チャンキー親方のロック部屋

ユニオン社員がレア盤から限定ものまで幅広くご紹介。

 
 

GILLES RIVARD / QUELLE BELLE VIE〜カナダ発ケベコアAOR上質盤近日再入荷

2008-02-01

8719.jpg フリーソウル・ファンにも大人気、通称ケベ・コア系、フレンチ・カナディアンのAORシンガー、GILLES RIVARD(ジル・リヴァール)の1975年〜1983年までのキャリアの中でよか曲ばかりコンパイルした、メロウ好きには一家に一枚的なアンソロジーCDが本国カナダにてリリースされてました。

ヴァイナル・ジャンキーの諸氏にはお馴染みかもしれませんが、そんなにどこにでも転がっているレコードって訳ではないジル・リヴァール氏、今回初めてその全貌に触れたのですが、これがまいいんですよ。



《収録内容》
1. L'homme musique
2. La tete en fete
3. Je suis bien
4. Quelle belle vie
5. Chanter, danser
6. Revasser
7. Vivre seul
8. Je reviens
9. Partir
10. Une femme
11. C'est comme ca
12. Garder le silence
13. Pot-pourri
14. Chez Denise

跳ねたリズムとアコギのカッティングが自ずとアーバンなグルーヴと醸し出すM-2‘LA TEETE EN FETE’、ラテンのリスムを借用しながら見事なメロウ・ミディアム・チューンに仕上げたM-5‘CHANTER,DANCER’、節妙なフレンチ・ボッサM-7‘VIVRE SEUL’、シンセを使用したクリスタルAORへとサウンドを変化させたM-8‘JE REVIENS’、など息をつかせない好内容の展開。

フランス語のせいかAORというより、シティ・ポップスという柔らかい響きが似合う一枚なんですが、こんな上質なブツが残っているですから、ほんと世界は広いでね〜。

12月下旬に入荷して、瞬く間に完売してしまったんですがが、ようやく再入荷の連絡が....。
待ってたよ、ほんとに。
近日中に店頭に並ぶ予定ですので、、お楽しみに。
メロウ好きのツボをぐりっぐりっと刺激する一枚ですので、ご興味がある方はぜひお試しあれ。



Posted by music_machine at 21:23:28Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE