音楽と家庭とギャンブルと・・・

馬好きの妻子持ちダメ人間の独り言っス・・・

最新記事の表示
リンク集

遅ればせながら、あけおめッス・・・

2006-01-17

2219.jpg ちょっと間が開いちゃいましたけど、あけましておめでとう御座います。本年も、競馬にスロットに子育てに音楽に、益々励んで参りますので宜しくお願い致します。

最近、度々言われるのですが・・・、『馬の話はもうしないんですか?楽しみにしてたのに・・・』と言われる事が多くなりまして・・・。まぁ、しないでもないんですが、音楽のブログなので、今年こそ音楽中心に行きたい!!と思っております。競馬のニュース等あれば、小ネタとして載せますので、見捨てないでください・・・。

さてさて、行って参りましたよー!!!!!!
KYOSUKE HIMURO COUNT DOWN LIVE!!!!!
ブログを見て頂ければ分かる通り、BOOWY,HIMUROのリンクを載せてるだけに、私の大、大、大、大尊敬アーティストで御座います。そのHIMUROのカウントダウンライブとなれば、行かないわけが無い!!!!
今回は1日2回公演でして、1STステージはファンからのリクエストを中心にセットリストを組んでの公演、2NDステージはもちろん今回の目的でありますカウントダウンライブとなりました。
セットリストは→ こちら

セットリストをご覧頂ければお分かりの通り、レアな物から懐かしの物まで、多くの楽曲を生で体感してきました!!中でも感動は、BOOWYを解散し、ソロになった年のライブでしか披露されなかった、『たどり着いたらいつも雨降り』!!!!ご存知の通り、吉田拓郎氏のカバーであります。HIMURO版も渋くて、カッコイイんですよね〜。
それから、2月8日に発売となります新曲『EASY LOVE / BITCH AS WITCH』初披露!!『EASY LOVE』は、氷室特有のメロウなスローバラードに仕上がっており、思わずジ〜ンときちゃう・・・。氷室特有の幻想的な詩とセクシーな声と特徴のある発音が見事にマッチし、最高なサウンドを構築しております。また、『BITCH AS WITCH』は、最近の氷室サウンドによくあるような、ちょっとラップのノリというか
LINKIN PARKのようなロックとラップの融合みたいな感じの楽曲ですが、イントロからいきなりカッコイイ!!!個人的には『EASY LOVE』より好きです・・・。

何はともあれ、新曲の発売が待ち遠しい限りで御座います。
それから、氷室氏は現在、5月からのツアーに向けてアルバムの制作に入っておりますが、私は今年も氷室YEARになりそうです!!!!

Posted by tama at 15:48:32Comments(0)TrackBack(0) │その他

恋心・・・

2005-12-08

1755.jpg なんか・・・、恋って良いですよね・・・。
自分はもう結婚してますし、あと一ヶ月程でパパになりますので、いまさら恋も愛も言ってられないですけど・・・。

でも・・・、何か昔に感じた、苦しく、切なく、悲しく、でも、楽しくも、嬉しくもあったあの頃が、あの恋が、愛しいというか恋しいというか何と言うか・・・。
何歳になっても恋心は忘れられないですよね・・・。

誰かを愛し、泣いて、笑った日々・・・。
楽しかった日々・・・。
苦しかった日々・・・。
嬉しかった日々・・・。
辛かった日々・・・。

そのときは、『もうこんな思いはしたくないっ!!』って思うけど、人は寂しがりやだし、決して一人では生きていけないから、また、同じ事を繰り返して、同じ思いをして、同じ気持ちになって・・・。でも、また繰り返して・・・。
人生なんて、そんな事の繰り返しなのかも知れないですね・・・。

恋に燃えてる人も、恋に破れた人も、まず聞いてみてください。
ブレード・ランナー 〜愛のテーマ〜

映画『ブレードランナー』のサントラ曲ですが、布袋寅泰氏が、ライブで演った事で有名になりました。

切なくも、楽しかったあの日が蘇りますよ・・・。

Posted by tama at 18:40:35Comments(0)TrackBack(0) │その他

すっかり寒くなった今だから・・・

2005-11-10

1282.jpg いや〜、いやいやいや・・・。
すっかり寒くなっちゃいましたね〜、何だかんだで・・・。
最近、無性に鍋が食べたくなるのはこの寒さのせいですね、確実に。

まぁ、すっかり寒くなった今だからこそ、聞きたい音楽、聴くべき音楽もたくさんあるわけで。
寒くなると何だかセンチになっちゃって、バラードとか、哀愁漂う音楽に走りがちですけど、寒くなった今だからこそホットなヤツを聴いて、心も体も暖まるのも良いと思うの。

そこで、今日ご紹介したいのが、ATOMIC HOOLIGANの『YOU ARE HERE』です。二人組みのDJで、ブレイクビーツ系ですが、全曲にヴォーカルが入っているので、ROCK色強め。コテコテのテクノ/クラブ系はチョット・・・という方にはぜひお奨め!!
自分の場合、一発目に聞いた瞬間に『ガツーン!!』と来ちゃいましたよ・・・。ケミアルブラザースプロディジー系が大好物な方、一度聞いてみてください!!
ガツーン!!と来て、踊りたくて体がウズウズ。暖まりますよ。


http://diskunion.net/search_result.php?type=1&for=1&kwd=307813&no_alphabet=1&all_genre=1

Posted by tama at 17:42:09Comments(0)TrackBack(0) │その他

ホラーな夜に・・・

2005-11-01

1136.jpg 季節はすっかり秋ですが、年中ホラー好きの自分にはそんな事は関係なく、季節を問わずホラーなものを探しまくっております。たま〜にホラーな気分になりたい夜があるんですよね〜・・・。

書籍やビデオでなかなかピン!!とくるホラーものがなければ、音楽でホラーな気分に浸っちゃう!?

私のお勧めは『BAUHAUS』!!!!
特にデビューアルバム『IN THE FLAT FIELD』はBAUHAUSを語る上では欠かせない一枚。ジャケットは楽曲同様にダークさを秘めつつも、シンプルかつスタイリッシュ。ジャケットを見ただけで欲しいと思わされた一枚!!ダークな世界観をファーストから存分に漂わせ、ゴス(ゴシック)という世界を確立さえた1枚です。
また、3rdアルバム『THE SKY'S GONE OUT』に収録されている、DAVID BOWIEの名曲『ZIGGY STARDUST』のカヴァーは、カッコイイ!!の一言。

日本では、和製バウハウスとも言われた、『オート・モッド』がそれに近いでしょう。80年代前半日本インディーズシーンで活躍したバンドであり、過去にBOOWY布袋寅泰高橋まこと、そしてパーソンズの渡辺貢UAのプロデューサー朝本浩文らが参加していた事で有名。

どちらにも言える事は、暗くダーク感漂う世界を音楽で表現し、哀愁感、喧噪感を醸し出しており、商業主義の音楽産業に背を向け、独自の世界観を作り上げたということでしょう。

どちらにしても、ちょっとホラーな夜には持って来いのお勧めです。是非、一度御試聴あれ!!

http://diskunion.net/search_result.php?type=1&for=1&kwd=24463&no_alphabet=1&all_genre=1

Posted by tama at 14:29:03Comments(0)TrackBack(0) │その他

前略、KURI先輩お元気ですか・・・?

2005-10-27

1056.jpg 前略、KURI先輩お元気ですか?

大学生時代は、本当に弟のように良くして頂き、本当に毎日一緒に居て、毎日バカな事ばかりしていましたね・・・。桃鉄24時間耐久勝負とか、栓を開けたばかりのワインのコルクに接着剤をつけてもう一度閉め、飲めなくなったり、電子レンジで携帯をチンしちゃったり、陰毛に火をつけたり、家の中でゴルフをして、思いっきりスイングしたり・・・。
そんなKURI先輩と一緒に居られなくなってから早7年が過ぎようとしております・・・。

先輩で思い出すこと。それは、いつも車の中で流れていた、ミスチルリサローブです。どんなにボロい車でも、カマロに乗り換えても、俺のシーマの助手席に乗っても、ミスチルとリサローブだけは欠かさず流れていたように思います。

リサローブの『ステイ』を聞きながらあなたはこう言いましたよね。

『TAMA、女と二人っきりになったら、この曲をかければ絶対に落とせる!!』

先輩の根拠のない、その自信に満ち溢れた表情が今でも忘れられません。
でも、ころころと付き合う女性が代わっていた先輩ですから、実践で得た自信だったのかなと、今となってみれば、ふと思います。

今、先輩はアロマテラピストになり、米倉涼子をもテラピってしまうほど、偉くなったと聞いております。
あの時、一緒につるんでたYUUKIも、東京のどこかで『とんかつダイニング』の店長をやってるらしいですよ。タトゥーだらけの体で・・・。

また、3人でつるみたいですね・・・。
昔みたいに・・・。
ミスチルとリサローブを聞きながら・・・。


http://diskunion.net/search_result.php?type=1&for=1&kwd=26867&no_alphabet=1&all_genre=1

Posted by tama at 15:16:03Comments(0)TrackBack(0) │その他

父さん・・・、東京もすっかり秋なわけで・・・。

2005-10-26

1023.jpg そういえば先日、秋華賞を勝ったとかいう人(rockn' cat babyとかいう・・・)が居ましたけど、個人的には、あれだけ堅く決まってしまうと馬券妙味が乏しいと考えてしまう辺り、ギャンブラー魂を自覚してしまうわけで・・・。
しかし・・・、非常に寒いと感じてしまうのは、財布事情の関係上か・・・。

父さん・・・、東京も寒くなったわけで・・・。

ぬぉ〜!!!!・・・。
しかし、負けんぞ〜!!次は絶対に負けんぞ〜!!!!

寒い寒いとばかりも言っていられません!!東北生まれ、東北育ちのオイラにとってみれば、こんな寒さで音を上げるわけには行きませぬ!!

そんな寒いこの時期だからこそ、踊って、騒いで、はしゃいで暖まろうじゃあ〜りませんか?!
本日ついに発売となりました、The Prodigyのベストアルバム『THEIR LAW THE SINGLES 1990-2005』。
デジタル・ロックの創始者Prodigyの究極にして最高のベストと言っても言い過ぎではないでしょう。
私が最初に手にしたのはサード・アルバム『The Fat Of The Land』でした。ケミカル・ブラザーズアンダーワールドを筆頭に、ロックとテクノのクロスオーヴァーが流行っていた当時の最高傑作とも言うべき1枚。
フルスモークで、車高はペタペタ、サス抜きで車内ランプはオール紫のブルバン(ブルーバードのバン)で流れていた音楽はいつもこれでした。
YUUKIとよくナンパに行ったな〜・・・。女子高、女子大、ネオン街。ラルクのhyde似で、愛車はシボレーのあんたにはやっぱり敵わなかったよ・・・。
良い思い出なのか、悪い思い出なのか・・・。両方だったよな、あの頃の俺らは・・・。

父さん・・・、やっぱり東京は寒すぎるわけで・・・。


http://diskunion.net/search_result.php?type=1&for=1&kwd=307019&no_alphabet=1&all_genre=1

Posted by tama at 13:54:24Comments(0)TrackBack(0) │その他

晴れた日曜の午後には・・・

2005-10-19

894.jpg 晴れた日曜の午後。
競馬中継観戦も良いけど、たまにはのんびりと陽にあたって、清々しく過ごすのも『オツ』なもの。

窓の外には、真っ白の洗濯物たちが風に靡き、近くの中華屋からはランチタイムで忙しいのか、美味しそうな香りが漂ってきて、走り回り、はしゃぎあう子供たちの声。それに影響されてか、トンボも追いかけっこしてる。布団を干していたお母さんは、一生懸命布団を叩いている。天気が良いからか、商店街は賑わってるようだ。
太陽の匂いが微かにした。
思わず手にしたCDは、MARTIN DENNY。

彼のパロディー的なエキゾチックの世界で、擬似トラベル気分に浸る。

毎日が急ぎ足で過ぎていく・・・。
満員の電車、溢れる人、飛び交うクラクション・・・。

そんな毎日に疲れた体を、精神を、たまには労わってあげましょう。
晴れた日曜の午後に・・・。


エキゾティック・サウンドの帝王マーティン・デ二ー、アンカレッジのエルメンドーフ空軍基地で64年に行われた貴重なライヴ音源入荷!!
http://diskunion.net/search_result.php?type=1&for=1&kwd=26126&no_alphabet=1&all_genre=1

Posted by tama at 16:29:45Comments(0)TrackBack(0) │その他

心も体も酔わせて!!

2005-10-13

765.jpg 先日、秋の夜長の『渋い』音楽ということで、ルイス・フューレイをご紹介しましたが、秋の夜長を渋く過ごすためにとっておきのCDをもう一枚。

言わずと知れたギタリスト、キース・リチャーズの初のソロアルバム『トーク・イズ・チープ』です。

個人的には、ローリング・ストーンズよりもこちらが好きです。ローリング・ストーンズのような華やかさはなく、とにかく渋い!!年代物のウィスキーのように、じっくりゆっくりと心に浸透。心地よい酔いに誘ってくれます。

中でも、私のお勧めは?メイク・ノー・ミステイク。この曲の渋さといったら、そりゃぁ、もうたまらんですよ!!たまらん・オブ・ザ・イヤー受賞です!!キースのしゃがれた渋い声と、女性の歌声が見事にマッチした名曲です。

秋の夜長に年代物のスコッチやテキーラと、キースの歌声で渋く酔ってみませんか?

http://www.keithrichards.com/index_flash.html
http://diskunion.net/index.html

Posted by tama at 16:26:34Comments(0)TrackBack(0) │その他

哀愁の秋・・・

2005-10-12

746.jpg すっかり寒くなり秋だな〜・・・とつくづく感じる今日このごろです。
財布の中身もすっかりお寒くなり・・・。

寒くなると、『哀愁』とか、『静けさ』って言葉が合いますよね?自分の実家は雪国なもんで、一面白銀の世界に静かに舞い降りる雪がとても好きでした。夜なんて、本当にシ〜ンとしてて・・・。雪が降ってくる音が聞こえるんじゃないかと思うくらいの『静けさ』なんです。その静けさに真っ白で幻想的な風景がマッチしてて・・・。寒いけど、冬は好きですね。
雪にはまだまだ早いですが、今のこの時季にピッタリなのが『哀愁』。

自分って結構ロマンチストだなって思うときがあるんですよ。寒くなると、大気が乾燥するから星がいつもよりキラキラして見えて、な〜んか浸っちゃったり、家から見える夜の新宿の高層ビル群がやけに綺麗に見えたり・・・。
そんな時、『哀愁』を感じちゃうんですよね。

そんな夜は、ちょっと男臭い渋めのナンバーをチョイス!!
私のお勧めは、ルイス・フューレイの『ルイス・フューレイ』!!フランスの女優キャロル・ロールの旦那としても知られるカナダ出身のシンガーソングライターのデビュー作。妖しげなメロディーに乗せて歌われるのは、ジャンキー、娼婦、といった都会の闇で蠢く人々の物語。語り口調の唄は幾分ルーリードを思わせる。
この曲と酒があれば、きっと素敵な秋の夜長を過ごすことが出来ると思います!!

DISKUNION 新宿中古センターに1枚のみ在庫がありますので、渋く決めたい方は是非ご来店を!!
http://diskunion.net/rock/

Posted by tama at 19:01:45Comments(0)TrackBack(0) │その他

今週の勝負馬はこれ!!

2005-10-05

603.jpg 雨っス・・・。今週はずっと雨らしいっスよ。

今週から東京競馬場開幕っス!!!!
待っていたよ〜!!東京〜!!
ちょうど去年の東京競馬場が開幕した時、朝5時起きで行ったなー。また今年も行くよ〜!!待っとれよ〜!!

『開幕週の馬場は逃げ、先行有利』
もう、これは競馬好きなら誰でも知ってる鉄則。しかも、今週は雨っつー事で、狙いは先行馬で決まり!!
アサクサデンエンのここ2戦は、以前の差し一辺倒の競馬から、前につける競馬へ脚質を変えた事で一気に見事G1初制覇!!斤量は多少気になるが、ここも主役の1頭。前走のような競馬が出来れば・・・。
しか〜し、私の一押しは、先週の悔しさを今週にぶつけてくれ!!っつー事で、池添&スイープトウショウでいきます!!
こちらも前走の宝塚記念で中団につけ、直線で一気に伸び、牡馬を一蹴してG1制覇!!休み明けだったとはいえ、去年の年度代表馬ゼンノロブロイをねじ伏せた牝馬。今年の牝馬は強いでっせー。


さてさて、馬は今週末にお楽しみっつー事で・・・。昨晩、ジャカロープなるバンドのライブに行って参りました。
ジャカロープとは、ナイン・インチ・ネイルズやマリリン・マンソンなどのエンジニア、プロデューサーとして活躍してきたデイヴ・オギルヴィーが、22歳の新人歌姫ケイティーBを迎えてスタートさせた新プロジェクトで御座いまして、音楽は、ゴス、インダストリアル、エレクトリックなのですが、かなりポップに仕上がっております。
とにかくこのケイティーBが可愛いったらありゃしない。ルックスもさることながら、彼女の歌声にはウットリ・・・。早くもカナダでは、カナダのアヴリル・ラヴィーンという声も挙がっているそうですぞ!?

そんなケイティーの歌声に完全にヤラレてしまった僕ちんは、ライブの興奮冷め遣らぬまま、帰路につこうとした・・・その時!!!!
ぬわ〜んと!!MY SWEET HONEY ケイティーBちゅわんが目の前に!!!!
関係者への挨拶とやら何やらで、目の前に現れたケイティーBちゃんにド緊張の僕・・・。

『ナ・・、ナ・・、ナイスチュー・・、ミーチュー・・・』
頭の中が真っ白になり、体がカッカ、カッカしてきた。
フト気づくとしきりに『センキュー・・・、センキュー・・・』と連呼してる始末・・・。
完全に固まった・・・。何も話せなかった・・・。
とにかく握手をし、片言の英語で挨拶をして会場を出た。

やっちまったー・・・。なんてもったいないことをしてしまったんだー!!!
後悔だけがただただ背中に覆い被さってくる・・・。

帰ろう・・・。
小雨に打たれながら、澁谷で後悔というお土産を背負い、帰路についた・・・。

明日は晴れるかなー・・・。

http://www.jakalope.net/

Posted by tama at 18:53:13Comments(0)TrackBack(0) │その他
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited