素晴らしき音楽との出会い

1年に2万キロ以上もの旅をしながら出会った様々な素晴らしき音楽をつれづれなるままにご紹介。

プロフィール
酒と車と音楽をこよなく愛するコワルスキーのようなドリフター
実は元アナログ・ライフ(レコード専門のフリーペーパー)編集長
カテゴリー表示
blog内検索
月別アーカイブ

THE SWAMPERS/MUSCLE SHOALS HAS GOT THE SWAMPERS

2018-02-23

20575.jpg ◆好評販売中♪♪

<輸入盤新譜CD情報>

THE SWAMPERS/MUSCLE SHOALS HAS GOT THE SWAMPERS(Muscle Shoals Sound Records/MSCD8026/CD/0048021802623)

スワンプ・ロックのファンには有名なマッスル・ショールズ・リズム・セクションのニックネームとして知られるザ・スワンパーズ。

60年代から今日に至るまで、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ジェームズ・ブラウン、スティーヴ・ウインウッド、サンタナ、グレッグ・オールマン、レヴォン・ヘルム、ジョン・プライン、ボビー・ブルー・ブランド等、数多くの有名ミュージシャンのバックを固めてきました。

そのザ・スワンパーズの未発表音源「マッスル・ショールズ・ハズ・ガット・ザ・スワンパーズ」が奇跡の初登場!!

全14曲中の大半が1969〜1978年の間に伝説のマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオでレコーディングされたインスト・チューンです。残りの楽曲はザ・スワンパーズのセカンド・スタジオで1990年代にレコーディングされた楽曲を収録。

スワンプ・ロックのファンはマストです。

THE SWAMPERS(the nickname of the Muscle Shoals Rhythm Section):

Barry Beckett (keyboards)
Roger Hawkins (drums)
David Hood (bass)
Jimmy Johnson (guitar)

01. Swampers
02. Muscle Shoals Malmo Express
03. Whiplash
04. MSS Down By The River
05. Pete’s Song
06. Don’t Bug Me Johnson
07. Muscle Shoals
08. Backporch Soul
09. Cruisin’ Jackson Highway
10. What Goes Around Comes Around
11. 3614 Jam
12. Eddy’s Place
13. Inner Tube
14. Sunday Morning R&B

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180119SW01




Posted by uncledog at 18:18:00Comments(0)TrackBack(0)SWAMP

CARLA RUSSELL & THE MUSCLE SHOALS ALLSTARS/THE GOOD SIDE OF CRAZY

2018-02-23

20593.jpg ◆好評販売中♪

<輸入盤新譜CD情報>

CARLA RUSSELL & THE MUSCLE SHOALS ALLSTARS/THE GOOD SIDE OF CRAZY(CRAZY CHESTER RECORDS/CCR007/CD/0880547036126)

ジャニス・ジョップリン、アレサ・フランクリン、メイヴィス・ステイプルズ、エタ・ジェームス等の流れを汲む期待の女性シンガー、カーラ・ラッセルのデビュー・アルバムが満を持して米国南部、マッスル・ショールズより遂に登場!!

バックにはマッスル・ショールズの重臣が勢ぞろい!!これで悪いわけはありません!!

ダン・ペン、スプナー・オールダム、トニー・ジョー・ホワイト、ドニー・フリッツ、スコット・ボイヤー(カウボーイ)等の未発表曲を収録。

デコイズの「ショット・フロム・ザ・サドル」、ボニー・ブラムレット(デラニ―&ボニー)の「ビューティフル」、ジミー・ホール(ウエット・ウイリー)の「ランデヴー・ウィズ・ザ・ブルース」等のアルバムにバック・コーラスの歌姫として参加していたアラバマ州ハンツヴィル出身の女性シンガー、カーラ・ラッセルの2018年新作アルバムはマッスル・ショールズ・オールスターズを率いたソウルフルで力強いディープな歌唱が素晴らしい「ザ・グッド・サイド・オブ・クレイジー」。

レコーディングにはジミー・ジョンソン(ギター)、デヴィッド・フッド(ベース)、クレイトン・アイヴィー(ウーリッツァー・ピアノ)、マッスル・ショールズ・ホーンズ等、マッスルショールズのベテラン勢が多数参加しています。

トニー・ジョー・ホワイトが4曲目の「ラヴ・イン・マイ・ハート」でゲスト参加(ハープ)していることも見逃せません。

米国南部ロック、サザン・ソウル等のファンにお薦めの一枚。

デジパック仕様

1.EVERY TRAIN
2.SOUL SONG
3.THE GOOD SIDE OF CRAZY
4.LOVE IN MY HEART
5.ONE AND ONLY LOVE
6.GET BACK(featuring Mickey Buckins)
7.SAD SAD FEELING
8.I WOULD'VE DONE IT BY NOW
9.FUN LOVING WOMAN
10.KEEP THE PARTY GOING

●上記輸入盤新譜CDは下記サイトにて好評販売中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RS18022007


●カーラ・ラッセルのFBは下記です
https://www.facebook.com/carla.russell7



Posted by uncledog at 18:15:43Comments(0)TrackBack(0)ROCK

Sandy Bull/Steel Tears // Endventions & Tributes

2018-02-23

20862.jpg <輸入盤新譜CD情報>

Sandy Bull/Steel Tears // Endventions & Tributes(Omnivore Recordings/OV-268/CD/0816651012091)

ギター、ペダル・スティール、バンジョー、オウド等の弦楽器の名手として知られる60Sフォーク・ムーヴメントの旗手、サンディー・バルが1996年にリリースしたラスト・アルバム「スティール・ティアーズ」(Timeless Recording Society/TRS6005/CD)が新規リマスター音源で初の再発が実現!!

未発表ボーナス・トラックを8曲追加収録。

Steel Tears:

1.Arabalabama
2.Long As We’re Dreaming
3.Can I Get A Witness
4.Old Habits Like You
5.Love Is Forever
6.I Don’t Care
7.I Should Be Easier Now
8.My Baby Left Me
9.Steel Tears
10.Sideshow
11.I May Never Pass Out

Endventions & Tributes:

1.Nagra Sarod (Take 1)
2.Rhumba
3.Nagra Guitar (Take 1)
4.Strat 1
5.Love Is Forever featuring Matraca Berg and Mickey Raphael
6.I May Never Pass Out featuring Jeff Hnna and Kevin Welch
7.Jesse James Jam
8.Sandy’s Last Word



Posted by uncledog at 12:20:35Comments(0)TrackBack(0)FOLK,BLUES & BEYOND

MERRUWYN/LIVE AT THE GROSVENOR HOUSE HOTEL, SHEFFIELD(BIG PINK MUSIC/BIGPINK539/CD)

2018-02-22

20859.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

MERRUWYN/LIVE AT THE GROSVENOR HOUSE HOTEL, SHEFFIELD(BIG PINK MUSIC/BIGPINK539/CD/8809270025445)

せみま〜る氏とかものはしお氏によるマニアックな音楽雑誌「ロック・ダイヴィング・マガジン」や書籍「ラビリンス2002/英国フォーク・ロックの迷宮」等にて紹介されたことで日本のレコード・ファン、コレクターには知られる英国のオブスキュアーな女性フォーク・デュオ、メルウィンが1974年に自主制作盤LPでリリースした唯一と思われるアルバム「ライヴ・アット・ザ・グローブナー・ハウス・ホテル、シェフィールド」(Fanfare/FR 2066/LP)が紙ジャケ仕様で遂に待望の世界初CD化!!

メルウィンはギター、バンジョー、ボーカルのアン・ガルヴィンとギター、ウッドウインド、ボーカルのセレッサ・オブライアンによる女性フォーク・デュオです。

1974年に英国はロンドンのシェフィールドにあるザ・グローブナー・ハウス・ホテルでおこなったライヴを12曲収録。

オリジナル作品やトラッドの他、ラルフ・マクテルの「ストリーツ・オブ・ロンドン」、キャロル・キングの「君のともだち」、フレッド・ニールの「エヴリバディ―ズ・トーキン」(邦題:うわさの男)、ビートルズの「イエスタデイ」、ロボの「ミー・アンド・ユー・アンド・ア・ドッグ・ネイムド・ブー」(邦題:僕と君のブー)等のカバー収録。

今すぐにでも壊れてしまうかのような、はかなくも美しいドリーミーな女性ボーカルの素晴らしさ、魅力に心を奪われること必至の隠れた名作。

Ann Galvin(Vocal, Guitar, Banjo)
Theresa O'Brian(Vocal, Guitar, Woodwind)

1. Streets Of London
2. The Wreckers
3. You've Got A Friend
4. Wizard
5. Fughetta
6. Po Ceri Ceri Anna
7. Everybody's Talking
8. Where The Lightning Ends
9. Scarborough Fair
10. Yesterday
11. Me And You And A Dog Named Boo
12. Gotta Travel On

●上記輸入盤紙ジャケ新譜CDのご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180222BP02



Posted by uncledog at 17:35:38Comments(0)TrackBack(0)FOLK,BLUES & BEYOND

◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.36◆

2018-02-22

20861.jpg ◆ROOTS CLASSICS ON CD VOL.36◆

McCamy's Melody Sheiks/There's More Pretty Girls Than One(Arhoolie Records/ARH00519/CD/0096297051924)

ジャニス・ジョップリンの名盤「チープ・スリル」のジャケットでロック・ファンにも有名な漫画家であり、チープスート・セレネイダーズのリーダー、ロバート・クラムがギター、ボーカルで参加したオールド・タイム・ミュージックをプレイするバンド、マッカミーズ・メロディー・シークスが2011年にリリースしたアルバム「ゼアズ・モア・プリティ・ガールズ・ザン・ワン」。

1920〜1930年代頃の音楽が好きな方にお薦め。

素晴らしいジャケット・アートワークはロバート・クラムが担当していますのでクラム・ファンも要チェック!

Robert Crumb(Guitar, Vocal)
Stephen Harrison(Bass, Banjo, Guitar)
Ilan Moss(Banjo, Fiddle)
Ian McCamy(Fiddle, Vocal)

1 Home! Sweet Home!
2 Goodbye Booze
3 The Mineola Rag
4 Old Molly Hare
5 There's More Pretty Girls Than One
6 Take Me Back To Georgia
7 The Monroe County Quickstep
8 The Dill Pickle Rag
9 Saint Jobe's Waltz
10 Billy In The Lowground
11 Drunken Hiccups
12 Buffalo Gals Medley
13 The Pig Ankle Strut
14 Sail Away Ladies, Sail Away
15 Quebec Quickstep
16 Ragtime Annie
17 Walk Along John To Kansas

●下記サイトにて試聴可能です
https://folkways.si.edu/mccamys-melody-sheiks/theres-more-pretty-girls-than-one/country/music/album/smithsonian




Posted by uncledog at 16:11:11Comments(0)TrackBack(0)ROOTS CLASSICS ON CD

SWEET PAIN/SWEET PAIN(BIG PINK MUSIC/BIGPINK538/CD)

2018-02-22

20860.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

SWEET PAIN/SWEET PAIN(BIG PINK MUSIC/BIGPINK538/CD/8809270025438)

JOHN DUMMER BLUES BANDのJohn O'Leary(Harp)、COLOSSEUM等のDick Heckstall-Smith(sax)他、当時の英国ブルース・シーンの隠れた精鋭が集結した幻のスーパー・セッション・ユニット、スウィート・ペインが1969年にリリースした唯一のアルバム「スウィート・ペイン」(Mercury/20146 SMCL/LP)が待望の紙ジャケ仕様でCD化!!

オリジナルは超激レア・アイテムとして有名な一枚。

当時の英国アンダーグラウンド:ブルース、ブルース・ロックの息吹と魅力を凝縮したような、引き摺るような重さを湛えた演奏/サウンドが正に英国的な一枚。

企画色の強い内容ながらも、COLOSSEUM/GRAHAM BOND ORGANIZATION等と共に英国ロック、ブルース・ロックのファンはマストです!

1. The Steamer
2. Changin' Your Mind
3. Rubbin' And Scrapin'
4. Sick And Tired
5. The Rooster Crows At Midnight
6. Troubles Trouble
7. Don't Break Down
8. It's A Woman's Way
9. General Smit
10. Trouble In Mind
11. Song Of The Medusa

●上記輸入盤紙ジャケ新譜CDのご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180222BP01



Posted by uncledog at 13:29:07Comments(0)TrackBack(0)ROCK

CHRIS HILLS/EVERYTHING IS EVERYTHING-COMIN' OUTTA THE GHETTO(BIG PINK MUSIC/BIGPINK540/CD)

2018-02-22

20858.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

CHRIS HILLS/EVERYTHING IS EVERYTHING-COMIN' OUTTA THE GHETTO(BIG PINK MUSIC/BIGPINK540/CD/8809270025452)

プレイヤーズ・アソシエイションのメンバーだったシンガー、ドラマー、キーボード奏者、クリス・ヒルズが自身のバンド、エヴリシング・イズ・エヴリシングで1971年にリリースしたセカンド・アルバム「カミン・アウタ・ザ・ゲットー」(Embryo Records/SD 734/LP)が紙ジャケ仕様でCD化

プロデュースはハービー・マンとクリス・ヒルズが担当。

グル―ヴィーなファンキー・ロック名作です。

1. Comin' Outta The Ghetto
2. My Baby Said She Loved Me This Morning
3. Sweet Joanne
4. If You Were Mine
5. Six Of One
6. I Call Out Your Name
7. Mean Old Love
8. Sure As Shootin'
9. Talkin' 'Bout Soul
10. Qualified
11. Let Me Say This About That

●上記輸入盤紙ジャケ新譜CDのご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180222BP03




Posted by uncledog at 12:18:17Comments(0)TrackBack(0)ROCK

PUZZLE/THE SECOND ALBUM(BIG PINK MUSIC/BIGPINK541/CD)

2018-02-22

20857.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

PUZZLE/THE SECOND ALBUM(BIG PINK MUSIC/BIGPINK541/CD/8809270025469)

米国シカゴ出身のブラス・ロック・バンド、パズルが1974年にモータウンからリリースしたセカンド・アルバムにしてラスト・アルバムとなった「ザ・セカンド・アルバム」(Motown/M807V1/LP)が紙ジャケ仕様でCD化!!

ジョン・ヴァレンティ名義でリリースしたアルバム「Anything You Want」(Ariola America/ST-50012/LP) が有名で、フリー・ソウルのファンには白いスティーヴィー・ワンダーとして知られるシンガー、ドラマーのJohn R. LiVigniが在籍していたバンドです。

メロウな「メアリー、メアリー」「マイ・ラヴ」やファンキーな「ステイト・オブ・マインド」「ハイク」他。

AOR、プリAORのファンも要チェックです!

1. You Took Me Wrong
2. Mary, Mary
3. State Of Mind
4. Everybody Wants To Be Somebody
5. Haiku
6. My Love
7. Now That You Love Me
8. Concept Of Her
a) Prelude
b) A Moment's Rest
c) Visions
9. N.Y.C.

●上記輸入盤紙ジャケ新譜CDのご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180222BP04




Posted by uncledog at 11:56:49Comments(0)TrackBack(0)ROCK

DOCTOR FEELGOOD/SOMETHING TO TAKE UP TIME(BIG PINK MUSIC/BIGPINK542/CD)

2018-02-22

20856.jpg <輸入盤紙ジャケ新譜CD情報>

DOCTOR FEELGOOD/SOMETHING TO TAKE UP TIME(BIG PINK MUSIC/BIGPINK542/CD/8809270025483)

有名な英国パブ・ロック・バンド、DR. FEELGOOD(ドクター・フィールグッド)とは関連性のない、米国マサチューセッツ州はボストン出身のオブスキュアなヘヴィ・ブルース・ロック・アウトフィット、ドクター・フィールグッドが1971年に自主制作盤LPでリリースした唯一のアルバム「サムシング・トゥ・テイク・アップ・タイム」(Number One/NO NUMBER/LP)が紙ジャケ仕様でCD化!!

ソフトサイケ・ポップ・ガレージ・バンド、TEDDY & THE PANDASを母体に発展したバンドで、初期ジェスロ・タルやグレイヴィー・トレインの流れを汲むストロングなサイケデリック・ブルース・ロック・サウンドにイアン・アンダーソンとフリージャズを掛け合わせたような木管インプロが乗るマニア垂涎の一枚です。

ジャズ・ロック、サイケ、ブルース・ロック等のファンは要チェック!

DICK WINTERS (VOCALS, FLUTE, SAXOPHONE, MARACAS)
RALPH COOPER (DRUMS, CONGAS)
BILL CORELLE (BASS, COWBELL)
PAUL RIVERS (ELECTRIC AND ACOUSTIC GUITAR)

1. Number Ten
2. The Roach Did It
3. Smoke Dream
4. Mr. Bojangles
5. Medicine Man
6. Nasal Greens And Toe Jam
7. Hey Gyp
8. 5 x R.V.W.
9. Something To Take Up Time
10. Junk

●上記輸入盤紙ジャケ新譜CDのご予約は下記サイトにて好評受付中!
http://diskunion.net/rock/ct/detail/RY180222BP05




Posted by uncledog at 11:30:35Comments(0)TrackBack(0)ROCK

◆The Weight Band/World Gone Mad(The Weight Band Records)

2018-02-21

20855.jpg <輸入盤新譜情報>

◆The Weight Band/World Gone Mad(The Weight Band Records)


1.World Gone Mad
2.Fire In The Hole
3.Deal
4.I Wish You Were Here Tonight
5.Common Man
6.Heat Of The Moment
7.You're Never To Old To Rock 'N Roll
8.Big Legged Sadie
9.Day Of The Locusts
10.Every Step Of The Way
11.Remedy (Live Bonus Track)

●ザ・ウェイト・バンドのウェブサイトは下記です
http://www.theweightband.com/index.htm


●ザ・ウェイト・バンドのFBは下記です
https://www.facebook.com/theweightband/




Posted by uncledog at 18:21:03Comments(0)TrackBack(0)ROCK

diskunion.netROCK WEB
February/2018
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事の表示
リンク集
最新コメント
最新トラックバック