素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

プロフィール
酒と車と音楽をこよなく愛するコワルスキーのようなドリフター
実は元アナログ・ライフ(レコード専門のフリーペーパー)編集長
カテゴリー表示
blog内検索
月別アーカイブ

Danny O'Keefe/HOME(CD)

2017-06-23

20195.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Danny O'Keefe/HOME(ROAD CANON MUSIC/RC101/CD/0888295594097)

ダニー・オキーフが2017年新作アルバム「ホーム」をリリース。

シンガー・ソングライターのファンは要チェックです。

ダニー・オキーフは1943年米国ワシントン州スポケーン生まれのシンガー・ソングライターで1972年にリリースした名曲「グッド・タイム・チャーリーズ・ガット・ザ・ブルース」の大ヒットで知られています。

この曲はビルボード・ホット100・チャートの9位を記録したヒット・ナンバーで、エルヴィス・プレスリー、ウィリー・ネルソン、レオン・ラッセル、ジェリー・リー・ルイス、チェット・アトキンス、アール・クルー、ウェイロン・ジェニングス等、数多くのアーティストにカバーされています。

又、ジャクソン・ブラウンがアルバム「ランニング・オン・エンプティ」(孤独なランナー)でカバーした「ザ・ロード」もダニー・オキーフのオリジナルです。

Danny O'Keefe(vocal,guitar)
Joel Tepp(slide guitar, rhythm guitar,harp)
Garey Shelton(Bass)
Ben Smith(drums)
Jeff Busch(percussion)
Keely Whitney(Background vocal)
Lena Bundy(Background vocal)
Liz Aday(Background vocal)
Tina Hart(Background vocal)

Background vocal (Lena Bundy on Just Like A Girl Again)
Terry Holder duet on "Quits"
Jay Thomas-trumpet on Junkman

*デジパック仕様(見開きジャケット)

1.Along For The Ride
2.Steel Guitar
3.The Road
4.Just Like A Girl Again
5.Magdalena
6.Angel Spread Your Wings
7.Someday
8.Junkman
9.Drive On, Driver
10.The Valentine Pieces
11.Quits
12.So Long Harry Truman
13.Goodtime Charlie's Got the Blues
14.The Hereafter

●ダニー・オキーフのウェブサイトは下記です
http://www.dannyokeefe.com/index.htm



Posted by uncledog at 11:24:17Comments(0)TrackBack(0)SSW

日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』の画像データが完成!!

2017-06-22

20239.jpg ◆ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』の画像データが完成いたしましたのでアップいたします♪

<国内盤新譜CD情報>

ビーチ・ボーイズ/サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967(ユニバーサルミュージック インターナショナル/UICY-15607/8/2SHM-CD/4988031235720)

●1967年、『スマイル』の制作を断念したビーチ・ボーイズが、失意のブライアン・ウィルソン邸に集まって制作した2枚のアルバムに関連する貴重な未発表音源など、レコーディングから50年を経て明かされるファン待望の決定版2枚組コレクションが登場!

●ディスク1には、マーク・リネット&アラン・ボイドがオリジナルの8トラック・マスターから新たにミックスしたアルバム『ワイルド・ハニー』(1967年12月18日発表)初のステレオ版に加え、同セッションからのアウトテイクや別ヴァージョン、更には1967年11月のデトロイト公演を中心とした同アルバム収録曲のライヴ・バージョンなど、全31曲を収録。

●ディスク2には、アルバム『スマイリー・スマイル』(1967年9月18日発表)制作時のアウトテイクや別ヴァージョンの他、幻の“ライヴ” アルバム『レイド・イン・ハワイ』用にカリフォルニアのスタジオでレコーディングされた音源や、ブライアン・ウィルソンも参加したホノルルでのライヴ&リハーサルなどを収録。

●28Pブックレット封入/SHM-CD仕様

[DISC 1]
1-11 ★ワイルド・ハニー・ステレオ・アルバム(初登場)
12-25 ★ワイルド・ハニー・セッションズ: 1967年11月(未発表)
26-31 ★ワイルド・ハニー・ライヴ1967-1970(未発表)

[DISC 2]
1-10 ★スマイリー・スマイル・セッションズ: 1967年6~7月(未発表)
11-24 ★レイド・イン・ハワイ“ライヴ”アルバム: 1967年9月(未発表)
25-29 ★ライヴ・イン・ハワイ: 1967年8月(未発表)
30-32 ★サンクスギビング・ツアー1967(未発表)
33-34 ★スタジオ・レコーディング1967(未発表)

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『ザ・ビーチ・ボーイズ / サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』を差し上げます。

※復刻ミニチュア・ジャケット・・・当時の7"シングルを可能な限り再現した9cm×9cmサイズのペラジャケ・スリック特典です。

●ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』付き『ザ・ビーチ・ボーイズ / サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967』のご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RT170524BB01

[Disc 1]
1. ワイルド・ハニー
2. うれしくないかい
3. 愛するあの娘に
4. カントリー・エアー
5. ア・シング・オア・トゥー
6. ダーリン
7. アイド・ラヴ・ジャスト・ワンス・トゥ・シー・ユー
8. ヒア・カムズ・ザ・ナイト
9. 風を吹かせろ
10. すてきなブーガルー
11. ママ・セズ(モノ)
12. ロンリー・デイズ(オルタネイト・ヴァージョン)
13. クール・クール・ウォーター(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
14. タイム・トゥ・ゲット・アローン(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
15. キャント・ウェイト・トゥ・ロング(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
16. アイド・ラヴ・ジャスト・ワンス・トゥ・シ-・ユー(オルタネイト・ヴァージョン)
17. 愛するあの娘に(ヴォーカル・インサート・セッション)
18. 愛するあの娘に(ロング・ヴァージョン)
19. ハイド・ゴー・シーク
20. ハニー・ゲット・ホーム
21. ワイルド・ハニー(セッション・ハイライツ)
22. うれしくないかい(セッション・ハイライツ)
23. 1.1.24, ダーリン(セッション・ハイライツ)
25. 風を吹かせろ(セッション・ハイライツ)
26. ワイルド・ハニー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
27. カントリー・エアー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
28. ダーリン(ライヴ・イン・ピッツバーグ1967年11月22日)
29. すてきなブーガルー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
30. うれしくないかい(ライヴ1970年)
31. ママ・セズ(セッション・ハイライツ)

[Disc 2]
1. 英雄と悪漢(シングル・ヴァージョン・バッキング・トラック)
2. ヴェジタブル(ロング・ヴァージョン)
3. フォール・ブレイクス・アンド・バック・トゥ・ウインター(オルタネイト・ミックス)
4. ウインド・チャイムズ(オルタネイト・タグ・セクション)
5. ワンダフル(バッキング・トラック)
6. ウィズ・ミー・トゥナイト(オルタネイト・ヴァージョン・ウィズ・セッション・イントロ)
7. リトル・パッド(バッキング・トラック)
8. オール・デイ・オール・ナイト (ホイッスル・イン)(オルタネイト・ヴァージョン 1)
9. オール・デイ・オール・ナイト (ホイッスル・イン)(オルタネイト・ヴァージョン 2)
10. タイトル不明(レッドウッド)
11. フレッド・ヴェイル・イントロ
12. あの娘のレター
13. ユー・アー・ソー・グッド・トゥ・ミー
14. ヘルプ・ミー・ロンダ
15. カリフォルニア・ガールズ
16. サーファー・ガール
17. スループ・ジョン・B
18. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
19. 心に春がいっぱい
20. 神のみぞ知る
21. グッド・ヴァイブレーション
22. ゲーム・オブ・ラヴ
23. あの娘のレター(オルタネイト・テイク)
24. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ(ステレオ・ミックス)
25. ホーソーン・ブルーバ-ド(ライヴ)
26. サーフィン(ライヴ)
27. ゲッティング・ハングリー(ライヴ)
28. ハワイ(リハーサル)
29. 英雄と悪漢(リハーサル)
30. カリフォルニア・ガールズ(ライヴ・イン・ワシントンDC 1967年11月19日)
31. グラアデュエイション・デイ(ライヴ・イン・ワシントンDC 1967年11月19日)
32. アイ・ゲット・アラウンド(ライヴ・イン・ボストン 1967年11月23日)
33. サーフズ・アップ(1967ヴァージョン)
34. サーファー・ガール(1967アカペラ・ミックス)



Posted by uncledog at 18:31:27Comments(0)TrackBack(0)ROCK

ビーチ・ボーイズ/サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967

2017-06-22

20215.jpg <国内盤新譜CD情報>

ビーチ・ボーイズ/サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967(ユニバーサルミュージック インターナショナル/UICY-15607/8/2SHM-CD/4988031235720)

●1967年、『スマイル』の制作を断念したビーチ・ボーイズが、失意のブライアン・ウィルソン邸に集まって制作した2枚のアルバムに関連する貴重な未発表音源など、レコーディングから50年を経て明かされるファン待望の決定版2枚組コレクションが登場!

●ディスク1には、マーク・リネット&アラン・ボイドがオリジナルの8トラック・マスターから新たにミックスしたアルバム『ワイルド・ハニー』(1967年12月18日発表)初のステレオ版に加え、同セッションからのアウトテイクや別ヴァージョン、更には1967年11月のデトロイト公演を中心とした同アルバム収録曲のライヴ・バージョンなど、全31曲を収録。

●ディスク2には、アルバム『スマイリー・スマイル』(1967年9月18日発表)制作時のアウトテイクや別ヴァージョンの他、幻の“ライヴ” アルバム『レイド・イン・ハワイ』用にカリフォルニアのスタジオでレコーディングされた音源や、ブライアン・ウィルソンも参加したホノルルでのライヴ&リハーサルなどを収録。

●28Pブックレット封入/SHM-CD仕様

[DISC 1]
1-11 ★ワイルド・ハニー・ステレオ・アルバム(初登場)
12-25 ★ワイルド・ハニー・セッションズ: 1967年11月(未発表)
26-31 ★ワイルド・ハニー・ライヴ1967-1970(未発表)

[DISC 2]
1-10 ★スマイリー・スマイル・セッションズ: 1967年6~7月(未発表)
11-24 ★レイド・イン・ハワイ“ライヴ”アルバム: 1967年9月(未発表)
25-29 ★ライヴ・イン・ハワイ: 1967年8月(未発表)
30-32 ★サンクスギビング・ツアー1967(未発表)
33-34 ★スタジオ・レコーディング1967(未発表)

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『ザ・ビーチ・ボーイズ / サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』を差し上げます。

※復刻ミニチュア・ジャケット・・・当時の7"シングルを可能な限り再現した9cm×9cmサイズのペラジャケ・スリック特典です。

●ディスクユニオン・オリジナル・復刻ミニチュア・日本盤シングル・ジャケット『ワイルド・ハニー / ウインド・チャイムス』付き『ザ・ビーチ・ボーイズ / サンシャイン・トゥモロウ~ビーチ・ボーイズ1967』のご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RT170524BB01

[Disc 1]
1. ワイルド・ハニー
2. うれしくないかい
3. 愛するあの娘に
4. カントリー・エアー
5. ア・シング・オア・トゥー
6. ダーリン
7. アイド・ラヴ・ジャスト・ワンス・トゥ・シー・ユー
8. ヒア・カムズ・ザ・ナイト
9. 風を吹かせろ
10. すてきなブーガルー
11. ママ・セズ(モノ)
12. ロンリー・デイズ(オルタネイト・ヴァージョン)
13. クール・クール・ウォーター(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
14. タイム・トゥ・ゲット・アローン(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
15. キャント・ウェイト・トゥ・ロング(オルタネイト・アーリー・ヴァージョン)
16. アイド・ラヴ・ジャスト・ワンス・トゥ・シ-・ユー(オルタネイト・ヴァージョン)
17. 愛するあの娘に(ヴォーカル・インサート・セッション)
18. 愛するあの娘に(ロング・ヴァージョン)
19. ハイド・ゴー・シーク
20. ハニー・ゲット・ホーム
21. ワイルド・ハニー(セッション・ハイライツ)
22. うれしくないかい(セッション・ハイライツ)
23. 1.1.24, ダーリン(セッション・ハイライツ)
25. 風を吹かせろ(セッション・ハイライツ)
26. ワイルド・ハニー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
27. カントリー・エアー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
28. ダーリン(ライヴ・イン・ピッツバーグ1967年11月22日)
29. すてきなブーガルー(ライヴ・イン・デトロイト1967年11月17日)
30. うれしくないかい(ライヴ1970年)
31. ママ・セズ(セッション・ハイライツ)

[Disc 2]
1. 英雄と悪漢(シングル・ヴァージョン・バッキング・トラック)
2. ヴェジタブル(ロング・ヴァージョン)
3. フォール・ブレイクス・アンド・バック・トゥ・ウインター(オルタネイト・ミックス)
4. ウインド・チャイムズ(オルタネイト・タグ・セクション)
5. ワンダフル(バッキング・トラック)
6. ウィズ・ミー・トゥナイト(オルタネイト・ヴァージョン・ウィズ・セッション・イントロ)
7. リトル・パッド(バッキング・トラック)
8. オール・デイ・オール・ナイト (ホイッスル・イン)(オルタネイト・ヴァージョン 1)
9. オール・デイ・オール・ナイト (ホイッスル・イン)(オルタネイト・ヴァージョン 2)
10. タイトル不明(レッドウッド)
11. フレッド・ヴェイル・イントロ
12. あの娘のレター
13. ユー・アー・ソー・グッド・トゥ・ミー
14. ヘルプ・ミー・ロンダ
15. カリフォルニア・ガールズ
16. サーファー・ガール
17. スループ・ジョン・B
18. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
19. 心に春がいっぱい
20. 神のみぞ知る
21. グッド・ヴァイブレーション
22. ゲーム・オブ・ラヴ
23. あの娘のレター(オルタネイト・テイク)
24. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ(ステレオ・ミックス)
25. ホーソーン・ブルーバ-ド(ライヴ)
26. サーフィン(ライヴ)
27. ゲッティング・ハングリー(ライヴ)
28. ハワイ(リハーサル)
29. 英雄と悪漢(リハーサル)
30. カリフォルニア・ガールズ(ライヴ・イン・ワシントンDC 1967年11月19日)
31. グラアデュエイション・デイ(ライヴ・イン・ワシントンDC 1967年11月19日)
32. アイ・ゲット・アラウンド(ライヴ・イン・ボストン 1967年11月23日)
33. サーフズ・アップ(1967ヴァージョン)
34. サーファー・ガール(1967アカペラ・ミックス)



Posted by uncledog at 18:25:07Comments(0)TrackBack(0)ROCK

SHARKS/KILLER OF THE DEEP

2017-06-22

20238.jpg SHARKS/KILLER OF THE DEEP(3MS MUSIC/3MS003LP/LP/0634158659133)

2017年新作がCD/LPリリース!

FREEを脱退したANDY FRASERとCHRIS SPEDDINGが結成したことで知られるブリティッシュ・ロック・バンドSHARKS。

72年に結成され2枚のアルバムを残し解散、90年代に一度再結成を果たしていますが、2015年にANDY FRASERが死去。

本作は95年の復活3RD『LIKE A BLACK VAN PARKED ON A DARK CURVE』以来22年ぶりとなる再再結成アルバムで、BAKER GURVITZ ARMYにも参加していたオリジナル・ヴォーカリスト/ソングライターSNIPSことSTEVE PARSONSにCHRIS SPEDDING、74年の2ND『JAB IT IN YORE EYE』でもプレイしたキーボーディストNICK JUDD、SEX PISTOLSのドラマーPAUL COOK、GLEN MATLOCKがSPEDDINGらと結成したKING MOBにも参加していたベーシストTOSH OGAWAという編成による新生SHARKSによる一枚。

往年の2作品はタイトでブルージーなブルース/パブ・ロックを聞かせTHE CLASHやCHRISSIE HYNDE、THE SEX PISTOLSに影響を与えるなどパンク・ロック・ムーヴメントの下地を作ったと評価されていますが、2016年をツアーで過ごしたというメンバーによる本作も十二分にそれを感じさせる仕上がりの上に、先行シングル"YAYA POP"でもわかるようにどこかポップで現代的な香りが漂います。ほか70年代STONESを髣髴とさせるソウル・ロック"THE COMPLETE HISTORY OF SOUL MUSIC"やキャッチーなリフのアップテンポ・ブルース・ロッカー"CAN'T GET THE DEVIL"、スライドも映えるドライヴィング・ブルーズ"KILLERS ON THE NEW TUBE"、レイド・バックした"SWIRL"など全10曲。

コミック・ブック・レジェンドSHAKY KANEによるアルバム・カヴァー。

1. Ya Ya Pop
2. The Complete History of Soul Music
3. One Last Thrill
4. Swirl
5. Killer On The New Tube
6. Can't Get The Devil
7. Callilia
8. Red Red Red
9. Cheetahs Aways Win
10. Music Break Out

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17062108



Posted by uncledog at 17:17:15Comments(0)TrackBack(0)ROCK

ANDREW/WOOPS

2017-06-22

20237.jpg ANDREW/WOOPS(BARNYARD/BAR0000349/LP/ 2299990220297)

73年アイスランド産オブスキュア・ハード・サイケ激レア自主盤唯一作がアナログ・リイシュー!

73年に激激レア盤を残したヘヴィ&ドゥーム・ハード・サイケ・バンドICECROSSのギタリストJULIUS AGNARSSONと、ヴォーカル/ギター/ベースANDRI ORN CLAUSENを中心に結成されたローカル・バンドANDREW。

NATTURA/PELICANのギタリストBJORGVIN GISLASONがムーグで、PELICAN/ICECROSSのASGEIR OSKARSSONがドラムで、THURSAFLOKKURINNのEGILL OLAFSSONがピアノ/フィドル/バッキング・ヴォーカルで参加など70Sアイスランドのプログ/サイケ・シーンに蠢いたメンバーが大挙集っています。

タイトルどおりのファズ・ハード"ROCKING AND ROLLING"や地下の匂いをふんだんに漂わせる人気のドゥーム・サイケ・ジャム"HIMALAYA"、泣きのファンキー・アシッド"PURPLE PERSONALITY"など、スペイシーなエフェクトにファンキーでワイルドなアシッド・ギター、ストーンドなヴォーカルのファズ・サイケ・プログを鳴らしオリジナル盤は$600超えのサイケ・ファン垂涎盤ですが、実はシンプルなラヴ・ソング"I LOVE YOU"、メランコリックに美しいバラッド"DAWNING"、軽やかなパパパ・ポップ・ビート"SWEETEST GIRL"なども収録で単なるサイケの枠に収まらないヴァラエティ豊かな名品です。

1. Rockin An Rollin
2. Himalaya
3. I Love You (Yes I Do)
4. Look
5. Drawing
6. Sweetest Girl
7. Heathens
8. Ballad Of Herby Yenkins
9. Purple Personality
10. Age

●上記輸入盤新譜LPは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS17062110



Posted by uncledog at 17:13:36Comments(0)TrackBack(0)ROCK

GERRY LOCKRAN/HOLD ON-I'M COMING!

2017-06-22

20231.jpg <輸入盤新譜CD情報>

GERRY LOCKRAN/HOLD ON-I'M COMING!(BIG PINK MUSIC/BIGPINK501/CD/8809270025056)

英国のブルース・シンガー、ギターリスト、シンガー・ソングライター、ジェリー・ロックランが1967年にリリースした激レアなファースト・ソロ・アルバム「ホールド・オン:アイム・カミング」(UK Planet Records原盤/PLL1002/LP) が紙ジャケ仕様で待望の初CD化!!

ジョン・マークがプロデュース。後にペンタングルのメンバーとなるベース奏者、ダニー・トンプソンやテリー・コックス他によるクールなプレイが堪能できる素晴らしいアルバムです。ライナーはアレクシス・コーナーが担当。

Gerry Lockran(vocal,guitar)
Johnny Birch(piano)
Danny Thompson(double bass)
Ray Warleigh(alto sax,flute)
Terry Cox(drums)

1. Feel So Good
2. See See Rider
3. Keep Your Hands Off Her
4. Seventh Son
5. Tell Me Baby
6. Black Girl
7. New York's My Home
8. Midnight Special
9. Soulful Dress
10. Wandering
11. So Much Trouble
12. Apples, Peaches And Cherries

*オリジナル盤LPの収録曲は下記オーダーとなります

<SIDE ONE>
1. Feel So Good
2. See See Rider
3. Keep Your Hands Off Her
4. Seventh Son
5. Tell Me Baby
6. Black Girl

<SIDE TWO>
1. New York's My Home
2. Midnight Special
3. Soulful Dress
4. Wandering
5. So Much Trouble
6. Apples, Peaches and Cherries

●ジェリー・ロックランのウェブサイトは下記です
http://www.gerrylockran.net/



Posted by uncledog at 12:58:33Comments(0)TrackBack(0)ROCK

NIGEL OLSSON/NIGEL OLSSON'S DRUM ORCHESTRA AND CHORUS

2017-06-22

20236.jpg <輸入盤新譜CD情報>

NIGEL OLSSON/NIGEL OLSSON'S DRUM ORCHESTRA AND CHORUS(BIG PINK MUSIC/BIGPINK502/CD/8809270025063)

エルトン・ジョン・バンドのドラマーとして活躍したナイジェル・オルソンが1971年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ナイジェル・オルソンズ・ドラム・オーケストラ・アンド・コーラス」(DJM Records/DJLPS 417/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化。

エルトン・ジョン・バンドのメンバー、ディー・マレイ、カリブ・クエイ及びB.J.コール、キャシー・マクドナルドがゲスト参加。

1. Sunshine Looks Like Rain
2. I'm Coming Home
3. Nature's Way
4. Hummingbird
5. Some Sweet Day
6. I Can't Go Home Again
7. And I Know In My Heart
8. We've Got A Long Way To Go
9. Wierdhouse
10. China

●ナイジェル・オルソンのファン・サイトは下記です
http://www.angelfire.com/ca/nigelfanclub/



Posted by uncledog at 11:38:00Comments(0)TrackBack(0)ROCK

JOEL SCOTT HILL, JOHN BARBATA, CHRIS ETHRIDGE/L.A. GETAWAY

2017-06-22

20235.jpg <輸入盤新譜CD情報>

JOEL SCOTT HILL, JOHN BARBATA, CHRIS ETHRIDGE/L.A. GETAWAY(BIG PINK MUSIC/BIGPINK500/CD/8809270025049)

ジョエル・スコット・ヒル、ジョン・バーバタ、クリス・エスリッジが豪華ゲストを迎えてレコーディングしたLAスワンプの名作として有名な1971年のアルバム「L.A.ゲッタウェイ」(ATCO Records/SD 33-357/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化。

ジョエル・スコット・ヒルはこのセッションの後にキャンド・ヒートに参加。ジョン・バーバタは元タートルズのメンバー。クリス・エスリッジは元フライングバリット・ブラザーズのメンバーとしても知られています。

ドクター・ジョン、ブッカ― T ジョーンズ、スプナー・オールダム、レオン・ラッセル、ジョン・セバスチャン、クラレンス・ホワイト(バーズ)、クライド・キング他が参加。

1. Bring It To Jerome
2. It's Your Love
3. Long Ago
4. Craney Crow
5. The Promised Land
6. Ole Man Trouble
7. Eyesight
8. L.A. Getaway
9. Big City
10. So Long



Posted by uncledog at 11:23:36Comments(0)TrackBack(0)SWAMP

MARTIN BRILEY/FEAR OF THE UNKNOWN

2017-06-22

20234.jpg <輸入盤新譜CD情報>

MARTIN BRILEY/FEAR OF THE UNKNOWN(BIG PINK MUSIC/BIGPINK499/CD/8809270025032)

英国のシンガー・ソングライター、マーティン・ブライリーが1981年にリリースしたファースト・アルバム「フィア・オブ・ジ・アンノウン」(Mercury/SRM-1-4026/LP)が紙ジャケ仕様で初CD化。

AOR、パワー・ポップ等のファンは要チェックです

1. Slipping Away
2. The Man I Feel
3. I Feel Like A Milkshake
4. First To Know
5. Heart Of Life
6. A Little Knowledge Is A Dangerous Thing
7. I Don't Feel Better
8. More Of The Same
9. One Step Behind
10. Fear Of The Unknown

●マーティン・ブライリーのウェブサイトは下記です
http://www.martinbriley.com/index.htm



Posted by uncledog at 11:00:16Comments(0)TrackBack(0)SSW

STEVE YOUNG/HONKY-TONK MAN

2017-06-22

20233.jpg <輸入盤新譜CD情報>

STEVE YOUNG/HONKY-TONK MAN(BIG PINK MUSIC/BIGPINK498/CD/8809270025025)

シンガー・ソングライター、スティーヴ・ヤングが1975年にリリースした3枚目のソロ・アルバム「ホンキー・トンク・マン」(Mountain Railroad Records/MR52776/LP)が紙ジャケ仕様で再発CD化。

1969年にA&Mからリリースしたソロ・デビュー・アルバム「ロック、ソールト&ネイル」、1972年のセカンド・アルバム「セヴン・ブリッジズ・ロード」に匹敵する素晴らしい内容です。

シンガーソング・ライター、アウトロー・カントリー等が好きな方にお薦め。

1. Honky-Tonk Man
2. Brain Cloudy Blues
3. Rock Salt & Nails
4. Rockin' Chair Money
5. Ramblin' Man
6. The Night They Drove Ol' Dixie Down
7. Traveling Kind
8. Sally Goodin'
9. Alabama Highway
10. Vision Of A Child
11. We've Been Together On This Earth Before
12. The White Trash Song



Posted by uncledog at 10:48:15Comments(0)TrackBack(0)SSW

diskunion.netROCK WEB
June/2017
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事の表示
リンク集
最新コメント
最新トラックバック