素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

プロフィール
酒と車と音楽をこよなく愛するコワルスキーのようなドリフター
実は元アナログ・ライフ(レコード専門のフリーペーパー)編集長
カテゴリー表示
blog内検索
月別アーカイブ

Philip Rambow/The Hobo's Lullaby (RDJ RECORDINGS/CDR-EP)

2018-05-22

21105.jpg Philip Rambow/The Hobo's Lullaby (RDJ RECORDINGS/CDR-EP)

パンクを代表するバンド、ザ・クラッシュにも影響を与えたパブ・ロック・バンド、ザ・ウインキーズのリーダーとして活躍し、カースティー・マコール、ブライアン・イーノ、ミック・ロンソン等とのコラボレーションでも知られるカナダはモントリオール出身のSSW、フィリップ・ランボーが2018年新作「ザ・ホーボーズ・ララバイ」(4曲入りCDEP)をリリースした。

タイトル曲の「ザ・ホーボーズ・ララバイ」は2018年10/10に発売予定のチャリティ・コンピレーション・アルバム「ミュージック・マインズ」に収録予定の楽曲で、ホームレスは現代のホーボーであるという見解をベースにした歌のようです。英国のマルチ・インスト奏者、C.J.ヒルマンがペダル・スティール・ギターでゲスト参加。

「ザ・チムニー・スウイーパーズ」はウイリアム・ブレイクの詩を題材にした楽曲。

「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」は2017年10月にオリンピック・サウンド・スタジオでおこなったライヴ音源で、ダックス・デラックス、ルーモア(グラハム・パーカー)、そしてニック・ロウのカウボーイ・アウトフットのギタリストだったマーティン・ベルモントがギターで参加。

1.The Hobo's Lullaby
2.The Chimney Sweepers
3.The Strong Sweet Smell of Incense
4.The End of The World

●上記新譜の詳細は下記を参照下さい
https://www.rdjrecordings.com/Home?ProdTitle=HOME



Posted by uncledog at 16:25:09Comments(0)TrackBack(0)ROCK

Creighton Lindsay/I Ain't Worried

2018-05-22

21104.jpg Creighton Lindsay/I Ain't Worried(Workbench Records/CD/0700261466248)

1982年にルースター・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「アイ・エイント・ウォリード」(Rooster Records/RSTR 116/LP)で熱心なシンガー・ソングライターのファンには有名な米国のルーツ・ミュージックに根差したライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイ。

品切れになっていた「アイ・エイント・ウォリード」のCDが2018年最新リマスターで待望の再発CD化!!

ソウルフルなボーカルと流れるように弾いているギターが耳に心地よい「メリー・ルー」が特にお薦め。

ライ・クーダー、レオン・レッドボーン等のシンガー・ソングライター、アメリカン・ルーツ・ロック、アメリカン・ロックが好きな方は要チェックです。

1. Stubborn Kind of Fellow
2. Cottonfield Blues
3. Muddy Water
4. Je Peux Pas T'oublier
5. Mary Lou
6. Ain't Nothing You Can Do
7. It Hurts Me Too
8. They're Red Hot
9. Sweet Petunia
10. This War May Last You for Years
11. If You See My Savior

●下記サイトにて試聴可能です
https://www.creightonlindsay.com/copy-of-strange-new-town

●下記CDBABYのサイトでも販売中!
https://store.cdbaby.com/cd/creightonlindsay4




Posted by uncledog at 10:41:12Comments(0)TrackBack(0)SSW

Caroline Peyton/Homeseeker's Paradise

2018-05-21

21103.jpg Caroline Peyton/Homeseeker's Paradise(Peytunes/0888295100281)

カルト・ジャズ・ロック・グループ、スクリーミン・ジプシー・バンディッツのリード・ヴォーカルであったキャロライン・ペイトン。

1972年のデビュー・アルバム「モック・アップ」と1977年のセカンド・ソロ・アルバム「イントゥイション」がクラブ・シーンで人気を博したことでも有名です。

そのキャロライン・ペイトンが2014年に新作アルバム「ホームシーカーズ・パラダイス」をリリースしていました。

レコーディングはナッシュビルの著名なビーチ・ハウス・レコーディングスで行われ、ナッシュビルの実力派ミュージシャンが参加しています。

内容はフォーク・ロック、シンガー・ソングライター的なアルバムです。

1. She's Coming Home
2. Idella
3. Walk On Back
4. Needmore
5. A Homeseeker's Paradise
6. Rollin' Chair
7. The Mist Trail
8. Happy Home
9. Shoo-Fly Pie
10. The Shining Shore

●下記サイトにて試聴可能です
https://store.cdbaby.com/cd/carolinepeyton1




Posted by uncledog at 16:16:32Comments(0)TrackBack(0)SSW

RICHARD NATTO/LINE OF FIRE(RD MUSIC/CD)

2018-05-18

21091.jpg ◆入荷いたしました♪ 好評販売中♪

<輸入盤新譜CD情報>

RICHARD NATTO/LINE OF FIRE(RD MUSIC/CD-R/0715854719137)

AOR/ハワイアン・メロウ・ファン感涙のリチャード・ナットの2018年新作「ライン・オブ・ファイア」!

70年代後半のハワイアンAOR通や現地ミュージシャンの間でKALAPANAやCECILIO & KAPONOと並ぶ評価を勝ち得ていた幻の名デュオTOMA/NATTOの片割れとして知られるシンガー・ソングライターRICHARD NATTO。

ソロとしても80年名作1ST『NOT JUST ANOTHER PRETTY FACE』が日本のEM RECORDSから再発されるなど日本でもファンの多い彼の、94年『WON'T TAKE NO FOR AN ANSWER』以来となる待望のソロ4作目が登場です。

『NOT JUST ANOTHER PRETTY FACE』同様に納得のSTEPHEN BISHOPクラシック"SAVE IT FOR A RAINY DAY"カヴァーから始まる全12曲、ほか、ライヴでは定番というBEATLESの"HERE, THERE, AND EVERYWHERE"、普遍のパッパラ・コーラスで幕を開けるメロウ傑作"VISIT ME"、実は近年のTOMA/NATTOヴァージョンも存在するCASCADESカヴァー"RHYTHM OF THE RAIN"、NATTOのハイトーン・ヴォイスに酔いしれるバラッド"WARMTH OF THE SUN"、南国的パーカッションも心地よいポップ・グルーヴィン"BEST BOY"などなど、瑞々しく繊細、無邪気に透明なその世界観は健在も健在。弾き語りを主軸にしながらもそっと寄り添うような美しい女声コーラスや時折の的確なサックスにベース、エレピ等々を配しながら豊潤に紡がれる メロウにきらめく珠玉のポップ・ソングが詰まった傑作です。

一聴で恋に落ちること請け合いの一枚。

1. Save It For A Rainy Day
2. Here There and Everywhere
3. Love=You+Me
4. Visit Me
5. I Will Love You Everyday
6. Counting On You
7. Rhythm of the Rain
8. Fragile Heart
9. Warmth of the Sun
10. Best Boy
11. This Old Heart Of Mine (weeps for you)
12. Oh Racheal!

●上記輸入盤新譜CD-Rは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180511RN01



Posted by uncledog at 16:44:08Comments(0)TrackBack(0)SSW

The Ozark Mountain Daredevils/off the beaten path

2018-05-18

21102.jpg <輸入盤新譜CD情報>

The Ozark Mountain Daredevils/off the beaten path(CD/0809812019725)

カントリー・ロックのファンには説明不要の70年代から活躍するオザーク・マウンテン・デアデヴィルズが2018年新作アルバム「オフ・ザ・ビートン・パス」をリリース!!

カントリー・ロックのファンにお薦め!!

1. No Way Out
2. Any Man
3. Goin' Down To The River
4. Every Now and Then
5. Don't
6. Gone Long Gone
7. Friend of a Friend of Mine
8. One and One
9. Off the Beaten Path
10. My Old Man (Was a Good Ol' Boy)
11. Back to Blue
12. Nosferatu
13. When the Rain Comes Pouring Down
14. Would You Go Downtown
15. Waltzing with Lady St. Louie
16. And We Did Fall

●下記サイトにて5曲のみ試聴可能です
https://www.theozarkmountaindaredevils.com/merch/offthebeatenpath


●オザーク・マウンテン・デアデヴィルズのウェブサイトは下記です
https://www.theozarkmountaindaredevils.com/home



Posted by uncledog at 11:03:37Comments(0)TrackBack(0)ROCK

ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリー/ハニー・ドント・リーヴ・LA

2018-05-18

20941.jpg ◆好評販売中♪

◆ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員によるサイン会への『サイン会参加申込券』付新譜CD好評販売中!!

*サイン会参加券の数量には限りがありますので参加を希望される方はお早目のご購入をお薦めいたします♪


◆ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員によるサイン会が決定♪

【特典】

『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』 をお買上げのお客様に先着で、特典 『サイン会参加申込券』 を差し上げます。

THE SECTIONのメンバーであるLELAND SKLAR (B)とRUSS KUNKEL (DR)に加え、旧友WADDY WACHTEL (G)らも参加したバンド、ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーのニュー・アルバム『ハニー・ドント・リーヴ・LA』。本作の発売を記念して6月に来日公演を予定しているメンバーがスペシャルなサイン会を開催!!

ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員が目黒のヴィヴィド・サウンド・スタジオに集結。メンバーに直接会ってサインをもらえるチャンスはここだけ!!

サイン会参加メンバー
DANNY KORTCHMAR
RUSS KUNKEL
LELAND SKLAR
WADDY WACHTEL
STEVE POSTELL

日時:2018年6月17日(日) 16:00~
会場:VIVID SOUND STUDIO
〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-23-8
株式会社ヴィヴィド・サウンド・コーポレーション 4F
お問い合わせ:03-3490-1070
地図:http://www.vividsound.co.jp/subpage.php?id=conp#map

サイン会申込方法:
5月16日発売 ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリー『ハニー・ドント・リーヴ・LA』品番:VSCD3956 を購入時にお配りするサイン会参加申込券に記載されているリンクにアクセスし、整理番号、氏名、メールアドレスをご入力しお申込み下さい。

※サイン会参加申込券は数に限りがありますのでお早めに商品をお買い求め下さい。応募多数の場合は抽選になる可能性もございます。予めご了承下さい。

<国内盤新譜CD情報>

ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリー/ハニー・ドント・リーヴ・LA(VIVID SOUND/VSCD3956/CD/4540399039565)

DANNY KORTCHMAR AND IMMEDIATE FAMILY/HONEY DON'T LEAVE LA

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』を差し上げます。

●ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』+『サイン会参加申込券』付『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245691200


60年代はジェイムス・テイラーとのフライング・マシーンやキャロル・キングとのザ・シティのメンバーとして、そして70年代はザ・セクションとして活動しながら、シンガー・ソングライターのバックをしっかりと支えてきた職人ギタリスト、ダニー・コーチマー。彼の集大成的アルバムが満を持して登場する!!

ジェイムス・テイラー、キャロル・キング、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタット、ドン・ヘンリー等々、彼らのそばには必ず彼がいた。そして、歌を決定づけるギターを弾いていた。ギターだけじゃない、沢山の歌を彼らと作ってきた。それら傑作の数々を、仲間たちと一緒に彼自身の歌として届けてくれた。それどころか、何故音楽が好きになったのか、そんなことさえ思い出させるような居心地のいい場所にぼくらを導いてくれている。彼とは、もちろん、クーチことダニー・コーチマーのことだ。 

※解説:天辰保文

スタジオ・セッションとしては、77年以来初となるザ・セクションのダニー・コーチマー、ラス・カンケル、リーランド・スクラーの3人と、ワディ・ワクテル、ジム・コックス、スティーヴ・ポステルがスタジオに集結、ダニー・コーチマーの久しぶりのフルアルバム「ハニー・ドント・リーヴ・LA」が完成した。

ダニーが楽曲提供し、ヒットした名曲をセルフリメイクするとともに新曲も披露。ダニーのブルース・フィール溢れる素晴らしいギターとヴォーカルを前編に渡り堪能することが出来る作品となった。

そして、気の知れたメンバーと創り上げた最高のサウンドは、2018年の現在とは無縁のレイドバック感を醸し出している!!そう、みんなこんな作品を待っていたんだ!!

※豪華36Pブックレット・解説:天辰保文 / 三方背スリーヴ仕様

ゲスト・ミュージシャン:ジャクソン・ブラウン、ジェイムス・テイラー、デヴィッド・クロスビー、マイケル・マクドナルド"

1.ALL SHE WANTS TO DO IS Dance
2.DIRTY LAUNDRY
3.CAN’T DO CRAZY (Guest: Jackson Browne)
4.MACHINE GUN KELLY (Guest: James Taylor)
5.SOMEBODY’S BABY
6.NOT DRINKING ENOUGH
7.SHAKY TOWN
8.CRUEL TWIST
9.NEW YORK MINUTE
10.TOP OF THE ROCK (Guest: David Crosby)
11.SAYONARA (Guest: Michael McDonald)
12.HONEY DON’T LEAVE LA

◆ダニー・コーチマーの来日公演が6月に決定!!

Danny Kortchmar and Immediate Family
featuring original "The Section" members Danny Kortchmar, Russ Kunkel, Leland Sklar plus Waddy Wachtel and Steve Postell

Danny Kortchmar(Guitar, Vocals)
Russ Kunkel(Drums)
Leland Sklar(Bass)
Waddy Wachtel(Guitar, Vocals)
Steve Postell(Guitar, Keyboards, Vocals)

●2018/6/14(木) ビルボードライブ大阪

●2018/6/16(土) ビルボードライブ東京

●2018/6/18(月) ビルボードライブ東京

●上記来日の詳細は下記を参照下さい
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2030




Posted by uncledog at 10:48:16Comments(0)TrackBack(0)ROCK

◆ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』の参考画像をアップいたします♪

2018-05-18

21018.jpg ◆好評販売中♪

◆ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員によるサイン会への『サイン会参加申込券』付新譜CD好評販売中!!

*サイン会参加券の数量には限りがありますので参加を希望される方はお早目のご購入をお薦めいたします♪


◆ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員によるサイン会が決定♪

【特典】

『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』 をお買上げのお客様に先着で、特典 『サイン会参加申込券』 を差し上げます。

THE SECTIONのメンバーであるLELAND SKLAR (B)とRUSS KUNKEL (DR)に加え、旧友WADDY WACHTEL (G)らも参加したバンド、ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーのニュー・アルバム『ハニー・ドント・リーヴ・LA』。本作の発売を記念して6月に来日公演を予定しているメンバーがスペシャルなサイン会を開催!!

ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリーの来日メンバー全員が目黒のヴィヴィド・サウンド・スタジオに集結。メンバーに直接会ってサインをもらえるチャンスはここだけ!!

サイン会参加メンバー
DANNY KORTCHMAR
RUSS KUNKEL
LELAND SKLAR
WADDY WACHTEL
STEVE POSTELL

日時:2018年6月17日(日) 16:00~
会場:VIVID SOUND STUDIO
〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-23-8
株式会社ヴィヴィド・サウンド・コーポレーション 4F
お問い合わせ:03-3490-1070
地図:http://www.vividsound.co.jp/subpage.php?id=conp#map


サイン会申込方法:
5月16日発売 ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリー『ハニー・ドント・リーヴ・LA』品番:VSCD3956 を購入時にお配りするサイン会参加申込券に記載されているリンクにアクセスし、整理番号、氏名、メールアドレスをご入力しお申込み下さい。

※サイン会参加申込券は数に限りがありますのでお早めに商品をお買い求め下さい。応募多数の場合は抽選になる可能性もございます。予めご了承下さい。

◆ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』の参考画像をアップいたします♪

<国内盤新譜CD情報>

ダニー・コーチマー・アンド・イミディエイト・ファミリー/ハニー・ドント・リーヴ・LA(VIVID SOUND/VSCD3956/CD/4540399039565)

DANNY KORTCHMAR AND IMMEDIATE FAMILY/HONEY DON'T LEAVE LA

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』を差し上げます。

●ディスクユニオン・オリジナル『メンバーの集合写真を使用したモノクロ・ポストカード』+『サイン会参加申込券』付『ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリー / ハニー・ドント・リーヴ・LA』新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/XAT-1245691200

60年代はジェイムス・テイラーとのフライング・マシーンやキャロル・キングとのザ・シティのメンバーとして、そして70年代はザ・セクションとして活動しながら、シンガー・ソングライターのバックをしっかりと支えてきた職人ギタリスト、ダニー・コーチマー。彼の集大成的アルバムが満を持して登場する!!

ジェイムス・テイラー、キャロル・キング、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタット、ドン・ヘンリー等々、彼らのそばには必ず彼がいた。そして、歌を決定づけるギターを弾いていた。ギターだけじゃない、沢山の歌を彼らと作ってきた。それら傑作の数々を、仲間たちと一緒に彼自身の歌として届けてくれた。それどころか、何故音楽が好きになったのか、そんなことさえ思い出させるような居心地のいい場所にぼくらを導いてくれている。彼とは、もちろん、クーチことダニー・コーチマーのことだ。 

※解説:天辰保文

スタジオ・セッションとしては、77年以来初となるザ・セクションのダニー・コーチマー、ラス・カンケル、リーランド・スクラーの3人と、ワディ・ワクテル、ジム・コックス、スティーヴ・ポステルがスタジオに集結、ダニー・コーチマーの久しぶりのフルアルバム「ハニー・ドント・リーヴ・LA」が完成した。

ダニーが楽曲提供し、ヒットした名曲をセルフリメイクするとともに新曲も披露。ダニーのブルース・フィール溢れる素晴らしいギターとヴォーカルを前編に渡り堪能することが出来る作品となった。

そして、気の知れたメンバーと創り上げた最高のサウンドは、2018年の現在とは無縁のレイドバック感を醸し出している!!そう、みんなこんな作品を待っていたんだ!!

※豪華36Pブックレット・解説:天辰保文 / 三方背スリーヴ仕様

ゲスト・ミュージシャン:ジャクソン・ブラウン、ジェイムス・テイラー、デヴィッド・クロスビー、マイケル・マクドナルド"

1.ALL SHE WANTS TO DO IS Dance
2.DIRTY LAUNDRY
3.CAN’T DO CRAZY (Guest: Jackson Browne)
4.MACHINE GUN KELLY (Guest: James Taylor)
5.SOMEBODY’S BABY
6.NOT DRINKING ENOUGH
7.SHAKY TOWN
8.CRUEL TWIST
9.NEW YORK MINUTE
10.TOP OF THE ROCK (Guest: David Crosby)
11.SAYONARA (Guest: Michael McDonald)
12.HONEY DON’T LEAVE LA

◆ダニー・コーチマーの来日公演が6月に決定!!

Danny Kortchmar and Immediate Family
featuring original "The Section" members Danny Kortchmar, Russ Kunkel, Leland Sklar plus Waddy Wachtel and Steve Postell

Danny Kortchmar(Guitar, Vocals)
Russ Kunkel(Drums)
Leland Sklar(Bass)
Waddy Wachtel(Guitar, Vocals)
Steve Postell(Guitar, Keyboards, Vocals)

●2018/6/14(木) ビルボードライブ大阪

●2018/6/16(土) ビルボードライブ東京

●2018/6/18(月) ビルボードライブ東京

●上記来日の詳細は下記を参照下さい
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2030



Posted by uncledog at 10:46:28Comments(0)TrackBack(0)ROCK

Creighton Lindsay/Round by Round

2018-05-17

21101.jpg Creighton Lindsay/Round by Round(Workbench Records/CDB5637258103.2/CD/0783707304908)

1982年にルースター・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「アイ・エイント・ウォリード」(Rooster Records/RSTR 116/LP)で熱心なシンガー・ソングライターのファンには有名な米国のルーツ・ミュージックに根差したライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイ。

2006年に2枚目のソロ・アルバム「ラウンド・バイ・ラウンド」をリリースしていましたが、スライド・ギターとソウルフルな歌唱が素晴らしい内容です。

「アイ・エイント・ウォリード」が好きな方にお薦め。

1 I Can Tell
2 Let the Good Times Roll Creole
3 Lord, I Have Tried
4 Um Um Um Um Um Um
5 Deborah
6 Salty Boogie
7 Everybody Ought to Pray Sometime
8 I Can't Stand It
9 Do You Feel It
10 High Blood Pressure
11 I'm Going to Cross the River of Jordan Some of These Days
12 I'm a Married Man

●下記サイトにて試聴可能です
https://www.creightonlindsay.com/round-by-round

●下記CDBABYのサイトでも販売中!
https://store.cdbaby.com/cd/creightonlindsay





Posted by uncledog at 16:43:54Comments(0)TrackBack(0)SSW

Creighton Lindsay/Gabardine

2018-05-17

21100.jpg Creighton Lindsay/Gabardine(Workbench Records/CDB5638127955.2/CD/0700261380940)

1982年にルースター・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「アイ・エイント・ウォリード」(Rooster Records/RSTR 116/LP)で熱心なシンガー・ソングライターのファンには有名な米国のルーツ・ミュージックに根差したライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイ。

2013年に3枚目のソロ・アルバム「ギャバジン」をリリースしていましたが、スライド・ギターとソウルフルな歌唱が素晴らしい内容です。

「アイ・エイント・ウォリード」が好きな方にお薦め。

1 Gyppo
2 Sweet Nothin's
3 Celina
4 Wishful Thinking
5 Sueboo
6 As Good Belongs to Me
7 Swinging with a Good Guy
8 Fading Love
9 The Merengue
10 I Ain't Got No Home
11 V-8 Blues
12 Red Rocking Chair

●下記サイトにて試聴可能です
https://www.creightonlindsay.com/gabardine

●下記CDBABYのサイトでも販売中!
https://store.cdbaby.com/cd/creightonlindsay2




Posted by uncledog at 16:39:08Comments(0)TrackBack(0)SSW

Creighton Lindsay/Strange New Town

2018-05-17

21099.jpg Creighton Lindsay/Strange New Town(Workbench Records/CDB5639083574.2/CD/0700261459264)

1982年にルースター・レコーズからリリースしたファースト・ソロ・アルバム「アイ・エイント・ウォリード」(Rooster Records/RSTR 116/LP)で熱心なシンガー・ソングライターのファンには有名な米国のルーツ・ミュージックに根差したライ・クーダー・タイプのスライド・ギターリスト、シンガー・ソングライター、クレイトン・リンゼイ。

2017年に新作ソロ・アルバム「ストレンジ・ニュー・タウン」をリリースしていましたが、スライド・ギターとソウルフルな歌唱が素晴らしい内容です。

「アイ・エイント・ウォリード」が好きな方にお薦め。

1. What's the Matter with the Mill
2. Hello Stranger
3. Payday
4. Down the Old Plank Road
5. Coleman's March
6. We're up Against It Now
7. Paper in My Shoe
8. Railroading on the Great Divide
9. The Cuckoo
10. Onion Eating Mama
11. Walking Boss
12. If I Lose
13. Same Old Blues Again

●下記サイトにて試聴可能です
https://www.creightonlindsay.com/strange-new-town

●クレイトン・リンゼイのウェブサイトは下記です
https://www.creightonlindsay.com/


●下記CDBABYのサイトでも販売中!
https://store.cdbaby.com/cd/creightonlindsay3




Posted by uncledog at 16:32:06Comments(0)TrackBack(0)SSW

diskunion.netROCK WEB
May/2018
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事の表示
リンク集
最新コメント
最新トラックバック