕様:四六判/350ページ(予)
著者:鈴木カツ
ISBN:9784845630585

ボブ・ディランのルーツを解き明かした決定版

2016 年、ノーベル文学賞受賞で世界的に話題となったボブ・ディラン。彼の詩作の原点となったグッド・オールド・ミュージックを徹底紹介した『ボブ・ディランのルーツ・ミュージック』を書き下ろしを加えて復刊。

アメリカのフォーク、カントリー・ブルース、ジャズ、ブルーグラス、R&B、ロックンロールなど多岐にわたるディランのルーツを徹底的に解き明かします。

ディラン初期7 枚のアルバムの全曲解説、ディランがDJを務めていた衛星ラジオ放送「テーマ・タイム・ラジオ・アワー」の完全選曲リスト、最新作『トリプリケート』のレビューも収録。

《CONTENTS》

◎第1 章:ノーベル文学賞受賞のあれこれ
◎第2 章:独自の詩創作(歌詞)に影響を与えた音楽家
さまざまな音楽背景/ロックンロール狂だった十代/南部カントリーにはまって・・・/
ニューヨーク・フォーク・シーンからの影響/黒人音楽、ブルースに触発された青年時代/聴き狂ったトラッド・ソング
◎第3 章:ボブ・ディランのルーツ・グラフィティ
◎第4 章:1962 年-1968 年 オリジナル・アルバム全曲ガイド
◎第5 章:ディランの衛星ラジオ放送『テーマ・タイム・ラジオ・アワー』の全貌



Posted by uncledog at 13:12:11Comments(0)TrackBack(0)ROCK

John Batdorf/Next Stop, Willoughby(BAT MAC MUSIC/CD)

2017-05-24

19985.jpg ◆好評販売中♪素晴らしい内容です♪

<輸入盤新譜CD情報>

John Batdorf/Next Stop, Willoughby(BAT MAC MUSIC/88295/CD/0888295564694)

70年代初頭LAで結成された西海岸のさわやかな男性フォーク・ポップ・デュオ、バドーフ&ロドニー(ジョン・バドーフ&マーク・ロドニー)の片割れ、ジョン・バドーフが2017年新作アルバム「ネクスト・ストップ、ウィロウバイ」をリリース!!

全曲捨て曲無しの素晴らしい佳作に仕上がっています。特にお薦めは2曲目の「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・ユー」。美しいアコースティック・サウンドをバックにした甘くちょっと切ないジョンのボーカルが聞く者の心に溶け込んでいくこと必至でしょう。

プロデュース、アレンジ、ミックス、ボーカル、全楽器、全てをジョン・バドーフが担当した意欲作です。

CSN(クロスビー、スティルス&ナッシュ)が好きな方にお薦め!!

なお、ジョン・バドーフ自身によるライナーには下記のようなコメントが記載されています。

幼少の頃から音楽が頭の中で鳴りやまなかった。常にメロディーや歌詞、古き良き唄のアイディアのことに関心を抱いていたものだった。

ソングライターにとって唄のアイディアがどのように浮かんでくるのかはよくわからない。唄のアイディアをありがたく受け取り、唄を完成させて世界中のリスナーと音楽をシェアできることはとても名誉なことだと思う。

時に今まで出会ったことの無い方に大きな影響を与えることもあるようだ。ソングライターは大切な唄を生み出していく。リスナーの方にとって必用な唄がこのアルバム(CD)にあるのかも知れない。サポートに感謝しています。

是非、ご試聴をお薦めいたします♪

1.Willoughby
2.I'm In Love With You
3.Don't It make You Wonder Why
4.Sure Could Use Some Love
5.They Can't Have Everything
6.Unanswered Prayer
7.Take A Look At You Now
8.I Remember You
9.The One That Got Away
10.I Was The One

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17040406


●下記サイトにて試聴可能です
http://www.airplaydirect.com/music/NextStopWilloughby/

●下記サイトにて購入可能です
http://johnbatdorfmusic.com/product/next-stop-willoughby/



Posted by uncledog at 11:57:21Comments(0)TrackBack(0)SSW

Bruce Springsteen and the E Street Band/Olympia stadion Helsinki, FI July 31, 2012(Bruce Springsteen/CDR)

2017-05-24

20155.jpg <輸入盤新譜CDR情報>

Bruce Springsteen and the E Street Band/Olympia stadion Helsinki, FI July 31, 2012(Bruce Springsteen/CDR)

ブルース・スプリングスティーンの2012年7月31日、フィンランドの首都、ヘルシンキにあるオリンピック・スタジアムにて開催されたコンサートのライヴ音源の登場!!

Bruce Springsteen(Lead vocal, electric and acoustic guitars, harmonica)
Roy Bittan(Piano, electric keyboards, accordion)
Nils Lofgren(Electric and acoustic guitar, pedal steel, vocal)
Garry Tallent(Bass)
Stevie Van Zandt(Electric guitars, mandolin, vocal)
Max Weinberg(Drums)
Soozie Tyrell(Acoustic guitar, violin, percussion, vocal)
Charlie Giordano(Organ, electric keyboards)
Everett Bradley(percussion, vocals)
Curtis King(vocals, percussion)
Cindy Mizelle(vocals)
Michelle Moore(vocals)
Jake Clemons(Saxophones, percussion, vocal)
Barry Danielian(trumpet)
Clark Gayton(trombone)
Eddie Manion(saxophone)
Curt Ramm(trumpet)
Jon Landau(guitar on "Higher & Higher" and "Twist & Shout")

1. Rockin' All Over The World
2. Night
3. Out in the Street
4. Loose Ends
5. Prove It All Night
6. We Take Care Of Our Own
7. Wrecking Ball
8. Death To My Hometown
9. My City of Ruins
10. Does This Bus Stop at 82nd Street?
11. Be True
12. Jack Of All Trades
13. Downbound Train
14. Because the Night
15. Lonesome Day
16. Darlington County
17. Light Of Day - Land Of 1000 Dances
18. Shackled And Drawn
19. Waitin' on a Sunny Day
20. Back In Your Arms
21. The Rising
22. Badlands
23. Land of Hope and Dreams
24. We Are Alive
25. Born in the U.S.A.
26. Born to Run
27. Detroit Medley
28. Glory Days
29. Dancing in the Dark
30. Tenth Avenue Freeze-Out
31. I Don't Want To Go Home
32. (Your Love Keeps Lifting Me) Higher and Higher
33. Twist and Shout

●下記ボスのサイトで試聴可能です
http://live.brucespringsteen.net/live-music/0,16397/Bruce-Springsteen---The-E-Street-Band-mp3-flac-download-7-31-2012-Olympiastadion-Helsinki-FI.html



Posted by uncledog at 10:05:06Comments(0)TrackBack(0)ROCK

diskunion.netROCK WEB
May/2017
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事の表示
リンク集
最新コメント
最新トラックバック