SOUND OF THE SCIENCE

インディロック、音響、エレクトロニカなど、映像喚起力に溢れた音楽を紹介していきます

 
 

■ヨラテンゴの映画サントラ提供曲を編集した新作がリリース!

2008-08-12

ヨラテンゴがここ数年手がけた映画のサントラ音源を編集したCDが 9月上旬にヨラの自主レーベルEGONよりリリースされます!

気になる内容は「OLD JOY」「JUNEBUG」「GAME 6 」「SHORT BUS」の4つの映画(SHORT BUS以外は日本未公開)に 使用された曲群で、曲名からすると"MADELINE"と"SPEC BEBOP"以外は未発表曲で合計27曲を収録。

ジャケは4種類あるそうで、恐らく、それぞれの映画にちなんだものだと思われます。

ヨラテンゴといえばこれらの映画以外にも、ヴェルベッツ役で出演も果たした「I SHOT ANDY WARHOL」や、ハル・ハトリー監督の作品群等、映画のサントラへの楽曲提供も多数あるので、いつかはこんな編集盤がでたらいいのにと思っていたので、うれしいですね。


YO LA TENGO 『 THEY SHOOT,WE SCORE 』

TRACKLIST

〜OLD JOY
1. Leaving Home
2. Getting Lost
3. Path to Springs
4. Driving Home
5. Leaving Home (alternate version)
6. Old Joy: End Credits

〜JUNEBUG
7. Ashley
8. Meerkats
9. Madeline
10. A Roomful of Ladies (outtake)
11. David Wark
12. Aftermath (outtake)
13. George

〜GAME 6
14. This Could Be It
15. The Phantom Who Haunts Broadway
16. Game Time
17. Pharaoh Blues
18. Zoo Chant
19. Love Chant
20. Asbestos
21. Return of the Pharaoh
22. Spec Bebop
23. Buckner's Boner

〜SHORTBUS
24. Isolation Tank
25. Panic in Central Park (outtake)
26. Panic in Central Park
27. Wizard's Sleeve





さて、最近のヨラですが9月はマイブラがキュレートするATPの3日目に出演ですね。これがかなり唾延のラインナップ!ヨラとマイブラだけでもうれしいのに、ダイナソーJrやモグワイにマーキュリーレブにスペクトラムまで同じ日に演奏だなんて。3日間とも観にいく予定の同僚がうらやましいです。

ATP SUNDAY SEPTEMBER 21ST - CHOSEN BY MY BLOODY VALENTINE

MY BLOODY VALENTINE
DINOSAUR JR.
LILYS
YO LA TENGO
MERCURY REV
MOGWAI
LE VOLUME COURBE
BOB MOULD
SPECTRUM
GEMMA HAYES
THE WOUNDED KNEES
BRIAN JONESTOWN MASSACRE
ROBIN GUTHRIE
EPMD


そして、7月にはアイラとジョージアの2人からなるSLEEPING PILLという名義でTERRASTOCKというフェスに出演したそう。YOUTUBEにその様子がアップされていたのでチェックしてみたのですが、ギター中心の静謐なサウンドで、素晴しい内容でした。

このTERRASTOCKですが今回で7回目の開催で、他の出演者はMV+EEやBARDO POND、DEMON & NAOMI、TARA JANE O'NEIL、PELT、HELENA ESPVALL & MASAKI BATOH、MONO等などのサイケ/エクスペリメンタル色の強いフリーフォーク〜轟音〜唄モノ系のラインナップで、ATPよりもさらにマニアックなメンツ。こんなの日本でもあるといいのに。

最後に、ヨラの皆さんですが、10月に台北とソウルでライブやるそう。ついでに日本にも来てほしいものです。



Posted by sawander at 03:22:37Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ JENNIFER O'CONNOR & DUMP / SPLIT SINGLE

2008-06-09

かなり久々の更新ですが、日本ではなかなか入手が難しいアイテムが入荷しましたのでご紹介!

YO LA TENGOのジェームスのソロユニットであるDUMPと、YO LA TENGOとはレーベルメイトの女性SSW、JENNIFER O'CONNORのスプリット7inchが、ジェニファーがマイスペ上で運営する自主レーベル、KIAM RECORDSからリリース!
限定アイテムのようなのでお早めにどうぞー。

JENNIFER O'CONNOR & DUMP / SPLIT SINGLE (WHITE VIYNL) \1,590


TRACK LIST
1. JENNIFER O'CONNOR / I WAS SO WRONG (DUMP remix)
2. DUMP / I WANNA GET NEXT TO YOU (ROSE ROYCE cover)
3. JENNIFER O'CONNOR / I'M A RACECAR DRIVER


気になる内容は、ダンプによるジェニファー・オコナーのリミックス曲と、ジェニファーの未発表曲、そしてダンプによる70年代のソウル系のグループ、ローズ・ロイスのカバーの3曲を収録。 ジェームスによるウサギの絵のイラストのジャケもナイスなんですが、何といってもダンプによるローズ・ロイスのカバー曲がユル甘な感じで秀逸。

ヨラテンゴ(ダンプ)といえばカバー曲がいつも秀逸なのだけど何気にソウル系のカバーって結構多いですね。
ヨラがカバーすると黒っぽさがいい按配で抜けてメロディーの甘さが引き立って、いい感じに仕上がりますね。

ROSE ROYCEによる原曲「I WANNA GET NEXT TO YOU」


原曲も甘〜い感じのいい曲です。


■ヨラがこれまでカバーしたソウル系の曲
・YOU CAN HAVE IT ALL(George McCraeカバー)
AND THEN NOTHING TURNED ITSELF INSIDE-OUTに収録

・I'M YOUR PUPPET(James and Bobby Purifyカバー)
MR TOUGH 7inchに収録

■DUMPがこれまでカバーしたソウル系の曲
・プリンス全曲カバーアルバムTHAT SKINNY MOTHERFUCKER WITH THE HIGH VOICE?

・EVERLASTING LOVE(Robert Nightカバー)
A PLEA FOR TENDERNESSに収録



Posted by sawander at 03:58:00Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ 2007 best disc

2008-01-02

明けましておめでとうございます。

2007年もあっという間に終わってしまいましたね。

今年はもう少しまめに更新したいと思います。



【2007FAVORITE SONGS】

1.van dyke parks / yellow magic carnival
2.red krayola + art & languege / fairest of all
3.robert wyatt / just as you are
4.petra haden / don't stop believin'
5.thurston moore / honest james
6.animal collective / fireworks
7.jens lekman / opposite of hallelujah
8.samara lubelski / road to misfortune
9.mark levine / going to country
10.panda bear / bros
11.g.burt/r.macdonald quatet / al fresco at springman
12.brian harnety / I am on the gospel highway (my heart has brought me home)
13.daniel johnston / don't let the sun go down your grievances
14.yo la tengo / weakest part (itunes sessions)
15.nobukazu takemura / die arglosigkeit

ちなみに↑ my radioにアップしました。
1時間以上ありますがお暇な時にでもどうぞ。

windows media player使ってる人はこっち↓
http://www.mediamaster.com/myradio/sawander.asx
itunes使ってる人はこっち↓
http://www.mediamaster.com/myradio/sawander.pls



【2007 BEST DISC】

1.jens lekman / night falls on kortedara
2.robert wyatt / comic opera
3.samara lubelski / parallel suns
4.thurston moore / trees outside academy
5.animal collective / strawberry jam
6.dinosaur jr / beyond
7.red krayola + art & language / sighs trapped by liars
8.brian harnetty / american winter
9.g.burt/r.macdonald quatet / one broke
10.nobukazu takemura / kobito no kuni

番外編 DVD
jean painleve/yo la tengo / science is fiction



【2007 BEST LIVE】

1.yo la tengo @渋谷o-west 2/20
2.vashti bunyan @ 新宿リキッド 3/1
3.dinosaur jr @渋谷クワトロ 8/9
4.yo la tengo @フジロック 7/27
5.二階堂和美 @池袋明日館講堂 3/14



【BEST ARTWORK】
panda bear / person pitch
christian marclay / guitar drag
tristan perich / 1-bit music



Posted by sawander at 20:02:21Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ V.A / I'M NOT THERE ( OST )

2007-10-03

ヨラテンゴ、ソニックユース、キャット・パワーらによるボブ・ディラン・カバー集がリリース!!



V.A / I'm Not There [Soundtrack]



クリスチャン・ベイル、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、マーカス・カール・フランクリン、ベン・ウィショー、そして女優のケイト・ブランシェットといった面々がボブ・ディランを演じた異色のディラン伝記映画「I'm Not There」のサントラが10月下旬に発売!

サントラの内容は、ヨラテンゴ、ソニックユース、キャット・パワー等の人気インディロック系のミュージシャンによるボブ・ディランカバー集で2枚組で34曲収録。シャルロット・ゲンズブール+キャレキシコや、スティーヴン・マルクマス+リー・ロナルドなどの意外な組み合わせのコラボレーションも収録されています。


track list

disc 1

1 All Along The Watchtower / Eddie Vedder & MDB
2 I'm Not There / Sonic Youth
3 Goin' To Acapulco / Jim James & Calexico
4 Tombstone Blues / Richie Havens
5 Ballad Of A Thin Man / Stephen Malkmus & MDB
6 Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again / Cat Power
7 Pressing On / John Doe
8 Fourth Time Around / Yo La Tengo
9 Dark Eyes / Iron & Wine and Calexico
10 Highway 61 Revisited / Karen O & MDB
11 One More Cup Of Coffee / Roger McGuinn & Calexico
12 The Lonesome Death Of Hattie Carroll / Mason Jennings
13 Billy / Los Lobos
14 Simple Twist Of Fate / Jeff Tweedy
15 Man In The Long Black Coat / Mark Lanegan
16 Senor (Tales Of Yankee Power) / Willie Nelson

disc.2

1 As I Went Out One Morning / Mira Billotte
2 Can't Leave Her Behind / S. Malkmus & Lee Ranaldo
3 Ring Them Bells / Sufjan Stevens
4 Just Like A Woman / Charlotte Gainsbourg & Calexico
5 Mama You've Been On My Mind / Jack Johnson
6 I Wanna Be Your Lover / Yo La Tengo
7 You Ain't Goin' Nowhere / Glen Hansard & Marketa Irglova
8 Can You Please Crawl Out Your Window? / Hold Steady
9 Just Like Tom Thumb's Blues / Ramblin’ Jack Elliot
10 The Wicked Messenger / Black Keys
11 Cold Irons Bound / Tom Verlaine & MDB
12 Times They Are A Changin' / Mason Jennings
13 Maggie's Farm / Stephen Malkmus & MDB
14 When The Ship Comes In / Marcus Carl Franklin
15 Moonshiner / Bob Forrest
16 I Dreamed I Saw St. Augustine / John Doe
17 Knockin' On Heaven's Door / Anthony
18 I'm Not There / Bob Dylan




Posted by sawander at 16:59:02Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ ANIMAL COLLECTIVE / STRAWBERRY JAM

2007-08-08

各方面から大絶賛を受けた前作 『フィールズ』 から2年ぶりに届けられたアニマル・コレクティヴの新作。パンダベアのソロ作、エイヴィ・テアと元ムームのクリスティンの夫婦ユニットのリリースを経て制作された待望の新作は、FAT CATから移籍しUKの人気レーベル、DOMINOよりリリース!!


ANIMAL COLLECTIVE / STRAWBERRY JAM
■■8/22→8/29発売日変更■■


多幸感とプリミティヴさを過剰に増加させたポップでありながらサイケデリックなサウンドはやはり唯一無比。80'sポップのようなカラフルなメロディーの ‘Fireworks’ や、ビーチボーイズの「ベジタブルズ」や「グッドヴァイブレーション」辺りを彷彿させる ‘Peacebone’ など、前作の作風を踏襲しながらも、新機軸を打ち出した期待を裏切らない素晴らしい仕上がりになっています。

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
『アニマル・コレクティヴ / ストロベリー・ジャム』 をお買上のお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル 『アニマル・コレクティヴ巾着 (ロゴ)』 を差し上げます。お弁当箱や小物を入れるのに最適なサイズ (18×26cm) です!!





◆TRACK LIST

1. Peacebone
2. Unsolved Mysteries
3. Chores
4. For Reverend Green
5. Fireworks
6. #1
7. Winter Wonder Land
8. Cuckoo Cuckoo
9. Derek





↑FIREWORKSのPV



Posted by sawander at 14:22:43Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ ヨラテンゴ関連 ライブDVDがリリース!

2007-07-02

ヨ・ラ・テンゴがサントラを手掛けた海洋生物のドキュメンタリー映画と、その映像を上映しながら行われたライブを収録した2枚組のDVDがリリース!

ARTIST: JEAN PAINLEVE / YO LA TENGO
TITLE: Science Is Fiction / The Sounds Of Science


2DVD (PAL方式 リージョン2)
予価:¥6,390(税込)
7月中旬入荷予定




2001年のサンフランシスコ・フィルム・フェスティバルの企画で実現し、以後、数回にわたって行われているフランスの実験映像作家、JEAN PAINLEVEと、ヨ・ラ・テンゴのコラボレーション企画の映像作品がDVD化!


DISC1にはJEAN PAINLEVEによるタツノオトシゴやタコ、ウニ、エビ、クラゲなどの海洋生物の生態を描いたドキュメンタリー映像を収録。 そして、DISC2には巨大スクリーンに映し出されたJEAN PAIN LEVEの映像をバックに、ヨ・ラ・テンゴの自主レーベルよりサイト限定販売というかたちでリリースされた全編インストのアルバム、「Sound Of The Sound Of The Science」を演奏するヨラテンゴのライブ映像を収録!

1920年代〜70年代にかけて撮影された海洋生物の映像は、昔の映像とは思えないほど美しく幻想的でユーモラスで、実験映像好きもアピールできる素晴らしい内容。対するヨ・ラ・テンゴのサウンドは、ミニマルなフレーズやループを多用した彼らならではの淡いサイケデリアに満ちた映像喚起力満点なサウンド。

ヨ・ラ・テンゴの映像作品は、これまでリリースされたことがなかっただけに必見です!!


*PAL方式の為、国内のDVDプレイヤーでは再生できません。パソコンに内臓のDVDプレイヤーでご覧になれます*





Posted by sawander at 18:26:22Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ 横浜西口店 ポストロック/エレクトロニカ中古CDセール 5/3開催!

2007-04-30

ディスクユニオン横浜西口店
ポストロック/エレクトロニカ中古CDセール
5/3開催!


5月の中古CD大量放出DAYはG.W.真っ只中の5/3(木.祝)です!

ポストロック/エレクトロニカ/フリーフォーク/音響/エクスペリメンタル/ノイズetc...
人気盤〜現在、新品では入手困難なアイテムもてんこ盛りな300枚を一挙に放出!


今回は、音響系ギタリスト系の中古が大充実!
JIM O'ROURKE周辺、THURSTON MOORE周辺、DEREK BAILEY関連、RAFAEL TORAL、LOREN MAZZACANE CONNORS、KEVIN DRUMM、JOHN FAHEY等など、音響系、即興系のギタリストのエクスペリメンタル作品もまとめて投入します!

もちろん、ポストロック/エレクトロニカの定番アイテムや、実験音響系も大充実!

是非是非、ご来店お待ちしております!



ディスクユニオン横浜西口店

〒220-0005 横浜市西区南幸2-8-9ブライト横浜ビル2F
TEL:045-317-5022
e-mail:dy2@diskunion.co.jp
営業時間:11:00〜21:00




Posted by sawander at 02:11:32Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ DINOSAUR Jr. / BEYOND

2007-04-14

J・マスキス、ルー・バーロウ、マーフの3人が顔をそろえた一昨年の奇跡の再結成ツアーから2年、ソニックユースやピクシーズらと共に80年代から、オルタナシーンを牽引してきたオルタナ最重要バンド、ダイナソーJr. が解散から10年ぶり、オリジナルメンバーでは18年ぶりとなる新作をリリース!!



新作を作った理由が、「ライブで昔の曲ばかりやる続けるのも飽きたことだし」 と相も変わらずな発言をはきながらも、内容のほうはJの轟音ギターとポップなメロディーが冴えまくる 『グリーンマインド』 辺りのサウンドを彷彿させる、全くブランクを感じさせない素晴らしい出来栄え!!

ダイナソーJr. / ビヨンド  4/18発売 ¥2,490(税込)

1. Almost Ready
2. Crumble
3. Pick Me Up
4. Back to Your Heart
5. This Is All I Came to Do
6. Been There All the Time
7. It's Me
8. We're Not Alone
9. I Got Lost
10. Lightning Bulb
11. What If I Knew
12. Yer Son (日本盤ボーナス・トラック)
13. Tiny Town (日本盤ボーナス・トラック)


【ディスクユニオンオリジナル特典】
『ダイナソー Jr. / ビヨンド』 (通販番号: 04IA10753) をお買上のお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル特典トート・バッグを差し上げます。




* 通販にてお買い上げのお客様への発送は、特典が完成する4月26日以降となります。ご了承下さいませ。



Posted by sawander at 03:03:19Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ 悪魔とダニエル・ジョンストン

2007-03-09



カート・コバーンが着ていたTシャツの “HI, HOW ARE YOU” のイラストでもお馴染み、USインディ界きっての変人であり、希代のS.S.W. でもあるダニエル・ジョンストンの波乱に満ちた半生を綴ったドキュメンタリー映画がDVD化!

テンポなんてお構い無しのヨレヨレの伴奏にあわせて無垢に唄を歌うダニエルという、みんなに愛されているという側面だけでなく、これまで余り知られていなかった繊細さ故の躁鬱病に悩まされるダニエルの狂気にも焦点をあて、子供の頃〜現在に至るまでダニエル本人の手により撮りためられていたホーム・ムーヴィー (これが実にいい味出してるんです!) と、ダニエルの友人やミュージシャンのインタビューによって構成されたドキュメンタリーという内容ですが、数あるドキュメンタリー映画のなかでも傑出した内容で、各国プレスや観客からも大絶賛の嵐というのも納得の仕上がり。

父親の飛行機の操縦を邪魔して墜落しても奇跡的に助かったり、マネージャーを鉄パイプで殴り重傷を負わしたり、ドラッグ中毒になったり、レーベルとの契約の交渉で所属アーティスト (メタリカ) が悪魔の使いだと信じて契約をドタキャンしたり、母親に説教されているのを隠し録りして作品としてリリースしたり…etc。数々の破天荒なエピソードに思わず、クスッと笑ってしまったり、目頭が熱くなったりすること請け合いです。

これを観終わったあとは、今までよりもさらにダニエル・ジョンストンのことが愛しくなってしまうこと間違い無しの大傑作映画!

■ 悪魔とダニエル・ジョンストン 4/11発売予定 4,935円(税込)
・特製アウターケース付き
・24Pオリジナル・ブックレット封入

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
『悪魔とダニエル・ジョンストン』DVD をお買上のお客様に先着で、ダニエル・ジョンストン・キーホルダーを差し上げます。

↑こちらの有名なイラストをそれぞれ表裏にあしらったデザインのキーホルダーです。

映画公式サイト→


↓おまけ↓

先日入荷するも、またたく間に売切れてしまったダニエル・ジョンストンの初期テープ作品をコンパイルしたCDが再入荷!

前回入荷分も速攻で売切れてしまったのでお早めにどうぞ!

1 2 3 4 5 6 7 8

DANIEL JOHNSTON

1. YIP / JUMP MUSIC
2. CONTINUED STORY + HI HOW ARE YOU
3. LOST RECORDINGS 2 1983
4. WHAT OF WHOM AUGUST1982
5. RETORED BOXER /RESPECT
6. DON'T BE SCARED JULY 1982
7. LOST RECORDINGS 1983
8. WHITE MAGIC 1979-1989




Posted by sawander at 17:01:01Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ GASTR DEL SOL / TWENTY SONGS LESS 7inch再発!

2007-01-24

バストロの発展形としてスタートし、最後はデビッド・グラッブスとジム・オルークのエクスペリメンタル・フォークデュオとして最後を迎えたシカゴ音響系の才能が結集したユニット、ガスター・デル・ソル。94年、1STの後にリリースされたジム・オルーク加入後の初音源7inchがチェコの新鋭レーベル、Minority Recordsより再発!



■ GASTR DEL SOL / TWENTY SONGS LESS

デビッド・グラッブス、ジム・オルーク、バンディ・K・ブラウン、ジョン・マッケンタイアというメンツで録音された音源で、ワビサビの利いたアコギのフィンガーピッキングにからむ、緊張と弛緩を演出するドラムとフィールドレコーディングのコントラストが素晴らしいアルバム未収録曲を収めたシカゴ音響/ポストロック・シーンの黎明期の傑作。

再発にあたってガスター・デル・ソル缶バッヂが付いてます!1000枚限定リリース。



Posted by sawander at 19:32:46Comments(0)TrackBack(1) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ JIM O'ROURKE / 6 OSCILATORS 87, GUITAR 88

2006-12-24

5909.jpg ジム・オルークの1987年と88年の未発表音源がブルックリンのノイズレーベル、NO FUNより500枚限定リリース!
オシレーターによる金属的なドローンと、テーブルトップギターによる不穏な響きのドローンをそれぞれの面に収録した12inch。
ジャケットのドローイングはジム本人が書いたものっぽいです。

JIM O'ROURKE  / 6 OSCILATORS 87, GUITAR 88



Posted by sawander at 16:19:22Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ 2006年間レコメンド

2006-12-07

1  2   3   4   5   6   7  8   9  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

1. YO LA TENGO / I AM NOT AFRAID OF YOU AND I WILL BEAT YOUR ASS
2. YO LA TENGO / YO LA TENGO IS MURDERING THE CLASSICS
3. YO LA TENGO / MR.TOUGH
4. BILL WELLS & MAHER SHALAL HASH BAZ
5. BILL WELLS TRIO / LIVE AT BANCHOLY
6. ISOBEL CAMPBELL / MILKWHITE SHEETS
7. KAREN DALTON / IN MY OWN TIME
8. KAREN DALTON / SOMETHING ON YOUR MIND
9. SIBYLLE BAIER / COLOUR GREEN
10. ZOO WHEEL / FIRST BORN, GRAND DAYS
11. HASSLE HOUND / LIMELIGHT CORDIAL
12. JOANNA NEWSOM / Ys
13. LUCIANO CILIO /DELL'UNIVERSO ASSENTE
14. CAT POWER / GREATEST
15. JIM O'ROURKE / コロナ - 東京リアリゼーション
16. JIM O'ROURKE / THOMAS ANKERSMIT / SPLIT LP
17. LOOSE FUR / BORN AGAIN IN THE USA
18. AKI TSUYUKO HOKANE
19. WECHSEL GARAND / EASY
20. 17 PICTURES / 17 PICTURES
21. BETH ORTON / COMFORT OF STRANGERS
22. LAMBCHOP / DAMAGED
23. STEPHAN MATHIEU & JANEK SCHAEFER / HIDDEN NAME
24. TORTOISE / A LAZARUS TAXON
25. EKKEHARD EHLERS / A LIFE WITHOUT FEAR
26. SONIC YOUTH / SONIC YOUTH
27. PAVEMENT / WOWEE ZOWEE (DELUX EDITION)
28. ARTHUR RUSSELL / SPRING FIELD
29. JAN JELINEK / TIERBEOBACHTUNGEN
30. PANDA EBAR / BROS
31. 二階堂和美 / 二階堂和美のアルバム
32.JIM O'ROURKE/坂田明 / かなしい/EXPLOSION




Posted by sawander at 02:31:22Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ 恐山 / みみどこですか

2006-11-26

5647.jpg 坂田明とのコラボレーション、「およばれ」「かなしい」の即興ライブ音源シリーズに続いてジム・オルークの新ユニット、恐山のアルバムが12/20リリース!

この「恐山」のメンバーはJIM O'ROURKE (ギター)、ジムの昔からの友人で、ジム・オルークバンドとして来日もしていたDAREN GRAY (ウッドベース)、若手即興系のドラマーの中でも最も才能を感じさせるCHRIS CORSANO(ドラム)というメンツ。「坂田明とのライブとメンバー一緒じゃん!」ってツッコミが入りそうですが、ジム曰く「頭の中で鳴り響いている音楽を形にするために必要不可欠でパーフェクトな相棒」とのこと。これまでと同じく新宿ピットインで8月に2日間に渡って行われたライブを収めた内容ですが、坂田明(2日目にはゲストで参加)が参加していない分、より各々のプレイヤーの演奏に焦点があてられたスリリングな即興演奏が収録されてます!

ジャケの帽子はダーリン・グレイがかぶってたやつですね。


恐山 /みみどこですか

trak list

1.form of the collapse if a collapse should occur
2.all we know so fa
3.in addition




Posted by sawander at 22:46:59Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ FENNESZ / ENDLESS SUMMER deluxe edition

2006-10-30

5245.jpg 音響/エレクトロニカの金字塔的名作、FENNESZのENDLESS SUMMERがレア音源、未発表曲を加えて12月上旬に再リリース!!

それまで無機質だと思われていた実験電子音響に"エモーション"をもちこんだ、センチメンタルなアコギのフレーズとエモーショナルなノイズが奇跡的なバランスでハーモニーを奏でる音響/エレクトロニカの名盤、ENDLESS SUMMERが、ボーナストラックを加え、再リリースされます!

今回、再リリース盤に加えられたのはFAT CATのスプリット12inchシリーズに収録されていた「BADMINTON GIRL」(現在入手困難)と未発表曲「ENDLESS」。他のアルバム収録曲も新たにリマスタリングされ印象が変わっている曲もあるらしいです。

FENNESZ / ENDLESS SUMMER deluxe edition

Made In Hong Kong
Endless Summer
A Year In A Minute
Caecilia
Got To Move On
Shisheido
Before I Leave
Happy Audio
Badminton Girl
Endless




Posted by sawander at 01:29:55Comments(1)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ PANDA BEAR / BRO'S

2006-10-28

5225.jpg ANIMAL COLLECTIVEの中心人物、PANDA BEARのソロ12inchが12月上旬に、FAT CATよりリリース!!

アニマルコレクティヴの時よりもPOP度の高い、ハワイアンみたいなエキゾチックな曲を過激にサイケデリックにした多幸感あふれる曲調で、来年に出る予定のアルバムも期待できそう。

B面は、ANIMAL COLLECTIVEのAVEY TAREとBLACK DICEのERIC COPELANDのコラボユニット、TERRESTRIAL TONESによるREMIXを収録。フラダンスを踊っている人をコラージュしたジャケもすごくいいですね。今のところ12inchのみのリリースのようです。

PANDA BEAR / BROS

a: BROS
b: BRO'S (REMIX BY TERRESTRIAL TONES)


FAT CATのHPで試聴できます。



Posted by sawander at 03:12:13Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ ISOBEL CAMPBELL / MILKWHITE SHEETS

2006-10-27

5188.jpg 元ベルセバ(belle & sebastian)のイゾベル・キャンベルの3年振りとなるソロ作が11/22(国内盤)リリース。

新作の何曲かを聴いたのですが、ほぼアコギ1本のみのシンプルな演奏をバックに、あの溜め息が出そうなほどの儚げなウィスパーボイスで、スコティッシュでトラディショナルな雰囲気の曲を歌ってる良い内容でした。

最近のベルセバのメジャー感にちょっとだけ違和感を感じる人のツボにこそ、ばっちりはまる内容かも。


ISOBEL CAMPBELL / MILKWHITE SHEETS

Tracklist:

01 O Love Is Teasin'
02 Willow's Song
03 Yearning
04 James
05 Hori Horo
06 Reynardine
07 Milkwhite Sheets
08 Cachel Wood
09 Beggar, Wiseman or Thief
10 Loving Hannah
11 Are You Going to Leave Me?
12 Over the Wheat & the Barley
13 Thursday's Child
14 Bird in the Wood (CD hidden track)




Posted by sawander at 01:53:48Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ JIM O'ROURKE 『 コロナ−東京リアリゼーション 』

2006-10-24

5165.jpg ジム・オルークが武満徹の図形楽譜を演奏した作品が11/2リリース!

新録のソロ作としてはかなり久しぶりとなるジム・オルークの新作は、今年で没後10周年を迎える日本を代表するコンポーザー、武満徹の図形楽譜をハモンド・オルガンとフェンダーローズを用いて解釈/演奏した2曲を収録。ここ最近は即興/フリージャズ作品が多かったので、こういったきちんとコンポーズされた作品はうれしいですね。

築地本願寺でのフリーイベント、「他力本願でいこう」で披露されたパイプオルガンを用いた図形楽譜を見ながらのドローン演奏が素晴らしかっただけに期待が高まります。

■ JIM O'ROURKE 『 コロナ−東京リアリゼーション 』

track list

1. ピアニストのためのコロナ 東京リアリゼーション 1
2. ピアニストのためのコロナ 東京リアリゼーション 2



最近のジムは、MAHER SHALAL HASH BAZのライブにメンバーとして参加したり、今回のレッド・クレイヨラの来日公演では、ジョン・マッケンタイア(!)とともにメイヨ・トンプソンのバックを務めたり、先日のHEADZのイベントではかなり久しぶりにアコースティックソロ・セットでライブを行い「ユリイカ」を披露したりと、さすが日本在住だけあってライブにも頻繁に出演している模様。唄ものソロ作もそろそろ聴きたいなぁ。



Posted by sawander at 00:43:41Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ YO LA TENGO UK限定7inch Mr.Tough 入荷!

2006-10-03

5013.jpg YO LA TENGOの新作「I Am Not Afraid Of You And I Will Beat Your Ass」から『MR.TOUGH』がシングルカット!

新作からUK限定の7inchシングルとして、ファルセットVoとピアノ、ホーンをフィーチャーしたゆる〜くファンキーでソウルフルな「MR.TOUGH」がシングルカット!

B面の曲はアルバム未収録曲でBOBBY & JAMES PURIFYのカバー曲!!これがアイラとジョージアのハーモニーが美しい、グロッケンとストリングスをフィーチャーした、ライブのアンコールタイムに聴きたい甘い感じのいい曲なんです! 来年2月には来日との噂も!!待ち遠しくてたまりません!!!

YO LA TENGO / Mr. Tough

A: MR.TOUGH
B: I'M YOUR PUPPET




Posted by sawander at 18:55:45Comments(1)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■PAVEMENT Wowee Zowee: Sordid Sentinels Edition

2006-10-01

4985.jpg ペイブメントの3rd、「WOWEE ZOWEE」のデラックスエディションが11月上旬にリリース!(国内盤は11/22発売予定)

1st『Slanted & Enchanted』、2nd『Crooked Rain, Crooked Rain』に続き、ついに3rd『WOWEE ZOWEE』もデラックスエディションでリリース!!オリジナルの18曲に加え、シングルB面曲/アウトテイク/ライヴ音源/映画サントラ/コンピ盤提供曲などの31曲を加えた、全49曲の大ボリューム。当時リリースされて初めて聴いた時は、ふにゃっとしていて捉え所がないなぁと思っていたけど、個人的にはペイブメントの作品のなかでは「WOWEE ZOWEE」が一番好きなだけに今回のデラックスエディション化は嬉しいばかり。

デラックスエディションならではのブックレットも楽しみです。
PAVEMENTだけでなく、JIM O'ROURKE、『BAD TIMING』やAPLES IN STEREO、SILVER JEWS、意外なところだとMERZBOWのアルバムのジャケ手掛けたUSインディー系のアルバムのジャケではお馴染みのSTEEVE KEENのイラストが沢山、フィーチャーされてるといいな〜。



PAVEMENT Wowee Zowee: Sordid Sentinels Edition

Disc 1
01 We Dance
02 Rattled by the Rush
03 Black Out
04 Brinx Job
05 Grounded
06 Serpentine Pad
07 Motion Suggests Itself
08 Father to a Sister Of Thought
09 Extradition
10 Best Friend's Arm
11 Grave Architecture
12 AT & T
13 Flux = Rad
14 Fight This Generation
15 Kennel District
16 Pueblo
17 Half a Canyon
18 Western Homes
19 Sordid [previously unreleased Wowee Zowee session outtake]
20 Brink of the Clouds [Rattled by the Rush b-side]
21 False Skorpion [Rattled by the Rush b-side]
22 Easily Fooled [Rattled by the Rush b-side]
23 Kris Kraft [Father to a Sister of Thought b-side]
24 Mussle Rock [Father to a Sister of Thought b-side]
25 Give It a Day [Pacific Trim EP]
26 Gangsters & Pranksters [Pacific Trim EP]
27 Saganaw [Pacific Trim EP]
28 I Love Perth [Pacific Trim EP]
29 Sentinel [previously unreleased Wowee Zowee session outtake]

Disc 2

01 Sensitive Euro Man [I Shot Andy Warhol soundtrack]
02 Stray Fire [previously unreleased Wowee Zowee session outtake]
03 Fight This Generation [recorded March 3, 1994 at Hilversum, Holland]
04 Easily Fooled [recorded March 3, 1994 at Hilversum, Holland]
05 Soul Food [Wowee Zowee jam session w/Doug Easley on piano]
06 It's a Hectic World [from Homage to Descendents tribute album]
07 Kris Kraft [BBC in-studio; Steve Lamacq Evening Session, March 15, 1995]
08 Golden Boys/Serpentine Pad [BBC in-studio; Steve Lamacq Evening Session, March 15, 1995]
09 Painted Soldiers [BBC in-studio; Steve Lamacq Evening Session, March 15, 1995]
10 I Love Perth [BBC in-studio; Steve Lamacq Evening Session, March 15, 1995]
11 Dancing With the Elders [from Medusa Cyclone/Pavement split 7"]
12 Half a Canyon [live; Wireless JJJ Radio, Australia, July 7, 1994]
13 Best Friend's Arm [live; Wireless JJJ Radio, Australia, July 7, 1994]
14 Brink of the Clouds/Candylad [live; Wireless JJJ Radio, Australia, July 7, 1994]
15 Unfair [live; Wireless JJJ Radio, Australia, July 7, 1994]
16 Eaily Fooled [live; Wireless JJJ Radio, Australia, July 7, 1994]
17 Heaven Is a Truck [live; Wireless JJJ Radio, Australia, July 7, 1994]
18 Box Elder [live; Wireless JJJ Radio, Australia, July 7, 1994]
19 No More Kings [from Schoolhouse Rock! Rocks comp]
20 Painted Soldiers [from Kids in the Hall in Brain Candy soundtrack]
21 We Dance (alternate mix) [previously unreleased Wowee Zowee session outtake]




Posted by sawander at 01:31:13Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ JOANNA NEWSOM / Ys

2006-09-10

4795.jpg ジョアンナ・ニューサムの待望の2ndアルバム、『Ys(イース)』が11月3日(日本盤)、輸入盤は11月上旬にリリース!

ジョニ・ミッチェルの作品の肖像画を彷彿させるジャケも印象的な待望の新作は、組曲のような複雑な構成をもつ長尺の5曲(一番短い曲でも7分半!)を収録で、ヴァン・ダイク・パークスがオーケストラのアレンジを担当し、ヴォーカルやハープ等のベーシック・トラックはスティーヴ・アルビニが録音を担当、そして全体の音のミックスはジム・オルークが担当(マスタリングはアビーロード・スタジオにて!)、スモッグがゲスト参加という強力なバックアップを受けて作られた傑作に仕上がってます!

5曲目の「Cosmia」は昨年の来日公演で披露された時は、正直なんだかよく分からない曲だと思ってましたが、ヴァン・ダイク・パークスによるオーケストラアレンジが入ると複雑な構成の曲にも説得力が増してよい感じに。そういえばヴァン・ダイク・パークスはルーファス・ウェイラントの1stでもストリングスアレンジを手掛けてましたが、今回もいい仕事してます。

ジム・オルークも長年のファンであるヴァン・ダイク・パークスと間接的ではあるけれどコラボできて嬉しいのでは。


track list

JOANNA NEWSOM / Ys

1, Emily
2, Monkey & Bear
3, Sawdust & Diamonds
4, Only Skin
5, Cosmia




Posted by sawander at 01:44:31Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ YO LA TENGO 新作、オリジナル特典はマウスパッドに決定〜!

2006-08-08



3年ぶり通算11作目となるヨ・ラ・テンゴの新作、『 I AM NOT AFRAID OF YOU AND I WILL BEAT YOUR ASS 』が8月23日に発売!

ディスクユニオンでは、国内盤をお買上げのお客様に先着で、ナイスなデザインのヨラテンゴ・マウスパッドをプレゼント!!


ご予約はこちらからどうぞ!

←こちらがマウスパッドのデザイン!



Posted by sawander at 01:30:22Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ STEPHAN MATHIEU & JANEK SCHAEFER / HIDDEN NAME

2006-07-29

4305.jpg 最近、音沙汰の無かったSTEPHAN MATHIEUの新作がポルトガルの実験音響レーベル、CRONICAよりリリース!

子育てで音楽活動をしばらく休止してたステファン・マシューでしたが待望の新作はJANEK SCHAEFERとのコラボ作。南イングランドののどかな村の別荘で制作された本作はピアノやオルガン等の演奏に、丁寧に加工を施したクラシックのレコードのサンプル、遠くからのほうから聞こえる教会の鐘の音や、しっとりと降る雨の音等のフィールドレコーディングを重ねたステファン・マシューならではの琴線に触れる繊細な美麗アンビエント。

実を言うと最近は、音響/アンビエントものはあまり良いリリースが無いなぁと興味を失いかけてたんですが、これはなかなか良さそうです。

『 STEPHAN MATHIEU & JANEK SCHAEFER / HIDDEN NAME 』]

8月下旬入荷予定

Track listing

01. White Wings / Child Okeford
02. Score for a line
03. Hidden Name
04. Cosmos
05. Aisle
06. Quartet for Flute, Piano and Cello
07. Fugue
08. Maori Love Songs
09. Six Hills Giant
10. Belle Etoile
11. The Planets



Running time 60:00 min

Mastering by Henner Dondorf at Studio Andromeda.
Cover photos by Stephan Mathieu & Janek Schaefer.
Cover design by MCarvalhais [Cronica]

リリース元のCRONICAのHPで1曲試聴出来ます。



Posted by sawander at 01:23:37Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ ヨラテンゴ 新作「I Am Not Afraid Of You And I Will Beat Your Ass」

2006-06-25

3999.jpg ヨラテンゴの11枚目(厳密に言えばもっと出てますが...)となるニューアルバムが3年ぶりにリリースされます!!

国内盤は8/23、UKでは9/4、USでは9/12発売予定。

アルバム発売に先駆けて、ヨラテンゴの公式HPで2曲目の「Beanbag Chair」が、こちらのブログではアルバムの冒頭を飾る「Pass The Hatchet」が試聴できます。

「Beanbag Chair」はピアノとホーンをフィーチャーしたウキウキなポップチューン。「Pass The Hatchet」はファズベースと歪んだギターが絡み合う、ヴェルヴェッツの「Lady Godiva's Operation」を彷彿させるメロディーの長尺曲。最近の彼らの作品や演奏を聴いていた感じだと、「Pass The Hatchet」のようなラウドな曲は、もう演らないのではと思っていたので意外でした。アルバムの他の曲はどんな感じなのか想像つかないなぁ。

ともかく、8/23が待ち遠しい〜!!


I Am Not Afraid Of You And I Will Beat Your Ass

01. Pass The Hatchet
02. Beanbag Chair
03. I Feel Like Going Home
04. Mr. Tough
05. Black Flowers
06. The Race Is On Again
07. The Room Got Heavy
08. Sometimes I Don´t Get You
09. Instrumental
10. I Should´ve Known Better
11. Ronnie
12. The Weakest Part
13. Tonight
14. Happiness Is A Warm Gun
15. The Story Of Yo La Tengo




Posted by sawander at 01:14:09Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

TORTOISE / A LAZARUS TAXON

2006-06-12

3890.jpg 発売が延期になっていた、トータスのレア音源、未発表曲をコンパイルした3枚組33曲+DVD9曲収録のボックスセットが8月下旬リリース!

ロック、フリージャズ、テクノ、ダブ、ミニマル、アヴァンギャルドなど様々なジャンルの音楽を吸収し、卓越した演奏力とポストプロダクションを施した先鋭的な音で、のちに現れたポストロック/音響系のアーティストに与えた影響は計り知れないトータスの12年間の活動の中の裏ベスト的な内容で、アルバム未収録の超名曲「ガメラ」や、ヨラテンゴの曲のリミックス、竹村延和によるリミックスを筆頭に、未発表曲、ツアーEP収録曲、コンピ提供曲、リミックス曲に加え、現在は廃盤で入手困難となっている1stアルバムをリミックスした作品、「Rhythms, Resolutions & Clusters」もまるごと収録。そしてDVDにはライブ映像やビデオクリップ、9曲を収録。きっと豪華なブックレットも付くんでしょうね。

TORTOISE 『A Lazarus Taxon』

disc.1

01. Gamera (1995 Duophonic single)
02. Source of Uncertainty (1996 Headz 2 compilation)
03. Blackbird (2001 Standards Japanese bonus track)
04. Sexual for Elizabeth (2001 Five Deez remix)
05. To Day Retrieval (1998 Autechre remix)
06. Whitewater (1995 Soul Static Sound single)
07. Didjeridoo (2001 Red Hot + Indigo compilation)
08. Autumn Sweater (1997 Yo La Tengo remix)
09. Wait (1996 Offbeat: A Red Hot Sound Trip compilation)
10. A Grape Dope (1996 Millions Now Living Will Never Die Japanese bonus track)
11. Restless Waters (1996 The Lounge Ax Defense & Relocation Compact Disc compilation)
12. Vaus (1996 Duophonic split single with Stereolab)
13. Blue Station (2001 Standards Japanese bonus track)
 
disc.2

01. Madison Area (1998 Thrill Jockey tour single)
02. TNT Nobukazu Takemura remix (1998 TNT Japanese bonus track)
03. Why We Fight (1995 Soul Static Sound single)
04. Elmerson, Lincoln, and Palmieri (2004 It's All Around You Japanese bonus track)
05. Peering (2001 Gently Cupping the Chin of the Ape Thrill Jockey tour single)
06. Goriri (1996 Millions Now Living Will Never Die Japanese bonus track)
07. As You Said (1995 A Means to An End Joy Division tribute compilation)
08. CTA (2002 Urban Renewal Program compilation)
09. Deltitnu (2004 It's All Around You Japanese bonus track)
10. Adverse Camber (1998 Autechre remix)
11. Cliff Dweller Society (1995 Duophonic single)
12. Waihopai (2001 Gently Cupping the Chin of the Ape tour single)
 
disc.3 (Rhythms, Resolutions, & Clusters)

01. Alcohall (remixd byJohn McEntire)
02. Your New Rod (remixed by Rick Brown)
03. Cobwebbed (remixed by Casey Rice)
04. The Match Incident (remixed by Steve Albini)
05. Tin Cans Puerto Rican Remix (remixed by Brad Wood)
06. Not Quite East of the Ryan (remixed by Bundy K. Brown)
07. Initial Gesture Protraction (remixed by Jim O'Rourke)
08. Cornpone Brunch Watt Remix (previously unreleased)

dvd

01. Salt the Skies
02. Dear Grandma, Glass Museum, and Four Day Interval
03. Seneca
04. The Suspension Bridge and Iguazu Falls
05. Monica Live at Primavera Sound
06. 7 Songs Live in Toronto, 1996
07. Ten Day Interval, Othello Deutches Jazz Festival
08. Seneca "Live" on Chic-a-Go-Go
09. Salt the Skies / Burn to Shine




Posted by sawander at 15:01:34Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■JIM O'ROURKE / 坂田明  かなしい/エクスプロージョン

2006-06-05

3825.jpg 2005年、4月に2日間連続で新宿ピットインで行われたジム・オルーク、坂田明、坂田学、ダーリン・グレイ、クリス・コルサーノという面子で行われた即興セッション音源第2弾がリリース。

ジム・オルーク/坂田明 「かなしい/EXPLOSION」 \2,700(税込)

1.昨日に病人でした/Eddy Bear
2.はずかしまったです/BacheLor of Divinity
3.でも 挙句でしょう/Tombouctou




Posted by sawander at 12:45:24Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■ALVA NOTO + RYUICHI SAKAMOTO / REVEP 「戦メリ」リアレンジ曲収録!

2006-05-16

3656.jpg ALVA NOTOことCARSTEN NICOLAIと坂本龍一のコラボレーション第3弾が5月下旬リリース!

「VARIOON」、「INSEN」に続く新作は3曲入りのEPで、何と!「戦場のメリークリスマス」をリアレンジしたトラックも収録!!

ALVA NOTO + RYUICHI SAKAMOTO 『 REVEP 』

1. siisx
2. mur
3. ax Mr.L.




Posted by sawander at 01:29:34Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■BILL WELLS & MAHER SHALAL HASH BAZ / OSAKA BRIDGE

2006-04-08

3243.jpg 5月上旬にはライブ音源と新録7曲を収録した「LIVE AT BANCHORY
」をリリースするビル・ウェルズですが一昨年の来日公演の際、共演したマヘル・シャラル・ハシュ・バズとのコラボ作がドイツの人気エレクトロニカ・レーベル、KARAOKE KALKより5月下旬にリリース!

一昨年の来日の際に共演した時に録音された音源だと思われますが、西日が差し込む放課後の音楽室で、顧問のおじいさんと、危なっかしいながらも味のある演奏をする吹奏楽部の練習風景のようなノスタルジックでほのぼのとした音になっているのでは?

ライブには参加していなかった工藤冬里の奥さん、工藤礼子も何曲かで歌っているようです。

以下はトラックリスト。

BILL WELLS & MAHER SHALAL HASH BAZ / OSAKA BRIDGE
CD:2,510 円 / LP:1,985 円


01. rye & guy,
02. tipsy cat,
03. the dust of months,
04. duck,
05. on the beach boys bus (take 1),
06. oddults,
07. liquorice tics,
08. poxy,
09. time takes me so back,
10. family sighs,
11. stabbed in hamburg,
12. the williams sisters,
13. cowtail calypso,
14. banned announcement,
15. on the beach boys bus (take 2)





Posted by sawander at 02:51:57Comments(0)TrackBack(1) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■TAYLOR DEUPREE / NORTHERN

2006-04-03

3158.jpg NYの人気エレクトロニカレーベル、12k主催のテイラー・デュプリーの新作が4月中旬リリース!!

SPEKKからリリースの前作「JANUARY」より2年ぶりとなる新作は12Kからリリース。生楽器の音、電子音、フィールドレコーディングの音、全てが繊細なバランスのレイヤーで違和感無く交じり合ったオーガニックな響きで、緩やかで温かみのあるメロディーを奏でるサウンドに。

最近、嵐でスタジオが破壊されCDや機材が浸水してしまうという災難(現在は復旧したみたいです。)にあった事にもめげずに制作された素晴らしい作品に仕上がってます。


TAYLOR DEUPREE / NORTHERN

track list

01 Everything's Gone Grey
02 Northern
03 A Dead Yellow Carpet
04 Shell Shell Bye
05 Haze It May Be
06 November




Posted by sawander at 00:03:06Comments(0)TrackBack(1) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■EKKEHARD EHLERS / A LIFE WITHOUT FEAR

2006-03-22

3009.jpg 昨年末のFERDINAND FEHLERS名義も素晴らしかったEKKEHARD EHLERSの新作が5月初旬にSTAUBGOLDよりリリース!

FERDINAND FEHLERSではフロアライクなクリックハウス(大傑作!)でしたが今作は戦前ブルースを再構築したような作品になってる模様です。

Ekkehard Ehlers - A Life Without Fear

Tracklisting:
01. Ain't No Grave
02. A Second Fire
03. Strange Things
04. Frozen Absicht
05. Die Sorge geht über den Fluss
06. Nie wieder schnell sagen
07. Misorodzi
08. Maria & Martha
09. Meeresbeschimpfung
10. O Death




Posted by sawander at 08:59:27Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■BILL WELLS 新作 「LIVE AT BANCHOLY」 5月初旬リリース!

2006-03-10

ビル・ウェルズの「Also In White」に続く新作が5月にリリースとの情報。

BILL WELLS TRIO / LIVE AT BANCHORY

内容はというと、ベル・アンド・セバスチャンのプライベートスタジオ、バンコリーで2日間にわたって行われたライブ音源と、国内盤のボーナストラックとしてスタジオ新録音源も7曲をあわせて収録したもので、ジャケットは、これまでのPASTELSのカトリーナに変わって、春に来日するジャド・フェアが担当。

そして、リリース時期はまだ分かりませんがMAHER SHALAL HASH BAZとの共演の音源がKARAOKE KALKからリリースとのこと。4月にビル・ウェルズ/マヘル/テニスコーツ/カマアイナ/二階堂和美のメンツでUKツアーをするそうですが、多分、その時にレコーディングしたものがリリースされるんでしょうね。

彼はPASTELS、BELLE & SEBASTIAN、ISOBEL CAMBELL、MAHER SHALAL HASH BAZ、FUTURE PILOT AKA等との共演や参加など、グラスゴーのシーンの中で、一時期のシカゴにおけるジム・オルークと同じくらいの役割を果たすキーマンじゃないかなぁと個人的に思っているので新作も期待大です。



Posted by sawander at 16:23:02Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■LOOSE FUR 「BORN AGAIN IN THE USA」

2006-02-23

2729.jpg

ジム・オルークとウィルコのジェフ・トゥイーディ、グレン・コッチェのユニット、LOOSE FURの2ndアルバム。3/3発売!

ディスクユニオン・オリジナル特典として先着で、UAやFlying Rhythmsのジャケットでもおなじみのイラストレーター、五木田智央氏のぶっ飛んだイラストを使用した缶バッヂ2種類まとめてプレゼント。

LOOSE FUR ルース・ファー / BORN AGAIN IN THE USA ボーン・アゲイン・イン・ザ・USA 2,415 円

1. Hey Chicken
2. The Ruling Class
3. Answers to Your Questions
4. Apostolic
5. Stupid as the Sun
6. Pretty Sparks
7. An Ecumenical Matter
8. Thou Shalt Wilt
9. Wreckroom
10. Wanted
11. Prelude to 110, 220, or Chelsea Walls *ボーナストラック


国内盤のボーナストラックとして、JIM O'ROURKEの『ユリイカ』の冒頭を飾る「Prelude to 110 or 220」と、WILCOが手がけたイーサン・ホーク監督の映画、『Chelsea Walls』のサントラのテーマ曲を強引に合体させた、ジェフ・トゥイーディの長尺ギター・ソロをフィーチャーした20分にもおよぶ激情インストのライブ音源を収録!

アルバムの冒頭を飾る「Hey Chicken」のビデオクリップがDRAG CITYのHPで観れるのですが、テレ朝で先週まで放送されていた戦隊モノの番組、「魔法戦隊マジレンジャー」を全編にフィーチャーした内容に思わずズッコケること間違いなし(笑)。FENNO'BERGの時の西友のCMのネタ使いもあったし、今回のも多分、ジム・オルークの趣味なんだろうなぁ。

ビデオクリップはコチラ



Posted by sawander at 17:41:30Comments(2)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■SONIC YOUTH 1stアルバム CDも再発!

2006-02-20



先日の記事ではアナログのほうの再発情報でしたがCDもGEFFENから再発されます!

CDは3/14発売予定 アナログは3/7発売予定

ご予約受付中です!


■SONIC YOUTH ソニックユース / SONIC YOUTH \2,300(税込)
■CICCONE YOUTH チコーネ・ユース / WHITEY ALBUM 1,670 円(税込)
■THURSTON MOORE サーストン・ムーア / PSYCHIC HEARTS 1,670円(税込)



Posted by sawander at 22:27:52Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■JNANA RECORD 5枚組コンピ V.A / NOT ALONE

2006-02-19

2672.jpg サイモン・フィンの再発やビル・フェイの発掘音源をリリースしたCURRENT 93のメンバー主催のレーベル、DURTRO/JNANA RECORDSよりフリーフォークから音響、アヴァンギャルドまで幅広いメンツ、75組を収録した5枚組コンピ(しかも全曲未発表音源!)がリリース!

しかし、75組で5枚組ってすごいボリュームですね。
個人的には、ジム・オルーク、サーストン・ムーア、ヴァシュティ・バニヤン、ディヴェンドラ・バンハート、元ベルセバのイゾベル・キャンベル、ウィリアム・バシンスキ、リンダ・パーハクス、ミラーあたりの未発表音源が気になります。

リリースは3月中になるのではないかと思います。(詳細分かり次第またアップします。)


以下は参加ミュージシャン/トラックリスト

V.A / NOT ALONE (JNANA RECORDS)

DISC1
* irr.app.ext – Fly Away and Then What? (4:12)
* Damon and Naomi – A Song For You (4:09)
* John Contreras – Brian (3:48)
* Mirror – Forgotten Language of Light (4:58)
* Fursaxa – In Lieu Of (2:33)
* Baby Dee – When You Found Me (4:04)
* Howie B – Yesterday I Was a Cow (4:24)
* Tom Recchion – Sea World (3:09)
* Matmos – A Song for the Appeal (3:39)
* Blue Eyed Black – Sweet Shadow Heart (2:45)
* Eric Lanzilotta – An Exploration of a Spacious Yet Enclosed Domain (excerpt) (7:04)
* Little Annie – Freddy and Me (4:19)
* Colin Potter – It’s Coming (5:06)
* Keiji Haino – fleeing panic-stricken shriveled equal temperament (6:04)
* Allen Ginsberg – On Another’s Sorrow (4:04)
* Devendra Banhart – A Sight to Behold (3:02)
* David Surkamp – With Out Borders (4:52)

DISC2
* Jarboe – Mantra (7:10)
* L – The First Flower People (6:51)
* Richard Buckner – Do You Want to Go Somewhere (2:42)
* Cyclobe – Indulge Yourselves With Our Delicious Monster (3:30)
* Six Organs of Admittance – You Will Be the Sun (2:46)
* Dolly Collins – Poor Sally Sits a Weeping (1:53)
* William Basinski – Because (2:43)
* Edward Ka-Spel – Sticks & Stones (version) (6:49)
* Larsen – Il Sogno Di Momi (4:10)
* Vashti Bunyan – The Same But Different (3:20)
* Angels of Light – Song For My Father (3:43)
* Thighpaulsandra – Star Malloy (6:11)
* Suishou no Fune– In the Clouds (4:06)
* Pantaleimon – Change My World (Alternative Mix) (5:12)
* Aube – Movement (5:03)
* Mr Durt – Denial (5:33)
* Michael Yonkers – Somebody (3:20)

DISC3
* Bevis Frond – Someone Always Talks (2:40)
* Sarah Hallman – Snowballin’ (3:04)
* Faun Fables – The Transit Rider (4:21)
* Luke Doucet – Unbelievable (3:39)
* Jad Fair – Right on the Line (2:17)
* Unveiled – Endless (3:19)
* Antony – Hole In My Soul (6:38)
* Charlemagne Palestine – Espoir Guerison (8:26)
* Alex Neilson & Richard Youngs – House of Constant Song (3:42)
* Anomoanon – Hit the Road (4:00)
* James William Hindle – Back Home Again (3:52)
* Isobel Campbell – The Beat Goes On (3:04)
* The Bricoleur – Prah Pip Ta (5:01)
* Sorrow – Long Dark Shadow (4:32)
* Teenage Fanclub – I Need Direction (Alternative Version) (3:40)
* Mary 5E – Therapy (4:59) • Sundial – Crazy Horses (2:56)

DISC4
* Jeremy Reed – Helioqabalus (1:54)
* NQ Arbuckle – Huntsville Affair (5:06)
* Shannon Lyon – No Thing (1:40)
* The Hafler Trio – The Work of Washing (5:04)
* Marissa Nadler – Judgement Day (4:33)
* Max Richter – Flowers for Yulia (6:29)
* Bill Fay – It’s the Small Things Now (2:52)
* Bonnie ‘Prince’ Billy – Song for Doctors Without Borders (3:17)
* Lynn Jackson – Waiting for the Sky to Fall (4:32)
* Nurse With Wound – Ubu Noir (3:59)
* Clodagh Simonds – The Glacial Lake (3:48)
* Shirley Collins – Come My Love (2:49)
* 7 Year Rabbit Cycle – Pirates (3:47)
* John Terrill – Stoney Mansion (3:39)
* Brett Smiley – Our Lady of the Barren Tree (3:38)
* Linda Perhacs – Parallelograms (4:35)
* Current 93 – Sunset (3:34)
* Pearls Before Swine – Our Lady (3:11)
* Thurston Moore – Sex Addiction (5:17)

DISC5
* Marc Almond - Our Love My Love (2:46)
* Simon Finn – Crow Flies (2:01)
* Stephanie Volkmar – The Gate of Polished Horn (3:23)
* Small Creatures – City of Dreams (3:54)
* Thee Majesty – Thee Seeding Ship (4:42)
* Jim O'Rourke – Naoru (2:07)
* Scott Stapleton – Shadow Makes a Snow Angel (2:43)
* John Maslen – Everything Was Handed Down (3:44)
* Jooel – Over the Sea (2:42)
* Ghostigital – Bump (4:39)
* Amy Curl – The Robin’s Tiny Throat (6:57)
* srmeixner – Wild Spaces (excerpt) (4:02)
* Mount Vernon Arts Lab – (0:47)
* Coil – Broccoli (6:54)
* Shock Headed Peters – Aaron’s Rod (Spared) (4:12)
* Ghost – Daggma (8:28)


このコンピの売り上げは全てNPO団体、国境なき医師団が携わるアフリカのエイズ援助のために寄付されるそうです。



Posted by sawander at 00:19:10Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■AKI TSUYUKO / HOKANE

2006-02-13

2601.jpg アキツユコ、待望の2nd、「HOKANE」はTHRILL JOCKEY盤は3/21、CHILDISC盤は3月下旬リリースとのこと。
入荷は3月下旬になりそうですね。


THRILL JOCKEYのHPにのっている情報によるとアキツユコ自身のドローイングをフィーチャーした絵本+CDという仕様で2000枚限定リリースだそうです。

以下はトラックリスト

AKI TSUYUKO / HOKANE

01 Como Suite
02 Owlet Hymn
03 Bud of a Song
04 Dune and Clarinet
05 Zou and Chou
06 Aquilo
07 Noel's Organ
08 Rainbow Train
09 Dance at Happy Night


今作は何となくかわいらしいタイトルが多いですね。



Posted by sawander at 22:07:00Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■再入荷!小型音響ループマシーン、BUDDHA MACHINE

2006-02-06

2510.jpg STAALPLAATからリリースの小型音響ループマシン、BUDDHA MACHINEがパッケージも新たに再入荷!

前回の入荷分ではお線香や蝋燭が入っていそうな味気ないパッケージでしたが、今回入荷分は香港のお土産のようなインチキっぽいパッケージがなんともそそりますね。



今回も少量のみ入荷ですので興味のある方は急いでお買い求めください。

BUDDHA MACHINEって何?って方は前回の記事をチェックしてみてくださいね。

FM3 / BUDDHA MACHINE 2,800円(税込)

そして、BUDDHA MACHINEファンにうれしいお知らせ。
BUDDHA MACHINEの内蔵の音源を手掛けた北京在住の音響アーティスト、FM3ことCHRISTIAAN VIRANTの音源がSTAALPLAATの人気ライブ音源シリーズ、MORT AUX VACHESとしてリリースされます。これは2004年、ルーブル美術館でのインスタレーション音源を発展させたもので、中国の伝統楽器のサウンドをプロセッシングしたミニマルで淡く美しいサウンドスケープが特徴的なFM3ワールドが、約46分ぶっつづけで堪能できる内容とのことです。



Posted by sawander at 01:43:23Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■長らく入手困難になっていたSONIC YOUTHの1stアルバムがアナログで再発!

2006-02-03



長らく入手困難になっていたSONIC YOUTHの1stアルバムがアナログで再発!

これは事件です!!CDもアナログも入手困難、中古市場でも○万超えで取引されていたソニックユースの82年リリースのデビューEPが彼らのアナログ専門リリースレーベル、GOOFINよりアナログで再発されます!!しかもリマスタリングが施され、81年のライブ音源とスタジオ音源を加えた2枚組仕様!!

そして今回の1stの再発とあわせて、マドンナへのトリビュート作でもあるCICCONE YOUTH名義の『Whity Album』とサーストンのソロ作、『Psychic Hearts』も同時にリリース。

サーストンのソロ作のアナログは1枚が緑色のカラーヴィニール、もう1枚は片面プレスで裏面にはアートワークを手掛けたRITA ACKERMANNのイラストが彫られたエッチング仕様だったけど再発盤はどうなるんでしょうね?未発表曲のボーナス・トラックも収録予定とのことなので、もしかすると...だとしたら個人的には残念だけど...


SONIC YOUTHのオフィシャルサイトによると1stの収録曲の詳細は以下のようです。アルバムリリース前の彼らの音源が聴けるのはウレシイですね。

The Remastered Original Record:

1. Burning Spear
2. I Dreamed I Dream
3. She Is Not Alone
4. I Don't Want To Push It
5. The Good and the Bad

Early Live (September 18, 1981):

6. Hard Work
7. Where The Red Fern Grows
8. Burning Spear
9. Cosmopolitan Girl
10. Loud and Soft
11. Destroyer
12. She Is Not Alone

Early Studio (October, 1981):

13. Where the Red Fern Grows


3作品とも 3月7日発売予定

■SONIC YOUTH ソニックユース/ SONIC YOUTH 3,665円(税込)
■CICCONE YOUTH チコーネ・ユース / WHITEY ALBUM 3,035 円(税込)
■THURSTON MOORE サーストン・ムーア / PSYCHIC HEARTS 3,665円(税込)




Posted by sawander at 02:46:57Comments(0)TrackBack(1) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■I am the Resurrection: A Tribute to John Fahey

2006-01-25

2347.jpg ジムオルークソニックユースなどにも多大な影響を与えたギタリスト、ジョンフェイヒィのトリビュートアルバムがジャズの名門レーベル、VANGUARDよりリリース。参加アーティストはDEVENDRA BANHARTSUFJAN STEVENSM.WARDCALEXICOHOWE GELBGRANDADDY、PELTなどインディロック系からフリーフォーク系のアーティスト、13組。

こちらで試聴出来ます。

V.A / I AM THE RESURRECTION 〜A TRIBUTE TO JOHN FAHEY

01.FRUIT BATS
02.PELT
03.SUFJAN STEVENS
04.DEVENDRA BANHART
05.CALEXICO
06.LEE RANALDO Feat. LAZY 8 CHORALE
07.M. WARD
08.CUL DE SAC
09.GRANDADDY
10.IMMERGLUCK, KAPHAN, KRUMMENACHER & HANES
11.CURRITUCK CO
12.PETER CASE
13.HOWE GELB


2月中旬入荷予定



Posted by sawander at 13:33:26Comments(0)TrackBack(1) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■new release: ADVANTAGE 「Elf-Titled」

2006-01-06

2084.jpg 人間の限界を超えた強烈なステージでお馴染みのHELLAのギタリスト、スペンサーが率いる、任天堂のゲーム音楽(要はファミコンの曲)をギター/ベース/ドラムの人力でカバーするユニット、ADVANTAGEの2ndが5RCより、リリース!

冗談のようなユニットだけど単発では終わらないだろうなぁと思っていたら、やっぱり続編が出ます。
デビュー作はマリオ、ゼルダ、ロックマン、ボンバーマン、グーニーズ、魔界村、忍者外伝等のピコピコなゲーム音楽を超絶テクニックでもってアグレッシブに演奏するサウンドでしたが、もちろん2ndでもゲーム音楽のみカバー!
相変わらずジャケもアホアホで素敵です。今回、取り上げた曲は以下の通りです。
前回とかぶってる曲ばかりじゃんと思ったら、違うステージ(面)の曲でした...。

ADVANTAGE / ELF-TITLED (5RC)

1. Batman - Stage 1 :
2. Contra - Alien's Lair & Boss Music :
3. Double Dragon Iii - Egypt :
4. Ducktails - Moon :
5. Metroid - Kraid's Laur :
6. Air Fortress - Not Fat Iced Caramel Haze :
7. Bomberman 2 - Wiggy :
8. Castlevania - Intro + Stage I :
9. Solar Jetman - Braveheart Level :
10. Goonie 2 - Wiseman :
11. Double Dragon Ii - Mission 5
12. Forest Of :
13. Castlevania Iii - Boss Music :
14. Megaman Ii - Stage Select + Metal Man :
15. Castlevania Ii - Woods :
16. Guardian Legend - Corridor 1 :
17. Wizards & Warriors - Tree Trunk, Woods, :

1月下旬〜2月上旬に入荷予定




Posted by sawander at 01:12:13Comments(0)TrackBack(1) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■news:LOOSE FUR 待望の新作「BORN AGAIN IN THE USA」

2005-12-30

とっくのとうに完成してるとの情報がありつつも、なかなかリリースされず、このままお蔵入りになってしまうのでは?と思われていたジム・オルーク、ジェフ・トゥイーディー(WILCO)、グレン・コッツェ(WILCO/JIM O'ROURKE BAND)の3人のユニット、LOOSE FUR(ルースファー)の2ndアルバムが遂にリリース決定!

3年ぶりとなる新作は、ジェフ・トゥイーディー曰く「ジムが本当に素晴らしい曲を用意してきて、仕上がりが楽しみ」とのこと。
ストレンジなテイストが強かった前作よりもロックな感じに仕上がってるようで、ツインリードギターをフィーチャーした曲もあるみたい。

ジム・オルークのロック的な作品としては、これが最後の作品となるかも?との噂もあるけど楽しみですね。


LOOSE FUR 『BORN AGAIN IN THE USA』

リリースは国内盤先行発売で、3/3リリース予定


詳細分かり次第、またUPします。



Posted by sawander at 12:57:23Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■news: LOREN MAZZACANE CONNORS / SAILS

2005-12-29

2030.jpg ジム・オルークやサーストン・ムーアもリスペクトを表するNYの孤高の音響ブルース・ギタリスト、LOREN MAZZACANE CONNORSの新作が1月下旬リリース予定!

待望の新作はUSの音響レーベル、TABLE OF THE ELEMENTSからのリリースで何と、JOHN FAHEYとのデュオ音源も収録の2枚組CD! 

詳細分かり次第また書きます。

LOREN MAZZACANE CONNORS 「SAILS」 (TABLE OF THE ELEMENTS)



Posted by sawander at 03:25:11Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■new release:TORTOISE & BONIIE PRINCE BILLY コラボ作 「The Brave And Bold」

2005-12-19

1879.jpg リリースの噂はあったけれど延期につぐ延期が続いていたTORTOISEとBONIIE PRINCE BILLYのコラボ作が遂にリリース決定!

インストバンドのトータスが、ボニー・プリンス・ビリーのバックバンドをやっているという想像のつきにくい(しかし楽しみな)コラボ作!

収録曲はブルース・スプリングススティーン、エルトン・ジョン、ミルトン・ナシメント、ディーヴォ、、ミニットメン、ラングフィッシュ等のカバー曲で、ロックからブラジリアン、ニューウェーブ、ハードコアまで幅広い選曲で構成されてます。

まだ2曲だけ、ちょこっとだけ聴いた段階なのですが、ブルース・スプリングスティーンのカバーは正直、微妙だなぁと思いましたが、エルトン・ジョンのカバーなどはトータスらしいポストプロダクションの施された相当、カッコいい音になっていて期待度が高まってます!

この組み合わせでの来日もあるといいなぁ。

Tortoise & Bonnie"Prince"Billy
「The Brave And The Bold」


1. Cravo E. Canela (Milton Nascimento)
2. Thunder Road (Bruce Springsteen)
3. It's Expected I'm Gone (the Minutemen)
4. Daniel (Elton John)
5. Love is Love (Lungfish)
6. Pancho (Don Williams)
7. That's Pop! (Devo)
8. (Some Say) I Got Devil (Melanie)
9. The Calvary Cross (Richard Thompson)
10. On My Own (Quix*o*tic)



国内盤は1/18(水)入荷予定、輸入盤は1月下旬入荷予定です。



Posted by sawander at 02:47:39Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■DISKAHOLICS ANONYMOUS TRIO / Weapons Of Ass Destruction

2005-12-14

1822.jpg JIM O'ROURKE(synth)、THURSTON MOORE(g)、MATS GUSTAFSSON(sax)の3人のレコード・ジャンキーからなる即興トリオ、ディスカホリック・アノニマス・トリオの2ndアルバムが1月中旬入荷予定!

約4年ぶりとなる2ndは、ノルウェーの音響系レーベル、SMALLTOWN SUPERSOUNDの傘下レーベル、SMALLTOWN SUPERJAZZからのリリースで2002年の10月、スウェーデンでのライブを元にジム・オルークがポストプロダクションを施した作品。ジャケのアートワークを手掛けたのは北欧の音響レーベルのジャケではもうお馴染みのKIM HIORTHY


DISKAHOLICS ANONYMOUS TRIO / Weapons Of Ass Destruction

TRACK LIST:

1,Weapon Of Ass Destruction part1 19:21
2,Weapon Of Ass Destruction part2 20:18



Posted by sawander at 12:43:35Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■BETH ORTONの新作はJIM O'ROURKEプロデュース

2005-12-03

1646.jpg BETH ORTONの3年ぶり4作目となる新作、『Comfort Of Strangers』は、何と、JIM O'ROURKEがプロデュースで来年2月中旬にリリース。

N.Yのスタジオでジム・オルークのプロデュースのもと、録音された作品で、ベス・オートンはギター、ピアノ、ハーモニカを、ジムはベース、ピアノ、マリンバを演奏。ドラムはジムとの共演も多いティム・バーンズ。
これまでSTEREOLABを除いては、JIM O'ROURKEプロデュースはSAM PREKOPとかWILCO、SUPERCHUNK等、アメリカのバンドが多かったので意外な組み合わせですが、ジムのプロデュースと、フォーキーでグルービーなベス・オートンのサウンドとの相性は良さそうな気がします。

BETH ORTONのオフィシャルサイトで1曲試聴できます。

このグルービーなベースのフレーズを聴くと、ジムがノリノリで弾いてそうな姿が浮かんできますね(笑)
SAM PREKOPのプロデュースでも聴けるような、思わず頬が緩んでしまうような多幸感いっぱいのストリングス・アレンジも素敵!



Posted by sawander at 01:47:12Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■new release:WECHSEL GARLAND 3rdアルバム 「easy」

2005-11-23

1475.jpg WECHSEL GARLANDの待望の3rdアルバム、「Easy」はKARAOKE KALKより2月下旬にリリース。


ゲストにSONIGやTOMLABからのリリースでお馴染みのNIOBEと、MAXERNSTからリリースのTBAの2人の女性エレクトロニカ・アーティストと、アルゼンチンのアーティスト、GUSTAVO CERATI等が参加。

淡くメランコリックなアンビエントだった1st、ボサノバやレゲエを採り入れた生演奏をフィーチャーした2ndに続く新作はどんな感じになるんでしょうね。

Tracklist:

1 Walker
2 Waves
3 White Circle
4 Swim (feat. Niobe)
5 Get Over It
6 ABC To Be
7 Don´t Look Now
8 Corona Loco (Look At Me)
9 Be, Baby (The Sea)
10 Mutes (feat. TBA)
11 Stones
12 easy



Posted by sawander at 23:49:42Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■new release:ツジコノリコ まだまだ続くリリースラッシュ、TUJIKO NORIKO / PORTRADIUM 「Melancholic Beat」

2005-11-22

1451.jpg 今年だけでも3枚リリースと、ハイペースでリリースを続けるツジコノリコの新作、「Melancholic Beat」は、BOTTROP-BOYの傘下レーベル、SEMISHIGUREよりリリース。

フランスのヴィジュアル・アーティスト、Saadane Afifの展示のために作られたEPシリーズの第一弾で今回もコラボ作品。青木孝允リョウアライ、LAWRENCE ENGLISHに続くコラボレーターは、DISCOM主宰のフレンチエレクトロニカ・レーベル、DECOよりリリースのあるPORTRADIUM。
たぶん、PORTRADIUMのビットの荒い電子音のグリッチーなトラックにツジコノリコのヴォーカルがのっかるスタイルで今年終わりか来年頭くらいのリリースなるんじゃないかと思います。

冬にはMEGOからは3枚目となるアルバム、「SOLA」も控えてるみたいです。



Posted by sawander at 03:03:49Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■AKI TSUYUKO、7年ぶりの2ndがリリース?!

2005-11-19

1430.jpg 竹村延和のライブや作品にVoとして参加でもお馴染み、アキツユコの待望の2ndアルバムがそろそろリリースとの情報が...

ソースはコチラ、CHILDISCのHPです。

竹村延和をはじめ、ジム・オルーク、トータスのメンバー達、マイスパレードのアダム・ピアース等の音響/エレクトロニカ/ポストロック系のミュージシャンからも大絶賛された独特の浮遊感のインスト作品である1st「音楽室」のあと7年ぶり。久々にリリースされる2ndは「HOKANE」というタイトルとジャケットしか、まだわからない状態。今回はVo入りなのかとか、どんな作品になるのかとか非常に楽しみです。

リリースはやっぱり竹村延和主宰のCHILDISCから。
US盤はTHRILL JOCKEYからリリースされるようです。

詳細が分かり次第また書きます。



Posted by sawander at 23:07:24Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■JACKIE-O MOTHERFUCKER 「Flags Of The Sacred Harp」 ディスクユニオン・オリジナル特典で未発表ライブ音源CD-R決定!

2005-11-16

1382.jpg リリースが待たれるフリーフォーク/アヴァンロック・シーンの最重要バンド、JACKIE-O MOTHERFUCKERの新作ですが
な・な・何と!!ディスクユニオン・オリジナル特典として未発表のライブ音源を収録したCD-Rがつくことが決定!


ただいまコチラでご予約受付中です!!

関連記事はコチラ

■□2005/11/27リリース□■

国内盤のみのボーナストラック1曲収録
2,500円(税込)

JACKE-O MOTHERFUCKER 「Flags of the Sacred Harp」
01 Nice One
02 Rockaway
03 Hey! Mr. Sky
04 Spirits
05 Good Morning Kaptain
06 Loud and Mighty
07 The Louder Roared the Sea
08 The Grave (国内盤のみのボーナストラック)



Posted by sawander at 13:13:32Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■new release:RATN (TUJIKO NORIKO + RYOW ARAI) 12inchリリース

2005-11-06

1219.jpg 日本が世界に誇るエレクトロニカ界のアイドル、ツジコノリコと、ビートメイカー、リョウアライのユニット、RATNの好評だったアルバムが12inch化。
リリースは11月下旬

淡くはかないツジコのヴォーカルと、でしゃばり過ぎないリョウ・アライのエディット&ミックスが冴え渡る新感覚ポップス! ノスタルジックでメランコリック、新しいようで懐かしい、不思議な魅力が詰まっています。

A-2に収録の「We Don't Have To Fly Anymore」は12inchのみに収録のLONG MIX version。

続きを読む

Posted by sawander at 03:12:06Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■new release:JACKIE-O MOTHERFUCKER 新作リリース!!

2005-10-30

1115.jpg フリーフォーク/アヴァンロック・シーンの代表格、
JACKIE-O MOTHERFUCKERの新作が11/27にリリース!


英WIRE誌をはじめメディアでも高い評価を得た大傑作「CHANCGE」から3年ぶりの新作は「FLAGS OF THE SACRED HARP」と題された、これまでの作品の中でも最高傑作と断言できる素晴らしい出来栄え!

即興演奏とポストプロダクションを交えながら、ゆったりとしたまどろみの中から徐々に登りつめていく高揚感を感じさせるサウンドにはさらに磨きがかかり、唄モノを前面に押し出したソングライティングも素晴らしい。(特にアンニュイな感じの女性Voをフィーチャーした曲がグッとくる)

音響的に聴いても、ポストロックの金字塔的な名作、トータスの「TNT」以来の完成度ではないかと思います。(何と!意外にもビョークとの仕事でもお馴染みのLFOのマーク・ベルがリ・プロデューサーとして参加!)

とりあえず、フリーフォーク、ポストロック、音響好きは必聴です!!

早くライブが観てみたい。

続きを読む

Posted by sawander at 11:32:31Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■new release:JIM O'ROURKE / 坂田明 競演盤 「およばれ/tetrodotoxin」

2005-10-29

1101.jpg 先日、ソニックユースを脱退し、映画業界(サントラではなく映画制作そのもの)での活動を始めようとしているジム・オルークの新作が12/14にリリース!

気になる内容は、今年4月に新宿ピットインで2日間にわたって行われたジム・オルークと坂田明の競演による完全な即興ライブをジムがNYに持ち帰り加工したもの。タイトルは「およばれ/tetrodotoxin」。
(TETORODOTOXIN=フグ毒ってすごいタイトルだなぁ笑)

編成は、坂田明(sax)、ジム・オルーク(g)坂田 学[ex.ポラリス]、(ds)ダーリン・グレイ(b)クリス・コルサーノ(ds)というメンツ(当日の録音エンジニアはフィッシュマンズなどでお馴染みのZAK!)

JIM O'ROURKE/SAKATA AKIRA 『およばれ TETRODOTOXIN』
12/14発売予定 \2,700(税込)

収録曲
1. こんだて/Luciferin
2. きんべん/Deficiency
3. かばん/Crotlotoxin
4. こうもりがさのしゅうぜん/ Syuzen

アルバムのタイトルも脱力だけど曲名はさらに脱力系(笑)

僕は2日間ともこのライブを観にいったのですが、本作を聴いて、混沌とした雰囲気の印象だったライブを音の整理をして、即興ならではの緊張感を失わずに再構築をやってのけたジムは流石だなぁと脱帽。
でも、ジム、即興や発掘音源も良いけど、そろそろDRAG CITYから唄もの路線の作品も出しておくれよ。



Posted by sawander at 00:09:32Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP

■news:CAT POWER 新作「The Greatest」

2005-10-27

1049.jpg キャット・パワーの新作「The Greatest」が来年、1月にリリース。
国内盤は1/7にボーナストラック収録予定で先行発売。

タイトルを見るとベストアルバム?と思ってしまいそうですが新作です。
マタドールのサイトで1曲フルレングスで試聴出来ますよ。
メンフィスのミュージシャンをバックにレコーディングされたようで、
これまでの作品中、最もゴージャスな仕上がりになりそうな予感が。
といっても彼女の声が入れば、あの独特な世界観は健在。
期待して待て!



Posted by sawander at 10:19:52Comments(0)TrackBack(0) │NEW RELEASE情報
SOUND OF THE SCIENCE TOP