黒汁通信

ソウル〜インディ・ソウル〜R&Bのウラ、オモテ、ソコやらアソコをより深く弄るバイヤー業の日々を赤裸々に綴ります。

KENNY HAMBER / THE BEST OF KENNY HAMBER ディープ・ファン垂涎のARCTIC盤はもちろん60年代シングル曲に、近年の作品を交えた集大成CD!

2007-03-31

6648.jpg KENNY HAMBER / THE BEST OF KENNY HAMBER (IT'S SOUL TIME!)

元HITCHHIKERS、ディープ・ソウル・ファン垂涎のARCTIC盤、モダン・ソウル・ファン卒倒のMILLION DOLLAR盤などなど... 彼のソウル界隈での評価はズバ抜けたものがある。

その所以は何と言ってもその歌声の素晴らしさであることは言うまでもない。ソウル・ファンにとっての永遠の憧れといっては過言だろうか。否、そんなことはない。60年代早々から活動し、今も現役でここまで歌う漢(おとこ)は他にも数えるほどしかいないから。

そんな彼、KENNY HAMBERのアルバムが発売されるとの情報を聞いた時には「お、新作か〜楽しみだなぁ」といったくらいのテンションでおりましたが... まさか60年代音源を中心にセレクションされた彼の集大成アルバムだとは思いもよらず!! これは凄いです!さっそく収録曲をチェックしてみましょう。

収録曲
1. Anything You Want (Arctic '67)
2. I'm So Proud (?)
3. Paradise (from Album "In A Romantic Mood" '01)
4. Never Found A Girl (Million Dollar '8?)
5. Looking For A Love (Arctic '68)
6. Tears In My Eyes (Spar '60 / Zenette '61)
7. Walk Away From Love (from Album "In A Romantic Mood" '01)
8. Time (De Jac '64)
9. Can't Let You Go (?)
10. Close The Door (from Album "In A Romantic Mood" '01)
11. Members Only (?)
12. Show Me Your Money (De Jac '64)
13. Go Girl (from Album "In A Romantic Mood" '01)
14. The Closer I Get To You (?)
15. Hope Someday We Can Be Together Soon (from Album "In A Romantic Mood" '01)
16. I'll Be There (from Album "In A Romantic Mood" '01)
17. I Believe In You And Me (?)
18. There's Nothing (?)
19. Back Back (from Album "In A Romantic Mood" '01)
20. After The Show (from Album "In A Romantic Mood" '01)

前述のディープ・ファン垂涎のARCTIC盤はもちろん、SPAR、ZENETTE、DE JACといった60年代シングル曲、さらにモダン・ソウル人気曲であるHITCHHIKERS以降の80年代作品 MILLION DOLLAR盤といった全盛期の楽曲に、01年発売のアルバム「IN A ROMANTIC MOOD」の収録曲他、近年の作品を交えた、まさに彼の集大成アルバム化なのであります!

しかも驚くことにあのPERSUADERSの新作や、TONY DRAKEのシングル盤リイシューで話題のIT'S SOUL TIME!からの発売なのです。純粋な新録レーベルと高を括っておりましたが、まさかこんなリイシュー物まで出掛けてしまうなんて!IT'S SOUL TIME!恐るべし。

大事件勃発の連続である2007年を象徴する、これ股、ソウル界仰天〜話題騒然の作品であることは疑いの余地無し!さぁ、心してその時を待ちましょう!!

ご予約受付中!

祝!60年代音源CD化!度 ☆☆☆☆☆ | まさにIT'S SOUL TIME!度 ☆☆☆☆☆ | ソウル界騒然度 ☆☆☆☆☆ | こうなったらもちろん新録にも期待!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 04:20:48Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / INTERPRETATIONS: CELEBRATING THE MUSIC OF EARTH, WIND & FIRE 新生STAXの第1弾はアース・カヴァー集!

2007-03-30

6637.jpg V.A. / INTERPRETATIONS: CELEBRATING THE MUSIC OF EARTH, WIND & FIRE (STAX)

ご案内が遅れました!米国CONCORD傘下へと移籍(?)したFANTASY傘下の後期STAX音源たち。ATLANTIC期が「アトランティック・ソウル 1500」の一挙50タイトル発売や「コンプリート・スタックス/ヴォルト・シングルズ」再発で盛り上がる中、後期スタックスはどうくるかなぁ〜なんて想像していたらコレが股、想像を遥かに越えて大変なことに!

以前にもご紹介しましたJOHNNIE TAYLORの未発表ライヴや新ベスト「STAX 50」(惜しくも国内盤は発売中止…)といった過去の発掘音源やリイシューに精を出すものかと思いきや… なんとレーベルが復活してしまいましたョ!! これは仰天ッ!!

どういったコンセプトの元の復活かはこれから序々に明らかになっていくでしょう。…と言いたいところなのですが、もぅ第1弾からしてトンでもない代物がリリースされてしまいました。それがこちら「INTERPRETATIONS: CELEBRATING THE MUSIC OF EARTH, WIND & FIRE」なのであります!

収録内容
1. Shining Star - Chaka Khan
2. Be Ever Wonderful - Angie Stone
3. September - Kirk Franklin
4. Devotion - Ledisi
5. Can't Hide Love - The Randy Watson Experience featuring Bilal
6. Love's Holiday - Lalah Hathaway
7. That's The Way Of The World - Dwele
8. After The Love Is Gone - Mint Condition
9. Reasons - Musiq Soulchild
10. Fantasy - Meshell Ndegeocello

収録内容、そしてタイトルからも伺えますとおり、あのEARTH, WIND & FIREのトリビュート盤なのであります。しかもいかがですか!? この錚々たるメンツは!!

大御所CHAKA KHANにはじまりKIRK FRANKLINANGIE STONE、あのBLUE NOTEとの契約が決まったLEDISI、懐かしのLALAH HATHAWAY、まさかメジャー落ち!? と心配している真っ最中のBILAL、そして現在のR&Bシーンを引っ張る中堅どころのDWELEMUSIQ SOULCHILDMESHELL NDEGEOCELLO、そしてこれは大抜擢のMINT CONDITIONまで、まさに驚愕の10アーティスト!

現在、パーキンソン病と戦っているMAURICE WHITEに捧げる、素晴らしい1枚であります。しかし、これが何故新生STAXからのリリースなのか!? 一体どういったコンセプトなのか!? 要確認、今後引き続き調査して参ります。

この新生STAXがこのアルバムを機に盛り上がり、本物のサザン・ソウル新録モノをリリースしてくれたらなぁ… なんて期待に胸膨らませつつ!まずはこのアルバムでその真意のほどをお確かめ下さいませ!

STAX RECORDS オフィシャル・サイト (CONCORDページ内)
STAX RECORDS オフィシャル・サイト (独立ブログ形式)
「INTERPRETATIONS」 オフィシャル・サイト

ブラック・ミュージックのメイン・ストリートへ… 再び度 ☆☆☆☆☆ | リイシューの期待も遥かに超える興奮度 ☆☆☆☆☆ | 新生VOLTなんてのもございましたね…度 ☆☆☆☆ | 新生STAX期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:41:12Comments(0)TrackBack(1)

NE-YO / BECAUSE OF YOU タイトル変更!収録曲も明らかに!この春、NE-YO旋風ふたたび!

2007-03-29

6627.jpg NE-YO / BECAUSE OF YOU (DEF JAM)

もぅ待ちきれんばかりのNE-YO君の待望のセカンド・アルバムが「KNOW ME」から「BECAUSE OF YOU」(先行シングル曲名と同じですね)へとタイトル変更されました。

そしてついに輸入盤もインフォメーションです。日本盤先行で4/25(1週間ズレました)。輸入盤は5/1発売(U.S. STREET DATE)。ここまで来たら出てくれるでしょう。

そして気になる収録曲名も発表されました!

収録内容
1. Because Of You
2. Addicted
3. Crazy Feat.Jay-Z
4. Angel
5. Do You
6. Leaving Tonight Feat.Jennifer Hudson
7. Trust Me or You Don't
8. How Do I
9. Comfortable
10. Say It
11. Make It Work
12. Go On Girl
13. That's What It Does
14. Watch You Dance
15. Ain't Thinking About You
* 変更になる可能性もございます。

う〜ん、どうしても期待してしまうDEBARGE路線… 甘酸っぱさと、若さ溢れる哀愁。美メロに酔いしれる日はもうすぐそこッ!

オフィシャル・サイト
オフィシャルmyspace

JAY Z参加曲"Crazy"もついに披露!度 ☆☆☆☆ | 甘酸っぱ度 ☆☆☆☆☆ | おやぢ心を擽る度 ☆☆☆☆☆ | 待ちきれん度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:39:09Comments(0)TrackBack(0)

DEEP3 / SWAY WIT IT クリーヴランドのあの3人組が待望の新作を引っ下げ帰って来た! インディソウル列伝 No.119

2007-03-28

6616.jpg DEEP3 / SWAY WIT IT (EXECUTIVE HITS)

約1年ほど前、グループ不毛の時代を嘆いていたリスナー達の前に彗星のごとく現れた期待の3人組、DEEP3。瞬く間にその名前は知れ渡り、デビュー・アルバム「TOTAL SHOCK」は日本盤まで発売されたので記憶に新しいリスナーも多いことだろう。そんな彼らが絶好調の流れにのったまま、早くもセカンド・アルバムを届けてくれた。

前作同様、中西部の香りを漂わせたミッド・ナンバーと極上スロウの看板は変化なしの全12曲。前作とのダブりが4曲(* 印)あるのはご愛嬌だが、それを抜きにしても嬉しいリリースだ。

残念ながら緊急リリース情報ということでプロデューサー陣等は不明。前作で全面バック・アップしていたSMOOTH APPROACHのJEFF "TIGHT" ROBERSONの協力が引き続きあったかも不確かだが、前作収録の4曲のうち3曲はJEFF渾身のプロデュースともいえるスロウを再採用。これは喜ばしいことだ。

収録内容
1. Intro
2. The Sway
3. I Know U Trippin'
4. Never Wanna Let U Go
5. Making Love
6. Teddy Bear *
7. The Dance Floor
8. Stretch Navi *
10. Go Deep *
11. Stroke It *
12. Remote Control

先行シングルの(2)はミッド・サウス調全開なミッド・ナンバーで、このグループのキャラクターがよく活かされている秀逸な曲だ。その他の新曲では(3)の90年代グループの良い所とりしたような哀愁溢れるメロディが胸キュンなスロウ、同系列ながら更に3人のハーモニーを強調し、リズム感覚も秀逸な各人の個性を打ち出したタイトルどおりの(7)等、今作も大きな話題を呼びそうなクオリティの高い楽曲がずらりと収録されている。

サイトを見ると故郷であるオハイオ周辺を中心にかなりの数のステージをこなしているようで、前作よりかなりのパワー・アップした感は誰もが感じることだろう。

07年に入り好グループのアルバムが連発、今年こそグループ復権は間違いなさそうな気配だが、そこにきてこのDEEP3のセカンドのリリース。しかも大好評のファーストから1年ほどのセカンドという昨今ではあまり考えられないほどの順調なリリースは、復権どころか90年代のような黄金期をも期待してしまう。

単なる若手グループのセカンド云々以上の意味を持ちそうなこのアルバム。それだけの価値は充分にある内容だ。

by 営業部 S氏

DEEP3 オフィシャルHP
DEEP3 オフィシャルmypsace

4月上旬入荷予定 ご予約受付中!

インディ・シーンはグルーヴ復権!度 ☆☆☆☆☆ | 踊り組ではなく歌組度 ☆☆☆☆☆ | さすがのクリーヴラン度 ☆☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:29:16Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / SUPER FUNK IS BACK: RARE AND CLASSIC FUNK 1966-1971 VOL.5 BGP人気シリーズ最新作第5弾!

2007-03-27

6601.jpg V.A. / SUPER FUNK IS BACK: RARE AND CLASSIC FUNK 1966-1971 VOL.5 (BGP)

英ACE傘下のBGP(BEAT GOES PUBLIC)の看板シリーズである「SUPER FUNK」が帰って来た!

シリーズ第4作品&シリーズ特別編の「KING FUNK」「WESTBOUND FUNK」「STAX FUNK」「SOUTHERN FUNKIN'」「FUNK SOUL SISTERS」と怒涛の勢いを見せたファンク・シリーズの中でも今作の充実ぶりは光るものがある!さぁその気になる全貌は?

収録内容
1. Just Sitting - Smithonian
2. Can't Get Enough - 87th Off Broadway
3. She's The One - The Diplomats
4. Hi Off Life - The Eternal Flames
5. Home Brew - Miles Grayson
6. Give Me Another Chance - The Uniques
7. I Got Hurt (Pt.1) - The Phillips Brothers
8. I Got Hurt (Pt.2) - The Phillips Brothers
9. Turn Around And Go - Lee Bernard
10. Let A Woman Be A Woman Let A Man Be A Man (Alternate Version) - Dyke And The Blazers
11. Twine Time - Alvin Cash
12. Face To Face - The Explosions
13. Shake A Leg - Jackie Wilson
14. Can't Buy Soul - Hebrew Rogers
15. Low Rider (Deuce and a Quarter) - Smokey Wilson
16. Who Dun It? - Big Daddy Green
17. Mother Popcorn - Mello Matics
18. Little Boy Blue - The Phillips Brothers
19. You'd Be Good Enough For Me - Jeanette Jones
20. Hold On (3857.43) - Lorenzo Holden
21. Free The Soul Man - La May

英ACEの豊富な音源の中から選りすぐりの全21曲、これを切ってもファンク印。シングル・オンリーの鬼レア皿はもちろん、名曲も多々のこの選曲センス!珍しいだけでは終わらせないこのBGPの仕事こそが、後世に受け継がれるべきソウル〜ブルースの光なのであります。

久々!度 ☆☆☆☆ | ディープ・ファンク・ブーム以前からの仕事度 ☆☆☆☆☆ | そしてファンク全盛期度 ☆☆☆☆☆ | 今こそBGP度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:06:07Comments(0)TrackBack(0)

D'MAESTRO / SITUATIONS 自らを"マエストロ"と名乗る逸材、日本初上陸! インディソウル列伝 No.118

2007-03-26

6590.jpg D'MAESTRO / SITUATIONS (L.O.B. ENTERTAINMENT)

またインディ・ソウル界から新たな才能!DARIUS GREEN。何かと話題のアトランタ出身。14もの楽器を操ることから、自らをD'MAESTROと名乗るその漢(おとこ)。ソング・ライティング、アレンジ、プロデュースを自らこなすのは勿論の事、ゴスペル仕込の鍛えられた喉から発されるちょっとかすれたテナーは寸分の狂いもない音程で聴く者の心に染み渡る。

その実力から多くのアーティストからのバック・アップ依頼は絶えた事がなく、ここで軽く挙げるだけでもKEITH SWEATFAITH EVANSKELLY PRICEJOE、そしてBEYONCE等々…。しかし、バッキング・ヴォーカリストとして収まるだけの才能はこのD'MAESTROは持ち合わせてはいない。

モダンR&Bとアーバン・ゴスペルの融合さがなんとも言えないこの2005年作。BABYFACEタイプの聴き易さ満点のメロディに、程好いゴスペル風味をまぶしたような最上級クオリティのスロウが満載のこのセカンド・アルバムが、ここ日本ではなぜ出回らなかったのか?時には熱く、時には荘厳ささえ感じられる唯一無二のヴォーカル…。

今からでも遅くはない。近い将来、シンガーとしてではなくても必ずメジャー・シーンでもお目にかかることであろうこの名前。要チェックだ。

by 営業部 S氏

オフィシャルmyspace

隠れた逸材初上陸度 ☆☆☆☆☆ | 器のデカさ度 ☆☆☆☆ | 経験豊富度 ☆☆☆☆☆ | ファースト・アルバムも同時入荷度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:01:36Comments(0)TrackBack(0)

美嬢黒コレクション No.012 BEYONCE

2007-03-25

6589.jpg 久々黒美嬢更新!映画「DREAMGIRLS」の主演、そして4/10 東京ドームからはじまるのソロとしての初来日公演で話題沸騰のBEYONCEのセカンド・アルバム「B'DAY」のデラックス・エディションが絶妙のタイミングでリリース。






SHAKIRA嬢とのデュエット曲"Beautiful Liar"での話題を昨年のグラミー受賞セカンドと絡めるこの商魂たるや!

なお、国内盤限定で発売されるCD+DVDのデラックスのデラックス版(?)のDVD映像は、米国大手量販店WAL-MART限定で「ANTHOLOGY VIDEO ALBUM」なる商品で発売される模様です。

BEYONCE オフィシャルHP

来日観たぃッ!度 ☆☆☆☆☆ | 女王君臨度 ☆☆☆☆☆ | 「DREAMGIRLS」度 ☆☆☆☆☆ | やはり映像でがぶり突きたぃッ!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:51:59Comments(0)TrackBack(0)

WAX POETICS / ISSUE #22 最新号入荷!表紙はファースト&セカンドが再CD化される女帝BETTY DAVIS!

2007-03-24

6582.jpg WAX POETICS / ISSUE #22 (WAX POETICS)

ヴァイナル・ディガー(アナログ掘り師)御用達の米国雑誌「WAX POETICS」最新号が入荷!今回も貴重な写真&貴重なレコ盛り沢山でお届けいたしております。表紙はあのLIGHT IN THE ATTICより4月に再CD化されるBETTY DAVIS。ビッチぃなお写真ももちろん掲載されております。

いやぁ〜実はこの雑誌、ちょうど創刊の頃にアメリカのサンフランシスコのレコ屋で見つけたんですが、即行で買って帰って仕入れたあの頃が懐かしいですね〜。もう4、5年も前の話なんですよね!

その頃に比べて発行部数は圧倒的に増えてるでしょうし、今や広告も凄い量ですもんね。しかし内容はあまりにもディープ… こんな雑誌を編集してみたいものです。

そう!編集と言えば我らがディスクユニオン発行「黒汁通信」最新号も、明日から店頭配布開始です。3/25(日)まで全店決算バーゲン中のディスクユニオン各店でぜひゲットして下さいませ!

通信販売のお客様にはもれなく封入させて頂いております故、こちらもどうぞご利用下さいませ!

豊富な情報量度 ☆☆☆☆☆ | 女帝度 ☆☆☆☆ | 泪の決算バーゲン行かぬは損!度 ☆☆☆☆☆ | 「黒汁通信」は毎月月末発行、無料配布中度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:45:53Comments(0)TrackBack(0)

DONNIE WILLIAMS AND PARK PLACE / JUST LIKE MAGIC 人気番組「AMERICAN IDOL」ファイナリスト&PARK PLACE!? インディソウル列伝 No.117

2007-03-23

6572.jpg DONNIE WILLIAMS AND PARK PLACE / JUST LIKE MAGIC (CHUMP CHANGE)

当初はモーニング娘。を生み出した伝説の番組「浅草橋ヤング洋品店」の米国版?との印象が強かったが、いやそんなのは遥かに凌いで全米、いや全世界を巻き込んで人気沸騰中の話題の番組「AMERICAN IDOL」。あのRUBEN STUDDARDLATOYA LONDONFANTASIAといった錚々たるニューカマーを輩出している注目の番組であることはもうすでに言わずもがなであるが、そんな伝説的番組から新たなニューカマーの登場である。それがこのDONNIE WILLIAMASであります。

ドップリのソウル・ファンの方はこの彼の名前よりも先にPARK PLACEという名前にピンときてしまうでしょう。そうなのです、あのPAUL TILLMAN SMITH率いるあのグループです!03年発売のデビュー・アルバム「INVISIBLE MAN」はFREDDIE HUGHESとDERICK HUGHES(PAUL TILLMAN SMITH率いたあのBRIDGEのメムバー)のガップリ親子ディープ・シング対決、元MIND, HEART & SOULのDARREL BLACKまで参加してしまったインディ・ソウル名盤。そのPARK PLACEが何故に彼と!?

謎は深まるばかりだが、そんな謎も一気に吹き飛ばすかのようなこのDONNIE WILLIAMSも相当な達者者(若干21歳!)なのでありまして。流石は「AMERICAN IDOL」ファイナリストである。

STEVIE WONDERDONNY HATHAWAYの流暢な歌い回しを軽くこなしたかと思えば、サッとLUTHER VANDROSSのような熱さを滾らすその歌の実力たるや、恐るべし。そして何よりも曲の良さが抜きん出ている!もちろんPAUL TILLMAN SMITHやこちらは大御所NORMAN CONNORSのプロデュースによるところも大きいのではございますが、それを見事に自分のモノにする辺り、達者でございます。

もはやインディ・ソウルという枠では語りきれないような名作を作り上げてしまったPAUL TILLMAN SMITH。果たしてPARK PLACEのセカンド・アルバムはあるのか!? どんな音を聞かせてくれるのか!? 否!これなら裏方業でも第一線でイケるでしょう!?

様々な期待とともに、まずはこのDONNIE WILLIAMS AND PARK PLACE。心待ちにいたしましょう。

恐るべし「AMERICAN IDOL」度 ☆☆☆☆☆ | 西海岸度 ☆☆☆☆☆ | 心に残る名曲多々度 ☆☆☆☆☆ | PAUL TILLMAN SMITHの活動にさらに期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:06:22Comments(0)TrackBack(0)

MAVIS STAPLES / WE'LL NEVER TURN BACK あのメイヴィス・ステイプルの新作はライ・クーダーのプロデュース!

2007-03-22

6570.jpg MAVIS STAPLES / WE'LL NEVER TURN BACK (ANTI/EPITAPH)

スタックスの全盛期に華々しい功績を残したあのSTAPLE SINGERSのリード・ヴォーカルであるMAVIS STAPLESが、ALLIGATOR盤から2年半ぶりとなる新作のリリースが決定しています。なんとあのBETTYE LAVETTEの最新作「I'VE GOT MY OWN HELL TO RAISE」をリリースしたEPITAPH傘下のANTIからのリリース!

その前述BETTYE LAVETTEの「I'VE GOT MY OWN HELL TO RAISE」は賛否両論の名曲カヴァー集でしたが、果たして今作は?

収録内容
1. Down In Mississippi
2. Eyes On The Prize
3. We Shall Not Be Moved
4. In The Mississippi River
5. On My Way
6. This Little Light
7. 99 and 1/2
8. My Own Eyes
9. Turn Me Around
10. We'll Never Turn Back
11. I'll Be Rested
12. Jesus Is On The Main Line

ポップス名曲に疎い小生にはまったくわかりませんが… どうなのでしょう?(要調査)そして驚くべき情報が!なんとプロデュースはあのRY COODERが務めているではありませんか!? ルーツ・ミュージック〜原点回帰の音を求めるには、この人のおいて他にいないでしょう。バック・ミュージシャンもルーツ・ミュージック・ファンが歓喜するような錚々たるメンツが揃っています。

良い音に、良い歌。ソウル・ファンにも心踊る作品でありますように。

ANTIレーベル 紹介ページ

盛り上がるスタックス周辺度 ☆☆☆☆☆ | 貫禄度 ☆☆☆☆ | 裸の音を採る才人RY COODER度 ☆☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:37:37Comments(0)TrackBack(0)

5/2発売 スライ&ザ・ファミリー・ストーン 遂に紙ジャケ化! diskunion オリジナル特典ボックス決定!

2007-03-21



遂に実現!スライ&ザ・ファミリー・ストーン紙ジャケ化!リイシュー史に残る再発魂の結晶が今、ここに!

黒人音楽の常識を根底から覆したスライ・ストーン率いるスライ&ザ・ファミリー・ストーン名作の数々。サイケデリック・カルチャー〜西海岸〜サマー・オブ・ラヴへ影響の強い前期、独自のポップス・センスで他に類を見ない存在へと成長を遂げた中期、夢破れブラック・ミュージックの原点へと立ち返った後期と全てが名作の全8タイトル。

そんな音楽史上屈指の名作が遂に紙ジャケット仕様で発売となります!

□ スライ&ザ・ファミリー・ストーン 国内盤 紙ジャケット仕様 全8タイトル
各々\1,890(税込)
新しい世界 (MHCP1303)
ダンス・トゥ・ザ・ミュージック (MHCP1304)
ライフ (MHCP1305)
スタンド! (MHCP1306)
暴動 (MHCP1307)
フレッシュ (MHCP1308)
スモール・トーク (MHCP1309)
グレイテスト・ヒッツ (MHCP1310) *

☆完全生産限定盤
☆USオリジナルLPを可能な限り再現した紙ジャケット仕様 / 日本初版帯復刻
☆2007年最新デジタル・リマスター
☆未発表音源を含むボーナス・トラック付 (*を除く)
☆未発表写真満載&音楽ジャーナリストによる新旧ライナーを収録した16P 最新ブックレット付
(US盤のブックレットを紙ジャケに封入)
☆日本版ライナーノーツ (新規ライナー、英文ブックレット・ライナー翻訳)

【ディスクユニオン オリジナル特典】
『スライ&ザ・ファミリー・ストーン 紙ジャケ 8タイトルまとめ買いセット』 をお買上のお客様に先着で、今回発売の紙ジャケットを収納できる ディスクユニオン・オリジナル特典 『スライ〜フレッシュ&暴動 BOX』 を差し上げます!


* デザインは若干変更する場合もございます。

5/2発売予定 絶賛ご予約受付中!

○ デジパック仕様の輸入盤 (U.S.盤)は コチラ

入魂のデジタル・リマスター&ボーナス・トラック紙ジャケ化度 ☆☆☆☆☆ | 日本版ライナー・ノーツ は新規ライナー〜歌詞訳も新調!度 ☆☆☆☆☆ | USオリジナルLPを可能な限り再現!日本初版帯まで復刻!度 ☆☆☆☆☆ | 特典ボックスに収納で完璧!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:06:00Comments(0)TrackBack(1)

HERMON HITSON / YESTERDAY, TODAY & TOMORROW 仰天!アトランタのマイナー・シンガー奇跡の新作! インディソウル列伝 No.116

2007-03-20

6546.jpg HERMON HITSON / YESTERDAY, TODAY & TOMORROW (SWEET ROSE EXPRESS)

先頃こっそりとお伝えいたしました驚きの新譜がついに入荷です!2005年リイシュー大賞を受賞(当社比)したSOUL-TAY-SHUSからのリイシューCD「YOU ARE TOO MUCH FOR THE HUMAN HEART: RARE & UNRELEASED GEORGIA SOUL 1961-1976」で圧巻のディープな喉を堪能させてくれたあのHERMON HITSONの驚くなかれ新作です!

全盛期である61年〜76年頃のSWEET ROSE、LISA、ROYAL盤といったシングル盤(前述SOUL-TAY-SHUS盤に収録)のあの荒くれ者のような枯れ過ぎディープ・シャウトは今も尚、健在!否、より一層その深さを増したまさに円熟味溢れる歌声。その姿はまさにリアル・ディープ・シンガー!

収録曲
1. This Time
2. California Dreamin
3. I'm In Love
4. Lover's Question
5. Hey Joe
6. Sugar
7. The Heart
8. Time For Love

やはりバラード・ナンバー(1)(7)辺りが真骨頂。いやぁ〜辛い!もう音痴ギリギリのこのスリル!サウンドもチープの極みだが、言うなればこれこそがソウル&ブルースの原点。そのまんまでございます。彼のように地元でまだひっそりと活動している往年の超B級シンガーって沢山いるのでしょうかね… あぁアメリカってやっぱり凄いです!

HERMON HITSON オフィシャルmyspace

塩辛度 ☆☆☆☆☆ | ギリギリ度 ☆☆☆☆☆ | これが本当のバラー度 ☆☆☆☆☆ | 結構出来の良いCD-Rでひと安心度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:38:45Comments(0)TrackBack(0)

DEVANTE / THE FOUNDATION そのチ○ピラ的風貌から一変好青年へと成長を遂げた新作! インディソウル列伝 No.115

2007-03-19

6540.jpg DEVANTE / THE FOUNDATION (TRIPPLATINUM)

2003年、その怪しげなジャケット写真からは想像出来ないほどのメロウネスでR&B〜インディ・ソウル・リスナーのハートを鷲?みにしてしまったDEVANTE。ネオ・ソウル系の色を若干持ちながらもあくまでセクシーな楽曲を持ち味とした音楽性、見かけとは違うセンシティヴなヴォーカル・スタイル等々幅広い層から支持を得ていたので記憶にもまだ新しいシンガーと言っても良いだろう。

昨年5月頃からMYSPACEで新曲が公開されていてアルバムも間近と思われていたが、ここにきてセカンド・アルバムがリリース。とてもジャケ買いができるような写真ではなかった(失礼!)ファーストよりも幾分スッキリとした風貌になり、内容も前作同様の、いやそれ以上と言っても良いメロウ全快路線。話題必死な4年ぶりのセカンド・アルバムだ。

4年前、この名前を聞いた時には不覚にもJODECIのDEVANTE SWINGのソロ?と勘違いしてしまったリスナーも多かったことだろう。もちろんこちらのDEVANTEは別人だが、キャリア的にはKEITH MARTINFREDDIE JACKSONへの楽曲提供等で実績を積んでいた実力派だ。けっしてシンガーとして傑出した存在ではないかもしれないが、セクシーかつレイド・バック感もあるスタイルは聴きやすさの点では抜群だし、何よりも楽曲の素晴らしさが多方面からの絶対的な評価に繋がっているのだろう。

今作でも1曲目からそのDEVANTE節が全開、哀愁ミッド・ナンバーと言ったら変かもしれないが、サビでのこみ上げ感は他のシンガーの追随を許さない世界観だ。続く2曲目は先行シングルにもなっているセンシティヴ・スロウ。自らのラップもフューチャーし、現行シーンへの目配せもしっかりと感じさせてくれる。

全体のトラックはシンプルを基本としているようで、楽曲の良さを活かすという点ではこのアイデアは最高だ。と言うよりもこった演出など必要無い、メロディと歌だけで勝負できる稀有な存在であることの裏返しということだろう。アゲアゲな曲があるわけではないが14曲60分があっという間に感じられ、オート・リピートで何度でも繰り返し聴けるクオリティは、キャラクターが優先してしまう昨今のR&B界では珍しいのではないだろうか。

前作ではしつこいようだがあのジャケ写でかなりの損をしたことは否定できないだろう。今作もジャケ買いが期待出来そうなものではないが(これまた失礼・・・)内容は文句無しの決定盤。今作で間違いなくDEVANTEの名前がJODECI云々ではないものになることを願って。それだけの価値がこのシンガーには間違いなくあります。

by 営業部 S氏

・新曲"Nobody Knows"のPVも拝めるオフィシャルHP

東洋人的風貌度 ☆☆☆☆ | 男をアゲた度 ☆☆☆☆☆ | 鼻掛かりメロウ声度 ☆☆☆☆☆ | 新作期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:37:18Comments(0)TrackBack(0)

JAZZY / OH JAZZY その美貌と美声に酔いしれる恐るべき21歳の新生がインディより登場!その名もジャジー嬢!

2007-03-18

6537.jpg JAZZY / OH JAZZY (JAZZY)

大きな目に厚い唇の愛くるしいルックスと、畏れ多くも言わせて戴きましょうあのビヨ嬢のような声を持ったシンガー。この21歳の新人を一言で評するとしたらこのような言葉が適切だ。これだけでもニュー・アイドルとしての資質は充分だろう。

本国アメリカでは昨年11月のデビューと同時に数々のインディ情報のサイトにフューチャーされ、あっという間にその名前は広まっているという。07年に入りいよいよ日本にもこのデビュー作が入荷する。JAZZYという覚えやすい名前も良し、アイドル系の女性シンガーが不足し始めている昨今、貴重な存在になる予感を感じさせる新人の登場だ。

歌い始めたのはなんと2歳の頃。13歳の頃からはソング・ライティング方面にも興味を持ち始めた。05年には女性だけでソング・ライティング・チーム"THE WHITE CHIX"(この名前も今後要チェックか?)を結成。歌うだけではなく、幅広い活動を目指してアプローチを開始している。勿論そのチームはこのアルバムでも全面的にフューチャーされていて、全曲にクレジットされている。

そしてこの肝心のデビュー作の内容だが、メロウな味わいを前面に出した真っ正直な現行R&Bスタイル。奇をてらう感は全く無く、多くのリスナーが好感を持つことだろう。しかしその中でも個性的な面を出そうとしている気持ちは部分部分で伝わってくる。"Ticket"などはキャッチーなメロディとムーグ・シンセの音が印象的なこのアルバムを代表するような曲だが、ブリッジで突然現れる転調部はまさに名前のとおりジャジーな展開で、彼女自身がフェイヴァリット・シンガーの一人に挙げているERYKAH BADUを思わせてくれたりもする。

シングル曲の"Already Knew"は中国の二胡の音を使用してオリエンタルな雰囲気を醸し出していたりとその他の曲も聴き所は満載で、デビュー作でこの堂々とした内容は注目に値するだろう。しかし何だかんだ言ってはみても彼女の最大の武器はその声。メジャーっぽいと言ったら語弊があるかもしれないが、耳に優しくなじむであろう声質は、何よりも魅力的である。今後はその声とルックスで益々メジャー方面に近づいていくであろう21歳の新人シンガーだ。

by 営業部 S氏

オフィシャルmyspace

大きな瞳度 ☆☆☆☆ | 肉厚な唇度 ☆☆☆☆☆ | しなかやなボディ度 ☆☆☆☆☆ | 美声度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 17:17:08Comments(0)TrackBack(0)

MARZETTE GRIFFITH / AND NOW, MARZETTE テナー〜ファルセットを自在に操る天性の歌声健在! インディソウル列伝 No.114

2007-03-17

6532.jpg MARZETTE GRIFFITH / AND NOW, MARZETTE (BABY BROWN)

忘れもしないあの名作…

以前このブログでも2度に渡り紹介させて頂いたほどに忘れられない名シンガー、そうあのMARZETTE GRIFFITHの新作のリリースが決定しました!70年代EPIC盤で有名なあのESSENCEのテナー〜ファルセットによる軽やかでいて、深みのある味わい深いあの歌声が再び!

日本未上陸と思われる幻のファースト・アルバム「STEPPIN' TO LOVE」、そして大手ディストリビューターでも流通した屈指のインディ・ソウル名作「ARE YOU GOING MY WAY」、さらに元HEAVEN & EARTHの面々によるプロジェクト「THE LONGSHOT SESSIONS」と順調なアルバム・リリースを経て、現在はワシントンD.C.を拠点にとあるオーケストラ・バンドでヴォーカルを担当している彼。

そんなハードなスケジュールの合間で作られたとは思えぬ、素晴らしい完成度の高いアルバムを今回も引っ下げてきてくれました。タイトルのとおり今も尚、お盛んな彼の歌声を堪能できる傑作!

収録内容
1. Steppin With Style
2. Misunderstood
3. Rhythm On Time
4. Get Ready
5. Dora
6. Stuck On You
7. It Was You
8. Yeah
9. Party
10. Baby You Got me
11. Keep On Steppin
12. Let's Get Away
13. Calling You
14. Let's Go From Here

自身のプロデュースによる感性度の高いアーバン・サウンドは前作同様、さらに幅の広がった深みのあるテナー〜ファルセットの表現力の豊かなこと!同じくワシントンD.C.の首領AL JOHNSONを彷彿とさせる、いやそれ以上か!? と思わせるようなしなやかさを兼ね備えたソウルフルな歌声はさらなる高みへ…

今年のインディ界を代表する作品となることは間違いございません!大推薦盤!絶賛ご予約受付中!

嗚呼、帰って来てくれたのね!度 ☆☆☆☆☆ | 大人度 ☆☆☆☆☆ | これぞインディ・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | まさかのESSENCE復活への期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 03:59:37Comments(0)TrackBack(0)

FUNKADELIC / BY WAY OF THE DRUM ファンカデリック89年未発表アルバムがついに正規発売!全世界5,000枚限定!

2007-03-16

6527.jpg FUNKADELIC / BY WAY OF THE DRUM (HIP-O SELECT)

「我々はテクノロジーに感性を吸い取られている。」と語ったPファンク苦悩の80年代。GEORGE CLINTONソロ名義「COMPUTER GAMES」、P-FUNK ALL-STARS「URBAN DANCEFLOOR GUERILLAS」、BERNIE WORRELL「FUNK OF AGES」、BOOTSY COLLINS「WHAT'S BOOTSY DOIN?」といった名盤の影に隠れた駄盤も少なくはない。

そんな最中の89年に12インチ・シングルでのみ発表されたFUNKADELIC名義「BY WAY OF THE DRUM」。MCAから当時リリースいされた背後にはアルバムの存在も見え隠れしていたようだが、結局アルバムはリリースされず… そう、その幻の音源が今蘇ろうとしているのです!

新生FUNKADELICとして新たな狼煙を上げようと試みた幻のアルバム「BY WAY OF THE DRUM」がなんと!あのHIP-O SELECTから発売されるのです!

収録内容
1. Nose Bleed
2. Sunshine Of Your Love
3. Freaks Bearing Gifts
4. YaDaDaDa
5. By Way Of The Drum
6. Jugular (a.k.a. Juggler)
7. Some Fresh Delic
8. Primal Instinct
9. By Way Of The Drum (Extended Version)
10. By Way Of The Drum (Dub)
11. By Way Of The Drum (Basstrumental)
12. By Way Of The Drum (Acappella)

実はブート界ではかなり出回っていたらしいのですが、ここにようやく正規発売。このタイミングっていうのも、何か不思議な感じですが。もう89年が20年前っていうのも驚きですしね… HIP-O SELECTも凄いところをリイシューしてきましたね、本当に。

小生未聴故、ヒジョーに楽しみであります!全世界5,000枚限定!心して待たれよ!

幻度 ☆☆☆☆ | 89年といえばジョージの「THE CINDERELLA THEORY」も出てます度 ☆☆☆☆ | 想定外のHIP-O SELECT度 ☆☆☆☆☆ | 今年も限定盤期待度 ☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:11:51Comments(0)TrackBack(0)

7 SONS OF SOUL / WITNESS 歌モノ好きの嗅覚を刺激しまくる本格派ヴォーカル・グループ待望のセカンド・アルバム!

2007-03-15

6521.jpg 7 SONS OF SOUL / WITNESS (VERITY)

ゴスペルはお嫌いですか?

小生、昨年辺りからもぅ虜です。メジャー進出を果たしたMEN OF STANDARD、元SILKGARY JENKINSも参加したミュージカル・サントラ「ISSUES」、そしてそれにも参加し、さらにはソロ・セカンドをリリースしたMARCUS COLE、さらにはあのDAVE HOLLISTERKELLY PRICEのゴスペル・アルバム発売など… R&B界からの移籍組みでも話題に事欠かさぬ現在のゴスペル界。

毛嫌いしているだけではダメだなぁ…と思い、心開いた途端にその魅力に惹かれたました。そう、歌ありきのゴスペルという音楽。そんな今のゴスペル・シーンを引率しているであろうKIRK FRANKLINDEITRICK HADDONの凄さ。頑固一徹ソウル・ファンの皆さまにもぜひ耳を傾けて欲しいものです。

そんなゴスペル界を沸かせた昨年のグループもの(21:03A7)に続く、いや数段こちらの方が本格派か?あの7 SONS OF SOULのニュー・アルバムがインフォメーションされました。さっそく音を聴いてみましょう。

7 SONS OF SOUL オフィシャルHP
7 SONS OF SOUL オフィシャルmyspace

いやぁ〜何とも濃厚な歌。ダイナミックさ溢れるシャウト、卓越されたコーラス・ワーク。グループの醍醐味に溢れた歌の世界。期待せずにはいられません。今年もちょっぴりゴスペルに浮気心なソウル・バイヤーなのであります。

4/17発売予定 ご予約受付中!

昨年は自己ゴスペル元年度 ☆☆☆☆☆ | 彼らあのWINANS絡みなんです度 ☆☆☆☆ | おぉTONY! TONI! TONE!の"Thinking of you"カヴァー度 ☆☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:27:02Comments(0)TrackBack(0)

CHUCK BROWN / WE'RE ABOUT THE BUSINESS 御歳71歳!? 長老ヨロシクなCHUCK BROWNの最新作がインフォメーション!

2007-03-14

6502.jpg CHUCK BROWN / WE'RE ABOUT THE BUSINESS (RAW VENTURE)

驚きのライヴ2枚組DVD「PUT YOUR HANDS UP THE TRIBUTE CONCERT TO CHUCK BROWN」でやはりGO GOってヤツはライヴなんだなぁ〜と実感したのも束の間、なんとCHUCK BROWNの最新アルバムがリリースされる模様!このお歳で凄い!今尚、お盛んライヴだってまだ演ってるんですから!

まだ収録曲などは明らかになっていないが、噂ですとリリースより先にi-tunesで先行公開されるような話も。いやいや、待ちます!やっぱり現物CDを手にしたあの感触、忘れたくないですもの。

先頃、英SOUL BROTHERからSOUL SEARCHERSのファースト&セカンド・アルバムが再発されたのもこのタイミングを狙ってか!? いやぁ絶妙!

4/24発売予定 ご予約受付中!

CHUCK BROWN オフィシャルHP
CHUCK BROWN オフィシャルmyspace

71歳!? 今尚お盛ん!度 ☆☆☆☆☆ | 久しぶりのスタジオ・アルバム度 ☆☆☆☆☆ | D.C.度 ☆☆☆☆ | GO GO!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:23:56Comments(0)TrackBack(0)

TERRELL / PLANS "上半身裸ジャケットに駄作なし"のとおりの傑作4thアルバム入荷! インディソウル列伝 No.113

2007-03-13

6492.jpg TERRELL / PLANS (TERRELL MUSIC)

その漢(おとこ)TERRELL CARTER。メジャーのクオリティを持ちつつも自身の道を進む、今のインディ界を引っ張っているような存在感すら感じさせる熱い男である。そんな彼の早くも4作目となるニュー・アルバム「PLANS」が到着!

インディR&B名盤と誉高いデビュー・アルバム「STORY」でお披露目したあのムキムキ・ボディ復活。"上半身裸ジャケットに駄作なし"のインディ・ソウル〜インディR&B界の定説どおり、今作は彼らしさ全快のスロウリィな内容に仕上がっている。

収録内容
1. Plans
2. Baby I Swear
3. Beautiful Girl
4. Das My Girl
5. I Can Be Your Man
6. Heaven
7. Unhappy
8. For You
9. Work It Out
10. I Need Her
11. Black Diamond
12. The Way I Love You

もちろん前作までの"挑戦"があってこその今。シンプルなサウンドが彼の特徴を活かすにはベター。余計な音遊びなんて必要ない。ストレートな美メロ路線がもっとも彼らしい。美しさの溢れ出すメロディ・ライン、艶やかで甘い歌声、どれもひと回り大きくなって帰ってきた彼を確認できるこの快作で、あらためて彼の良さを認識いたしました。

TERRELL CARTER オフィシャルHP ← 赤裸々ビーチ写真にドキュン!
オフィシャル myspace

1日腹筋300回2セット度 ☆☆☆☆ | 美メロ度 ☆☆☆☆☆ | 余裕の甘さ度 ☆☆☆☆☆ | さらなる進化を期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:19:37Comments(0)TrackBack(0)

PJ MORTON BAND / PERFECT SONG あのPJ MORTONがバンド名義の新作を発売! インディソウル列伝 No.112

2007-03-12

6483.jpg PJ MORTON BAND / PERFECT SONG (BRASH MUSIC)

アルバム「EMOTIONS」で鮮烈なデビューを飾ったあのPJ MORTONが、なんとPJ MORTON BANDというバンド名義のセカンド・アルバムを発売するようである。

突然大手のディストリビューターからインフォメーションされた瞬間は驚いたが、まぁ当然といえば当然。あのデビュー作のクオリティの高さといったら… ニューソウルを背景に持ちながらも、独自のソウル・センスを聴かせてくれたあの作品の格好良さはハンパではなかった。そして、今、さらなる彼の挑戦がはじまる。

ニューオリンズにその生を受けた彼。「EMOTIONS」の発売後に起きたカトリーナの悲劇。彼がそこから何を得たのか、何を失ったのか。今回のバンド名義という形も、そういった背景からくるものなのであろうか。憶測にすぎないが、彼ならそんなことを考えているのではないだろうか。

そんな「EMOTIONS」の成功とカトリーナの悲劇が、彼をさらなるステップへと踏み出させたことは間違いない事実。あのKIERRA KIKI SHEARDへの楽曲提供や様々なメジャー・アーティストとの交流など… しかし、彼は原点へと立ち返ったのである。

より素顔を見せた楽曲、アレンジ。シンプルなバンド・サウンドだけに支えられたその裸の歌声は、もちろんそのあまりの戸惑うものもあるが、あ、これが彼なんだ… と妙に納得してしまったり。

この作品でさらに彼は進むであろう。今後も応援し続けたい、生きたアーティストPJ MORTONの姿を皆さまもぜひ感じて下さい。

PJ MORTON BAND オフィシャルmyspace

原点回帰度 ☆☆☆☆☆ | やはりスティービーの影響は大きい度 ☆☆☆☆ | アーティストとしての成長度 ☆☆☆☆☆ | 応援度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:01:22Comments(0)TrackBack(0)

FRED BOLTON / I'M GONNA GIT MINE 新人さんいらっしゃい!WILLIAM BELLのWILBEから注目の新人! インディソウル列伝 No.111

2007-03-11

6479.jpg FRED BOLTON / I'M GONNA GIT MINE (WILBE ERCORDS)

今も黒人の生活の中で生きているソウル&ブルース。そんなリアルな音を感じたいならばやはりコンテンポラリー・サザン〜ディープ系の新譜を聴くのが一番である。シカゴの小さなレコード店に並べられたそんなディープものの新譜から溢れ出る黒さといったら、そりゃぁもうR&Bなんて目じゃないワケでして。

今も生活、そして地域に密着したチトリン・サーキットで歌われる歌たち、そしてそれを歌うシンガー。これこそが我らが愛するソウル・ミュージックの原点である。そして、それは今も生き続けている。

そんなシーンの中でとびきりの楽曲クオリティで聴かせるのがWILLIAM BELLWILBE ERCORDSである。自身のソロ・アルバムはもちろん、若いネーちゃんを連れ込んではプロデュースしちゃったり、あのJEFF FLOYDに代表作を作らせてみたり、サザン系名グループHARDWAY CONNECTIONまでプロデュースしちゃったりで、まさに今尚お盛んなWILBEから新たな刺客!おそらく初アルバムであろうFRED BOLTONである。

まず楽曲の良さは言わずもがな。程よく甘く、ディープ。サウンドもチープさを感じさせず、且つシンプルに。この辺りのツボを抑えたWILLIAM BELLのプロデューサーとしての力量にはまさに脱帽である。素材を料理するこの上手さ、格別なり。

しかしやはり素材あってのディープ・ソウル。なぜWILLIAM BELLが彼の作品を手掛けたのか?その応えはすべてこの新人シンガー最近、FRED BOLTONが物語っている。上手いのはもちろんであるが、何と言うのでしょうか?この絶妙なズレ具合というか、間というか。貫禄十二分にどっしりと構えたこの歌声は相当のものである。

書き下ろし新曲の相性は抜群。そして最近、若干食傷気味のSAMカヴァー"A CHANGE IS GONNA COME"の味わい深さも格別。彼のシンガーとして力量を表す格好のサンプルである。ただ上手いだけのカヴァーのツマらなさといったらありませんからね。ここ数年で聴く同曲の中でも随一の出来栄えである。

最近、ご無沙汰じゃぁありませんか?サザンもの。小生も少しサボっておりましたが、これを聴いて股、改めてコンテンポラリー・サザン〜ディープ系の新譜の良さを再認識した次第でございます。皆さまもぜひ、思い出してみてはいかがでしょうか?お薦めです。

WILBE RECORDS ホーム・ページ
コチラで試聴できます! *mp3ファイル再生

サザン〜ディープ度 ☆☆☆☆☆ | あっぱれWILLIAM BELL度 ☆☆☆☆☆ | 新人といってもそれなりのお歳です度 ☆☆☆☆ | ソウル・ミュージック、生きる度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 11:13:28Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / ECCENTRIC SOUL: TWINIGHT'S LUNAR ROTATION 米NUMEROからシカゴ・ソウル傑作コンピTWINIGHT音源集を発売!

2007-03-10



V.A. / ECCENTRIC SOUL: TWINIGHT'S LUNAR ROTATION (NUMERO)

ついに入荷!NUMEROがソウル・ファンに送る傑作シリーズ「ECCENTRIC SOUL」の中でもズバ抜けた充実っぷりの2枚組TWINIGHT音源集!さて気になる収録曲の全貌が明らかに!

収録内容
DISC.1
1. The Devastator - Stormy
2. Mama - Annette Poindexter
3. Package Of Love Part I - Dynamic Tints
4. Main Squeeze - Nate Evans
5. Satisfied - Krystal Generation
6. Yes, My Goodness Yes - Velma Perkins
7. Not Too Cool To Cry - Renaldo Domino
8. Temptation Is Hard To Fight - George McGregor
9. So Good To Have You Home Again - Mystiques
10. Soul Strokes - Sidney Pinchback
11. Pass It On Part I - Pieces Of Peace
12. Be My Lady - Dynamic Tints
13. Let Me Come Within - Renaldo Domino
14. Which One Am I - Perfections
15. Can You Find Me Love - Harrison
16. Is It Worth A Chance - Josephine Taylor
17. Lonely People - Notations
18. To Love Someone (That Don't Love You) - Kaldirons
19. My Sunshine Girl - Radiants
20. Powerful Love - Chuck & Mac

DISC.2
1. A New Day - Notations
2. Rosemarie - Dynamic Tints
3. You And Me Baby - Kaldirons
4. Lift This Hurt - Elvin Spencer
5. Why Do You Want To Make Me Sad - Perfections
6. Put Out The Fire - Mystiques
7. Breaking Point - Johnny Williams
8. Life Walked Out - Mist
9. Nevermore - Renaldo Domino
10. Pardon My Innocent Heart - Nate Evans
11. Remind Me - Schiller Street Gang
12. Is It Meant To Be - Krystal Generation
13. Wayward Dream - Annette Poindexter
14. I'll Always Love You - Velma Perkins
15. Tearing Me Up Inside - Harrison
16. I've Made Up My Mind - Josephine Taylor
17. Goin' Man Huntin - Jo Ann Garrett
18. I Can't Stop - Notations
19. Two Years Four Days - Renaldo Domino
20. Yesterday's Mistakes - Jimmy Jones

今の米国のリイシュー〜発掘シーンを先導するNUMEROの集大成!? 圧巻のコンプリートさ、そして読み応え&見応え(何と言ってもNUMERO作品のライナーは珍しい写真が多く、資料的な価値が高い!)十分なライナー・ノーツ。

シカゴ・ソウルの当時の熱い風を、今に伝える完全密閉真空パック!ディープ〜グループ〜ファンク〜レディ・ソウルが鬩ぎ合う怒涛の全40曲をご堪能あれ!

NUMERO最高傑作!? 度 ☆☆☆☆☆ | 完成度 ☆☆☆☆☆ | SYL JOHNSONのTWINIGHT音源は別途コチラで!度 ☆☆☆☆ | KENT盤も脱帽度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:30:37Comments(0)TrackBack(0)

NORWOOD / JUST NORWOOD MCAからアルバム「I CAN'T LET YOU GO」でデビューしたあの彼が復活! インディソウル列伝 No.110

2007-03-09

6456.jpg NORWOOD / JUST NORWOOD (NORWOOD)

昨年のCJ ANTHONYの復活劇にも驚かされたが、なんとこんな人までもが復活してくれるなんて!そうです!あのNORWOOD様です!

PHILLY WORLDからシングルをリリースした後、MCAより「I CAN'T LET YOU GO」でアルバム・デビュー。そのテディ・ペンばりの喉が話題となり、その後、フュージョン・グループPIECES OF A DREAMの89年作「'BOUT DAT DREAM」で6曲を歌い上げ、さらに人気を呼んだあのNORWOODである。驚きました。まだ歌っていてくれたんですね!

元々ファッション・モデルやミュージカル出身の彼。今頃はそっち方面で頑張っているのかなぁ〜なんて、想像して…ませんでした、ハイ。恥ずかしながら忘れていました。クワイエット・ストームという嵐と共に綺麗さっぱりと…

さてこのニュー・アルバム。まだ手元に届いていないので何とも言えませんが、タイトルから連想するにゴスペル寄りのアルバムっぽい感じですね。ただ懐の深い声質、色男っぷり振舞う艶やかさは相変わらずである。

いやいや、この世代のシンガー達が今後のインディ・ソウル・シーンを盛り上げてくれるんですから、益々面白くなりますね!

続報入り次第、お知らせいたします!

仰天復活度 ☆☆☆☆☆ | 懐かしいお声度 ☆☆☆☆☆ | 仰々しさもございます度 ☆☆☆☆ | アルバム期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 07:58:59Comments(1)TrackBack(0)

RYNARD BROWN / SOUL OF ME N.Y.からディープな歌声にシビれる本格派シンガー登場! インディソウル列伝 No.109

2007-03-08

6447.jpg RYNARD BROWN / SOUL OF ME (NADJARON)

冒頭のタイトル曲"The Soul Of Me"を聞いた瞬間、面喰らったと同時に思わず胸が高鳴った。ジャケット・デザインの不思議な感触。ジャケット内側のライナーには比較的若そうに見える容姿に対して落ち着いた面構えのこのシンガー。そして特筆すべきはやはりそのディープな歌声と歌唱スタイルである。

昨今のR&B〜インディ・ソウル・シンガーにありがちなSTEVIE WONDER(彼自身フェイバリットに挙げている)やDONNY HATHAWAYの影響による複雑な節回しは極力抑えたクラシックな歌唱スタイル。好きなアーティストに前述STEVIE WONDERをはじめLUTHER VANDROSSANTHONY HAMILTONJAHEIMJOEを挙げていることから、音を聞かずしても彼の男臭いストレートな歌唱スタイルを想像していただけるだろう。

収録曲だがイントロ(1)のスローで本人からすれば軽くご挨拶といったところだろうが、リスナーからすれば次の収録曲に期待を抱かずにはいられない、なかなか力の入った歌いっぷりである。そして続く(2)(4)(5)(7)をはじめ、じっくりとスロー〜ミディアム・テンポで期待を裏切らない粘りのある歌を披露している。

(10)はおもむろにラジオから流れてきてもおかしくない良く出来たテンポのあるキャッチーな好曲。こうしてアルバムを通して聞くと若手ながらクラシック・ソウル〜ブラコン、R&Bまで幅広い影響を感じさせる様々なアレンジが施されており、彼の懐の深さがうかがえる。

そんな歌を届けてくれるRYNARD BROWNは現在、N.Y.を基点ににローカル・クラブで定期的に歌っているそうだ。そして、なんとこの彼、今後JUST BLADESやKANYE WESTのような売れっ子の大物プロデューサー、アーティスト等とのコラボレーションを考えているらしく、もしそれが実現したなら更なる飛躍が期待できそうな逸材である。

以上のような周囲を取り巻くトピックも含めて今後の動向から目が離せない期待のアーティストの一人といえよう。

by 新宿ソウルおやぢS

ご予約受付中!

RYNARD BROWN myspace ←重いです…

冴えないジャケ度 ☆☆☆☆ | イイ顔、そのクチビル…度 ☆☆☆☆☆ | イースト・コースとのアーバンさも絶妙度 ☆☆☆☆☆ | メジャーへの夢、期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:02:57Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / FUNK 80: ONLY THE BEST RARE TRACKS VOL.1&2 再入荷!好80'S〜アーバン・コンピレーション!

2007-03-07

6439.jpg V.A. / FUNK 80: ONLY THE BEST RARE TRACKS VOL.1 (UK RECORDS)
V.A. / FUNK 80: ONLY THE BEST RARE TRACKS VOL.2 (UK RECORDS)

また謎のレーベルである。一体、欧州では何が起こっているのだろうか!? 新たなレーベルの登場にさらに混乱を極めるであろう欧州80'Sリイシュー・シーン。もう、こうなったらトコトン追いかけるしかないです。

UK RECORDSとの名前だが英国のレーベルではない。レーベル第1弾リリースと思われるのがこちらの「FUNK 80: ONLY THE BEST RARE TRACKS」である。もうわかる人にはわかる有名ジャケットまんまなのですが… さてその肝心の収録内容は?

収録内容
□V.A. / FUNK 80: ONLY THE BEST RARE TRACKS VOL.1(写真)
1. Wait Until Tomorrow - G.C.Cameron
2. Runaround Love - Gloria Gaynor
3. Contagious - Thomas Mcclary
4. I Love This Feeling - Shine
5. I've Got Your Number - Rockie Robbins
6. You Are My Lover - Black Ivory
7. Get It Right - Ren Woods
8. Make Time To Fall In Love - Midnight Star
9. Men Kiss And Tell - Ullunda Mccullogh
10. I Love Only You - Ruth Dawes
11. Big Strong Man - Margie Joseph
12. Out Of My Hand - Omni
13. Overflowing - Jonathan Butler
14. Like I Like It - Aurra
15. Let Me Be The One - Webster Lewis
16. Guilty - Yarbrough & Peoples

□V.A. / FUNK 80: ONLY THE BEST RARE TRACKS VOL.2
1. Ooh Wee Babe - Ron Richrdson
2. Fresh Idea - Deco
3. Sweetness - Michael Lovesmith
4. Classy Lady - Spank
5. Power Of The Boogie - Atkins
6. Let Me Be The One - B.T.Express
7. Heartstrings - Jennifer Holliday
8. Count On Me - Linda Tillery
9. My Heart - Push
10. Go For It - Peabo Bryson
11. Hold On Tight - Roy Hamilton
12. Whatever You Want - William Bell
13. Watching You - Kenny Smith
14. Festival - Wyndchymes
15. Keep Your Head Up - Human Body
16. Maybe - 9th Creation
17. I'm Gonna See You Through - Pictures

レア音源ばかりではなく、有名どころのツボを抑えた選曲。80'Sではこの類のコンピレーションが少なかっただけに、重宝しそうです。珍しいからって良いってわけではない、本当に良い音の数々。ましてや80'S新参者の小生には、まずはここから聴き直すべし!と戒められる思いでございます。

名曲度 ☆☆☆☆☆ | まずはここから度 ☆☆☆☆☆ | 謎のUK RECORDS続編はあるのか?度 ☆☆☆☆☆ | さらに新鋭COSMETIQUE レーベルも始動!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:38:57Comments(4)TrackBack(0)

BOB & GENE / IF THIS WORLD WERE MINE 米国発掘音源合戦いよいよ本格化!? あのDAPTONEまでもがリイシュー作品に着手!

2007-03-06

6429.jpg BOB & GENE / IF THIS WORLD WERE MINE (DAPTONE RECORDS)

ファンク音源発掘ならまだしも、サザン・ソウルでそれをやってのけてしまった「BIRMINGHAM SOUND: THE SOUL OF NEAL HEMPHILL VOL.1」RABBIT FACTORY(なんと本日あのRALPH SOUL JACKSONのBLACK CAT皿のリイシューが入荷!)誕生以降、どうもアメリカのレーベルの発掘作業への熱の入れ様が凄まじい。いや、RABBIT FACTORYだけではない。あのNUMEROだって…

嬉しいことに今や発掘音源の標的は完全にソウル路線へと方向性が切り替わった。今年も何が米国から届けられるのかとても楽しみにしていたが、なんとやってくれたのはあのディープ・ファンク・ブームの立役者、あのSHARON JONES & THE DAP KINGSをデビューさせ、見事成功へと導いたDAPTONE RECORDSです!

それがこのBOB & GENEである。BOBBY NUNNとその友人のEUGENE COPLINのデュオ。実はこれ、そのBOBBY NUNNの父親であるWILLIAM NUNNが録音した物。そのWILLIAM NUNNというのはDARRELL BANKSやあのDYKE & THE BLAZERSと同郷のN.Y.のバッファローを拠点に活動していた男で、シングルが当時発売されていたのかは不明であるが、今回初のアルバム化ということになる。

それがどうしてDAPTONEから発売されたのか?これがまた、興味深い話でして。WILLIAM NUNNは昨年に亡くなったのだが、その死の直前にこの未発表テープを同地の若い熱心なコレクターへと托したのだそうだ。そして、その彼がそのテープをDAPTONEへと持っていったのだそうである。これ、本当の話。これをアメリカ人がやってしまったというのですから…

今後、ますます生まれていくであろうアメリカ人によるソウル発掘音源たち。ソウル全盛期を生きた偉人たちが、次々とこの世を去っていく中、再びあの頃の熱い想いを思い出してもらいたい… そんな想いを胸に聴く未発表音源、ソウル・ファンの心を熱くします。

オフィシャル myspace
DAPTONEホーム・ページ

ローカル・スウィート・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 発掘度 ☆☆☆☆☆ | 期待の米国レーベル度 ☆☆☆☆☆ | 新たな時代の到来度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:49:19Comments(0)TrackBack(0)

U-NAM / BACK FROM THE 80'S 待望のセカンドは往年の80'S名曲をカヴァー!初回盤には限定DISC 2付でこれが股、イイ!

2007-03-05

6428.jpg U-NAM / BACK FROM THE 80'S (SOUL VIBE RECORDINGS)

フランスの夜を彩る伊達男、U-NAMのセカンド・アルバムが到着!ファースト・アルバム「PAST BUILDS THE FUTURE」(CAFE DE SOUL発売。後に日本盤とUS盤もリリースされました)でRAHSAAN PATTERSONPHIL PERRYNYRといったヴォーカル陣を従えてレイドバック80'Sなアーバン・サウンドを聴かせてくれたが今作はさらに磨きがかかっております!

アメリカで言うなら名曲"Street Life"のカヴァーどおりの"西海岸はロスアンジェルスの夜の街"。そして日本で言うならば"首都高湾岸線のサンセット"のあのサウンドである。クロスオーヴァーとして当時を席巻したあのアーバンでメロウなサウンドを今、フランスで演じる男U-NAM。何とも不思議だ。

一連の80'Sリイシュー作品が欧州からの再発であること、BOOGIE TIMESTHOMAS G.もフランス… 欧州アーバン・サウンドの奥深さははかり知れない。

DISC.1
1. Street Life
2. Breezin' Ma
3. Keep The Faith
4. Slowdown
5. Turn Your Love Around
6. Mister GB
7. Just A Kiss And Goodbye
8. From Overseas
9. Can't Help It
10. Just Like Real Lovers Do
11. Love Will Find A Way
12. Where Is The Love

DISC.2
1. Love's Taken Over feat. Rahsaan Patterson (BFT80s Remix)
2. Right Here Right Now Phil Perry (BFT80s Remix)
3. Take Da Time feat. Abiodun (The Last Poets) (BFT80s Remix)
4. My Inspiration feat. NYR
5. 'Cos I Do feat. Daddy O & Riverside
6. Blue Mood feat. Leedia
7. Love's Taken Over feat. Rahsaan Patterson (Original Version)

初回盤にはボーナス・ディスクとしてファースト・アルバムからの名曲をREMIXしたボーナス・ディスク付きです。ただのギタリストに留まらない、彼の80'Sサウンドへの旅はまだまだ始まったばかりである。

オフィシャル・ページ
オフィシャル myspace

アーバン度 ☆☆☆☆☆ | 首都高湾岸線〜夜…度 ☆☆☆☆ | 黄昏のサンセット度 ☆☆☆☆☆ | 歌モノ期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:57:03Comments(0)TrackBack(0)

ザ・バラッズ「ザ・ギフト・オブ・ラヴ」&「コンフェッシン・ア・フィーリング」全ソウル・ファン狂喜のCD化実現!

2007-03-04

6414.jpg ザ・バラッズ / ザ・ギフト・オブ・ラヴ (Pヴァイン)
ザ・バラッズ / コンフェッシン・ア・フィーリング (Pヴァイン)

甘茶ソウル・ファン〜ソウル・ヴォーカル・グループ・ファンはもちろん、全ソウル・ファン悶絶のCD化が実現!あのBALLADSが2タイトル同時にめでたくCD化となります!これは凄い!日本が誇るアルバム化をCD化するのはもちろん日本!やってくれましたPヴァイン様!ともにLP盤を増強、収録曲アップの予定!

彼らがシングル・リリースを続けていたVENTUREレーベルから発売される予定でありながら、その瞬間に会社は倒産、極僅かなDJ COPY盤しかプレスされなかったという幻皿「THE GILF OF LOVE」(後の82年にVIVID SOUNDがLP再発)、そしてその幻のアルバムやシングルが話題となり、もうこれは辛抱堪らん!と、日本のとあるコレクターが手紙を書いて実現したという「CONFESSING THE FEELING」(シングル&未発表を日本独自の企画でアルバム化!VIVID SOUNDから80年にLP発売)。いやいや、参りました。まさか実現するなんて、夢にも思ってみませんでした!

「ザ・ギフト・オブ・ラヴ」(写真は再発LP)は言わずもがなのアンニュイ・ジャケットが眩しい1枚。CLARENCE PAULやWILLIE HUTCHLEON WAREらのプロデュースによるヴォーカル・グループ・ファン悶絶の名盤。そこにアルバム未収の60年代シングル作品をプラス(全15〜17曲収録予定)してのCD化となる模様。

名曲"God Bless Our Love"にはじまり、LEON WAREプロデュースの"I'm Nothing Without Your Love"などのバラードの素晴らしさはもちろん、イギリスのノーザン・ソウル・シーンで高い人気を誇るシングル曲"Right Track"をはじめとしたノーザン・テイストも泪モン。甘く、踊れて、泪できる。60年代のヴォーカル・グループの旨みを凝縮した1枚となることであろう。

そして「コンフェッシン・ア・フィーリング」は幾度かのメムバー・チェンジを繰り返しながら活動した70年代のシングル曲および未発表曲をまとめたもの。ヘアー・スタイルもバッチリ70'Sにキメていた(さすがは西海岸!G.C.調のロング・ヘアがイカす!)頃。もぅ完全に彼らの代名詞である"甘茶ソウル"そのもの。心ゆくまでドップリとド茶甘ソウル・ヴォーカル・ワールドをご堪能頂ける出来となっております。

Kimberly、Baljaといった西海岸のマイナー・レーベルでの録音を集めたものに未発表曲もプラス。タイトル曲をはじめとするスウィート&ドリーミィなバラードからファンキーなナンバー、心地よいミディアムまで、咽び泣くこと必至のヴォーカル絵巻。"Dizzy World"のバリトン&ファルセットの絡み具合で身悶えしない輩などおりますでしょうか!?

収録曲および完成版ジャケットなど追加情報は随時お伝えして参ります。う〜ん、ソウル・ファンでいてよかった!

5/3発売予定 ご予約受付中!

悶絶泪のCD化!度 ☆☆☆☆☆ | 気になる収録内容度 ☆☆☆☆☆ | LP未収録シングル曲"Baby, I'm For Real"(Kimberly盤)は収録されるのか!?度 ☆☆☆☆☆ | diskunion "極甘"オリジナル特典制作進行中!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:07:35Comments(0)TrackBack(0)

ATLANTIC STARR / RADIANT 実は国内盤も未発売の世界初CD化!? ジェイムス・アンソニー・カーマイケル初PRO.の80'S名作!

2007-03-03

6412.jpg ATLANTIC STARR / RADIANT (VINYL MASTERPIECE)

昨年の暮れにATLANTIC STARRの「BRILLIANCE」を再CD化してくれたVINYL MASTERPIECE。このアルバムとその後の83年作「YOURS FPREVER」はここ日本ではCD化されていたものの長らく廃盤〜生産中止の状態で何とも悲しい思いをしていただけに、喜ばしい再CD化であった。

その時ふっと思った。これはもしかするとVINYL MASTERPIECEから全アルバムCD化もあり得るな…と。その期待に見事に応えてくれました!そして驚くなかれ!なんと次は「YOURS FPREVER」との予想を大きく覆して、81年の彼らのサード・アルバム「RADIANT」が世界初CD化です!

前述の日本盤CD化された2作品の名盤たる所以、それはプロデューサーのJAMES ANTHONY CARMICHAELによるところが大きい。その彼がATLANTIC STARRをプロデュースした初のアルバムが3枚目となるこの「RADIANT」なのである。

グループの中心であるWAYNE,DAVID,JOHNATHANのルイス3兄弟の才能をさらに導き出し、その後の輝きに満ちた黄金期への道標となった名作なのであります。

さぁ次は名作「YOURS FPREVER」か!? それとも世界初CD化のファースト&セカンド・アルバム!? 期待を胸に今年もVINYL MASTERPIECEの仕事っからは目が離せません!

祝!世界初CD化度 ☆☆☆☆☆ | JAMES ANTHONY CARMICHAELといえばCOMMODORESで男をアゲた漢度 ☆☆☆☆☆ | 意外にアナログはレア度 ☆☆☆☆ | VINYL MASTERPIECE期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 15:34:32Comments(4)TrackBack(0)

4/25発売 コンプリート・スタックス/ヴォルト・シングルズ diskunion オリジナル特典『スタックスTシャツ』決定!

2007-03-02

ソウル・ファンならぜひとも持っていたいソウル殿堂入りボックス・セットがアトランティック創立60周年特別企画として10年ぶりに再リリース決定!スタックス創立からオーティス・レディングの死後、アトランティック傘下を離れる1968年までのシングル全244曲を収録した至宝のボックスがなんと2007年最新24ビット・デジタル・リマスタリングで蘇る!



ザ・コンプリート・スタックス/ヴォルト・シングルズ1959-1968 (ワーナーミュージック・ジャパン)
4/25発売 (9CD) 初回限定生産
○スペシャル・ブックレット入り: スタックス・ヴォルト物語/アーティスト紹介/曲解説/スタックス・ヴォルト全チャート・アクション等、全400ページの内容。 
○2007年最新24ビット・デジタル・リマスタリング(国内盤のみ)

そしてdiskunionオリジナル特典も決定!仰天太っ腹!
お買い上げのお客様にもれなく『オリジナル・スタックスTシャツ』(当社特典完全限定)を差し上げます!

▽こちらが『オリジナル・スタックスTシャツ』!


絶賛ご予約受付中!

・特集ページ
「4/25発売 コンプリート・スタックス/ヴォルト・シングルズ オリジナル特典」
「アトランティック・ソウル 1500 〜 第1回全25タイトル第2回全25タイトル


ついに動き出すスタックス関連作品!度 ☆☆☆☆☆ | ジョニー・テイラー未発表も話題騒然!度 ☆☆☆☆☆ | こんな黒光りしたTシャツ…見た事ない!度 ☆☆☆☆☆ | 期待と着たい度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:03:03Comments(0)TrackBack(0)

ジョー・ヘイウッド、キップ・アンダーソン 他 / ウォーム・アンド・テンダー・ラヴ PヴァインLP(86年発売)を拡大版にしてついにCD化!

2007-03-01

6395.jpg V.A. / ウォーム・アンド・テンダー・ラヴ (Pヴァイン)

ベテランのソウル・ファンには懐かしいこのジャケット!このジャケットのブルーが、その音の内容〜ディープさをよく表していて素晴らしいジャケットだなぁ〜と、手にする度に胸を締め付ける青のディープ・ソウルへの想い…

鈴木啓志氏の監修によりPヴァインから1986年にLPにて発売された「ウォーム・アンド・テンダー・ラヴ」がその懐かしいジャケットもそのまま、さらに収録曲は増量してここに目出度くCD化となりました!今年のディープ・ソウルの追い風に乗った見事なタイミングでのCD化である。

FURY/FIRE系音源の中から同氏の文句の付け様のない選曲によるディープ・ソウル集。「ディープ・ソウルって何?」って今、聞かれたなら間違いなくこのCDを薦めるでしょう。ブラック・ミュージックの歴史の証人であるN.Y.のボビー・ロビンソン制作による楽曲群。兎に角、名曲揃い。

楽曲の良さはサウンドあってのもの。そのサウンドの良さも言わずもがなである。乾いたドラムに痺れるようなギター、ブラス・アレンジなど含め、ディープ・ソウルの原点、ディープ・ソウルそのものである。歌い手の素晴らしさを引き出す絶妙さといったら!

収録内容
1. Let's Walk Together - Joe Haywood
2. Warm And Tender - Love Joe Haywood
3. Standing On The Corner - Harrison Brothers
4. Baby, I'm Coming Home To You - Harrison Brothers
5. Cupid - Ricky Lewis
6. Welcome Home - Ricky Lewis
7. Everybody Needs Love - Billy Hambric
8. Human - Billy Hambric
9. What Am I Living For - Willie Hightower
10. So Tired (Of Running Away From Love) - Willie Hightower
11. I Find No Fault (In My Baby's Love) - Johnny Jones
12. I Love You Yes I Do - Joe Haywood
13. I Will Cry - Kip Anderson
14. I Feel Good - Kip Anderson
15. I Can Tell - Johnny Copeland
16. You're Hurting Me - Jay Dee Bryant
17. I'm Going To Lock My Heart - Jimmy Armstrong
18. Two Sides To Love - The Victones
19. I Need You So - The Victones
20. When You Look In The Mirror (You're Looking At The One I Love) - Joe Haywood
21. Ghost Of Love - Joe Haywood
22. Somebody's Gonna Want Me - Ricky Lewis

今、ちょうどこのCDを聴きながらこのブログを書いているのですが、こう、何て言いますか、余計な言葉は要らないんだなぁ〜とか、ここまで心に響く歌、ソウル・ミュージックってコレなんだろうなぁ〜とか、いろんな想いが溢れ出てきております。レアだとか、珍しいとか、そんなん関係ないんですよね、本当は。

何かにつまづいた時、道に迷った時、ここに収録されたこの全22曲のディープ・ソウルが私を支えてくれることでしょう。

絶賛発売中!

ディープ・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 祝!初CD化!度 ☆☆☆☆☆ | ライナーは新たに書き下ろし度 ☆☆☆☆☆ | 支え度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 11:05:36Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited