素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

プロフィール
酒と車と音楽をこよなく愛するコワルスキーのようなドリフター
実は元アナログ・ライフ(レコード専門のフリーペーパー)編集長
カテゴリー表示
blog内検索
月別アーカイブ

THE FARAGHER BROTHERS/THE FARAGHER BROTHERS

2017-10-23

20477.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

THE FARAGHER BROTHERS/THE FARAGHER BROTHERS(BIG PINK MUSIC/BIGPINK522/CD/8809270025261)

ソフト・ロック・グループのペパーミント・トローリー・カンパニーやファンク・ロック・グループのボーンズに在籍したジミーとダニーが1976年に結成したファラガ・ブラザーズのファースト・アルバム「ファラガ・ブラザーズ」(ABC Records/ABCD-941/LP)が待望の紙ジャケ仕様で再発CD化。

AOR、ブルーアイド・ソウル、ソフト・ロックのファンは要チェックです。

1. The Best Years Of My Life
2. Never Get Your Love Behind Me
3. It's All Right
4. In Your Time Of Need
5. Please Hurry Up
6. Losing Cause
7. You Touched Me
8. Go Where We Want To
9. Never Felt Love Before
10. Give It Up



Posted by uncledog at 12:51:38Comments(0)TrackBack(0)ROCK

GILLIAN McPHERSON/POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES

2017-10-23

20476.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

GILLIAN McPHERSON/POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES(BIG PINK MUSIC/BIGPINK521/CD/8809270025254)

英国女性フォーク系のファンに人気の高いギリアン・マクファーソンが1971年にリリースした唯一のアルバム「ポエッツ・アンド・ぺインターズ・アンド・パフォーマーズ・オブ・ブルース」(RCA/SF 8220/LP)が待望の紙ジャケ仕様で再発CD化。

ドリーミーで可憐な歌声はフィメール・ヴォーカル・ファンには極上の一枚となっています。

Folk系アレンジャーとして屈指の存在であるロバート・カービーやストローブスのメンバー、デイヴ・カズンズ、マーク・アンド・アーモンドのジョン・マークとジョニー・アーモンド等が参加。

英国オリジナル盤LPは激レアです。

1. Muff The Gong
2. It's My Own Way
3. Look What We've Got To Do
4. They All Want Somebody To Blame
5. Who's At The Deceiving End
6. I Am The Runner
7. Is Somebody In Tune With My Song?
8. We Can't Be The Last Line
9. Flight
10. Lazy Dreamer
11. Poets And Painters And Performers Of Blues



Posted by uncledog at 12:41:44Comments(0)TrackBack(0)FOLK,BLUES & BEYOND

TRAVIS WAMMACK/TRAVIS WAMMACK

2017-10-23

20475.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

TRAVIS WAMMACK/TRAVIS WAMMACK(BIG PINK MUSIC/BIGPINK520/CD/8809270025247)

スワンプ・ロックのファンに人気の高いギターの名手、トラヴィス・ウォマックが1972年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム「トラヴィス・ウォマック」(Fame/FAS-1801/LP)が紙ジャケ仕様でCD化。

スワンプ・ロックのファンは要チェックです。

ミシシッピ生まれでメンフィスを拠点に活動、11歳で初レコーディングを果たし、17歳でヒット曲"SCRATCHY"をモノにしたことで初期はガレージ/インストロ好きに、60年代に入りマッスルショールズのFAME STUDIOSで仕事を始めて以降はスワンプ・ロック好きに愛される南部が誇る高速ギタリストです。。

1. So Good
2. How Can I Tell You
3. Put On Your Shoes And Walk
4. You Better Move On
5. Funk #49
6. You Are My Sunshine
7. Whatever Turns You On
8. Darling You're All That I Had
9. Slip Away
10. I Don't Really Want You



Posted by uncledog at 12:25:57Comments(0)TrackBack(0)SWAMP

HEARTS AND FLOWERS/OF HORSES, KIDS AND FORGOTTEN WOMEN

2017-10-23

20474.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

HEARTS AND FLOWERS/OF HORSES, KIDS AND FORGOTTEN WOMEN(BIG PINK MUSIC/BIGPINK519/CD/8809270025230)

カントリー・ロック、フォーク・ロックのファンには有名なハーツ・アンド・フラワーズが1968年にリリースしたセカンド・アルバムにしてラスト・アルバムとなった「オブ・ホースイズ、キッズ・アンド・フォガトン・ウイメン」(Capitol Records/ST 2868/LP)が紙ジャケ仕様でCD化。

メンバーには後にイーグルスに参加するバーニー・リードンや1971年にリリースした唯一のソロ・アルバム「スウイート・カントリー・スウイート」(Verve Forecast/FTS 3090/LP)がスワンプ・ロックの名作として人気の高いラリー・マレーが在籍。

1. Now Is The Time For Hearts And Flowers
2. Highway In The Wind
3. Second Hand Sundown Queen
4. She Sang Hymns Out Of Tune
5. Ode To A Tin Angel
6. When I Was A Cowboy
7. Legend Of Ol' Tenbrookes
8. Colour Your Daytime
9. Two Little Boys
10. Extra Extra/Rock And Roll Gypsies/Extra Extra



Posted by uncledog at 12:13:16Comments(0)TrackBack(0)ROCK

THE ADVANCEMENT/THE ADVANCEMENT

2017-10-23

20473.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

THE ADVANCEMENT/THE ADVANCEMENT(BIG PINK MUSIC/BIGPINK518/CD/8809270025223)

米国のサイケデリック・テイストを持ったジャズ・ロック・バンド、アドヴァンスメントが1970年にリリースした唯一のアルバム「アドヴァンスメント」(Philips/PHS 600-328/LP)が紙ジャケ仕様でCD化。

Art Johnson(Lead Guitar, Rhythm Guitar)
Lou Kabok(Bass)
Colin Bailey(Drums, Percussion)
Lynn Blessing(Vibraphone)
Hal Gordon(Conga, Percussion)
Richard Thompson(Organ, Harpsichord)

1. Juliet
2. Painful Struggle
3. Stone Folk
4. Grass Mass
5. Sunflower
6. She
7. Moorish Mode
8. Hobo Express
9. Child At Play
10. Fall Out



Posted by uncledog at 11:53:24Comments(0)TrackBack(0)ROCK

北中 正和/ロック史 (立東舎文庫)

2017-10-20

20436.jpg ◆入荷いたしました♪

<国内書籍新刊情報>

北中 正和/ロック史 (立東舎文庫)(リットーミュージック/BOOK/9784845631292)

気軽にロックの歩みを一望できる、音楽愛に満ちた入門書

20世紀半ばに誕生したロックは、なぜ若者の心を捉え、発展していったのか。本書は、その歩みを丹念に追う「ロック入門書」です。

しかし同時に、「音楽の変化も知りたいし、ミュージシャンの過激なエピソードものぞきたいし、レコード産業の裏側も見たいし、ロックを生んだアメリカ社会にも首をつっこみたい」という著者の思いそのままに、ロックを取り巻くさまざまな事柄にも触れている「欲ばりな本」でもあります。

ガイドとして未知のアーティストを見つけるのはもちろん、アーティストの意外なエピソードに驚くのもよし、音楽産業の変化を学ぶもよし、音楽を生み出した社会背景を知るもよし。ロックの歴史からは、さまざまなことが見えてくるはずです。

【目次】
■1. ロックンロールの誕生
熱狂と非難の中で──エルヴィスの登場
ロックンロールは、どこからどうして生れたか
歌より、誰がうたうかが問題だ
ルーツのひとつ、ブルース
レイス・レコードからR&Bに
カントリー&ウェスタンの黄金時代
「ロック・アラウンド・ザ・クロック」の大ヒット
エルヴィスの中で、黒人音楽と白人音楽は一体となった

■2. 反抗のエネルギー
ロックンロールの共通項
ロックの詩人、チャック・ベリー
「ぼく自身が生きた炎なんだ」
豊かな生活に背を向けたビート族
『乱暴者』『理由なき反抗』の青春
反逆のヒーローDJ、アラン・フリード
保守層の反発を買った黒人音楽への肩入れ
新しい消費者の出現
インディ・レーベルの活躍
45回転レコードの普及

■3. 『アメリカン・グラフィティ』の時代
なぜ一九五〇年代のヒット曲を使ったのか
ティーン・アイドルの全盛期
ロックンロールが死んだ年
オールディーズ・バット・グッディーズ
プロデューサーやソングライターの台頭
キャロル・キング、ニール・セダカら都会派の活躍
億万長者になったプロデューサー
「恋やセックス以外にも重要なものがあるんだ」
答は風に吹かれている

■4. ビートルズ・ブームとソウルの誕生
緊張気味のビートルズを待っていたもの
ビッグ・スターは辺境の地から生まれた
ビートルズの発見者、ブライアン・エプスタイン
ビートルズの宣伝作戦
一位から五位までが、すべてビートルズの曲に
?反抗?を売り物にしたローリング・ストーンズ
人の数だけ、ソウルの定義はある
新しい黒人のイメージを作ったモータウン
「黒人であることに誇りを持て」

■5. ウッドストック・ネーション
ボブ・ディラン、フォーク・ロックに転身
「サンフランシスコに行くときは……」
ロックンロールからロックへ
ライヴ活動を停止したビートルズ
「愛こそはすべて」
ウッドストック・フェスティヴァルの熱狂
次第に明らかになった?ユートピア?
巨大化への道を歩み始めたロック・ビジネス
?三十歳以上の人間を信用するな?

■6. ロックの成熟
次から次にヒーローは死んだ
「わたしの手の届くところにいてちょうだい」
「火と雨」の混乱をくぐりぬけて
伝統の再発見としてのカントリー・ロック
イギリスのロックの新しい展開
クールで都会感覚のグラム・ロック
黒人音楽の行方を占うヒット曲
ファンクのスーパースター
音のないタイトル曲「暴動」
クロスオーヴァーで、ロックは大人のものに
ロックはエンターテインメントの主流に
多彩な女性ロック歌手の登場
ディスコ・ブームを作った『サタデー・ナイト・フィーヴァー』
ロックと政治・社会問題
誰もがスーパースターになればいいのか

■7. パンクとレゲエ
パンクはアメリカで生まれた
きわどい演出が人気を呼んだ、セックス・ピストルズ
?オレは暴動が欲しい?
「決してロック・エスタブリッシュメントにならない」
レゲエの誕生
パンクとレゲエの交流
ニュー・ウェイヴとシンセサイザー
新しいタイプのインディ・レーベル
「いきのいい音楽を即レコードにする」
アメリカの不振の中で
パンクの手袋は完全に裏返った

■8. マルチ・メディア時代のロック
スーパースターの誕生を助けたMTV
「テレビ・ベイビーの感覚に訴えよ」
黒人ミュージシャンの活躍
バンドと聴衆を結ぶもの

■9. 世界音楽の中のロック
インディ・ロックの商業性
ヒップホップの変化と多様化
ダンス・ミュージックとロック
世界史の転換とワールド・ミュージック
社会の変化が音楽のリズムを変える

付録:参考音源リスト

●上記国内書籍新刊は下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/DF170921-009



Posted by uncledog at 15:27:37Comments(0)TrackBack(0)ROCK

JAMES WARREN/INNOCENT BYSTANDER

2017-10-20

20472.jpg JAMES WARREN/INNOCENT BYSTANDER(ANGEL AIR/SJPCD496/CD/5055011704961)

KORGIS/STACKRIDGEファン歓喜の2017年新作がCDリリース!

KORGIS/STACKRIDGEのリード・シンガーJAMES WARREN。

14歳で初めてギターを手にしてから50年以上を経て65歳となった御大による変わらずのメロディック・ポップ・ミュージック新作が登場です。

あいも変わらずキャッチーなチューンにシンガロング・コーラス、ところどころ70Sや80Sも顔を出すどこかレトロな香りに、老いを感じさせない張りのあるスウィートでジェントルなヴォーカル。

STACKRIDGE/KORGISの盟友バンド・メイトANDY DAVISとのレコーディング2曲を含むエヴァーグリーンな全9曲。

MUSICIANS
JAMES WARREN, GLENN TOMMEY, JOHN BAKER, AL STEELE, RICHARD MAINWARING, CERI REES

1. The First Time
2. Set Me Free
3. That's What You Do To Me
4. You've Got The Love That matters
5. High Time
6. Everybody Needs Somebody
7. That's How I'm Loving You
8. Colours
9. I Just Want You To Tell Me

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17101910



Posted by uncledog at 15:21:43Comments(0)TrackBack(0)ROCK

ANITA/THE FIRST INTERNATIONAL SEX OPERA BAND

2017-10-20

20471.jpg ANITA/THE FIRST INTERNATIONAL SEX OPERA BAND(BASSBALL RECORINGS/GPMUSIC01LP/LP/2299990221482)

1969年ダッチ・サイケデリア激レア盤がアナログ・リイシュー!

元々オランダのセックス・ショップのみで売られていたというヨーロピアン・サイケデリック屈指の激レア盤。

両面各1曲のロング・トラック2曲のみという構成であまりにマインドベンディングなその内容もあいまって、オリジナル盤は現在でも800ユーロほどの値で取引されています。

強烈なドラムが響くファストでカームなフリー・ジャズ・ロックの中で、笑い、感じ、また笑い、獣のように唸り、叫ぶ女性ヴォーカル。とにかくニャムニュアムニャムニュム言ってる獣語でのやり取り等をはさみつつ、時折訪れる音楽的な旋律。

まさにサイケデリック・ジャムといったA面に、ロウなオルガン・リフとミニマルなドラムの上で若干A面の嘆きを引き摺りながらもCANやAGITATION FREE、BRAINTICKETにMAGMA、J.A. CAESARライクなスペース・クラウト・ロックを展開するB面と、なんのことやらさっぱりの世界初のセックス・オペラを繰り広げる怪盤です。

380枚限定盤。

WILLIAM PLUMMER ? BASS
WILLIAM B. MORCAS ? DRUMS
WOODY BUFFART ? GUITAR
RONALD WESTBROOK ? ORGAN
TONY BEFORE ? PERCUSSION, TRUMPET
ANN ESSEX, KATHY NJAM NJAM ? VOCALS

A. Anita's First Appearance, Part 1
B. Anita's First Appearance, Part 2

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17101726




Posted by uncledog at 15:16:03Comments(0)TrackBack(0)ROCK

V.A./Skiffle Party

2017-10-20

20470.jpg <輸入盤新譜CD情報>

V.A./Skiffle Party(BIG 3/BT3166/3CD/0805520131667)

ビートルズの前身バンドとして有名なスキッフル・グループ、クオリーメン。50年代に英国で大ブームとなったスキッフル。

ビートルズを筆頭に、後にジャズ、ロック、ポップス、ブルース、フォーク等、様々な音楽ジャンルで活躍するミュージシャンたちが音楽活動を始めるきっかけを作ったのがジャズ、ブルース、フォーク、ルーツ・ミュージック、カントリー・ミュージックなどの影響を受けたスキッフルです。

ビリー・ブラッグが出版した新刊書籍「Roots, Radicals And Rockers」を参考にしてコンパイルされた3枚組CD「スキッフル・パーティー」では英国で一大ブームとなったスキッフル・ミュージックを60曲まとめて聞くことができます。

アレクシス・コーナーズ・スキッフル・グループ、アレクシス・コーナーズ・ブレイクダウン・グループ、ペギー・シーガー・グループ、アラン・ローマックス&ザ・ランブラーズ、他。

<DISC 1>
1.Lonnie Donegan Skiffle Group - Rock Island Line
2.Johnny Duncan & The Bluegrass Boys - Last Train To San Fernando
3.Ken Colyer's Skiffle Group With Alexis Korner - KC Moan
4.Vipers - Dont You Rock Me Daddy O
5.Chris Barber's Skiffle Group And Dickie Bishop - Gypsy Dave
6.City Ramblers Skiffle Group - 900 Miles
7.The Chas McDevitt Skiffle Group featuring Nancy Whiskey - Green Back Dollar
8.Peggy Seeger Group - Sail Away Lady
9.Lonnie Donegan - John Henry
10.Beryl Bryden's Backroom Skiffle - Casey Jones
11.Johnny Parker's Washboard Band - No.69
12.Alan Lomax & The Ramblers - Railroad Man
13.Ken Colyer's Skiffle Group With Alexis Korner - Down By The Riverside
14.Chris Barber Skiffle Group - Doin' My Time
15.Alexis Korner's Skiffle Group - I Ain't Gonna Worry No More
16.Jimmy Miller And The Barbecues - Sizzlin' Hot
17.The Vipers Skiffle Group - Maggie May
18.Avon Cities Skiffle Group - Fisherman Blues
19.Johnny Duncan And His Blue Grass Boys - Blue Blue Heartache
20.Bob Wallis' Washboard Beaters - It's Tight Like That

<DISC 2>
1.Chas Mcdevitt/Nancy Whiskey - Freight Train
2.Lonnie Donegan - Cumberland Gap
3.Bob Cort Skiffle Group - Six-Five Special
4.The Vipers Skiffle Group - Streamline Train
5.The Vipers Skiffle Group - If I Had A Hammer
6.Ken Colyer Skiffle Group - Down Bound Train
7.City Ramblers Skiffle Group - Careless Love
8.Johnny Duncan And His Blue Grass Boys - Freight Train Blues
9.Lorrae Desmond And Her Rebels - Preacher Preacher
10.219 Skiffle Group - Tom Dooley
11.Les Hobeaux Skiffle Group - Oh, Mary, Don't You Weep
12.Lonnie Donegan - Worried Man Blues
13.Ken Colyer's Skiffle Group - Sporting Life
14.The Vipers Skiffle Group - Wanderin'
15.Chris Barber Skiffle Group - Where Would I Go
16.Alan Lomax And The Ramblers - Hard Case
17.Lonnie Donegan - Stewball
18.Jimmy Miller And The Barbecues - Free Wheelin' Baby
19.The Delta Skiffle Group - Open The Pearly Gates
20.City Ramblers Skiffle Group - Boodle Am Shake

<DISC 3>
1.Lonnie Donegan - Putting On The Style
2.Chris Barber Skiffle Group - Cant You Line Em
3.Avon Cities Skiffle Feat Ray Rush - This Little Light Of Mine
4.Alexis Korner's Breakdown Group - Roundhouse Stomp
5.The Ken Colyer Skiffle Group - This Train
6.The Vipers Skiffle Group - Railroad Steamboat
7.Lonnie Donegan Skiffle Group - Midnight Special
8.Johnny Duncan & The Bluegrass Boys - Get Along Home Cindy
9.Chas McDevitt Skiffle Group - New Orleans (The House Of The Rising Sun)
10.City Ramblers Skiffle Group - Good Morning Blues
11.Les Hobeaux Skiffle Group - Mama Don't Allow
12.Avon Cities Skiffle Feat Ray Rush - Green Corn
13.The Ken Colyer Skiffle Group - House Rent Stomp
14.Lonnie Donegan Skiffle Group - Bring A Little Water Sylvie
15.Johnny Duncan & The Bluegrass Boys - Footprints In The Snow
16.The Vipers Skiffle Group - John B. Sails
17.Jimmy Jackson's Rock 'N' Skiffle - I Shall Not Be Moved
18.Betty Smith's Skiffle Group - There's A Blue Ridge Round My Heart, Virginia
19.219 Skiffle Group - Union Maid
20.The Delta Skiffle Group - Skip To My Lou



Posted by uncledog at 12:58:46Comments(0)TrackBack(0)FOLK,BLUES & BEYOND

ピーター・ゴールウェイ/フィールス・ライク・レリジョン

2017-10-20

20469.jpg <日本盤紙ジャケ新譜CD情報>

ピーター・ゴールウェイ/フィールス・ライク・レリジョン(クリンク・レコード/CRCD5143/CD/4582239501436)

フィフス・アヴェニュー・バンドやオハイオ・ノックスを渡り歩いたニューヨークの吟遊詩⼈、ピーター・ゴールウェイの最新作が日本盤仕様でも登場!!

本作は親交も深かったローラ・ニーロへのトリビュート・アルバム。

●日本盤のみボーナス・トラック3曲追加収録
●日本語解説付
●紙ジャケット仕様

元FIFTH AVENUE BAND、近年はANNIE GALLUPとのデュオHAT CHECK GIRLでも活動する(元)ニューヨークの吟遊詩人、PETER GALLWAY。

LAURA NYROの69年作『NEW YORK TENDABERRY』のジャケットに映る マンハッタンはアッパー・ウェスト・サイドの彼女のペントハウスを度々訪れ、それぞれの新曲を歌いあったという彼の最新ソロ・プロジェクトは、そんな彼の人生を変えたLAURAとNYにインスパイアされ捧げられたトリビュート・アルバムとなっています。

LAURAのNYCへの情熱とその人生へ捧げた"FEELS LIKE RELIGION"、60年代のグリニッチ・ヴィレッジを象徴する「HOUSE OF D」を歌った"WOMEN'S HOUSE OF D"、なぜかプロ・テニス選手マリア・シャラポワの復活にインスパイアされたという"MARIA MAKES YOU WAIT"、高校時代の夏のイノセンスと希望を歌う"ROLLER COASTER"などなど、怒りをテーマにした2015年の『MUSCLE AND BONE』から一転、PETERの味わい深いヴォーカルが優しく軽やかに導く全11曲。

ギター、ベース、キーボード、ヴォーカルとマルチな演奏を魅せるPETERに加え、ORLEANSやHALL & OATESバンドで鳴らした名ドラマー/パーカショニストJERRY MAROTTAが全編に参加、盟友ANNIE GALLUPも一曲でバッキング・ヴォーカル、一曲でラップ・スティールで参加しています。

01. Feels Like Religion
02. Tonight at the Fair
03. Longing Lasts Long er
04. Just Lucky
05. Shorty Mov es On
06. Women’s House o f D
07. Dark Matter
08. Eyes of the Stars
09. Maria Makes You Wait
10. Roller Coaster
11. Your House in Order

<Bonus Tracks>
12. Mercy On Broadway
13. Time and Love
14. New York Tend aberry



Posted by uncledog at 11:24:24Comments(0)TrackBack(0)SSW

diskunion.netROCK WEB
October/2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事の表示
リンク集
最新コメント
最新トラックバック