黒汁通信

ソウル〜インディ・ソウル〜R&Bのウラ、オモテ、ソコやらアソコをより深く弄るバイヤー業の日々を赤裸々に綴ります。

TOMMY TATE / HOLD ON: THE JACKSON SESSIONS RARE AND UNRELEASED 79年国内オンリーLP「ホールド・オン」が追加曲収録でCD化!

2008-05-30

9353.jpg TOMMY TATE / HOLD ON: THE JACKSON SESSIONS RARE AND UNRELEASED (SOULSCAPE)

昨年の暮れにもこちら黒汁通信でご紹介させて頂きました英KENTからのKO KO音源集「I'M SO SATISFIED: THE COMPLETE KO KO RECORDINGS AND MORE」の発売も記憶に新しいTOMMY TATE。サザン・ソウル・ファンの国、我が国、日本人の心を掴んで離さない彼。そんな日本との縁を感じずにはいられないのが、79年にあのヴィヴィド・サウンドから国内盤のみでリリースされた完全未発表アルバム「ホールド・オン」(VS-1017)の存在である。

どういった経由で国内盤LPのみで発売となったのかは近日、私の手元に届くであろう同盤のライナーノーツを楽しみにするといたしまして、そう、30年近くの時を経て、そのLP収録曲がなんとあの英SOULSCAPEからCD化となります。いや、さすがは目の付け所が違いますぞ、GARRY氏。サザン〜ディープ・ソウル・ファンを唸らせるようなリリース連続の英SOULSCAPE。ひと昔前の日本人の得意分野を、CD化という形で次々と切り開いてくれております!

収録内容
1. Stand By Me
2. The Whole World Is The Same
3. Where Did I Go
4. Friend Of Mine *
5. My Wife *
6. Little Boy *
7. Get It Over Anyway *
8. I've Been Inpired To Love You *
9. All A Part Of Growing Up *
10. I'd Really Like To Know *
11. I Can't Do Enough For You Baby *
12. A Thousand Things To Say *
13. Hold On (To What We've Got) *
14. Something To Believe In *
15. Do You Think There's A Chance *
16. Cold And Lonely Man
17. Solid Straight And Sound
18. You're Not To Blame
19. So Hard To Let A Good Thing Go
20. Never Too Busy
21. Let Us Be Heard (A Prayer For Peace) **
22. Peace Is All Need **
23. Something Good Going On (Bonus Track)

* 「ホールド・オン」(VS-1017) 収録曲
** Jackson Sound盤

前述のヴィヴィド盤「ホールド・オン」収録の12曲に加え、11曲が足された全13曲。判明したのは(21)(22)のJACKSON SOUND盤シングル曲のみで、他の楽曲は現段階では出所は不明です。いや、もしかしてこれ、さらなる未発表の発見か!? インフォメーション原文は下記の続きをクリックして頂けると読めるのですが、そこには"his collection includes a number of Tate's songwriter demos"との記載があるとおり、未発表である可能性が高い。

日本人かかねてから愛して止まないシンガー、TOMMY TATE。永い年月を経て今、ようやく世界へ。今、彼は何をしているのでしょうか。いつまでも忘れないですよ、私たちは。

トミー・テイト / ホールド・オン
「トミー・テイト / ホールド・オン」 '79/LP (VIVID SOUND/VS-1017)

祝!CD化度 ☆☆☆☆☆ | 偉大なるサザン・ソウル・シンガー度 ☆☆☆☆☆ | そう、今思えばGRAPEVINEからリリースされたコンピレーション「TROUBLED WATERS: DEEP SOUL FROM THE DEEP SOUTH」にも2曲収録されていたんですね度 ☆☆☆☆☆ | あっぱれGARRY J. CAPE氏度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:02:40Comments(0)TrackBack(0)

テリー・ハフ&スペシャル・デリヴァリー / ロンリー・ワン 甘茶〜スウィート・ソウル屈指の名作が紙ジャケ化!そして特典は甘茶妄想帯!

2008-05-29

9348.jpg テリー・ハフ&スペシャル・デリヴァリー / ロンリー・ワン +4 (Pヴァイン)

妄想の世界へ、再び!P-VINE & ディスクユニオン プレゼンツ 〜 ソウル名盤 紙ジャケ 2タイトル発売記念 「妄想帯祭」 開催決定!まず第一弾は 7/18発売 「Mainstream Soul Gems テリー・ハフ&スペシャル・デリヴァリー」 紙ジャケ化!

ナマズ髭の天才ファルセッター、テリー・ハフによる甘茶〜スウィート・ソウル屈指の名作が待望の再CD化!Pヴァイン既発盤「ロンリー・ワン」(PCD-5554)、米KOCH盤「LONELY ONE」が揃って廃盤〜生産中止だっただけに、嬉しい再CD化であります。しかも既発のどちらのCDでも叶うことのなかったオリジナル・ジャケットでの再発!さらに悶絶!紙ジャケット仕様での発売!あのジャケットがミニチュア化され、紙ジャケットとなって蘇るなんて...手に取った瞬間を想像するだけでも心躍るファンも多いことと思います。

そんな甘茶ソウルの金字塔名作の紙ジャケ化。ディスクユニオンでお買い上げの方には、そんな感動をさらに倍増させるようなアイテムをオリジナル特典としてご用意させて頂きます。そう、久々に帰って参りました!一部のファンには猛烈に支持されている、好評 「70年代風 甘茶妄想帯」 のテリー・ハフ版を作ってしまいます!そしてお買い上げの方にもれなく差し上げます!

悶絶必至の甘茶アイテムが、より一層の香りを放って貴方の部屋を彩る... 額に入れて飾るもよし!紙ジャケに巻いてしまうもよし!お家でムフフとお楽しみ下さいませ。


ミルトン・ライト / フレンズ・アンド・バディーズ (Pヴァイン)

そして第二弾は 8/2発売 「Groove-Diggers ミルトン・ライト」 紙ジャケ!マイアミ・ソウルの雄、ミルトン・ライトによるフリー・ソウル・クラシック・アルバム(74年作)が待望の再CD化!こちらも既発国内盤オンリーCD(東芝EMI/TOCP-50154)が廃盤〜高騰中の今、絶妙なタイミングでの再CD化となります。さらにボーナス・トラックも収録予定とは、なんと至れり尽くせりな!

そしてこちらももちろん 「70年代風 甘茶妄想帯」 のミルトン・ライト版を制作、ディスクユニオンでお買い上げの方にもれなく差し上げます!(ミルトン・ライト はご予約開始まで今暫しお待ち下さい!)

P-VINEとディスクユニオンがお送りする、ソウル名盤への愛情溢れる黒汁妄想帯... 帯デザインは完成次第、当ページにてご紹介させて頂きます!ご期待してお待ち下さいませ!

黒汁だより 特集ページ

祝!再CD化度 ☆☆☆☆☆ | 歴史的な名盤よ、永遠に度 ☆☆☆☆☆ | やはりやってくれマスPヴァイン度 ☆☆☆☆☆ | 甘茶&マイアミ妄想帯期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:03:43Comments(2)TrackBack(0)

サーファー・ソウル〜アラウンド1980 全31タイトル!80'sファン〜AOR〜ブラコン・ファンも注目の国内企画!初回生産限定盤!

2008-05-28

サーファー・ソウル〜アラウンド1980 全31タイトル

盛り上がる海外80's再発事情についに日本も動いた!ユニバーサルからレイト70's〜アーリー80'sのアーバンAOR〜ソウル〜ディスコ・ソウルのオリジナル・アルバム再発が全30タイトル一挙CD化!そのシリーズ名はズバリ! 「サーファー・ソウル〜アラウンド1980」

ラインナップをご覧のとおり、世界初CD化アイテムから、過去にCD化されていたものの今や廃盤、中古市場で高騰していたアイテムたちがズラリと並ぶ。80'sファンのみならず、全ソウル・ファンが思わず引き込まれてしまいそうなヴォリューム感!今回の再発にともない全曲リマスターを施しての初回生産限定盤復刻です!

第一弾 7/23発売 「アーバン・ソウル(アーリー80's)編」 全15タイトル
1980年代初頭のアーバンAOR〜ソウルの名盤 + 編集盤1タイトル
オムニバス / サーファー・ソウル〜アラウンド1980
クール&ザ・ギャング / セレブレイト
クール&ザ・ギャング / サムシング・スペシャル
コン・ファンク・シャン / タッチ
アトランティック・スター / ブリリアンス
キャメオ / ナイツ・オブ・ザ・サウンド・テーブル
キャメオ / アリゲーター・ウーマン
L.T.D. / ラヴ・マジック
ジュニア / ママ・ユーストゥ・セイ
ヤーブロウ&ピープルズ / ヤーブロウ&ピープルズ
アリシア・マイヤーズ / アリシア
バーケイズ / プロポジションズ
セントラル・ライン / セントラル・ライン
クリーク / イッツ・ウィニング・タイム
クリーク / レッツ・ウェア・イット・アウト
グエン・ガスリー / ジャスト・フォー・ユー

第ニ弾 8/20発売 「ディスコティック・ソウル(レイト70's)編」 全15タイトル
1970年代末のディスコ・ソウルの名盤
○ ダイアナ・ロス / ザ・ボス
○ コン・ファンク・シャン / シークレッツ
○ コン・ファンク・シャン / ラヴ・シャイン
○ コン・ファンク・シャン / キャンディ
○ アトランティック・スター / ストレート・トゥ・ザ・ポイント
○ ルーファス・フィーチャリング・チャカ・カーン / マスタージャム
○ ステファニー・ミルズ / ホワッチャ・ゴナ・ドゥ・ウィズ・ラヴィン
○ ブラザーズ・ジョンソン / ブラム!
○ ワン・ウェイ / ワン・ウェイ・フィーチャリング・アル・ハドソン
○ アルトン・マクレイン&デスティニー / クレイジー・ラヴ
○ ベル&ジェームス / ベル&ジェームス
○ グロリア・ゲイナー / ラヴ・トラックス
○ ハミルトン・ボハノン / サマータイム・グルーヴ
○ ロイ・エアーズ / ノー・ストレンジャー・トゥ・ラヴ
○ ビーチズ&ハーブ / ワース・ザ・ウェイト

* 第二弾のご予約は6月下旬頃の開始を予定いたしております。

各々1,600円(税込)/コンピレーションのみ 2,000円(税込)

僕たちは、こんな曲で口説いてた...R45のチョイ悪遊び人世代に贈る、"1980年頃"に一世を風靡した懐かしサーファー・ソウル&ディスコ・ソウル復刻企画!名盤オリジナル・アルバム30タイトルとダイジェスト・コンピレーション1タイトルの合計全31タイトル。大人の洋楽ファン垂涎! 〜インフォメーションより抜粋

当時をリアルタイムで体験されている方には、懐かしさとともに込み上げる胸キュン度数はかなり高いものと思われます。もちろん当時のディスコ〜サーファー・ソウルを経験していないファンにも心トキメク名曲、名盤の数々。こんな企画を待っておりました!発売まで心して待ちましょう!

黒汁だより 特集ページ

一挙怒涛の30タイトル再発CD化!度 ☆☆☆☆☆ | お値段もググッとリーズナブルなのに全曲リマスターとは仰天度 ☆☆☆☆☆ | どれが世界初CD化なのかが調べるのも一苦労度 ☆☆☆☆☆ | 80's市場はまさに炎上中度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:03:30Comments(2)TrackBack(1)

SKOOL BOYZ / SKOOL BOYZ STAN SHEPPARDが在籍したBY ALL MEANSの前身グループの記念すべきファースト・アルバムが世界初CD化!

2008-05-27

9333.jpg SKOOL BOYZ / SKOOL BOYZ (SURFACE RECORDS)

80's/ブラコン/AORシーンにおいて、いまや押しも押されぬ最重要レーベルの一つとしてシーンを牽引するFUNKY TOWN GROOVESによるリイシュー・レーベル、BLUE BIRD RECORDSが、サブ・レーベルFINESSE RECORDSに続き新たなレーベル、SURFACE RECORDSを始動!STAN SHEPPARDが在籍したBY ALL MEANSの前身グループ、SKOOL BOYZの81年ファーストが世界初CD化。アーバン・ファンクの隠れた名盤!

80年代後半、クワイエット・ストームの流れの中でプロデューサーとして頭角を現し、BY ALL MEANSを始め、GERALD ALSTON、GENE RICEなどの作品で敏腕を振るったSTAN SHEPPARD。彼がそのキャリアの初期に在籍し、3枚のアルバムを残したグループSKOOL BOYZの81年ファースト・アルバム。

リーダーのCHAUNCEY MATTHEWS、後にBY ALL MEANSにも参加するスタンの弟、BILLY SHEPPARDを含む4人のメンバーで制作された本作は、全体としては洗練されたアーバン・コンテンポラリーなテイストの中、80年代初頭らしい勢いに溢れたファンク・チューンと後のBY ALL MEANSやスタンのプロデュース・ワークで完成を見るムーディなスロウ〜ミディアムが共に充実したアルバム。

収録内容
1. Your Love
2. Jam Beneath The Groove
3. Can We Do It Again
4. This Feeling Must Be Real
5. Burning Up
6. I Ain't Gonna Go Searching
7. You Took The Best Part Of Me
8. You Can Get Down

前者ではまず強力なデジタル・ファンク"Can We Do It Again"や"Jam Beneath The Groove"、ベースも強烈なオーソドックスなゴリゴリ・タイプ"You Can Get Down"、そして今なら一番需要の高そうな柔らかな質感のミディアム・グルーヴ"Burning Up"が素晴らしい。後者も"Your Love"、"This Feeling Must Be Real" "You Took The Best Part Of Me"などさすがの安定感。

80'sファンク〜ブラック・コンテンポラリー・ファン待望の世界初CD化!これからもBLUE BIRD RECORDS〜FINESSE RECORDS、そしてこのSURFACE RECORDSから目が離せそうにありません。

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | STAN SHEPPARDの才能光る隠れた名作度 ☆☆☆☆☆ | 新鋭SURFACE RECORDS期待度 ☆☆☆☆☆ | 同時発売予定はPASSAGE度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:05:45Comments(0)TrackBack(0)

PASSAGE / PASSAGE あのBROTHERS JOHNSONのLOUIS JOHNSONによるCCMサウンド・プロジェクト唯一の作品が世界初CD化!

2008-05-26

9330.jpg PASSAGE / PASSAGE (SURFACE RECORDS)

80's/ブラコン/AORシーンにおいて、いまや押しも押されぬ最重要レーベルの一つとしてシーンを牽引するFUNKY TOWN GROOVESによるリイシュー・レーベル、BLUE BIRD RECORDSが、サブ・レーベルFINESSE RECORDSに続き新たなレーベル、SURFACE RECORDSを始動!ご存知、BROTHERS JOHNSONのグレイト・ベーシスト、LOUIS JOHNSONによるCCMサウンド・プロジェクト、PASSAGEの唯一となる81年作を見事世界初CD化!

メンバーは前述LOUIS JOHNSON (vo.b.g.ky.)にその奥方であるVALERIE JOHNSON (vo.)、そしてBROTHERS JOHNSONのパーカッショニスト、RICHARD HEATH (vo.per.)で構成。いわゆるBROTHERS JOHNSONの別働クリスチャン・コンテンポラリー・ミュージック〜コンテンポラリー・ゴスペル・ユニットという位置付け。よってクリスチャン・ミュージックのソングライター〜アレンジャーも参加。もちろんQUINCY JONESの恩恵も受けている。

希有なブラコン名作として、コアなファンや好事家からは信頼を受けるも、BROTHERS JOHNSONの華やかなキャリアには及ばず、大きな注目を集める機会も少なかっただけにこのCD化を期に一般に正当な評価をして頂きたい隠れた逸品。

収録内容
1. Have You Heard The Word
2. You Can't Be Livin'
3. Faith Walking People
4. I See The Light
5. The Great Flood
6. Open Up Your Heart
7. Power
8. Love Eyes
9. The Son Will Come Again

AORフリークからの眼差しもアツいライトなメロウ感覚と、ダンサブルかつソフィスティケイトされたモダン・サウンドは過渡な同系メジャー〜ヒット作と比べてもなんら遜色はなく、生粋のブラコン・マニアからクラブDJまで幅広くアプローチ可能な優れた楽曲に仕上がっており、特にダンサー群での最たる所は、ドラマティックな展開に感情高ぶるストリングスに美しいピアノのリフが終始フロアを至福の高揚感で包み込む"I See The Light"で、とにかく非の打ち所のないパーフェクト・ソングとしてズバ抜けた完成度を見せ付ける。当アルバムのコンセプトを体現したであろう"Have You Heard The World"や"Power"といったダンサー/ファンク群も聴きどころとして挙げておきたい。

更には清々しいメロウネスとやさしさに溢れたライトなミディアム・ナンバーも高水準。さすがのLOUIS JOHNSONなセンス溢れるコンポージングとサウンド・プロダクションはファンク〜ブラコン・ファンのみならずメロウ・フュージョン〜AORファンも注目の一枚です。

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | モダン・テイスト度 ☆☆☆☆☆ | 新鋭SURFACE RECORDS期待度 ☆☆☆☆☆ | 同時発売予定はあのSKOOL BOYZファースト度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:42:27Comments(2)TrackBack(0)

WINDJAMMER / II 英FINESSE RECORDSからついに真打登場!代表作84年作セカンド・アルバムが世界初CD化!

2008-05-25

9322.jpg WINDJAMMER / II (FINESSE RECORDS)

80'sファン誰もが切望したおなじみの名作から改めて再評価となった隠れた名作を初CD化、さらには中古市場で価格高騰している廃盤アイテムの再CD化と、他の追随を許さない勢いでリリースラッシュを続け一気にシーンの主役へと躍り出た英BLUE BIRD RECORDSを擁するFUNKY TOWN GROOVESによるサブ・レーベルFINESSE RECORDSの最新リイシュー!

先日の85年の3作目「WINDJAMMER III」で初のCD化となったニューオーリンズ出身の6人組ファンク・バンド、WINDJAMMERの最高傑作として根強い人気を誇る84年セカンド・アルバム「WINDJAMMER II」が世界初CD化!

グループを率いるのはVO.からギター/ヴォコーダー/シンセサイザーを多彩にこなし、さらにはプロデュースも兼ねるKEVIN MCLIN。昨今のモダン・ソウルの盛り上がりとともにメロウ〜フュージョン・サウンドからAORの再評価とともにシーンの需要も増し、グループ名にもなった"帆船"のイメージをそのままに心地よいグルーヴにソフトなヴォーカルはファンク〜ミディアム〜メロウと遜色なしに高水準なサウンドを体現した稀代の実力派バンド。

収録内容
1. Live Without Your Love
2. Tossing And Turning
3. Anxiously Waiting
4. Am I Right
5. Call Me Up
6. You're Out The Box
7. Sneak Attack
8. Stay Part II
9. I'll Always Love You
10. Dive Inside My Love

何を置いても今現在のクラブ・シーンでも高い人気を誇るまさに"クラシック"として当グループの代名詞となっている"Tossing and turning"がハイライト!心地よいグルーヴに陶酔するメロウネス、微かに煙るダビーなエフェクト、キャッチーかつ哀愁溢れるこの上なく洗練された美しいサウンド・プロダクションはブラコン/AORフリークへ直球のサマー・メロウ・フュージョン極上の名作として、秀逸揃いの本作でもズバ抜けた存在感で魅了する。

またスロウ〜バラッドもグループ・カラーに裏打ちされた"心地よさ"と、込み上げる"甘酸っぱさ"を見事に感じさせる"live Without Yuor Love"を筆頭に高水準。ファーストからの再録となる"Stay Part II" "I'll Always Love You"も重要なアクセントとして当アルバムの完成度を高めている。

センス溢れるコンポージングとサウンド・プロダクション。ファンク〜ブラコン・ファンのみならずメロウ・フュージョン〜AORファンも注目の一枚です。

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 心地よさ度 ☆☆☆☆☆ | ジャケットの爽快なブリージンのイメージのまま度 ☆☆☆☆☆ | FINESSE RECORDSに続く新レーベル、SURFACE RECORDS始動!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:13:15Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / BOOGIE TIMES PRESENTS THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC VOL.8 衝撃の9TH CREATIONレア・ブギー収録!

2008-05-24

9318.jpg V.A. / BOOGIE TIMES PRESENTS THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC VOL.8 (BOOGIE TIMES)

超コレクタブルなセレクトで熱狂的な80'sファンを唸らせている仏BOOGIE TIMESが、その膨大なるコレクションの中から驚きのレア・トラックを世に送り続ける80'sレア・ファンク〜モダン・ソウル・コンピ「BOOGIE TIMES PRESENTS THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC」の最新作となる第8弾のリリースが決定!

今回も正に"GREAT COLLECTORS"の名に負けずウルトラ・レア〜なブギー・ファンク&モダン・ソウルのインディペンデント・プロダクツを12インチ〜7インチ問わず厳選、次元の違いを見せ付ける全12曲を見事にコンパイル!他の追随を許さぬ高みへと登りつめるべく、さらなる次元へ...

収録内容
1. You Can't Hide From The Boogie - Donna Washington
2. Buid A Fire - Linda Clifford
3. Dancer - La Famille
4. She's hot - Pulse
5. From Time - Mckenzie & Gardiner
6. I've Got My Eyes On You - Pretty Boys
7. What Is It - May Ervin
8. One And Only - Lisa O.
9. Where Do You Go From Here - Coalition
10. Love Crime(Extended Version) - 9th Creation
11. For You My Baby Love - The Gents
12. Keep On Dancing - Chris Beckers Band

特筆すべきはやはり(11)の9TH CREATIONでしょう。サンプリングネタとしても人気の"Bubble Gum"等のクラシック・ファンクでおなじみオークランド出身のファンク・バンドが、86年にリリースしていた4曲入りのミニ・アルバム「LOVE CRIME (EP)」。オリジナル盤に至っては$1,700オーバーで取引されるというモンスター級のブギー〜モダン・ソウル・ファン垂涎のメガ・レア皿から、"Maybe"と並ぶハイライト・モダン・ブギー・チューンを見事にディグ!

前述"Maybe"は以前UK RECORDSなるレーベルからリリースされた「FUNK 80: ONLY THE BEST RARE TRACKS」というコンピのVOL.2に収録され大きな話題を呼びましたが、遂に真打BOOGIE TIMESが"Love Crime"を満を持してオン!し、しかも、なんと 5:30 のEXTENDED VERSION!!!??? オリジナルは 3:40 なのでたしかにエクステンドされてますが、こんなの存在するのでしょうか...!? なにはともあれ、あらためて次元の違いを見せ付けられます。

一転して幕開けはクラシック2種。CHUCK JACKSONプロデュースの82年フィメール・モダン・ディスコ・クラシック (1)、おなじみLINDA CLIFORDによる82年モダン・メロウ・クラシック(2)はフロア映えバツグン。この辺りの選曲眼でもレアリティだけではないセンスの良さを披露。

その他、以前同じくBOOGIE TIMESが流通したPLAYCARDから12インチ皿でリイシューされた(3)や、レア・ソウル・マニアご用達のPULSEのNOT ON LPのパーフェクト・モダン・ファンク(4)、NY産モダン・ソウルの知る人ぞ知る名作(11)などなど、8作目にしてその勢いは衰えるどころか、老練さと衝撃は増していくばかり。

全12曲、感服のコンパイル。それにしても今回の9TH CREATIONの"Love Crime" 5:30 Extended Version は、シーンにかつてないほどの大きな衝撃を与えるに違いない...

by 新宿ソウル・ブルース館 80's男爵S氏

ついに第8弾度 ☆☆☆☆☆ | 謎のEXTENDED VERSION度 ☆☆☆☆☆ | 70'sよりも深い世界、80's度 ☆☆☆☆☆ | BOOGIE TIMES、他の追随を許さず度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 09:52:13Comments(0)TrackBack(0)

RAHBI / RAW LIVE 類稀な才能と溢れんばかりのソウル・スピリッツ。これぞブラック・ミュージックの醍醐味! インディソウル列伝 No.174

2008-05-23

9307.jpg RAHBI / RAW LIVE (RAHBI MUSIC)

"4TH AVENUE"というグループであのLAFACEと契約に漕ぎつけながらもアルバム発売まで至らず、現在はインディ界で活躍を続けるアトランタ出身シンガーの2枚目にして初のライヴ・アルバム。前作2006年の作品「YES SIR PRODUCTIONS PRESENTS: RAHBI THE E.P.」のリリースの頃から声、音楽性ともにラサーン・パターソンに似ていると一部のリスナーで話題になっていただけあって、2枚目をライヴ・アルバムでリリースで来たのもなんとなく納得の流れだ。

しかし、当人は自分の音楽を"グラマー・ソウル"と表現、単なるラサーンのフォロワーとは一味違うところをアピールするにあたって、ライヴ・アルバムというフォーマットを選ぶことは至極当然のことだったのかもしれない。全部で9曲、ライヴの全貌をとらえきっているわけではないだろうが、大まかな流れを想像できる編集は大変好感がもてる内容だ。

収録内容
1. He's Here
2. Bitter Sweet Dreams
3. Sistas and Brothas
4. Another Chance- Give It to Me Baby
5. Never Hurt You
6. Superstar
7. Edge of My Life
8. Giving Up
9. Take You 2 a Dream

オープニングMCに続く(2)で登場するのは何とユーリズミックスの有名曲。このセンスからしてグラマー・ソウルの本領発揮である。(4)ではリック・ジェイムスのナンバーもメドレー形式で披露、(6)のファンクと含めてラサーン・パターソンよりもプリンス直系のキャラクターというイメージが強い。

と思えば前作でも収録されていた超美メロ・スロウの(5)、グラディス・ナイト&ザ・ピップス、あるいはダニー・ハサウェイで知られる(8)のストレートな熱さ、曲構成と自らのフェイク、客席との掛け合い風なども織り交ぜた長尺曲(9)など、"硬派"な面も勿論披露。

バラエティという点でも良くできたライヴ・アルバムとなっている。バックの音もドラム、ベース、ギター、キーボード系にコーラスを絡めるシンプルなスタイル。一部感じられるロッキッシュな面やエレクトロ・ポップ的な部分も総じて幅広い才能を感じさせるシンガーとして、やはりラサーンやプリンスあたりと比較し得るキャラクターだ。

by 営業部S氏

RAHBI myspace

才能度 ☆☆☆☆☆ | RAHBIって名前も、それっぽい度 ☆☆☆☆☆ | 実はデキるんです、ワタシ度 ☆☆☆☆☆ | さらなる才能開花に期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:36:12Comments(0)TrackBack(0)

MITTY COLLIER / SHADES OF THE CHESS SINGLES 1961-1968 60'sレディ・ディープ裏番長、ミティ嬢のCHESSシングル集!

2008-05-22

9302.jpg MITTY COLLIER / SHADES OF THE CHESS SINGLES 1961-1968 (KENT)

60'sレディ・ディープの裏番的存在、MITTY COLLIER嬢のチェスからリリースされたシングルを集めた編集盤が世紀のCD化!さすがはやってくれます、信頼の英KENT。昨年、突如と名盤の誉れ高き「SHADES OF A GENIUS」がLPリイシューされましたが、久しぶりのCD化であります。

久しぶり、と申しましたのは実は彼女のチェス期、過去に一度CD化されているのです。1999年に「SHADES OF A GENIUS」というオリジナルLPと同じタイトル、全22曲収録でCD化されているのです。今ではすでに入手困難なCDとなってしまいましたが、あれ?もしかして、そのCDの出し直し?答えは「ノン」。そんな安直なリリースは英KENTの誇りに架けてもいたせませぬ。驚きの英KENT盤のその全貌はこちら!

収録予定内容
1. Gotta Get Away From It All (Version 2)
2. Everybody Makes A Mistake Sometimes
3. Git Out
4. That'll Be Good Enough For Me
5. Do It With Confidence
6. You're The Only One
7. (Lookin' Out The Window) Watching And Waiting
8. Like Only Yesterday
9. My Party
10. I'm Satisfied
11. Sharing You
12. Walk Away
13. Help Me
14. For My Man
15. Ain't That Love
16. No Faith, No Love
17. I'm Your Part - Time Lover
18. I Had A Talk With My Man
19. Let Them Talk
20. My Babe
21. Don't Let Her Take My Baby
22. Miss Loneliness
23. I've Got To Get Away From It All (Version 1)
24. I've Got Love

さすがは"CHESS SINGLES"と題しているだけのヴォリューム感。何と言っても注目なのは1999年「SHADES OF A GENIUS」CD化の際には収録されなかったシングル・オンリー曲の数々!その中でも「U.S.ブラック・ディスク・ガイド」において中河先生がアルバム化を切望されているほどのバラード・ナンバー(2)の収録は、まさに待望の収録でしょう。

その(2)の他にも(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)が前述「SHADES OF A GENIUS」には未収録。(1)もヴァージョン違い(テイク違い?)で初収録であろう。おそらくこの中には未発表も...入っちゃってたりするのか!?

懐の深い英KENTらしい仕事っぷりにひたすら感激。頭が下がる思いでございます。

祝!CD化度 ☆☆☆☆☆ | シングルあってこそのMITTY嬢度 ☆☆☆☆☆ | ジャケのMITTY嬢に萌え度 ☆☆☆☆☆ | 流石の英KENT度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:29:07Comments(0)TrackBack(0)

CALVIN RICHARDSON / WHEN LOVE COMES 嗚呼、貴方もSHANACHIEから...否、そんな悲しみなんて吹き飛ばす快作の予感!?

2008-05-21

9289.jpg CALVIN RICHARDSON / WHEN LOVE COMES (SHANACHIE)

90年代以降R&Bシーンを賑わせたアーティストたちの受け皿的レーベルへと成長(変貌?)を遂げた米SHANACHIEからついにこの男、CALVIN RICHARDSONの新作もリリースとなります。レーベル・メイトはPHIL PERRYTHREE TENORS OF SOULRUSSELL THOMPKINSWILLIAM HARTTED MILLS)、MAYSAVESTADENIECE WILLIAMSANN NESBYMIKI HOWARDSILKGLENN JONES...と豪華な名前が並ぶ。

K-CIの幼馴染みという鳴り物入りでデビューしてから早くも10年近くが経過しようとしている彼。03年に正式発売されたセカンドにして傑作の「2:35PM」以降となる、なんと5年ぶりのサード・アルバムということになりますが、いや、もっと彼の歌声を聴きたいっていう人は多いハズなのですが、リリースが少ないのです...

収録予定曲
Intro
Sexy Love
Holla At You
Fire In The Attic
Please You Baby
She's Hurtin'
Nobody Loves You
Give It To Me
Don't Go
Sang No More
Make Friends With Love
Daddy To My Kids
When Love Comes

すでにMYSPACEで聴くことができる"Daddy To My Kids" "Don't Go" "Fire In The Attic" "Sang No More"の4曲が試聴可。いきなりのシャウトに心鷲掴みにされる"Daddy To My Kids"だけでもぅ、期待度MAX!楽曲〜サウンドも90's〜R&Bの古きよき頃を彷彿とさせる申し分なしの出来栄えのようでとりま、ひと安心。

...といろいろとチェックしておりましたらなんと彼、昨年に7インチで"There Goes My Baby"なんてシングル出してたんですね!しかもこの曲が股、すっごくいいんですけど!新作には...うわッ!未収録!!!??? こりゃまいったなぁ...

CALVIN RICHARDSON HP
CALVIN RICHARDSON myspace

祝!新作度 ☆☆☆☆☆ | 相変わらずの歌心度 ☆☆☆☆☆ | ムキムキ度 ☆☆☆ | SHANACHIE作品、今後も注目度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:03:13Comments(0)TrackBack(0)

RISCO / BODY & SOUL チカーノによる美メロR&B!秀逸なスロウを多数披露する本格派バラディアー! インディソウル列伝 No.173

2008-05-20

9277.jpg RISCO / BODY & SOUL (SHAK HOUSE/LAKE ENTERTAINMENT)

スペイン語での楽曲、裏ジャケットの風貌等から見るにチカーノ?と思われるシンガー。ところがどっこい、そこで敬遠してしまっては後で泣きますぞ。センシティヴなメロメロ系のスロウを多数収録、純度120%NのR&B隠れた優秀インディ作品としてお薦めできる好作品、RISCOによるデビュー・アルバム(おそらく)。

甘いテナーに時折ファルセットをからめ抒情的に歌い上げる歌唱スタイルも良し。ラテン・タッチの楽曲も70年代のニュー・ソウルのシンガー達がこぞって使用したようなニュアンスで料理、ソウル・センスの良さも端々から感じられます。

収録内容
1. Angel
2. Body & Soul
3. Como Te Llamas
4. Dont Change English
5. Dont Change Spanish
6. The way U move
7. Like That
8. She Keeps Saying
9. Only You
10. Say What Say What
11. So High
12. Strugglin
13. Warm
14. What Makes You Think
15. Tell Me Where U Going
16. Phone Sex English
17. Phone Sex Spanish

さてその数々のタイプの揃ったスロウ達。のっけからファルセット全快でせまる(2)のタイトル曲、90'Sのテイストをちりばめたベタベタ系ながらシンプルかつせつな系のメロに惹かれる(4)(8)(9)(11)、淡々としたリズムと曲構成ながら徐々にヴォーカルのアクセントで盛り上げていく(7)、ややクラシカルな70'Sの色を出しながらけだるく迫るセクシー系(10)、ファルセット・コーラスとの絡みがたまらない(12)、ラテンの色気を前面に出し、生楽器のアレンジも秀逸な(14)、タイトルだけで内容が想像できる(16)等々。

本格派バラディアーとして今後の活躍も楽しみなキャラクター、悶絶必至のこのアルバム。美メロ〜R&Bファンはぜひチェックです。

by 営業部S氏

SHAKHOUSE RECORDS myspace

美メロ度 ☆☆☆☆☆ | このアルバム・タイトルの時点で興奮度 ☆☆☆☆☆ | 現在進行形スウィート・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 今後も注目のチカーノR&Bシーン度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:58:20Comments(0)TrackBack(0)

BOBBY WOMACK / THE BEST OF BOBBY WOMACK: THE SOUL YEARS 発売決定?そしてなんと1972年の殿堂APOLLOでの未発表ライヴ音源発掘!

2008-05-19

9270.jpg BOBBY WOMACK / THE BEST OF BOBBY WOMACK: THE SOUL YEARS (CAPITOL)

先日お伝えいたしましたBOBBY WOMACKのデビュー40周年ベスト盤。発売延期を繰り返し、現段階での発売日は5/27。今日で発売日まで10日を切ったとなると、これはいよいよ発売されるのでしょうか?当初のタイトルは「THE BEST OF BOBBY WOMACK: THE LAST SOUL MAN」でしたが、「THE BEST OF BOBBY WOMACK: THE SOUL YEARS」と変更になったようだ(収録内容も若干変更されている)。

掲載いたしましたジャケット写真も変更前のタイトルのもので、新しい画像は更新されていない。う〜ん、なんともはっきりしない感じがファンをモヤっとさせてしまっているようで、何だかなぁ〜

収録内容
1. Across 110th Street
2. Woman's Gotta Have It
3. I'm A Midnight Mover
4. That's The Way I Feel About Cha
5. You're Welcome, Stop On By
6. Lookin' For A Love
7. I'm In Love
8. I Left My Heart in San Francisco
9. Communication (Single Version)
10. Fact Of Life/He'll Be There When The Sun Goes Down
11. Fly Me To The Moon (In Other Words)
12. Harry Hippie
13. I Can Understand It
14. The Preacher/More Than I Can Stand (Live) (Single Version)
15. I'm Through Trying To Prove My Love To You
16. It's All Over Now/Bobby Womack and Bill Withers
17. California Dreamin'
18. How I Miss You Baby
19. Nobody Wants You When You're Down And Out
20. Daylight
21. Check It Out (Single Version)
22. Fire And Rain

...なんてことをあれこれのサイトで調べておりましたら、大変な記事を発見してしまいました。な、なんと!1972年の殿堂APOLLOでの未発表ライヴ音源を発掘!しかもその音源は5/27からデジタル配信で発売されるとの情報が公開されているではありませんか!?

EMI Bobby Womack Press Release 18 March 2008

「Live At The Apollo (1972, PREVIOUSLY UNRELEASED CONCERT RECORDING)」と、しっかり明記されているではありませんか。うわぁ〜、聴きたいんですけど、これ、本当に配信のみの発売なのでしょうか!?

ワーナー系はRHINO HANDMADE、ユニバーサル系はHIP-O SELECT...と、メジャー・レーベルがサイト・オンリーの限定盤発売を数多くリリースしている昨今、ついにEMIも一般店頭発売のない音源の公開へと踏み切ったということになるのでしょうか。世界の音楽市場がめまぐるしく変わりつつある今、そんなのとは無関係なところで音楽を楽しんでいるファンは一体、どのように聴けばよいのだろう...

この未発表ライヴ音源がいつの日か正式リリースされることを願いつつ、そして本当に発売されるのか?ベスト盤... まぁ、そんなことよりもBOBBYさん、40年間、有難う。そしてこれから先も宜しくお願いします。

祝!デビュー40周年度 ☆☆☆☆☆ | ソウル継承者度 ☆☆☆☆☆ | 全盛期ライヴ音源7曲、気になりすぎマス度 ☆☆☆☆☆ | CDでの発売切望度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:14:01Comments(4)TrackBack(0)

LIZZ FIELDS / PLEASUREVILLE フィラデルフィアの隆盛を担った才女による原点回帰路線セカンド・アルバム!

2008-05-18

9269.jpg LIZZ FIELDS / PLEASUREVILLE (LIZZ FIELDS & TRISTAN LERAL)

フィラデルフィア出身の女優兼シンガー・ソング・ライター、LIZZ FIELDSのセカンド・アルバム。前作はここ日本でも国内盤が2003年にリリースされており、女性シンガー隆盛シーンのさなか、なかなかの話題にもなった。多くのリスナーも感じると思うが、現代のフィリーの女性シンガーというとまず比較したくなるのがJILL SCOTT。ファーストの内容はそのような期待を裏切らないネオ・フィリーど真ん中な内容だったが、今作ではもうひとつシンガー、ソング・ライターとしての幅を広げ、ネオ系としてだけの評価をしてしまうのは勿体ないほどのバラエティに富んだ作品となっている。

勿論フィラデルフィアの革新性を前面に押し出してはいるが、80'sまでさかのぼったようなダンス・ナンバーや切々と歌われるよりシンガー・ソング・ライターとしての成長が感じられるバラードがあったりと充実した内容だ。伸びやかで艶やかな声と抜群の歌唱表現力は言わずもがな健在。

収録内容
1. Intro
2. Pleasureville
3. Brooklyn Flowers
4. Sugah
5. Daddy's Caddy
6. Interlude
7. Day, Day, Day
8. It's Ok To Love Me
9. Runnin' On Empty
10. Sliding Doors
11. What We're Left With
12. Delectable
13. Oasis
14. I'm Waiting
15. Ride On

サウンド・プロダクション的には正直目新しさは感じられず、むしろ後退したと言ったら言い過ぎかもしれないがあまりポジティヴな表現はしずらくなっている。しかし独特の浮遊感溢れる楽曲のセンスと丁寧な作りこみによってそれほど悪い印象は抱かないだろう。そして前述のとおり、より幅の広がった作曲センス。(4)の60's的なポップ性、(9)の快活な80's的ダンス・ナンバー、ラスト(15)のラヴァーズ・ロック風なレゲエ・ナンバーなど聴き所は盛り沢山である。

女性シンガーの画一化が進んでしまっているメジャー・シーンではなかなか難しいと思われるが、そんな音たちに食傷気味のリスナーの耳には新鮮に響くであろう注目のセカンド・アルバムだ。

by 営業部S氏

LIZZ FIELDS myspace

才女っぷり度 ☆☆☆☆☆ | 幅広く音楽を楽しむ姿度 ☆☆☆☆☆ | フィラデルフィアの今度 ☆☆☆☆☆ | アーティストとしての成長度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:45:34Comments(0)TrackBack(0)

ROI ANTHONY / TRUE SOUL LIFESTYLE 無冠のストロング・テナー絶唱!真実のソウルはこの男が継承する! インディソウル列伝 No.172

2008-05-17

9261.jpg ROI ANTHONY / TRUE SOUL LIFESTYLE (MOHITZ INTERTAINMENT)

LE JITというグループをご記憶だろうか? 70〜80年代スウィートの色香、ソウル・マナーを見事90年代的ストリート感覚溢れるプロダクションで昇華、歌心溢れるヴォーカルとコーラス・ワークでソウル/R&Bファンの間で半ば伝説的グループとして語られるも、97年「LE JIT」、99年「LEGITIMATELY YOURS」たった二枚のアルバムを残しただけで敢え無く解散してしまった兄弟トリオ。そのLE JITで凄まじいストロング・テナーで高らかに歌い上げていたのがこのROI ANTHONY

昨年発表のソロ第一弾ミニ・アルバム「THE TRUE SOUL EXPERIENCE」から2曲を省き、新曲を10曲もぶち込んだフル・アルバムがようやくの完成。ロナルド・アイズレーを彷彿させる粘着度高いファルセットから、ボビー・ウーマックに肉薄するハード・シャウトまで、そのキャリアとテクニックのすべてをソウル表現に注ぎ込んだ者だけが醸し出す、普遍的な空気感と抜群のメロディ・センスに支えられた楽曲陣、タイトルもズバリ「TRUE SOUL LIFRSTYLE」とは... 60〜70年代邦題なら「真実のソウルに捧ぐ」とでも訳すであろう深く、感動的な作品に仕上がっています。

収録内容
1. Who Am I (Intro) feat Box
2. Beauty
3. Brand New
4. Open Invitation feat Big Bout It
5. 2nite
6. Shorty
7. Cutiest
8. My Supastar feat Suspecks
9. Where My Baby at (Cadilac) feat BG
10. Groove Swing
11. My Luv Song
12. Love feat Trisheena
13. Someone 2 Love
14. On Da Cool
15. Wanna Know U
16. Miss U
17. Long Way from Home feat Wayne Berry & Pallo da Jiint
18. All About Luv (1 Love) feat Pallo da Jiint

(1)(2)(4)(5)(8)(11)(12)(13)(14)(15)(18)が初出曲。

参考) ROI ANTHONY / THE TRUE SOUL EXPERIENCE ('07)
収録内容
1. The Prelude
2. Cutiest
3. Groove Swing
4. Brand New
5. Shorty
6. Caddy (Where My Baby At)
7. Freaky
8. Miss You
9. Long Way From Home (Bonus)
10. Long Way From Home Remix Feat. Pallo (Bonus)

(1)(7)がフル・アルバム未収録曲。

攻撃的リフに載せて煽るラッパーのイントロダクションからいきなりの濡れそぼりメロウ・チューン、スタイリスティックス代表曲"You Make Me Feel Brand New"のフレーズ・サンプリングから展開するラヴ・バラッド、ゴスペル・ライクなシャウトに一人多重録音の重厚で艶めかしいコーラスが絡みつくミッド・チューン、キャッチーなメロからじわじわヴォーカルが盛り上がるバウンシー・チューン、TRISHEENAなる女性シンガーとの濃密デュエットなど、"声"そのもののパワー、魅力を伝えるべく、ヴォーカル・アレンジ、ハーモニーが練り上げられているにも関わらず、まるでスタジオ一発、ワン・テイクで録音されたかの様な生々しい表現衝動が滲み出る"歌"。長くソウル/R&Bを愛好して来たうるさ型のファンはもちろん、ハイ・テナー全盛の現代USメジャーR&Bシーンの音に耳慣れた世代にも強く訴えかける"真実のソウル"、こんなアルバム、そうそうない。

by お茶の水店長 K氏(恩師)

ROI ANTHONY myspace

祝!フル・アルバム度 ☆☆☆☆☆ | 歌心度 ☆☆☆☆☆ | 楽曲〜サウンドも文句ナシ度 ☆☆☆☆☆ | まさにリアル・ソウルを体現する男度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:45:16Comments(0)TrackBack(1)

AARON SLEDGE / DA LIGHT シカゴからR&Bファン必聴のインディもの!その美メロっぷりに絶句! インディソウル列伝 No.171

2008-05-16

9254.jpg AARON SLEDGE / DA LIGHT (SKY HIGH)

インディR&Bシーンの真打登場!全編通して一貫した極上の美メロ・ナンバーを切に歌い上げる姿に心打たれる!世界中の熱心なR&Bフリークの間で早くも話題沸騰の注目の新人、AARON SLEDGEのデビュー・アルバム!

メジャーをも凌駕するほどの完成度を誇る作品群を輩出し続ける今のインディR&Bシーン。そんなインディR&Bシーンの真打登場と言っても過言ではないほどの完成度を誇るアルバムこそがこちら、今回ご紹介するシカゴの極上ゴスペル・シンガー、AARON SLEDGEのデビュー・アルバムであります。

MYSPACEで楽曲がアップされるやいなや、世界中の熱心なR&Bフリークの間で話題沸騰。そして絶妙なタイミングでアルバム・リリースとなった。メジャー作品とまったく引けを取らないクオリティを誇る楽曲群。MYSPACEでは数曲しか聴けなかったわけですが、全貌が明らかになってもその評価は下がることはなく、むしろ上がったくらい。そう、全曲が素晴らしい出来栄えという充実ぶりなのでる。

収録内容
1. 2nite
2. Closer
3. Speak The word
4. I'm Sorry
5. Hold On
6. Stuck Here
7. Da Light
8. Did It All For Me
9. Robbed
10. Paradise
11. Bad
12. Without Cha
13. The Program
14. Restoration
15. City Called Heaven

キーワードは美しさと熱いヴォーカル。昨年の暮れに大流行したJ.HOLIDAYの"Bed"のような世界観を持ちつつ、そこにゴスペルというフレイヴァーを交え、熱く、切なく歌い上げるスタイル。ピアノの旋律に包まれるような美しさの中、狂おしく迫るヴォーカルと美メロが絶妙にブレンドされたスロウ(4)(5)、都会的な雰囲気を醸し出す壮大なバラード(8)、続く(9)もアーバンで幻想的なメロウ・スロウ・ナンバー。

これらスロウ・ナンバーの充実だけだったら彼の評価はここまでは達しなかったであろう。その隙間を滑り込むようなミディアム群の充実ぶりも忘れてはならない。バウンスするトラックに踊らされるグルーヴィー・ナンバー(1)、美しさこの上ない極上ミディアム(2)、未来的でトリッキーな80'sフレイヴァーなミッド(6)あたりは、現在のR&Bシーンの流行するサウンドと見事にリンクする。

そのサグな風貌から放たれるソウルフルなヴォーカルと美しさに満ち溢れた楽曲群。シカゴという街が育んだ才能がここに昇天する。すべてのR&Bファンを魅了するであろうポテンシャルを持ったこのアルバム。2008年のインディR&Bシーンを代表するアルバムとなることは間違いない。全R&Bファンにお届けいたします。

SKY HIGH ENTERTAINMENT MYSPACE

インディ作とは思えぬサウンド・クオリティ度 ☆☆☆☆☆ | 名前から醸し出される期待度 ☆☆☆☆☆ | 兎に角、美メロ度 ☆☆☆☆☆ | 2008年インディR&B重要作度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:05:40Comments(0)TrackBack(1)

I.C. GREEN / MUSIC REVOLUTION 新人かと思いきやAKONなどを手掛けるプロデューサーの自身デビュー作! インディソウル列伝 No.170

2008-05-15

9253.jpg I.C. GREEN / MUSIC REVOLUTION (GREEN EYED)

DWIGHT "SKRAPP" REYNOLDSなる名のプロデューサー。AKONWHITNEY HOUSTON、最近ではCUPIDも手掛ける注目の人である。このI.C. GREENなるアーティストのデビュー作、なんとその注目プロデューサーの変名ソロ・アルバムである。

アルバムの指揮をとっているTHE LEAGUEも本人のプロダクション・チーム。全体のクオリティの高さはハンパではないが、道理でと肯いてしまう説得力がアルバム全体を覆っている。アップ、ミディアム、スロウとバランスよく配置された高質の楽曲群、ソウルフルかつツボを得た歌唱スタイル、完璧なアレンジメントとどこをとってもプロフェッショナルの仕事。一躍今年度の最重要アルバムとして名乗りを挙げた好アルバムである。

収録内容
1. Music Revolution Intro
2. Part Time Stunna
3. Freaky With You
4. Throw 'Em Up (The A-Town Anthem)
5. Sayin Ooooo
6. Music Revolution
7. Don't Unplug the Phone
8. Special Lady
9. So Seductive
10. She's a Problem (Feat. DJ Legacy)
11. Touch the Sky
12. Roll With the Punches

そんな素晴らしい内容のアルバムから注目曲をご紹介するとSILK使いも巧みなセクシー・ナンバー(3)、出身地アトランタの誇りを雄々しく歌い上げる(4)、まるで70年代から現代までのソウル・ミュージックのスロウ〜ミッドの良い所取りをしたような(5)、(3)と同路線ながら更に艶っぽさを感じさせてくれる(8)(12)あたりが挙げられる。その他に(11)などはまるでLENNY KRAVITZのような完全なロック・ナンバーなのだがこのあたりも当人の才能の深さを感じてしまう。

インディ、R&Bリスナーだけではなく、ソウル・ファンにも充分アピールできる内容の作品としてブレイクする可能性も大。とにかくDWIGHT "SKRAPP" REYNOLDSとI.C.GREEN、二つのこの名前、今後も要チェック。

by 営業部S氏

I.C. GREEN myspace

アーティストへの道度 ☆☆☆☆☆ | 歌ってもいよかです度 ☆☆☆☆☆ | 実は凄い髪型度 ☆☆☆☆☆ | 今後の活躍も要チェック度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:53:07Comments(0)TrackBack(1)

美嬢黒コレクション No.017 ASHANTI

2008-05-15

9252.jpg ASHANTI IS BACK!! オリジナル・アルバムとしてはなんと2004年の「CONCRETE ROSE」ぶりとなる4THアルバムはMOTOWNから!紆余曲折、2007年暮れに予定されたアルバム、タイトルもそのまま。しかし"Switch"などの既発シングル曲は結局、アルバム未収の模様。R&B界のプリンセスをしてリリース難航のメジャー・シーンの現状、如何したものでしょうか...






プロデュースはデビュー以降の彼女の成功を担ったTHE INC.の面々から離れ、外部プロデューサーを多数起用とのこと。この辺りに度重なる延期の要因が?兎に角、膨らむ期待は大きい!

ASHANTI オフィシャルHP
ASHANTI オフィシャルmyspace

祝!ようやく発売度 ☆☆☆☆☆ | イメージ路線変更、セクシー地帯度 ☆☆☆☆☆ | 大人の女に度 ☆☆☆☆ | やはりこのお口が好きです度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:52:05Comments(0)TrackBack(0)

THE RHYTHM ALL-STARS / THE RHYTHM ALL-STARS ヴォーカルはあのGEOFF MCBRIDE!90年代シンガーの新たな道! インディソウル列伝 No.169

2008-05-15

9250.jpg THE RHYTHM ALL-STARS / THE RHYTHM ALL-STARS (JOMAR RECORDS)

GEOFF MCBRIDE!そうです、90年にARISTAからアルバム「DO YOU STILL REMEMBER LOVE」(GERALD LEVERTが一部プロデュース)でデビュー、そのディープな歌唱によりソウル・ファンの心を掴んだ忘れえぬ男。その唯一のアルバム・リリース以降、音沙汰のなくなってしまった彼がなんと!20年近い時を経てシーンに帰って来ました!

驚きなのはなんとバンドのメンバーとしての復活という点。このTHE RHYTHM ALL-STARSなるグループの名前をインフォで知った時はレーベルがJOMAR RECORDS(フロリダのサザン〜コンテンポラリー・ディープ・ソウルをリリースしているレーベル)ということからサザン系バンドの作品かと思っていましたが、その歌声を聴いて驚いた。「誰だ?このトンでもなく歌えるヴォーカルは?」と。そして気になりつつも忙しさにかまけて調べずにそのままオーダー...入荷して仰天!まさかのジェフ参加とは!

収録内容
1. Stuck
2. I'll Work For You
3. Tic Toc
4. Hold Me
5. She's Powerful
6. Came Back Home
7. Sho Nuff
8. I Didn't Steal Nothing
9. What You Won't Do For Love
10. Back Stabber

アトランタからフロリダに移り住んだジェフが同地で知り合った面々と結成(参加?)されたのがこのTHE RHYTHM ALL-STARSである。昨年はSIMEOという若手の注目サザン・シンガーを送り出したJOMAR RECORDSの充実ぶりは、もしかするとこのバンドの面々がサウンドの一旦を担っているからか?などと勘ぐってしまいますが、それほどシンプルだが、適度にコンテンポラリーなサウンドも巧く演奏するなかなかのバンドなのであります。

そしてもちろんジェフのヴォーカル。元々デビュー当時もゴスペル〜ソウルを根っこに持つ、しっかりとした歌い手として評価されていた彼だけあって、このサザン〜コンテンポラリー・ディープ・ソウルのスタイルはしっくりきている。

そして、そんなサザン・ソウル・スタイルの楽曲の合い間に収められたアーバンな楽曲の素晴らしいこと。BOBBY CALDWELLの名曲カヴァー(9)にはじまり、都会的なアーバン・スロウ(4)の2曲だが、これが堪らなく良い出来。もちろんサザン〜ディープな楽曲での彼も良いが、もう一度このアーバンな路線での彼のソロ・アルバムを聴いてみた...という欲望は、もちろん渦巻きますが...

兎に角、90年代にデビュー〜活躍したシンガー達が次々と消えてゆく中、実に嬉しいカムバック。もしかしたら今、あのシンガーもどこかで歌っているのかもしれない...なんて夢を抱かせてくれる、そんな想いを胸に聴くというのもこのアルバムのひとつの楽しみ方ではないでしょうか。

THE RHYTHM ALL-STARS オフィシャルmyspace
JOMAR RECORDS HP

祝!カムバック度 ☆☆☆☆☆ | 痩せました?度 ☆☆☆☆ | サザンとアーバンの掛け橋度 ☆☆☆☆☆ | やっぱりソロ新作も期待してしまいます度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 07:22:15Comments(0)TrackBack(0)

REVEREND EDDIE HOLMAN / LOVE STORY スウィート・ソウル界随一のファルセット職人が世界に向け発信する愛のメッセージ!

2008-05-14

9242.jpg REVEREND EDDIE HOLMAN / LOVE STORY (AGAPE UNIVERSAL MUSIC)

60年代「I LOVE YOU」(ABC原盤)、70年代「A NIGHT TO REMEMBER」(SALSOUL原盤)2枚のアルバムで甘茶ソウル=スウィート・ソウル・ファンの記憶に強く残るフィリーのファルセット・シンガー、EDDIE HOLMANの最新作は、愛と平和を高らかに歌い上げるゴスペル作品。

まず驚くのはエディのファルセット歌唱の現役感。伸びと粘りと艶、どれひとつ全盛期から衰えが見られないという事。いわゆる塩辛系ハード・シャウターに次いで現役寿命が短いと言われるファルセット・シンガーの事、音域が狭くなっているのでは... 声が荒れているのでは... 音程も怪しくなっているのでは... との不安要素をあっさり吹き飛ばしてくれる安定感を素直に賞賛いたしましょう。

AL GREENOTIS CLAYDON BRYANT等60〜70年代に活躍した多くのソウル・シンガー同様、EDDIE HOLMANもREVEREND(牧師)の称号を取得し、信仰の道を突き進んでいる様ですが、このゴスペルという文化、音楽... 性愛、男女のもつれ、欲望といった人間の醜悪で弱々しい部分が重要なテーマとなるソウル、R&B表現に慣れた耳、曖昧喪子とした戒律の中ぬくぬくと生活している身には、なんともよそよそしく居心地の悪い雰囲気に感じる事があるのも事実。同じ根っ子から派生した音楽ながらゴスペル・ファンとソウル・ファンが必ずしも同様ではないというのも頷けてしまうのだがそこは心配ご無用。

丁寧、シンプルに組み立てられたリズム・トラックに生ピアノ、キーボード、ギター等最小限のアコースティック楽器、芳醇で艶々しいファルセットを最大限に生かすスロウ中心の楽曲郡は80〜90年代の良質ソウル/R&Bサウンド、途中「ある愛の詩」のベタなテーマを挟み込む遊び心を見せつつ、60年代の代表曲"Hey There Lonely Girl"を彷彿させるスウィート・サッド・チューンも飛び出し、刹那に生きるソウル・ファンにも歓迎される作品となっております。もちろん英語に堪能な方、ゴスペルに深い理解を示す方は是非エディの深遠なメッセージに触れるのが本筋、いやいや細かなカテゴライズなどこの場合不要、ヴォーカル音楽という広い括りで純粋に優れたアルバムなのであります。

収録内容
1. Eternal Love
2. Love Story (The Love God Has For You And Me)
3. I'm A Witness
4. God Is
5. Before We Fly Away
6. How Great Thou Art
7. Old Rugged Cross
8. Lord Make Haste To Help Me
9. United
10. Thank You For Saving Me

by お茶の水店長 K氏(恩師)

祝!最新作度 ☆☆☆☆☆ | 天性のファルセット・ヴォイス度 ☆☆☆☆☆ | 「THE BIG SHOW:THE LATE 60S AND 70S SWEET SOUL CONCERT LIVE ON STAGE」でごく最近の雄姿が拝めます度 ☆☆☆☆☆ | 年齢不詳なお顔です度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:21:35Comments(0)TrackBack(0)

MIKE STYLLZ / ONE LOVE この歌えそうなツラ構え!しっとりと歌い上げる味わい深い一枚! インディソウル列伝 No.168

2008-05-13

9237.jpg MIKE STYLLZ / ONE LOVE (BESTBOY30)

オープニングのタイトル曲、ややダーティー・サウスを意識したような曲調に掴みどころのないインディ・シンガーとの印象しか残らないかもしれないが、アルバム全体を聴いていくとおぼろげながらこのシンガーの存在感たるものが見えてくる。

かなりルーズなリズムのあしらい方、太めだが本格派のシンガーとは一味違う声質、90'sのR&Bを基調としたメロウかつ気だるさを満載した曲調等々。シンプルかつ最小限の音数のトラック・メイキングも相俟って、何度リピート再生しても聴き疲れしない内容。むしろ中毒のように更に聴きたくなってしまう。そんないぶし銀のようなシンガー、MIKE STYLLZのニュー・アルバム「ONE LOVE」をご紹介。

幼いころから父親を知らずに育ち、ソーシャル・ワーカーをしていた母親の女手ひとつで育てられたという生い立ちを持つ。その為、幼少期の多くを一人で過ごすことが多かった彼の一番の教師はラジオだったということだ。様々なスタイルの音楽をそこから吸収していたがやはり一番のお気に入りがはソウル、R&Bだったことは言わずもがな。その後学生時代にSCHOOL BOYZなるグループ(これはBOYZ II MENのようなスタイルのグループだったという事)での活動経験もあるという。

今回のアルバムもおそらく予算的にインディの平均的なものに過ぎないことは想像に難しくはないが、その真摯な音楽に向き合う姿勢はこちら側にも充分伝わってくる。歌唱力も決して恵まれているとは言い難いが、まるでマーヴィンの多重録音を多用していた時期のアルバムを思い起こさせてくれるような内容は、まさに聴けば聴くほどのスルメ盤としてお薦めできる内容。派手ではないがしみじみとしたリスニング・タイムにはうってつけの一枚なのであります。

収録内容
1. One Love
2. Stay With Me
3. Pour My Love
4. All I Know
5. Sunshine
6. Tell Me (feat. B.I.)
7. Talk To Me
8. Still In Love
9. Shorty (feat. Choc Tye)
10. Serve You
11. What I Gotta Do
12. Strip Club
13. Like Home

by 営業部S氏

歌えるツラ構え度 ☆☆☆☆☆ | 90'sフレイバー度 ☆☆☆☆☆ | 味わい深さ度 ☆☆☆☆☆ | このシンプルさこそインディの醍醐味度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:19:07Comments(0)TrackBack(0)

PRESTON GLASS / MUSIC AS MEDICINE 80'sブラ・コン〜90'sスムース・ジャズを支えた男が遂に表舞台に登場!

2008-05-12

9234.jpg PRESTON GLASS / MUSIC AS MEDICINE (EXPANSION)

PRESTON GLASS... 彼の名前にピンと来た方はかなりの裏方通。「KENNY G / DUOTONES」「NATALIE / MISS YOU LIKE CRAZY」を始め、EARTH, WIND & FIREWHITNEY HOUSTONGEORGE BENSONARETHA FRANKLIN他、数多くのフュージョン、R&B系大物達の楽曲のソング・ライティング、プロデュースを手がけたサウンド・クリエイターの集大成とも言えるセカンド・ソロ・アルバムが遂に完成。

2005年発表のファースト・ソロ「STREET CORNER PROPHECY」はその高いクォリティにも関わらず、自身のプライベート・レーベル制作であった為か一部ソウル/R&Bマニアの間で語られるのみだったが、本作はコンテンポラリー・ソウル/R&Bの制作、発表で信頼の高い英国EXPANSIONレーベルからのリリース。

収録内容
1. Love Will Get Us Through The Times (feat. LaToya London)
2. Groove Injection (feat. Seabron)
3. Blackberry (feat. Ali Woodson)
4. Save The Stress For Last (feat. Brian Culbertson & Rebbie Jackson)
5. Feel No Pain (feat. Keni Jackson)
6. Calming The Beast (feat. Dave Koz)
7. Panic Button (feat. Maurice White)
8. Good For Me (Good For You) (feat. Wilton Felder, Larry Graham, Amy Keys)
9. Burn It (feat. Silver Turtle)
10. Ready To Mend The Breaks (feat. Oya)
11. Everybody let's Dance (feat. Lyndon Carter)
12. The Healing Touch (feat. Kellie Blaise & Craig Thomas)
13. In Small Doses (feat. Carlos)
14. Somethin' You Can Bounce To
15. Without The Music (feat. Ali Woodson/Punkin)
16. Music As Medicine (feat. Gem)

曲毎に違うヴォーカリストを招き、本人が完璧にプロデューサー的視点でアルバム全体を統一している点にも注目、E,W & Fの中心人物、MAURICE WHITE、ベテラン・ソウル・ファンにはカリスマ視されるex.TEMPTATIONSALI WOODSONというベテラン勢から、LATOYA LONDON、SEABRON、OYA他キャリアが浅いながら注目のヴォーカリストの起用、WILTON FELDER、LARRY GRAHAMといった腕利きのミュージシャンのゲスト参加も話題となるであろう。

楽曲は80'sのブラ・コン全盛期を彷彿とさせる美メロ、90'sスムース・ジャズを経由したジャジーでスタイリッシュなコード・ワーク、そして2000年以降ならではの自然なバランス、音色で組み立てられたリズム・コンポジションと、幅広い世代のソウル/R&Bファンがそれぞれの想いを具現化するキー・ワードが散りばめられた確信犯的仕事ぶり、情報、薀蓄無用の心地良いサウンドでこの夏のドライヴには欠かせぬ一枚となる事間違いなしなのです。

by お茶の水店長 K氏(恩師)

名音職人度 ☆☆☆☆☆ | 豪華ヴォーカル陣度 ☆☆☆☆☆ | 英EXPANSIONのセンス度 ☆☆☆☆☆ | 祝!アリオリ参加度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:29:54Comments(0)TrackBack(0)

LARRY GRAHAM 日本盤オンリーCD化(廃盤)だったアイテムが一挙5タイトル、米COLLECTABLESより祝!再CD化!

2008-05-11

9233.jpg LARRY GRAHAM / ONE IN A MILLION YOU (COLLECTABLES)
LARRY GRAHAM / JUST BE MY LADY (COLLECTABLES)
LARRY GRAHAM / SOONER OR LATER (COLLECTABLES)
LARRY GRAHAM / VICTORY (COLLECTABLES)
LARRY GRAHAM / FIRED UP (COLLECTABLES)

先日ご紹介したばかりのLARRY GRAHAMの79年作「STAR WALK」があの米WOUNDED BIRDからCD化されたことにより、これはそれ以降の作品、すなわち日本盤のみCD化されたソロ作もWONDED BIRDから出るかなぁ?なんて、予想をしておりましたが、いやはや、なんと米COLLECTABLESからリイシューされました。しかも一挙全5タイトル!

前述の日本盤オンリーCD化(ワーナーミュージック・ジャパン/WPCR規格/すべて廃盤)だった5タイトルすべてが再CD化。さすがの米COLLECTABLESと申しますか、してやられたと申しますか... まぁ兎に角、祝!再CD化!ということで。

ONE IN A MILLION YOU *写真
1. One In A Million You
2. Stand Up And Shout About Love
3. Sweetheart
4. There's Something About You
5. Forever Yours
6. I'm So Glad It's Summer Again
7. When We Get Married
8. Time For You And Me
9. Just Can't Stop Dancing
10. Sunshine, Love And Music

JUST BE MY LADY
1. Just Be My Lady
2. Loving You Is Beautiful
3. Guess Who
4. Our Love Keeps Growing Strong
5. Can't Nobody Take Your Place
6. No Place Like Home
7. Baby, You Are My Sunshine
8. I Just Love You
9. Feels Like Love
10. Remember When

SOONER OR LATER
1. Sooner Or Later
2. Still Thinkin' Of You
3. Don't Stop When You're Hot
4. You're My Girl
5. I Feel Good
6. Walk Baby Walk
7. Let Me Come Into Your Life
8. Hold Up Your Hand
9. Easy Love
10. Sooner Or Later (Instrumental)

VICTORY
1. Just Call My Name
2. Don't Think Too Long
3. I Never Forgot Your Eyes
4. Movin' Inside Your Love
5. You've Been
6. I'm Sick And Tired
7. Baby
8. I'd Rather Be Loving You
9. Victory

FIRED UP
1. What We All Need Is More Love
2. For Your Love
3. Nobody's Gonna Steal You Away
4. That's Why I Love You
5. How Does It Feel
6. Let's Go
7. Cruisin'
8. Tearing Out My Heart
9. Fired Up
10. Love All The Hurt Away

やはり注目はヒットしたSAM DEESペンによる名バラード"One In A Million You"収録の「ONE IN A MILLION YOU」でしょうか。否、その他、どの作品も彼のバラディアーとしての才能が開花した隠れた80'sの名作。やはり名作はしっかりと後世に語り継いでゆかねばなりません。

祝!再CD化度 ☆☆☆☆☆ | 隠れた名作度 ☆☆☆☆☆ | 米COLLECTABLESのソウル・リイシュー再始動度 ☆☆☆☆☆ | 「ワーナー・ブラザーズ・レコード創立50周年記念 SUPER FUNK 1800」ではGRAHAM CENTRAL STATIONも再CD化度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 18:23:48Comments(0)TrackBack(0)

6/25発売 ビクター SOUL WALKER 〜 8th WALK 究極の紙ジャケット・コレクション 全10タイトル発売決定!

2008-05-10

SOUL WALKER 〜 8th WALK

ソウル・ファンを歓喜の渦へと誘ったあの名シリーズが復活!ビクター 「SOUL WALKER」シリーズ 再始動です!シリーズ第8弾となる今回はなんと全タイトル紙ジャケット仕様でのリリース! 「SOUL WALKER 8th WALK 究極の紙ジャケット・コレクション」 全10タイトルで、ソウル・ファンはもちろん、名盤〜紙ジャケ・ファンも注目のコレクションです。

ビクター SOUL WALKERシリーズ 8th WALK 究極の紙ジャケット・コレクション
6/25発売 全10タイトル 各々2,520円(税込)

○ オーティス・クレイ / オンリー・ウェイ・イズ・アップ (VICP-64285)
○ スタイリスティックス / スタイリスティックス登場 (VICP-64286)
○ ステップ・バイ・ステップ / アイ・オールウェイズ・ウォンテッド・トゥ・ビー・イン・ザ・バンド (VICP-64287)
○ ダイレクションズ / ダイレクションズ (VICP-64288)
○ ティモシー・ウィルソン / ティモシー・ウィルソン (VICP-64289)
○ アン・ピーブルズ / ストレート・フロム・ザ・ハート (VICP-64290)
○ シャイ・ライツ / オー・ガール +1 (VICP-64291)
○ イグジット9 / ストレイト・アップ (VICP-64292)
○ O.V.ライト / ボトム・ライン (VICP-64293)
○ O.V.ライト / ウイ・アー・スティル・トゥゲザー (VICP-64294)

すでに初期 「SOUL WALKER」シリーズの諸作が生産中止となっている最中、これぞという真の名盤が紙ジャケット仕様で発売となります。そして新たにラインナップに加わるのがオーティス・クレイの日本企画オリジナルLPの「オンリー・ウェイ・イズ・アップ」、英EXPANSIONから02年にCD化されたレア盤、ティモシー・ウィルソンの唯一のアルバム、そしてソウル・ファン待望のO.V.ライトのHi後期名作2タイトル!

もちろん全タイトル世界初紙ジャケ化!今や世界中が注目する日本の"紙ジャケ"作品の中でも、これぞ"究極"と呼べるであろうソウル名作の数々。紙ジャケットによるソウル名作探求の世界の扉が今、開かれる!

ご予約は近日開始予定。予約情報につきましては随時、ディスクユニオンSoul Blues Gospel onlineにてご案内させて頂きます。ご期待してお待ち下さいませ!

祝!再始動度 ☆☆☆☆☆ | オーティス・クレイ名盤(日本独自企画盤)再CD化度 ☆☆☆☆☆ | 嗚呼、ソウル名盤度 ☆☆☆☆☆ | ソウルも"紙"でよかですか?度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 03:25:08Comments(2)TrackBack(0)

MAGNUM FORCE / SHARE MY LOVE シカゴの重鎮OTIS LEAVILL、WILLIE HENDERSON、CARL DAVISプロデュース80'sソウル名作世界初CD化!

2008-05-09

9222.jpg MAGNUM FORCE / SHARE MY LOVE (KELLI-ARTS)

今も全米随一のブラック・ミュージックの発信源であるシカゴ。そんなシカゴだからこそ生まれた80年代ソウルの名作がこのMAGNUM FORCE。唯一のアルバムが待望の世界初CD化であります!

全盛期70年代のシカゴ・ソウルを支えた重鎮たちであるOTIS LEAVILL、WILLIE HENDERSONCARL DAVISらが、82年に突如としてプロデュースした作品。数多くのファンク・グループが生まれた80年代の同趣向作品の中でもズバ抜けてソウル・ファンからの支持が熱いのがこのアルバム。何といってもソウル・ファンの心を打ったのはスウィート・ソウル全盛期を彷彿とさせるバラード・ナンバーでしょう。

収録内容
1. Share My Love
2. A Touch Of Funk
3. Your Lady's Just A Dream
4. Whats Your Name
5. Girl You're To Cool
6. Oh You Just (Look So Good)
7. Come Fly Away With Me

(1)(3)(7)のスウィート・ソウルっぷりは凄まじいに尽きる。リード・ヴォーカルのファルセット・リードの昇天っぷり、美しいメロディ・ラインを持つ楽曲の素晴らしさ、そしてコーラス・ワークの絶妙さ。80's史上に残るグループ名曲といっても過言ではない。重鎮プロデューサーたちが70年代当時に思いを馳せて実現させたスウィート・ソウル・リヴァイヴァルといった趣。それに応えたこのリード・ヴォーカルの力量もかなりのものですが、いや、実にスウィート!

シングル・オンリーにも有名なバラード・ナンバーがあるのですが、惜しくも未収録のLPストレート・リイシューでのCD化。しかし、待望だった故に今回のアルバムCD化だけで文句は言えますまい。祝!世界初CD化!

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 悶絶スウィート・ファルセット度 ☆☆☆☆☆ | ファンクも勢いがあってGooooo度 ☆☆☆☆☆ | CARL DAVISは今も元気に音楽活動しています度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:10:01Comments(0)TrackBack(1)

CHARLES WRIGHT & THE WATTS 103RD STREET BAND 未発表音源発掘!RHINO HANDMADE盤から2タイトル同時発売!

2008-05-08

9220.jpg CHARLES WRIGHT & THE WATTS 103RD STREET BAND / PUCKEY PUCKEY: JAMS & OUTTAKES 1970-1971 (RHINO HANDMADE)
CHARLES WRIGHT & THE WATTS 103RD STREET BAND / LIVE AT THE HAUNTED HOUSE MAY 18, 1968 (RHINO HANDMADE)

ソウル・ファンはもちろん、ロック/ポップス・ファンまでも注目してしまうようなビッグ・アイテムをリリースし続けている米RHINO HANDMADE。昨年暮れのARETHA FRANKLIN未発表ライヴ音源集「OH ME OH MY: ARETHA LIVE IN PHILLY, 1972」でさらにその注目度は高まった。(結局、このアイテムは一般流通されず終い。恐るべし、RHINO HANDMADE...)

そんな注目の中、ソウル・アイテム一挙2作品が同時発売!それがこちらのCHARLES WRIGHT & THE WATTS 103RD STREET BANDの未発表音源集であります。こちらも一般流通前特別入荷。果たして一般流通されるのか!?

PUCKEY PUCKEY: JAMS & OUTTAKES 1970-1971
DISC.1
1. Puckey Puckey
2. Jam #3
3. Jam #2
4. Watts Towers

DISC.2
1. Hard To Handle
2. Sagittarius
3. Brothers And Sisters
4. I Got Your Love (Alternate Version)
5. Till You Get Enough/Do Your Thing
6. Express Yourself (Alternate Version)
7. I Love You Girl
8. Wine (Early Version)
9. Gemini
10. Jam #1
11. Puckey Puckey (Short Version)

LIVE AT THE HAUNTED HOUSE MAY 18, 1968
DISC.1
1. Intro
2. The Joker
3. Get Ready
4. Come See About Me
5. Papa's Got A Brand New Bag
6. I Can't Turn You Loose
7. Philly Dog
8. Ain't Too Proud To Beg/(I Know) I'm Losing You
9. Mustang Sally
10. I Can't Turn You Loose (Reprise)
11. Intro To Set 2
12. Something You Got
13. Dance To The Music
14. Fried Neck Bones
15. (Sittin' On) The Dock Of The Bay
16. (Your Love Keeps Lifting Me) Higher And Higher
17. Bottomless
18. Stormy Monday

DISC.2
1. Respect/Satisfaction
2. Day Tripper
3. Funky Broadway
4. Do Your Thing
5. Band Intros
6. (I Wanna) Testify
7. I Can't Turn You Loose (Reprise)
8. Sweet Lorene
9. Misunderstanding
10. I've Been Loving You Too Long (To Stop Now)
11. Knock On Wood
12. (I'm A) Road Runner
13. Try A Little Tenderness
14. Papa's Got A Brand New Bag (Version 2)
15. Something You Got (Version 2)
16. Beauty Is Only Skin Deep
17. Since I Lost My Baby
18. Stand By Me
19. We're A Winner/I Can't Turn You Loose (Reprise)

「PUCKEY PUCKEY: JAMS & OUTTAKES 1970-1971」はタイトルのとおりアウトテイク&テイク違い集。AL MCKAYやJAMES GADSONら名うてのミュージシャンが集った名グループのジャム・セッションを収めたDISC.1が白眉。プレイヤーの皆さまにはもちろん、当時のブラック・ミュージックを支えたサウンドの骨組みを分解して聴いているようなこの臨場感。貴重な音源だ。

そして「LIVE AT THE HAUNTED HOUSE MAY 18, 1968」は良くもまぁこんな音源が残っていたなぁ〜と驚かされる1968年のライヴ音源。当時の熱気をそのままに収めたこれ股、貴重すぎる音源です。

彼らでさえもこんなに未発表があるのですから...やっぱりあるんでしょう!? あのグループやこのグループの未発表音源!ファンの欲望は底知らず... あれもこれも、まだまだ聴きたい、聴いてみたい。RHINO HANDMADEさん、今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます!

祝!発掘度 ☆☆☆☆☆ | 西海岸サウンドを支えた男たち度 ☆☆☆☆☆ | 当時の熱気そのままに度 ☆☆☆☆☆ | RHINO HANDMADE様、ソウル系作作品をもっと度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:44:24Comments(0)TrackBack(0)

ヴィヴィド・サウンドから OHIO FUNK BOMB 紙ジャケット・シリーズ〜カラー・ブラインド、デイトン2タイトル一挙紙ジャケCD化!

2008-05-07

9207.jpg カラー・ブラインド / クレイジー (ヴィヴィド・サウンド)
デイトン / ディス・タイム (ヴィヴィド・サウンド)
デイトン / フィール・ザ・ミュージック (ヴィヴィド・サウンド)

SHERRICKSADANEMARC SADANE)、LARRY HANCOCK DAVID RUFFINWEE GEEMAJOR HARRISTRUE REFLECTIONMIRAGEFUTURESMODULATIONSKITTY AND THE HAYWOODS、そしてARETHA FRANKLINMARGIE JOSEPH...これだけソウルフルなラインナップを紙ジャケット仕様でリリースしている、我らが誇る日本のレーベル、ヴィヴィド・サウンドからまたしてもビッグ・ニュース到着!

かつてよりプラ・ケース仕様で発売していたオハイオ・ファンクの名作がさらにラインナップを強力に!さらに紙ジャケット仕様で発売されることが決定しました!題して「OHIO FUNK BOMB 紙ジャケット・シリーズ」であります!

まず6/18に発売となる第一回発売タイトルが上記の3タイトルであります。何と言っても注目はやはり世界初CD化となる2タイトル!COLOR BLINDの唯一のアルバムとDAYTON「THIS TIME」でしょう。もちろん屈指の名作「FEEL THE MUSIC」もプラ・ケース仕様から紙ジャケ仕様へとヴァージョン・アップされての再リリース。いやはや、ここまでソウル・ファンを虜にしてしまうリリースを続けてくれるなんて、なんて素晴らしいのでしょうか。

6/18発売 OHIO FUNK BOMB 紙ジャケット・シリーズ 第一弾

カラー・ブラインド / クレイジー (世界初CD化/紙ジャケ仕様)
1. Just Like In The Movies
2. On My Radio
3. Come See The Band
4. Crazy
5. The Best In Me

デイトンのラーニ・ハリスをプロデューサーに迎えて制作されたカラー・ブラインドの唯一の作品であるミニ・アルバムが世界初CD化(デイトンのラスト・アルバム「ディス・タイム」と同年85年作品)。ラーニの他に、デイトンのメンバー、ショーン・サンドリッジも参加してのデイトンの弟分ともいうべき作品。1曲を除き全ての曲に名をつらねるラーニの曲作りが光る、ミニ・アルバムながら大満足の作品。

デイトン / ディス・タイム (世界初CD化/紙ジャケ仕様)
1. Ordinary Girl
2. I've Got Me (Somebody To Love)
3. This Love Will Last
4. Nobody Else
5. Hang Out
6. This Time
7. Coming To Get My Love
8. You Should Be Dancin'

前作「フィール・ザ・ミュージック」の好評を受け、女性ヴォーカル以外のメンバー・チェンジをせず85年にリリースされたラスト・アルバムが世界初CD化。時代の流れからサウンド・メイクにテクノロジーの導入を試みた作品ながら、粒よりのナンバーが数多く収録された隠れた名盤。

デイトン / フィール・ザ・ミュージック (紙ジャケ仕様)
1. The Sound Of Music
2. It Must Be Love
3. Out Tonight
4. So What
5. Love You Anyway
6. Caught In The Middle
7. Eyes
8. Promise Me
9. Lookin' Up

元サンのメンバー、ショーン・サンドリツッジら3人を中心に結成されたデイトン。3作目をプロデュースした縁で、元ザヴィアにいたラーニ・ハリスが正式メンバーに加わってリリースされた、デイトン全アルバムの中でも最も人気の高い傑作アルバム(4作品目)が紙ジャケ仕様になってアンコール・プレス。

そしてさらに嬉しいニュースも!7/16発売には第二弾となるSUNの「ワナ・メイク・ラヴ」「サンバーン」の2タイトルの発売も決定!もちろんこちらも紙ジャケット仕様!(こちらのご予約は5月中旬頃を予定)

ついに80'sシーンも紙ジャケット仕様ブーム!? まもなく発売となる「URBAN SOUL PAPER SLEEVE COLLECTION Part II」をはじめ、大きなシーンの流れとなってゆくか!? 今後がますます楽しみであります!

黒汁だより 特集ページ

祝!世界初CD化2タイトル度 ☆☆☆☆☆ | オハイオ・ファンクの系譜度 ☆☆☆☆☆ | ブラック・ミュージックの名作の数々度 ☆☆☆☆☆ | 80's紙ジャケ市場の可能性度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:32:36Comments(0)TrackBack(1)

WENDELL B. / TIME TO RELAX... LOVE, LIFE & RELATIONSHIP ソウル界随一の官能的なバリトン・ヴォイスを堪能!

2008-05-06

9206.jpg WENDELL B. / TIME TO RELAX... LOVE, LIFE & RELATIONSHIP (SMOOTHWAY MUSIC)

今やあの伝説のグループ、L.L.C.の世に送り出した男という肩書き抜きにしても、確かな歌唱力と作り出す楽曲のクオリティからR&B〜インディ・ソウル・ファンに絶大な人気を誇るWENDELL B.ことWENDELL BROWN。前作のフル・アルバム「GOOD TIMES」収録の"Heaven Sent Me An Angel"をはじめとする楽曲は小ヒットを記録し、彼の音楽活動も勢いづくかと思われたが、前作、前々作と続いた2作はクリスマス・アルバム。ということで本作はWENDELLファンにとって待望の新作(フル・アルバム)といえよう。

前述したL.L.C.のアルバムはアトランタで製作されたようだが、彼は現在セントルイスに腰を落ち着けて音楽活動をしているようだ。さて、ようやく届いた本作の内容だがアルバムの構成が非常に凝った作りになっている。というのもWENDELL関係者(マネージャー、CUZZO MUSIC GROUP担当者、CD BABY担当者)のインタビュー、また彼がアメリカ南部について思うところをインタビューとして挿入しているという按配。彼のホームページを見るとアメリカ南部を襲った大型台風のカトリーナ被害に対する救済活動(被害者を励ますために2006年にクリスマス・シングル製作ほか)も行っているという人情深い一面も持つ。

こうした活動からも出身の南部を誇りに思い、今も活動の拠点にしているという彼のこだわりが感じられる。こうした歌が入っていない楽曲が23曲中9曲収録されているが、歌入りの楽曲も相変わらずの濃度でスムース、ロマンティックでありながら変にいやらしくはならないのは彼の作り出す楽曲の特徴といえる。

収録内容
1. Intro
2. It's On
3. Judy Jones (Wen's Manager)
4. Bounce
5. She Didn't Have To Hurt Ya Boy Like That
6. T-Bone (Wen's Road Manager)
7. Somebody Loves Me True
8. DJ T-Man
9. Get Up Early In The Morning
10. Loretta (Wen's Cuz)
11. This Ain't Livin'
12. A Tribute To Our Past Balladeers
13. I'm Leavin'...
14. Big T (Wen's Security)
15. Is It Over?
16. Keep It Real
17. Ben "Nax" (Wen's Pot'na)
18. Step feat. Diggy
19. Back Ta That feat. Sheneatha Frison
20. The Interview with Cathy B (On Air-Personality WDLT 98.3)
21. Judy on Wen's Back
22. Nick at CD Baby
23. "Q" From Down South (Wen's Cuz)

タイトルにもあるようにリラックスして聞ける雰囲気を重視して8割がバラードだが、前作に引き続きラッパーのDIGGYをフィーチャーした"STEP"は気持ちの良いミディアム・テンポのステッパー系の楽曲。またバラードの中ではイントロからアコースティック・ピアノの旋律がセンチメンタルな雰囲気を演出する"Somebody Loves Me True"が出色の出来。甘茶ソウル三原則の「甘く、せつなく、やるせなく」が思わず脳裏に浮かんでしまう絶品の官能的なスロー・バラードだ。

脱線するが先日、某ブラック・ミュージック誌の編集者様と打ち合わせした際にこのWELDELLの話になり、彼の体のデカさと周辺の音楽事情について熱く語り合ったことが記憶に新しい。それだけ我々ブラック・ミュージック・ファンの期待を集めるアーティストなわけだが、どうも力量に見合った活躍が出来ていないと感じているのはきっと私だけではないだろう。まずはL.L.C.のセカンド・アルバムを製作して欲しいなんて贅沢を言ってしまう私はKYだろうか。

by 国立駅前店 S氏

ロマンティック・バリトン度 ☆☆☆☆☆ | 大男の色気度 ☆☆☆☆☆ | 親方度 ☆☆☆☆☆ | L.L.C.のセカンドも何卒、宜しくお願い申し上げます。度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:10:48Comments(0)TrackBack(0)

KISSEY ASPLUND / PLETHORA ポストERYKAH BADU!? 確信犯的なケミカル度数の高さに痺れすら感じる新世代ネオソウル!

2008-05-05

9204.jpg KISSEY KISSEY ASPLUND / PLETHORA (R2)

アンダーグラウンド・ヒップホップ〜ニュー・ソウル・シーンで注目されつつあるフィラデルフィアのDJ JUNIOR主宰のRECORD BREAKIN' MUSICからシングル"Move On"をリリース、ここ日本でも紹介され注目を浴びたスウェーデンの女性ジャズヴォーカリスト、KISSEY ASPLUNDのデビュー・アルバムをご紹介。

絶妙なタイミングでのリリース故、反応してしまうリスナーも多いハズ。そう、巷では彼女、ポストERYKAH BADUとの呼び声が高いのだそうだ。ERYKAH BADUの衝撃の新作「NEW AMERYKAH PART ONE (4TH WORLD WAR)」の興奮冷めやらぬ中、肌触りの近い彼女に反応してしまうのも致し方なし。

しかし、その2人の共通点はあくまで"ジャズ"という点であり、そのアプローチや音楽性はまったく異なる感覚をリスナーに与える。そう、ERYKAH BADUが至極ナチュラルであるのに対して、KISSEY ASPLUNDはより先鋭的であり、とてもケミカルな感覚が強い。

楽曲はすべて彼女のペンによるものだが、音を作るのはパリ、ロンドンを拠点に活動する新鋭音作集団、PAPAJAZZの面々。これがかなりヤバい(恥)。音の広がりを強調したスペース感、空間の作りの巧さ、ウワモノへ神経質なまでのこだわり、そして基本となる中毒性の高いビート。そんなサウンドの中で呟くような彼女の歌声...

収録内容
1. Still The Baddest (Intro)
2. Beam Me Up
3. Caos
4. You&I
5. Entrapped
6. Fuss'N'Fight
7. Hit Me With Medication
8. 6am
9. Another Glass
10. Syntax Error
11. Phone Call
12. Work It Out
13. With You
14. I'm Out!!!

新しい音を知ってこそ、古き良き音もより理解できるというもの。私の新たな扉を彼女が開いてくれるかもしれません。

KISSEY ASPLUND オフィシャルmyspace
PAPAJAZZ CREW myspace

新鋭度 ☆☆☆☆☆ | 北欧ジャズ新世代度 ☆☆☆☆☆ | PAPAJAZZ注目度 ☆☆☆☆☆ | 温故知新度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 13:29:56Comments(0)TrackBack(0)

BROOKS O'DELL / I'M YOUR MAN 英KENTのコンピでお馴染みソウル評論家、DAVE GODINのお気に入りシンガー、初アルバム化!

2008-05-04

9198.jpg BROOKS O'DELL / I'M YOUR MAN: THE ANTHOLOGY 1963-1972 (KENT)

KENTのコンピでお馴染みUKの著名ソウル評論家、DAVE GODINのお気に入りシンガー、BROOKS O'DELLの63〜72年にかけての録音集。

GOLD、BELL、COLUMBIA等に残された音源はアーリー・フィリー〜ノーザン〜ビッグ・シティ・R&Bの香りを残す小粋でスタイリッシュな空気感、噛めば噛むほど的通好みな歌い口ではあるが、時折聞かせるシャウトもサザン、ディープ偏重の耳には多少薄味に感じられてしまうのも確か。

むしろビート感を強調し過ぎた荒削りブーガルー、メロディ・ラインを探りながらが妙にセクシャルなモダン・ソウル的メロウ・チューン、感情過多で湿度が高めになってしまったバラッド他、9曲も収録された未発表曲にその真価アリ。

by お茶の水店長 K氏(恩師)

収録内容
1. I'm Your Man
2. Walk On By
3. Watch Your Step
4. Shirley, Remember Me
5. Soul Serenade
6. If I Had You
7. You Better Make Up Your Mind
8. It Hurts Me To My Heart
9. Walkin' In The Shadow Of Love
10. Standing Tall
11. The Lively Ones
12. The Heartless One
13. I Got What It Takes Parts 1 & 2
14. Now You Are Gone
15. Nothing's The Same Without You
16. What's So Wrong With You Loving Me
17. Everybody's Friend, Nobody's Lover
18. Turn My World Around
19. (I Didn't See The Smoke) Until The Fire Was Gone
20. I Don't Wanna Hear It Anymore
21. You Can Always Get It Where You Got It
22. I Don't Want To Cry
23. Predicament #2
24. Is It Real
25. Got To Travel On
26. Hooked On A Feeling

12,13,16,17,19,20,21,22,26 Previously Unissued

祝!アルバム化度 ☆☆☆☆☆ | アーリー・ディープ度 ☆☆☆☆☆ | どーんと未発表9曲度 ☆☆☆☆☆ | 英KENTのこだわり度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:07:27Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / DON'T STOP: RECORDING TAP 幅広く、そして深く...恐るべき探究心と完成度を誇る米NUMEROの80's〜TAPレーベル音源集!

2008-05-03

9191.jpg V.A. / DON'T STOP: RECORDING TAP (NUMERO)

幅広く、そして深く...恐るべき探究心と完成度を誇る米NUMEROの快進撃は留まる所を知らず。今年に入ってもさらなる挑戦を繰り広げる同レーベルから初の80's関連リイシュー作品「DON'T STOP: RECORDING TAP」を遅ればせながらご紹介!

すでに知る人はNUMERO DISCOからの12インチ・リイシュー・シリーズで注目していたであろう音源群のCD化であります。詳しくご紹介してくれるのはお茶の水ソウル/ブルース館のヤング担当にして、マニアックな知識も豊富なS氏です!それではハリきってどーぞ!


様々なソウル・レーベルを独自のスタイル&デザインでCD化にしてきたNEMERO。待望の新作はニューヨークのマイナー・レーベル、TAPの音源集。マスター・テープが発見されたことから今回のCD化が進んだ訳だが、P&P(PAP)等のニューヨーク・ディスコ・サウンドの輝きとは違う煌きがこのCDでは体感できる。

収録内容
1. Breakout - Arnie Love & The Lovettes (1981)
2. Invisible Wind - Jackie Stoudemire (1982)
3. Missy Missy Dee - Missy Dee & The Melody Crew (1981)
4. We've Had Enough - Arnie Love & The Lovettes (1981)
5. Guilty - Jackie Stoudemire (1982)
6. So Nice - Annette Denvil (1980)
7. Rub a Dub Dub - Fabulous 3 MCs (1981)
8. Don't Stop Dancin' - Jackie Stoudemire (1982)
9. Stop and Make Up Your Mind - Arnie Love & The Lovettes (1981)
10. Run Away Hide from Love - Jackie Stoudemire (1981)
11. Breakout - Magnetism (1981)
12. Invisible Wind - Arnie Love & The Lovettes (1981)
13. Doe He Really Mean It - Bonnie Freeman (1971) Extended Play
14. Love Which Way - Bonnie Freeman (1971) Extended Play

一部の曲は先行で12インチ・カットしているが、殆どが初のCD化。DJでなくとも気持ち踊らされるピーチフルなLATE 70's & EARLY 80'sトラック達。特に"We've Had Enough"。コレに尽きます。否、オールド・スクールのFABULOUS 3MCSも捨てられない。

細かいアーティスト・データは濃厚なブックレットを見ていただきたい。意外な発見に驚いたもの。NUMERO、今年も凄いヤツ期待しているよ。


やはり今回も凄い内容なのでありました。続く新作も「ECCENTRIC SOUL: THE TRAGAR & NOTE LABELS」、そして「SOUL MESSAGES FROM DIMONA」と続々インフォメーションされている米NUMERO。まだまだ目が離せそうにありません。

祝!発掘&世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 驚くべき探究心度 ☆☆☆☆☆ | 抜群のスタイル感覚度 ☆☆☆☆☆ | やはり本年度も目が離せない度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:38:25Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / MEMPHIS 70: THE CITY'S FUNK & SOUL IN THE DECADE AFTER OTIS 1968-1978 オヴェイションズ未発表収録!

2008-05-03

9190.jpg V.A. / MEMPHIS 70: THE CITY'S FUNK & SOUL IN THE DECADE AFTER OTIS 1968-1978 (BGP)

「MEMPHIS 70」...ド直球なこのタイトル、先ずトラック・リストを見てビクンッ!! としたのがオヴェイションズの未発表音源、そしてタイトルが「シェイク」ときたもんだ。ルイス・ウィリアムスによるサム・クックのカバー、こんな音源は隠されていたとは!

と言う訳で1枚購入するべくダッシュ。高鳴る期待を込めつつCDを挿入してみるとそこにはサムのものとは別世界のファンキーなアレンジのシェイクが...テンパってしまった私はメールでソウル/ブルース担当の皆さんに報告している内に話が脱線、最終的にウ○チの話になってしまいボスから「仕事しなさい!」の一括で正気を取り戻した次第だ!

その後、頭からゆっくり聞いてみるとウィリー・ウォーカーの未発表、す、すげぇ…

by 営業部 H氏

何の紹介なのか、サッパリわからんところが凄いですが...詳しくは下記の収録内容をご覧頂きまして。

収録内容
1. Mississippi Mud - Smithstonian
2. I Can't Tell No Difference - David Porter
3. Two Paces Ahead Of Love - Willie Walker
4. Pullin' - Minits
5. Strange Things - Art Jerry Miller
6. Shake - Ovations
7. No Ending - Stacy Lane
8. Tip Toeing - Alvin Cash
9. It's Bump Time - Gene 'Bowlegs' Miller
10. Blackrock Yeah Yeah - Blackrock
11. Keep The Faith - Mel & Tim
12. Who's Been Warming My Oven - Sir Walter
13. Come What May - John Gary Williams
14. Watchdog - Barbara & The Browns
15. Way Of Me - Kannon
16. Don't Boom Boom - Lillian Hale
17. Take A Giant Step - LaCleve Milon
18. Papa Killed A Chicken - Willie Toliver
19. Hard Times - Billy Cee & Freedom Express
20. Dig It (She's In The Groove) - Optimistics

はい、未発表がひっそりと収録されていたのです。ご紹介遅れまして申し訳ございません。しかもよりによってOVATIONSとWILLIE WALKERだなんて... そかもBGPのコンピレーションに収録ってところも股、ニクいッ!

今ならオリジナル特典「顔黒コースター KENT〜ACE RECORDS〜BGP編」まで付いちゃいます!お急ぎ下さいませ!

ずばり70年代のメンフィス度 ☆☆☆☆☆ | オーティス後度 ☆☆☆☆☆ | 驚き未発表度 ☆☆☆☆☆ | BGPもなかなか侮れませぬ度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:36:29Comments(0)TrackBack(0)

LEON WARE レオン・ウェア なんと新生スタックスと契約!新作もまもなく発売予定!名盤への期待高まる!

2008-05-02

9188.jpg レオン・ウェア / 未定 (ユニバーサル)

メロウ・ソウルの第一人者、いや、そんな中途半端な冠は貴殿には必要ないでしょう。現ソウル界随一のソングライター、LEON WAREの待望の新作がインフォメーションされた。そのレーベルがなんと驚き!あの新生スタックスではありませんか!? ここまで手広くやっていくつもりなのですね、新生スタックス。いや、これは嬉しいニュースであります。

現時点で最新作となる「KISS IN THE SAND」、そしてその前作「LOVE'S DRIPPIN'」ともに自身のレーベル、KITCHEN RECORDSからのリリース。後者はPヴァインより国内盤リリースされましたが、輸入盤はなんと自身のサイトとCD BABYでしか入手できないという、彼の実力から考えるとあまりにも狭すぎる流通網での発売であった。もっと輝ける存在、そして功績、実力を持っているのに... そんな中での新生スタックスとの契約。最高の形で彼のサウンド、そして歌が聴けるなんて。

まだ自身サイト、スタックスのサイトでも情報や新曲などは未公開のため詳細未定ですが、同じく新生スタックスより復活を果たしたLALAH HATHAWAYは日本先行発売、そして一ヶ月後に本国リリースというスケジュール。今回のLEONも同じく先に国内盤のインフォメーションがあったということは、日本先行発売なのでしょうか?

兎に角、嬉しい。彼が思いのままに曲を綴り、音を作り、そして歌ってくれれば。そしてそれがしっかりとした形で発売、流通されれば、そんな環境が整えられさえすれば。

ようやく今、新生スタックスが何をしてゆくのかが、わかったような気がします。これから益々目が離せなくなりそうです。

LEON WARE オフィシャル・サイト
LEON WARE myspace
STAX RECORDS オフィシャル・サイト
STAX RECORDS myspace

祝!新生スタックスと契約度 ☆☆☆☆☆ | 待望新作度 ☆☆☆☆☆ | サイトもえらい格好よくなってマス度 ☆☆☆☆☆ | 名盤への期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:37:02Comments(1)TrackBack(0)

V.A. / PHILADELPHIA SOUL RARITIES LARKSのWELDON ARTHUR McDOUGAL IIIによる作品集!未発表音源満載フィリー奥深さを思い知る!

2008-05-01

9184.jpg V.A. / PHILADELPHIA SOUL RARITIES (UNIVERSAL LOVE INC)

激レア音源の嵐!驚異の大発掘音源!タイトル「PHILADELPHIA SOUL RARITIES」の示す通り、フィラデルフィア音源、名プロデューサー、WELDON ARTHUR McDOUGAL III制作の音源をコンパイル。しかし、恐ろしいのはその殆どが未発表音源だと言うことである... 60's〜70's、80's...また、オマケに現代2007年に録音した音源も挿入された初出しばかりである!

当時、WELDONはモータウンや他のフィラデルフィアのレーベルと繋がりがあった関係、配慮か、自身のプロデュース作品のプロモーションを大々的にしなかったそうで、その為に現在、レア音源や未発表を多数発見できたという訳です!何を隠そうこの未発表音源の中にはあのシグマ・サウンド・スタジオから発掘された音源も散りばめられているというから驚きである。

収録内容
1. No More Beautiful Days - Jimmy Randolph
2. All That I want - Jimmy Randolph
3. Mama He Treat Your Daughter Mean - Barbara Cole
4. Take Me Tonight - Barbara Mason
5. L.O.V.E Love - Dahlia
6. What's This Hoodoo Voodoo Dahlia
7. We Gonna Rock This Place - Universal Love
8. Its You Girl- Dennis Rodgers & Universal Love
9. Moonride - Dennis Rodgers & Universal Love
10. Rain - Sharon Paige
11. Lies - Sharon Paige
12. Keep On Believing - Unknown Artist
13. Loving You Is An Everyday Thing - Joe Shamwell
14. Unbelievable - The Larks
15. Why Can't You Be Nice To Me - The 3 P's
16. Brazilian Rock - Weldon A McDougal III
17. You Know I know - Weldon A McDougal III
18. Sweet Memories - Lou Gordon

曲目を見るとBARBARA MASONLARKSと言った名の通ったアーティストから、BARBARA COLEやUNIVERSAL LOVE等のマニアックな名前まで。しまいには3P'Sと名乗る謎のグループや、プロデューサー本人も名前を忘れてしまったという物までバラエティ豊かである。

また、それらの謎のアーティストによる音源の出来が素晴らしい!今まで未発表で眠っていたというのが実に勿体ない音源です!前半の80's音源でアーバニティをを感じた後に襲いかかるSHARON PAIGEによる(10)(11)。かなりディープな楽曲、ヴォーカルで攻めてくる説得力のある力の込められたサザン・スタイルの秀作!これを聴いた時は流石にビビビときた!ラストを飾る(18)もメロウな甘いメロディに絡むテナー・ヴォイスが堪らない、かなり完成度の高い楽曲だがこれも未発表...

兎に角、これ以外では聴くことの出来ない上質音源が多数含まれた本作をお楽しみあれ!

by 営業部H氏

祝!発掘度 ☆☆☆☆☆ | フィリー・ソウルの懐の深さ度 ☆☆☆☆☆ | バラエティ豊か度 ☆☆☆☆☆ | 今も元気なWELDON ARTHUR McDOUGAL III氏に感謝度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:30:35Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited