黒汁通信

ソウル〜インディ・ソウル〜R&Bのウラ、オモテ、ソコやらアソコをより深く弄るバイヤー業の日々を赤裸々に綴ります。

KENYA / YOURS TRULY アフリカ生まれのフィラデルフィアの男、KENYA渾身のファースト・アルバム! インディソウル列伝 No.133

2007-08-31

7840.jpg KENYA / YOURS TRULY (PLATINUM CLASS HIT)

また一人興味深いキャラクターがインディ・ソウル・シーンから登場した。出身はアフリカの30歳、早い時期にアメリカに移り住み陸軍で六年間の軍隊経験も持つ。現在の拠点とするフィラデルフィアのシーンをたっぷりと吸い込んだ音楽性で、いよいよアピールを開始する。KENYA渾身のファースト・アルバム、本邦初公開だ。

現在のR&Bシーンをリードする存在と言っても過言ではないフィラデルフィア。このKENYAのアルバムもまさしくそのような幅広い、それでいて遊び心も垣間見られるそれっぽい内容だ。オープニングにシンプルなメロウ・トラックを持ってきたのは正解だろう。ややしゃがれ感がありながら、クールなスタイルの声はなかなかに好感を持たれ易そうである。続く(2)はさらにメロウネスなスタイルで、シンプル路線でも十二分にイケてる所を更に印象付けている。

しかし多彩なゲスト陣を使い始めた(3)(4)あたりからいよいよ”フィラデルフィアっぽさ”が顔を出してくる。(7)のリズムのとらえ方、(10)のシーンど真ん中のネオ・スタイル、(12)の気持ち良いループ感、締めくくり(14)(15)のクールかつ若干ナスティな雰囲気等はその土地で生活してなければ出せない味わいだ。そのような楽曲の狭間を埋める出だしで聴かれた正統派メロウ・シンガーとしての一面。(6)(11)等の美メロ路線は多様性を一番の売りとするフィラデルフィアらしい戦法と言えるのではないだろうか。

このような幅広さを表現できるシンガーの実力は言わずもがな。ちょっと鼻に抜けたような声はなかなか形容し難いが、浮遊感を感じさせる声質はやはりネオ系のシンガー達と比べられるべきだろう。ぜひ今後の活躍に期待したいシンガーである。

by 営業部S氏

私は「YOURS TRULY」と聞いてあの3人組を思い出しちゃいました... 何してるんでしょうかねぇ?

KENYA myspace

セクシィ・テナー度 ☆☆☆☆☆ | フィリー度 ☆☆☆ | 今後も期待の若手シンガー度 ☆☆☆☆☆ | YOURS TRULYは今いずこへ... ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:18:45Comments(2)TrackBack(0)

SISTER SLEDGE / CIRCLE OF LOVE, TOGETHER, LOVE SOMEBODY TODAY, BET CHA SAY THAT... 米WOUNDED BIRDから一挙4タイトルCD化!

2007-08-30

7832.jpg 憎いところをついてくるCD化で密かに注目されている米WOUNDED BIRDから股しても嬉しい世界初CD化!昨年のCHICに続いてあのSISTER SLEDGEの一挙6タイトルCD化であります!

もしかすると過去にCD化されているタイトルもあるやもしれませぬが、デビュー作「CIRCLE OF LOVE」、セカンド「TOGETHER」は紛れもない世界初CD化であります。

最初に入荷したのはこちらの4タイトル。

・CIRCLE OF LOVE ('75)
・TOGETHER ('77)
・LOVE SOMEBODY TODAY ('80)
・BET CHA SAY THAT TO ALL THE GIRLS ('83)

彼女らの代表作である「WE ARE FAMILY」のリリースが79年。前述のデビュー作、セカンド、それを挟んでの続く2タイトル。NILE RODGERSとBERNARD EDWARDSのプロデュースにより舞うSLEDGE姉妹、ここに目出度く80年代含むほとんどのアルバムがCD化となりました。

・ALL AMERICAN GIRLS ('81)
・SISTERS ('82)
・WHEN THE BOYS MEET THE GIRLS ('85)

上記の3タイトルも近日発売予定であります。ワーナー系にめっぽう強い米WOUNDED BIRD。これからも密かに目が離せません。

祝!CD化度 ☆☆☆☆☆ | 7タイトル一挙度 ☆☆☆☆☆ | ご報告の遅れておりますTWENNYNINEもWOUNDED BIRDより度 ☆☆☆☆☆ | 米WOUNDED BIRD侮れぬ度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:16:04Comments(0)TrackBack(0)

TEMPTATIONS / BACK TO THE FRONT 前作「REFLECTIONS」に続き往年の名曲カヴァー集による新作!そして驚きのG.C.CAMERON離脱!

2007-08-29

7827.jpg TEMPTATIONS / BACK TO THE FRONT (NEW DOOR)

安定したペースで新作を届けてくれるTEMPTATIONS。彼らこそ現役で活動を続けるソウル・ヴォーカル・グループの最高峰であるのは疑いの余地もない事実であるが、そんな彼らが純粋な新曲ではなく、往年のソウル名曲カヴァーで"懐メロ大会"を演ずるのをよしとするかどうか...

そんな遺恨を残した前作「REFLECTIONS」に続く最新作も名曲カヴァー集となるようである。あぁ新曲聴きたいなぁ〜 現在のR&Bシーンに真っ向勝負したような熱い1枚が!

収録予定内容
Never Gonna Give You Up
Hold On I'm Comin'
Wake Up Everybody
Minute By Minute
I'm In Love
Don't Ask My Neighbors
Love Ballad
Let It Be Me
How Deep Is Your Love
Back In Love Again
Respect Yourself

しかし!あーだこーだ言ってもやっぱり聴きたいテンプスが歌う名曲たち。そしてさらに驚くべき新事実が!なんと04年作「LEGACY」からTEMPTATIONSへと加入したあのG.C. CAMERONが脱退した模様である。そして新たなリード・ヴォーカルはBRUCE WILLIAMSONというお方(写真の一番手前)。現在、このお方の経歴を調査中でございますが、写真を見るかぎり若い???(ぽっちゃり系?)

さぁ新生テンプス、乞うご期待であります!

TEMPTATION オフィシャルHP

殿堂度 ☆☆☆☆☆ | 安定したアルバム・リリース度 ☆☆☆☆☆ | G.C.はソロへ度 ☆☆☆☆☆ | やはり期待してしまう彼らの新作度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 21:15:43Comments(0)TrackBack(0)

MARC NELSON / MARC: MY WORDS 元AZ YETのMARC NELSONマイナー・リリースも物ともせずの快作!そして噂のBLAYSEの活動は...?

2007-08-28

7810.jpg MARC NELSON / MARC: MY WORDS (LYRIC MASTERS 911)

昨日お伝えした辺りから各方面で話題騒然となっているスーパー・グループBLAYS。メムバーは元SILKGARY JENKINS、元AZ YETMARC NELSONとTONY GRANT、さらに元BLACKSTREETのTERRELL PHILLIPSという、90年代R&Bファンには堪らないメンツ。MYSPACEにアップされている名曲"FOREVER"はもうお聴きになられましたでしょうか?

MYSPACEのアドレスが移動され、スペルがBLAYSEへ修正されて、おぉ!? これはいよいよ始動か!? と思った矢先、元BLACKSTREETのTERRELL PHILLIPSがソロ・アルバムをリリース(申し訳ございません、当社未入荷です...)し、あれ?もしかしてお蔵入りか!? と危ぶんでいたところに今度はこのMARC NELSONのソロ・アルバムのインフォメーション... BLAYSE、本当にアルバムで聴きたいんですけど... 大丈夫?

さて話を戻してこちらのMARC NELSON最新作。言わずもがなのセクシーなテナー・ヴォイスはさらに磨きがかかっている。アーバンなアップ〜ミッドのセクシーさ、スロウ・ナムバーでの頼りなさというか、この味わい、彼の創り出す楽曲でこそ活きるこの歌声、歌の世界。さすがであります。

収録内容
1. Just Say So
2. I'm Listening
3. The Next Stop
4. Be Glad Tonight
5. Try To Love Again
6. I Don't Wanna Be In Love (Long Version)
7. Can I Get Another Chance
8. Sex Me Down
9. Tell Me Everything
10. The First Time
11. Always
12. Did I Lose The Chance
13. Find Me
14. Waiting For Tomorrow
15. I Don't Wanna Be In Love (Strong Version)

メムバー個々の動きが激しくなりだしたBLAYSE。周りから盛り上げて、ドカーン!! と年末辺りにリリースされませんかね?ヴォーカル・グループ激減の2007年度の渇きに一気に浸透すること間違いなしなのですが。

MARC NELSON オフィシャルmyspace
BLAYSE オフィシャルmyspace

祝!ソロ新作度 ☆☆☆☆☆ | 外見はやはり歳取ったですね度 ☆☆☆☆ | 名スロウ職人度 ☆☆☆☆☆ | BLAYSEへ高まる期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 14:36:18Comments(1)TrackBack(0)

V.A. / HEART OF SOUTHERN SOUL VOL.2 温故知新!サザン〜ディーヒプ・ソウル名コンピレーション再プレス!

2007-08-27

7807.jpg V.A. / HEART OF SOUTHERN SOUL VOL.2 (ACE)

忘れられないあの名盤... CDの発売が開始されてから早くも20年近くが経とうとしている。もちろんCDだからといって、いつまでも在庫があるわけではない。それはアナログ盤と同じ。市場から消えれば"廃盤"となってしまう。そんなCDがソウル市場には特に多い。さらにそんなCDはその殆どが中古市場に出回ることも少ない。

う〜ん、これは困った。新しいファンに、一体どうやって伝えればいいのだろう?

そんな思いから立ち上がったどうか真相はわからぬが、永遠の名作、復活です。英ACEの初期の仕事として誇るべきサザン〜ディープ・ソウル・コンピレーションの傑作「HEART OF SOUTHERN SOUL」。昨日その第1弾が再プレスされ、今回は第2弾ふが目出度く再プレスとなった。

収録内容
1. Letter From My Darling - Kip Anderson
2. My Love Grows Stronger - Kelly Brothers
3. I Can't Stand It - Dee & Don
4. Those Precious Words - Wallace Brothers
5. You'll Lose A Good Thing - Kip Anderson
6. Way Cross Town - Tiny Watkins
7. Here I Am - Marva Whitney
8. Don't Let Me Be A Cryin' Man - Johnny Truitt
9. I Will - Brown, Lattimore
10. Seventh Son - Lee Webber
11. Look What I've Done - Percy Wiggins
12. Let Me Be A Part Of You - Exotics
13. Am I Asking Too Much - Lucille Mathis
14. Lifetime Of A Man - Stacy Lane
15. Watch You Work It Out - Kip Anderson
16. Forbidden Fruit - Tiny Watkins
17. Right Here Is Where You Belong - Jerry Washington
18. Let's Try To Build A Love Affair - Exotics
19. Funky Little Train - Stacy Lane
20. Let's Walk Down The Street Together - Chuck & Mariann
21. I Don't Want To Go Through Life (Being A Fool) - Lucille Mathis
22. I'm Through With You - Johnny Truitt
23. No Pity In The City - Eugene Kemp
24. No Brags Just Facts - Stacy Lane

EXCELLO関連、傘下のシングル音源を集めたこの編集盤。もちろん"十年選手"な往年のファンからすれば「懐かしい」で済んでしまいますが、このCDの存在すら知らなかった若いファン、新しいファンは大勢いるのである。

忘れてはいけない何かを伝えるべく、在庫を背負うリスクを犯してまでも"再プレス"に踏み切った英ACEの素晴らしい仕事。これなのでありますね、音楽を生業にするということは。

まさに"HEART OF SOUTHERN SOUL"。いい歌を聴いて、心を引締める、夏の終わりの季節であります。

祝!再プレス度 ☆☆☆☆☆ | 嗚呼、名盤度 ☆☆☆☆☆ | 新たなリスナーへ度 ☆☆☆☆☆ | 名仕事っぷり度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:06:05Comments(0)TrackBack(1)

OTIS REDDING / DREAMS TO REMEMBER: THE LEGACY OF OTIS REDDING モータウンに続け!スタックス関連映像作品リリース開始!

2007-08-24

7790.jpg OTIS REDDING / DREAMS TO REMEMBER: THE LEGACY OF OTIS REDDING (STAX)

昨年、一昨年と盛り上がったモータウンを代表するアーティストによる映像作品化。MARVIN GAYE「REAL THING IN PERFORMANCE」にはじまりSMOKEY ROBINSON & THE MIRACLES「THE DEFINITIVE PERFORMANCE」、SUPREMES「REFLECTIONS: THE DEFINITIVE PERFORMANCES」、さらにTEMPTATIONS「GET READY: DEFINITIVE PERFORMANCES」と一挙作品化され、映像作品の少ないソウル界を震撼させたのは記憶に新しい。

そんなソウル界においてまたもや注目の事件が起こりそうである。モータウンと同じく音楽シーンの歴史に残るような大きな成功をおさめたソウル・レーベルといえばそう、スタックスであります。近々、創立50周年を迎えるスタックス。新しく生まれ変わった新生STAXや、メンフィスにある「STAX MUSEUM OF AMERICAN SOUL MUSIC」が話題の中、ついにスタックス関連映像作品がリリースとなります!そしてもちろんその第1弾はこの人、OTIS REDDING

収録予定内容
Pain In My Heart (1965)
Mr. Pitiful (1965)
Just One More Day (1965)
I Can't Turn You Loose (1966)
I've Been Loving You Too Long (1967)
Satisfaction (1967)
My Girl (1967)
Don't Mess With Cupid (1966)
Any Ole Way (1966)
My Lover's Prayer (1966)
Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song) (1967)
Tramp (1967)
Shake (1967)
Glory Of Of Love (1967)
Try A Little Tenderness (1967)
Respect (1967)

TV収録などで数多く残されたOTISの映像をひとつにまとめた作品は以前「REMEMBERING OTIS REDDING」が発売されていたが、これはSTAXの作品ではなく、PIONEERが制作したもの。小生、恥ずかしながらこちらの作品は未視聴ですが、今回はバッチリ制作がSTAX!...といいますか、実は今、STAXの権利は米UNIVERSALが所有しており、なんとこのDVD作品の制作はあのMOTOWN DVD諸作品「DEFINITIVE PERFORMANCE」を手掛けたスタッフが行っているようなのであります!これは期待せずにはいられない!!

そしてさらに昨日CARLA THOMASの未発表ライヴ作品のご紹介の際にお伝えいたしましたとおり、あと2タイトルのDVD作品の発売が発売が決定している模様。タイトルは「THE RESPECT YOURSELF」と「STAX/VOLT REVUE LIVE IN NORWAY」。こちらももちろん期待大!!

ソウル映像界に衝撃が走るッ!!

祝!スタックス映像DVD化度 ☆☆☆☆☆ | ソウルといえばオーティス度 ☆☆☆☆☆ | プロデューサーはMOTOWN「DEFINITIVE PERFORMANCE」DVDシリーズと同一チームが担当度 ☆☆☆☆☆ | スタックス映像作品化さらに期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 20:06:34Comments(0)TrackBack(0)

8/25(土)開催!新宿ソウル/ブルース館 『SOUL/FUNK45サマー・セールVOL.2』 催しのお知らせ

2007-08-23


8/25(土)新宿ソウル/ブルース館 『SOUL/FUNK45サマー・セールVOL.2』

今年は異常気象による残暑が厳しいですがソウル・ファンの皆様、如何お過ごしでしょうか。
この異様な暑さにやられて気持ちが滅入っていませんか?

暑くたって... 寒くたって... 心の中はソウルで一杯なの( ^ー’)b

そんなプリティでタフな貴方に我が新宿ソウル/ブルース館が今夏の締めくくりとしてお送りするトドメのイベントは... 来る8/25(土)サプライズ開催!SOUL/FUNK45サマー・セール VOL.2!

先月末に怒涛のセール・ラッシュ第一弾としてお送りした7inchセールVOL.1はお陰様で大盛況でしたが、そのVOL.1に負けずとも劣らない品揃えで夏を締めくくる7inchセール第二弾!今回は600枚以上出展予定ですが、その気になる出展品は...

セール開催ギリギリまで出展品をご案内中!コチラよりご覧下さい。

*セールは混雑が予想される為、整理券を10時から配布しております。

また多くのお客様が整理券をお求めにいらっしゃいますのでお早めにご来店いただく事をお薦め致します。

*また今回のセールは出展枚数が多い為、大勢のお客様にご来店いただいてもスペースに余裕をもってご覧になれるようにコーナーを配置致し、更に試聴機を二台設置。長時間、試聴機の前にお並びにならなくても、ごゆっくりご試聴いただけるようご用意してお待ちしております。

また買い取りも随時行っております。あなたの自慢のシングルを是非当店にお売り下さい。

新宿ソウル/ブルース館より


今年の夏の最後の想い出に。さぁこの週末、めざすは新宿ソウル/ブルース館!そして、そのままお茶の水ソウル/ブルース館へもどうぞ!

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 18:16:20Comments(0)TrackBack(0)

CARLA THOMAS / BOHEMIAN CAVERN ジョニー・テイラーに続く未発表ライヴ音源発掘!第2弾はメンフィス・クィーンの幻皿!

2007-08-22

7771.jpg CARLA THOMAS / BOHEMIAN CAVERN (STAX)

新生STAXの第2弾がANGIE STONEの新作だと聞いて仰天している小生、やはりこちらの第2弾の方が魅力的ですわぃ。そう、JOHNNIE TAYLORの未発表ライヴ音源「LIVE AT THE SUMMIT CLUB 1973」に続く、スタックス未発表音源作品の第2弾がこちらのCARLA THOMAS未発表ライヴであります。

1967年の5月24日、ワシントンのBOHEMIAN CAVERNでのライヴを収録。父であるRUFUS THOMASも参加しており、後半の5曲はRUFUS名義での収録となっている模様である。

収録内容
1. Introduction by Al Bell
2. You're Gonna Hear From Me
3. Medley - Zip A Dee Doo Dah/A Lovely Way To Spend An Evening/It's A Lovely Day Today/On A Clear Day (You Can See Forever)
4. Mas Que Nada
5. Gee Whiz (Look At His Eyes)
6. Evenin'
7. A Lot Of Livin' To Do
8. B-A-B-Y
9. Many, Many Thanks
10. Never Be True
11. Rufus Thomas Dialogue #1 - Rufus Thomas
12. Fine And Mellow - Rufus Thomas
13. Did You Ever Love A Woman? - Rufus Thomas
14. Rufus Thomas Dialogue #2 - Rufus Thomas
15. The Dog - Rufus Thomas

実はこの作品、当時実際にLPとして発売される予定のあったもので、なんとレコード番号まで付けられたのだが、何故かお蔵入りになってしまったという代物。(そのレコード番号であるSTAX 724は結局、BOOKER T. & THE MG'Sに使用された)40年の時を経て蘇る幻のアルバムというわけですね。

さらにまだ正式なインフォメーション〜情報は少ないが、OTIS REDDINGのDVD、「THE RESPECT YOURSELF」と「STAX/VOLT REVUE LIVE IN NORWAY」と題されたDVDなど、いよいよ盛り上がってきたスタックス諸作品。これでスタックスの諸作品が国内盤で紙ジャケ発売なんてされたらもぅ...堪らんですなぁ〜。

期待しちゃって、宜しいですかッ!?

幻のお蔵入り皿度 ☆☆☆☆☆ | 全盛ライヴ度 ☆☆☆☆☆ | まだまだ期待のスタックス未発表関連作品度 ☆☆☆☆☆ | スタックス紙ジャケ大期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 19:42:54Comments(0)TrackBack(0)

美嬢黒コレクション No.015 KEKE PALMER

2007-08-21

7769.jpg いやぁ〜今年の夏は兎に角、暑いッ!家でクーラーギンギンにキカせて涼〜っとR&Bでトロ〜りするもよし、クラブで汗かきまくって踊り明かすもよし!やっぱり夏はR&Bの季節ッ!そんな夏にはやっぱり黒美嬢!夏の最後の想い出...というには少し遅いか、9/18全米リリースとなる「SO UNCOOL」でデビューを飾る新人KEKE PALMERのご紹介!





いやぁ〜若い!なんと彼女、女優もこなすという。美貌的には???な部分も多いが、こーゆー微妙な感じも股、よろしかったりするんですよね。新曲"KEEP IT MOVIN"は夏の終わりに相応しい哀愁ミッド・チューンで胸キュン!

KEKE PALMER オフィシャルHP
KEKE PALMER オフィシャルmyspace

溢れる若さ度 ☆☆☆☆☆ | 女優というよりはキャワイイ度 ☆☆☆☆☆ | 80'SライクなPVに萌え度 ☆☆☆☆ | ブレイク期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 22:02:07Comments(0)TrackBack(0)

Groove-Diggers シリーズ最新作!テッド・コールマン・バンド&マイティ・ライダース もれなく妄想帯プレゼント!

2007-08-20


テッド・コールマン・バンド / テイキング・ケア・オブ・ビジネス (Pヴァイン)
マイティ・ライダース / ヘルプ・アス・スプレッド・ザ・メッセージ (Pヴァイン)
国内盤 紙ジャケット仕様

見るからに怪しいそのジャケットから漂うレア・グルーヴ秘宝臭!その期待どおりの極上のレア・グルーヴを聴かせてくれるヴィブラフォン・レア・グルーヴの最高峰にして最後の砦であったテッド・コールマン・バンドの世界初CD化!そして問答無用のレア・グルーヴ・キラーチューン"Evil Vibration"収録のマイティ・ライダースのレア・グルーヴ大定番の再CD化!紙ジャケット仕様で同時発売!

今回発売の Groove-Diggers 紙ジャケ 2タイトルをまとめてお買い上げの方に先着で
ディスクユニオン オリジナル特典 『70年代風 妄想帯(ペア)』 (写真はそれを紙ジャケットに巻いたもの) 差し上げます!

リリース当時に国内盤LPが発売されていたら、きっとこんな帯が付いていたんだろうなぁ〜...と妄想をムクムクと膨らませて作りました。紙ジャケットに巻いて、ご自宅でムフフとお楽しみ下さいませ。

絶賛ご予約受付中!

ヴァイナル・ディガー度 ☆☆☆☆☆ | レア・グルーヴ名作度 ☆☆☆☆☆ | 夏はヴィヴラフォン度 ☆☆☆☆ | 妄想帯で悶々と度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 13:15:57Comments(0)TrackBack(0)

JUICY / SPREAD THE LOVE ブラコン・ファン注目の英BLUE BIRD RECORDSより注目エウミール・デオダートによる87年作が世界初CD化!

2007-08-18

7741.jpg JUICY / SPREAD THE LOVE (BLUE BIRD RECORDS)

一挙4タイトルの案内の後、遅れましてインフォメーションされましたこちらJUICYの87年作世界初CD化も加わって英BLUE BIRD RECORDS一挙5タイトル80'S再発!もはや誰にも止められない、止まらない!80'S再発シーンに衝撃を与えるリイシュー旋風は一体、どこまで行くのか...!?

さてこのJUICY。ソニー・ミュージックより「ブラコン洋楽秘宝館」シリーズでCD化された「IT TAKES TWO」(85年作)がセカンド・アルバムにして代表作、そして今回世界初CD化となるこちらがサード・アルバムである。ファーストでは白人を含む5人組としてデビューしたが前述のセカンドよりBARNES兄妹の2人組として活動した。

彼らが注目された理由、それはKOOL & THE GANGCON FUNK SHUNKLEEERを成功へと導いたあのEUMIR DEODATOのプロデュースによるところが大きい。デビュー作からこのサードまで一貫して彼がプロデュース、言わば彼の秘蔵っ子といったところであろうか。

収録内容
1. All Work, No Play
2. Show and Tell
3. After Loving You
4. Make You Mine
5. Midnight Love
6. Serious
7. Spread The Love
8. Private Party
9. Sugar Free (Radio Mix) - Bonus Track

大人になった2人と、87年〜レイト80'Sという時代と見事にマッチしたブラコン名作。EUMIR DEODATOの仕事としては後期の作品である。BARNES兄妹自身が己を表現する術を身に付けていった証が作品にも聴いてとれる。このアルバムを最後にグループとしての活動は終焉してしまうが、その卓越したテクニック(なんとこの2人でほとんどの演奏をこなしてしまう!)で、後のフュージョン・シーンで各々活躍していく。

さてこれで英BLUE BIRD RECORDSによる8月末〜9月上旬発売一挙5タイトルをご紹介いたしました。あとは入荷を心待ちにするばかりであります!そしてさらなる続編にも期待しつつ!行くところまで行きましょう!

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 絶対な男、デオダート度 ☆☆☆☆☆ | 凄い兄妹度 ☆☆☆☆☆ | 英BLUE BIRD RECORDSさらなる期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:06:25Comments(0)TrackBack(0)

BEAU WILLIAMS / NO MORE TEARS ハッシュ制作86年作アーバン・ブラック・コンテンポラリー名作世界初CD化!

2007-08-17

7733.jpg BEAU WILLIAMS / NO MORE TEARS (BLUE BIRD RECORDS)

一挙4タイトルとお伝えしておりました英BLUE BIRD RECORDSからの一斉再発ですが、後にJUICY「SPREAD THE LOVE」の初CD化が加わり一挙5タイトルになりました!本当にもう、どこまでいくのでしょうか... いや気を取り直してどこまででも着いてゆきましょうではありませんか!? さて今回ご紹介するのはBEAU WILLIAMSの86年作「NO MORE TEARS」の世界初CD化であります。

ご存知のとおり彼はBOBO MR. SOULという名でシングルをリリースしていたサザン・ソウル期を経て、80年代には西海岸へと拠点を移してようやくBEAU WILLIAMS名義でアルバム・リリースを実現したという苦労人。彼がその充実の80年代に発表した4枚のアルバムの、これが4枚目であり、89年にはゴスペル・アルバムをリリースするということから、このアルバムが最後の俗世作ということになる。

収録内容
1. All Because Of You
2. Been To Long
3. There's Something About You
4. I'll Be True
5. Give Me Up
6. Don't Be Gone To Stay
7. No More Tears
8. I Found A Love
9. Give Me Up (Dance Mix) - Bonus Track

当時、時代を席巻していたハッシュの制作によるこのアルバム。ゴスペル〜サザン・ソウルで鍛えられた実力派シンガーである彼の歌声がハッシュの手により熱く吠える好ブラコン名作。アップ・ナンバーの出来もなかなかだが、やはり彼の魅力はスロー。・ナンバーに尽きる。心に熱く響くこの歌声、う〜ん、やはり凄いシンガーですね。

この後、彼は前述のとおり完全にゴスペルの世界へ... 昨年には最新作である「GREATEST LOVE」を届けてくれた彼。そこでの歌声にはまったく衰えはない。またこっちの世界でのアルバムが聴きたいな〜と、思ってしまったりして。

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 代表作「STAY WITH ME」はヴィヴィド盤〜英MAU MAU盤ともに廃盤高騰度 ☆☆☆☆☆ | 最後のアーバン・コンテンポラリー名作度 ☆☆☆☆☆ | BOBO MR.SOULは「FORGIVE THIS FOOLISH MAN」でチェックを度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:49:18Comments(0)TrackBack(0)

KASHIF / KASHIF 祝!オリジナル仕様でCD化!80'Sシーンの中心人物カシーフの記念すべき83年デビュー・アルバム!

2007-08-14

7710.jpg KASHIF / KASHIF (BLUE BIRD RECORDS)

俄然注目の英BLUE BIRD RECORDSからの80'S名作リイシュー・シリーズ。8月末から9月上旬にかけて一挙4タイトルの発売がインフォメーションされております。昨日までにご紹介いたしましたGLENN JONESHEATWAVEに続くはこちらも80'Sファンが愛して止まない名シンガー〜プロデューサーKASHIFのデビュー・アルバム83年作!

このアルバム以前のEVELYN CHAMPAGNE KING "LOVE COME DOWN"やHOWARD JOHNSON "SO FINE"のプロデュースで一躍注目の的となった彼が、満を持して制作したデビュー作。世界初CD化かと思いきや実はこのアルバム、2004年に発売された彼の最新作「MUSIC FROM MY MIND」にボーナス・ディスクとして付属されたDISC.2でCD化されていたのでありますが、今回はもちろんオリジナルのジャケット&曲順でのストレート・リイシューとなります。

収録内容
1. Don't Stop My Love
2. Stone Love
3. Just Gotta Have You (Lover Trun Me On)
4. Help Yourself To My Love
5. Rumors
6. Say Something Love
7. The Mood
8. All
9. Baby Don't Break Your Baby's Heart - Bonus Track
10. Send Me Your Love - Bonus Track

ブラック・ミュージックの新しい時代=80'Sシーンの中核を担ったサウンド・クリエイターとしての彼の力量が見事に表現された、デビュー作ながらヒットが約束された名作。もちろん続くアルバム「SEND ME YOUR LOVE」(CDは廃盤高騰中)でシンガーとしての表現の幅が広がった彼こそがナンバー1であることは疑いの余地もない事実ではあるが、このファーストの勢いも捨てがたいものがあります。

時代を動かした、否、時代とともに歩んだ彼の軌跡の第一歩を十二分に味わえる、まさに80'S名作なのであります。

祝!オリジナル仕様CD化度 ☆☆☆☆☆ | 屈指の名手度 ☆☆☆☆☆ | 80'S名作度 ☆☆☆☆☆ | 「SEND ME YOUR LOVE」の再CD化も期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 10:43:07Comments(1)TrackBack(0)

HEATWAVE / CANDLES 名ライターROD TEMPERTON抜きでのグループの方向性を模索し始めた80年作こそ彼らの80'S名作!

2007-08-13

7704.jpg HEATWAVE / CANDLES (BLUE BIRD RECORDS)

BLUE BIRD RECORDSからの怒涛の一挙4タイトルCD化!GLENN JONES「TAKE IT FROM ME」に続くのがこちらHEATWAVEの80年作「CANDLES」の世界初CD化です。いやぁ〜やっとCD化!という感が強いです。この名作、何故今までCD化されなかったのでしょうか??? 今回の4タイトルの中でもこれが目玉アイテムでしょうか!?

この80年作「CANDLES」は、大ヒットを記録した"BOOGIE NIGHTS"により一気にメジャーへと踊り出た彼らの「TOO HOT TO HANDLE」「CENTRAL HEATING」「HOT PROPERTY」と続いた3枚のアルバム以降、全盛期からグループが落ち着きはじめた頃にリリースされた4作目。続く5作目が最終作「CURRENT」であることから考えても、彼らの過渡期に生まれた作品であったことになるであろう。

彼らが成功した大きな理由はなんと言ってもライターとして名を馳せたROD TEMPERTONによるペンによる可憐なメロディ・ラインをフィーチャーした楽曲群であろう。前述の2作目まででROD TEMPERTONはグループを脱退しており、3作目以降はグループとして独自の路線を築こうとしていたわけですが、その姿がしっかりと形となって表れたのがこの「CANDLES」であった。

収録内容
1. Gangsters Of The Groove
2. Jitterbuggin'
3. Party Suite
4. Turn Around
5. Posin' Til Closin'
6. All I Am
7. Dreamin' You
8. Goin' Crazy
9. Where Did I Go Wrong
10. Mind Blowing Decisions (Extended Remix) - Bonus Track

名著「ブラック・コンテンポラリー・ミュージック・ガイド」でも紹介されているこのアルバム。すでにCD化されている「TOO HOT TO HANDLE」「CENTRAL HEATING」「CURRENT」に続き、ようやくCD化となったこの名盤。実に憎いところをついてくるCD化であります。やりますね、英BLUE BIRD RECORDS!

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 第2のデビュー作にして名作度 ☆☆☆☆☆ | アーバン〜メロウ度 ☆☆☆☆☆ | こうなったら3枚目もCD化を度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:44:36Comments(0)TrackBack(0)

GLENN JONES / TAKE IT FROM ME 屈指の名盤「FINESS」に続く84年作が注目の英BLUE BIRDより世界初CD化!

2007-08-12

7703.jpg GLENN JONES / TAKE IT FROM ME (BLUE BIRD RECORDS)

BLUE BIRD RECORDSが止まらない。今年の春から突如リリースを開始した新鋭レーベル。欧州〜英国で絶大な支持を得ている80'S再発シーンをさらに盛り上げること必至の諸作品リリースは、早くもここ日本でも注目の的である。

昨日入荷したMICHAEL WYCOFF「ON THE LINE」(明日にはお待たせいたしおておりますMELBA MOOREの2イン1も入荷予定!)に続く、早くもニュー・アイテムがインフォメーションされました!しかも一気に4タイトル!どれも重箱の隅をつつくような心憎いCD化ズラリ!まずご紹介するのがこちらのGLENN JONES「TAKE IT FROM ME」の世界初CD化であります。

目出度くCD化されたレア皿ミニ・アルバム盤「EVERYBODY LOVES A WINNER」と名曲"SHOW ME"収録の80'S屈指の名作「FINESSE」の2イン1 WESTSIDE盤の廃盤で何かと話題のGLENN JONESの、何故かこのアルバムだけはCD化されていなかった隠れた名作。87年にはJIVEへと移籍する彼がRCAに残した最後のアルバムなわけですが、内容の素晴らしさのわりには人気〜評価が低いと言うのは何故だろうか...

収録内容
1. Stay
2. Set The Night On Fire
3. Love Will Show Us How
4. Be My Lady
5. Giving Myself To You
6. All Work No Play
7. Dangerous
8. Take It From Me
9. Finesse (Extended Remix) - Bonus Track

ボーナス・トラック収録もしっかりと、こちらは今月の末入荷予定。そしてHEATWAVE「CANDLES」、KASHIF「KASHIF」、BEAU WILLIAMS「NO MORE TEARS」と続きます。こちらはまた後日順を追ってご紹介いたします!取り急ぎまで!

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 隠れた80'S名作度 ☆☆☆☆☆ | 怒涛の英BLUE BIRD RECORDS度 ☆☆☆☆☆ | さらに続編期待!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 17:09:05Comments(0)TrackBack(0)

8/11(土)開催!新宿ソウル/ブルース館 『ソウル廃盤CDセ−ル -Ultimate Rare CDs-』 催しのお知らせ

2007-08-11


新宿ソウル/ブルース館から夏のお便り届きました!

新宿ソウル/ブルース館 『ソウル廃盤CDセ−ル -Ultimate Rare CDs-』 開催のお知らせ。
8/11(土)開催!

お待たせしました、廃盤CDセールようやくの開催です!最大人気の80'S URBAN〜FUNK系、またSOUTHERN/DEEP〜60'S/70'S王道SOULの入手困難な国内盤リイシューを帯付美品で多数取り揃えつつ米/欧/日の珍盤リイシュー、果ては90'S〜00'Sのマイナー〜レア・アイテムまであれやこれや... 夏本番をさらに熱くするコレクタブル銀皿一斉投下!

「ソウルの廃盤CD何処に行っても無いよ!」とお嘆きの貴方!8月11日に当店に来たらあります!

※入場整理券は当日10:00より配布致します。
※当日のご来店状況により整理券配布時間が早まる場合もございます。ご了承下さい。

夏の真っ只中に一番熱いセール...凄そうです。さぁ、めざすは新宿ソウル/ブルース館!そして、そのままお茶の水ソウル/ブルース館へもどうぞ!

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 17:48:14Comments(2)TrackBack(0)

V.A. / CAN'T BE SATISFIED: THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY 英KENTから遂にCD化となるXL〜SOUND OF MEMPHIS音源!

2007-08-10

7687.jpg V.A. / CAN'T BE SATISFIED: THE XL AND SOUNDS OF MEMPHIS STORY (KENT)

昨年からのサザン〜ディープ・ソウル再発ラッシュから、今年も続くディープ・ファン悶絶のCD化。英GRAPEVINEの新レーベルSOULSCAPEからのBILL BRANDON、そしてTONY BORDERSの単独名義初CD化という2大ディープ巨頭のリリースで盛り上がる中、老舗〜本舗である英KENTも黙ってはおりませんぞ!

先頃リリースされたあのBARBARA BROWNのこちらも単独初CD化で遂に実現したSOUND OF MEMPHIS音源CD化。その瞬間、誰もが考えたはずである。そう、数々のSOUND OF MEMPHIS〜XLレーベル音源のCD化を... そしてその想いにしっかりと応えてくれるのが流石の英KENT!お待たせいたしましたSOUND OF MEMPHIS〜XLレーベル音源集、堂々発売決定です!

収録内容
1. I Can't Be Satisfied - Spencer Wiggins
2. Last Mile Of The Way - The Minits
3. Plaything (Alt version) - Barbara And The Browns
4. Love Just Ain't There - Richard And Walter
5. You Can Lead Your Woman To The Altar - William Bollinger
6. Shower Of Tears - Anne Hodge
7. Take It From Someone Who Knows - The Ovations
8. Thanks To You - Dan Greer
9. Talking About The Love I Have For You - George Jackson
10. Still A Part Of Me - The Minits
11. Hook Line and Sinker - Dan Greer
12. Everything You Always Wanted To Know About Love - Lou Rroberts
13. Pity A Fool - Barbara And The Browns
14. You're Welcome Back - Anne Hodge
15. Tell Him Tonight - Rudolph Taylor
16. Hanging Around Your Doorstep - Billy Cee And Freedom Express
17. Let The Moment Last - Vision
18. Best Thing I Ever Had - Spencer Wiggins
19. Walking The City Streets - George Jackson
20. Don't Break Your Promise - The Ovations
21. I'm Your Woman (You're My Man) - The Sweeteens
22. California Dreaming - The Jacksonians

感激であります。もう言葉も出ないほど嬉しいCD化皿多数。さらに期待させるのは何と言っても未発表!(果たしてあるか!?)前述BARBARA AND THE BROWNS、OVATIONSはもちろん、SPENCER WIGGINSGEORGE JACKSONさらにDAN GREERまでサザン〜ディープ・ソウル・ファン悶絶必至。9月末、私たちは股、ディープ・ソウルの虜になるのです。

さらに贅沢言って、リクエスト!これ股、期待して止まないSOUNDS OF MEMHPIS関連のCD化続編をぜひ!OVATIONSのアルバムCD化〜廃盤CD高騰真っ只中の「ハヴィング・ア・パーティ」(PCD-1203)の復活含め、英KENTさま、何卒、宜しくお願いします!

祝!編集盤!度 ☆☆☆☆☆ | サザン〜ディープ度 ☆☆☆☆☆ | シングル・オンリー度 ☆☆☆☆☆ | 続編も大いに期待!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:10:13Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / FUNK 80: ONLY THE BEST RARE TRACKS VOL.3 第3弾は2枚組で登場!U.K.新鋭UK RECORDS最新作!

2007-08-09

7684.jpg V.A. / FUNK 80: ONLY THE BEST RARE TRACKS VOL.3 (UK RECORDS)

出ました第3弾!シリーズ開始を告げる第1弾、第2弾はそのまんまなジャケットにご紹介するのも躊躇うほどのインパクトでしたが、今回は無難な"夜景ジャケ"でどうぞ。新鋭UK RECORDSが放つ今年から始まった注目の80'S再発コンピレーション・シリーズ「FUNK 80」の最新作が到着いたしました。

なんと第3弾からいきなり2枚組という変則リリースに唖然とするも、これ股、素晴らしい内容でして...

収録内容
DISC.1
1. You're The Best - Larry Joseph Project
2. So Inspired - Amuzement Park
3. Pied Pipper - Dave Valentin
4. Sassy Style - Chazz
5. Together - Finesse
6. Someone Special - Flower
7. Movin On - Frederick
8. Give It Up - Pleasure
9. Party People - Main Ingredient
10. This Love Is Real - Manhatthans
11. Closer Than Closer - Ramsey Lewis
12. Love Shine - Robin Angel
13. Keep Giving My Love - Ronnie Mc Neir
14. Mystary Lady - Velvet Touch
15. Fall In Love - Gonzales
16. I've Got Your Number - B.O.F
17. God's Armor - Brothers In Christ

DISC.2
1. Ready Or Not - Nollen & Crossley
2. Givin It Up - Kitty Haywood
3. I'm In Love With You - Eddie Kendricks
4. Ciues - Future Flight
5. Don't Say Yes - Jeff Lorber
6. Don't You Get So Mind - Jeffrey Osborne
7. Seconds Of Your Love - Jphnnie Taylor
8. Party With Your Bady
9. Summer Grooves - Mirage
10. Dance With Me - The Waters
11. A Chance For Hope - The Live Band
12. Your On The Eye - Norwood B
13. Be Your Lover - Towzone
14. Prime Time - Ebo
15. Can't Keep My Hands To Myself - Ts Monk
16. Count 1-2-3 - Kooly
17. Got To Get It Right - Byron Miller

まさに怒涛... 仏BOOGIE TIMES「THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC」でマニアック路線をひた走る中、こちらは正統派〜王道路線をひた走る!? 否、今作はちとマニア剥けでもありますぞ。VINYL MASTERPIECEのコンピレーション・シリーズ「MASTERPIECE」「NIGHTTIME LOVERS」、さらにはACTIVE FORCE RECORDS諸作品も交えて、80'Sコンピレーション満開宣言!?

ヴォリューム度 ☆☆☆☆☆ | 80'Sリリース・ラッシュ度 ☆☆☆☆☆ | 初回入荷はアッという間に売り切れてしまいまして...度 ☆☆☆☆☆ | 夜景ジャケどおりのアーバン度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 11:15:40Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL WYCOFF / ON THE LINE ファン歓喜のCD化!ウェスト・コースト〜ハッシュ路線名作83年作が世界初CD化!

2007-08-08

7671.jpg MICHAEL WYCOFF / ON THE LINE (BLUE BIRD)

怒涛のリリース・ラッシュで80'S再発シーンに衝撃を与えている英国新鋭レーベルBLUE BIRD RECORDSから早くも新作が到着!今作も80'Sファンにはもちろんストライク、さらにはソウル・ファンもゾッコンなあのMICHAEL WYCOFFのサード・アルバム「ON THE LINE」の世界初CD化であります!

衆知のとおり代表作「LOVE CONQUERS ALL」がBMGジャパンよりフリー・ソウル・シリーズとしてCD化(未だに国内オンリー)されたものの今は廃盤、高騰中。そこに収録されたLEON WARE作の名曲"LOOKING UP TO YOU"こそが、彼を代表する作品であることはたしかなのですが、今回CD化となったこの3作目こそがソウル・ファンには忘れられない1枚なのであります。

この作品がリリースされた83年といえば"ハッシュ"である。「U.S.ブラック・ディスク・ガイド」でこのアルバムが紹介されているとおり、KASHIFFONZI THORNTONといった名前と並べると実にしっくりくる。前作に引き続きプロデュースを担うWEBSTER LEWISによるところ(所謂フュージョン路線)も大きいが、彼の持ち味が遺憾なく発揮され、その時代と見事にマッチしたのはこちらのアルバムの方であろう。

ソフティケイトされた歌声の中に時折見え隠れする熱いもの。個人的にもオリジナルLPが高くて手に入れられなかった「LOVE CONQUERS ALL」よりも、比較的安価に手に入ったこちらが愛聴盤だった故、想い入れは強い。そう思うと、ようやくのCD化だなぁ...とフト思うのであります。

80'S名作度 ☆☆☆☆☆ | 祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | 怒涛のBLUE BIRD RECORDS度 ☆☆☆☆☆ | 個人的愛聴皿度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 10:49:55Comments(0)TrackBack(0)

FOUR MINTS / GENTLY DOWN YOUR STREAM あのヴィヴィド盤から早10数年...ついに蘇る甘茶ソウル〜グループ名作が再CD化!

2007-08-07

7664.jpg FOUR MINTS / GENTLY DOWN YOUR STREAM (NUMERO)

80年代にセカンド・プレス盤(LP)が出回るまるも、しかしまだその存在は夢の股、夢... さらにあのヴィヴィド・サウンドがCD化するものの今や廃盤、高騰... いつまで貴方たちはファンをヤキモキさせるのかしらん... そんな想いで遠くを眺めていた時に突然届いたU.S.新鋭レーベルNUMEROからの「ECCENTRIC SOUL」シリーズ第1弾「ECCENTRIC SOUL: CAPSOUL LABEL」。

なぬっ!? あのFOUR MINTSが収録されているではありませんかっ!?

そう、FOUR MINTS唯一のLPをリリースしたCAPSOULレーベル音源集であったその編集盤に彼らが収録されているのはもちろん当然であった。その瞬間、誰もが思ったはずである。「こりゃぁNUMEROさんからFOUR MINTSが再発されるんじゃぁないか?」と... そして、ついにその夢が実現いたします!そうです!FOUR MINTS「GENTLY DOWN YOUR STREAM」が再CD化となります!

収録内容
1. You're My Desire
2. Row My Boat
3. Why Did I Go
4. Do You Really Love Me
5. Too Far Gone
6. You'll Want To Come Back
7. Keep On Loving You
8. In A Rut
9. Can't Get Strung Out
10. They Were Wrong
11. Too Far Gone (Rehearsal) (Extended Play)
12. In A Rut (Rehearsal) (Extended Play)
13. In A Rut (Instrumental) (Extended Play)

な、なんと驚きの未発表音源まで収録されているではありませんかっ!? たはぁ〜これは参った!今年のソウル・ヴォーカル・グループ再発NO.1と思われていたDYNAMICSのファースト「FIRST LANDING」の世界初CD化にも並ぶ、全ソウル・ファン悶絶のCD化!NUMEROさん、ついにやってくれました。

近年の世界初CD化ラッシュの中に紛れて、埋もれてしまっては絶対にいけないこの名盤。嗚呼、これからはいつも私の側にい
てくれるのね... 感激ッ!

祝!再CD化!度 ☆☆☆☆☆ | アッパレ!NUMERO度 ☆☆☆☆☆ | ソウル名盤度 ☆☆☆☆☆ | 実は彼ら...まだ現役で歌っているらしい!?度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 08:20:22Comments(0)TrackBack(0)

「私のお墓の前で吐かないで下さい。」 ソウル・イベント『ALZHEIMER』のお知らせ ALZHEIMER at Capitano 8/18(sat)

2007-08-06



恒例ソウル・イベント 『ALZHEIMER』 真夏の夜に開催です。
お盆の帰省で大忙しな貴方も、夏休みのとれない貴方も、ソウルで踊る夜は最高。

空前の大ヒット度 ☆☆☆☆☆ | 城…?度 ☆☆☆ | レア盤に巡りあえますように…度 ☆☆☆☆☆ | 問題発言度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 14:03:11Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / SOULFUL THANGS VOL.7 スウィート・ソウル〜甘茶ソウル・ファン悶絶のコンピレーションいよいよ第7弾!

2007-08-06

7657.jpg V.A. / SOULFUL THANGS VOL.7 : 21 RARE & HARD TO FIND SWEET & NORTHERN SOUL CLASSICS (LATIN SOUL RECORDINGS)

毎度ながら名曲、激レア、オブスキュアなスウィート〜グループ・ハーモニィの音源の数々で聴き手を唸らす「SOULFUL THANGS」シリーズも既に7作目に突入。決して色あせることなく、むしろ収録曲/センスに輝きを増しているからオソロシイ...

収録内容
1. It's So Hard To Say So Long - Equasions
2. Lost in A Dream - Soul Sounds Unlmited
3. The World Today - The New Attractions
4. Together - Mike Jamies Kirkland
5. It Was Real - Amswers To Love
6. What Goes Around - Perfeect Touch
7. I Miss My Baby - Lls.Music
8. Secound Time Around - Experience Unlimited
9. Let Love Walk Into Your Heart - The Escorts
10. I'm Gonna Love You, Girl - Lifestyle
11. Come Back To Me - Toney Fountaine And Croup
12. All I Want To Do Is Spend Time With You - Gang's Back
13. Sipping On A Cup Of Coffee - The Ordells
14. At The Crossadads - The Notations
15. Cowgirls To Boys - The Ripples
16. Day By Day - Continental IV
17. Never Turn Your Back On The One You love - Stone Luv
18. Can You Remmember - Jeff Graham And Family Connection
19. Trying To Get to You - Imperlal Wonders
20. I Know the Inside Story - Chubby And The Turnpikes
21. Not Too Young - Continental Showstoppers

大御所?ESCORTS(9)、NOTATIONS(14)のレア音源を始めに、(6)(16)(19)(21)等、高い人気を誇るグループによる失禁御免の悶絶アイテム収録。その他マニアックなタイトルも決して聴き逃しなきよう!

全21曲、シングル・コレクター、ソウル・ファンのみの秘密にしてちゃあ勿体無い、ソウルってこんなに黒いんだ、ソウルってこんなに甘いんだ、ソウルってこんなに優しいんだ。これからソウルの泥沼でずっぽりしたい入門者にもお勧めのシリーズ最新作です。

甘茶度 ☆☆☆☆☆ | レアー度 ☆☆☆☆ | ジャケットも原点回帰度 ☆☆☆☆☆ | シリーズ続編発売期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:02:56Comments(0)TrackBack(0)

NIGHTWIND FEATURING ANGELA CHARLES AND WINDSONG 洗練された都会的なアレンジによるレイト80'S名作が世界初CD化!

2007-08-05

7653.jpg NIGHTWIND FEATURING ANGELA CHARLES AND WINDSONG / NIGHTWIND (WIND SONG)

ソウルの色濃く香る街は数あれど、群を抜いて日本のソウル・ファンに愛される...シカゴ。そしてシカゴといえば風の街(ウィンディ・シティ)である。そんなシカゴのローカル・レーベルから87年にリリースされたのがこのNIGHTWINDの唯一のアルバム。シカゴの夜風の如く、アーバンな雰囲気を十二分に漂わせる隠れた名作であります。

実はこのアルバム、AOR界隈では「名盤」として崇められている。それもそのはずである。抜けの良いサウンド・プロデュース、洗練されたメロディ・ラインにシンプルな音群... プロデューサーであるCHARLES M. LAWRENCEの作曲/アレンジのセンスの良さが光る中、それを越えた位置で可憐に、透明感ある歌声を披露するフィーチャリング・ヴォーカリストANGELA CHARLESの存在こそが、このアルバムのすべてであろう。

収録内容
1. Love My Baby
2. Lovin You
3. Falling In Love
4. You're Someone Special
5. Nightwind
6. Message To My Lover
7. Crazy About Your Love

それを示すのがMINNIE RIPERTONの大ヒット・ナンバー「LOVIN YOU」のカヴァー(2)である。音数少ないシンプルなバックに、オリジナル・ヴァージョンさながらに広域を多用して歌い上げるこの美しい歌声。数多く世に出された同曲のカヴァー・ヴァージョンの中でもその出来は別格と言っても過言ではないほどに素晴らしい仕上がりである。

それを軸に他の楽曲でもクオリティの高いサウンドと歌声を聴かせるこの一枚。シカゴのローカルで生まれて、そのまま埋もれてしまうにはあまりにも惜しい楽曲群が並ぶ。オープニングを飾るに相応しいレイト・ナイト・スロウ(1)、アーバン・メロウ・ミッド(3)(4)、エレピとアコギによる旋律が美しすぎるスロウ(5)(7)と良曲揃い。まさにシカゴの夜風(NIGHTWIND)の如く... 87年遅れて生まれたブラコン〜アーバン・ソウル傑作!

夜の似合う音度 ☆☆☆☆☆ | アンジェラ嬢のハイトーン・ヴォイス度 ☆☆☆☆☆ | 駄曲皆無の名作度 ☆☆☆☆☆ | 祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:20:16Comments(0)TrackBack(1)

K.I.D. / FINE TIME TONIGHT GIORGIO MORODERと活動をともにしたGEOFF BASTOWによる80'Sアーバン・サウンド名作が世界初CD化!

2007-08-04

7652.jpg K.I.D. / FINE TIME TONIGHT (BABY RECORDS)

ブラック・ミュージックの長い歴史の中で、欧州がその中心に立っていた時が存在する。それはブラック・ミュージックがディスコ・ミュージック〜ダンス・ミュージックへとその方向性を広げていった時、77年ディスコ・サウンドの代名詞であるDONNA SUMMER "I FEEL LOVE"が一世を風靡した瞬間。そう、この楽曲のプロデューサーであるGIORGIO MORDERが推し進めた"ミュンヘン・サウンド"がそれである。

そんな70年代後半、時代のど真ん中にいたGIORGIO MORDERと活動をともにし、前述"I FEEL LOVE"の制作にも携わったGEOFF BASTOWが82年にプロジェクトしたグループがこのK.I.D.なのであります。まさに知る人ぞ知るといったアルバムではありますが、昨今の欧州〜英国による80'Sソウル〜アーバン・サウンドのリイシュー・ブームの中でCD化されているアイテムを見てゆけば、このアルバムのCD化も必然であったようである。それくらいの高いクオリティを持った内容なのです。

リリースされたのは嵐のようなディスコ・ブームが去った82年。ここに収められた楽曲群も多彩なメロディ・ラインとリズムのアクセントにより音楽的にもその幅を広げたディスコ・サウンドを聴かせてくれる。スロウ・ナンバーは皆無、全曲アッパーなダンス〜ファンク・チューンに占められている。

収録
1. Fine Time Tonight
2. I Wanna Piece Of The Action
3. The Shoop Song
4. Midnight Magic
5. Watch Out
6. Come And Get It
7. My Love Is On The Way
8. Lies
9. Can't Get Enough Of This

CHIC風アーバン・ファンク(1)(3)、GIORGIO MORDER直結のディスコ(2)(5)、80'Sメロウ・フローター(6)(7)、西海岸ブリージン・サウンド(9)といった幅広いスタイルによる楽曲群。そこに欧州特有の軽さは感じられない。

ほぼ全編で聴かれるCHIC調の女性ヴォーカルが哀愁漂うメロディ・ラインをより際立たせ、アーバン・サウンドを鮮やかに彩っている。ブラック・ミュージックが米国を越え、欧州で結晶とかしたかのような素晴らしい内容。まさに祝すべき世界初CD化であります!

ミュンヘン・アーバン度 ☆☆☆☆☆ | サウンド・プロダクション・クオリティ度 ☆☆☆☆☆ | 女性コーラスのアンニュイ度 ☆☆☆☆☆ | 祝!初CD化度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 11:40:33Comments(0)TrackBack(0)

リトル・ジョニー・テイラー、テッド・テイラー GREAT UNKNOWN BLUES SINGERS〜忘れじのブルース・シンガー 紙ジャケット3タイトル!

2007-08-03

7642.jpg リトル・ジョニー・テイラー / エヴリバディ・ノウズ・アバウト・マイ・グッド・シング (Pヴァイン)
リトル・ジョニー・テイラー / オープン・ハウス・アット・マイ・ハウス (Pヴァイン)
テッド・テイラー / テイラー・メイド (Pヴァイン) *写真

RONNのジャケットの素晴らしさは、何と言ってもこの溢れんばかりの黒さにある。ご覧のTED TAYLOR然り。そんなRONNのTED TAYLORとLITTLE JOHNNY TAYLORの諸作品が今を風靡している紙ジャケットで発売された。題して「GREAT UNKNOWN BLUES SINGERS〜忘れじのブルース・シンガー」である。

オリジナルLP盤のジャケットの味わいを今の時代に蘇らせる紙ジャケットCDたち。正直「ソウル・ファンたるや音ありきだぜ!ジャケットなんて何でもよかばい」と思っていた数年前から比べると、だいぶ紙ジャケットに感化された小生。いゃ〜今回のこの3枚も実にいい!この黒さがミニチュア化されてるってんですから、手にとってニンマリである。

もちろん中身の方も充実!全アルバムに各々4曲づつボーナス・トラックを収録している。ブルースもソウルもルーツは同じ。その事にあらためて気付かされるまさに「忘れじのシンガー」による名作。Pヴァインによる紙ジャケCD化の黒さ溢れるアイテムには、ブラック・ミュージック・ファンが忘れてはいけない、忘れられない何かを今に伝えているのであります。

黒いジャケ度 ☆☆☆☆☆ | ブルーズン・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 忘れじの名シンガー度 ☆☆☆☆ | Pヴァイン紙ジャケ化期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 11:57:35Comments(0)TrackBack(0)

Z.Z. HILL JR. / GOIN' TO MISSISSIPPI 巨星の御子息、悲願のデビュー・アルバム! インディソウル列伝 No.132

2007-08-02

7634.jpg Z.Z. HILL JR. / GOIN' TO MISSISSIPPI (DELTA ROOTS)

今も生き続けるブルース... 昨年のシカゴ・ブルース・フェスティヴァルを観て、少しでもその事を実体験できたのはとても嬉しかった。何故、歌が必要とされるのか。何故、シンガーが歌うのか。そんな根本的な部分の本質を、ほんの少しだけ垣間見る事ができたのは、多くのシンガー達を紹介するバイヤーという職業を生業にする者にとって大きな糧となっている。

そんな昨年のアメリカ出張を思い出させたのがこのZ.Z. HILLの息子(と思われる)、Z.Z. HILL JR.の遅咲きながらのデビュー・アルバムを見つけた時だった。親父が歌っていたから、俺も歌う... そんな根本的な部分の本質を強く感じたからだ。決して上手いワケでもないし、声が出ているワケでもないこのシンガー。それでも惹きつけられるのは何故だろう... そう、きっとそれが歌うってことなんだろうなぁ〜なんて、ひとり納得したりして。

さて、そんな彼のデビュー・アルバムをご紹介するのは営業部H氏!なかなかいい味出してます。これがソウル・レビューってやつですね。


私、不器用ですけど何か?

Z.Z.HILL JR.という名前で面を食らい、音を聞いてみると、これ又ビックリ。タイムスリップしたかの様な感覚にとらわれる!但しサザン・ソウル・シンガーなるもの、現代においても己の世界感を何も辱めもなく見せ付けられないとダメ、と語られそうなほど生き方に自身の信念を感じられる。そしてほぼ全編に及ぶ潰されそうな程のヘビーなバリトン・ヴォイスには、迫力存分に有り。不器用な男の不器用な生き様をちょっと覗いてみては?

全12曲の内10曲はTWIST TURNERのペンによるもの。(1)(2)の正統派サザン・ソウルや(2)(6)等のブルース、また(4)(5)のディープな音源、喉がはちきれんばかりの辛口にて聴き手を責める(10)、ファンキー路線(7)やイントロのサックスが印象的な唯一の甘いバッラド(8)、60年代に忠実なリズム・アンド・ブルース(9)等、新録とは思えない程の時代感がZ.Z.HILL JR、またTWIST TURNERの手によって作り上げられた本作には南部の魅力をバランス良く散りばめた音源も数々。

往年のソウル・ファン、昨今現る若年層ディープ/サザン・ソウル・ファン双方に論議の的になるであろう作品。いずれは散り行く男の仕事。それも運命と認めるならば、一度は咲かそうディープな花を。咲かせて見せようサザン街道。

by 営業部H氏


う〜ん、これもう演歌の世界ですな... そう考えると演歌ってやつもなかなか侮れない。

Z.Z. HILL JR. myspace

祝!アルバム・デビュー度 ☆☆☆☆☆ | 味わい度 ☆☆☆☆☆ | 親の七光り度 ☆☆☆ | サザン・ソウル度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:27:49Comments(0)TrackBack(0)

テッド・コールマン・バンド / テイキング・ケア・オブ・ビジネス レア・グルーヴ秘宝皿ついに!紙ジャケット仕様で世界初CD化!

2007-08-01

7628.jpg テッド・コールマン・バンド / テイキング・ケア・オブ・ビジネス (Pヴァイン)

昨日お知らせいたしましたレア・グルーヴ屈指の名作MIGHTY RYDERSと同時発売のPヴァイン GROOVE-DIGGERSシリーズで世界初CD化となるこちらがTED COLEMAN BANDであります。どうです!? このローカルな雰囲気漂うジャケットは!? ピラミッドで"TCB"って股、怪しい!

たとえばアメリカのヴァイナル・ショップでこのジャケットが眠っていたら(まぁ今はもうそんなことは無いでしょうが...)間違いなく抜きますよね?そして期待を胸に針を落しますよね?その期待に見事に応えてくれるようなグレイトな内容なのであります!このニュアンス、伝わりますでしょうか?

ヴィブラフォンの音色と鼻歌のような男性ヴォーカル。テクニックも確かなリズム隊。サマーブリーズ・メロウ〜高速サンバ調といった幅広い楽曲を鮮やかに聴かせる。路線としてはROY AYERSのローカル版といった趣か?BILLY WOOTENほどの熱さはないのがこれ股、味わい深い。

兎に角、レア・グルーヴ・ファンには嬉しい極上盤の世界初CD化。MIGHTY RYDERSとともに紙ジャケットで並べたらもう、それだけで涎が垂れてきそうであります。オリジナルLP(どちらもまず買えませんからね..)に想いを馳せて...

ローカル・グルーヴ度 ☆☆☆☆☆ | ヴィブラフォン度 ☆☆☆☆☆ | オリジナル特典「妄想帯(ペア)」準備中!度 ☆☆☆☆☆ | GROOVE-DIGGERS度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:49:02Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited