top logo

長らくお休みを頂きましたが、再開いたします!

輸入盤入荷!英KENT LOST SOUL GEMS: FROM SOUNDS OF MEMPHIS ディスクユニオン限定7インチ付セット!

2012-07-03

 border=

Posted by kurojiru at 18:10:06Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

輸入盤発売中!国内仕様は6/6発売 V.A. / HALL OF FAME: RARE AND UNISSUED GEMS FROM THE FAME VAULTS 7インチ付セットも限定発売!

2012-05-15



驚愕のFAME未発表音源集!輸入盤は大好評発売中、国内盤仕様(日本語帯・解説訳付)は6/6発売となっております。そして、今回も大好評を頂いております7インチ制作させていただきました。世界で本当に日本〜ディスクユニオンでしか買えないFAMEの7インチ...これってかなりの事件ですよね!? 『THE FAME STUDIOS STORY』ジョージ未発表集に続くディープ未発表音源7インチ・シリーズ、これからも要チェック&お買い逃しございませぬよう!

驚愕未発表度 ☆☆☆☆☆ | やっぱりソウルはディー〜プだぜ〜度 ☆☆☆☆☆ | 黒汁度 ☆☆☆☆☆ | そしてディスクユニオン限定7インチセットの奇蹟度 ☆☆☆☆☆

disk union Soul Blues Gospel online Upcoming Release 一覧

Posted by kurojiru at 16:11:41Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

GEORGE JACKSON / DON'T COUNT ME OUT: THE FAME RECORDINGS VOLUME 1 ディスクユニオン限定 7インチ付セット いよいよ発売!

2011-12-09



彼の存在なくしてサザン・ソウルは語れない。幾多の楽曲を手掛けた名ライターにして唯一無比の個性を放つ名シンガー、GEORGE JACKSONの究極の未発表音源集!1968年から1972年というサザン・ソウル絶頂期に書き下ろされ、本人によってFAMEスタジオにて吹き込まれた40年近く経過した今でも瑞々しい輝きを放つ、奇蹟のデモ音源たち!

そしてそんな素晴らしい英KENTの仕事に、ディスクユニオンは一念発起!なんとディスクユニオン特製7インチ付限定ヴァージョンを発売いたします!

もちろん今回の7インチ化曲も、本CD収録の音源の中から、特に痺れる未発表音源2曲をシングル・カット!もちろん初回限定プレス!



Side A: BACK IN YOUR ARMS - George Jackson
Side B: LOVE WITHOUT A FUTURE - George Jackson

「BACK IN YOUR ARMS」 は、WILSON PICKETTやTHOMAS BAILEYの名唱で知られるソウル・バラード。普段は優しい歌い口が持ち味のGEORGE JACKSONですが、ここでは珍しく力の入った歌が聴けます。

「LOVE WITHOUT A FUTURE」は、誰に提供された曲か否かは不明。デモとは思えないコーラスにホーンも入るしっかりしたバックにも注目。これでもかとGEORGE JACKSON節を堪能できる感動的なバラード。

すでに売り切れ間近の『THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973 ディスクユニオン限定 7インチ付セット』に続く、ソウル史に名を残すであろうシングル盤!お買い逃しのございませぬ様!

※輸入盤は初回入荷数に限りがございます。初回店頭着は12/11(日)、次回入荷は12/19(月)以降となります。ご了承願います。

祝!FAMEリイシュー続々度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウルの男度 ☆☆☆☆☆ | 衝撃の未発表度 ☆☆☆☆☆ | ディスクユニオン限定7インチセットの奇蹟再び度 ☆☆☆☆☆

disk union Soul Blues Gospel online Upcoming Release 一覧

Posted by kurojiru at 12:22:27Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973 ディスクユニオン限定 7インチ付セット発売正式決定!これはソウル史に残るシングル盤!

2011-10-18





すでにソウル界隈では大きな話題となっている、究極の逸品。ディープ/サザン・ソウル・ファンにとって“絶対”の存在となるマッスル・ショールズ・サウンドの総本山、フェイム・レコード、およびスタジオ所縁のアーティスト、作品を集めた3CDボックス『THE FAME STUDIOS STORY 1961-1973』。この記念すべきリリースに、ディスクユニオンは一念発起!なんとディスクユニオン特製7インチ付限定ヴァージョンを発売いたします!



その7インチの収録内容ですが...これが股、ディープ/サザン・ソウル・ファン驚愕!当コンピの収録曲の中から、特に痺れる未発表音源2曲を奇跡のシングル・カット! もちろん初回限定プレス!

Side A: Double Lovin' - George Jackson
Side B: Another Man's Woman, Another Woman's Man - Unknown Female

SPENCER WIGGINSによって歌われ、『FEED THE FLAME: THE FAME AND XL RECORDINGS』(CDKEND340) に収録されたあのミディアム「Double Lovin'」を、楽曲制作者であるGEORGE JACKSON自ら吹き込んだ幻のデモ音源を発掘!GEORGEならではの、感情を抑えつつも心に沁みさせる歌いまわしのトラックは、SPENCERとはまた違った味わいがあり◎!

BOBBY BOSEMANや、CANDI STATONの楽曲で知られる珠玉のバラード「Another Man's Woman, Another Woman's Man」をフリップに収録。シンガー名不明の未発表音源で、思わず体がピクリとしてしまう、この男心くすぐる舌足らずな女性シンガーは一体誰?? CANDIの激情にやられた方も多いと思いますが、物腰柔らかく切々と展開するこちらのバージョンも昇天必死!この声で叱られたい!

このソウル史に名を残すであろうシングル盤。先日、レコードのカッティングへ東洋化成さまの工場へ伺って参りましたが、素晴らしい物が完成しそうです。ご期待下さい。

ご予約受付中!

祝!FAMEリイシュー続々度 ☆☆☆☆☆ | 究極のサザン/ディープ・ソウル箱度 ☆☆☆☆☆ | 驚愕の未発表度 ☆☆☆☆☆ | そしてディスクユニオン限定7インチセットの奇蹟度 ☆☆☆☆☆

disk union Soul Blues Gospel online Upcoming Release 一覧

Posted by kurojiru at 15:50:54Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

CANDI STATON / EVIDENCE: THE COMPLETE FAME RECORDS MASTERS 輸入盤ついに入荷!絶賛発売中!オリ特 特製デフ・ジャケも!

2011-06-10




全ソウル・ファンの間で話題騒然のキャンディ・ステイトン未発表含むFAME音源完全版、一足お先に輸入盤入荷しております。いや、さすがに凄い勢いで売れております...20年、いや、もう一生ないであろう傑作リイシューです。この仕事してて良かった〜!!

そして上記写真はディスクユニオンの限定オリジナル特典とともに撮影したもの。やっぱり”Stand By Your Man”のこのジャケットって、貫禄が違います。痺れます。ぜひこの”デフジャケ”をゲットして下さい。

キャンディ・ステイトン / エヴィデンス〜ザ・コンプリート・フェイム・マスターズ (Pヴァイン / PCD17470)
CANDI STATON / EVIDENCE: THE COMPLETE FAME RECORDS MASTERS (KENT / CDKEN2353)

国内盤 7月6日発売 2枚組 国内帯・解説付 直輸入盤 解説: 鈴木啓志
輸入盤 好評発売中

サザン・ソウル・ファンの永遠のアイドル、キャンディ・ステイトンの1969年から74年のフェイム録音完全集が登場!サザン・ソウル世界遺産に認定!

アーシーでありながらも、どこか可憐で切ないハスキー・ヴォイス、フェイム・ギャングによる最高の演奏(全曲ではないが)... これほどまでに胸を熱くしてくれる音楽がほかにあるだろうか?ジョージ・ジャクスンとレイモンド・ムーアのペンによる「How Can I Put Out The Flame」と「Too Hurt To Cry」、ブルージーな「I'm Just A Prisoner」や「Sweet Feeling」... もはやため息しか出てこない。さらに、2004年のHONEST JONS盤から漏れていた傑作バラード「For You」等はもちろん、初CD化12曲、そしてなんと、未発表22曲を含む全48曲を収録!もはやこれ以上のサザン・ソウルCDは存在しないと言っても過言ではございません!

さすが、リイシューに関して一切手を抜くという事を知らない英KENTのまたまた神懸り的お仕事!! さらに国内P-VINE盤にはキャンディ本人、およびプロデューサーのリック・ホール、さらに関係ミュージシャンたちへのインタヴューをベースにした英文ライナーの完訳、鈴木啓志氏による日本盤オリジナル解説、全曲の歌詞付!!


◇ ディスクユニオン オリジナル特典
今回発売の 『EVIDENCE: THE COMPLETE FAME RECORDS MASTERS』 お買い上げのお客様に、ディスクユニオン限定オリジナル特典 『キャンディ・ステイトン特製デフ・ジャケ』 差し上げます!

* 国内盤・輸入盤どちらをお買い上げでも差し上げます。

◇『キャンディ・ステイトン特製デフ・ジャケ』 とは...
CDに封入可能なCDジャケット(インサート)の別ヴァージョン(デフ・ジャケ)。豪華4ページ!どの面を表にしてCDトレイに収納するかで、その装いを楽しめます。その4面の全貌は?



・ジャケその1 「妄想ジャケ」
当時国内盤でこのベスト盤が発売されていたら...という妄想を膨らませて作成した、オリジナル・デザイン・ジャケットです。

・ジャケその2 「I'm Just A Prisoner」
記念すべき彼女のファースト・アルバム。上目遣いでコチラを見つめるその視線にズキュン。

・ジャケその3 「Stand By Your Man」
言わずもがなソウル史上に燦然と輝く屈指の名盤。やはりこのジャケットを眺めながら聴くキャンディは格別であります。

・ジャケその4 「Candi Staton」
サード・アルバム。アフロ・ヘアーの強烈なインパクトにやられて下さい。

彼女のアルバム単体でのCD化(ストレート・リイシュー)は世界中で過去、一度も実現していません。やっぱりあのオリジナル・ジャケットに愛着のあるソウル・ファンも多いハズ。そんな理由からこの”デフ・ジャケット”を制作しました。CDに収納するスタンダードな使い方から、壁に貼って毎日キャンディを眺めちゃうのもよし。額縁に入れて神々しく飾るのもよし。使い方は貴方次第です。

NEWS キャンディ・ステイトン / エヴィデンス〜ザ・コンプリート・フェイム・マスターズ オリ特 特製デフ・ジャケ

祝!完全版&まさかの未発表発掘度 ☆☆☆☆☆ | 全ソウル・ファン〜ポップス・ファン悶絶必至のリイシューCD最高峰傑作度 ☆☆☆☆☆ | 感動!英KENTの仕事っぷり度 ☆☆☆☆☆ | ディスクユニオン オリジナル特典なかなか好評でございます度 ☆☆☆☆☆

disk union Soul Blues Gospel online Upcoming Release 一覧

Posted by kurojiru at 20:09:26Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

キャンディ・ステイトン / エヴィデンス〜ザ・コンプリート・フェイム・マスターズ オリ特 特製デフ・ジャケ!

2011-05-14

14095.jpg キャンディ・ステイトン / エヴィデンス〜ザ・コンプリート・フェイム・マスターズ (Pヴァイン / PCD17470)
CANDI STATON / EVIDENCE: THE COMPLETE FAME RECORDS MASTERS (KENT / CDKEN2353)

国内盤 7月6日発売 2枚組 国内帯・解説付 直輸入盤 解説: 鈴木啓志
輸入盤 6月下旬入荷予定

サザン・ソウル・ファンの永遠のアイドル、キャンディ・ステイトンの1969年から74年のフェイム録音完全集が登場!サザン・ソウル世界遺産に認定!

アーシーでありながらも、どこか可憐で切ないハスキー・ヴォイス、フェイム・ギャングによる最高の演奏(全曲ではないが)... これほどまでに胸を熱くしてくれる音楽がほかにあるだろうか?ジョージ・ジャクスンとレイモンド・ムーアのペンによる「How Can I Put Out The Flame」と「Too Hurt To Cry」、ブルージーな「I'm Just A Prisoner」や「Sweet Feeling」... もはやため息しか出てこない。さらに、2004年のHONEST JONS盤から漏れていた傑作バラード「For You」等はもちろん、初CD化12曲、そしてなんと、未発表22曲を含む全48曲を収録!もはやこれ以上のサザン・ソウルCDは存在しないと言っても過言ではございません!

さすが、リイシューに関して一切手を抜くという事を知らない英KENTのまたまた神懸り的お仕事!! さらに国内P-VINE盤にはキャンディ本人、およびプロデューサーのリック・ホール、さらに関係ミュージシャンたちへのインタヴューをベースにした英文ライナーの完訳、鈴木啓志氏による日本盤オリジナル解説、全曲の歌詞付!!


◇ ディスクユニオン オリジナル特典
今回発売の 『EVIDENCE: THE COMPLETE FAME RECORDS MASTERS』 お買い上げのお客様に、ディスクユニオン限定オリジナル特典 『キャンディ・ステイトン特製デフ・ジャケ』 差し上げます!

* 国内盤・輸入盤どちらをお買い上げでも差し上げます。

◇『キャンディ・ステイトン特製デフ・ジャケ』 とは...
CDに封入可能なCDジャケット(インサート)の別ヴァージョン(デフ・ジャケ)。豪華4ページ!どの面を表にしてCDトレイに収納するかで、その装いを楽しめます。その4面の全貌は?



・ジャケその1 「妄想ジャケ」
当時国内盤でこのベスト盤が発売されていたら...という妄想を膨らませて作成した、オリジナル・デザイン・ジャケットです。

・ジャケその2 「I'm Just A Prisoner」
記念すべき彼女のファースト・アルバム。上目遣いでコチラを見つめるその視線にズキュン。

・ジャケその3 「Stand By Your Man」
言わずもがなソウル史上に燦然と輝く屈指の名盤。やはりこのジャケットを眺めながら聴くキャンディは格別であります。

・ジャケその4 「Candi Staton」
サード・アルバム。アフロ・ヘアーの強烈なインパクトにやられて下さい。

彼女のアルバム単体でのCD化(ストレート・リイシュー)は世界中で過去、一度も実現していません。やっぱりあのオリジナル・ジャケットに愛着のあるソウル・ファンも多いハズ。そんな理由からこの”デフ・ジャケット”を制作しました。CDに収納するスタンダードな使い方から、壁に貼って毎日キャンディを眺めちゃうのもよし。額縁に入れて神々しく飾るのもよし。使い方は貴方次第です。


ご予約受付中!


NEWS キャンディ・ステイトン / エヴィデンス〜ザ・コンプリート・フェイム・マスターズ オリ特 特製デフ・ジャケ


祝!完全版&まさかの未発表発掘度 ☆☆☆☆☆ | 全ソウル・ファン〜ポップス・ファン悶絶必至のリイシューCD最高峰傑作度 ☆☆☆☆☆ | 感動!英KENTの仕事っぷり度 ☆☆☆☆☆ | ディスクユニオン オリジナル特典もご期待下さい度 ☆☆☆☆☆

disk union Soul Blues Gospel online Upcoming Release 一覧

Posted by kurojiru at 01:30:56Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

CANDI STATON / EVIDENCE: THE COMPLETE FAME RECORDS MASTERS 全ソウル・ファン感涙!FAME音源完全版!初CD化22曲未発表音源12曲!

2011-04-11

13999.jpg CANDI STATON / EVIDENCE: THE COMPLETE FAME RECORDS MASTERS (KENT / CDKEN2353)

サザン〜ディープ・ソウル・ファン、レディ・ソウル・ファン、否、全ソウル・ファンがこんな作品を待ち望んでいました。あのキャンディ・ステイトンのFAME音源コンプリート集!英KENTから堂々発売決定!

英HONEST JONS/CAPITOLから『BEST OF THE FAME YEARS』という形でFAME音源が初CD化(プライベート盤のFAMOUS GROOVE盤は除く)されたのが2004年。1枚組の編集盤ということでそこでは26曲のみがCD化された。しかし、シングル・オンリー名曲の「For You」が収録されていなかったり、あれも入ってない、これも...なんて不満もありましたが、リマスターや丁寧な解説など含め、ソウル・リイシューとしては類稀なるヒットを記録しました。(その後、新作ソウル・アルバムもリリースしてくれました。)

そして...ついにFAME音源完全コンプリート集が発売されます。ソウルCDリイシューの歴史に残るであろう、記念すべきリイシューの実現。手掛けてくれたのは我らがソウル・ミュージックの良心、英KENT。彼女がFAMEに残した全48曲を収録。内、初CD化曲が22曲、そしてその中には未発表音源が12曲も収録されているという。これは大変なことになってしまいました。あのキャンディ・ステイトンのFAME期の未発表音源が存在したなんて...

ディスクユニオンではこの記念すべき作品のオリジナル特典を検討中です。ご案内まで今暫しお待ち下さい。全ソウル・ファンが感動する瞬間を心待ちにいたしましょう。

TRACK LIST

DISC.1
1. SOMEONE YOU USE
2. I'D RATHER BE AN OLD MAN'S SWEETHEART (THAN A YOUNG MAN'S FOOL)
3. YOU DON'T LOVE ME NO MORE
4. EVIDENCE
5. SWEET FEELING
6. DO YOUR DUTY
7. THAT'S HOW STRONG MY LOVE IS
8. I'M JUST A PRISONER (OF YOUR GOOD LOVIN')
9. ANOTHER MAN'S WOMAN, ANOTHER WOMAN'S MAN
10. GET IT WHEN I WANT IT
11. FOR YOU
12. NEVER IN PUBLIC
13. HEART ON A STRING
14. STAND BY YOUR MAN
15. HOW CAN I PUT OUT THE FLAME (WHEN YOU KEEP THE FIRE BURNING)
16. MR AND MRS UNTRUE
17. TOO HURT TOO CRY
18. HE CALLED ME BABY
19. SWEET FEELING (OLD TIME FEELING)
20. TO HEAR YOU SAY YOU'RE MINE
21. WHAT WOULD BECOME OF ME
22. FREEDOM IS JUST BEYOND THE DOOR
23. WHERE WERE YOU
24. DO RIGHT WOMAN

DISC.2
1. TROUBLE, HEARTACHES AND SADNESS
2. SPREAD YOUR LOVE ON ME
3. DO IT IN THE NAME OF LOVE
4. DARLING YOU'RE ALL THAT I HAD
5. BLACKMAIL
6. IN THE GHETTO
7. WANTED: LOVER
8. THE BEST THING YOU EVER HAD
9. LOVIN' YOU LOVIN' ME
10. I'LL DROP EVERYTHING AND COME RUNNING
11. THE THANKS I GET FOR LOVING YOU
12. SURE AS SIN
13. IT'S NOT LOVE
14. SOMETHING'S BURNING
15. I'M GONNA HOLD ON (TO WHAT I GOT THIS TIME)
16. LOVE CHAIN
17. SLIPPING AWAY
18. ONE MORE HURT
19. LOVIN THE EASY WAY
20. ARE YOU JUST BUILDING ME UP
21. I'LL BE HERE
22. I GAVE A LITTLE AND LOST A LOT
23. JOLENE
24. WE HAD IT ALL


・Candi Staton's recording's for Fame Records are some of the most essential moments in Southern Soul's history. For the first time ever all 48 of the tracks she made for Rick Hall's label between 1969 and 1974 are together in one place. 22 have never been on CD before and 12 are previously unreleased.

・This collection contains 12 R&B chart hits, four of which went Top 10, including her peerless version of Tammy Wynette's ‘Stand By Your Man'. We have also included every track from her three albums released on Fame.

・This is the first time that Candi's Fame recordings have been reissued by anyone with access to the Fame Studios tape archive. This allows us to present everything in stunning sound as well as the previously unreleased tracks which are all of a high quality. In the ballad ‘We Had It All' and the dancer ‘One More Hurt' we are introducing new classics to her canon, some of which she will be incorporating into the set she will perform on her upcoming European tour.

・The booklet has an extensive note based on exclusive interviews with Candi and producer Rick Hall as well as many of the musicians involved. Access to Fame's own photo archive means that we are able to include many wonderful and previously unseen photos of Candi.

祝!FAME音源完全版度 ☆☆☆☆☆ | 初CD化曲22曲そして未発表音源がなんと12曲度 ☆☆☆☆☆ | 彼女のすべてが詰まった作品、全ソウル・ファン必聴度 ☆☆☆☆☆ | さすが英KENTやっぱり素晴らしいレーベル度 ☆☆☆☆☆

他にも5月下旬〜6月上旬のKENTACE RECORDSBGP新譜は大充実!近日ご予約開始いたします。

disk union Soul Blues Gospel online Upcoming Release 一覧

Posted by kurojiru at 00:03:26Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

ROY LEE JOHNSON AND THE VILLAGERS 英BGP好評シリーズからソウル〜ブルース・ファン待望の作品が世界初CD化!

2011-01-25

13693.jpg ロイ・リー・ジョンソン・アンド・ザ・ヴィレジャーズ / ロイ・リー・ジョンソン・アンド・ザ・ヴィレジャーズ (Pヴァイン / PCD17450)
ROY LEE JOHNSON AND THE VILLAGERS / ROY LEE JOHNSON AND THE VILLAGERS (BGP / CDBGPM227)

73年にスタックスから発表され、クサ〜いファンクが目一杯詰まったロイ・リー・ジョンソン(名義はロイ・リー・ジョンソン・アンド・ザ・ヴィレジャーズ)の名作が堂々の世界初CD化!「ファンクかくあるべし」と拍手をする間もなく、切羽詰まったようなロイのシャウトと歌声にすべてを持っていかれる。とはいえもちろん音も一筋縄ではいかず、自前のバンドにメンフィス・ホーンズがグイグイ絡む粘っこい「地元の音」にシビれっぱなし。

サザン・ソウル・ファン、ブルース・ファンはもちろんのこと、ビートルズも取り上げた「Mr. Moonlight」の原作者として興味を持った「60年代イギリスのビート・バンドが好きっ!」という若い方にもその原点として是非聴いて頂きたい。もちろんクサい、そしてイナタい。しかし一度ハマればその奥はもんのすごく深い…のです。

by 新宿ソウル・ブルース館 人気急上昇中!H氏

TRACK LIST
1. Patch It Up
2. I'll Be Your Doctor Man
3. Something Special
4. I Can't Stand This Loneliness
5. The Dryer Part 2
6. Don't Tell Me Nothing About My Woman
7. Razorback Circus
8. Robot
9. Midnight At Riley's
10. The Dryer Part 1

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 英BGP好評シリーズ”FUNK & JAZZ CLASSICS”度 ☆☆☆☆☆ | クサ〜いファンク度 ☆☆☆☆☆ | シリーズのさらなるディープ作品リイシューに寄せる期待度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 15:27:52Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

MEL & TIM / MEL & TIM 意外や意外の世界初CD化!英BGP好評シリーズからサザン・ソウルの73年発表の名作が蘇る!

2011-01-24

13689.jpg メル&ティム / メル&ティム (Pヴァイン / PCD17449)
MEL & TIM / MEL & TIM (BGP / CDBGPM226)

バツグンに息ぴったりの掛け合い、聴いているこっちの胸が思わずつまってしまうような絶妙のハモり。親兄弟ではないけれど、俺たちゃ気の合ういとこ同士。メル・ハーディンとティム・マクファーソン、これを縮めてメル・アンド・ティムが73年にスタックスから発表したキャリア三作目となるアルバムが待望のCD化です。

リー・ドーシーでおなじみのアラン・トゥーサンによる名曲「Yes We Can-Can」の、よりじっとりと埃っぽいカヴァーを筆頭に、目の前にひび割れた大地が横たわるイナタいファンクと、弦が入ってちょいと甘めに、しかし歌はしっかりとディープに味わえるバラードたちに、どっぷり浸かれる至福の10曲。とにかく黙って聴いてくれっ!

by 新宿ソウル・ブルース館 人気急上昇中!H氏

TRACK LIST
1. Keep The Faith
2. The Same Folks
3. Oh How I Love You
4. Yes We Can-Can
5. I'd Still Be There
6. Making Love Is My Thing
7. It's Those Little Things That Count
8. Ain't No Love In My Life
9. That's The Way I Want To Live My Life
10. Forever And A Day

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 英BGP好評シリーズ”FUNK & JAZZ CLASSICS”度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル愛度 ☆☆☆☆☆ | シリーズのさらなるディープ作品リイシューに寄せる期待度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:49:44Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

WILLIE MITCHELL / THE MEMPHIS RHYTHM 'N' BLUES SOUND OF WILLIE MITCHELL 1958-1961 ドン・ブライアントVO.音源収録!

2011-01-23

13687.jpg ウィリー・ミッチェル / ザ・メンフィス・リズム&ブルース・サウンド・オブ・ウィリー・ミッチェル (Pヴァイン / PCD17447)
WILLIE MITCHELL / THE MEMPHIS RHYTHM 'N' BLUES SOUND OF WILLIE MITCHELL 1958-1961 (STOMPER TIME / STCD26)

今年1月5日に惜しくもこの世を去ったメンフィス・ソウルの名プロデューサー、ウィリー・ミッチェルアル・グリーンやハイ・レコーズを育てた彼のSTOMPER TIMEレーベルとHOME OF THE BLUESレーベルに残した初期録音をまとめた決定的コンピレーションが登場。未発表曲7曲収録。先のスペンサーに継ぐ話題盤!

そもそもプロデューサーである以前にトランペッターであったウィリー・ミッチェルのHIレコーズ以前、1958年から61年に地元メンフィスのSTOMPER TIMEレーベルとHOME OF THE BLUESレーベルに残した音源の編集盤で、両レーベルの音源が一堂に会するのはこれが初。聴きどころはサザン・ソウルの伝説的シンガーであり、のちにHIレコーズに傑作シングルを残すドン・ブライアントの若かりし頃。彼をリード・シンガーに擁するウィリー・ミッチェル&フォー・キングスの音源はソウル・マニア必聴!

〜メーカー・インフォメーションより

ソウル・ファン100人に聞きました。あなたの好きなプロデューサーは?という質問があったら、間違いなくトップ3に入るであろうウィリー・ミッチェルの初期音源集な訳だが、堅実なテクニック、そつのないアレンジ、適度な時流適合の優れた50sインストR&B。

まあそれだけの内容なら昼は毎日立ち食い蕎麦で済ますお父さんのソウルCD購入リストから零れてしまうところだろうが、後にハイ伝説のシンガーとなるドン・ブライアントがVO.を務めるウィリー&フォー・キングスの音源が数曲でも収録となれば話は別。オールディーズ調アップでの若々しく声の裏返るシャウトも良いが、ドゥー・ワップ・アカペラ・チューンではゴスペルを下敷きとしたドンの尻上がりな歌唱で疲労回復。

by ソウル/ブルースWEB K氏(恩師)

TRACK LIST
1. Tell It To Me Baby
2. Hokin'
3. Rag Mop (Take 2)
4. I Want You for Myself (Take 1)
5. One Mint Julep
6. I've Got a Right to Cry
7. Walking At Your Will (Take 1)
8. The Crawl
9. You Make Me Feel So Fine (Acapella)
10. Stroll
11. I Want You to Myself (Take 2)
12. Bongo Beat
13. Yvonne
14. Tell It to Me Baby (Acapella)
15. I Like It
16. Rag Mop (Take 1)
17. Thirty Five Thirty
18. Walking Alone
19. Do I Love You (Acapella)
20. Willie's House Party
21. Walking At Your Will (Take 2)
22. I Want You for Myself (Take 4)
23. She Went Away (Acapella)
24. Tanya
25. Come Back to Me
26. Star of Love
27. Eternity
28. Walking At Your Will (Acapella)
29. I Want You For Myself (Take 3)

追悼ウィリー度 ☆☆☆☆☆ | ドン貴重音源度 ☆☆☆☆☆ | そんなドンは今も元気に歌っています度 ☆☆☆☆☆ | ソウルへ通じる道度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 23:16:11Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

PERCY SLEDGE / THE ATLANTIC RECORDINGS ATLANTICに残した音源を未発表も含めた全104曲収録の豪華ボックス!まさに家宝!

2011-01-20

13677.jpg PERCY SLEDGE / THE ATLANTIC RECORDINGS (RHINO HANDMADE / RHM2526138)

偉大なるソウル・パイオニアの一人、パーシー・スレッジが、66年から77年の間にATLANTICに残した音源を未発表も含め、包括的に104曲セレクトした究極のBOXセットが登場!

パーシー・スレッジと言えば誰もが口ずさむポップス史上に残る大名曲「男が女を愛する時」のイメージだけで語られてしまいがちですが、サザン・ソウル・スタイルの情熱的な歌い回しと、シティ・ソウルの洗練された語り口を兼ね備えた隙のない実力のすべてに触れるには、やはり全盛期1966年から1977年の十年間を包括して捉えたいもの。ディスク1から3までは、聖地マッスル・ショールズで録音された、パーシーのシングル曲と『When A Man Loves A Woman,』『Warm And Tender Soul』 (1966)、『The Percy Sledge Way 』(1967)、『Take Time To Know Her』 (1968)の4枚のアルバム収録曲をピックアップ。

もちろんこれだけでは終わらないのがRHINO HANDMADEの拘り編集、オランダ盤、ドイツ盤にしか収録されていない楽曲や、69年シングルだけでリリースされたクリスマス・ソング、さらには5曲の未発表マテリアル、ファンの間で時々話題になる70年南アフリカでのライヴ・パフォーマンスまで収録。貴重写真満載のブックレット封入のヴェルヴェット装丁のブック仕様。ソウル・ファンにはたまらないRHINO HANDMADEの完璧なお仕事。

by ソウル/ブルースWEB K氏(恩師)

4CD BOX SET
ヴェルヴェット張りブック仕様
60pブックレット封入

TRACK LIST

Disc 1
1. When A Man Loves A Woman
2. Love Me Like You Mean It
3. You Fooled Me
4. You're Pouring Water On A Drowning Man
5. Love Me All The Way
6. Thief In The Night
7. Put A Little Lovin' On Me
8. My Adorable One
9. Love Makes The World Go Round
10. When She Touches Me (Nothing Else Matters)
11. Success
12. It Tears Me Up
13. Warm And Tender Love
14. Sugar Puddin'
15. You've Got That Something Wonderful
16. I Love Everything About You
17. So Much Love
18. A Sweet Woman Like You
19. Love Me Tender
20. Heart Of A Child
21. You've Really Got A Hold On Me
22. I Stand Accused
23. Try A Little Tenderness
24. With Every Beat Of My Heart
25. That's How Strong My Love Is
26. Oh How Happy
27. I'm Hanging Up My Heart For You
28. Little Girl

Disc 2
1. Behind Every Great Man There's A Woman
2. It Can't Be Stopped
3. Baby, Help Me
4. Out Of Left Field
5. You Send Me
6. Drown In My Own Tears
7. I Had A Talk With My Woman
8. What Am I Living For
9. You Don't Miss Your Water
10. Tell It Like It Is
11. I've Been Loving You Too Long (To Stop Now)
12. Pledging My Love
13. My Special Prayer
14. The Dark End Of The Street
15. Just Out Of Reach (Of My Two Open Arms)
16. High Cost Of Leaving
17. It's All Wrong But It's Alright (Stereo Version)
18. Hard To Believe
19. Just Out Of Reach (Of My Two Open Arms) [Single Version]
20. Cover Me
21. Take Time To Know Her
22. It's All Wrong But It's Alright (Single Version)
23. Feed The Flame
24. Sudden Stop (Stereo Version)
25. Come Softly To Me
26. Spooky
27. Between These Arms (Stereo Version)

Disc 3
1. Sudden Stop (Single Version)
2. Between These Arms (Single Version)
3. You're All Around Me
4. Self Preservation
5. Wanted
6. Bless Your Little Sweet Soul
7. Any Day Now
8. The Angels Listened In
9. Standing On The Mountain
10. Keep Your Arms Around Me
11. Kind Woman
12. Woman Of The Night
13. Push Mr. Pride Aside (Single Version)
14. Baby, Baby, Baby
15. True Love Travels On A Gravel Road
16. Faithful And True
17. Too Many Rivers To Cross
18. Set Me Free
19. Cotton Mill Man
20. Love's Where Life Begins
21. Let It Be Me
22. Blow Out The Sun
23. I've Gotta Get A Message To You
24. Stop The World Tonight
25. Help Me Make It Through The Night

Disc 4
1. Love Is A Job
2. Push Mr. Pride Aside
3. That's The Way I Want To Live My Life
4. Life's Little Ups And Downs
5. What I Don't Know Won't Hurt Me
6. I Found A Love
7. Time
8. Everything You'll Ever Need
9. Sunday Brother
10. Rainbow Road
11. Here I Am
12. Same Old Loverman
13. You Can Always Get It Where You Got It
14. Sunshine
15. Unchanging Love
16. Introduction (Live, 1970)
17. Cover Me (Live, 1970)
18. Knock On Wood (Live, 1970)
19. Any Day Now (Live, 1970)
20. Come Softly To Me (Live, 1970)
21. Heart Of A Child (Live, 1970)
22. Silent Night
23. Christmas Wish
24. When A Man Loves A Woman (Alternate Take)

さすがの仕事米RHINO HANDMADE度 ☆☆☆☆☆ | ウィルソン・ピケットに続く豪華ボックス度 ☆☆☆☆☆ | もちろん限定度 ☆☆☆☆☆ | さて続くは一体...誰か!?度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 22:36:29Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

SYL JOHNSON / COMPLETE MYTHOLOGY BOX SET 4CD+6LPの豪華完全版でこのプライス!悶絶必至の”汁箱”誕生!凄いゾ!米NUMERO!

2010-08-17

13132.jpg SYL JOHNSON / COMPLETE MYTHOLOGY BOX SET (NUMERO / NUM032)

これは凄い!米NUMEROからソウル/ブルース・ファン悶絶の”汁箱”のインフォメーション到着!デジタル配信やエコという名のシンプルなパッケージ...”物”を欲しない時代によくゾこんな”物欲120%”なアイテムをリリースしますな!今やこだわりのレベルで言えば、HIP-O SELECTRHINO HANDMADEを抑えて世界NO.1の称号すら与えてもよいであろう、米NUMEROの仕事の集大成がこちら!

言わずもがな、我らがシル・ジョンソンのコンプリート・ボックス。CDが4枚、そして下記のオリジナルLPのリイシュー盤が6枚という、まさに圧巻のヴォリューム(一体、厚みはどんな箱になるのでしょうか!?)による完全版。CDのみのリリースでもこの価格で発売できたであろうに、利益度外視の”アナログ6枚封入”でこのお値段という荒業。果たしてどうやってレーベルの運営が成り立っているのか心配してしまうほどの”ヴァイナル愛”精神でございます。

NUMEROのブログにて制作段階の話しや画像がアップされていますが、ここにアップされた野良仕事をするシル爺さんの姿はまさにブルース!うわ〜、なんか無性にこの箱、欲しくなってきました!間違いなく2010年ソウル/ブルース〜ベスト・リイシューにノミネート間違いなし!歴史に残る名作をお見逃しなく!

COMPLETE MYTHOLOGY

究極”汁箱”度 ☆☆☆☆☆ | 物欲120%度 ☆☆☆☆☆ | 利益度外視のお値打ちプライス度 ☆☆☆☆☆ | 米NUMEROレーベルの挑戦は続く度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 15:34:41Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

O.V. WRIGHT / A NICKEL & A NAIL & THE ACE OF SPADES サザン、ディープ・ソウルの教科書!名作単独CD化!

2010-08-05

13094.jpg オー・ブイ・ライト / ア・ニッケル・アンド・ア・ネイル・アンド・ザ・エース・オブ・スペード (ソリッド / CDSOL7442)
O.V. WRIGHT / A NICKEL & A NAIL & THE ACE OF SPADES (REEL MUSIC / 66748780082)

何度リイシューされても許される、納得のタイトルってのはある。『A NICKEL & A NAIL & THE ACE OF SPADES』がそれで、米国ストレート・リイシュー!アメリカではCD売れないのなんのって寂しい話しをよく耳にしますが、本国でこういうマジメな絶対盤がイシューされるのは嬉しいですね!

本作はO.V.が数々の激曲を残したBACKBEATでの4枚目、その中でも1、2を争う作品と言っても良し。サザン・ソウル・ファンには言わずもかなの、ハード・シャウト、感情むき出しに聞き手を誘い込む、泣きの、心揺さぶる地獄のバラードの数々は“サザン、ディープ・ソウルの教科書”に認定!私、O.V.の黒ぶちメガネに憧れて、似たようなものを発見、購入も装着したら仲本工事化(泣)

by 営業部 H氏

収録内容
1. Dont Let My Baby Ride
2. Born All Over
3. Ace of Spades
4. Eight Men, Four Women
5. He Made Woman For Man
6. I Cant Take It
7. Afflicted
8. When You Took Your Love From Me
9. A Nickel And A Nail
10. Dont Take It Away

祝!単独CD化度 ☆☆☆☆☆ | サザン、ディープ・ソウルの教科書度 ☆☆☆☆☆ | 『O.V.ボックス』持っていても何か欲しくなる度 ☆☆☆☆☆ | 米REEL MUSICのリイシュー・センス・GOO度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 21:28:03Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

DAVID HUDSON / THE ROYAL SESSIONS 英SOUL JUNCTIONの新作はアナログLP発売!しかも全世界限定500枚!

2010-07-30

13074.jpg DAVID HUDSON / THE ROYAL SESSIONS (SOUL JUNCTION / SJLP5002)

良質な7インチ・シングルのリリースを精力的に続ける、注目のレーベル英SOUL JUNCTION RECORDSの最新リリースはなんとLP限定リリース!以前に7インチでリリースされた「(Girl I'm Coming Home To) Something Good」も記憶に新しいDAVID HUDSONの幻の未発表音源集!

マイアミはALSTONからリリースされたDAVID HUDSONのアルバム『TO YOU HONEY, HONEY WITH LOVE』収録のスウィート・バラードの数々(HENRY STONE MUSIC『I GOT WHAT YOU WANT』で聴くことができます)でDAVIDの実力に唸った方も多いはず。本作はその後在籍したWAYLOで、あのWILLIE MITCHELLプロデュースの下、ROYAL SOUND STUDIOで録音されながらも、完成前にしてスタジオ閉鎖という不運に見舞われ、お蔵になった音源達が収録されております。

WAYLOでリリースされたファースト・アルバム『NIGHT AND DAY』以降の作品なので、80年代末あたりの音源だと思われる、全8曲が収録!内2曲SIDE A1 / SIDE B3は昨年シングル・リリース済み、他6曲は今回完全未発表音源となります!! サザン・ソウル界の話題騒然必至です!限定500枚のプレス!

by 営業部 H氏

収録内容
SIDE A
1. (Girl I'm Coming Home To)Something Good
2. Let's Make Love
3. Be That Way Sometimes
4. You're My Dream Come True

SIDE B
1. When I'm Loving You
2. All My Love
3. (Girl I'm Coming Home To)Something Good (Radio Edit)
4. The Best Is Yet To Come

祝!発掘度 ☆☆☆☆☆ | 蘇る黄金のメンフィス・サウンド度 ☆☆☆☆☆ | アナログLPのみのリリース!しかも限定500枚!度 ☆☆☆☆☆ | 英SOUL JUNCTION RECORDS発掘音源さらなる期待度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:43:22Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / SAY HI TO NORTHERN SOUL 英OUTTA SIGHT新機軸!久しぶりにHI音源リイシューに着手!さすがの選曲センスに脱帽!

2010-06-28

12946.jpg V.A. / セイ・ハイ・トゥ・ノーザン・ソウル (MAGNUM CAT / MC0035)
V.A. / SAY HI TO NORTHERN SOUL (OUTTA SIGHT / OSCD016)

怒涛の勢いでコアなリリースを続ける英OUTTA SIGHTから最新作が登場!今回はなんとあのHI音源をコンパイル!HIの中でもノーザン・ソウルに焦点を当てた作品です!もはや説明不要のハイ・リズム・セクション、また世界に名立たるアーティスト達によって産み出された栄光の音源達。しかし本作の収録曲は、いわば裏HI音源。HIの中でもハードな部分が集約しております。

先日亡くなった伝説のプロデューサー、ウィリー・ミッチェルの作品をはじめに、ジョージ・ジャクソンウィリー・ウォーカー、ジーン・ミラー、ドン・ブライアント等、名前だけでも火傷しそうなアーティスト、またノーザン・シーンで人気の高い、チャーリー・リッチ、ジェームス・フライ等の音源も収録です!

日本語解説は楽ソウル著者で、コア情報の鬼、佐野勝明氏!こちらも火傷必至です!!

by 営業部 H氏

収録内容
1. Willie Mitchell featuring Don Bryant - That Driving Beat
2. Charlie Rich - Love Is After Me
3. Melodics - Ain't That Sharing My Love
4. Ace Cannon - Sea Cruise
5. Janit & The Jays - Hurting Over You Boy
6. James Fry - Still Around
7. Don Bryant - Coming On Strong
8. Willie Mitchell - The Champion (Part 1)
9. George Jackson - So Good To Me
10. The Five Royales - Help Yourself
11. Gene Miller - Sho Is Good
12. Kim Melvin - Doin' The Popcorn
13. Willie Mitchell - Who's Making Love
14. James Fry - I've Got Enough
15. Norm West - Baby Please
16. Charlie Rich - Don't Tear Me Down
17. Janet & The Jays - Love What You're Doing To Me
18. Bobo Mr. Soul - Hitch Hike To Heartbreak Road
19. Willie Walker - Love Makes The World Go Round
20. Veniece - Stepchild
21. Africano - Satisfactorize Your Mind
22. Majik - Back Into Your Heart

祝!久しぶりHI音源再発度 ☆☆☆☆☆ | UK HI盤は続々と生産中止に度 ☆☆☆☆☆ | やはり泪の名曲の数々度 ☆☆☆☆☆ | さらなるHI新作リイシュー期待度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:46:22Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

GEORGE JACKSON / ALL BECAUSE OF YOUR LOVE 英SOULSCAPEが贈るジョージ・ジャクソン未発表音源集第3弾!

2010-06-17

12899.jpg GEORGE JACKSON / ALL BECAUSE OF YOUR LOVE (SOULSCAPE / SSCD7024)

全世界のサザン・ソウル・ファンの強い味方、英SOULSCAPEが贈るジョージ・ジャクソン未発表音源集!まだあった!? 『IN MUSCLE SHOALS』『WHAT WOULD YOUR MAMA SAY?』に続く第三弾が発売決定!! レアなヴィンテージ・シングル曲2曲に加え、残りは他のシンガーやレーベルに提供したマッスル・ショールズ録音デモ音源中心の未発表テイク。サザン・ソウル好きならもちろん素通り出来ません!!

KENTからリリースされた『IN MEMPHIS 1972-77』の興奮も冷めやらぬ中での怒涛のジョージ集リリース。名ライターっぷり、そして名シンガーっぷりを遺憾なく発揮した音源であることは間違いないであろう。う〜む、英SOULSCAPE、流石ッ!

収録内容
1. Sweet Surrender
2. My Heart Won't Let Me Forget
3. There's So Much More Where This Came From
4. Can't Break The Habit
5. Something Pretty
6. Back Track
7. I Get A Rockin' Good Feeling
8. Instant Replay
9. All Because Of Your Love
10. Can't Make It Without You
11. Can I Take You Home
12. Hey Miss Lady
13. You Gave The Best Performance Of Your Life
14. I Was Trying Not To Break Down
15. Old Time Rock And Roll
16. Your Love Is Working On Me
17. Let The Funk Flow
18. Disco Granny
19. Fast Young Lady
20. Funky Disco Music

祝!第3弾度 ☆☆☆☆☆ | やはり忘れられないこの漢度 ☆☆☆☆☆ | 収録内容は要調査度 ☆☆☆☆☆ | GARYさんありがとう度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 17:32:41Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

SPENCER WIGGINS / FEED THE FLAME: THE FAME AND XL RECORDINGS サザン・ファン歓喜!FAME/XL集!未発表あり!

2010-05-10

12740.jpg SPENCER WIGGINS / FEED THE FLAME: THE FAME AND XL RECORDINGS (KENT / CDKEND340)

サザン・ソウル無冠の帝王スペンサー・ウィギンスのFAME、XLに残されたマッスル・ショールズ録音集が、未発表音源追加で遂に...遂に登場!

我が国のグレイト・レーベルVIVID SOUNDのLP時代の偉大な業績は別にして、65年から69年初頭にかけて録音されたゴールド・ワックス音源が、KENTの手によりようやくまとまった形でコンパイルされたのが2006年。本国USでの知名度の低さに、反比例するかの様に上がり続ける日本、英国、欧諸国でのスペンサーの評価。お待ちかね、ゴールド・ワックス・セッションの後に録音されたフェイム、XL音源が遂に...遂に登場です。

ゴールド・ワックス・オーナー、クィントン・クランチをプロデューサーに、マッスル・ショールズ、フェイム・スタジオで録音され、その後フェイム・オーナー、リック・ホールに売却されたのが今回の音源。フェイムからの2枚、サウンド・オブ・メンフィスのシングル両面はもちろん、先にリイシューされノーザン・クラシックスとして認知度の高まる「Let's Talk It Over」、ここ日本ではスペンサーの最高傑作とも言われる「Love Attack」も収録。

気になる未発表として、ベティ・スワンの持ち歌として知られる「Make Me Yours」、ノーザン系クラブ・シーンで重宝されるに違いないフロア・フィラー「This Time」他話題、クォリティ共充実した楽曲ばかり。ここのところ減少していたディープ〜サザン・ソウル系再発ですが、その不満、ストレスを一気に吹き飛ばす本作、どっぷり骨の髄までソウルに浸りたい方にはこれ以上ない喜びなのです。

by ソウル/ブルースWEB K氏(恩師)

収録内容
1. I'M AT THE BREAKING POINT
2. WE'VE GOTTA MAKE UP
3. THIS LOVE IS GONNA BE TRUE
4. HOLDING ON
5. YOU'RE MY KIND OF WOMAN
6. I CAN'T BE SATISFIED
7. I'D RATHER GO BLIND
8. LOVE WORKS THAT WAY
9. FEED THE FLAME
10. MAKE ME YOURS
11. OOH BE OOH BE DOO
12. TAKE TIME TO LOVE YOUR WOMAN
13. LET'S TALK IT OVER
14. I CAN'T GET ENOUGH OF YOU BABY
15. DOUBLE LOVIN'
16. LOVE MACHINE
17. LOVE ATTACK
18. HIT AND RUN
19. BEST THING I EVER HAD
20. WATER
21. LOVE ME TONIGHT
22. CRY TO ME

サザン・ソウル・ファン歓喜度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル無冠の帝王度 ☆☆☆☆☆ | 未発表度 ☆☆☆☆☆ | さすが英KENTの仕事っぷり度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:11:36Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / MALACO SOUL BROTHERS VOL.2 FEAT. C.P. LOVE AND JIMMY DOBBINS 未発表音源を含むMALACO”男編”第2弾!

2010-04-23

12692.jpg MALACO SOUL BROTHERS VOL.2 FEAT. C.P. LOVE AND JIMMY DOBBINS (SOULSCAPE / SSCD7023)

SOULSCAPE発、MALACOに残された貴重音源の発掘シリーズ『MALACO SOUL BROTHERS』の“男編”第2作目がキタ!! 本作はC.P. LOVEとJIMMY DOBBINS!CHIMNEYVILLEでシングル・リリースされた音源+未発表の収録です!特にC.P.の方は同レーベルで1枚のシングルしか残していない。昔、VIVIDから発売されたLP『マラコ・ベスト・コレクション』に収録の未発表音源を含む、サザン・ソウル・ファン涙の音源ばかりが奇跡のCD化!そしてCHIMNEYVILLEでより多くの音源(おそらく3枚)を残しているJIMMYの方も、名曲「A Quitter Never Wins」をはじめとしてスバリ8曲収録!

ネット検索したところ、C.P.のMYSPACEを発見(www.myspace.com/cplove)!覗いてみると、地元 ニューオリンズでまだまだ元気に活動されているご様子。今の気分は“よくやった!”とのこと(笑)

1. I Found All These Things
2. Never Been In Love Before
3. So Glad You're Gone
4. Your Life Without Her
5. Coming Down With Another Heatache
6. If The Lord Made Anything Better Than Love
7. Every Man's Dream
8. You Make Me Feel Like A Man In Love
9. These Uncertain Years
10. Sweet Love
11. Try It Again
12. A Quitter Never Wins
13. Understanding
14. Wrong Road
15. Sugar Bear
16. Finally
17. Teasin' You

(1) to (9) C.P.LOVE, (10) to (17) JIMMY DOBBINS

by 営業部 H氏

祝!男汁度 ☆☆☆☆☆ | イッツ・サザン・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | まさかの現役バリバリ度 ☆☆☆☆☆ | SOULSCAPEのソウル愛度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 23:35:55Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

OTIS REDDING / LIVE ON THE SUNSET STRIP 1966年伝説の”Whiskey A Go Go”で4日間のライヴの全貌が今、明らかに!

2010-04-12

12649.jpg OTIS REDDING / LIVE ON THE SUNSET STRIP (FANTASY / 32046)

オーティス・レディングのLA, ”Whiskey A Go-Go”で4日間繰り広げられた伝説の1966年のライヴ音源が完全版で蘇る!

1966年の春、LAにあるクラブ”Whiskey A Go Go”で4日間繰り広げられたオーティス・レディングの伝説のライヴ、これまで1968年にリリースされたアルバム『IN PERSON AT THE WHISKY A GO GO』でその一部は発表されていましたが、本作は3つのセットをフルで初めて収録した待望の2枚組!オリジナル・マスターからリマスターされた音源で臨場感満点にライヴを再現。オーティス・ファンのみならず全音楽ファン必聴必至の逸品であります!

収録予定曲
DISC.1
1. Security
2. Just One More Day
3. These Arms of Mine
4. Satisfaction
5. I Can't Turn You Loose
6. Chained And Bound
7. Respect
8. I'm Depending On You
9. I Can't Turn You Loose
10. Satisfaction
11. Chained And Bound
12. Just One More Day
13. Any Ole Way

DISC.2
1. I've Been Loving You Too Long (To Stop Now)
2. Satisfaction
3. Destiny
4. Security
5. Good To Me
6. Respect
7. Chained And Bound
8. Mr. Pitiful
9. Satisfaction

祝!全貌度 ☆☆☆☆☆ | まさに全盛期オーティス度 ☆☆☆☆☆ | 完全版にしては曲数少ない?度 ☆☆☆☆☆ | 国内盤熱望度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 22:51:46Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / THE STARS OF GOLDWAX RECORD STORE DAY 2010 記念限定7インチ発売!GOLDWAXとはコレ股、堪らない!

2010-03-26

12567.jpg V.A. / THE STARS OF GOLDWAX (ACE / LTDEP001)

ACEが股、やってくれました!RECORD STORE DAY 2010 記念限定7インチを発売!ACEといえばやっぱりこのレーベル、GOLDWAXでしょう!ディープ・サザン・ファンにはたまらないJAMES CARROVATIONS他、GOLDWAXのスター達のカップリング・シングル、しかもピクチャー・スリーヴ付とは!

サザン・ソウル・ファンならばぜひとも持っていたい記念すべきアイテムになりそうです。デジタル配信もいいですが、やっぱり”物”で、レコードで持っていたい想い出の逸品って、ありますからね。分かってらっしゃる英ACEさん!完全限定盤につき、ご予約をお薦めいたします。

Side One
1. Life Turned Her That Way - James Carr
2. You Ain't Woman Enough - Barbara Perry
Side Two
3. Rockin' Chair - The Ovations
4. To Me, It's Storming - George & Greer

祝!記念シングル度 ☆☆☆☆☆ | レコード愛度 ☆☆☆☆☆ | サザンはやっぱりシングルで度 ☆☆☆☆☆ | RECORD STORE DAY 2010 はディスクユニオンももちろん参加いたしております度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 03:27:20Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

KENNY HAMBER / I CAN FEEL THAT YOU LOVE ME + GEY GIRL 奇跡!! 完全未発表音源がまさかの7インチ・リリース!!

2010-03-09

KENNY HAMBER / I CAN FEEL THAT YOU LOVE ME + GEY GIRL

KENNY HAMBER / I CAN FEEL THAT YOU LOVE ME + GEY GIRL (ARCTIC / 1403)

KENNY HAMBERにARCTIC、ソウル・ファンにとっては卒倒モンの、なんて素晴らしい響きなんでしょう!! 60年代当時のARCTICラベルの装いをそのままに、収録曲はなんと両面共に完全未発表音源!! しかもシンガーとして脂の乗り切った67年録音です!! UKのソウル・オールナイター・イヴェントでKENNY HAMBERステージが近日あり、その物販用に制作された超アンノウン・ヴァイナルが、ここ日本でも奇跡の発売!!

A面「I Can Feel That You Love Me」はキレのあるホーン・リフにさすが! の迫力のヴァリトン・ヴォイスが襲い掛かるパンチの効いたキラー・ダンサー・トラック!B面「Hey Girl」はご存知、FREDDIE SCOTTの名曲カヴァー!迫力/ディープ度共にKENNYに軍配!曲が進むに連れて、己の熱さをさらけ出す、粘りのあるディープ・シャウトは必聴!!

収録内容
A. I Can Feel That You Love Me
B. Hey Girl

by 営業部 極北H氏

驚愕の未発表7インチ度 ☆☆☆☆☆ | 内容もコレ股、驚愕度 ☆☆☆☆☆ | 生で見たいなハンバーさん度 ☆☆☆☆☆ | まだある?未発表さらなる期待度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 11:38:52Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

CONTROLLERS / IF TOMORROW NEVER COMES 南部出身ヴォーカル・グループの雄、CONTROLLERSの初期JUANA音源ベスト盤!

2010-03-03

12455.jpg CONTROLLERS / IF TOMORROW NEVER COMES (SOULSCAPE / SSCD7022)

60〜70年代ソウルの発掘、編集、再発にかけては、今やACE/KENTと並ぶ安心感と信頼感、英SOULSCAPE(旧GRAPEVINE)から、南部のヴォーカル・グループ、が75年〜81年にかけてFREDERICK KNIGHTプロデュースの元、JUANAレーベルに残した3枚のアルバムとシングルから、20曲を厳選した編集盤が登場!

洗練されたスウィート・マナーとハッシュ・サウンドで、華々しい活躍の80年代以降に比べ、遅々としてCD化の進まないJUANA時代のCONTROLLERSと言えば、同じ英TIMELESS盤ベストが思い出されるがとうに廃盤、気持ち高値...幾分泥臭く、無骨な印象さえあるこの時代のグループの素晴らしさを再認識するには、恰好の編集盤となるに違いない。

しかもグループの代表曲、ソウル・バラッド・クラシックス「Somebody's Gotta Win〜」は8分の長尺ヴァージョンで収録、骨太でソウルフルなVO.陣の熱唱が、永遠に続いて欲しいと思わせる、サザン・ファン、グループ・ファンにとって至福の一枚となりそうです。

by ソウル/ブルースWEB K氏(恩師)

収録内容
1. Is That Long Enough For You
2. Pictures And Memories
3. People Want Music
4. Feelong A Feeling
5. This Train
6. You Ain't Foolin' Me
7. Somebody's Gotta Win, Somebody's Gotta lose
8. Heaven Is Only One Step Away
9. If Somebody Cares
10. I'll Miss You Always
11. Listen To The Children
12. Getting Over You
13. Castles In The Sky
14. If Tomorrow Never Comes
15. We Don't
16. If Tears Were Pennies
17. I Just Don't Know
18. Hurt Again By Love
19. My Love Is Real
20. When Did You Stop Loving Me

祝!待望のJUANA期CD化度 ☆☆☆☆☆ | これぞサザン・ソウル・ヴォーカル・グループ度 ☆☆☆☆☆ | 長尺で悶絶バラー度 ☆☆☆☆☆ | 気になる未発表は!? 度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 22:43:16Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

JEWEL BASS + DOROTHY MOORE / MALACO SOUL SISTERS 英SOULSCAPEからの記念すべき2010年第一作目はマラコ女!

2010-01-12

12221.jpg JEWEL BASS + DOROTHY MOORE / MALACO SOUL SISTERS (SOULSCAPE / SSCD7021)

英SOULSCAPEからの記念すべき2010年第一作目はマラコ70年代音源発掘シリーズ最新作!そかも女物でどうだ!JEWEL BASS、DOROTHY MOORE 2人のソウル・シスターのカップリング、レア・シングルに、なんと8曲もの未発表を加えた21曲!

ちょっぴりおきゃんなJEWELか、しっぽり滑らかDOROTHYか、レディ・ソウル愛好家、サザン・ソウル好きにはなんとも堪らない組み合わせなのです。

収録内容
1. Jewel Bass - All Good Things Must Come To An End
2. Jewel Bass - I Tried It And I Liked It
3. Jewel Bass - Sugar Britches
4. Jewel Bass - Overflowing (For You)
5. Jewel Bass - I Don't Trust Myself
6. Jewel Bass - Let Your Love Rain Down On Me
7. Jewel Bass - Turn Off The Pain [unissued]
8. Jewel Bass - I'm Doing Alright Without You
9. Jewel Bass - In And Out Of Love [unissued]
10. Jewel Bass - Seeing You Again [unissued]
11. Jewel Bass - It's Been A Long Time Coming [unissued]
12. Jewel Bass - I'm Worried [unissued]
13. Dorothy Moore - See How They've Done My Love
14. Dorothy Moore - One Day You're Gonna Hurt Me
15. Dorothy Moore - Same Old Feeling
16. Dorothy Moore - Cry Like A Baby
17. Dorothy Moore - Just The One I've Been Looking For
18. Dorothy Moore - Two Of A Kind
19. Dorothy Moore - I Know [unissued]
20. Dorothy Moore - Diamonds [unissued]
21. Dorothy Moore - Love Me Like You Used To [unissued]

祝!未発表8曲度 ☆☆☆☆☆ | やはり嬉しいサザン・ソウル・リイシュー度 ☆☆☆☆☆ | そしてイキナリ女物度 ☆☆☆☆☆ | 2010年もよろしくお願いしますSOULSCAPEさん!度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 23:10:16Comments(0)TrackBack(1) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES VOLUME 3 1967-1970 祝!第三弾発売決定!GOLDWAX最後の輝きを貴方に!

2009-12-16

12128.jpg V.A. / THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES VOLUME 3 1967-1970 (ACE / CDCH21248)

祝!第三弾発売決定!大好評の「THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES」のVOL.3がいよいよリリース・インフォメーションされました。日本のサザン/ディープ・ソウル・ファンの心の故郷、メンフィスの名門ゴールドワックス・レコード、およびその傍系レーベルに残されたすべてのシングル作品を、2枚組CD 全3集でお届けするシリーズの最終章。ゴールドワックス最後の輝きを貴方に!

もちろん本作もPヴァインさんより国内盤仕様(英文解説翻訳付き)リリース予定です。ゴールドワックスの全貌を明らかにする資料的価値も十二分なこのシリーズ。やはり持ってなアカン!なアイテムなのでございます。暮れのジョージ・ジャクソンの後期作品CD化の興奮冷めやらぬ中、サザン/ディープ・ソウル・ファン股しても興奮必至!

収録内容
DISC.1
1. I DON'T KNOW WHAT YOU'VE GOT (BUT IT'S GOT ME)
2. SHE'S ABOUT A MOVER - PERCY MILEM
3. STAY AWAY FROM BRENDA
4. I DON'T FEEL GUILTY - THE TERRY's
5. DID SHE ASK ABOUT ME
6. FROM THE FIRST TIME WE MET - IVORY JOE HUNTER
7. IT'S MY LIFE
8. WHOLE LOTTA SHAKING GOING ON - TIMMY THOMAS
9. I'M A FOOL FOR YOU
10. GONNA SEND YOU BACK TO GEORGIA - JAMES CARR
11. TICKET TO RIDE
12. THERE GOES MY USED TO BE - WEE WILLIE WALKER
13. THE POWER OF A WOMAN
14. LONELY MAN - SPENCER WIGGINS
15. HE CALLED ME BABY
16. WHEN WILL THE GOOD APPLES FALL - JEANNE NEWMAN
17. A MAN NEEDS A WOMAN
18. STRONGER THAN LOVE - JAMES CARR
19. O'KETCHEE ME DOGGIE CREEK
20. HARD LUCK GUY - B.B. JASPER
21. THAT'S HOW MUCH I LOVE YOU
22. I'M A POOR MAN'S SON - SPENCER WIGGINS
23. LOVE IS A TRICKY THING
24. IF YOU'RE LOOKING FOR A MAN - THE FIVE Cs
25. YOU NAME IT, I'VE HAD IT
26. YOU'RE RUNNING TOO FAST - WILLIE WALKER
27. LIFE TURNED HER THAT WAY
28. A MESSAGE TO YOUNG LOVERS - JAMES CARR

DISC.2
1. LOVE IS A BEAUTIFUL THING
2. LOVE IS A BEAUTIFUL THING (inst) - BEN ATKINS & THE NOMADS
3. ONCE IN A WHILE (IS BETTER THAN NEVER AT ALL)
4. HE'S TOO OLD - SPENCER WIGGINS Goldwax 337
5. TEACH ME HOW TO LET YOU GO
6. A GIRL IN LOVE - KATHY DAVIS
7. LOVE ME TONIGHT
8. SUGAR CREEK BOTTOM - CARMOL TAYLOR
9. FREEDOM TRAIN
10. THAT'S THE WAY LOVE TURNED OUT FOR ME - JAMES CARR
11. THE TRAIN NEVER STOPS AT OUR TOWN
12. ANOTHER MAN'S SHOES - CARMOL TAYLOR
13. FROM WARM TO COOL TO COLD
14. A LUCKY LOSER - WILLIE WALKER
15. I NEVER LOVED A WOMAN (THE WAY I LOVE YOU)
16. SOUL CITY USA - SPENCER WIGGINS
17. TO LOVE SOMEBODY
18. THESE AIN'T RAINDROPS - JAMES CARR
19. HAPPINESS
20. ROCKIN' CHAIR - THE OVATIONS
21. MEDICINE MAN
22. YOU'VE GOTTA BE DIFFERENT - WILLIAM MORGAN & THE Cs
23. YOU HAD YOUR CHOICE
24. I'M LIVING GOOD (With spoken intro) - THE OVATIONS
25. ROW, ROW YOUR BOAT
26. EVERYBODY NEEDS SOMEBODY - JAMES CARR
27. I SLIPPED A LITTLE
28. I'M CRYING OVER YOU - PERCY MILEM

3枚揃えばその感動もより一層。今から感動を待ちきれません。

黒汁通信 THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES VOLUME 2 1966-1967 記事
黒汁通信 THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES VOLUME 1 1962-1966 記事

祝!コンプリート度 ☆☆☆☆☆ | 最終章で最後の輝きを貴方に度 ☆☆☆☆☆ | 股、何かGOLDWAXで特典を作りたくなってきました度 ☆☆☆☆☆ | 英ACEさんに感謝度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 01:07:58Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

JIMMY HUGHES / STEAL AWAY: THE EARLY FAME RECORDINGS 60年代初期FAME音源が大盤振る舞いの全22曲のヴォリュームで再発!

2009-11-30

12049.jpg JIMMY HUGHES / STEAL AWAY: THE EARLY FAME RECORDINGS (KENT / CDKEND324)

サザン〜ディープと言えば兎角バリトン・シャウター系を優先的に持ち上げてしまうという自身の偏った嗜好を反省しつつ、アーリー・ソウル・オリジネイター60年代初期FAME音源に向き合ってみる。ソウル覚えたての頃に感じた、他のサザン系シンガーに比べ”声が細い””圧が薄い””ポップス寄り”といった印象は今も変わるものではないが、20代の若者がマイナス面で捉えていた諸要素が、40代半ばのおっさんの耳には、輪郭のはっきりした声質、鋭く切れ込むソルティー・テナー、外に向けた感情表現、と明らかなオリジナリティとして認識する事が出来た。ああ、ようやく言える。FAME〜マッスルショールズと言えばジミー・ヒューズである。

収録内容
1. Lovely Ladies
2. There Is Something On Your Mind
3. A Shot Of Rhythm And Blues
4. Neighbour, Neighbour (Version 1)
5. Everybody Let's Dance
6. Steal Away
7. Try Me
8. I'm Gonna Rise Again
9. I Tried To Tell You
10. I'm Getting Better
11. Stormy Monday Blues
12. I Want Justice
13. I'm Qualified
14. My Loving Time
15. Lollipops, Lace And Lipstick
16. You Might As Well Forget Him
17. Goodbye My Lover Goodbye
18. You Really Know How To Hurt A Guy
19. Have You Done Got Over Me?
20. Girl You Belong Here With Me
21. My Adorable One
22. Steal Away Part Two

by ソウル/ブルースWEB K氏(恩師)

祝!全22曲で大盤振る舞い再発度 ☆☆☆☆☆ | ディス・イズ・マスルショールズ度 ☆☆☆☆☆ | 年齢により聴こえる音は違うのも音楽の楽しさ度 ☆☆☆☆☆ | 再認識&再評価度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 02:04:43Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

LUTHER INGRAM / LET'S STEAL AWAY TO THE HIDEAWAY + DO YOU LOVE SOMEBODY 名作復活!KOKO盤が2イン1で再CD化!

2009-11-29

12048.jpg LUTHER INGRAM / LET'S STEAL AWAY TO THE HIDEAWAY + DO YOU LOVE SOMEBODY (KENT / CDKEND328)

サム・クックマーヴィン・ゲイ etc…人々の心を魅了する歌声の持ち主たち。そんな彼らに比べ知名度こそ低いが、通好みのシンガー、ルーサー・イングラムの歌声もこれまた然り。ハイトーンでちょっぴりハスキーなVo.は中毒性高し。小細工など一切不要、己の声だけで聴かせる正真正銘本物のシンガー!お待たせ致しました!KOKOでのラストを飾る76・77年作が2in1でCD化です。

KENTによる彼のリイシューもいよいよ集大成。オススメは77年作収録の「Do You Love Somebody」と「Get To Me」。彼のキャリアのなかでも最高傑作、グンバツに素晴らしいラヴ・ソング。おまけにボーナス・トラックとして72年のセカンド・アルバムから「I'll Love You Until The End」のVer.違いを収録!

収録内容
1. Let's Steal Away To The Hideaway
2. That's The Way Love Is
3. Sweet Inspiration
4. I'm Gonna Be The Best Thing
5. I Like The Feeling
6. All That Shines
7. What Goes Around Comes Around
8. It's Too Much
9. Your Love Is Something Special
10. I've Got Your Love In My Life
11. I'll Love You Until The End (Version 2) Do You Love Somebody - Bonus Tracks
12. Do You Love Somebody
13. How I Miss My Baby
14. Get To Me
15. Sorry
16. Time Machine
17. Do You Think There's A Chance
18. Trying To Find My Love
19. Ain't Good For Nothing
20. Funny People
21. Faces

(1)〜(10) 「LET'S STEAL AWAY TO THE HIDEWAY」, (11) Bonus Track
(12)〜(21) 「DO YOU LOVE SOMEBODY」

by 渋谷ジャズ・レアグルーヴ館 M氏

祝!2イン1度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル名作度 ☆☆☆☆☆ | KENTらしい充実の解説度 ☆☆☆☆☆ | 音質も向上の完全版度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 11:54:33Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

BARBARA LYNN / HERE'S BARBARA LYNN 祝!オリジナル・ジャケットでのストレート・リイシュー世界初CD化!

2009-10-13

11792.jpg BARBARA LYNN / HERE'S BARBARA LYNN (WATER / WATER239)

未だ現役でギターをかき鳴らすサウスポー、バーバラ・リンの68年のアルバムがCD化!画像を見れば、男子達はいろいろ考えてしまうであろう生々しい手つきの演奏、ステージング、初冬の木枯らしのような適度にかさついたディープな声質を持つ、まさにソウル・ファン憧れのファッシネイティング・レディー・シンガーの一人。

本作はリンのキャリアの中でも脂の乗り切った時か、60年代前期と比べるとより“シュッ”としている。68年という時代のせいもあり、南部にまでおよんだノーザン・テイストの楽曲も多い。プロデュースはもちろん、リンといえばヒューイ・P・モー、またクレジットにはエド・トーマスやボブ・マクリー等の重鎮の名もあり。完成度は高し!

収録内容
1. You'll Lose A Good Thing
2. Take Your Love And Run
3. Maybe We Can Slip Away
4. Sure Is Worth It
5. Only You Know How To Love Me
6. I'll Suffer
7. You're Losing Me
8. Sufferin' City
9. Multiplying Pain
10. Why Can't You Love Me
11. Mix It Up Baby
12. This Is The Thanks I Get

by 営業部 H氏

BARBARA LYNN myspace

祝!名作ジャケ・リイシュー度 ☆☆☆☆☆ | 今も現役度 ☆☆☆☆☆ | 屈指の名作度 ☆☆☆☆☆ | 新作なんてのも期待しちゃう度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:31:02Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

GEORGE JACKSON / IN MEMPHIS 1972-77 全盛であるHI、MGM、CHESS、ER MUSIC、SOUNDS OF MEMPHISシングル集!奇蹟のアルバム化!

2009-10-08

11773.jpg GEORGE JACKSON / IN MEMPHIS 1972-77 (KENT / CDKEND329)

GEROGE JACKSON。この名は我らが日本人にとって、特別な存在である。いつのジョージ?いつものジョージ。どの時代にも彼のサザン・ソウルを届けてくれる最高の存在。そんな彼の作品集が英GRAPEVINEから再発・発掘アルバム化をはじめてから、ずっと念願だった作品が、まさにこちらではないでしょうか?

そう、まさに黄金期である1972〜77年、レーベルではHI、MGM、CHESS、ER MUSIC、SOUNDS OF MEMPHISからリリースされたシングル作品を、ひとつにまとめあげた奇蹟の作品集の登場!やってくれたのはやっぱり英KENT。もうわかってらっしゃるったら、ありゃぁしない!

収録内容
1. ARETHA SING ONE FOR ME
2. THINGS ARE GETTING BETTER
3. TALKING BOUT THE LOVE I HAVE FOR YOU
4. LET'S LIVE FOR YOURSELF
5. IF YOU NEVER SEE ME
6. HOW CAN I GET NEXT TO YOU
7. ALL IN YOUR MIND
8. WALKING THE CITY STREETS
9. DEAR ABBY
10. A WOMAN WANTS TO BE LOVED0
11. I DON'T NEED YOU NO MORE
12. LET THEM KNOW YOU CARE
13. SOUL TRAIN
14. YOU CAN'T RUN AWAY FROM LOVE
15. TAKE YOUR LOVE AND GO
16. SMOKIN & DRINKIN'
17. WILLIE LUMP LUMP
18. SHE CAN'T REPLACE ME
19. MACKING ON YOU
20. PATRICIA
21. WE'VE ONLY JUST BEGUN

詳細は現在、GEORGE JACKSONを語らせたら右に出るも者はいないのでは!? とまで熱く語る男、新宿ソウル・ブルース館へ栄転!? ”なんてったってインディ・ソウル”齋藤氏が調査中です。追ってこちらのブログにてご報告いたします。兎に角、祝!アルバム化!

◇取り急ぎ、英文インフォメーションを記載いたします。

George Jackson is one of the legendary names of southern soul. As a songwriter he has been responsible for scores of breathtaking songs the past 50-odd years. He has written beautiful southern soul gems for the likes of Spencer Wiggins, James Carr and Johnny Taylor but has been versatile enough to write 'One Bad Apple' for the Osmonds, 'Old Time Rock and Roll' for Bob Seger and to see his "Only Way Is Up' become a UK number one for Yazz.

As a performer he is revered for his beautifully versatile tenor voice, but his records were released on a variety of labels over a number of years and as such he never achieved anything like the success he should have done. This compilation mixes both released and unreleased cuts from his time in Memphis throughout the middle part of the seventies, and is the first of its kind.

Our release features the three tracks that he cut for Hi Records in 1972 on his return to Memphis. They are the first flowering of a style that he would fully explore over the next six or so years, and include the astounding 'Aretha, Sing One For Me'. To these tracks we bring you all of his released tracks from his time at Sounds Of Memphis Recordings. These were the three singles released via MGM, the super-rare 'Macking On You' which was leased to Chess and the impossible-to-find collectable on ER Music 'Talking About The Love I Have For You' backed with 'I Don't Need You No More' which would set you back £500 if you could ever find one.

Throughout the period that he was at Sounds Of Memphis Jackson also recorded many demos for prospective singles. The rest of our compilation is made up with tracks from this stash such as the glorious 'All In Your Mind' and 'Dear Abby', which was also recorded by Clarence Carter on his 1975 LP. We bring you seven previously unheard masters and all are classic slices of Southern soul.

祝!アルバム化度 ☆☆☆☆☆ | まさに黄金期度 ☆☆☆☆☆ | レーベルを跨いでの奇蹟の編集度 ☆☆☆☆☆ | あるのか!? 未発表音源度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:50:20Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

BOBBY BLAND / CALL ON ME/THAT'S THE WAY LOVE IS 永遠の名作DUKE盤63年作品がグンバツなオリジナル・ジャケットでCD化!

2009-09-14

11675.jpg ボビー・ブランド / コール・オン・ミー (MAGNUM CAT / MC0021)
BOBBY BLAND / CALL ON ME/THAT'S THE WAY LOVE IS (REEL MUSIC / REEL78018)

ボビー・ブランドのDUKEでの63年作品がストレート・リイシュー!彼の作品はなぜかアルバム単体ではあまりリイシューされず、ハイ・センスなジャケット・デザインの数々も埋もれてしまいがち。

またの名をボビー“ブルー”ブランド、出身はテネシー。メンフィスに移った後、地元ゴスペル・グループの在籍や、B.B.キングの付き人等の下積み時代もあり、50年代には多数の名曲を世に送り出した。ブルース、R&B、ソウルの多様なスタイルで超一級の喉を振るわせる、特に50〜60年代のブラック・ミュージックの重要シンガーの一人であることはいうまでもない。

(1)(7)等の名作を始めにスタンダードやブルージーなナンバーを、落ち着いたヴォーカル・スタイルで切々と歌いながらも、攻める時はピリリと辛めで、ディープなシャウトを織り交ぜドラマチックな展開を広げる世界を見せる納得の音源がズラリ!

日本語解説は『ブルースCDガイド』著者、ギタリスト/ブルース評論家、小出斉氏によるボビー愛に溢れた解説でお届けいたします!

収録内容
1. Call on Me
2. The Feeling Is Gone
3. Honky Tonk
4. Cry, Lover, Cry
5. Wishing Well
6. Share Your Love With Me
7. That's The Way Love Is
8. Care For Me
9. No Sweeter Girl
10. Bobby's Blues
11. Ain't It A Good Thing
12. Queen For A Day

黒人音楽名作選度 ☆☆☆☆☆ | 今尚、現役度 ☆☆☆☆☆ | ボビー節炸裂度 ☆☆☆☆☆ | まだまだあります!オリジャケ未CD化アルバム(DUKE盤)のリイシュー切望度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:16:33Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

TOMMY TATE / WHEN HEARTS GROW COLD 英SOULSCAPEから2作目となる彼の作品集は仰天!全20曲未発表音源集!

2009-08-21

11581.jpg TOMMY TATE / WHEN HEARTS GROW COLD (SOULSCAPE / SSCD7019)

SOULSCAPEレーベルがリリースしたTOMMY TATEの前作も貴重な音源が目白押しだったが、2枚目の本作『WHEN HEARTS GROW COLD』は更なるインパクトをもって迎えられることだろう。収録曲20曲の全てが未発表。その内容は彼がライターとしてMALACO他のアーティストへ提供していた曲の自作自演バージョンである。

一部誰にも歌われずにお蔵入りしていた曲もあるようだが、そのほとんどはBOBBY BLANDCANDI STATONJOHNNIE TAYLOROTIS CLAYに歌われた曲の原形というわけだ。80年代から90年代にマスルショールズで録音された音源とのことなので、音の感触としてはGRAPEVINEレーベルのGEORGE JACKSON『IN MUSCLE SHOALS』に近いのではないかと推測する。いずれにせよサザン・ソウル・ファンには是が非にでも手に入れていただきたいCDなのであります。

収録内容およびリリース作品
1. When Hearts Grow Cold
⇒ BOBBY BLAND『PORTRAIT OF THE BLUES』(91年)収録。OTIS CLAY『I'LL TREAT YOU RIGHT』(92年)、CANDI STATON『HIS HANDS』(06年)でカヴァーされている。

2. Out Of Sight, Out Of Mind ⇒ 不明

3. Everything'S Out In The Open ⇒ JOHNNIE TAYLOR『IN CONTROL』(88年)収録。

4. You're Making My Dreams Come True ⇒ 不明

5. Gonna Take My Heart's Advice ⇒ OTIS CLAY『I'LL TREAT YOU RIGHT』(92年)収録。

6. I Can Take You To Heaven Tonight ⇒ BOBBY BLANDの『PORTRAIT OF THE BLUES』(91年)収録。OTIS CLAYが『I'LL TREAT YOU RIGHT』(92年)でカヴァー。

7. Feel the Love ⇒ DOROTHY MOORE『FEEL [THE LOVE』(90年)収録。アルバム・タイトル曲。

8. I've Got To Have Your Love Tonight ⇒ BOBBY BLAND『YEARS OF TEARS』(93年)収録。

9. Lonely Lady ⇒ 不明(BOBBY BLAND?)

10. Ain't No Love For Sale ⇒ BOBBY BLANDの『PORTRAIT OF THE BLUES』(91年)収録。

11. The Woman I Love ⇒ LITTLE MILTON『TOO MUCH PAIN』(90年)収録。

12. Nothing Without Your Love ⇒ 不明

13. Lay Love Aside ⇒ BOBBY BLANDの『MIDNIGHT RUN』(89年)収録。

14. That's Just A woman's Way ⇒ JOHNNIE TAYLOR『JUST CAN'T DO RIGHT』(91年)収録。

15. I Feel So Close To You ⇒ 不明

16. Midnight Run ⇒ BOBBY BLANDの『MIDNIGHT RUN』(89年)収録。

17. You Want Me To Do ⇒ 不明

18. I'm In Too Deep ⇒ 不明(JAMES BRADLEY?ROY C?)

19. Sunday Afternoon ⇒ 不明

20. Uptown Woman ⇒ 不明

Twenty previously unheard tracks recorded at Malaco and Muscle Shoals Sound in the 1980s and 1990s. Some of these songs have been recorded by Johnnie Taylor, Candi Staton, Bobby Bland, Dorothy Moore, Little Milton and Otis Clay but connoisseurs will welcome the chance to hear them performed by Tommy Tate himself.

国立駅前店 ”なんてったってインディ・ソウル”S氏

祝!未発表音源全20曲怒涛度 ☆☆☆☆☆ | 名ソングライターによる名曲の数々度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル愛度 ☆☆☆☆☆ | SOULSCAPEのソウル愛度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 19:06:41Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

LATTIMORE BROWN / NOBODY HAS TO TELL ME SOUND STAGE 7全シングル曲+α(RENEGADEに残されたシングル音源4曲)完全収録!

2009-08-07

11508.jpg ラティモア・ブラウン / ノーバディ・ハズ・トゥ・テル・ミー (クリンク / CRCD3127)
LATTIMORE BROWN / NOBODY HAS TO TELL ME (SOULSCAPE / SSCD7018)

彼、ラティモア・ブラウンの“椅子に座った猫背のとっつぁん”ジャケットのアルバムは、サザン・ソウル・ファンにとっては絶対の一枚。しかし、このアルバムは日本独自の編集盤だと思われがちだが、実はU.S.原盤(SOUND STAGE 7)が存在する。今回はそのアルバム収録曲に、同じくSOUND STAGE 7レーベルに残された全シングル曲+α(RENEGADEに残されたシングル音源4曲)をまとめて収録した、つまりはSOUND STAGE 7音源完全収録という誠に有難いCDなのだ。

改めて聞き返してみたが、彼の歌はソウルフルなだけではなく、曲によっては聴き手の心を和ませる緩さも覗かせる。そんな人懐っこさもこうして彼が愛される理由だろう。本当にいつ聞いても、歌の素晴らしさを実感させてくれる素晴らしいシンガーである。

収録内容
1. I'm Not Through lovin' You
2. I've Got Everything (My Baby Needs)
3. I Know I'm Gonna Miss You
4. Little Back Of Tricks
5. It's Such A Sad, Sad World
6. Shake And Vibrate
7. Cruise On, Fanny (Cruise On)
8. Nobody Has To Tell Me (You Were Meant For Me)
9. It's Gonna Take A Little Time
10. Please, Please, Please
11. Otis Is Gone (Part 1&2)
12. So Says My Heart
13. Every Day I Have To Cry Some
14. Don't Trust No One
15. Bless Your Heart (I Love You)
16. Boo Ga Lu Sue
17. It Hurts Me So Bad
18. Yak-A-Poo
19. I Wish I Felt This Way At Home
20. Sweet Desire
21. I Will

国立駅前店 ”なんてったってインディ・ソウル”S氏

祝!SOUND STAGE 7コンプリー度 ☆☆☆☆☆ | “椅子に座った猫背のとっつぁん”ジャケットはこちら度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 英SOULSCAPE</aただ今、夏休み中!?度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:51:40Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

EDDIE HINTON / VERY EXTREMELY DANGEROUS 祝!マッスル・ショールズの奇蹟に包まれた音楽史上に残る名盤復活CD化!

2009-08-04

11491.jpg エディー・ヒントン / ヴェリー・エクストリームリー・デンジャラス (MAGNUM CAT / MC0020)
EDDIE HINTON / VERY EXTREMELY DANGEROUS (REEL MUSIC / REEL78016)

米国南部、マッスル・ショールズの名うてのセッション・ギターリストであり、白いオーティス・レディングと言われたホワイト・ソウル・シンガーの代表格、エディー・ヒントンがカプリコーン・レーベルから1978年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム「ヴェリー・エクストリームリー・デインジャラス」が待望の再発!

故バリー・ベケット、ジミー・ジョンソン、デヴィッド・フッド、ロジャー・ホーキンスといったマッスル・ショールズ・リズム・セクションがバックを固めた名作中の名作。楽曲の良さが光るうえにオーティスを彷彿させる真っ黒い、ソウルフルな素晴らしいボーカルと鉄壁の布陣によるサウンドが織り成す南部サウンドはソウル・ファンから南部ロック、スワンプ・ロックのファンまでをも満足させてくれます。特にお薦めはオーティスのカバー「シャウト・バマラマ」と「ゲット・オフ・イン・イット」。聞かずに死ねない1枚。

日本語帯・解説付き盤はMASKMANによる資料性のバツグン解説でお楽しみ頂けます!

収録内容
1. You Got Me Singing
2. Concept World
3. I Got The Feeling
4. Shout Bamalama
5. Get Off In It
6. Brand New Man
7. Shoot The Moon
8. We Got It
9. Yeah Man
10. I Want It All

by 酒と車と音楽をこよなく愛するコワルスキーのようなドリフター K氏

祝!名盤復活度 ☆☆☆☆☆ | 白いオーティス度 ☆☆☆☆☆ | 黒も白もない、これぞ南部度 ☆☆☆☆☆ | REEL MUSIC快進撃は続く度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:41:36Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES VOLUME 2 1966-1967 祈願成就!ゴールドワックス・レーベル・コンプリート集第2弾発売決定!

2009-07-09

11356.jpg V.A. / THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES VOLUME 2 1966-1967 (ACE)

祝!待望の『THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES』第2弾がインフォメーション!第1弾(黒汁通信記事はこちら)の発売から、今か今かと待ち望んだ渇望の逸品!リリース順に並べられたその楽曲群はサザン・ソウル・ファンはもちろん、全ソウル・ファンが「嗚呼、ついにこんなコンプリートな形で聴ける時代になったのかぁ〜」と感銘を受ける事、間違いなし!

それではさっそく収録内容のご紹介です。今回はまさに全盛期、1966年から1967年にリリースされた音源をコンパイルした全54曲でお届けいたします!

収録内容
DISC.1
1. YOU'VE GOT MY MIND MESSED UP - James Carr
2. THAT'S WHAT I WANT TO KNOW - James Carr
3. LEANING ON YOU - Yo Yo's
4. I CAN'T FORGET YOU - Yo Yo's
5. HELLO DAUGHTER - Leroy Daniel
6. GONNA COMB YOU OUTTA MY HAIR - Leroy Daniel
7. TRYING TO MAKE IT - Oboe
8. I'M JUST THAT KIND OF FOOL FOR YOU - Oboe
9. HERE IT IS NOW - Gene Bowlegs Miller
10. WHAT TIME YE GOT - Gene Bowlegs Miller
11. I BELIEVE I'LL GO BACK HOME - The Ovations
12. QUALIFICATIONS - The Ovations
13. EVERY LITTLE BIT HELPED ME - Ivory Joe Hunter
14. I CAN MAKE YOU HAPPY - Ivory Joe Hunter
15. LITTLE THINGS - Jeanne Newman
16. AIN'T THAT LONELY - Jeanne Newman
17. TAKE ME JUST AS I AM - Spencer Wiggins
18. THE KIND OF WOMAN THAT'S GOT NO HEART - Spencer Wiggins
19. LOVE ATTACK - James Carr
20. COMING BACK TO ME BABY - James Carr
21. GOTTA FIND A NEW LOVE - Yo Yo's
22. I'VE GOT SOMETHING IN MY EYE - Yo Yo's
23. POURING WATER ON A DROWNING MAN - James Carr
24. FORGETTING YOU - James Carr
25. OLD FRIEND (YOU ASK ME IF I MISS HER) - Spencer Wiggins
26. WALKING OUT ON YOU - Spencer Wiggins
27. YOU DIDN'T KNOW IT BUT YOU HAD ME - George & Greer
28. GOOD TIMES - George & Greer

DISC.2
1. ME & MY IMAGINATION - The Ovations
2. THEY SAY - The Ovations
3. CRYING BABY, BABY, BABY - Percy Millem
4. CALL ON ME - Percy Millem
5. WHEN YOU LOOK IN THE MIRROR - Eddie Jefferson
6. SOME OTHER TIME - Eddie Jefferson
7. DARK END OF THE STREET - James Carr
8. LOVEABLE GIRL- James Carr
9. SAY YOU NEED IT - Barbara Perry
10. UNLOVEABLE - Barbara Perry
11. CRY ME A HANDFUL - Terry's
12. STORMY LOVE AFFAIR - Terry's
13. DON'T YOU BELIEVE HIM - Ivory Joe Hunter
14. WHAT'S THE MATTER BABY - Ivory Joe Hunter
15. HAVE SOME BOOGALOO - Timmy Thomas
16. LIQUID MOOD - Timmy Thomas
17. UPTIGHT GOOD WOMAN - Spencer Wiggins
18. ANYTHING YOU DO IS ALRIGHT - Spencer Wiggins
19. I'VE GOTTA GO - Ovations feat Louis Williams
20. RIDE MY TROUBLES AND BLUES AWAY - Ovations feat Louis Williams
21. THE WIFE OF THE LIFE OF THE PARTY - Kathy Davis
22. YOU CAN DISH IT OUT (BUT CAN YOU TAKE IT) - Kathy Davis
23. LET IT HAPPEN - James Carr
24. A LOSING GAME - James Carr
25. DID SHE ASK ABOUT ME - Carmol Taylor
26. HERE COMES THE FOOL - Carmol Taylor

もう冒頭から稀代の名曲でスタートですからね...これはやはり凄い。今回は速報のみお伝えいたします。発売レーベルや品番(シングル番号)など詳細調査次第、またこちらでご紹介させて頂きます。

祝!コンプリート度 ☆☆☆☆☆ | メンフィス・ソウルの真髄度 ☆☆☆☆☆ | 黄金期度 ☆☆☆☆☆ | 国内盤(Pヴァインさんからの帯・解説付き国内盤仕様)発売あると思います!度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 02:13:55Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

ROY LEE JOHNSON / WHEN A GUITAR PLAYS THE BLUES ディープ・ソウル・ファン悶絶の隠れた好CD化!このヴォリューム!

2009-06-23

11254.jpg ROY LEE JOHNSON / WHEN A GUITAR PLAYS THE BLUES (BEAR FAMILY)

60年代初期ピアノ・レッド(DR.フィールグッド)率いるインターンズに在籍、我が国ではディープ・ソウル・ファンに根強い人気のギタリスト〜シンガーの未発表音源を網羅した30曲入りCD。COLUMBIA音源のタイトル曲はもっとブルース・ファンに認知されても良い屈指のスロー・ブルース、加えてビートルズ・カバーでお馴染みの「Mr.Moonlight」も1曲目に収録という気合いの入りよう。

BEAR FAMILYと言えば丁寧な作りが定評だが、今回も約40ページにわたるライナーにはレア・フォト満載。勿論ソウル・ファンにはお馴染みPHILLIPSのサザン・バラッド含む4曲もばっちり、彼の魅力をトータルに捉え直す絶好の機会が到来しました!!

収録内容
1. Mister Moonlight
2. Love Is Amazing
3. Sea Breeze
4. Black Pepper Will Make You Sneeze
5. Too Many Tears
6. Nobody Does Something For Nothing
7. Busybody
8. I'm So Happy
9. My Best Just Ain't Good Enough
10. Love Birds
11. When A Guitar Plays The Blues
12. Plowing Playboy
13. That's All I Need
14. Slowly I'm Falling In Love With You
15. Two Doors Down
16. Stanback Headache Powder
17. It's All Over
18. Busybody
19. So Anna Just Love Me
20. Boogaloo No. 3
21. Cheer Up Daddy's Comin' Home
22. Guitar Man
23. Can You Handle It
24. Chunk Some Love
25. Take Me Back And Try Me
26. She Put The Whammy To Me
27. Don't Do This To Me
28. Two Wrongs (Won't Make It Right) - Curtis Smith
29. Come Here Baby - Curtis Smith
30. I've Got A Feeling - Curtis Smith

by お茶の水ソウル/ブルース館 A氏

怒涛の収録曲数度 ☆☆☆☆☆ | 「THE GLORIOUS SOUL GEMS」でDR. FEELGOOD & THE INTERNSの紙ジャケCD化実現ならず...夢は叶うか!?度 ☆☆☆☆☆ | 老舗BEAR FAMILY度 ☆☆☆☆☆ | BEAR FAMILYといえば「THE !!!! BEAT」もお買い逃しございませんか?度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:31:04Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

5/20発売 O.V.ライト 紙ジャケ 『O.V.ボックス』 再プレス決定!オリジナル特典 『O.V.ライト秘蔵の肉声インタビュー音源CD-R』 復刻版!

2009-03-20

O.V.ライト

既に買われた方、申し訳ありません。2007年12月、満を持して発売に漕ぎ着け、アッと言う間の完売!でお騒がせしましたサザン・ソウル永遠の宝物 『O.V.ボックス』。あれから1年3ヶ月、全国から 「なぜ、限定だったのだ」 「買い逃してしまった、どうしてくれる!?」 「海外では絶対あり得ない企画なので、いつでも入手できるようすべき」 「せめてもう一度だけ...(涙)」 等々のお叱り、励まし、の声が殺到いたしました。そこで、もう一度だけ ”限定” で発売いたします!

オーティスサム・クック以上に日本では人気の高いまた人生そのものがディープなソウルでもあったO.V.ライトの全盛時代 Backbeat〜ABC(5枚組1964〜1975) に再び涙してください。アルバム未収録の全シングル、「Ace Of Spades」 の全テイク(メルヴィン・カーターまで!)また Gold Wax の名作2 曲と Hi でのデヴュー名作 「Without You」 も収録してあります。奇蹟の再復活!急げ、若者とて時間はないぞ!

〜メーカー・インフォメーションより抜粋


ソウル界永遠の世界遺産に認定!あのO.V.ライト紙ジャケCDボックス 『O.V.ボックス』 が待望の再プレス決定!後世に語り継いでゆかねばの名作が奇蹟的に甦ります!

O.V.ライト / O.V.ボックス

O.V.ライト / O.V.ボックス (Pヴァイン)
完全限定生産 (再プレス) | 紙ジャケット仕様 | CD 5枚組
13,000円(税込)

◇ 収録アルバム
8MEN AND 4WOMEN | NUCLEUS OF SOUL | A NICKEL AND A NAIL AND ACE OF SPADES | MEMPHIS UNLIMITED | TREASURED MOMENTS

こちらがその 『O.V.ボックス』 の全貌!オリジナル盤を再現した紙ジャケット仕様、しっかりと収まりのよい箱に極厚のライナー・ノーツ、音の方も凄いですが、このこだわりの外身も素晴らしい!手にした瞬間の感動たるや!

OVボックス詳細
上段: OVボックスとその中身(紙ジャケ)
下段左: 上から見たOVボックス 下段右: 内箱はこだわりの"OVカット"採用!

◇ ディスクユニオン・オリジナル特典
今回再発売となる 「O.V.ライト / O.V.ボックス」 をお買い上げのお客様に先着で、ディスクユニオン オリジナル特典 『O.V.ライト秘蔵の肉声インタビュー音源CD-R』 復刻版 を差し上げます!

「このO.V.の肉声からディープ・ソウルの信念を感じ取って欲しい。その息遣いに感じ入って欲しい。そしてこのインタビューから6時間後に、あの感動のライヴ・アルバムとして記録された渋谷公会堂での堂々のステージを行ったという事実に、あなたは震えるはずだ!」 by 高地 明氏

※初回特典配布時のオレンジ色のジャケットは付きません。ご了承願います。

奇蹟の再プレスで、もっと多くのソウル・ファン、そしてO.V.ファンが感動してくれることを願いつつ... ご予約受付中!

黒汁だより O.V.ライト 紙ジャケ 『O.V.ボックス』 特集ページ

奇蹟の再プレス度 ☆☆☆☆☆ | 語り継がれるべきソウルの名盤度 ☆☆☆☆☆ | せめてもう一度だけ...(涙)度 ☆☆☆☆☆ | これ股、奇蹟のオリジナル特典 『O.V.ライト秘蔵の肉声インタビュー音源CD-R』 も復刻度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:49:47Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / GOLDWAX NORTHERN SOUL ゴールドワックス新シリーズはノーザン・ソウル集!コンプリート盤VOL.1と合わせてどうぞ!

2009-03-11

10760.jpg V.A. / GOLDWAX NORTHERN SOUL (KENT)

昨日お知らせいたしました英ACEからの待望の発売となる「THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES」と同時発売。英KENTからゴールドワックス音源CD化新シリーズとなる「GOLDWAX NORTHERN SOUL」もインフォメーションされております。さてこちらは文字どおりのノーザン・ソウル集。まぁ、ノーザンといってもゴールドワックス音源ですから。そりゃぁもう、エグいのなんの。

収録内容
1. Let's Talk It Over - Spencer Wiggins [Unreleased] 既発
2. They Say - The Ovations [314]
3. A Losing Game - James Carr [323]
4. Call On Me - Percy Milem [315]
5. Whatcha Gonna Do - Phillip & The Faithfuls [Unreleased] *初出?
6. I Do - The Vel Tones [301]
7. So Hard To Get Along - The Lyrics With The Topnotes [105]
8. To Me It's Storming - George & Greer [Unreleased] *初出?
9. Every Little Bit Helped Me - Ivory Joe Hunter [307]
10. I Ain't Gonna Cheat On You No More - Wee Willie Walker [Unreleased] 既発
11. You Got To Have Soul - George Jackson [Unreleased] *初出?
12. Love Attack - Spencer Wiggins [Unreleased] 既発
13. A Man Is A Mean Thing - Barbara Perry [Unreleased] 既発
14. The Well's Gone Dry - Dorothy Williams [115]
15. That's What I Want To Know - James Carr [302]
16. Qualifications - The Ovations [306]
17. It's My Life - Timmy Thomas [327]
18. I Don't Want To Take A Chance - Wee Willie Walker [329]
19. Now Girl - The Lyrics? [Unreleased] *初出?
20. If You Love Her - Phillip & The Faithfuls [Unreleased] *初出?
21. I Slipped A Little - Percy Milem [Unreleased] 既発
22. Lonely Man - Spencer Wiggins [330]
23. You Ain't Woman Enough - Barbara Perry [Unreleased] 既発
24. Coming Back To Me Baby - James Carr [309]

※[] 内はGOLDWAX盤シングルの番号(一部例外を除く)
(ソウルオン「メンフィス・ソウルの真髄GOLDWAXレコードの全て」より参照)

正式発売曲、そしてVIVID SOUND盤LP、または「THE GOLDWAX STORY」などで過去発表されたアンリリースドも多数ございますが、何曲か「初出か?」と思われるものが数曲。(5)(8)(11)(20)がそれですが、要調査です。GEORGE JACKSON、今度こそは本当に彼ですかッ!?(先頃発売された「PLAY THE GAME: THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY VOL.2」の1曲目が、彼の未発表であると発表されたものの、実は彼ではない???疑惑が。その後発売された「MASTERPIECES OF MODERN SOUL VOL.2」にも同曲が収録されたが、そこでは"Unknown Artist"と記載された。)

まさか2タイトルも一気にゴールドワックス音源作品がリリースされるとは、いやはや感服。どれだけ待ち遠しいことでしょうか。でも、それはすぐにやってきます。乞うご期待!

ゴールドワックス音源作品一挙2タイトル度 ☆☆☆☆☆ | エグみノーザン度 ☆☆☆☆☆ | 未発表は初出ありか?度 ☆☆☆☆☆ | さらなる期待膨らむシリーズ化度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 01:54:03Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES VOLUME 1 1962-1966 祈願成就!ゴールドワックス・レーベル・コンプリート集発売決定!

2009-03-10

10751.jpg V.A. / THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES VOLUME 1 1962-1966 (ACE)

凄い世の中になったものです...小生がソウル・ミュージックを聴きはじめた頃には、こんな音源たちはまさに高嶺の花だったのに。かつてヴィヴィッド・サウンドより発売されていたLP/CD諸作を擦り切れるほどに聴き漁り、壊れるほどに抱きしめていたあの頃が懐かしい...と、感慨に耽っている場合ではございません。出ます!出てしまいます!そうです!「THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES」シリーズ、いよいよ発売決定です!

KENTからGOLDWAX音源CD化スタートとしてあのJAMES CARR、そして「THE GOLDWAX STORY」が発売されたのが2001年。あれから早8年が経過しようとしている。誰もが期待に胸を膨らませたハズ。「コンプリート盤は出るのか?」「未発表はあるのか?」と。後者は各々のアーティスト名義でのCD作品で少しづつではあるが、発表されている。そして残る期待は「コンプリート盤は出るのか?」であった。そして、ついにここに祈願成就なのであります。

リリース順に並べられたと思わしき全58曲。1966年、番号で言うところの301番までのシングル・コンプリートとなった今回の第一弾。小生の記憶もだいぶ劣化中故、ここは若かりし頃に友人であり同僚のI氏にコピーさせて頂いた「ソウルオン」の特集「メンフィス・ソウルの真髄 GOLDWAXレコードのすべて」を紐解くことにしよう。ということで、ざっとネットでの情報も交えて番号を記載してみました。

収録内容
DISC.1
1. Big Bad Jon The Twister - Jon Kennedy [?]
2. Pop-Eye Time - Jon Kennedy [?]
3. A Thousand Vows - Bobby McDowell [BINGO 1001?]
4. A Gal Named Jo - Bobby McDowell [BINGO 1001?]
5. Tradin'Stamps - Oboe (O.B. McClinton) [Savoy 1619]
6. Mother-In-Law Trouble - Oboe (O.B. McClinton) [Savoy 1619]
7. Darling - The Lyrics [910/101]
8. How A Woman Does Her Man - The Lyrics [910/101]
9. The Day The World Cried Part 1 - Oboe (O.B. McClinton) [102]
10. The Day The World Cried Part 2 - Oboe (O.B. McClinton) [102]
11. The Greasy Frog - Jeb Stuart [BINGO 1001]
12. Will I Ever Be Free - Jeb Stuart [BINGO 1001]
13. Our Last Quarrel - Bobby McDowell [103]
14. These Ain't Raindrops - Bobby McDowell [103]
15. Too Slow - Oboe (O.B. McClinton) With The Keys [104]
16. She's Better Than You - Oboe (O.B. McClinton) With The Keys [104]
17. The Side Wind - The Lyrics With The Top Notes [105]
18. So Hard To Get Along - The Lyrics With The Top Notes [105]
19. That's How Strong My Love Is - O.V. Wright With The Keys [106]
20. There Goes My Used To Be - O.V. Wright With The Keys [106]
21. I Can't Fight This Much Longer - Eddie Bond [107]
22. Now and Then - Eddie Bond [107]
23. Only Fools Run Away - James Carr [108]
24. You Don't Want Me - James Carr [108]
25. Love Me - Phillip & The Faithfuls [109]
26. Rhythm Marie - Phillip & The Faithfuls [109]
27. Spoonful - The Playboy Five [?]
28. What Am I Living For - The Playboy Five [?]
29. Pretty Little Angel - The Ovations feat. Louis Williams [110]
30. Won't You Call - The Ovations feat. Louis Williams [110]

DISC.2
1. Toddlin' - Gene 'Bowlegs' Miller [111]
2. Bow Legged - Gene 'Bowlegs' Miller [111]
3. I Can't Make It - James Carr [112]
4. Lover's Competition - James Carr [112]
5. Arabian Jerk - The Merits [Bandstand USA ?]
6. Please Please Little Girl - The Merits [Bandstand USA ?]
7. It's Wonderful To Be In Love - The Ovations feat. Louis Williams [113]
8. Dance Party - The Ovations feat. Louis Williams [113]
9. Ohio Bound - Big Lucky Carter [114?]
10. Hurricane Blues - Big Lucky Carter [114?]
11. The Well's Gone Dry - Dorothy Williams [115]
12. Country Style - Dorothy Williams [115]
13. Every Woman I Know (Is Crazy Bout Automobiles) - Al Vance [116]
14. Have You Seen Jean - Al Vance [116]
15. What Do You Think About My Baby - Spencer Wiggins [Bandstand USA 1004]
16. Lover's Crime - Spencer Wiggins [Bandstand USA 1004]
17. I'm Living Good (version 1) - The Ovations feat. Louis Williams [117]
18. Recipe For Love - The Ovations feat. Louis Williams [117]
19. Love Works That Way - Spencer Wiggins [118]
20. I'll Be True To You - Spencer Wiggins [118]
21. She's Better Than You - James Carr [119]
22. Talk Talk - James Carr [119]
23. My Motorbike Balked - The Lamars [120]
24. Patsy - The Lamars [120]
25. Don't Cry - The Ovations [300]
26. I Need A Lot Of Loving - The Ovations [300]
27. Darling - The Vel Tones [301]
28. I Do -The Vel Tones [301]

※[] 内はGOLDWAX盤シングルの番号(一部例外を除く)
(ソウルオン「メンフィス・ソウルの真髄GOLDWAXレコードの全て」, サイト「GOLDWAX RECORDS - MEMPHIS, TENNESSEE」より参照)

いやはや、こうやってその音を聴きながら歴史を振り返っていくこの瞬間の楽しいこと、楽しいこと。それが素晴らしい音楽であれば、なおさらです。ひとつのローカル・マイナー・レーベルが今もこうして我々を奮い立たせてくれるなんて。やっぱりソウルはシングル盤なのであり、曲なのだな、とあらためて気付かされた次第です。

そしてやはり気になるライナー・ノーツ。最高の仕事をしてくれる英ACE。今作でももちろん完璧な仕事っぷりを披露してくれるでしょう。皆さまもこのメンフィス・ソウルの真髄である”ゴールドワックス”の謎、そしてその全貌を、この2枚組作品とともに紐解いてみてはいかがでしょうか?

祝!コンプリート度 ☆☆☆☆☆ | メンフィス・ソウルの真髄度 ☆☆☆☆☆ | やはり気になる続編も楽しみ度 ☆☆☆☆☆ | 国内盤(Pヴァインさんからの帯・解説付き国内盤仕様)発売あるみたいです!度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 01:18:46Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

SYL JOHNSON / MS. FINE BROWN FRAME シカゴ・ファンキー・ソウルの達人による骨太ダンス・クラシックス・アルバム再CD化!

2009-02-26

10688.jpg SYL JOHNSON / MS. FINE BROWN FRAME (FTG RECORDS)

DE LA SOULEPMDBOOGIE DOWN PRODUCTIONS他、幾多のヒップホップ系アーティスト達にサンプリングされまくったJ.B.スタイルDEEP FUNK定番ネタ「Different Strokes」のオリジネーターとして有名なファンキー・ソウルの達人、シル・ジョンスン。70年代は激渋ヴォーカル・スタイルで、アル・グリーンO.V.ライト等と共にHIレーベルを拠点にメンフィス・ソウルの繁栄を支えた一人でもあるシルが、時代を読んでか読まずか、82年L.A.のマイナー・レーベルであるBOARDWALKから発表したハイ・テンション・アルバムが久々の登場。

かつて国内P-VINE社によってCD化されていましたが既に廃盤、ここ数年続く、若いディガー達のシル再評価の波に加え、折りからの80'sダンクラ・リリース・ラッシュに後押しされ、ようやくの再CD化です。

収録曲
1.Ms. Fine Brown Frame
2.Keep On Loving Me
3.They Can't See Your Good Side
4.Groove Me
5.Sweet Thing
6.You Don't Have To Go
7.It Ain't Easy

冒頭の12インチ・シングル・カットされていたタイトル曲「Ms. Fine Brown Frame」は、下半身直撃チョッパー・ベースと、ビートを引きずる様に重めのスネアに無理やり腰をぐいぐい振らされる、今も人気のファンキー・ディスコ・チューン。閉めの「It Ain't Easy」はRZA「My Lovin' Is Digi」ネタ、チョーキングの効いたギターとブルース・ハープが印象的なスロウ・ブルース。時代を感じさせる髪型と水着の80's美女ジャケが災いし、食わず嫌い、聴かず嫌いの対象になり易いアルバムの代表格ではありますが、時代を超え、当時のアナログ盤が、愛され、使われ、聴かれ続けている1枚なのです。

骨太なダンス・トラックの合間に、いかにもなシカゴ・シャッフル・ブルースや、どディープなバラッドが挟み込まれる構成がいかにも傍若無人なこの人らしく、王道ソウル・ファンのバイブルである某ガイド本では、"ストリートな感覚とブルースが雑居した不思議なアルバム"との曖昧な評価なのですが、ブルースもソウルもディスコも全て丸呑みがシル流、時代も世代も超えて評価される所以、どっぷり黒い感覚に浸りたいならまず外せないのは間違いありません。

by ソウル/ブルースWEB K氏(恩師)

祝!再CD化(海外お初)度 ☆☆☆☆☆ | ディープ80's度 ☆☆☆☆☆ | 汁度 ☆☆☆☆☆ | 初春のFTG RECORDSリリース・ラインナップ続々と度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 10:17:00Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

BIG JOHN HAMILTON / ARE YOU HAPPY WITH HIM 後期MINARET&未発表14曲!? 2009年最初のSOULSCAPE新作はなかなかすごい逸品の予感!

2009-02-23

10670.jpg BIG JOHN HAMILTON / ARE YOU HAPPY WITH HIM (SOULSCAPE)

MINARET、S.S.S.から67年〜71年に発表されたシングル集『HOW MUCH CAN A MAN TAKE』SUNDAZEDからアルバム化され、ようやく容易にその歌声を堪能することができるようになったナッシュビルを代表するディープ・シンガー、BIG JOHN HAMILTON。それ以前はPヴァインがLPで『ディープ・ソウル・クラシックス VOL.2』(PLP-333)と題してDORIS ALLENとの連名でアルバム化されていただけで、彼のようなシングル盤しかリリースしていないシンガーが今、こうしてアルバムとしてCD化されることは、なんという素晴らしいことなのだろうか...と感慨深いものがありました。(その際の記事

さてそんな中、あの英国のソウル本舗、SOULSCAPEからBIG JOHN HAMILTONの作品集がリリースされるとのインフォメーションが届いた。おや?だって前述のSUNDAZED盤『HOW MUCH CAN A MAN TAKE』で、彼のシングルのほとんどは網羅されていますよね?んんっ?も、もしかして未発表ですかっ!?

収録内容
1. Temoporary Love
2. Angel
3. Free Me
4. I Got To Get Myself Somebody
5. Show Me Your Love
6. Are You Happy With Him
7. Give Me Some Of Yourself
8. Love Comes And Goes
9. I'll Just Keep On Loving You
10. After Loving You
11. Tender Side Of Me
12. Old Man Bad Luck (Got Hits Cuffs On Me)
13. On Our Way Home
14. Soul Socking Thing
15. I Want My Baby Back
16. Creole Lady
17. Every Time You Touch Me
18. Rainy Day Lover
19. Country And The Blues
20. Help Me Make It Through The Night
21. Kiss The Hurt Away

インフォメーションによると、DORIS ALLENとのデュエットも含む全21曲。そして驚くなかれその内の14曲が未発表との記載があるではありませんか!? 調べたところ、数曲はMINARETの後期7000番台でリリースされたシングル曲を収録しているが、他の楽曲は要調査なものばかり。前述のSUNDAZED盤『HOW MUCH CAN A MAN TAKE』にも、Pヴァイン版LP『ディープ・ソウル・クラシックス VOL.2』にも、さらにはSUNDAZED盤MINARETコンピレーション『FINE TIME!: SOUTH SIDE OF SOUL STREET』にも未収録の楽曲たちである。

GARYさん、2009年早々、トンでもないものをリリースしてくれますね。今年も色々と期待してしまってよろしいでしょうか?詳細は入荷後の調査にて!

驚愕の未発表14曲!?度 ☆☆☆☆☆ | しかし、やはりこの写真しかないのですね、彼...度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル・バラー度 ☆☆☆☆☆ | 2009年もSOULSCAPEはディープやります度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:24:56Comments(3)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

CANDI STATON / WHO'S HURTING NOW? ソウル界完全カムバック第ニ弾!衰えを知らぬその歌声、そして絶妙なサウンドと楽曲!

2009-02-16

10624.jpg CANDI STATON / WHO'S HURTING NOW? (HONEST JONS)

良いメロディ、良いアレンジ、良いプロデュース、そしてもちろん良いシンガーが揃いさえすれば、サザン〜ディープ・ソウルの表現方法は決して過去のものでなく、優れたコンテンポラリーR&B作品を創り上げる事が出来ると証明して見せた、06年の名作『HIS HANDS』から2年...ソウル界完全カムバック第二弾となるアルバムが登場。

衰える事のないキャンディの歌唱を支えるプロデューサーは、前作同様、アコースティック、ルーツ・トラディショナルな音創りには定評あるMARK NEVERS。温かく深みのあるスネアのショット音、空気感たっぷりの生のホーン隊やコーラス陣、渋く枯れ歪んだギター等、60年代マッスル・ショールズ、フェイム・サウンドをきっちり継承しながら、レイドバックやノスタルジーという罠に落ち込む事なく、実に丁寧に普遍的な音を録るという意味での、現代的なアプローチ。

この二年の間も別プロジェクトでゴスペル・アルバムを発表していた主役キャンディのVO.も、得意の陰影ある物悲しげなサザン・バラッドをメインに、"喉も女もまだまだ現役"を濃密にアピールするファンキー・チューンを交え、浮き沈みの激しいこの世界で生き残って来たシンガーの、地力とプライドをまざまざと見せつけ、いや聴かせつけてくれます。

めったに言いません...必聴!!

by ソウル/ブルースWEB K氏(恩師)

収録内容
1. Breaking Down Slow
2. Who's Hurting Now
3. I Feel The Same
4. Mercy Now
5. I Don't Know
6. Lonely Don't
7. Get Your Hands Dirty
8. Dust On My Pillow
9. Cry Baby Cry
10. I Don't Want For Anything
11. The Light In Your Eyes

CANDI STATON official HP
CANDI STATON myspace

祝!新作度 ☆☆☆☆☆ | 名曲多し度 ☆☆☆☆☆ | サウンドの妙味度 ☆☆☆☆☆ | 喉も女もまだまだ現役度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 16:44:10Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

O.V.WRIGHT / MEMPHIS UNLIMITED 祝!O.V.ライトのサザン・ソウル名作LP単独プラケース仕様で初CD化!

2009-01-16

10462.jpg O.V.WRIGHT / MEMPHIS UNLIMITED (REEL MUSIC)

昨年の春頃より始動したUS新鋭レーベル、REEL MUSICから驚きの一枚がインフォメーションされた。KIM TOLLIVERYVONNE FAIRBETTYE LAVETTEの流れからして「もしや女性物リイシュー専門レーベル?」などと勘繰っておりましたが、いきなりNO.1男性シンガーを引っさげて参りました。そうです!O.V.WRIGHTの屈指の名作「MEMPHIS UNLIMITED」が、単独プラケース仕様で初CD化となります!

'07年暮れを大いに盛り上げた「O.V.ボックス」から早一年。アッという間の完売〜入手困難な状況に、新たにサザン・ソウルの扉を開く若い世代にこの名盤なくして、どうやってこのディープ具合を伝えるべきか?と、頭を悩ませていたのですが(もちろんベスト盤「ベスト・オブ・O.V.ライト」がベターなワケですが)、ようやくオリジナル・アルバムで薦められます。ホッとひと安心。

収録内容
1. I've Been Searching
2. Nothing Comes To A Sleeper
3. The Only Thing That Saved Me
4. He's My Son (Just The Same)
5. You Must Believe In Yourself
6. Lost In The Shuffle
7. I'd Rather Be Blind,Cripple,And Crazy
8. Please Forgive Me
9. Are You Going Where I'm Coming From
10. Ghetto Child
11. Memory Blues
12. I'm Going Home (To Live With God)

73年作。アルバムとしては、まさにベスト・オブ・サザン・ソウルの作品でしょう。多くを語ることすら恐れ多いほど。この歌はぜひオリジナルLPで味わって欲しいものですが、まずはこの名作が入手しやすくなったということを、心から感謝しつつ。ボックス持っていても、何故だか欲しくなってしまうなぁ〜。

祝!海外初CD化度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 名作度 ☆☆☆☆☆ | REEL MUSIC、今年の動きはさらに要チェック度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 01:23:28Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

ROSCOE ROBINSON / WHY MUST IT END 祝!65〜69年のGERRI/SOUND STAGE 7音源アルバム化!英SOULSCAPE今年最後の緊急入荷!

2008-12-16

10321.jpg ROSCOE ROBINSON / WHY MUST IT END (SOULSCAPE)

先頃、当ブログにてELLA WASHINGTONの紹介の際、「本年最後の英SOULSCAPE発売インフォメーション」と書きましたが訂正!緊急インフォ&緊急入荷いたしております!本年、これで本当に最後の英SOULSCAPEリリース!ROSCOE ROBINSONの65〜69年のGERRI/SOUND STAGE 7音源集!

何せ急なオファーな上、急なリリースだったものでして...これはしっかりと調べる必要がありそうですが、同じくGERRIの音源を一部収録(PAULAでの再録音か?)したPヴァイン盤CD「ヘヴンリー・ソウル・ミュージック〜ザ・ジュウェル/ポーラ・レコーディングス」に収録されているのが(1)(2)(12)の3曲のみ。他は「SOUND STAGE 7 STORY」でも(4)(11)の2曲のみが重複と、これは同時期の決定版CDとして間違いなさそうです。

収録内容
1. One More Time
2. That's Enough
3. Darling, Please Tell Me
4. Why Are You Afraid
5. Let Me Know
6. One Bo-Dillion Years
7. Fox Hunting On A Weekend
8. You Don't Move Me No More
9. Why Must It End
10. How Many Times Must I Knock
11. I'm Burning And Yearing (For You)
12. Standing In The Safety Zone
13. You're All I Need
14. My Pride Won't Let Me
15. Don't Forget The Soldiers (Fighting In Vietnam)
16. Tis Yuletide
17. That's It
18. In Time You'll See
19. Leave You In The Arms Of Your Other Man
20. Oo We Baby I Love You

前述のELLA WASHINGTON、そしてSAM BAKERと同様、JOHN RICHBOURGのプロデュースによるSOUND STAGE 7音源、そしてシカゴとバーミンガム録音(「BIRMINGHAM SOUND: THE SOUL OF NEAL HEMPHILL」にはその未発表を収録)によるGERRI音源。どちらも甲乙つけ難い!否!何よりもロスコー自身のこの歌声です。

名著「楽ソウル」によりますと、GERRIからリリースされたシングルは4枚。その全8曲は完全収録。しかし、著者の佐野氏も未入手という「Just Ask The Lonely (Gerri 1001)」という盤も存在するらしいですが、CDには惜しくも未収録。今回のGERRI音源のCD化のライセンス先がROSCOE ROBINSON本人ですので、これはまさに幻の一曲なのでしょう。SOUND STAGE 7の方はシングルは5枚リリースされており、その全10曲を完全収録。となると、残された2曲(13)と(14)は一体???

今年の最後に飛び込んできたサザン・ソウル・ファンへの贈り物。前述「ヘヴンリー・ソウル・ミュージック〜ザ・ジュウェル/ポーラ・レコーディングス」と合わせて聴けばもう、ロスコーの虜です。今年も本当に有難うございました!SOULSCAPE

参考HP: The Soul of the Net's Roscoe Robinson Discography

祝!65〜69年アルバム化度 ☆☆☆☆☆ | 緊急入荷度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル・ファン悶絶度 ☆☆☆☆☆ | 来年もサザン系でお願いします、英SOULSCAPE度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 21:13:14Comments(3)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

FACTS OF LIFE / JUST THE FACTS: THE COMPLETE KAYVETTE RECORDINGS 1975-1978 祝!単独CD化初!LP2枚とシングル網羅!

2008-12-10

10285.jpg FACTS OF LIFE / JUST THE FACTS: THE COMPLETE KAYVETTE RECORDINGS 1975-1978 (KENT)

2009年の英KENTは本気です。(いや、常に本気だとは思いますが...)昨日お伝えいたしましたOVATIONSのオリジナルLPの2イン1仕様CD化「HOOKED ON A FEELING + HAVING A PARTY」と同時リリースとなるのがこちらのFACTS OF LIFEの世界初初CD化(単独名義/コンピレーションなどでは数曲CD化済みと思われます。)です!いや、サザン・ソウル・ファンには願ってもない2作品が一挙に出てしまうのです。

さてこのFACT OF LIFE。ご存知のとおりあのMILLIE JACKSONが送り出した実力派グループ。メンバーにはあのTYRONE DAVISの実妹JEAN DAVIS、さらにソロでシングル・リリースもあるCHUCK CARTER、そしてMILLIEの友人だったKEITH WILLIAMSの3人。レーベルはTK傘下のKAYVETTEということで、CD化されていてもおかしくないグループだったわけですか、何故かこれまで不遇の未CD化。このあたりに目を付けてくるところが、やはり流石な英KENTたる所以ですね。

収録内容
DISC.1
1. SOMETIMES
2. CAUGHT IN THE ACT (OF GETTIN' IT ON)
3. BITTER WOMAN
4. LOST INSIDE OF YOU
5. LOOKS LIKE WE MADE IT
6. A HUNDRED POUNDS OF PAIN
7. UPHILL PEACE OF MIND
8. WHAT WOULD YOUR MAMA SAY
9. GIVIN' ME YOUR LOVE
10. THAT KIND OF FIRE
11. LOVE IS THE FINAL TRUTH
12. IF YOU CAN GIVE, YOU CAN GET
13. L-O-V-E

DISC.2
1. DID HE MAKE LOVE TO YOU? (ALBUM VERSION)
2. WE CAN'T HIDE IT ANYMORE
3. HE AIN'T YOU
4. DO YOU WANNA MAKE LOVE
5. I'M WAY AHEAD OF YOU
6. YOU ALWAYS GET YOUR WAY
7. IT'S ONLY A MATTER OF TIME
8. THIS AIN'T NO TIME TO SLEEP APART
9. DR FEELGOOD
10. DID HE MAKE LOVE TO YOU? Pts 1 & 2 (SINGLE VERSION)

DISC.1の(1)〜(11)がファースト・アルバム「SOMETIMES」('77)、DISC.2の(1)〜(8)がセカンド・アルバム「A MATTER OF FACT」('78)に収録の楽曲で、残りの4曲がシングル・オンリーということになる。いやぁ、実に嬉しいCD化。英KENTさん、2009年はサザン・ソウル年でしょうか!? 期待しちゃってよかですか?

SOMETIMES ('77) A MATTER OF FACT ('78)

左: 「SOMETIMES」 (77年作) KAYVETTE
右: 「A MATTER OF FACT」 (78年作) KAYVETTE

祝!CD化度 ☆☆☆☆☆ | アルバム2枚ドド〜んと度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル列伝度 ☆☆☆☆☆ | 英KENTサザンっぷり度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:13:16Comments(1)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

OVATIONS / HOOKED ON A FEELING + HAVING A PARTY 廃盤CD復活!なんと贅沢な2イン1!紙ジャケで欲しかった!? いえいえ、ひとまず祝!

2008-12-09

10280.jpg OVATIONS FEATURING LOUIS WILLIAMS / HOOKED ON A FEELING + HAVING A PARTY (KENT)

祝!廃盤CD復活!'05に「THE GOLDWAX RECORDINGS」、そして今年の春に「ONE IN A MILLION: THE XL/SOUNDS OF MEMPHIS RECORDINGS」を届けてくれた英KENTからの2009年最初のリリースはコレだ!OVATIONSのSOUNDS OF MEMPHISからリリースされた「HOOKED ON A FEELING」、そしてMGMからリリースされた「HAVING A PARTY」の2枚のオリジナル・アルバムを贅沢な2イン1仕様で再CD化!

もちろん海外は初CD化。我が国、日本では89年〜90年代初期にPヴァインさんより各々、CD化されていました(PCD-1310/PCD-1203)が、今や廃盤入手困難状態。こんな名盤を新たなソウル・ファンに聴いてもらえないのは、実に悔しかったのですが、これでようやくひと安心といったところでしょうか。

収録内容
1. HOOKED ON A FEELING
2. I CAN'T BE SATISFIED
3. ONE IN A MILLION
4. TAKE IT FROM ONE WHO KNOWS
5. MEDLEY: WERE YOU THERE?/TOUCH THE HEM OF HIS GARMENT
6. SO NICE TO BE LOVED BY YOU
7. TOUCHING ME
8. DON'T BREAK YOUR PROMISE
9. MR RIVER
10. YOU'LL NEVER KNOW
11. HAVING A PARTY
12. YOUR LOVE IS LIKE A SONG TO ME
13. BORN ON A BACK STREET
14. MY NEST IS STILL WARM (MY BIRD IS GONE)
15. YOU SEND ME
16. UNDER THE BANANA TREE
17. DON'T LOOK BACK
18. I CAN'T BELIEVE IT'S OVER
19. A CHANGE IS GONNA COME

残念ながらPヴァイン盤「ハヴィング・ア・パーティ」(PCD-1203)に収録されていた3曲のボーナス・トラックは収録されないようです。LPの収録曲をそのままの全19曲。内容は言わずもがなのLOUIS WILLIAMS、これに尽きます。ゴールドワックス期のような、ディス・イズ・サザン・ソウルという味わい深い荒さとは違った、洗練されたサザン・ソウル。そこにLOUIS WILLIAMSの歌声が。やはりすばらしいのであります。

そして、絶賛開催中の「顔黒ACE BOX」の対象商品!この機会にぜひともどうぞ!

黒汁だより 驚きの黒さ!ACE RECORDS & disk union プレゼンツ 「顔黒ACE BOX」 プレゼント 特集ページ

祝!再CD化度 ☆☆☆☆☆ | 気になる音質〜リマスター具合度 ☆☆☆☆☆ | 実は紙ジャケで欲しかった...度 ☆☆☆☆☆ | '09年も英KENTさん、よろしくお願いします度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:39:25Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

ELLA WASHINGTON / HE CALLED ME BABY 驚愕の全28曲!彼女の黄金期であるSOUND STAGE 7音源集!未発表も収録か!?

2008-11-11

10098.jpg ELLA WASHINGTON / HE CALLED ME BABY (SOULSCAPE)

今年もありがとうございます、英SOULSCAPE。そして、本年最後の英SOULSCAPE発売インフォメーション。好評発売中の前作SAM BAKER「I BELIEVE IN YOU」に続く、JOHN RICHBOURGのプロデュースによるSOUND STAGE 7音源シリーズ第2弾!サザン・ソウルの歌姫、ELLA WASHINGTONのSOUND STAGE 7音源集!

彼女がSOUND STAGE 7からリリースした珠玉のサザン・ソウル・シングル10枚をほぼ網羅(完全収録と思われますが、要調査)し、さらにやっぱりあったのか!? な未発表音源を多数収録予定!これはSAM BAKER同様、国内LPヴィヴィド盤、さらには英CHARLY盤LP「NOBODY ME」(これまでの彼女の決定版)を越えてしまったか!?

収録内容
1. I Can't Afford To Lose Him
2. Starving For Love
3. I Done Made It Up In My Mind
4. He Called Me Baby
5. You're Gonna Cry, Cry, Cry
6. Stop Giving Your Man Away
7. The Affair
8. I Want To Walk Through This Life With You
9. Fragile (Handle With Care)
10. Doing The Best I Can
11. Sweeter And Sweeter (Ray, Ray, Ray)
12. All The Time
13. This Bitter Earth
14. Sit Down And Cry
15. He'll Be Back
16. I Don't Care About Your Past
17. It Must Be Love
18. Too Weak To Fight
19. If Time Could Stand Still
20. Nobody But Me
21. I'm Losing The Feeling
22. Mission (That's Feeling)
23. What A Fool I've Been (For Loving You)
24. Deeper
25. I've Got To Have You (It's All Over)
26. Pride
27. We Paid The Price
28. You Got It

驚愕の全28曲!ヒット曲"He Called Me Baby"をはじめ、彼女の魅力、サザン・ソウルの心に満ち溢れた作品群であります。2008年、最後もやはり締めてくれました、英SOULSCAPE〜GARY J. CAPE氏。また来年、2009年も何卒、宜しくお願い申し上げます。

祝!完全版度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル歌姫度 ☆☆☆☆☆ | 「SOUND STAGE 7 STORY」から予測するに、次のSOULSCAPEは...?度 ☆☆☆☆☆ | 2009年も往年のサザン〜ディープ・ソウルをお願いします度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:11:41Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / TAKE ME TO THE RIVER: A SOUTHERN SOUL STORY 1961-1977 英KENTの総力結集!ディープ・ソウル・コンピレーション決定版!

2008-10-03

9936.jpg V.A. / TAKE ME TO THE RIVER: A SOUTHERN SOUL STORY 1961-1977 (KENT)

実際に現物が届くまでお伝えできなかったこの逸品。事前に大袈裟に煽っておいて、実際ブツが到着したら「あれ?」なんてことになったらもう、それはそれはディープ・ソウルの神様に叱られるってものですから... と、恐れていたわけでして、ご紹介が遅れました。そして、申し訳ございません!英KENT様!貴方たちがそんな中途半端な作品を作るハズがありませんものねッ!信じていち早くご紹介すべきでした!

そんなワケでして、本日到着いたしました!英KENTがレーベルの総力を上げてお届けする渾身の逸品「TAKE ME TO THE RIVER: A SOUTHERN SOUL STORY 1961-1977」いよいよ発売です!それではさっそく気になるCD3枚組みボックス・セットの仕様を見てみましょう。

TAKE ME TO THE RIVER: A SOUTHERN SOUL STORY 1961-1977

いかがですか!? この重厚な造り... そして厚紙ブック仕様の間に挟まれたのは、なんと!驚くなかれ!全ページ・フルカラーによる71ページにもおよぶ極厚ブックレットによるライナー・ノーツ(写真右上の真ん中ら辺、TONY BORDERSの写真がこっそり見えております)!シンガーたちの貴重な写真も豊富に掲載され、さらにはシングル盤のラベルなども掲載。そして読み応え十二分のライナー本文。はっきり申し上げまして、こんな仕事、彼ら英KENTにしか出来ません。

そして肝心の収録内容も素晴らしい。酸いも甘いも知り尽くした英KENTらしいディープ・ソウルの名曲を全75曲。レア、高い、珍しいといった"物欲"を抜きにした、これぞディープ・ソウル!と呼べる楽曲群。OTIS REDDINGWILSON PICKETTOSCAR TONEY JRDON BRYANTBILL BRANDONCANDI STATONPAUL KELLYSPENCER WIGGINSSAM DEESQUIET ELEGANCE...枚挙にきりなし。(全収録曲はこちら

写真左下の収納ケースにスッポリと収められたこの厚紙ブック仕様の内部を引き出す瞬間の感動たるや...すべてのディープ・ソウル・ファンに夢と感動を与える、ディープ・ソウル完全版。お買い逃しのございませぬよう!

・解説付国内盤仕様はPヴァインから10/17に発売となります。

ディープ・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 家宝度 ☆☆☆☆☆ | 情報量度 ☆☆☆☆☆ | 完全版度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:40:13Comments(0)TrackBack(1) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

DELIA GARTRELL / STARTING A MOVEMENT あのMIGHTY HANNIBALの奥方様シングル音源集!60's・ジョージア・ディープ・レディ解禁!

2008-09-29

9920.jpg DELIA GARTRELL / STARTING A MOVEMENT (MY RECORD KOMPANY)

またの名をDEE DEE GARTRELLと言う。日本のうるさ方、ディープ・ソウル・ファンをも唸らせる、ジョージア・ベースのディープ・シンガーDELIA GARTRELLをご存知でしょうか?

旦那のMIGHTY HANNIBAL(JAMES SHAW)との二人三脚で、シングルを幾つかリリースをしているが、残念ながらどれもレア盤に甘んじている。どっこい、音を聴いてみると全体的に日本人が好みそうなディープな音源が多いように感じ、特に(2)は圧巻で熱く、ダイナミックなグレイト・サザン。(4)素晴らしくムードのある秀作で、タイトル通りの相手を思いやる気持ちが歌を通して実に伝わってくるではないか!

(3)(5)等のファンキーなダンス・ナンバーも力強く、決して荒くない。時折、SHARON JONESを思わせる歌いまわしも感じさせるが、日本人は恐らくDELIAに軍配を上げてしまうのでは。アルバム全体を通しても決して飽きることなくバランスの良い作品。また1枚、貴重なシングル音源がCD化で解禁です!

収録内容
1. I've Been Loving You Too Long
2. Make Me Say It Again
3. Second Hand Love
4. Would It Break Your Heart
5. If You Got What It Takes
6. Starting a Movement
7. See What You Done Done (Hymn No. 9)
8. Fight Fire With Fire
9. Beautiful Day

by 営業部 H氏

ジョージア度 ☆☆☆☆☆ | ディープ・レディ度 ☆☆☆☆☆ | まさかの現役度 ☆☆☆☆☆ | 新作も期待度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:28:39Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

JIMMY HUGHES / BEST OF JIMMY HUGHES 歴史が再び動き出す...FAMEが30年以上の時を経て復活!

2008-09-20

9877.jpg JIMMY HUGHES / BEST OF JIMMY HUGHES (EMI/FAME)

来年には創立50周年を迎えるMOTOWN、サザン・ソウルの殿堂、STAXの再始動、他にもメジャーやマイナー問わず、大小合わせて様々なソウル・レーベルがリイシュー=発掘作業を本格化させている本国の米ソウル・シーン。引き継がれてゆくソウル・ミュージック。現在のアーティスト達が往年のソウル・ミュージックへのリスペクトを、その作品で表現してゆく。

JOSS STONEの登場と成功、RAPHAEL SAADIQのソウル・アルバム発表、AL GREENの新作におけるプロデュースはヒップホップ界で第一線で活躍するROOTSの?UESTLOVEとJAMES POYSERであったり、SAM MOORECANDI STATONといった大御所がメジャーでルーツに根ざした新作をリリースする...などなど(枚挙にきりなし)、状況はここ数年で明らかに変化した。

そんな変化、リスペクトを引導するのはやはり若い世代である。そして、あの歴史的なソウル・レーベルも今、ここに若い力を得て復活を遂げようとしている。そう、なんとあのFAMEが復活するというニュースが飛び込んできたのだ。

ANAP online NEWS

RICK HALLの息子であるRODNEY HALLが中心となって、メジャーのEMIと契約を結んだそうだ。いやはや、驚きである。しかも驚くなかれ未発表音源や新録作品も発表してゆく予定...と!そんな中、その第一弾としてインフォメーションされたのがこのJIMMY HUGHESのFAME音源集であります。実はインフォメーション段階ではジャンル表記が"Country"となっていて、小生、不覚にも見落としておりました(間一髪!)。

収録内容
1. High Heel Sneakers
2. I Want Justice
3. I Worship The Ground You Walk On
4. A Shot Of Rhythm & Blues
5. Steal Away
6. I'm The Loving Physician
7. I'm Qualified
8. Neighbor, Neighbor
9. Stormy Monday Blues
10. Why Not Tonight
11. I'm A Man Of Action
12. Midnight Affair
13. It Ain't What You Got
14. Try Me
15. Everybody Let's Dance
16. Don't Lose Your Good Thing
17. Too Much

全17曲。おそらく今作に未発表などは収録されていないと思われますが、なんとも嬉しいニュース。まさか新生STAXと肩を並べるくらい活躍しちゃったり...期待しちゃったり。そしてやはり気になる未発表音源。一体、どのようにリリースを進めてくれるのか?コンパイルできるのか?2009年、新生FAMEに注目です。

FEME OFFICIAL HP
FEME myspace

祝!レーベル復活度 ☆☆☆☆☆ | 全米ソウル・ブーム到来本格化度 ☆☆☆☆☆ | アラバマから世界へ度 ☆☆☆☆☆ | 期待膨らむ新生FAME度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 13:31:47Comments(1)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

SAM BAKER / I BELIEVE IN YOU 英SOULSCAPE新作はあのサム・ベイカー全盛期SOUND STAGE 7時代完全コンプリート全22曲!

2008-09-14

9852.jpg SAM BAKER / I BELIEVE IN YOU (SOULSCAPE)

日本が世界に誇るLPというのが何枚か存在する。スペンサー・ウィギンスオヴェイションズラティモア・ブラウン...その歴史的なLPも今や海外諸レーベルによって無事CD化され、その役目を終えることとなったわけですが、ついにこの一枚も...そう、サム・ベイカーであります。

ヴィヴィド・サウンドより「サムタイムス・ユー・ハヴ・トゥ・クライ」(VS-7004)で初LP化されたSOUND STAGE 7のシングル作品集。往年のソウル・ファンには忘れられないLPであります。そのLP収録曲をもちろん丸ごと収録、SOUND STAGE 7からリリースされた全12枚のシングルを完全収録したCDがこちらの「I BELIEVE IN YOU」です。

収録内容
1. You Can't See The Blood - SOUND STAGE 7 2545/2550 (1965)
2. What Did Sister Do - SOUND STAGE 7 2545 (1965)
3. Sometimes You Have To Cry - SOUND STAGE 7 2550 (1965)
4. Something Tells Me - SOUND STAGE 7 2550 (1965)
5. Don't Feel Rained On - SOUND STAGE 7 2560 (1966)
6. Someone Bigger (Than You And Me) - SOUND STAGE 7 2568 (1966)
7. Let Me Come On Home - SOUND STAGE 7 2568 (1966)
8. Safe In The Arms Ot Love - SOUND STAGE 7 2579 (1967)
9. Just A Glance Away - SOUND STAGE 7 2579 (1967)
10. That's All I Want From You - SOUND STAGE 7 2585 (1967)
11. I Can't Turn Her Loose - SOUND STAGE 7 2585 (1967)
12. I Believe In You - SOUND STAGE 7 2590 (1967)
13. I'm Number One - SOUND STAGE 7 2590 (1967)
14. Sunny - SS7 2601 (1967)
15. I Can't Stand It - SS7 2601 (1967)
16. I Can't Break Away - SS7 2613 (1968)
17. Coming To Bring You Some Soul - SS7 2613 (1968)
18. Sugarman - SS7 2620 (1968)
19. Strange Sensation - SS7 2620 (1968)
20. I Love You - SS7 2630/2636 (1969)
21. Hold Back Girl - SS7 2630 (1969)
22. It's All Over - SS7 2636 (1969)

WLAC RADIOのDJをしていたJOHN RICHBOURGによるプロデュース。これぞナッシュビル。ソウルフル、そしてブルージー。バラードはもちろん、ミッドも絶妙。まさに日本人が古くから好んでいたディープ・ソウルが今、世界でこうやって評価され、CD化されてゆくというのは、実に嬉しい事実であります。ありがとう、GARRY J.CAPEさんに感謝!

Sir Shambling's Sam Baler Page
James R. Lowe's WLAC RADIO Page

祝!完全コンプリート度 ☆☆☆☆☆ | ナッシュビル度 ☆☆☆☆☆ | やはりやってくれますSOULSCAPE度 ☆☆☆☆☆ | 「SOUND STAGE 7 STORY」も絶賛発売中度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 13:35:24Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

OTIS REDDING / LIVE IN PARIS AND LONDON ヨーロッパのオーティス・レディング 完全版!最新リマスターで蘇る永遠の名唱!

2008-08-28

9777.jpg OTIS REDDING / LIVE IN PARIS AND LONDON (STAX)
オーティス・レディング / ライヴ・イン・パリ&ロンドン 1967 (ユニバーサル)

スタックス・ミュージアムの完成、新生STAXの再興などで注目を浴び、リイシューの機会も増えてきているSTAX関連作品。STAXといえばやはりこの人、ソウル代名詞、OTIS REDDING。先頃発売された「オーティス・ブルー(コレクターズ・エディション)」の感動も冷めやらぬ中、今回の逸品もなかなか。60年代後半、隆盛を極めたSTAX/VOLTレビューでの彼のライヴ音源を一枚にまとめた作品であります。

初出音源が含まれるのかは要調査。基本的にはOTIS名義によるアルバム「LIVE IN EUROPE」と、オムニバス「STAX/VOLT REVUE」で聴くことができる音源をまとめあげたものですが、これでコンサートの全貌が見えてくるということになるでしょう。

収録内容
1. Introduction/Emperor Rosko
2. Respect
3. My Girl
4. Shake
5. Day Tripper
6. Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)
7. (I Can't Get No) Satisfaction
8. Try A Little Tenderness
9. Introduction/Emperor Rosko
10. Respect
11. I Can't Turn You Loose
12. I've Been Loving You Too Long
13. My Girl
14. Shake
15. I Can't Get No Satisfaction
16. Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)
17. These Arms Of Mine
18. Day Tripper
19. Try A Little Tenderness

(1)〜(8)までが1967年3月17日ロンドンのFINSBURY PARK ASTORIAでの公演、(9)〜(19)までが同年3月21日パリのOLYMPIA THEATREでの公演による音源。まさに「ヨーロッパのオーティス・レディング 完全版」といった趣。2008年デジタル・リマスタリング音源を採用ということで、間違いなく"マスト"なアイテムであります。

祝!完全版度 ☆☆☆☆☆ | 全盛スタックスの面々がバックアップ度 ☆☆☆☆☆ | 名唱度 ☆☆☆☆☆ | 嗚呼、名盤度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 15:42:34Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / PLAY THE GAME: THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY VOL.2 ついに発売開始!未発表怒涛の11曲!しかし...

2008-08-27

9774.jpg V.A. / PLAY THE GAME: THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY VOL.2 (KENT)

昨年、一部の熱狂的なソウル・ファンを歓喜の渦に巻き込んだことでも記憶に新しい「THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY」のシリーズ第2弾が一年足らずのスパンを経て登場!今回も驚くべきはその未発表曲の数!22曲収録中半分の11曲が未発表!

収録内容
1. All In My Mind - George Jackson
2. Play The Game - Vision
3. Got To Get Home - Art Jerry Miller
4. Gotta Move On To My Destiny - The Ovations
5. Today Tomorrow and You - Everyday People
6. Natural Reaction - The Minits
7. Is It Love - William Bollinger
8. You Don't Love Me - Barbara Brown
9. #1 - Charlie's Children
10. Stepping Stone - The Minits
11. Not Mama'a Little Girl Anymore - Lou Roberts
12. Take Time To Love Your Woman - Spencer Wiggins
13. Little Man - The Ovations
14. I Don't Need You No More - George Jackson
15. So Much Love To This - The Sweeteens
16. Teardrops - William Bollinger
17. Try My Love - Carroll Lloyd
18. I Love You - Richard & Walter
19. Doorsteps To Sorrow - Rudolph Taylor
20. Nothing But The Truth - Ann Hodge
21. Take A Look At Yourself - The Minits
22. I Love Only You - Willie Cobbs


さてどの曲もリリースされなかったのが不思議でならない出来の良い楽曲で、どこから手をつけたら良いものか迷うが、まずはこの人マイ・フェイバリット・シンガー、GEORGE JACKSONである。1曲目から未発表曲ということだが、このシンガー、GEORGE JACKSONでは無い可能性が濃厚。彼は変名でもシングルをリリースしているが、その唯一無二の歌い口は一度耳にしたら忘れようもない。ならば誰が歌っているという話になるわけだが、誰?(笑)余りにも良い曲なので今も健在の本人に真偽のほどを確かめてみたいものである。話は変わるが同じく14曲目に収録されている既発の曲は原盤が恐ろしく珍しいことで知られる一枚。欲ちぃ〜!

彼の楽曲だけで熱くなりすぎてしまいスペースが無くなってしまったが、OVATIONS、MINITSの未発表が収録されていることでも話題には事欠かないCDだろう。言うまでも無く今年のベスト・コンピレーションCD最有力候補である。

国立駅前店 S氏

夏の終わりにやってきました!ディープ・ソウルの夏!以前、お伝えいたしました「THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY」第二弾!しかしまぁ、半分が未発表だなんて...失禁寸前であります。しかし、この一曲目"All In My Mind"って、歌っているのは誰なのでしょうか...?続報をお待ち下さい。

祝!続編発売度 ☆☆☆☆☆ | やはり流石な英KENT度 ☆☆☆☆☆ | 未発表の喜び度 ☆☆☆☆☆ | ジョージの謎度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 16:42:25Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

SOUL CHILDREN / STILL STANDING グループ名義での復活!J. BLACKFOOTの当時と変わらぬ歌声に泪するであろうインディ・ソウル傑作!

2008-08-12

9719.jpg SOUL CHILDREN / STILL STANDING (JEA/RIGHT NOW)

突然ISAAC HAYESの訃報が飛び込んできた。偶然この時聞いていた曲がDAVID PORTERとISAAC HAYES作曲の"I'll Understand"。再結成したSOUL CHILDRENの2008年バージョン(グレイト!)である。

言わずと知れたSTAXで共にメンフィス・ソウルの隆盛に一役買った同志。しかし、片や再結成したかと思えば、片や亡くなるなんて諸行無常...と、湿っぽい話さておき本題。この復活したSOUL CHILDREN。女性2名はオリジナル・メンバーでは無い。しかも新生STAXからのリリースではなく、メンフィスのマイナーJEA/RIGHT NOWから。

ところが変わらぬ歌声でJ. BLACKFOOTを筆頭に歌うわ歌う。LARRY DOTSON(BAR-KAYS)やARCHIE LOVEMR.SAMらのバックアップでオリジナルを中心に再演も少々。水分補充しながら聞かないと熱中症になりかねない危険なアルバムである。

収録内容
1. Long Ride Home
2. Lil House Big Party
3. Love You For Life
4. The 3 Of Us
5. Window Shopping
6. More Than A Woman
7. Too Hot To Hold
8. I'll Understand
9. Tell Me How To Please You
10. The Sweeter He Is Part 1 & 2
11. Goodbye Is Not The Only Way

国立駅前店 S氏

本当に凄いです、J. BLACKFOOT。70年代当時の歌声そのままに歌い上げるその姿、きっとメンフィスの若いシンガーたちもシビれていることでしょう。ISAAC HAYESも向こうで聴いてくれているでしょうか。

祝!再結成度 ☆☆☆☆☆ | J. BLACKFOOTの凄さ度 ☆☆☆☆☆ | NORMAN WESTも健在度 ☆☆☆☆☆ | 熱いですメンフィス度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 23:39:15Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

BARBARA LYNN / THE JAMIE SINGLES COLLECTION 1962-1965 ERIC、JAMIEレーベルのシングルを全32曲コンプリートした2枚組!

2008-08-10

9706.jpg BARBARA LYNN / THE JAMIE SINGLES COLLECTION 1962-1965 (JAMIE/GUYDEN)

私と付き合って下さい!キュート且つ凛とした魅力を放つバーバラ・リンのような女性に、一生に一度は勇気を出してアタックしてみたいものです。彼女にならフラれても光栄であります!と、序盤から突っ走り気味の齋藤です。

冗談はさておき、バーバラ・リンは本当に好きで何度聞いたことか。ギター(左利き)を抱え、単なるバッキングだけでなく、オブリガードも入れる芸達者な彼女。そして何と言っても魅力的なのは自然体でいてソウルフルなその歌。心洗われます!

収録内容
DISC.1
1. You'l Lose A Good Thing
2. Lonely Heartache
3. Second Fiddle Girl
4. Letter To Mommy And Daddy
5. I'm Sorry I Met You
6. You're Gonna Need Me
7. Don't Be Cruel
8. You Can't Be Satisfied
9. To Love Or Not To Love
10. Promises
11. (I Cried At) Laura's Wedding
12. You Better Stop
13. DEdicate The Blues To Me
14. Everybody Loves Somebody
15. Money
16. Jealous Love

DISC.2
1. Oh! Baby (We Got A Good Thing Goin')
2. Unfair
3. Don't Spread It Around
4. Let Her Knock Herself Out
5. It's Better To Have It
6. People Gonna Talk
7. (Don't Pretend) Just Lay It On The Line
8. Careless Hands (with Lee Maye)
9. I've Taken All I'm Gonna Take
10. Keep On Pushing Your Luck
11. Can't Buy My Love
12. That's What A Friend Will Do
13. All I Need Is Your Love
14. You're Gonna Be Sorry
15. Silly Of Love
16. That's Something I Can't Take

さて、このCDにはタイトルのとおり1962年から1965年にリリースされたERIC、JAMIEレーベルのシングルを全て収録。ちなみにJAMIEよりリリースされた彼女のデビュー・アルバム「YOU'LL LOSE A GOOD THING」にはシングル・カットされていない曲が5曲収録されていますが、このCDには未収録。

国立駅前店 S氏

今もバリバリの現役度 ☆☆☆☆☆ | 初期作品の輝きは永遠度 ☆☆☆☆☆ | 名作「YOU'LL LOSE A GOOD THING」はやはりLPで持っていたい度 ☆☆☆☆☆ | JAMIE/GUYDEN新作続々と度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 16:10:25Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

WILEY AND THE CHECKMATES / WE CALL IT SOUL 本格派ヴィンテージ・ソウル・サウンドを志す注目のバンド、待望のセカンド・アルバム!

2008-08-06

9681.jpg WILEY AND THE CHECKMATES / WE CALL IT SOUL (RABBIT FACTORY)

先月のブルース&ソウル・レコーズ誌における『インディ・ソウル高度成長期突入!?』対談コーナーで、近年ベテラン・ソウル・シンガーのWILLIE WALKER(10月には来日公演が決まっている)や白人若手シンガーであるELI "PAPERBOY" REEDらが、驚くようなソウル・アルバムをリリースして話題になったことに触れた。事実、当時のスタックスを始めとするレーベルがそうであったように黒人、白人という人種の垣根を越えて音楽を制作するスタンスを持つ、ヴィンテージ志向のソウル系ミュージシャン達の活動が世界各地で活発になっている。

そんなわけで、これはどうやらソウル・リバイバル・ブームが到来か?と思っていた矢先に追い討ちをかけるようにこのグループのセカンド・アルバムがリリースと相成った。デビュー・アルバムである「INTRODUCING WILEY AND THE CHECKMATES」ではサム・クックオーティス・レディングのパロディ路線丸出しで愛すべき内容ではあったが課題も残った感が強かった。しかし本作ではバンドのサウンドにもより一層一体感が増し、60年代のメンフィス・ソウル・サウンドに真っ向から向き合った仕上がりだ。

収録内容
1. I Want Your Love In My Life
2. Up In Heah
3. I Did My Part
4. Guess You Wouldn't Know
5. All-The-Way Wrong
6. Tryin' To Get Next To You
7. I Don't Want No Funky Chicken
8. Ode To Billy Joe/Hip-Hug-Her
9. Have You Been Crying?
10. Set Your Mind Free

前作には無かった路線として、ひたすらに疾走する「Set Your Mind Free」や「Guess You Wouldn't Know」といったホーンがビシバシと決まるファンキー・チューンも異様に格好良い。またニクいことに「All The Way Wrong」のようなOYA-G泣かせのバラードも忘れてはいない。そして今回唯一のカヴァー曲として白人シンガー・ソングライターであるBOBBY GENTLY「Ode To Billie Joe」とBOOKER T. & THE MG'S「Hip Hug-Her」のメドレーも忘れずにチェックしていただきたい。

さて、こうした生バンドという形態をとっているわけだから、この夏は様々な場所で演奏しているだろうという勝手な憶測の元、彼らについてを調べていたら、何と彼らはあのROSCOE ROBINSONHERMON HITSONRALPH 'SOUL' JACKSONといったベテラン・シンガーとイベントで共演しているようだ。

そんな周辺情報もあるがWILLIE WALKERやELI "PAPERBOY" REEDが好きなリスナーには絶対に注目しておいて欲しいアーティストだ。

国立駅前店 S氏

バーミンガムからリアル・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 米国ソウル・ミュージック・ブーム到来!?度 ☆☆☆☆☆ | 往年のシンガーたちの復活度 ☆☆☆☆☆ | さすがのRABBIT FACTORYの仕事っぷり度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 21:02:04Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / BIRMINGHAM SOUND: THE SOUL OF NEAL HEMPHILL VOL.2 バーミンガムの蘇る奇跡!NEAL HEMPHILL作品集の第二弾がついに完成!

2008-07-26

9623.jpg V.A. / BIRMINGHAM SOUND: THE SOUL OF NEAL HEMPHILL VOL.2 (RABBIT FACTORY)

かつて日本はサザン〜ディープ・ソウルの未発表音源の発掘にかけては世界に誇るべき国であった。今、その文化的な観点から捉えた重要性が、ソウル・ミュージックの本国である米国へと浸透し、次々と素晴らしい音源が発掘、再発されている。NUMEROSTONES THROWNOW AGAIN)といった新鋭レーベルたちからリリースされる作品群は、どれもソウル・ミュージックへの愛情、情熱を深く感じることができる。

そんな作品群の中でも、その深い愛情、そして音源の貴重さから、世界中のサザン〜ディープ・ソウル・ファンを圧倒したのが、2006年にRABBIT FACTORYからリリースされたコンピレーション「THE BIRMINGHAM SOUND: THE SOUL OF NEAL HEMPHILL VOL.1」である。すでに他界してしまっているNEAL HEMPHILLの遺族から授けられたマスター・テープから発見された莫大な未発表音源を収めたこの作品が、ソウル・ファンに与えた衝撃、そして感動は、今も忘れられない。そんな「THE BIRMINGHAM SOUND」の待望の第二集がついに完成いたしました。

収録内容
1. Strickly Soul - Bobby Dobyne & The Barefacts
2. Get Up And Get At It - Unknown
3. Testify - Cortez Greer
4. Matchbox - Ralph 'Soul' Jackson
5. Let Me Be Myself - Chuck Mitchell
6. I'm A Telling You - Wes Lewis
7. Work Hard - David Sea
8. Take My Hand - Frederick Knight
9. Instrumental - S.O.B.
10. Soulful Sound Of Music - Bobby Dobyne & The Barefacts
11. Da Da Dee Dee Da - Cortez Greer
12. Everybody's Doin' The Worm - Hope Parker
13. It Slipped Right By You - Frederick Knight
14. When You Wake Up - Fletcher Flower
15. Set Me Free - Sam Frazier
16. How When Or Where - Frederick Knight
17. Stop By - Chuck Mitchell
18. Let's Go To The End Together - Frankie
19. Take Me Back - Sam Frazier
20. Best Of My Years - Wes Lewis
21. Let Your Sweet Love Surround Me - Ralph 'Soul' Jackson
22. Knock In For A Second Chance - Lee Wilson
23. I've Been Lonely For So Long (Demo) - Frederick Knight
24. Set Me Free (Alternate Version) - Ralph 'Soul' Jackson

ディープ・ソウル・ファンの聖地、アラバマ州。あのマスルショールズによって切り開かれたアラバマのソウル・シーンを影で支えたマイナー作品の中でも、日本で高い支持を得ているバーミンガムのNEAL HEMPHILLの関連作品。今作ももちろん蔵出しの未発表音源を多数収録した、世紀のコンピレーションに仕上がっております。

アラバマではすでに名の知れたシンガーであった同地の先駆者であるROSCOE ROBINSONFREDERICK KNIGHTらが録音に携わり、バーミンガムのマイナーなシンガーたちの歌声を次々に収めていったその音源たち。ソウル・ミュージックを紐解いてゆくには、その都市ごとの物語、重要人物をおさえてゆくことが重要であるが、それを音源、そして資料等々で見事なまでにコンパイルしているこの「THE BIRMINGHAM SOUND」シリーズ。また多くのソウル・ファンの心を打つに違いありません。2008年、サザン〜ディープ・ソウル・ファンに衝撃、再び。

祝!第二弾、無事発売度 ☆☆☆☆☆ | JOHN CIBA氏の愛情と情熱度 ☆☆☆☆☆ | 今回も驚愕の未発表度 ☆☆☆☆☆ | やはりアラバマは素晴らしいソウル土地度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 05:18:34Comments(2)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

JEFF FLOYD / KEEPIN' IT REAL 4年ぶりの新作にして最高傑作宣言!好調維持のWILBEからまたしても傑作誕生!

2008-07-24

9615.jpg JEFF FLOYD / KEEPIN' IT REAL (WILBE)

まずはこの作品を(ここが重要!)ディスクユニオンの店頭で、しかも大きな音で聞くことを強くお薦めする。この作品を聞いて興奮出来ないソウル・ファンは可哀想?それほど刺激的で素晴らしいアルバムに仕上がったJEFF FLOYDの約4年振り、通算4枚目のアルバム。

2、3作目同様WILBEからのリリース。WILBEの公式ブログでは本作が「これまでの作品中、最高傑作に仕上がった」と紹介されていたのを受けて、期待度は最高潮!そして、いざ実際耳にしてみるとそれまでの期待を更に上回る内容に、鼻の粘膜が弱い私は思わず鼻血が出たことをここで白状しなくてはならないだろう。

収録内容
1. Lock My Door
2. Shakes Somethin' Loose
3. That Body
4. A Woman's Worth
5. Do You Wanna
6. Hand On It
7. Planning My Weekend
8. Rump Bump
9. Where Do You Go
10. How Do You Want It
11. Wrapped Up In You
12. Last Call

さて、ALI OLLIE WOODSON張りの歌の熱さは変わらず、サウンドは同レーベルのFRED BOLTONLOLAの作品で聞けた伝統を受け継ぎながらも「今」を充分に感じさせる生の音作りが心地良い。本作ではアップ・テンポな"Shake Somethin' Loose"でこれまでに無かったノリを見せたり、WILLIAM BELLとのデュエットで聞かせる"A Woman's Worth"のような抜群のスロー・バラード、その他、12曲収録中の半数を占めるミディアム・テンポの曲、全てにコメントしたくなるほど個々の楽曲のクオリティが高いことを特筆したい。

WILBEの稼ぎ頭として面目躍如した感のあるこの傑作アルバムは、今年の新録ソウルのベスト候補として大きく話題になることだろう。

国立駅前店 S氏

祝!新作度 ☆☆☆☆☆ | 歌力度 ☆☆☆☆☆ | 良作多しのWILBEの謎度 ☆☆☆☆☆ | 御大WILLIAM BELLの手腕たるや、恐るべし度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:03:15Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

TYRONE DAVIS / DO YOU FEEL IT 英EXPANSIONから忘れ難きCOLUMBIA期のタイロン作品集!アルバム7枚からチョイス!

2008-07-16

9584.jpg TYRONE DAVIS / DO YOU FEEL IT (EXPANSION)

タイロン・デイヴィス、忘れられない男。1976年から81年まで在籍したコロムビア時代のおいしいところを中心に集めたコンピレーション。

この時代といえばメロウでシルキーなタイロンが前面に出ていて、EXPANSIONとの組み合わせも悪かろうはずがありません。しかもなかなかオリジナル・アルバムのCD化も進んでいない現在、初CD化曲も多数収録したマニアも黙っていられない内容となっています。

収録内容
1. Never Stop Loving You
2. Overdue
3. Ain't Nothing I Can Do
4. Just My Luck
5. Satisfy You Before I Satisfy Me
6. I Won't Let Go
7. I Just Can't Keep Going On
8. Be With Me
9. Leave Well Enough Alone
10. Love (Ain't Over There)
11. I'm Still In Love With You
12. Playing In The Sand
13. In The Mood
14. Turn Back The Hands Of Time
15. Do You Feel It?

ビヨ様ネタとしても有名な(3)、レア・グルーヴ・クラシックとしても知られる(1)や(5)、サム・ディーズ作の極上スロウ(9)、言わずもがなの大ヒット(13)等々。どうしてもダカー時代と比べて評価の低いところに収まってしまうきらいのあるこの時代のタイロンですが、いやいやこうして振り返ってみると数々の名曲、名唱が隠れていて、なぜオリジナル・アルバムのCD化が進まないのか不思議でなりません。

EXPANSION渾身の選曲でお送りするコンピレーション。今は亡き彼のシカゴ魂、お聞き逃しなく。

by 営業部S氏

「THE GLORIOUS SOUL GEMS」の続編あたりで、ぜひこのタイロンとZ.Z.ヒルあたりのアルバム紙ジャケ化を!と、期待しておりましたが、流石は英EXPANSION、わかってらっしゃる。紙ジャケ化への布石となるか!? 乞うご期待!

祝!久しぶりのコロンビア期CD化度 ☆☆☆☆☆ | 燻し銀度 ☆☆☆☆☆ | 同期のアルバムは全部で7枚盛りよし度 ☆☆☆☆☆ | THE GLORIOUS SOUL GEMSへ想いをよせてしまうアルバム毎CD化度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 16:40:13Comments(4)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / PLAY THE GAME: THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY VOL.2 英KENTよりTHE XL/SOUNDS OF MEMPHIS音源集第二弾!

2008-07-09

9551.jpg V.A. / PLAY THE GAME: THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY VOL.2 (KENT)

それは夏の終わりにやってくる...

待ち遠しい今年の夏。様々な出来事、そしていろんな想い出とともに夏が終わる頃、8月末。あの英KENTから届けられるこの一枚。そうです、忘れもしない昨年の暮れに届けられたTHE XL/SOUNDS OF MEMPHIS音源集「CAN'T BE SATISFIED」の続編がいよいよリリース決定!タイトルは「PLAY THE GAME: THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY VOL.2」

今年に入り、同じくTHE XL/SOUNDS OF MEMPHIS音源のOVATIONS 「ONE IN A MILLION: THE XL/SOUNDS OF MEMPHIS RECORDINGS」がリリースされた時点から、もう心待ちにいたしておりました。そしてその期待に見事に応えてくれる、英KENT。流石です。もっと感謝しなくては。さて今回の気になる収録内容をどうぞご覧下さい。

収録内容
1. All In My Mind - George Jackson
2. Play The Game - Vision
3. Got To Get Home - Art Jerry Miller
4. Gotta Move On To My Destiny - The Ovations
5. Today Tomorrow and You - Everyday People
6. Natural Reaction - The Minits
7. Is It Love - William Bollinger
8. You Don't Love Me - Barbara Brown
9. #1 - Charlie's Children
10. Stepping Stone - The Minits
11. Not Mama'a Little Girl Anymore - Lou Roberts
12. Take Time To Love Your Woman - Spencer Wiggins
13. Little Man - The Ovations
14. I Don't Need You No More - George Jackson
15. So Much Love To This - The Sweeteens
16. Teardrops - William Bollinger
17. Try My Love - Carroll Lloyd
18. I Love You - Richard & Walter
19. Doorsteps To Sorrow - Rudolph Taylor
20. Nothing But The Truth - Ann Hodge
21. Take A Look At Yourself - The Minits
22. I Love Only You - Willie Cobbs

やはり収録されております、GEORGE JACKSONOVATIONS、そしてSPENCER WIGGINS。RUDOLPH TAYLOR、WILLIAM BOLLINGER辺り、滴り落ちるディープ汁。そしてやっぱり期待してしまう未発表音源たち。

全サザン・ソウル・ファン悶絶の時、再び。今年の夏を満喫したあとの、心の癒しにいかがでしょうか。(癒されなさそうだなぁ〜)心してお待ち下さいませ!

祝!続編発売度 ☆☆☆☆☆ | やはり流石な英KENT度 ☆☆☆☆☆ | 未発表の喜び度 ☆☆☆☆☆ | VOL.1と並べてご満悦度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:20:07Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

RABBIT FACTORY AT PONDEROSA STOMP JOHN CIBA氏からの近況報告!往年の名シンガーが集う!

2008-06-26

RABBIT FACTORY AT PONDEROSA STOMP

「BIRMINGHAM SOUND: THE SOUL OF NEAL HEMPHILL VOL.1」で世界のソウル・ファンを驚愕させたRABBIT FACTORYの近況をご報告。な、な、なんとあのRALPH "SOUL" JACKSONROSCOE ROBINSON、そしてHERMON HITSON、バックにTHE CHECKMATESの面々を従えてのライヴを行っている模様! 上記にてそのエピソードがご覧頂けますが、いやはや、リアルなソウルがこうやってまだまだ存在しているんですね。

これからの動きにも要注目です。

リアル・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 往年の名シンガーが集う夜度 ☆☆☆☆☆ | 行ってみたいなPONDEROSA STOMP度 ☆☆☆☆☆ | JOHN CIBAさんもちょこっと写ってます度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:09:40Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

GEATER DAVIS / I'LL PLAY THE BLUES FOR YOU: THE LEGENDARY HOUSE OF ORANGE SESSIONS サザン・ファン歓喜の初期作品集!

2008-06-25

9474.jpg GEATER DAVIS / I'LL PLAY THE BLUES FOR YOU: THE LEGENDARY HOUSE OF ORANGE SESSIONS (SOULSCAPE)

サザン・ソウル・ファン歓喜!GEATER DAVISの代表曲である"Sweet Woman's Love"を含むALLEN ORANGEのレーベル、HOUSE OF ORANGE音源が念願のCD化!やってくれるのはやっぱりここか!の英SOULSCAPE!いや、ここまでサザン・ソウル・ファンを歓喜の連続へと導いてくれるなんて...素晴らしいレーベルであります。

70年〜79年のシングル、および同レーベルより71年にリリースされたLP「SWEET WOMAN'S LOVE」の楽曲で構成された全16曲。彼の過去のCD(AIM盤「LOST SOUL MAN」、そして今は廃盤のWESTSIDE盤「SADDER SHADES OF BLUE: THE SOUTHERN SOUL SESSIONS 1971-76」)はそれ以降(一部、跨いでいますが)の作品群(SEVENTY SEVENやLUNA、ACEといったレーベル諸作)であったため、このHOUSE OF ORANGE音源のCD化は実に嬉しいかぎりであります。

収録内容
1. Sweet Woman's Love
2. Don't MArry A Fool
3. My Love Is So Strong fFor You
4. I Can Hold My Own
5. For Your Precious Love (Album Version)
6. Wrapped Up In You
7. Cry, Cry, Cry
8. I Love You
9. St. James Infirmary
10. I Know (My Baby Loves Me)
11. Best Of Luck To You
12. I'll Play The Blues For You
13. Cold Love (Long Version)
14. I'll Play The Blues For You (2nd Version)
15. Breath Talking Girl
16. I'll Get By

BOBBY BLANDフォロワーにして、逆にそのBOBBY BLANDにあの名作「MEMBERS ONLY」でカヴァーされたという逸話を持つ男。その楽曲こそが前述の(1) "Sweet Woman's Love"。BOBBY BLANDがこの歌を歌った85年、なんと彼、GEATER DAVISは亡くなっているのである。

忘れられぬ男、GEATER DAVIS。その心は今、BOBBY BLANDが歌い継いでくれているのかもしれません。

GEATER DAVIS / SWEET WOMAN'S LOVE
「GEATER DAVIS / SWEET WOMAN'S LOVE」
'71/LP (HOUSE OF ORANGE/HOS-6000)

祝!初期CD化度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | WESTSIDE盤(LPはCHARLYより発売)再CD化求む度 ☆☆☆☆☆ | 流石の英SOULSCAPE度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 07:52:14Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

KIM TOLLIVER / COME AND GET ME, I'M READY 祝!ディープ・ソウル・レディの名作、世界初CD化!新鋭、米REEL MUSICから!

2008-06-12

9413.jpg KIM TOLLIVER / COME AND GET ME, I'M READY (REEL MUSIC)

「U.S.ブラック・ディスク・ガイド」を読むことを毎晩、寝る前の楽しみとしていた若かりし頃、特に惹かれた作品がこのKIM TOLLIVERだった。何故なのかはわからないのですが、この彼女のLPが掲載された"THE 70's SOUTHERN DEEP SOUL〜70年代のサザン/ディープ・ソウル"というカテゴリー(P.151〜)が大好きだった。そのカテゴリーの冒頭を飾っているのがあのJOHNNIE TAYLORSOUL CHILDRENといったスタックスの面々だったからかもしれない。(その頃、ちょうどスタックスの音の虜だった)

そんな中で紹介されているアルバムたちも次々とCD化されていった。OLLIE NIGHTINGALE、CALVIN SCOTT(無念の廃盤中)、BANKS & HAMPTON(こちらも無念の廃盤...)、CANDI STATON(ストレート・リイシューではありませんが)、BILL CODAYLORRAINE JOHNSONJIMMY LEWIS(今購入できるのはNOTストレート・リイシューのKENT盤のみ)、PAUL KELLYMEL & TIMFREDDIE WATERSROY C.BENNY JOHNSONANN SEXTONなど... いや、かなりCD化されたんですね。

でもそんな中でも待ちに待っていたのが本作、KIM TOLLIVERの73年作CHESS原盤「COME AND GET ME, I'M READY」の世界初CD化であります。

収録内容
1. The Other Side of Town
2. She Don't Know You (Like I Do)
3. Come And Get Me I'm Ready
4. The Way He Used To
5. I Need You (Come As You Are)
6. Takin' A Woman's Stand
7. I'm Losing The Feeling
8. Learn To Get Along Without You

シングルに傑作の多い彼女。このLPの評価は「これぞ決定盤!」というわけではないというところも、個人的にはツボ。それにしてもこの歌声、素敵ですね。数多くいるディープ・ソウル・レディの中でも、とりわけ大好きな彼女なのであります。

追記、昨年の6月にお亡くなりになられているそうです。ご冥福をお祈りいたします。

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 新鋭、米REEL MUSIC期待度 ☆☆☆☆☆ | 彼女のムサ苦しいと表現されるほどのこの歌声度 ☆☆☆☆☆ | シングル盤はこちらで一曲聴けます度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:45:33Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

ARCHIE LOVE / LOVE CHRONICLES 豪華ゲスト陣のバックアップを受けて"サザン・ソウル隆盛"を印象付ける傑作!しかし...

2008-06-10

9404.jpg ARCHIE LOVE / LOVE CHRONICLES (JEA/RIGHT NOW)

前作に収録のJ.ブラックフットとの濃厚なデュオで聞かせる「Same Woman」で体の芯まで熱くなった身としては、本当に待ち遠しかった約3年越しとなるARCHIE LOVE新作が到着!

ソロ転向後、通算3枚目となる本作は迎えたゲストもこれまた豪華。前作に引き続きJ.ブラックフットにBIGG ROBBBAR-KAYSのLARRY DOTSON、そしてなんと!新作が大好評発売中のOMAR CUNNINGHAM、そしてサザン・ソウル・シーンで頭角を現し始めている実力派ライター、プロデューサーのMR.SAMことSAM FALLIEといったラインナップ。

収録内容
1. Tune-Up
2. I Take It Back
3. Ain't Got Nothin On You
4. Done All That I Can Do
5. Help Me Get That Woman
6. Get On The Dance Floor
7. Love Is A Wonderful Thing
8. You're My Joy
9. Standing On The Edge
10. Keep Our Love Strong
11. Before A Judge
12. Dear Momma

この強力な布陣の貢献著しく、前作以上の充実作に仕上がった。「Help Me Get That Woman」を筆頭に「You're My Joy」「Keep Loving Strong」といったテンポのある曲、また「Standing On The Edge」や「Before The Judge」のスローも曲の良さもさることながらARCHIE LOVEの歌の熱さも健在。

彼の圧倒的なソウルフルさの前ではメジャーやインディといった垣根は必要ない。現在、隆盛中ののサザン・ソウル熱を伝える濃密盤がここにまた一枚誕生した。

しかし...本盤、以下のマスター・テープに起因する不良箇所がございます。

* 1曲目の冒頭イントロ部分の欠落。
* 8曲目が終了後に同欠落部分が挿入。

当社入荷分のすべてがこの症状でした。傑作だけに...惜しい...
ご購入の際は予めご了承の上、お買い上げ頂きます様、お願い申し上げます。

嗚呼、傑作が...度 ☆☆☆☆☆ | この豪華さこそ現在のサザン〜チトリン系シンガー作品の充実の証度 ☆☆☆☆☆ | やはり貫禄の歌声度 ☆☆☆☆☆ | さぁ、次はSOUL CHILDRENの新作!度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 20:44:14Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

TOMMY TATE / HOLD ON: THE JACKSON SESSIONS RARE AND UNRELEASED 79年国内オンリーLP「ホールド・オン」が追加曲収録でCD化!

2008-05-30

9353.jpg TOMMY TATE / HOLD ON: THE JACKSON SESSIONS RARE AND UNRELEASED (SOULSCAPE)

昨年の暮れにもこちら黒汁通信でご紹介させて頂きました英KENTからのKO KO音源集「I'M SO SATISFIED: THE COMPLETE KO KO RECORDINGS AND MORE」の発売も記憶に新しいTOMMY TATE。サザン・ソウル・ファンの国、我が国、日本人の心を掴んで離さない彼。そんな日本との縁を感じずにはいられないのが、79年にあのヴィヴィド・サウンドから国内盤のみでリリースされた完全未発表アルバム「ホールド・オン」(VS-1017)の存在である。

どういった経由で国内盤LPのみで発売となったのかは近日、私の手元に届くであろう同盤のライナーノーツを楽しみにするといたしまして、そう、30年近くの時を経て、そのLP収録曲がなんとあの英SOULSCAPEからCD化となります。いや、さすがは目の付け所が違いますぞ、GARRY氏。サザン〜ディープ・ソウル・ファンを唸らせるようなリリース連続の英SOULSCAPE。ひと昔前の日本人の得意分野を、CD化という形で次々と切り開いてくれております!

収録内容
1. Stand By Me
2. The Whole World Is The Same
3. Where Did I Go
4. Friend Of Mine *
5. My Wife *
6. Little Boy *
7. Get It Over Anyway *
8. I've Been Inpired To Love You *
9. All A Part Of Growing Up *
10. I'd Really Like To Know *
11. I Can't Do Enough For You Baby *
12. A Thousand Things To Say *
13. Hold On (To What We've Got) *
14. Something To Believe In *
15. Do You Think There's A Chance *
16. Cold And Lonely Man
17. Solid Straight And Sound
18. You're Not To Blame
19. So Hard To Let A Good Thing Go
20. Never Too Busy
21. Let Us Be Heard (A Prayer For Peace) **
22. Peace Is All Need **
23. Something Good Going On (Bonus Track)

* 「ホールド・オン」(VS-1017) 収録曲
** Jackson Sound盤

前述のヴィヴィド盤「ホールド・オン」収録の12曲に加え、11曲が足された全13曲。判明したのは(21)(22)のJACKSON SOUND盤シングル曲のみで、他の楽曲は現段階では出所は不明です。いや、もしかしてこれ、さらなる未発表の発見か!? インフォメーション原文は下記の続きをクリックして頂けると読めるのですが、そこには"his collection includes a number of Tate's songwriter demos"との記載があるとおり、未発表である可能性が高い。

日本人かかねてから愛して止まないシンガー、TOMMY TATE。永い年月を経て今、ようやく世界へ。今、彼は何をしているのでしょうか。いつまでも忘れないですよ、私たちは。

トミー・テイト / ホールド・オン
「トミー・テイト / ホールド・オン」 '79/LP (VIVID SOUND/VS-1017)

祝!CD化度 ☆☆☆☆☆ | 偉大なるサザン・ソウル・シンガー度 ☆☆☆☆☆ | そう、今思えばGRAPEVINEからリリースされたコンピレーション「TROUBLED WATERS: DEEP SOUL FROM THE DEEP SOUTH」にも2曲収録されていたんですね度 ☆☆☆☆☆ | あっぱれGARRY J. CAPE氏度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 01:02:40Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

MITTY COLLIER / SHADES OF THE CHESS SINGLES 1961-1968 60'sレディ・ディープ裏番長、ミティ嬢のCHESSシングル集!

2008-05-22

9302.jpg MITTY COLLIER / SHADES OF THE CHESS SINGLES 1961-1968 (KENT)

60'sレディ・ディープの裏番的存在、MITTY COLLIER嬢のチェスからリリースされたシングルを集めた編集盤が世紀のCD化!さすがはやってくれます、信頼の英KENT。昨年、突如と名盤の誉れ高き「SHADES OF A GENIUS」がLPリイシューされましたが、久しぶりのCD化であります。

久しぶり、と申しましたのは実は彼女のチェス期、過去に一度CD化されているのです。1999年に「SHADES OF A GENIUS」というオリジナルLPと同じタイトル、全22曲収録でCD化されているのです。今ではすでに入手困難なCDとなってしまいましたが、あれ?もしかして、そのCDの出し直し?答えは「ノン」。そんな安直なリリースは英KENTの誇りに架けてもいたせませぬ。驚きの英KENT盤のその全貌はこちら!

収録予定内容
1. Gotta Get Away From It All (Version 2)
2. Everybody Makes A Mistake Sometimes
3. Git Out
4. That'll Be Good Enough For Me
5. Do It With Confidence
6. You're The Only One
7. (Lookin' Out The Window) Watching And Waiting
8. Like Only Yesterday
9. My Party
10. I'm Satisfied
11. Sharing You
12. Walk Away
13. Help Me
14. For My Man
15. Ain't That Love
16. No Faith, No Love
17. I'm Your Part - Time Lover
18. I Had A Talk With My Man
19. Let Them Talk
20. My Babe
21. Don't Let Her Take My Baby
22. Miss Loneliness
23. I've Got To Get Away From It All (Version 1)
24. I've Got Love

さすがは"CHESS SINGLES"と題しているだけのヴォリューム感。何と言っても注目なのは1999年「SHADES OF A GENIUS」CD化の際には収録されなかったシングル・オンリー曲の数々!その中でも「U.S.ブラック・ディスク・ガイド」において中河先生がアルバム化を切望されているほどのバラード・ナンバー(2)の収録は、まさに待望の収録でしょう。

その(2)の他にも(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)が前述「SHADES OF A GENIUS」には未収録。(1)もヴァージョン違い(テイク違い?)で初収録であろう。おそらくこの中には未発表も...入っちゃってたりするのか!?

懐の深い英KENTらしい仕事っぷりにひたすら感激。頭が下がる思いでございます。

祝!CD化度 ☆☆☆☆☆ | シングルあってこそのMITTY嬢度 ☆☆☆☆☆ | ジャケのMITTY嬢に萌え度 ☆☆☆☆☆ | 流石の英KENT度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 02:29:07Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

BOBBY WOMACK / THE BEST OF BOBBY WOMACK: THE SOUL YEARS 発売決定?そしてなんと1972年の殿堂APOLLOでの未発表ライヴ音源発掘!

2008-05-19

9270.jpg BOBBY WOMACK / THE BEST OF BOBBY WOMACK: THE SOUL YEARS (CAPITOL)

先日お伝えいたしましたBOBBY WOMACKのデビュー40周年ベスト盤。発売延期を繰り返し、現段階での発売日は5/27。今日で発売日まで10日を切ったとなると、これはいよいよ発売されるのでしょうか?当初のタイトルは「THE BEST OF BOBBY WOMACK: THE LAST SOUL MAN」でしたが、「THE BEST OF BOBBY WOMACK: THE SOUL YEARS」と変更になったようだ(収録内容も若干変更されている)。

掲載いたしましたジャケット写真も変更前のタイトルのもので、新しい画像は更新されていない。う〜ん、なんともはっきりしない感じがファンをモヤっとさせてしまっているようで、何だかなぁ〜

収録内容
1. Across 110th Street
2. Woman's Gotta Have It
3. I'm A Midnight Mover
4. That's The Way I Feel About Cha
5. You're Welcome, Stop On By
6. Lookin' For A Love
7. I'm In Love
8. I Left My Heart in San Francisco
9. Communication (Single Version)
10. Fact Of Life/He'll Be There When The Sun Goes Down
11. Fly Me To The Moon (In Other Words)
12. Harry Hippie
13. I Can Understand It
14. The Preacher/More Than I Can Stand (Live) (Single Version)
15. I'm Through Trying To Prove My Love To You
16. It's All Over Now/Bobby Womack and Bill Withers
17. California Dreamin'
18. How I Miss You Baby
19. Nobody Wants You When You're Down And Out
20. Daylight
21. Check It Out (Single Version)
22. Fire And Rain

...なんてことをあれこれのサイトで調べておりましたら、大変な記事を発見してしまいました。な、なんと!1972年の殿堂APOLLOでの未発表ライヴ音源を発掘!しかもその音源は5/27からデジタル配信で発売されるとの情報が公開されているではありませんか!?

EMI Bobby Womack Press Release 18 March 2008

「Live At The Apollo (1972, PREVIOUSLY UNRELEASED CONCERT RECORDING)」と、しっかり明記されているではありませんか。うわぁ〜、聴きたいんですけど、これ、本当に配信のみの発売なのでしょうか!?

ワーナー系はRHINO HANDMADE、ユニバーサル系はHIP-O SELECT...と、メジャー・レーベルがサイト・オンリーの限定盤発売を数多くリリースしている昨今、ついにEMIも一般店頭発売のない音源の公開へと踏み切ったということになるのでしょうか。世界の音楽市場がめまぐるしく変わりつつある今、そんなのとは無関係なところで音楽を楽しんでいるファンは一体、どのように聴けばよいのだろう...

この未発表ライヴ音源がいつの日か正式リリースされることを願いつつ、そして本当に発売されるのか?ベスト盤... まぁ、そんなことよりもBOBBYさん、40年間、有難う。そしてこれから先も宜しくお願いします。

祝!デビュー40周年度 ☆☆☆☆☆ | ソウル継承者度 ☆☆☆☆☆ | 全盛期ライヴ音源7曲、気になりすぎマス度 ☆☆☆☆☆ | CDでの発売切望度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:14:01Comments(4)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

THE RHYTHM ALL-STARS / THE RHYTHM ALL-STARS ヴォーカルはあのGEOFF MCBRIDE!90年代シンガーの新たな道! インディソウル列伝 No.169

2008-05-15

9250.jpg THE RHYTHM ALL-STARS / THE RHYTHM ALL-STARS (JOMAR RECORDS)

GEOFF MCBRIDE!そうです、90年にARISTAからアルバム「DO YOU STILL REMEMBER LOVE」(GERALD LEVERTが一部プロデュース)でデビュー、そのディープな歌唱によりソウル・ファンの心を掴んだ忘れえぬ男。その唯一のアルバム・リリース以降、音沙汰のなくなってしまった彼がなんと!20年近い時を経てシーンに帰って来ました!

驚きなのはなんとバンドのメンバーとしての復活という点。このTHE RHYTHM ALL-STARSなるグループの名前をインフォで知った時はレーベルがJOMAR RECORDS(フロリダのサザン〜コンテンポラリー・ディープ・ソウルをリリースしているレーベル)ということからサザン系バンドの作品かと思っていましたが、その歌声を聴いて驚いた。「誰だ?このトンでもなく歌えるヴォーカルは?」と。そして気になりつつも忙しさにかまけて調べずにそのままオーダー...入荷して仰天!まさかのジェフ参加とは!

収録内容
1. Stuck
2. I'll Work For You
3. Tic Toc
4. Hold Me
5. She's Powerful
6. Came Back Home
7. Sho Nuff
8. I Didn't Steal Nothing
9. What You Won't Do For Love
10. Back Stabber

アトランタからフロリダに移り住んだジェフが同地で知り合った面々と結成(参加?)されたのがこのTHE RHYTHM ALL-STARSである。昨年はSIMEOという若手の注目サザン・シンガーを送り出したJOMAR RECORDSの充実ぶりは、もしかするとこのバンドの面々がサウンドの一旦を担っているからか?などと勘ぐってしまいますが、それほどシンプルだが、適度にコンテンポラリーなサウンドも巧く演奏するなかなかのバンドなのであります。

そしてもちろんジェフのヴォーカル。元々デビュー当時もゴスペル〜ソウルを根っこに持つ、しっかりとした歌い手として評価されていた彼だけあって、このサザン〜コンテンポラリー・ディープ・ソウルのスタイルはしっくりきている。

そして、そんなサザン・ソウル・スタイルの楽曲の合い間に収められたアーバンな楽曲の素晴らしいこと。BOBBY CALDWELLの名曲カヴァー(9)にはじまり、都会的なアーバン・スロウ(4)の2曲だが、これが堪らなく良い出来。もちろんサザン〜ディープな楽曲での彼も良いが、もう一度このアーバンな路線での彼のソロ・アルバムを聴いてみた...という欲望は、もちろん渦巻きますが...

兎に角、90年代にデビュー〜活躍したシンガー達が次々と消えてゆく中、実に嬉しいカムバック。もしかしたら今、あのシンガーもどこかで歌っているのかもしれない...なんて夢を抱かせてくれる、そんな想いを胸に聴くというのもこのアルバムのひとつの楽しみ方ではないでしょうか。

THE RHYTHM ALL-STARS オフィシャルmyspace
JOMAR RECORDS HP

祝!カムバック度 ☆☆☆☆☆ | 痩せました?度 ☆☆☆☆ | サザンとアーバンの掛け橋度 ☆☆☆☆☆ | やっぱりソロ新作も期待してしまいます度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 07:22:15Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

BROOKS O'DELL / I'M YOUR MAN 英KENTのコンピでお馴染みソウル評論家、DAVE GODINのお気に入りシンガー、初アルバム化!

2008-05-04

9198.jpg BROOKS O'DELL / I'M YOUR MAN: THE ANTHOLOGY 1963-1972 (KENT)

KENTのコンピでお馴染みUKの著名ソウル評論家、DAVE GODINのお気に入りシンガー、BROOKS O'DELLの63〜72年にかけての録音集。

GOLD、BELL、COLUMBIA等に残された音源はアーリー・フィリー〜ノーザン〜ビッグ・シティ・R&Bの香りを残す小粋でスタイリッシュな空気感、噛めば噛むほど的通好みな歌い口ではあるが、時折聞かせるシャウトもサザン、ディープ偏重の耳には多少薄味に感じられてしまうのも確か。

むしろビート感を強調し過ぎた荒削りブーガルー、メロディ・ラインを探りながらが妙にセクシャルなモダン・ソウル的メロウ・チューン、感情過多で湿度が高めになってしまったバラッド他、9曲も収録された未発表曲にその真価アリ。

by お茶の水店長 K氏(恩師)

収録内容
1. I'm Your Man
2. Walk On By
3. Watch Your Step
4. Shirley, Remember Me
5. Soul Serenade
6. If I Had You
7. You Better Make Up Your Mind
8. It Hurts Me To My Heart
9. Walkin' In The Shadow Of Love
10. Standing Tall
11. The Lively Ones
12. The Heartless One
13. I Got What It Takes Parts 1 & 2
14. Now You Are Gone
15. Nothing's The Same Without You
16. What's So Wrong With You Loving Me
17. Everybody's Friend, Nobody's Lover
18. Turn My World Around
19. (I Didn't See The Smoke) Until The Fire Was Gone
20. I Don't Wanna Hear It Anymore
21. You Can Always Get It Where You Got It
22. I Don't Want To Cry
23. Predicament #2
24. Is It Real
25. Got To Travel On
26. Hooked On A Feeling

12,13,16,17,19,20,21,22,26 Previously Unissued

祝!アルバム化度 ☆☆☆☆☆ | アーリー・ディープ度 ☆☆☆☆☆ | どーんと未発表9曲度 ☆☆☆☆☆ | 英KENTのこだわり度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 02:07:27Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / MEMPHIS 70: THE CITY'S FUNK & SOUL IN THE DECADE AFTER OTIS 1968-1978 オヴェイションズ未発表収録!

2008-05-03

9190.jpg V.A. / MEMPHIS 70: THE CITY'S FUNK & SOUL IN THE DECADE AFTER OTIS 1968-1978 (BGP)

「MEMPHIS 70」...ド直球なこのタイトル、先ずトラック・リストを見てビクンッ!! としたのがオヴェイションズの未発表音源、そしてタイトルが「シェイク」ときたもんだ。ルイス・ウィリアムスによるサム・クックのカバー、こんな音源は隠されていたとは!

と言う訳で1枚購入するべくダッシュ。高鳴る期待を込めつつCDを挿入してみるとそこにはサムのものとは別世界のファンキーなアレンジのシェイクが...テンパってしまった私はメールでソウル/ブルース担当の皆さんに報告している内に話が脱線、最終的にウ○チの話になってしまいボスから「仕事しなさい!」の一括で正気を取り戻した次第だ!

その後、頭からゆっくり聞いてみるとウィリー・ウォーカーの未発表、す、すげぇ…

by 営業部 H氏

何の紹介なのか、サッパリわからんところが凄いですが...詳しくは下記の収録内容をご覧頂きまして。

収録内容
1. Mississippi Mud - Smithstonian
2. I Can't Tell No Difference - David Porter
3. Two Paces Ahead Of Love - Willie Walker
4. Pullin' - Minits
5. Strange Things - Art Jerry Miller
6. Shake - Ovations
7. No Ending - Stacy Lane
8. Tip Toeing - Alvin Cash
9. It's Bump Time - Gene 'Bowlegs' Miller
10. Blackrock Yeah Yeah - Blackrock
11. Keep The Faith - Mel & Tim
12. Who's Been Warming My Oven - Sir Walter
13. Come What May - John Gary Williams
14. Watchdog - Barbara & The Browns
15. Way Of Me - Kannon
16. Don't Boom Boom - Lillian Hale
17. Take A Giant Step - LaCleve Milon
18. Papa Killed A Chicken - Willie Toliver
19. Hard Times - Billy Cee & Freedom Express
20. Dig It (She's In The Groove) - Optimistics

はい、未発表がひっそりと収録されていたのです。ご紹介遅れまして申し訳ございません。しかもよりによってOVATIONSとWILLIE WALKERだなんて... そかもBGPのコンピレーションに収録ってところも股、ニクいッ!

今ならオリジナル特典「顔黒コースター KENT〜ACE RECORDS〜BGP編」まで付いちゃいます!お急ぎ下さいませ!

ずばり70年代のメンフィス度 ☆☆☆☆☆ | オーティス後度 ☆☆☆☆☆ | 驚き未発表度 ☆☆☆☆☆ | BGPもなかなか侮れませぬ度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 02:36:29Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

C.L. BLAST / LAY ANOTHER LOG ON THE FIRE サザン〜ディープ・ソウル・ファンの夢、またひとつ叶う!英SOULSCAPE最新作!

2008-04-24

9153.jpg C.L. BLAST / LAY ANOTHER LOG ON THE FIRE (SOULSCAPE)

サザン〜ディープ・ソウル・ファン待望のCD化叶う!昨今のディープ・ソウル事情で抜きん出た完成度の高さを誇るレーベルといえば、何といってもGARRY J. CAPE氏によるSOULSCAPEでしょう。そんなSOULSCAPEのMARY GRESHAMの未発表音源集に続く最新作はついにCD化!C.L. BLAST作品集であります。

「U.S.ブラック・ディスク・ガイド」での紹介ページでは高沢氏により「サザン・ディープ路線をマッシグラ」と評されているとおり、まさにサザン・ソウル一筋の男。そんな彼の名盤「I WANNA GET DOWN」(COTILLION/'80年)、そして2枚目「C.L. BLAST」(PARK PLACE/84年)を全曲収録、さらにJUANA盤シングルを追加した全20曲!

収録内容
1. Don't Fight The Feelin' (JUANA 3409)
2. Hard To Get The Feelin' Again (JUANA 3409)
3. Love Don't Feel Like Love No More (JUANA 3412)/*
4. Beautiful Lover (JUANA 3412)
5. I Wanna Get Down *
6. Let's Do Something Different Tonight *
7. If I Had Loved You More *
8. I've Got To Make It On MY Own *
9. Our Love Will Last *
10. If I Could Feel That Old Feelin' Again *
11. Share Your Love With Me *
12. Lay Another Log On The Fire **
13. Somebody Shot My Eagle **
14. 50/50 Love **
15. Boomerang Love **
16. I Need To Love You **
17. Drown In My Own Tears **
18. Never Let Me Go **
19. I Just Don't Know **
20. Let Me Entertain You **

* 「I WANNA GET DOWN」(COTILLION/'80年)収録
** 「C.L. BLAST」(PARK PLACE/84年)収録

80年代のサザン・ソウルを代表する名唱の数々。フレデリック・ナイトサム・ディーズらによる作曲、プロデュース、マラコ録音、そして生まれはアラバマのバーミンガム... う〜ん、まさにサザン・ディープ路線をマッシグラ!「I WANNA GET DOWN」は以前、英国のTIMELESSよりCD化されていましたが、今や廃盤高騰中。絶妙なタイミングでの完璧なCD化に流石のSOULSCAPE...と、肯いてしまうのであります。


左: 「I WANNA GET DOWN」(COTILLION/'80年)
右: 「C.L. BLAST」(PARK PLACE/84年)

祝!CD化度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ディープ一徹度 ☆☆☆☆☆ | 顔もやはり迫力が違う度 ☆☆☆☆☆ | 嗚呼、名盤度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:41:22Comments(2)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

ELI "PAPERBOY" REED & THE TRUE LOVES / ROLL WITH YOU エディ・ヒントンの再来!? オーティスの申し子!? 一体何者!?

2008-04-21

9139.jpg ELI "PAPERBOY" REED & THE TRUE LOVES / ROLL WITH YOU (Q DIVISION)

EDDIE HINTONの再来か!? はたまたOTIS REDDINGの申し子か!? マサチューセッツ州はALLSTONをベースに活動している白人ソウル・シンガー/ギタリスト、ELI "PAPERBOY" REEDをここにご紹介いたしましょう。実は彼、このアルバムがセカンド・アルバム。デビュー作は2004年に密かにリリースされていた「SINGS "WALKIN' AND TALKIN' (FOR MY BABY)" AND OTHER SMASH HITS!」(当社も未入荷...猛省)。

13歳の頃のアイドルはSONNY BOY WILLIAMSONという彼。18歳の時にミシシッピへ移り住んだ。そこでドラマーのSAM CARRと出会う。彼の口利きでクラブやバーでの演奏をしながらリズム・アンド・ブルースを吸収していった。そして2004年に自身のバンド"THE TRUE LOVES"を結成。前述のデビュー作をリリースしたというわけだ。

簡単に書いてしまえばそれまでだが、彼の持っていた才能、熱意、そして愛情が結晶となったのはまさに奇跡だとしか言い様がない。兎に角、この音を聴いて頂ければお分かり頂けると思いますが、こんなディープな白人シンガーがかつていたであろうか!? しかもこの若さで...

収録内容
1. Stake Your Claim
2. Am I Wasting My Time
3. It's Easier
4. The Satisfier
5. Take My Love With You
6. I'll Roll With You
7. She Walks
8. I'm Gonna Getcha Back
9. Won't Give Up without A Fight
10. (Am I Just) Fooling Myself
11. (Don't The) Boom Boom

サザン〜ディープ・ソウルを見事に蘇らせたバラード"It's Easier" "(Am I Just) Fooling Myself"はまさに絶句。サウンドもシンプルなサザン・スタイル。そして冒頭のシャウトでまさか白人とは思わないだろうなぁ〜、のジャンプ・ナンバー"Take My Love With You" "The Satisfier"。これは只者ではない。

SHARON JONES & THE DAP-KINGSの成功、そしてディープ・ファンク・ブーム、さらにはルーツ・ミュージック・ブームなどにより昨今、リリースが続く同趣向の作品群の中でもズバ抜けた出来。ただの懐古主義になんてとうてい聴こえない。まさに彼の"魂"を感じる歌声、そして演奏。

いやはや、トンでもない男がいたものであります。話題必至。お早めにチェックのほど!

オフィシャル HP
オフィシャル myspace

衝撃の白人シンガー度 ☆☆☆☆☆ | サウンドの絶妙な枯れ具合度 ☆☆☆☆☆ | こなすライヴ数もケタ違い度 ☆☆☆☆☆ | 2008年ブレイク必至度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 20:14:52Comments(0)TrackBack(1) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

V.A. / HEART OF SOUTHERN SOUL VOL.3 エクセロ音源ディープ・ソウル集 決定版 第三弾が待望の再プレス!

2008-04-18

9123.jpg V.A. / HEART OF SOUTHERN SOUL VOL.3 (ACE RECORDS)

CD再発初期にリリースされた英ACE RECORDSのディープ・ソウル傑作コンピレーション「HEART OF SOUTHERN SOUL」。昨年に第一弾、第二弾と嬉しい再プレスが敢行、新たなソウル・ファン〜ディープ・ソウル・ファンへ届けられましたが、ようやくここに第三弾の再プレスが決定いたしました。

語り継いでいかなくてはいけないソウル・ミュージックの心。多くのCDが廃盤〜生産中止となる中、実に素晴らしい再プレス。この懐の深さこそが英ACE RECORDSたる所以なのだなぁ、と改めまして思う次第でございます。

収録内容
1. She's All I Got - Freddie North
2. It Sure Was Fun - Doris Duke
3. Kiss Tomorrow Goodbye - Rose Davis
4. Ten Carat Fool - Jimmy Jules
5. Tears (I Shed For You) - Big T & The Pacemakers
6. The Next Man - Jean Stanback
7. Daddy's Home - Five Degrees Fahrenheit
8. I'm Going To Try You One More Time - Bobby Powell
9. You're Killing Me Slowly But Surely - Freddie North
10. He's Everything I Need - DorisDuke
11. For The Good Times - Seventh Wonder
12. Big Bad Rain - Five Degrees Fahrenheit
13. This Is My Chance - Art Gentry
14. Bad Water - Doris Duke
15. I Won't Leave You Hanging - Jerry Washington
16. Lovin' On Back Streets - Freddie North
17. If She's Your Wife (Who Am I) - Doris Duke
18. My World Tumbles Down - Jimmy Jules
19. Sun Comes Up - Freddie North
20. I'm Going To Win Her Love - Bobby Powell
21. Since I Fell For You - Doris Duke
22. Got To Travel On - Brooks O'Dell

EXCELLO関連、傘下のシングル音源を集めたこのシリーズ。もちろん往年のファンからすれば「懐かしいですね」で済んでしまうタイトルではございますが、このCDの存在すら知らなかった若いファン、新しいファンは大勢いるのであります。そんな新たなファンとともに、歩んでゆきたいソウルの新たな道。使命として尽力せねばなりませぬ。

祝!再プレス度 ☆☆☆☆☆ | 温故知新度 ☆☆☆☆☆ | 英ACE RECORDSの心意気度 ☆☆☆☆☆ | まさに"HEART OF SOUTHERN SOUL"度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:01:53Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

POOKIE LANE / SOUTHERN WOMAN 無名のサザン・シンガーと思いきや、なんとOL SKOOLのメンバーだった!仰天! インディソウル列伝 No.165

2008-04-16

9112.jpg POOKIE LANE / SOUTHERN WOMAN (ALLISON RECORDS)

今年の6月にボビー・ウーマックマンハッタンズシャイ・ライツJ.ブラックフットソウル・チルドレン)といったソウル界の大物達が集うイベント「SAG ENTERTAINMENT PRESENTS OLD SCHOOL SOUL JAM TOUR」(SAG ENTERTAINMENT HP)が開催されるのをご存知だろうか。その中に唯一フィーチャリング・ゲストとして参加するのがここに紹介するPOOKIE LANEである。本作は彼のデビュー・アルバムなのだが、この名前だけでピンときた方は表彰したい位にスゴイ!それでは驚くべき彼の経歴を解き明かしていくことにしよう。

彼はアーカンソー州ブライスヴィル出身。父親が宣教師で5才の時には教会で一緒に歌を歌っていたという。そして、彼が17歳になった頃には父親がデニス・エドワーズ率いるテンプテーションズのバックグラウンド・シンガーとして歌っていたというから、彼にとって父親は尊敬すべき大きな存在だったのだろう。その後、成長しグループを組んで音楽活動を行っていた彼らになんと、あのキース・スウェットが目を留め、彼の口添えによりメジャーのユニバーサルと契約。98年にリリースしたデビュー・アルバムはマルチ・プラチナムを獲得する大成功を収めた。そう!このPOOKIEこそがあの一世を風靡したOL SKOOLのメンバーだったわけだ。しかし、彼はOL SKOOLのセカンド・アルバムを制作する前にグループを脱退してしまう。

だがその後、彼の人生にとっての第二のドラマがあった。2000年頃に今をときめくサザン・ソウル・シンガー、STAN MOSLEYのショーにサポート・シンガーとして参加していた彼はショーの最後に、STAN MOSLEYに後押しされて歌を歌ったところ、そのパフォーマンスと歌で聴衆を魅了したそうだ。そこで当時テンプテーションズのベーシスト兼STAN MOSLEYのミュージック・ディレクターをしていたJAMES MCKAYが彼の才能に魅せられてアルバム製作を彼に持ちかけたのだという。

収録内容
1. Southern Woman
2. Love the Way We Use To
3. Knockin'
4. You Are Appreciated
5. Moments
6. Baby Girl
7. Pretty Brown Girl
8. On and On
9. Come Into My Bedroom
10. Work It Out
11. The Tribute

さて本作についてだが、「SOUTHERN WOMAN」というタイトルのとおり本作は南部の独身女性、働く女性達に向けて様々なメッセージが込められている。またPOOKIEは自身をサザン・ソウル界のバラディアーと称しているが、決して歌唱法に黒人バラディアー独特のいやらしさは無い。バラード中心の中にもミディアム・テンポの楽曲も配して、総じてリラックスして聞けるのは前述したアルバムのコンセプトに起因するものといえよう。

またトラックを聞く際に注意していただきたいのが、レーベルこそマイナーではあるがJAMES MCKAYによる丁寧なサウンド・メイクにより若いR&Bリスナーから筋金入りのソウル・リスナーをも虜にできるにコンテンポラリーさ加減。

"Southern Woman" "You Are Appreciated" "Bad Girl"はテンポのあるアーバン・ソウルで、ソウルフルで包容力のある彼の歌には女性でなくともクラッときてしまいそうだ。この3曲以外は全てベタベタなバラードなのだが、どの曲も甲乙つけ難い。そこで敢えてこの一曲といえば"Love The Way We Used To"だろうか。本国のラジオでも頻繁にかかっているドラマティックな素晴らしい曲だ。

さあ、JAMES MACKAYという最良のビジネス・パートナーを得て、再起なるかPOOKIEの兄貴!?

by 国立駅前店 S氏

祝!再起の道!度 ☆☆☆☆☆ | まさかのメジャーR&Bシーンからサザン・シーンへ度 ☆☆☆☆☆ | こちらで歌えばこんなにディープな男度 ☆☆☆☆☆ | 活性化するチトリン・シーンに2008年も大いに期待度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:02:21Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

OTIS REDDING / OTIS BLUE: OTIS REDDING SINGS SOUL ソウルの巨人、オーティス・レディングの名作デラックス・エディション発売!

2008-03-09

8924.jpg オーティス・レディング / オーティス・ブルー (コレクターズ・エディション) (ワーナーミュージック・ジャパン)
OTIS REDDING / OTIS BLUE: OTIS REDDING SINGS SOUL (COLLECTOR'S EDITION) (RHINO)

昨年のソウル・リイシュー界を盛り上げてくれたしたアレサ・フランクリン「レア&アンリリースド・レコーディングス」に続いて米RHINOが仕掛けるソウル・リイシュー注目のアイテムが発表された。それがこちら、ソウルの巨人、オーティス・レディングの不屈の名作1965年作「オーティス・ブルー」のデラックス・エディション版です。いや、まさかオーティスでこんなデラックス版が出せるなんて...驚愕!

ユニバーサル系作品で頻繁にリリースされてきたソウルの名盤のデラックス・エディション版。マーヴィンの三部作にJBのアポロ・ライヴ諸作、そしてHIP-O SELECTの諸作。そしてワーナー系ではあのRHINO HANDMADEが前述のアレサをはじめ、デラックス版に近い作品を数多くリリースしてきた。

ここにきてサイト限定発売ではなく、一般流通されるデラックス版が発売されるということは実に嬉しいことでありまして。しかも今回のオーティスも国内盤 「オーティス・ブルー(コレクターズ・エディション) 」も発売決定!これを気にさらに盛んに未発表音源〜名盤デラックス・エディションの類が企画/発売されてくれることを期待しつつ。

さて、肝心の「オーティス・ブルー」デラックス・エディション版の収録内容をご紹介いたしましょう。

収録内容
DISC.1
1. Ole Man Trouble (Remastered Mono Single/Album Version)
2. Respect (Remastered Mono Single/Album Version)
3. Change Gonna Come (Remastered Album Version)
4. Down In The Valley (Remastered Album Version)
5. I've Been Loving You Too Long (Remastered Mono Single/Album Version)
6. Shake (Remastered Album Version)
7. My Girl (Remastered Album Version)
8. Wonderful World (Remastered Album Version)
9. Rock Me Baby (Remastered Album Version)
10. Satisfaction (Remastered Mono Single/Album Version)
11. You Don't Miss Your Water (Remastered Mono Single/Album Version)
12. I've Been Loving You Too Long (Mono Mix of Stereo Album Version)
13. I'm Depending On You (B-Side)
14. Respect (Mono Mix of Stereo Album Version)
15. Ole Man Trouble (Mono Mix of Stereo Album Version)
16. Any Ole Way (B-Side)
17. Shake (Live, 1967 - Stereo Mix of Single Version)
18. Ole Man Trouble (Live At The Whisky A Go Go, 4/66)
19. Respect (Live At The Whisky A Go Go, 4/66)
20. I've Been Loving You Too Long (Live At The Whisky A Go Go, 4/66)
21. Satisfaction (Live At The Whisky A Go Go, 4/66)
22. I'm Depending On You (Live At The Whisky A Go Go, 4/66)
23. Any Ole Way (Live At The Whisky A Go Go, 4/66)

DISC.2
1. Ole Man Trouble (The Original Stereo Album)
2. Respect (The Original Stereo Album)
3. Change Gonna Come (The Original Stereo Album)
4. Down In The Valley (The Original Stereo Album)
5. I've Been Loving You Too Long (The Original Stereo Album)
6. Shake (The Original Stereo Album)
7. My Girl (The Original Stereo Album)
8. Wonderful World (The Original Stereo Album)
9. Rock Me Baby (The Original Stereo Album)
10. Satisfaction (The Original Stereo Album)
11. You Don't Miss Your Water (The Original Stereo Album)
12. Respect (1967 Version)
13. I've Been Loving You Too Long (Live In Europe, 3/67)
14. My Girl (Live In Europe, 3/67)
15. Shake (Live In Europe, 3/67)
16. Satisfaction (Live In Europe, 3/67)
17. Respect (Live In Europe, 3/67)

DISC.1 は Remastered Mono Single/Album Version, Mono Mix of Stereo Album Version, B-Side そして「Live At The Whisky A Go Go (4/66)」の音源を収録、DISC.2 には The Original Stereo Album, 1967 Version そして「Live In Europe (3/67)」の音源(正式発売された同名ライヴ・アルバム音源とはヴァージョン違いのみ発表ヴァージョン)で構成された2枚組全40曲。いやはや、凄い。

基本的に未発表曲の類が収録されているワケではありません。しかし、それこそが名盤アルバムのデラックス・エディションの醍醐味であります。名盤を様々な角度から聴いてゆくことで、その名盤たる所以を紐解く...しかし、今回の未発表ヴァージョンと予定されたライヴ音源は気になりますね。

国内盤、輸入盤ともに4/23発売開始予定。おそらく国内盤も輸入盤に帯と解説を付けた仕様になると思われます故、これは国内盤でゲット必至!? さぁ、もう一度、通常版の「オーティス・ブルー」を聴いて準備万端でお待ち下さいませ!

祝!デラックス・エディション度 ☆☆☆☆☆ | ソウルの巨人度 ☆☆☆☆☆ | 気になる「ヨーロッパのオーティス・レディング」の別ヴァージョン度 ☆☆☆☆☆ | ソウル名盤デラックス・エディション発売継続悲願度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:16:42Comments(1)TrackBack(1) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

MARIE QUEENIE LYONS / SOUL FEVER バラードもなかなかの南部出身実力派シンガー唯一のアルバム、ファンキー・ソウル人気盤世界初CD化!

2008-03-04

8891.jpg MARIE QUEENIE LYONS / SOUL FEVER (VAMPI SOUL)

イタリアのVAMPI SOULなるレーベルをご存知でしょうか?イタリア人らしい(?)自由なチョイスでラテン、ジャズ、ソウルと幅広いジャンルの作品を世に送り出しているこのレーベル。CDはもちろんLP、そして7インチ・シングルまでをもリイシューしている彼らから仰天!ソウル・ファンが長きに渡り願っていた世界初CD化を実現してしまいました。それがこちらのMARIE QUEENIE LYONSの唯一のアルバム「SOUL FEVER」であります。

同レーベルからリリースされたソウル・リイシュー作品といえばBARRY WHITEにはじまりSLY & THE FAMILY STONEBILLY PRESTONWILLIE HENDERSONに、JOHNNY ADAMSMICKEY MURRAYと、わりと何かしらで聴けるようなアーティストが主でしたが、これには驚きました。

KING〜FEDERAL〜DELUXE音源を編集したコンピレーション「CRASH OF THUNDER」をリリースした時にすでに「ん?これはくるかも?」という予想はしておりましたが、お見事。まぁファンキーな音が好みなVAMPI SOULらしいリイシューといえばそのとおりなのでございますが。

収録内容
1. See And Don't See
2. Daddy's House
3. You Used Me
4. Your Thing Ain't No Good Without My Thing
5. Snake In The Grass
6. Your Key Don't Fit It No More
7. Fever
8. I Don't Want Nobody To Have It But You
9. We'll Cry Together
10. I'll Drown In My Own Tears
11. I Want My Freedom
12. Try Me

LPストレート・リイシュー(DELUXE音源はシングル含めてこの12曲しか存在しない)。彼女を語る上で欠かせないのがJAMES BROWNであろう。彼との直接的な関わりは不明だが、彼女本人はJBに憧れていたようだ。それでデビューがKING傘下のDELUXEってんですから... 何かあったんでしょうかねぇ。

ゴスペル出身らしいシャウトっぷりを聴かせる歌声。英BGP発のファンク・コンピレーション「KING FUNK」などにも収録されたファンキーな楽曲ばかりがフィーチャーされている彼女ですが、いや、バラードもなかなか。いかにも南部らしいバラードを聴かせてくれます。

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 田舎の娘がJBに憧れデビュー度 ☆☆☆☆☆ | ファンキー度 ☆☆☆☆☆ | サザン・ソウル的バラード・ナンバーもグー度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:29:58Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

DORIS DUKE / WOMAN ディープ・レディ75年作COMTEMPO原盤が世界初CD化!英RPM/SHOUT!の今後のリリースも期待!

2008-02-16

8798.jpg DORIS DUKE / WOMAN (RPM/SHOUT!)

05年に英KENTよりSWAMP DOGGプロデュースによるキャプリコーン・スタジオ録音の名作「I'M A LOSER」がCD化(オリジナル・ジャケットでは過去にPヴァインからCD化されるも今は廃盤)されたジョージア州出身のディープ・ソウル・レディ、DORIS DUKEのCOMTEMPO原盤75年作が世界初(おそらく?)CD化!

張り詰めたような緊張感溢れたその歌唱力。そのご立派な体格どおり実力を見せつける楽曲群。同時代に活躍したディープ・レディの中でも、よりゴスペル出身であることをうかがわせる迫力十分な歌声が魅力である。

収録内容
1. Woman Of the Ghetto
2. Hey Lady
3. Love Is Here And Now You're Gone
4. Pick Up The Pieces
5. Please Come Back
6. Grasshopper
7. To Chicago With Love
8. Little Bit Of Your Love
9. Full Time Woman

再発をしてくれたのは毎度、入荷が遅れまして大変ご迷惑をお掛けいたしております英RPM/SHOUT!レーベル。同じくCOMTEMPO原盤ではOSCAR TONEY JR.をリリースしたばかり。このレーベルも実に幅広いレーベルからのリイシューができるようで、KNIGHT BROTHERSDON VARNERANNA KINGあたりはソウル・ファンには待望のCD化であった。

さらにディープな未CD化アイテムのリイシューをお願いしつつ、実現してくれるといいなぁ〜と心から願うとともに...ちゃんと発売日どおりに出荷してね...と嘆くのでありました。

女の道度 ☆☆☆☆☆ | COMTEMPOにもう一枚LPが?度 ☆☆☆ | 英RPM/SHOUT!期待度 ☆☆☆☆☆ | しっかり入荷させます!度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 14:30:57Comments(0)TrackBack(1) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

LOUIS WILLIAMS & THE OVATIONS / ONE IN A MILLION 後期オヴェイションズ再CD化!ルイス・ウィリアムスの歌声にやはり昇天!

2008-02-07

8746.jpg LOUIS WILLIAMS & THE OVATIONS / ONE IN A MILLION: THE XL/SOUNDS OF MEMPHIS RECORDINGS (KENT)

悲願成就!英KENTが心を込めてお届けいたしますOVATIONS(今作はLOUIS WILLIAMS & THE OVATIONS名義での発売)のGOLDWAX後の作品集!題して「ONE IN A MILLION: THE XL/SOUNDS OF MEMPHIS RECORDINGS」!2008年も英KENTは老舗らしいラインナップをリリースしてくれるであろうと思っておりましたが、さっそく3月下旬の新作(入荷は4月の予定)でいきなりの年間ベスト・クラスのリリースを敢行です。

思えば昨年にXLとSOUNDS OF MEMPHISの作品集「CAN'T BE SATISFIED: THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY」をリリースしたころから、皆さまやはり期待されていましたよね!? そんな期待に見事に応えてくれる英KENTさん、流石であります。

このOVATIONSのGOLDWAX以降の後期作品は、過去に「ハヴィング・ア・パーティー」(PCD-1203) 、「フックト・オン・ア・フィーリング」(PCD-1310) としてPヴァインよりCD化されていましたが、ご承知のとおりすでに廃盤。中古市場でも驚くべき高値で取引されている。そんな彼らのXL〜SOUNDS OF MEMPHIS録音集、しばらくぶりに日の目を見ることとなりました。

収録内容
1. Hooked On A Feeling
2. I Can't Be Satisfied
3. One In A Million
4. Take It From One Who Knows
5. So Nice To Be Loved By You
6. Touching Me
7. Don't Break Your Promise
8. You'll Never Know
9. Soul Train
10. Having A Party
11. I Can't Believe It's Over
12. Don't Say You Love Me (If You Don't Mean It)
13. I'm In Love
14. Pure Natural Love
15. Sweet Thing
16. Till I Find Some Way
17. I Care For You
18. Hangin' On
19. I Can't Believe It's Over (slow)
20. You're My Little Girl
21. Gotta Get Free

後期の彼らにはオリジナル・アルバムが2枚存在する。「HOOKED ON A FEELING」(SOUNDS OF MEMPHIS 7001)、そして「HAVING A PARTY」(MGM 4945)がそれだ。その形に沿ったCD化がなされたのが前述したPヴァイン盤。さらにヴィヴィド・サウンドからそれ以降のシングルなどで構成された「スウィート・シング」(VSCD-0016/廃盤)というアルバムも発売されている。

それらの音源がすべて収録されているわけではないですが、一先ずはいつでも身近にいれるということで。過去にリリースされた前述の3枚のCDに未収録の音源が、今回のこのCDに収録されているかは要調査でございます。

DAN GREERとGEORGE JACKSONのサウンズ・オブ・メンフィスのマイルドな音に絡むルイの歌声。サウンドは甘くスウィートな香りを漂わせつつも、歌は気迫のこもったサム・クック後継。GOLDWAX期はもちろん絶対ですが、これも唯一無二の音であります。兎に角、いつでも手に取れるところに彼がいることの喜び...

さぁ、今年もサザン・ソウル復権の狼煙を上げるに相応しいタイトルのリリースが実現!この後も大いに期待してしまう、我らがサザン・ソウル・ファンなのであります!

・黒汁通信「CAN'T BE SATISFIED: THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY」記事

祝!再CD化!度 ☆☆☆☆☆ | ルイに昇天度 ☆☆☆☆☆ | 2008年もサザン・ソウル復権度 ☆☆☆☆☆ | 英KENTへ敬意を表して度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:41:53Comments(2)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

MARY GRESHAM / VOICE FROM THE SHADOWS 知られざるディープ・シスター68〜77年MUSCLE SHOALS〜FAME他、録音集は未発表20曲!

2008-02-03

8726.jpg MARY GRESHAM / VOICE FROM THE SHADOWS (SOULSCAPE)

2007年日本、いや、世界のディープ・ソウル・シーンを震撼させた英SOULSCAPEの諸作品リリース。GARRY J. CAPE氏によるソウル魂に溢れた作品のクオリティ、そしてその熱意に感激させられ、そして泪した。そんなSOULSCAPE、2008年もやってくれそうです。さっそく新作インフォメーションが到着。おぉ!? これは誰ですかッ!?

私この方、存じ上げませんでした。MARY GRESHAMという知られざるディープ・シスターの作品集。サブタイトル「THE STORY OF A MUSCLE SHOALS SOUL SISTERS」のとおり、68〜77年までのMUSCLE SHOALS、FAME、PLAYGROUNDなどサザン・ソウルの名スタジオで録音された音源集。しかし!その内容を見て驚愕!な、なんと収録曲24曲中、未発表曲が20曲!?

収録内容
1. Let's Walk Down The Street Together
2. The Woman In Me
3. Going Through The Changes
4. Motivation
5. Just You And Me
6. Spend A Little Time (Loving The World)
7. Try(Just A Little Bit Harder)
8. Get On Back On The Right Track
9. Rainin' In My Heart
10. The Colour Of Man
11. I'll Never Let You Walk Alone
12. Leaving Me
13. Use Me
14. You've Been Doing Wrong For So Long
15. I Want To Be Loved
16. I'm Not Made For Love
17. Nobody's Gonna Turn Me Against You
18. Sorry We Didn't Make It
19. You've Never Really Lived
20. Promises Are Not To Be Broken
21. His Love Can Be No Stronger
22. Stay There And Try To Be Strong
23. We Are So In Love
24. So Many Ways

(1)でいきなりごっついディープな男性シンガー(誰っ!?)とのデュエットではじまり仰天。彼女自身の歌声は張りのある少し高めの声質で、ハツラツとした印象を受ける。アップ群では抜群のノリを聴かせてくれます。スロウもなかなか味わい深い。前半の60年代はまだ若さを感じさせるが、後半の70年代の楽曲群では貫禄を感じさせるような大きなスケールの歌いっぷりである。

それにしてもサウンド〜楽曲は完璧の一言に尽きる。そりゃそうです。プロデューサーはTERRY WOODFORD、CLAYTON IVEY、JIMMY JOHNSONにROGER HAWKINS、そしてJERRY WEAVERにFINELEY DUNCANという錚々たるメンツが担っているのですから。

GARRY氏HPもデザインを一新。新たな門出を飾る記念すべき2008年SOULSCAPE第一作目。今年も期待して止まないのであります。

GARRY J. CAPE氏ホーム・ページ

幻のサザン・ソウル・シスター度 ☆☆☆☆☆ | 驚愕の未発表音源集度 ☆☆☆☆☆ | 2007年の感謝度 ☆☆☆☆☆ | そして2008年も感動を度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 22:15:13Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

ソウル・チルドレン / ファインダーズ・キーパーズ EPIC移籍第一作目にして彼らの代表作となる76年作!

2008-01-29

8703.jpg ソウル・チルドレン / ファインダーズ・キーパーズ (ソニー・ミュージック・エンターテイメント)

今のサザ・ンコンテンポラリー・シーンを引っ張る男、J・ブラックフットが在籍していたというのは言わずもがな、ハイにシングルを残しているノーマン・ウェストとの男同士の歌対決、そして女性陣ジェルブラ・ベネットとアニタ・ルイスからなる、コーラス・ワークで聴かせるのではなく、各々のリードの取り合いを楽しむという稀有のヴォーカル・グループ、それがこのソウル・チルドレンだ。

ご存知スタックス買収後のレーベルの看板グループとして不動の地位を確立した、サザン・ソウル・ヴォーカル・グループである彼(彼女)らが、その古巣であるスタックスの倒産後に移籍したのがCOLOMBIA傘下のEPICだった。

昨日ご紹介したジョニー・テイラー、さらに「THE GLORIOUS SOUL GEMS」第一弾アンコールプレスが実現したボビー・ウーマック、そしてZ.Z.ヒル(「LET'S MAKE A DEAL」は文句なしの名作!未聴の方はぜひ廃盤デッド・ストック入荷中の英WESTSIDE盤を)らとともに、新しいサザン・ソウルの形を模索したのが70年代後半のCOLOMBIAであった。このアルバムは移籍第一弾となるグループ第二期の船出を飾る屈指の名作なのであります。

収録内容
1. ハイウェイ
2. グッドバイ・イズ・ノット・ジ・オンリー・ウェイ
3. ウイ・ガット・トゥ・ゲット・アワ・シング・トゥゲザー
4. イフ・ユー・ムーブ・アイル・フォール
5. ア・リトル・アンダスタンディング
6. ミッドナイト・サンシャイン
7. ファインダーズ・キーパーズ
8. アイム・ジャスト・ア・ショルダー・トゥ・クライ・オン
9. ワン・ブロークン・ホーム・フォー・セイル
10. ホエア・イズ・ユア・ウーマン・トゥナイト *
11. メリー・ゴー・ランド *

まずメムバーはジェルブラ・ベネットが抜けて3人に。ますます男の戦いに拍車をかける形となっている。それに見事応えたのがやはりJ・ブラックフットであろう。(4)における彼の歌声はまさに神憑りものである。そんなスロウはもちろん、アップもプロデューサーがドン・デイヴィスに代わったことでより磨きがかかった。駄曲皆無、まさに名盤であります。

実はまだちょこっと流通されているSRCS規格の通常プラ・ケース盤には未収録のボーナス・トラックとしてEPICからの2作目「WHERE IS YOUR WOMEN TONIGHT?」(ESCA規格でCD化されるも廃盤)収録の2曲を追加収録。名盤よ、永遠に。

祝!紙ジャケ化度 ☆☆☆☆☆ | 名作度 ☆☆☆☆☆ | J・ブラックフットの凄さ度 ☆☆☆☆☆ | 「THE GLORIOUS SOUL GEMS」全19タイトルでソウル界は2008年、一気に沸点へ度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:07:23Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

ジョニー・テイラー / シーズ・キリング・ミー 祝!世界初CD化!COLUMBIA期の傑作アルバム79年作は彼の中期の代表作!

2008-01-28

8700.jpg ジョニー・テイラー / シーズ・キリング・ミー (ソニー・ミュージック・エンターテイメント)

忘れられない男、ジョニー・テイラー。スタックス時代は言わずもがな、続くCOLUMBIA期、BEVERLY GLENN、そしてMALACO...いつの時代にもその歌声には泪させられる。そんなジョニーのCOLUMBIA期といえば何と言っても"ディスコ・レイディ"のヒットというのが世論。しかし、熱心なソウル・ファンに言わせるならばこの79年作「シーズ・キリング・ミー」収録の"プレイ・サムシング・プリティ"こそがCOLUMBIA期のベストである。

ディスコ期にヒット曲を持ったサザン・シンガーは数少なく、いずれの名シンガーも不毛な時代を送ったわけですが、彼は見事にそこでも華を咲かせた。しかし、その時代の辛さを実感したのが誰よりも彼自身であったに違いない。そんなシンガーとしての鬱憤を晴らすかのような名唱が収められたのがこの作品なのであります。

収録内容
1. リトル・ダンシン・クイーン
2. プレイ・サムシング・プリティ
3. シーズ・キリング・ミー
4. ユーザーズ
5. ラヴ・アカウント
6. プリング・ザ・トレイン
7. アイ・キャント・リーヴ・ユア・ラヴ・アローン
8. アイ・ゴット・ジス・シング・フォー・ユア・ラヴ *
9. ベイビー・レイ・ダウン *
10. シルヴィア *

ここにめでたく世界初CD化。同期のCD化はベスト盤「RATED EXTRAORDINAIRE + DISCO 9000」の2イン1、「EARGASM」(廃盤)のみの様子。世界に誇るべき日本オンリーCD化が、ソウル界にまたひとつ生まれました。

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 名作度 ☆☆☆☆☆ | ボナトラも嬉し度 ☆☆☆☆☆ | 「THE GLORIOUS SOUL GEMS」全19タイトルでソウル界は2008年、一気に沸点へ度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 02:04:15Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

BOBBY WOMACK / HOME IS WHERE THE HEART IS + PIECES 祝!COLUMBIA期70年代ボビーの名作2イン1でCD化!

2008-01-10

8606.jpg BOBBY WOMACK / HOME IS WHERE THE HEART IS + PIECES (SOUL BROTHER)

サム・クックを継承した男、ボビーの70年代後半COLUMBIA在籍時のアルバム2枚を丸々収めてCD化!英SOUL BROTHERにしては意外にもストレートなリイシューでちょっと驚き?かと思いきや、実は同僚の英EXPANSIONがその次のARISTA期の「ROADS OF LIFE」をストレート・リイシューしたりして、あら?何かボビー熱、キテます?

昨日ご紹介いたしましたソニー・ミュージックからの「THE GLORIOUS SOUL GEMS」では、そのCOLUMBIA期の片方「HOME IS WHERE THE HEART IS 」(邦題: 我が魂の故郷)が紙ジャケで出たり、時代、レーベルを越えたベスト盤「THE BEST OF BOBBY WOMACK: THE LAST SOUL MAN」がリリース予定だったり。

収録内容
1. Home Is Where The Heart Is
2. Just A Little Bit Salty
3. Standing In The Safety Zone
4. One More Chance On Love
5. How Long (Has This Been Goin' On)
6. I Could Never Be Satisfied
7. Something For My Head
8. Change Is Gonna Come
9. We've Only Just Begun
10. It's Party Time
11. Trust Your Heart
12. Stop Before We Start - Womack, Bobby & Candi Staton
13. When Love Begins Friendship Ends
14. Wind It Up
15. Is This The Thanks I Get
16. Caught Up In The Middle
17. Never Let Nothing Get The Best Of You

歌手ボビーの原点回帰となった前者と、DAVID RUFFINCANDI STATONの参加が話題となった後者。どちらも全盛期UNITED ARTIST(UA)期を経て得た、円熟味。

この後にあの名盤「THE POET」「THE POET II」「SOMEDAY WE'LL ALL BE FREE」の"ポエット三部作"(国内盤紙ジャケ発売中止無念ッ)を含む、第二の全盛期を迎えるワケですから、あらためまして何とも凄いお人です。

これ、ひょっとして...新作期待しちゃったりして、よかですか!?

祝!2イン1度 ☆☆☆☆☆ | なんとデビュー40周年度 ☆☆☆☆☆ | やはり偉大だ度 ☆☆☆☆☆ | 新作を大いに期待度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:04:37Comments(2)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

O.V.ライト / O.V.ボックス O.V.ライト・ボックス復刻!紙ジャケ化!オリ特 『秘蔵インタビュー音源CD-R』 ついに発売!

2007-12-19

OVボックス

O.V.ライト / O.V.ボックス (Pヴァイン)
初回限定生産/紙ジャケット仕様/CD 5枚組 13,000円(税込)

Pヴァインの皆さま方、そして関係各位、ご協力を頂いております皆さまへ感謝の気持ちでいっぱいであります。本当に有り難うございます。ついに発売です!どうですか!? この中身の写真!もうこれだけで興奮必至!泪モンでございます!

写真のご説明
上段: OVボックスとその中身(紙ジャケット仕様!)
下段左: 上から見たOVボックス
下段右: 内箱はこだわりの"OVカット"仕様!

こ、こ、こだわりの"OVカット"!? そうなんです!外箱は赤、オレンジ、緑の1990年発売のボックスのカラーを再現。しかし、紙ジャケット仕様になり、一体これをどうやって収納するのか?...と、すったもんだディレクター様が考えられたのがこの"OVカット"なる黒い内箱なのであります!何が"OVカット"か!? と申しますと...

真ん中の穴が "O" で、上の三角のところが "V" なのであります。

この遊び心...いやはや、感服でございます。股、この箱にジャケット5枚とライナー・ノーツを収納して、それを外箱に収める瞬間の、なんと快感なことッ!(もちろん出す瞬間も堪りませんが!)

O.V.ライト秘蔵の肉声インタビュー音源CD-R

『O.V.ライト秘蔵の肉声インタビュー音源CD-R』

そして、こちらも泪モンのディスクユニオン特典「O.V.ライト肉声インタビュー」。私のようなソウル新参者、O.V.の来日時1979年といえばまだ校庭走り回っていたよーなお子ちゃまだった輩にはもう、この声を聞けるというだけで奇跡ですもの。そして、その話している内容の深さにまたまた泪...!このインタビューを聞いた後にO.V.の歌声を聴くと、そりゃぁもう説得力抜群でございます。

ともあれ、この冬はO.V.ライトの歌声とともに新年を迎えたいと思います。いやぁ、ディープ。やっぱりソウルはこうでなくては!

絶賛発売中!初回限定生産につき、お早めにどうぞ!

O.V.ボックス記事その1
O.V.ボックス記事その2
O.V.ボックス記事その3

祝!発売!度 ☆☆☆☆☆ | 生声に感動度 ☆☆☆☆☆ | ディープ・ソウル神度 ☆☆☆☆☆ | ソウル界世界遺産度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 00:12:13Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP

SANDRA WRIGHT + JAMES GOVAN / THE BROADWAY SOUND SESSIONS 今年最後のリリースもサザン・ファンを喜ばせてくれる逸品!

2007-12-17

8520.jpg SANDRA WRIGHT + JAMES GOVAN / THE BROADWAY SOUND SESSIONS: CLASSIC SOUTHERN SOUL FROM MUSCLE SHOALS (SOULSCAPE)

2007年のソウル・リイシュー界隈を騒がせたのは何といってもこの英SOULSCAPEでしょう。英GRAPEVINEのGARRY J. CAPE氏が新たに立ち上げたこのSOULCAPE。まさに日本人、そして英国人が心から欲していた"ディープ・ソウル"を見事に盛り上げてくれた。2006年、BILL CODAY「ライト・オン・ベイビー: ザ・クレイジョン・レコーディングス」などで盛り上がったディープ復権の到来(?)が、2007年にこの英SOULSCAPEのBILL BRANDONTONY BORDERS、そしていよいよ明日より店頭販売開始となるO.V. WRIGHT「OVボックス」発売へと繋がった。いやはや、いい一年でした。

そんな英SOULSCAPEから今年最後のリリースが本日、入荷いたしました。ご存知の方は「懐かしいなぁ」と思われるでしょう。以前、同じく英国(たしかDEMONだったか?)よりリリースされたSANDRA WRIGHTとJAMES GOVANの2枚のアルバムを1枚のCDに詰め込んだ、これ股、ディープ・ソウル・ファンに嬉しい再CD化であります!

収録内容
SANDRA WRIGHT / WOUNDED WOMAN (74年録音)
1. Wounded Woman
2. The Sha-La Bandit
3. I'm Not Strong Enough To Love You Again
4. I Come Running Back
5. Lovin' You, Lovin' Me
6. A Man Can't Be A Man (Without A Woman)
7. Midnight Affair
8. I'll See You Through
9. Please Don't Say Goodbye

JAMES GOVAN / I'M IN NEED (82年録音)
10. Jealous Kind
11. Uphill Climb
12. Tell You About My Girl
13. Staring All Over Again
14. Oh What A Price
15. Help Me I'm In Need
16. Love(I Thought I Would Never Find Love)
17. Don't Give Up The Ship
18. You Left The Water Running
19. We Had It All

名前後のタイトルは前述の別々で発売された際のタイトル。(ジャケも写真下部に入れてみました。)CDはUK盤、US盤ともに廃盤、探すのは相当難しい状況だっただけに嬉しい再CD化であります。マスルショールズの面々が奏でるコンテンポラリー・ディープの名作、衝撃再び!

祝!再CD化度 ☆☆☆☆☆ | やはりディープ・ソウルはえぇのぅ度 ☆☆☆☆☆ | 英SOULSCAPEは本年度レーベル・オブ・ザ・イヤー度 ☆☆☆☆☆ | 来年も何卒、宜しくお願い申し上げます、GARRY氏!度 ☆☆☆☆☆

Posted by kurojiru at 17:42:07Comments(0)TrackBack(0) │サザン/ディープ・ソウル 黒汁通信 TOP
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited