黒汁通信

ソウル〜インディ・ソウル〜R&Bのウラ、オモテ、ソコやらアソコをより深く弄るバイヤー業の日々を赤裸々に綴ります。

BILLY BUTLER / THE RIGHT TRACKS: THE COMPLETE OKEH RECORDINGS 1963-1966 LP「RIGHT TRACK」+シングル&VER.違いでコンプリート!

2007-05-31

7142.jpg BILLY BUTLER / THE RIGHT TRACKS: THE COMPLETE OKEH RECORDINGS 1963-1966 (KENT)

BARBARA BROWNのCD化で話題騒然、ソウル・ファンをやっぱり虜にしてしまう老舗レーベル英KENTの6月リリースはこちら!あのJERRY BUTLER(今や現在進行形U.S.ソウル・シーンの親分!)を兄にもつBILLY BUTLERのOKEHレーベル音源コンプリート。ディープの次は60年代シカゴで悶絶っ!

オリジナルLP「RIGHT TRACK」('66)はもちろん、シングル・オンリー、さらにはヴァージョン〜テイク違いに、インスト音源まで詰め込んだ、な、な、なんと全28曲怒涛の収録!

収録内容
1. Found True Love ** (Single Version)
2. Lady Love ** (Single Version)
3. Gotta Get Away - Billy Butler & The Enchanters
4. I'm Just A Man - Billy Butler & The Enchanters
5. Can't Live Without Her *
6. My Heart Is Hurtin' *
7. Nevertheless *
8. My Sweet Woman *
9. I Can't Work No Longer *
10. Tomorrow Is Another Day *
11. (I've Got A Feeling) You're Gonna Be Sorry *
12. (You Make Me Think) You Ain't Ready *
13. Right Track
14. Boston Monkey (Mono Single Mix)
15. Does It Matter? ** (Second Version)
16. Fighting A Losing Battle **
17. To Be Or Not To Be * (First Version With Solo Vocal)
18. Lady Love ** (First Version)
19. Found True Love ** (Stereo Album Version)
20. Does It Matter? ** (First Version)
21. To Be Or Not To Be * (Second Version With Att Vocal & Group)
22. Singing The Blues (Backing Track)
23. She Hurt Me (Backing Track)
24. You Won't Let Me Forget It (Backing Track)
25. Loneliness (Backing Track)
26. Let's Make Up (Backing Track)
27. Right Track (Instrumental)
28. Boston Monkey (Instrumental)


* Billy Butler & The Chanters 
** Billy Butler & The Four Enchanters

60年代シカゴ・ソウルの繁栄を力強く感じさせる楽曲群。カーティスの影響を受けた都会的なサウンドの妙味。後の名盤「HUNG UP ON YOU」(BILLY BUTLER & INFINITY!CD化切望の'72年 PRIDE原盤)へと続くハーモニー。やっぱり60年代のシカゴって、素晴らしいんだなぁ〜と感慨にふける名曲たちなのであります。

ディープの後はシカゴでどきゅん。英KENTの懐の深さたるや、恐るべし!

正規単独初CD化(OKEH期)度 ☆☆☆☆☆ | 60'Sシカゴ・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 「HUNG UP ON YOU」CD化切望!(クドいようですが!)度 ☆☆☆☆☆ | 嗚呼、英KENT度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:26:04Comments(0)TrackBack(0)

BARBARA & THE BROWNS / CAN'T FIND HAPPINESS: THE SOUNDS OF MEMPHIS RECORDINGS サザン・ソウル・ファン垂涎のCD化!

2007-05-30

7127.jpg BARBARA & THE BROWNS / CAN'T FIND HAPPINESS: THE SOUNDS OF MEMPHIS RECORDINGS (KENT)

サザン、ディープ・ソウル・ファン歓喜の BARBARA & THE BROWNS CD化!シングル・オンリー・アーティストながら彼女の歌は聞いた者を瞬く間に虜にする!更に未発表が8曲!ソウル・ファンなら興奮せざるを得ないCDといえよう!SOUND OF MEMPHIS録音といえば OVATIONSSPENCER WIGGINS の作品が一般的には人気だが、このBARBARA BROWNを忘れてはならない!

CARL SIMS の一世一代の名唱で知られる DAN GREER 作の素晴らしいバラード"Pity A Fool"。この彼女のバージョンも RICK HALL 擁する FAME GANG が織り成す極上のサザン・ソウル・サウンドに乗って伸び伸びと歌われ、 CARL SIMS バージョンと甲乙付けがたい出来と評価の高い一曲だ。

他、恐ろしいことに彼女の作品は駄作がなく水準の高い楽曲がズラリと並ぶ(ATCO, CADET, SOUNDS OF MEMPHIS, XL, TOWERのシングル皿を網羅)が、そこに更に今回未発表曲が8曲も収録されているというのだから堪らない!

収録内容 
1. Can't Find No Happiness
2. It Hurts Me So Much (To Be Able To Look And To Know I Can'tTouch) *
3. If I Can't Run To You I'll Crawl
4. I Don't Want To Have To Wait
5. Pity A Fool
6. Big Party
7. Plenty Of Room
8. I'm Gonna Start A War *
9. You Don't Love Me
10. Watch Dog
11. Man Around The House *
12. Got To Be Somebody *
13. Things Have Gone To Pieces
14. Play Thing *
15. Great Big Thing
16. There's A Look On Your Face
17. If It's Good To You (It's Good For You)
18. Watch Dog *
19. Things Have Gone To Pieces *
20. It Hurts Me So Much (To Be Able To Look And To Know I Can'tTouch) *

*PREVIOUSLY UNISSUED

この素晴らしいCDを素通りできるサザン・ソウルはまずいないだろう。

by 新宿ソウル/ブルース館 DEEP SOUL FREAK 『S』

レディ・ディープ・グレイツ度 ☆☆☆☆☆ | 未発表があるとはッ!度 ☆☆☆☆☆ | あぁバラッ度 ☆☆☆☆☆ | KENTディープへの熱い期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:51:19Comments(4)TrackBack(1)

DELLS / LIVE FROM NEW YORK CITY 初の単独映像作品!吠えるMARVIN JUNIORに慄く衝撃の近年ライヴ映像!

2007-05-29

7123.jpg DELLS / LIVE FROM NEW YORK CITY (SOUL CONCERTS)

先週RAY, GOODMAN & BROWNCHI-LITESに続き、昨日TEMPTATIONS REVIEW FEAT.DENNIS EDWARDSアリ・オリ参加!)と同時入荷でご紹介するのは、なんと意外にも単独映像作品としては初のリリースとなる大御所DELLSのDVD!

兎に角、DELLSの魅力といえばMARVIN JUNIORのバリトン・シャウトでしょう。もちろん今でも現役バリバリに吠えるったら吠える。喉壊しちゃうんじゃないかなぁ〜?血管切れちゃうんじゃぁないかなぁ〜???とドキドキ・ハラハラなパワフル・リードに、彼を支えながらレスポンスしていくバック・ヴォーカル!これぞDELLSのヴォーカル・グループ流儀!

収録内容
1. Intro
2. There Is
3. The Love We Had Stays On My Mind
4. Oh What A Night
5. Always Together
6. Give Your Baby A Standing Ovation
7. A Heart Is A House For Love
8. Tico Playing Trumpet
9. Stay In My Corner

往年のヴォーカル・グループ復活組の中でもズバ抜けて大柄揃いです。そんな彼らが踊るポーズひとつひとつがかなり笑えてしまうのですが、そんな"笑い"を"呻き"に変えてしまうほどの説得力を持つMARVINのヴォーカルは只々、感服。リードの掛け合いも良いが、こういうスタイルのヴォーカル・グループというのも、何というか微笑ましいものです。

こちらももちろん、文句なしに一家に一枚のグレイト・ソウル・オン・DVD也!

怒涛のバリトン度 ☆☆☆☆☆ | 他のメムバーの支えあってこそ度 ☆☆☆☆☆ | 巨漢度 ☆☆☆☆ | SOUL CONCERTS続編はあと4タイトルを予定! 度☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 22:06:21Comments(0)TrackBack(0)

TEMPTATIONS REVIEW / LIVE IN CONCERT アリ・オリ加入か!? デニス・エドワーズ率いるテンプス・レビュー最新映像!

2007-05-28

7108.jpg TEMPTATIONS REVIEW FEAT.DENNIS EDWARDS / LIVE IN CONCERT (SOUL CONCERTS)

昨日お伝えいたしましたSOUL CONCERTS注目のソウル・オン・DVDシリーズ1枚目RAY, GOODMAN & BROWNCHI-LITESと同時発売で案内されていたTEMPTATIONS REVIEW FEAT.DENNIS EDWARDSDELLS(こちらは初の単独名義映像作品化!)のDVDが入荷です。本日はまずDENNIS EDWARDS率いるTEMPTATIONS REVIEW FEAT.DENNIS EDWARDSからご紹介を。まずはそのジャケット写真をよ〜く見て欲しい。ん!?ん、ん、んッ!?えッ!?

テンプス・レビューなのにアリ・オリが写ってますがッ!?

一体、どーいうことか。ALI OLLIE WOODSONといえば自らがエンペラー・オブ云々…と名乗り、3つ目のテンプス!と言わんばかりに頑張っていたハズなのですが、何故にDENNIS EDWARDSのTEMPTATIONS REVIEWに!? だってこっちにはDAVID SEAという立派なリードがいらっしゃるというのに…

まさかジャケットだけに写ってて、中身ではいないんじゃ〜ないの?(実際にこんな事がよくあるからソウルDVDには注意が必要)と思い実際の映像を観てみると… いたッ!アリ・オリとD・シーとデニスが列んでるッ!! こりゃ〜タマげました。一体いつの映像か?

おそらくごく最近の映像と思われますが、こりゃ反則技に近くないですかね!? というワケでして… このメンツでご覧の収録曲で内容悪いハズもなく…

収録内容
1. Intro
2. Standing On The Top
3. I've Had A Love Of My Crown
4. Cloud Nine
5. I Can't Get Next To You
6. Ball Of Confusion (That's What The World Is Today)
7. Rainy Night In Georgia performed by Mike Pattillo
8. Some Enchanted Evening performed by Ali Woodson
9. Get Ready
10. Ain't Too Proud To Beg
11. Lady Soul
12. Papa Was A Rollin' Stone
13. Beauty Is Only Skin Deep
14. The Way You Do The Things You Do
15. I WIsh It Would Rain
16. Treat Her Like A Lady
17. introduction of Group Members
18. God Bless America
19. My Girl
20. Just My Imagination
21. My Girl Reprise

前半戦はデニス様主導で名曲メドレーを展開。そしてソロ・タイム(ベースのMIKE PATTILLOとアリ・オリ)をはさみ、デニスはガッツリとご休憩。そしてアリ・オリ〜D・シーがメインを取り合い、名曲でデニスが再び前に出るも、この辺りからデニスは完全に息切れ状態(笑)。名曲(16)で完全にアリ・オリ主導のステージングへ!しかし、一番歌えているのは一番の苦労人、D・シーだったりするからなぁ。

いやぁ〜、このメンツだとTEMPTATIONS REVIEWもかなり面白い。合間に入る笑いも含めてかなり見所満載。一時的なメムバーなのか、それとも固定メムバーでアリ・オリ加入かは不明ですが、これはまたしても一家に一枚のソウル・オン・DVDの誕生であります!

さぁ!そしていよいよデルズ!

…明日へ続く

反則度 ☆☆☆☆☆ | バリトン3枚看板度 ☆☆☆☆☆ | デヴィッド・シーに惚れた!度 ☆☆☆☆☆ | 楽屋でのアカペラも見物ッ度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:59:56Comments(2)TrackBack(0)

LEROY BURGESS / THROWBACK: HARLEM 79-83 甘茶ソウル界からダンス・ミュージック界へとその意志を紡いだ男!完全未発表アルバム発売!

2007-05-26

7095.jpg LEROY BURGESS / THROWBACK: HARLEM 79-83 (SOUL BROTHER)

忘れえぬ漢、LEROY BURGESS。ハウス・ミュージックの祖、そして現在も英国のダンス・ミュージック・シーンやその他各方面で人気を得ている彼の歩んできた道は、メイン・ストリームのブラック・ミュージックとは違う、アンダー・グラウンドなリアル・ブラック・ミュージックの道である。

70年代前半、若干20歳のPATRICK ADAMSのプロデュースによりBLACK IVORYでデビュー(LEROYはこの時、なんと17歳!)、ソウル・ヴォーカル・グループ・ブームにより持て囃される。昨今でも甘茶ソウル・ファンには人気のBLACK IVORYはその筋でもかなりのグループであったが、LEROYは歳を重ねる毎に、徐々に自身の自我をその音へと反映させていくこととなる。

プロデュースまでこなすようになったのはBLACK IVORYの後期である70年代後半。ディスコ・クラシックス名曲"MAINLINE"によりそのスタイルは頭角を表しはじめる。そして以降に手掛けるALEEMLOGGPHREEKといったアルバム作品、そしてFONDA RAE、CONVERTION、INTRIGUE他、膨大な量にのぼるであろう12インチ・シングル群でその手腕、意志を確立していった。

そんな彼の79年〜83年、言わば全盛期であった頃の未発表音源集が、以前に彼のベスト盤「LEROY BURGESS ANTHOLOGY」をリリースした英SOUL BROTHERから発売された。精力的に活動をしていた同時期の作品群というだけあってその内容の素晴らしいこと!

収録内容
1. Midnight In The Streets
2. Scandal
3. Keepin' On
4. Hold Up
5. It's So Easy (You Can Do It)
6. In The Moment
7. Fly Girl
8. Moment Of My Life
9. All Into You
10. Under Da Radar
11. You Are My Number One
12. Hello It's Me

プロデューサーとしてクレジットされ、他のアーティストの名義でリリースされた楽曲の自身のヴォーカルで録音された音源、さらには完全なる未発表で構成された全12曲。ハウス・ミュージックの源流である力強く、流暢なサウンド、そこに絡む高揚感煽る、哀愁メロディ。歌いながら永遠に踊り続けてしまいそうな全12曲!

さぁ、こうなったら後は新作アルバムの発売を待つばかりであります。もしかするとBLACK IVORY名義!? 期待しちゃって宜しいでしょうかッ!?

LEROY BURGESS オフィシャルHP

未発表とて内容抜群度 ☆☆☆☆☆ | 摩天楼〜哀愁度 ☆☆☆☆☆ | ALEEM 86年作が英国よりCD化!?度 ☆☆☆☆☆ | 新作期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 16:47:09Comments(0)TrackBack(0)

TONY BORDERS / CHEATERS NEVER WIN サザン〜ディープ・ソウル・ファン歓喜!まさかのTONY BORDERS単独名義でのアルバムCD化が実現!

2007-05-24

7070.jpg TONY BORDERS / CHEATERS NEVER WIN (SOULSCAPE)

昨日お伝えいたしましたGRAPEVINEからの新レーベルSOULSCAPEから第1弾リリースとなるBILL BRANDONに続いてリリース予定となっているのがこちらのTONY BORDERS!ま、ま、まさかの単独名義アルバムCD化が実現してしまうのです!昨今のサザン〜ディープ・ソウル・リイシュー熱にさらに拍車をかけるであろうビッグ・リリースに感激です!

BILL BRANDONと同様、マスル・ショールズ録音となるSOUTH CAMP〜QUINVY盤に、REVUE盤シングルにプラス未発表曲の怒涛の全18曲。心の底まで痺れるディープ・ソウルの真髄がここに!

収録内容
1. You Better Believe It (South Camp 7009)
2. What Kind Of Spell (South Camp 7009)
3. Love And A Friend (Revue 11025)
4. Cheaters Never Win (Revue 11025)
5. I Met Her In Church (Revue 11040)
6. Gentle On My Mind (Revue 11054)
7. Polly Wally Doodle (Revue 11054)
8. Lonely Weekend (Revue 55180)
9. For My Woman's Love (Quinvy 001)
10. Please Don't Break My Heart (Quinvy 002)
11. Promise To Myself (Quinvy 7101)
12. Mix And Mingle (Quinvy 7101)
13. Headman
14. Cornbread Woman
15. High On The Hog
16. A Nice Place To Visit
17. Until It's Time For Me To Go
18. Don't Let Go

(レーベル cat.no) の記載の無い楽曲は、OVERTURE盤(タイトル「SWEET SOUNDS OF MUSCLE SHOALS VOL.1〜4」*廃盤)、さらにはLPリイシューのCHARLY盤、日本のTRUE SOUNDからアルバムLP化された「トニー・ボーダース・レヴュー」などに収録された未発表音源と思われます。

もちろん泪が出そうです。こんなアルバムを待っていたのですッ!! サザン〜ディープ・ソウル・ファンはもちろん、日本のソウル界が仰天するアルバム化であります。GARRY J. CAPE氏の素晴らしい仕事っぷりに拍手喝采を!

こちらは7月中頃発売予定!心の準備は宜しいですかッ!?

祝!単独CDアルバム化!度 ☆☆☆☆☆ | 拍手喝采!GARRY氏度 ☆☆☆☆☆ | やはり全世界的にディープ・ソウル・ブーム!?度 ☆☆☆☆☆ | もちろん、こうなったらさらに続編期待!?度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:13:51Comments(3)TrackBack(0)

BILL BRANDON / ON THE RAINBOW ROAD シングル・オンリーを集めた単独名義でのアルバム化が実現!GARRY J.CAPE氏に拍手喝采を!

2007-05-23

7064.jpg BILL BRANDON / ON THE RAINBOW ROAD (SOULSCAPE)

創立からまだほんの数年だが、今や英国を代表するソウル・リイシュー・レーベルへとソウル・ファンが皆、注目するGRAPEVINEのレーベル・オーナーであるGARRY J. CAPE氏から一通のメールが届いた。「今度のリリース・アイテムだ」と何気ない言葉の中に隠された確かな自信。恐るゝ添付ファイルを開くと...

こ、こ、こ、こりゃぁ大変!!

なんとあのBILL BRANDONの単独名義CDアルバム化のインフォメーションではありませんかッ!? しかもその収録内容はUNIDISCからCD化されたPRELUDE盤からではないぞッ!? そう、ここに集められた音源。日本のソウル・ファンからこよなく愛され続けるマスル・ショールズ録音、そして70年代SAM DEES絡みのMOONSONG時代のシングル・オンリーの作品なのであります。

収録内容
1. Self Preservation (South Camp 7006)
2. Full Grown Lovin' Man (South Camp 7006)
3. Rainbow Road (Tower 430)
4. (You've Got That) Something Wonderful (Tower 430)
5. Strangest Feeling (Quinvy 7007)
6. Since I Fell For You (Quinvy 7007)
7. Little By Little
8. All I Need Is You
9. When You Get What You Want
10. Stop This Merry-Go-Round (Moonsong 9001)
11. I'm A Believer Now (Moonsong 9001)
12. Johnnie Mae Wright (Moonsong 9003)
13. Whatever I Am, I'm Yours (Moonsong 9003)
14. I Am Free Of Your Love (Moonsong 9004)
15. (Take Another Little) Piece Of My Heart (Moonsong 9004)
16. It's All Wrong, It's All Right (Moonsong 9005)
17. Doing Right Don't Wrong Nobody (Moonsong 9005)
18. Let's Make Our New Love Something Special (Moonsong 001)
19. Let Me Be Your Full Time Groover (Moonsong 001/w Lorrain Johnson)
20. The Streets Got My Lady (Edit)
21. Tag, Tag
22. Good Guys Don't Always Win
23. Let's Get It Back Together Again
24. I'll Be Your Puppet

(レーベル cat.no) の記載の無い楽曲は、KENT盤(MOONSONG期をコンパイルした「HOTLANTA SOUL VOL.1〜3」に収録)やOVERTURE盤(タイトル「SWEET SOUNDS OF MUSCLE SHOALS VOL.1〜4」*廃盤)、さらにはLPリイシューのCHARLY盤などのコンピレーションに収録された未発表音源と思われます。

どうです?この内容...完璧です。泪が出そうです。こんなアルバムを待っていたのですッ!! サザン〜ディープ・ソウル・ファンはもちろん、日本のソウル界が仰天するアルバム化であります。

さてこのSOULSCAPEなるレーベル。一体、誰のレーベル?いえいえ、もちろんGARY J. CAPE氏のレーベルでございます。GRAPEVINE傘下からあのRON HENDERSON & CHOICE OF COLOURをCD化したSOUL JUNCTION以来となる新レーベルなのであります。

新レーベル...第1弾がBILL BRANDONですかぁ。もしかして、次も期待しちゃって良いのでしょうか!?

...明日へ続く

祝!単独アルバム化!度 ☆☆☆☆☆ | 拍手喝采!GARRY氏度 ☆☆☆☆☆ | やはり全世界的にディープ・ソウル・ブーム!?度 ☆☆☆☆☆ | そして第2弾は...TONY BORDERS!!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:09:14Comments(5)TrackBack(0)

RAY, GOODMAN & BROWN / LIVE IN CONCERT 一家に一巻!振り付けも憶えて歌おうソウル・オン・DVDでレイ・グッドマン&ブラウン!

2007-05-22

7054.jpg RAY, GOODMAN & BROWN / LIVE IN CONCERT (SOUL CONCERTS)

実は数ヶ月前にこのDVDの情報を知ってはいたのです。しかし、そのまんまなタイトル、そしてそのまんまなレーベル名は疑わないハズもなく... どうせ出ないんだろうなぁ〜と半信半疑でいたら本当に発売されてしまいました!今や幻となった「THE BIG SHOW」で初映像作品化され、ファンを興奮させたあのRAY, GOODMAN & BROWNの単独名義映像作品です!!

今や数多くの往年のソウル・ヴォーカルが復活し、活動を再開しているが、彼らはその中でもズバ抜けて今も実力以上の何かを感じさせてくれる数少ないグループ。最新作「INTIMATE MOMENTS」そして甘茶カヴァー集「MOMENT WITH FRIENDS」での素晴らしい歌声たるや、今最も伝えたい、残してゆきたいソウル心に溢れている。そんな彼らのライヴ映像作品。興奮せずにはいられないのであります。

収録内容
1. Intro
2. Stay With Me (I Love you Babe)
3. Somewhere There's A Love
4. Sunday
5. With You
6. Lovely Way She loves
7. Happy Anniversary
8. Look At Me (I'm In Love)
9. All I Have
10. Not On The Outside
11. Sexy Mama
12. Inside Of You
13. Ooh Baby Baby
14. Special Lady
15. Before I Let Go
16. Love On A Two Way Street
17. Love On A Two Way Street (Bonus Concert: Philadelhpia)
18. Sunday (Bonus Concert: Philadelhpia)
19. Sexy Mama (Bonus Concert: Philadelhpia)
20. Special Lady (Bonus Concert: Philadelhpia)

前述「THE BIG SHOW」でもいらっしゃった新メムバーLARRY WINFREEを加え、AL GOODMAN、BILLY BROWN、そしてKEVIN OWENSの4人が醸し出すソウルの真髄、今ここに!! カメラの台数をケチって低予算に仕上げた辺りも泣けるッ!

いやぁ〜しかし格好良い!彼らのこの洒落たおやぢソウル魂が堪らないのでありますよ!映像からヒシヒシと伝わってくる甘茶ソウル・ワールドにどっぷりと浸って下さいまし!

祝!単独映像作品化!度 ☆☆☆☆☆ | 2006年最新ライヴ映像度 ☆☆☆☆☆ | 嗚呼、名曲度 ☆☆☆☆☆ | CHI-LITES同時発売!そして今後も続々(DELLSも出る!?)とリリース予定!乞うご期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:27:07Comments(0)TrackBack(0)

EBONY ALLEYNE / NEVER LOOK BACK あのIAN LEVINE氏の秘蔵っ子!期待の女性シンガー登場! インディソウル列伝 No.127

2007-05-21

7049.jpg EBONY ALLEYNE / NEVER LOOK BACK (EXPANSION)

IAN LEVINE氏のyoutubeページを拝見したことがございますか?ご存知のとおりノーザン・ソウル・ブームの火付け役となったあのMOTORCITY RECORDS創始者であるIAN氏の数々の偉業が映像となって収められており、なかなか必見なのであります。こんなアーティストの映像が残っているなんて!という衝撃映像の連続である。

そんな驚きの往年のシンガー達が並ぶIAN氏のページの中で、大々的にフィーチャーされた女性シンガーがこのEBONY ALLEYNEなのであります。いやぁ〜その美貌といい、素晴らしいアーバン・ミッド"Second Look"における透明感がありながら力強いその歌声に完全にノックアウトされてしまいまして…

そんな彼女を数ヶ月前から追いかけておりましたが、なんと前述のとおりあの英EXPANSIONから正式にアルバム・リリースの運びとなった。英国のみならず、今や世界的にインディR&Bシーンで絶対的な信頼を誇るEXPANSIONからのリリースということで、彼女のその実力が世界に羽ばたくこととなるでしょう。

収録内容
1. You Caught Me Off Guard
2. Second Look
3. Walk Away And Never Look Back
4. My Man
5. Know Your Way
6. Hello Stranger
7. Looking Over My Shoulder
8. No More Time
9. Every Lonely Street
10. In Love With A Stranger
11. Merry Go Round
12. All For Nothing
13. Love Is Not A Game
14. Tell Me The Secret

IAN氏の秘蔵っ子ということで、そりゃもういつものEXPANSION作品よりもソウル度は高い。思いっきりノーザン・スタイルな"You Caught Me Off Guard""My Man"、その伸びよくしなやかな歌声が映えるミディアム"Know Your Wayと往年のソウル・ファンにはキュンとくるツボを突いた楽曲群!しかし注目はやはり彼女のその歌声の美しさでしょう。あぁ〜癒されるわ〜

IAN氏の元を離れ、メジャーな音に包まれた彼女の姿も見てみたい… そんな逸材であります。

IAN LEVINE myspace
EBONY ALLEYNE myspace

美貌度 ☆☆☆☆☆ | 透明度 ☆☆☆☆☆ | 力強さ度 ☆☆☆☆☆ | 今後の躍進を大いに期待させる逸材度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:08:54Comments(0)TrackBack(1)

V.A. / GANGSTER SOUL GIRLZ HARMONY VOL.1 脱帽!謎のチカーノカップル・ジャケに萎えるべからず傑作女性もの甘茶ソウル集!

2007-05-19

7043.jpg V.A. / GANGSTER SOUL GIRLZ HARMONY VOL.1 (SONS OF SOUL)

スウィート・ソウル〜甘茶ソウル・ファン卒倒のLATIN SOUL RECORDINGSの姉妹レーベルであるSONS OF SOULレーベルの看板シリーズ「GANGSTER SOUL HARMONY」の新作。謎のチカーノカップル達をジャケットに配した毎度おなじみそのセンスには脱帽ですがコレが股、内容は文句ナシのズバ・ストライクな選曲群!

収録内容
1. Is It Me You Really Love - Black Velvet
2. There He Is - DreamTeam
3. Can I Call You Baby - Pearls
4. I'm Gonna Miss You - Volumes
5. (I Keep Singing) La La La Ooh (part 3) - Lovations
6. My Baby Comes Home Today - Linneas
7. Crying All By Myself - Wendy Rene
8. Kiss Me - Honey Duo Twins
9. I'll Give You the World - Linda More
10. Tarnished Angel - Anita May & Interstate 5
11. The Love You Forgot - Cynthia & Imaginations
12. What About Me? - Exceptional Three featuring Ruby Carter
13. I Cried - Tammy Montgomery
14. You Know I Love You - Barbara Stant & Group
15. No One Else - June Conquest
16. I'll Go Crazy - September
17. It's Gonna Take A Miracle - Honey & Bees
18. Time Hasn't Changed You - Carol Chandler
19. I Can Feel The Tears - Gents & the Lady
20. Please Come Back To Me - Swinging Bridgettes
21. I'd Like To Get Into You - Denise Kelly and Fame
22. Let Me Prove That I Love You - Denise Kelly & Fame

男性ヴォーカルもののスウィート・ソウルに求める「男性が女性を口説くアンニュイな雰囲気」を、逆に女性上位に誘われて痺れてしまうやうなドMな輩にはまったく玉乱痴嬢揃い!

その筋の女帝であるSYLVIA嬢のようなソロ・スタイルではなく、今回のテーマであるグループの「ハーモニー」に焦点を絞った点も、評価に値する素晴らしい選曲です。シングル・オンリーを惜しみなく収録した暴挙っぷりも相変わらずの荒業。

玉には誘われる側になるってのも、悪い気はしないモンですね。

甘茶度 ☆☆☆☆☆ | 痴女度 ☆☆☆☆☆ | 女性ヴォーカル・グループの面白み度 ☆☆☆☆☆ | こちらもファンに人気の「RAREST OF THE RARE SOUL HARMONY」の新作も発売!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 18:01:06Comments(0)TrackBack(0)

マイク・ジェイムス・カークランド 70年代レア・アルバム2タイトルが紙ジャケット仕様で国内初CD化!もれなく妄想帯プレゼント!

2007-05-18


マイク・ジェイムス・カークランド / ハング・オン・イン・ゼア (Pヴァイン)
マイク・ジェイムス・カークランド / ドゥーイン・イット・ライト (Pヴァイン)

マーヴィン・ゲイのニューソウル永遠の名盤「ホワッツ・ゴーイン・オン」から強い影響を受けたそのサウンド。レア・グルーヴ〜フリーソウル・ファンから甘茶ソウル好きまでも虜にするマイク・ジェイムス・カークランドが70年代に残したレア・アルバム2タイトルが国内盤初CD化!しかも嬉しい紙ジャケット仕様!

今回発売のマイク・ジェイムス・カークランド 2タイトルをまとめてお買い上げの方に先着でディスクユニオン オリジナル特典 『70年代風 妄想帯(ペア)』(写真はそれを紙ジャケットに巻いたもの) 差し上げます!

リリース当時に国内盤LPが発売されていたら、きっとこんな帯が付いていたんだろうなぁ〜...と妄想をムクムクと膨らませて作りました。紙ジャケットに巻いて、ご自宅でムフフとお楽しみ下さいませ。

シンガーとしての魅力とサウンドの魅力を併せ持つ稀有の70年代ソウル名作。彼については「SOUL CITY U.S.A. 無冠のソウル・スター列伝」をご覧頂きたい。MIKE & THE SENSATIONS期のシングル皿、このアルバム以降のBO & RUTH(こちらの76年作CLARIDGE盤LPもCD化切望!)といった数々の偉業… 忘れられないシンガーであります。

絶賛ご予約受付中!

ニューソウル度 ☆☆☆☆☆ | レア・グルーヴ度 ☆☆☆☆☆ | 「甘茶ソウル百科事典」ではテリさん絶賛度 ☆☆☆☆☆ | 妄想帯いい感じ度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:08:45Comments(0)TrackBack(0)

LONNIE HILL / BACK ON THE SCENE アーバン・サザン・スタイルを貫く色男カムバック! インディソウル列伝 No.126

2007-05-17

7017.jpg LONNIE HILL / BACK ON THE SCENE (HILLS HIDEWAY MUSIC)

名著「U.S.ブラック・ディスグ・ガイド」で鈴木啓志氏が「大好きな曲です」と告白するモダン・ディープの名曲"Galvenston Bay"収録の80年代アーバン・ディープ名盤「YOU GOT ME RUNNING」(84年/URBAN SOUND原盤)のあのLONNIE HILLが帰って来ました!

否、帰って来たのは3年前の2004年「NO GAMES」ですから、順調に新作を届けてくれたと言った方が宜しいでしょうか?カムバック当初も「あんなにスリムだった体型が…」と嘆きましたが、最新作での彼の姿はさらに貫禄がッ!ジャケット写真でどうしてそんなに睨む必要があるのか… この強烈な視線は今、貴方に向けて…

さて容姿の話はさておき、肝心の内容の話題を。アルバム・デビュー(84年遅咲き)の頃から話題となった彼の人気の肝である"アーバンかつモダンなテイストを持つ楽曲に、サザン〜ディープ・ソウルそのまんまなスタイルの歌唱で挑む"スタイルは最新作でももちろん健在。

ミディアム・テンポでは軽やかに、スロウでは地を這うようなディープ・シンギングで迫るこのスタイル。楽曲、サウンド、そして歌の三位一体。やはり自身で楽曲〜サウンドを手掛けられるのは大きい。

収録内容
1. Back on the Scene
2. My Jazz
3. Stormy
4. Let's Straighten it Out
5. I'm Just a Shoulder to Cry On
6. I Got Your Back
7. So in Love
8. Love is so Good When You're Stealin' It
9. Listen to Your Heart
10. Nothing but Love
11. It Ain't What You Do It's How You Do It
12. Kiss You Up & Down
13. Anything That You Wanna
14. I Gotta Be Me
15. Galvenston Bay (remake)
16. My Dream

収録曲を眺めていておぉぉぉぉッ!驚きました!なんと名曲"Galvenston Bay"をセルフ・カヴァーしているではありませんか!? 祝!名曲復活ッ!夢心地なアーバン・サウンドに優しく、感情豊かに歌い上げるこの曲、やはり名曲である。うぬぬっ、ギター・ソロもいぃ塩梅だぁ〜

ストレートなサザン・バラード(5)あたりも泪チョチョ切れモン。スロウでの貫禄はさらに増したか?チープなバックも気にならぬほどのソウル臭に満ちたディープな歌声に咽返るばかり。いやはや、凄いシンガーである。入荷を心待ちに!

アーバン度 ☆☆☆☆ | ディープ臭度 ☆☆☆☆☆ | 今、彼が歌っていることに感謝度 ☆☆☆☆☆ | ジャケット写真はもう少し良い写真を…度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:20:10Comments(0)TrackBack(0)

D'MAESTRO / SENTIMENTAL アトランタの期待の星!サード・アルバムでさらに羽ばたく! インディソウル列伝 No.125

2007-05-16

7009.jpg D'MAESTRO / SENTIMENTAL (LOB ENTERTAINMENT)

ついこの前の今年3月にご紹介いたしましたアトランタ期待の星、D'MAESTROが早くもサード・アルバムを届けてくれます!デビュー作「SANCTUARY」そして2006年作セカンド「SITUATIONS」でインディ・ファンの心を掴んだであろう彼。その声質は違うが、体型が似ていることもあってかヒューストンのBILLY COOKと印象がタブってしまうのは私だけ!?

BILLY COOKがヒューストンという地を背負って立つのであれば、彼はまさしくアトランタを背負って立つ地域密着型なシンガー。地元ではすでにかなりの人気を誇っているようで、そろそろ全米デビューとなる日も近いかもしれない。それもそのハズこの3枚目!楽曲のクオリティがさらに上がっているのであります故。

収録内容
1. Hands Up
2. Don't Confuse Me
3. Second Chance
4. B4 We Lay Part II
5. Girl I'm Ready
6. Let Me Dance feat. Bigg Ben
7. Loves Gonna Love Me First
8. Nobody But You
9. Material You
10. Girl I Like feat. Supe
11. Lay U Down
12. Can I
13. Falling Again
14. Can't Go On... Can't Give Up

自身のmyspaceですでに聴くことのできる"Second Chance"の美メロに絡むテナー・ヴォイスの可憐さ、盤ピンなアップ・アムバー"Hands Up"での熱いシャウト、多重録音を駆使したグループ仕立てのスロウ・ナムバー"Don't Confuse"でのハーモニー... すでにその歌声とサウンドは完璧に全米屈指の粋!

こうやって地域を盛り上げ、背負って活動を続けるシンガーの成功が、その後のその地域のシーンを熱くするのは言わずもがな。彼のアトランタでの成功が、さらなるシンガー・デビューへの道しるべとなることを切に願いつつ、新作の入荷を待ちましょう!

アトランタ度 ☆☆☆☆☆ | 巨漢度 ☆☆☆☆☆ | やはり美メロなスロウ&ハーモニーが絶品度 ☆☆☆☆☆ | さらなる成功へ期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:14:14Comments(0)TrackBack(0)

TANK / SEX LOVE & PAIN 無事にでてひと安心。待望のサード・アルバムいよいよ発売!

2007-05-15

7003.jpg TANK / SEX LOVE & PAIN (BLACKGROUND)

いやぁ実に濃厚。これぞTANKワールド。シンガーとしての味気なさというか、何と言いますか… これが彼のスタイル。薄味な声質に聴こえながらも、しっかりと心に染みる歌声、いや、これは濃厚とは言わないのでしょうかね… 表現力?

ヴォーカルのレンジが広いワケでもなく、熱いシャウトを聴かせるワケでもない。ソングライターとしての才能と、己の歌を活かす術を知り尽くした熟練の業。現在、ジワジワと本国でヒット中のシングル"Please Don't Go"のなんとシンプルなこと!

数曲今のR&Bシーンを意識(これが股、歌い方までJAHEIMそっくり!)した楽曲もあるが、やはり肝なのはスロウ〜ミッドを坦々と歌い込む姿… 股、彼を好きになってしまうのであります。

TANKオフィシャル HP
TANKオフィシャル myspace

シンプル度 ☆☆☆☆☆ | 飾り気なく度 ☆☆☆☆☆ | R18指定度 ☆☆☆☆ | さらなる活躍を期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:16:06Comments(0)TrackBack(0)

VAL YOUNG / SEDUCTION オリジナルLPは安価ながら名盤と名高いレディ80'S傑作が世界初CD化!

2007-05-14

6993.jpg VAL YOUNG / SEDUCTION (VINYL MASTERPIECE)

昨日お伝えいたしましたCON FUNK SHUNの83年作「FEVER」と同タイミングでVINYL MASTERPIECEより世界初CD化となるのがこのVAL YOUNG。ご存知でしたか?小生、実はただの安レコだと見落としておりました… 猛省でございます。

さてこのVAL嬢。巷ではブラック・モンローと呼ばれるほどの美貌の持ち主。た、たしかに… 裏ジャケでは脇全快の妖艶セクシー・ポーズでキメてくれております。金髪に頬のホクロもまんまなワケですが… え、えぇのぅ〜

実は彼女あのBRIDES OF FUNKENSTEINのメムバー(?)だった経歴もあるというお方。それがどういう経由か、85年リリースの今作で突如アルバム・デビュー。しかもアルバムを全面的にバックアップするのは故RICK JAMES。ファンク界の重鎮と交わる艶女の記念すべきデビュー、何やら淫靡なシチューエーションではございます。(もちろんレーベルはRICK所属のGORDYですわ。)

85年ということで都会的なサウンドにロッキッシュなアーバン具合。そして、哀愁メロディ。前述RICK JAMESよりももう一人プロデューサーとして名を連ねるFRED JENKINS(TONI BRAXTONMARY J. BRIDGEを手掛けたあのFRED JENKINS IIIと同一人物?)による手腕の方が、どちらかと言うと彼女の歌声との相性が良い。N.Y.サウンド的な(3)辺りは一瞬、あのKARIN JONESの歌声をも彷彿とさせるほどの出来である。

この後、彼女は活躍の場をヒップ・ホップのバック・シンガーへと移し、WARREN G.NATE DOGGTOO SHORT2PACといった錚々たるメンツ(西海岸の重鎮総舐め!)の楽曲に参加。う〜ん、この辺りの事情も詳しく聞いてみたいものであります。

艶やかに咲いた彼女の唯一のアルバム、ここに目出度くCD化。彼女もどこかでこの瞬間を喜んでくれていると嬉しいですね。

アーバン度 ☆☆☆☆☆ | 隠れた80'S名盤度 ☆☆☆☆☆ | ハスキーさが堪らない歌声度 ☆☆☆☆☆ | 艶女(アデージョ)度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:47:11Comments(0)TrackBack(0)

WATERFRONT / LOVE'S ROOM 「ESSENCE」誌のチーフ・エディターに見出された正統派デビュー! インディソウル列伝 No.124

2007-05-13

6991.jpg WATERFRONT / LOVE'S ROOM (WATERFRONT)

グループ名、アルバム・タイトルから察するにスムースな色合いの濃い音楽性が想像できる。数曲のインター・ルードはあるが全17曲、全編を通してまさにそのような世界が展開されている。

ここ日本でも購読者が増えているアメリカの「ESSENCE」誌のチーフ・エディターに見出され、ラジオ局ではすでにかなりのオン・エア率を誇り、先日急逝したGERALD LEVERTCARL THOMAS等の同系のシンガーからUSHERJILL SCOTTJOHN LEGENDまで幅広いタイプのメジャー・アーティストのオープニング・アクトも経験済み。今後本国アメリカは勿論、ここ日本でも着実に知られて行くであろう好グループ、WATERFRONTの日本初登場アルバムです。

ストレート過ぎるほどのアルバム・タイトルだがそこまでの濃密な印象はない。なめらかでスムース、優しげなテナーを中心としたハーモニーは当たり前すぎるかもしれないがBOYZ II MENあたりのイメージがいちばん近いだろう。そしてそんなグループの真骨頂はやはり美メロなスロウであることは言うまでもない。(4)(7)(10)(11)(14)(15)(16)(17)あたりがそのスロウ群。どれもが切なくて、メロディの芯がある好バラットが揃っている。90年代の黄金期のスタイルを忠実になぞらえたスタイルはそのあたりのリスナーにとってはストライクど真ん中な曲達だろう。

しかしこのグループ、なかなかの懐の深さを持っていてスロウだけではその魅力は留まらない。更に時代をさかのぼって80'S的なテイストを醸し出すリズム・ボックスが華麗なハーモニーを引き立たせている(2)、クラヴィネットがファンキーなリズムを彩り、泥臭感もなかなかにハマっている(5)、ややダーティーな感があるメロディとエレ・アコのサウンドが不思議な感覚の(8)等、ミッド〜アップ系も粒揃いの楽曲が収められていて、メロウ一辺倒ではない幅広さを持ったグループだということを証明している。ジャケット写真、前述のキャリアから察するにそこそこの経験の持ち主であることは伺えるが、若手では出せない味と言ったところだろうか。

派手さはないが実直に自分達の音楽を演っているという、インディ界では理想ともいえる活動をしているこの4人組。地元ヴァージニアを中心に今後も地道な活動を続けていくのだろう。メジャー云々という世界ではないと思うが、このようなスタイルを貫く姿はつい応援してしまいたくなる。そんな気持ちにさせてくれる好グループだ。

by 営業部S氏

WATERFRONT mypsace

正統派度 ☆☆☆☆☆ | ハーモニー度 ☆☆☆☆☆ | 安定感度 ☆☆☆☆☆ | 美メロ度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:47:53Comments(0)TrackBack(0)

ジェイムス・ブラウン / ア・ファミリー・アフェアー 未発表音源発掘!トウチュウでも記事に!!

2007-05-12



ジェイムス・ブラウン / ア・ファミリー・アフェアー (コロンビア) 5/28発売!

もうあれから半年…度 ☆☆☆☆☆ | 国内盤ボナトラ&オリジナル・ジャケット度 ☆☆☆☆☆ | 今も生き続けるファンク魂度 ☆☆☆☆☆ | JBよ永遠に度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:44:13Comments(0)TrackBack(0)

CON FUNK SHUN / FEVER 必殺仕事人のEUMIR DEODATOプロデュースの83年作がVINYL MASTERPIECEより世界初CD化!

2007-05-11

6962.jpg CON FUNK SHUN / FEVER (VINYL MASTERPIECE)

様々な国やレーベルからCD化されているCON FUNK SHUN。何せオリジナル・アルバムも多く、各時代ごとに名盤と呼ぶべき傑作をリリースしていた彼ら故、この状況は致し方ないところであろう。そんな彼らの後期の傑作と名高い83年作「FEVER」が世界初CD化となります。そのレーベルはな、なんと!快進撃を続けるVINYL MASTERPIECEであります!

昨年の暮れから怒涛のリリースを続けるVINYL MASTERPIECE。ACTIVE FORCEB.B. & Q. BAND「GENIE」、ATLANTIC STARR「BRILLIANCE」「RADIANT」(現在音飛びリマスター中)、MAGIC LADY、そしてまもなく発売となるOLIVER CHEATHAM... 恐るべきペースである。このまま80'Sの名盤はすべてリイシューしてくれるのではないか!? と思わせるような勢いであります。

さて閑話休題、CON FUNK SHUNの「FEVER」。83年ということで多くのファンク・バンドが"生ドラム"から"打ち込み"へと変わっていった過渡期の中に生まれた傑作。プロデュースは様々な名盤を手掛けるブラジルが生んだ必殺仕事人のEUMIR DEODATO。前の3作品をセルフ・プロデュースしていた彼らが、新たなサウンドを求めて、それが見事に結晶化したのがこのアルバムなのであります。

祝!初CD化!度 ☆☆☆☆☆ | ソフティケイテドされたファンク・サウンドの妙味度 ☆☆☆☆☆ | 今年のVINYL MASTERPIECE凄いゾ度 ☆☆☆☆☆ | 同時発売は美嬢VAL YOUNG度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:01:03Comments(4)TrackBack(0)

美嬢黒コレクション No.014 CHRISETTE MICHELE

2007-05-10

6954.jpg NAS「HIP HOP IS DEAD」"CAN'T FORGET ABOUT YOU"そしてJAY-Z「KINGDOM COME」"LOST ONES"というヒップ・ホップ界の超大物の話題の新作での客演で一際輝いて聴こえたその歌声… 「えっ!? これ誰?」と噂が広がりつつあった彼女の名はCHRISETTE MICHELE。まさに才女と呼ぶに相応しい彼女のデビューが正式に決定!





この美空ひばりも真っ青なコブシの節回し。ERYKAH BADU近辺のネオ・ソウルの創世記の歌を自然と吸収し、その歌声に宿らせている時代の申し子、ついに現る。いやぁ〜歌巧いっ!

もしかすると、女性シンガーの歴史を新たに塗り替えてくれるかもしれない… そんな期待さえもさせてしまう逸材であります。乞うご期待!

CHRISETTE MICHELE オフィシャルHP
オフィシャルmyspace

才女度 ☆☆☆☆☆ | 大物も唸る度 ☆☆☆☆ | 年齢不詳度 ☆☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:39:56Comments(0)TrackBack(0)

KENNY HAMBER / THE BEST OF KENNY HAMBER ついに入荷!ケニー・ハンバー初CD化音源含む集大成ベスト盤!

2007-05-09

6948.jpg KENNY HAMBER / THE BEST OF KENNY HAMBER (IT'S SOUL TIME!)

祝!KENNY HAMBER60年代音源CD化!ついに入荷です!大変お待たせいたしました!IT'S SOUL TIME!レーベルの方もすごく良い方で、こちらの様々な無理難題をお願いし、できる限り急いで頂きました。この場を借りて御礼申しあげます!

さて、お伝え。まず以前にお伝えいたしました収録内容から変更になりました。アルバム「THIS IS R&B」収録の"The Closer I Get To You"と、「IN A ROMANTIC MOOD」収録の"Go Girl"と"Back Back"がカットされ、新たに(14)が加えられた全18曲です。

収録曲
1. Anything You Want (Arctic '67)
2. I'm So Proud (from Album "This Is R&B" '96)
3. Paradise (from Album "In A Romantic Mood" '01)
4. Never Found A Girl (Million Dollar '8?)
5. Looking For A Love (Arctic '68)
6. Tears In My Eyes (Spar '60 / Zenette '61)
7. Walk Away From Love (from Album "In A Romantic Mood" '01)
8. Time (De Jac '64)
9. Can't Let You Go (from Album "This Is R&B" '96)
10. Members Only (from Album "This Is R&B" '96)
11. Show Me Your Money (De Jac '64)
12. Closer I Get To You (from Album "This Is R&B" '96)
13. Hope Someday We Can Be Together Soon (from Album "In A Romantic Mood" '01)
14. I'll Be There (from Album "In A Romantic Mood" '01)
15. I Believe In You And Me (from Album "This Is R&B" '96)
16. There's Nothing (from Album "This Is R&B" '96)
17. Twelve Midnight (from Album "In A Romantic Mood" '01)
18. After The Show (from Album "In A Romantic Mood" '01)

驚くべきことにCD盤面にはカットされた3曲もしっかり入った全21曲が記載(ライナー&裏ジャケット部分は収録内容どおりの全18曲で記載)されちゃっていますが… まぁこれはインディ・ソウルというワケで大目に見て頂けましたら幸いです。決して収録内容のミスではございません。(全21曲になるとおそらくCD収録時間の80分をオーバーします…)

内容は言わずもがな。初期の名唱に酔いしれるのもよし。コンテンポラリーな名盤アルバム2枚からの曲で泪するもよし。思う存分にこの素晴らしい歌声をご堪能下さい。そして、発売予定である新作につきましても心待ちにいたしましょう!

祝!60年代音源CD化!度 ☆☆☆☆☆ | まさにIT'S SOUL TIME!度 ☆☆☆☆☆ | ソウル界騒然度 ☆☆☆☆☆ | 新作期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:14:00Comments(0)TrackBack(0)

SIR JOE QUARTERMAN & FREE SOUL 英国初CD化!COLLECTABLES盤から2曲差し替え有り!

2007-05-08

6936.jpg SIR JOE QUARTERMAN & FREE SOUL / SIR JOE QUARTERMAN & FREE SOUL (SOUL BROTHER)

今年も順調なリリースを続ける我らがSOUL BROTHERから新作到着!70'Sファンクの大名盤として外す事のできないSIR JOE QUARTERMAN & FREE SOULの唯一のLPに(10)以降のシングル曲(GSFやMERCURY皿)を8曲プラスして英国初CD化!

英国初?そう、彼らをCDで聴くといったら米COLLECTABLES盤「GOLDEN CLASSICS」が常でした。小生もブラック・ミュージック入門者の矢先に購入したCDとして記憶しておりますが、もうCD化からだいぶ時間も経過している(もう10年以上前かも?)故、嬉しい再CD化でしょう。

収録内容
1. (I Got) So Much Trouble In My Mind
2. I Made A Promise
3. The Trouble With Trouble
4. The Way They Do My Life
5. Find Yourself
6. Gonna Get Me A Friend
7. Give Me Back My Freedom
8. I Feel Like This
9. Live Now Brothers
10. Thanks Dad Part.1&2
11. I'm Gonna Get You
12. This Girl Of Mine
13. No
14. Get Down Baby Part.1&2
15. I'm A Young Man
16. How High
17. Let Me Be What I Am
18. You Know It's Time

基本的には音源がそんなにあるわけではないので前述の米COLLECTABLES盤とかぶるのが16曲。その米COLLECTABLES盤から"Seems to Me" "You're Driving Me"の2曲が外され、(8)と(13)が初CD収録と思われる。(8)はLP収録ながら未CD化だったのですね…

ジャケットもバッチリとオリジナルLP(GSP盤)を使用。もちろん曲順もオリジナルLPどおり。肝心の音質もグッと向上(してますよね?)して、「ファンクとは何ぞや?」の問いの際にはぜひともお薦めしたい1枚であります。

基本的にはレア・グルーヴ・ブームで再発見されたマイナー盤であるが、今聴くとこれこそがメイン・ストリート〜当時のブラック・ミュージックの姿をリアルに映し出しているように聴こえる。歌詞もさることながら、そのサウンドもニューソウルからの影響も強く、さらにJ.B.のファンク・スタイルの幅を広げ、アレンジされた楽曲群。懐かしいあの頃が蘇ってきます。

祝!再CD化!度 ☆☆☆☆☆ | やはりこのジャケがよろし度 ☆☆☆☆☆ | 英SOUL BROTHER新作続々度 ☆☆☆☆☆ | 英EXPANSIONも新作続々度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:18:28Comments(0)TrackBack(0)

HIS HEIR / THE JOURNAL ゴスペル・トリオは傑作の証!? R&Bファンも唸らせる歌唱力に脱帽の好アルバム!

2007-05-07

6927.jpg HIS HEIR / THE JOURNAL (HIS HEIR MINISTRIES)

コンテンポラリー・ゴスペルといって避けてしまうことは、昨今のメジャーR&Bシーンではご法度となりつつあることは多くのリスナーが感じていることだろう。バリバリの現役シンガーがゴスペル・アルバムと称して新作を発売、そのサウンドは特に日本人の耳には全くと言っても良いほど違和感が感じられない"コンテンポラリー"なR&Bサウンドで彩られ、曲そのものもキャッチーな要素が多く含まれたものが多いことから素直に聴けてしまう。

このHIS HEIRもまさにその時流にのっている好コンテンポラリー・ゴスペル・アルバムだ。サウンドも歌唱も文句無、一級品の"R&B"アルバムとしてぜひ多くのリスナーの耳に届いてほしい作品だ。

コンゴス・アルバムの一番良い点として、どのアルバムもまず歌唱力は問題ないという点が挙げられる。今回のこの3人組もご多分にもれずやはり安定した力でこちらの期待を裏切らない実力の持ち主たちだ。リードも曲中でそれぞれが交代で取り、3人が3人とも高い水準の表現力があることをアピールしている。

ソング・ライティングもほぼ3人でこなしているが、その中でも単独でのクレジットが7曲もあるCHASE R.STANCLEが中心人物と思われる。このCHASEの曲がまた90年代的というか、ゴスペルの匂いがほとんど感じられない、実に純R&B的なメロディ、曲調が多くを占めている。

(2)のフローター感がいっぱいなミッドは実にキャッチーで、昨年からメジャー界で流行りだしているメロディ回帰路線のど真ん中をいく、シングル第一候補曲だ。(5)ではなんとベートーヴェンの「月光」を大胆にも活用、マイナーでシンプルなメイン・メロとの組み合わせが絶妙で、知的かつ遊び心溢れるアイデアには恐れ入るばかりだ。

その他にもエモーショナルなメロディと歌唱が胸を打つスロウの(6)(7)、ややゴスペル・チックな雰囲気が感じられながらも基本は90年代R&Bしている(10)(11)等、CHASE単独クレジット曲にはまったくはずれがない。勿論他のメンバーのクレジット曲も水準以上は簡単にクリアはしているのだが(特にラストの(12)は実にグループ的な高水準なミッド)、やはり中心はCHASE R.STANCLE。この名前は今後要チェックだろう。

ジャケットの雰囲気もやや?なところがあるが、昨今の様々な懲りまくった内容のアルバムなどよりもはるかに歌物な内容には好感が持てる。コン・ゴスと区別することはまったく無用、優れた中身の純R&Bアルバムとして、いや懐古主義なソウル・リスナーにも推薦できる最高の歌物アルバムとしてぜひお薦めしたい作品である。

by 営業部S氏

HIS HEIR オフィシャルHP

コンゴス・トリオの熱さ(こちらも傑作21:03!)度 ☆☆☆☆☆ | 歌唱力度 ☆☆☆☆☆ | 太い喉度 ☆☆☆☆ | r&b作品としての満足度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:53:52Comments(0)TrackBack(0)

KEITH SWEAT / SWEAT HOTEL LIVE 新作!? いやその前にこちらのライヴ盤が先ッ!CD&DVD同時発売!

2007-05-06

6924.jpg KEITH SWEAT / SWEAT HOTEL LIVE (SHOUT! FACTORY)

昨年頃から出るの!? 出ないの!? といった噂が飛び交い、ファンをヤキモキさせている御大KEITH SWEATの新作ですが、そのリリースがいよいよ6月に落ち着きそう(情報少なすぎでまだまだ油断は禁物ですが…)な塩梅ですが、そんな矢先にインフォメーションされたのがこちらのライヴ音源集「SWEAT HOTEL LIVE」である。

どうやら本国でテレビ放送されたものらしく、それをSHOUT! FACTORYが作品化したもの。いつのライヴから詳細不明ですが、名を連ねたゲスト陣から推測するにおそらく昨年のものかと。

さてその豪華な顔触れとは... 永遠の相棒TEDDY RILEYにJOHNNY KEMP、貫禄の新作も記憶に新しいCHARLIE WILSONにこちらも同時代の僚友SILK、そしてMONICAに今をトキメクAKONといった面々。本人の存在感が心配になるほどの豪華っぷり。一体彼らとどんな絡みを見せてくれるのか。期待せずにはいられません。

収録内容
1. Intro (With Teddy Riley)
2. Something Just Ain't Right (With Teddy Riley)
3. Don't Stop The Love (With Teddy Riley)
4. I'll Give All My Love To You
5. Lose Control (With Silk)
6. Freak Me (With Silk)
7. Right & Wrong Way
8. How Deep Is Your Love
9. Get Up On it (With Kut Klose)
10. Twisted (With Kut Klose)
11. I Want Her (With Teddy Riley)

DVD EXTRAS: Special Sweat Hotel Guest Performances
12. Make It Last Forever (With Jackie McGhee)
13. Let's Chill (With Charlie Wilson)
14. There You Go (With Akon)
15. Just Got Paid All Star Finale Johnny Kemp, Keith Sweat, Charlie Wilson, Keith Sweat
16. Sweat Hotel Celebrity Guests Interviews Keith Sweat
17. The Making of The Sweat Hotel
18. The Fans

こりゃぁCDより俄然DVDでしょうと思いきや、これが今のところ国内盤発売は未定(というか出ないでしょうね…)、肝心の輸入盤はリージョン・コード不明と不安が募りますが、兎に角、新作共々、彼の新たなシーンへの挑戦を楽しみにしましょう。

いよいよシーン第一線へ復帰度 ☆☆☆☆☆ | 蘇る名曲達度 ☆☆☆☆☆ | ゲストとの絡み期待度 ☆☆☆☆ | 新作期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:39:12Comments(0)TrackBack(0)

THE DYNAMICS / FIRST LANDING ついに世界初CD化!ISSAC HARRISのバリトン・ヴォイスに悶えるファースト・アルバム!

2007-05-05

6920.jpg THE DYNAMICS / FIRST LANDING (HACKTONE RECORDS)

ソウル・ヴォーカル・グループ・ファンだけはでなく、全ソウル・ファンが待ちに待ったこの名盤がついに世界初CD!そう、彼らの名はTHE DYNAMICS!スウィート〜甘茶ソウル名盤として名高いセカンド・アルバム「WHAT A SHAME」の人気もさることながら、このデビュー・アルバムも相当のメズラ皿故、孤高の人気を誇っているのは言わずもがな。ついにこの日がやってきたのです!!

さてこの最高の世界初CD化を実現してくれたのは一体どのレーベル?んんっ?HACKTONE RECORDS???聞き覚えがないですが… 実はこのレーベル、あのRHINOWEAMCAなどで業界ド真ん中で仕事をしてきたDAVID GORMANとMICHAEL NIEVESなる人物が新たに立ち上げたインディ・レーベルなのです。

実はすでにリリースも何枚かあるのですが、今回のこのDYNAMICSのCD化でソウル・ファンに一躍注目を浴びることとなるであろう新鋭レーベル。いやはやアメリカのリイシュー・シーンも本当に面白くなってきました。どう考えても以前のアメリカからこんなアルバムのCD化なんて実現しなかったでしょうからね。

閑話休題。このDYNAMICSのデビュー作、セカンド・アルバムがファルセッターのGEORGE WHITEをメインに打ち出した「スウィート・ソウル名盤」なら、こちらは荒削りなバリトン・ヴォーカル、ISSAC HARRISをメインに従えた「ヴォーカル・グループ名作」。

デトロイトで60年代初頭から活動していた彼らが、1969年にメンフィスへ出向き録音されたこの一枚。プロデューサーのTOMMY COGBILL(ATLANTIC初期アレサで有名な超大御所)とCHIPS MOMAN(言わずもがなメンフィスのアメリカン・スタジオのオーナー)が創り出す最高の楽曲、メンフィス・サウンドの妙味。ヒットした"ICE CREAM SONG"はじめ、メンフィス・ミーツ・デトロイトの名曲"I DON'T WANT NOBODY TO LEAD ME ON"といった佳曲揃い。

まだ収録内容の詳細は定かではないが、おそらくLPのストレート・リイシューか。否、それで十分。もぅ手に取るその日が待ち遠しくて仕方がないのであります。全ソウル・ファン歓喜悶絶、心してお待ち下さい!

HACKTONE RECORDS ホーム・ページ

待望の世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | こちらも待望のCD化バラッズと並ぶソウル・グループ屈指の極上盤度 ☆☆☆☆☆ | デトロイト・ミーツ・メンフィス度 ☆☆☆☆☆ | 米国リイシュー市場期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:01:25Comments(0)TrackBack(0)

DERICK HUGHES / ALL FOR LOVE インディ名作復活!? それとも新作か!? インディソウル列伝 No.123

2007-05-04

6919.jpg DERICK HUGHES / ALL FOR LOVE (BAY SOUND RECORDS)

以前お伝えいたしましたDONNIE WILLIAMSのリリースで久しぶりにシーンへ躍り出したPAUL TILLMAN率いるPARK PLACEの傑作アルバム「INVISIBLE MAN」(祝!再発!詳しくはコチラにて)に、シンガーとして父親であるFREDDIE HUGHESと共に参加したDERICK HUGHESが2000年にリリースしたコレ股、傑作「ALL FOR LOVE」が再発!?

つい先頃、某U.S.ディストリビューションのインフォにて「ALL FOR LOVE」とのタイトルのアルバムが5/22発売予定でインフォメーションされたのですが、ジャケットは変わっているし、収録曲は記載がないし… 最初は新作か!? と胸を躍らせたが、やはり再発ではないですかね?

しかし7年も前のアルバムを今になって突然再発することってあるのかしらん?まさかPARK PLACEの人気に便乗して… なぁんて勘ぐりは抜きにして、とりあえず発売を待ちましょう。あぁ新作だったら嬉しいなぁ〜

謎のアルバム度 ☆☆☆☆☆ | 再発98%/新作2%度 ☆☆☆ | 再発でも喜ばしい度 ☆☆☆☆☆ | もちろん新作も期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:50:32Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / DISCO GIANTS 混沌とする80'Sリイシュー市場に渇ッ!原点回帰の王道〜好選曲コンピレーション・シリーズ発売!

2007-05-03

6914.jpg V.A. / DISCO GIANTS (VINYL MASTERPIECE)

昨日お伝えいたしましたOLIVER CHEATHAMの80'S SOUL屈指の名盤「SATURDAY NIGHT」の待望の再CD化に続くVINYL MASTERPIECE5月の新作ラインナップのもうひとつ、それがこちらの新シリーズ「DISCO GIANTS」です!

収録内容
DISC.1
1. You Are Beautiful - Chic
2. Let's Talk - One Way
3. I Feel For You (12inch Mix) - Chaka Khan
4. Fall Down (Spirit of Love) - Tramaine
5. Candy Man - Mary Jane Girls
6. Burnin' Love - Con Funk Shun
7. I Need You - Network
8. The Rhythm of The Jungle - The Quick
9. Got To Be Real - Selection
10. Garden of Eve (Long Version) - Yvonne Gage

DISC.2
1. Dreamer (Shep Pettibone / Long Vocal Version) - B.B.&Q Band
2. You & Me Tonight - Aurra
3. Nights of Pleasure (Nick Martinelli Mix) - Loose Ends
4. My Magic Man (Magic Mix) - Rochelle
5. You Can't Run From My Love - Stephanie Mills
6. Just Another Lover (12inch Mix) - Johnny Kemp
7. You Are In My System - The System
8. I'm Out To Catch - Leon Haywood
9. Love Take Over - Five Star
10. To Be With You - Maxx Traxx

おぉついにレア音源にさよならかッ!? こういう仕事を待っていました!混沌としはじめた80'Sリイシュー市場に、忘れかけていた何かを再度問いかけるような名曲揃い。それでいてマニアも唸る"ツボ"を心得た憎い選曲。さすがは先駆者VINYL MASTERPIECEの底力なり。

メジャー、マイナー問わず"音"で選んだこのコンピレーション・シリーズ。新たな発見としっかりと"今"を見つめるためには効果抜群の王道80'Sをとくとご賞味あれ!

祝!新シリーズ発売度 ☆☆☆☆☆ | 好選曲度 ☆☆☆☆☆ | 今、原点へ度 ☆☆☆☆☆ | VINYL MASTERPIECEにはやはり感服度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:02:59Comments(0)TrackBack(0)

OLIVER CHEATHAM / SATURDAY NIGHT 80年代の隠れた実力派シンガー名作ついにオリジナル・ジャケットで再CD化!

2007-05-02

6908.jpg OLIVER CHEATHAM / SATURDAY NIGHT (VINYL MASTERPIECE)

「U.S.ブラック・ディスグ・ガイド」における鈴木啓志氏の熱いレビューに胸躍らせ、CD化されていると知った時にはすでに高騰、なかなか見つからぬオリジナルLPをひたすら探す事、数年… 小生にとっても思いで深い1枚であります。OLIVER CHEATHAMのソロ名義第1作目にして80'S SOUL屈指の名盤「SATURDAY NIGHT」がオリジナル・ジャケット仕様で再CD化です!やはり今年は何かやってくれそうな予感がしていましたVINYL MASTERPIECE

あの廃盤CD(ジャケットはオリジナルLPとは異なる)は一時期は数万円という破格値で取引されていたまさに幻の逸品。もちろん珍しさもさることながら、その見事な内容があってこその高騰。ONE WAYの面々(AL HUDSON、DAVE ROBERSON、KEVIN MCCORD)によるサウンドと、彼のシンガーとしての力量が一体となって繰り広げられる名曲の数々。

収録内容
1. Get Down Saturday Night
2. Make Your Mind Up
3. Something About You
4. Bless The Ladies
5. Do Me Right
6. Never Gonna Give You Up
7. Through It All
8. Just To Be With You
9. Get Down Saturday Night (Special Extended Version)

ご存知のとおりシングル・オンリーのグループGASLIGHT、そして隠れたレイト70'Sソウル・ヴォーカル・グループ名盤ROUND TRIP(CD化切望!)のリード・ヴォーカルを経て、OLIVER名義のアルバムをリリースした後のこのアルバム。まさに旬の彼の歌声を堪能できる傑作であります。

突如新録「STAND FOR LOVE」をリリースしたのが2003年。今でもUKでは確かな人気を誇っているようですが、やはりこのアルバムありき。まさにお待たせいたしました!の再CD化なのであります。心して発売を待ちましょう!

祝!再CD化!度 ☆☆☆☆☆ | こうなったら「OLIVER」も世界初CD化期待度 ☆☆☆☆☆ | さらには「ROUND TRIP」も世界初CD化期待度 ☆☆☆☆☆ | VINYL MASTERPIECEから80'S新コンピ「DISCO GIANTS」も近日ご紹介!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:09:29Comments(2)TrackBack(1)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited