黒汁通信

ソウル〜インディ・ソウル〜R&Bのウラ、オモテ、ソコやらアソコをより深く弄るバイヤー業の日々を赤裸々に綴ります。

BETTY DAVIS / BETTY DAVIS & THEY SAY I'M DIFFERENT ファンク女帝ファースト&セカンドがボナトラ入りで再CD化!

2007-02-28

6381.jpg BETTY DAVIS / BETTY DAVIS (LIGHT IN THE ATTIC)
BETTY DAVIS / THEY SAY I'M DIFFERENT (LIGHT IN THE ATTIC)

一時はあのMILES DAVISの妻であったこと(1968年に結婚、そしてその翌年に離婚。その原因はなんとあのJIMI HENDRIXとの浮気をMILESが疑ったらしいという、なんとも下世話な噂でして…)でも知られる超巨大アフロ女帝ファンカーBETTY DAVISの70年代ファンクの名作ファースト・アルバムとセカンド・アルバムが再CD化されます。

たしかU.S.からは初CD化であったと記憶しておりますが… 手掛けたのはBERNARD PURDIEの「LIALEH」そして「DEEP THROAT」(どっちもドエロ映画のサントラ!)の世界初CD化を実現させたあのLIGHT IN THE ATTIC。ジャケットやライナーに至るまで丁寧な仕事っぷりは実に評判なレーベルなだけに、これは期待できるかなぁ?と思っていたらやはり流石!どちらも未発表音源を追加収録しているではありませんか!?

○BETTY DAVIS / BETTY DAVIS *写真
1. If I'm In Luck I Might Get Picked Up
2. Walkin Up The Road
3. Anti Love Song
4. Your Man My Man
5. Ooh Yeah
6. Steppin In Her I. Miller Shoes
7. Game Is My Middle Name
8. In The Meantime
9. Come To Me *
10. You Won't See Me In The Morning *
11. I Will Take That Ride *

○BETTY DAVIS / THEY SAY I'M DIFFERENT
1. Shoo-B-Doop And Cop Him
2. He Was A Big Freak
3. Your Mama Wants Ya Back
4. Don't Call Her No Tramp
5. Git In There
6. They Say I'm Different
7. 70's Blues
8. Special People
9. He Was A Big Freak *
10. Don't Call Her No Tramp *
11. Git In There *
12. 70's Blues *

*BONUS TRACK(73年&74年未発表音源)

実はセカンドの「THEY SAY I'M DIFFERENT」は小生、聴いたことがございませんのですが、ファーストはもう大好きでして!実はこのアルバム、プロデューサー兼ドラムはGREG ERICO、そしてベースにはあのLARRY GRAHAMという、この春アルバム一斉再発で盛り上がること必至のあのSLY & THE FAMILY STONEのリズム隊が担っているのであります!

暴れ狂うチョッパー・ベースにビシバシッ!とハットのキマるドラミング、そして卑猥でダーティーな彼女の歌の三位一体シンプル・イズ・ベスト・ファンク。このリズム隊のサウンドを聴くだけでも大きな価値のあるアルバム…といったら彼女に失礼であろうか。

この彼女のファーストが発売された73年というのが股、面白いものでして。そのGREGとLARRYの離脱したSLY & THE FAMILY STONEも新たなリズム隊を導入し、シンプルなファンクを追求した名作「FRESH」を発売しているのである。いやぁ、繋がっていたのですかね、襟を分かちながらも。

全然話ズレてますが、兎に角、祝!再CD化であります!

・特集ページ 「SLY & THE FAMILY STONE 全盛期7タイトル リマスター&ボナトラ収録再発いよいよ発売へ!」

女帝度 ☆☆☆☆☆ | 直径1メートルの巨大アフロ度 ☆☆☆☆☆ | 主役はリズム隊度 ☆☆☆☆ | よき仕事かな度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:06:51Comments(0)TrackBack(1)

V.A. / BOOGIE TIMES PRESENTS THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC VOL.5 入荷!そして収録曲も明らかに!

2007-02-27

6370.jpg V.A. / BOOGIE TIMES PRESENTS THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC VOL.5 (BOOGIE TIMES)

いよいよ到着!そして気になっていました収録曲もついに解禁です!さぁ恒例となりました80'Sリイシュー物といったらこの方です!新宿S氏の入魂コメント!


今や自他共に認める最強80'Sコンピの一つとして君臨する「BOOGIE TIMES PRESENTS THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC」もはや第5弾。今回からは心機一転、ジャケットのアートワークも一新して更なる領域へ。毎回コレクター垂涎のモンスター・モダン・ソウル〜ブギー・ファンクのシングル音源を見事にコンパイルする当シリーズ、まだまだネタは尽きないようで...

収録内容
1. Mystery Lady - Transmission
2. The Real Deal - Flashback Band
3. Monday Blues - Legacy
4. It's Only You - Benny Rose
5. Groovin' - Bliss
6. Give Me All Of Your Love - Brenda Hilliard
7. Starting Over - The Latest
8. We Should Get Together - Shebba
9. One Is A Lonely Number - Roy Fontaine
10. My Dreams Are Clouded - Henry Thomas
11. It's Music - James Cobbin
12. Can I Come Over Tonight - Bobby J.
13. Be Yourself - Sesil & Loujon

今回の目玉は「FLASHBACK BAND / the real dial」!! Rocker International Recordsなるインディペンデント・レーベルから、82年プライベート・プレス・オンリーのオブスキュア・モダン・ソウルLPのハイライト・チューン!! そしてHOPE RECORDS 84年産の「LEGACY / monday blues」!! キラーなブギー・サウンドにウォーマーなソウルフル・ヴォーカルがコレクターの心を掴んで離さずの逸品!! 更にトラックリストを見回すと...「BENNY ROSE / It's Only You」が切望の初CD化!! これは快挙!!

その他バイヤー泣かせなレア過ぎる音源を詰め込んで... 全てが出物!! シリーズ最高といっても決して過言ではない濃密過ぎる全13曲!! 今回も是非お見逃し無く!


by 祝!MTV出演! 新宿S氏

どうやら凄いレアらしい度 ☆☆☆☆☆ | オブスキュア度 ☆☆☆☆☆ | オヤヂも感涙度 ☆☆☆☆☆ | BOOGIE TIMES今年も凄そう!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 11:20:30Comments(0)TrackBack(0)

BAR-KAYS / HOUSE PARTY バーケイズの待望の新作が発売決定!JAZZE PHA、THREE 6 MAFIAにSHIRLEY BROWN参加という仰天情報が!?

2007-02-26

6362.jpg BAR-KAYS / HOUSE PARTY (I.M. RECORDS)

2003年に94年発売の「48 HOURS」以来となる9年振りのアルバム「THE REAL THING」で見事な復活を遂げ、さらにはまさかまさか!? の来日公演(昨年10月COTTON CLUBにて。メムバーには元CON FUNK SHUNのKURT CLAYTONや元RIGHT CHOICEのARCHIE LOVEまでも!)を実現させてくれたあのBAR-KAYSが待望の新作のリリースが決定しました!

最初にインフォメーションがあった時はどうせ廉価盤か何かのベスト盤だろうなぁ〜と高を括っていたが、オフィシャルmyspaceにそのタイトルでジャケットがドーンと出ているではないか!? ということで、新作であることが発覚した次第。

前述のmyspaceでは早くも新曲数曲聴けますが、いやはや、流石である。現在のメンフィス・シーンを代表するグループであることは間違いない。ここにきてこの充実ぶりはまさにおやぢソウルの鏡である。

収録予定
1. Sho Nuff with Jazze Pha
2. Super Star
3. What Goes In The Club Stay In The Club with 3-6 Mafia
4. Return Of The Mack
5. Hey Yall
6. Le'ts Get Bizzy
7. Holla If You Like That
8. Glad You're My Lady
9. My Everything
10. We Can't Stay Together with Shirley Brown
11. Glad You're My Lady (Steppers mix)
12. Bar-Kays

ベーシストであるJAMES ALEXANDERのの息子にして、現在の南部ヒップ・ホップ・シーンを引率するプロデューサーであるJAZZE PHA、そしてなんとあのTHREE 6 MAFIAまで参加とは!? もう何のこっちゃい?のお父さん、これは凄い事件なのであります。新旧メンフィス・シーン〜親子二代の黒汁対決!

そしてもちろんそんな話題性だけでは終わらない、おやぢソウルっぷりもしっかりと聴かせてくれるであろう。何てったってあのSHIRLEY BROWNまで参加しちゃってるんですからね。バラードであることはタイトルからも間違いないでしょう。

世代交代!? いやいや!まだ伝えることが山ほどあるんだゼ!? と言わんばかりのおやぢっぷりを期待いたしましょう!

新旧南部黒汁対決度 ☆☆☆☆☆ | 継承される黒さ度 ☆☆☆☆☆ | おやぢソウル度 ☆☆☆☆☆(期待込!) | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:21:03Comments(2)TrackBack(0)

V.A. / GOOD GOD! : HEAVY FUNK COVERS OF JAMES BROWN FROM ALL OVER THE WORLD 1968-1974 JB追悼 世界のカヴァー集!

2007-02-25

6358.jpg V.A. / GOOD GOD! : HEAVY FUNK COVERS OF JAMES BROWN FROM ALL OVER THE WORLD 1968-1974 (GUERRILLA REISSUES)

以前ご紹介いたしました「SITAR BEAT!: INDIAN STYLE HEAVY FUNK VOL.1」をリリース、世界へ波及した様々なファンク・スタイルを探求(=インディアン・ファンク!)する米国の新鋭レーベルGUERRILLA REISSUESから待望の新作がインフォメーションされた。これが仰天。J.B.追悼カヴァー集であります!

ファンクといえば、そう、やはり彼、J.B.。追悼の気持ちも込めて掘り集められたカヴァー達は、もちろん同レーベル流儀のワールド・ワイド・コレクション・ディグ!世界のJ.B.カヴァー集なのであります。タイトルはズバリ「GOOD GOD! : HEAVY FUNK COVERS OF JAMES BROWN FROM ALL OVER THE WORLD 1968-1974」さて気になる収録曲をチェック!

収録内容
1. Cold Sweat - El Klan
2. Mother Popcorn - Dillard Crume & The Soul Rockers
3. Hot Pants I'm Comin' - St.Vincent's Latinaires
4. I Got The Feelin' - The Dave Pike Set
5. Soul Negro - Toni Tornado
6. My Thing / I Made A Mistake Medley - Doublass High School Stage Band 1970
7. Do It (Give It Up / My Thing Medley) - Lil' Tiger
8. Mama's Orgy (Cold Sweat) - The Philosophers
9. Tema De Zorra (Popcorn With A Feeling) - Waltel Branco
10. Popcorn - East Of Underground
11. There Was A Time - Six Pack
12. Lickin' Stick - Willie Dickson & The Playboys
13. Papa Don't Take No Mess - Som Livre House Band
14. Think (About It) - Skorpyons Of Jamaica
15. Hot Pants - El Combo Xingu
16. Hot Pants Road - Tihomir Pop Asanovic

ブラジル?メキシコ?ジャマイカ?これは凄いことになっております。こんなJ.B.、聴いたことないッ!とファンも仰天なJ.B.名曲カヴァー。今からその音が楽しみであります。

3月下旬入荷予定。絶賛ご予約受付中!

R.I.P.JB度 ☆☆☆☆☆ | 聴いたことない度 ☆☆☆☆☆ | J.B.・ザ・ワールド度 ☆☆☆☆☆ | ディギン度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:15:40Comments(0)TrackBack(0)

NE-YO / KNOW ME 昨年のNE-YO旋風から1年待たず!早くもセカンド・アルバムがインフォメーション!

2007-02-24

6355.jpg NE-YO / KNOW ME (DEF JAM)

まさに旬の男NE-YOクンのセカンド・アルバムが早くもインフォメーションされました。昨年初夏のデビュー・アルバム「IN MY OWN WORDS」から1年待たずしての新作登場とはいやはや、若いって素敵。

さっそくアルバムからのファースト・カットとなる新曲"BECAUSE OF YOU"が各オフィシャル・サイトにアップされております。前作でも華咲いたSTARGATEとの共作による美メロ胸キュンなナムバーはすでに"NE-YO節"なり。レイドバック80'S(ラヴEL DEBARGE)な塩梅もこれ股、堪らんのであります。

さて気になる発売日は春爛漫の4/18にまずは日本先行!そして輸入盤は4/23の予定。今年も吹くのか!? NE-YO旋風!彼がメジャーR&Bシーンを活性化させてくれることに期待せずにはいられないのであります。

オフィシャル・サイト
オフィシャルmyspace

旬の男度 ☆☆☆☆☆ | R&B界期待の星度 星 ☆☆☆☆☆ | ニーヨってちょー良くな〜ぃ?度 ☆☆☆☆☆ | こうなったらHEY!HEY!HEY!出演だ!度 ☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:46:24Comments(0)TrackBack(0)

SWADE / BACK TO THE FUNK リアル80'Sリヴァイヴァルに挑む伊達男THOMAS G.のPRO.による女性シンガーのデビュー作!

2007-02-23

6343.jpg SWADE / BACK TO THE FUNK (THOMAS G MUSIC)

一昨年突如として欧80'Sシーンから登場し、一気にシーンの話題をさらったあのリアル・フレンチ・ファンカティアーにしてベーシストTHOMAS G.がプロシュース/アレンジを一挙に手がけたフィメール・シンガーSWADE嬢の初のリーダー作が到着。これがまた...素晴らしい出来なんです!!

いきなりのハイライト(1)は言ってみればTHOMAS G.自身の2作でも披露した彼のマナーとも言うべきミーツ・ヨーロピアン・スタイルの80'Sグルーヴ真骨頂(そういえばAMEEGAも同趣だったスね)!! アーバン・キャッチーなメロに煌びやかなウワモノ、後半の軽快なブレイクも◎な当アルバムのグレイト・オペレイターとしてリスナーを誘う。

バツグンの哀愁旋律が奏でるメロディアスな(4)(7)(9)や、まさに往年の80'Sコンテンポラリーを地で行くダンサー(3)、シルキーなシンセをバックに軽快なギターカッティングの牽引する(6)も相当の出物!! そして切なく歌い上げる唯一のミディアム(8)も素晴らしい。

まぁ欲を言うならスローも欲しかったところではあるが... それにしてもここまで80'Sグルーヴを体現しつつも、ワン&オンリーな色を見せ付ける作品もそうは無い。しかもそれが新録だってんだから恐れ入る。唯一懸念されていたフレンチ・ボーカルも今回は解消、英語で歌っているのでご心配なく!!

今後の展開も楽しみなリアル・フレンチ・シーンはさらなる高みへ!


by 80'S伊達男 新宿S氏

THOMAS G.インタビュー ←フランス語です...

リアル・フレンチ・ファンカティアー度 ☆☆☆☆☆ | 新録という驚き度 ☆☆☆☆☆ | 嬢度 ☆☆☆☆ | ちなみに新宿には3人のS...度 ☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 14:15:15Comments(0)TrackBack(0)

AHMIR / THE GIFT 2007年はヴォーカル・グループ豊作の予感!? アップからスロウまで歌い込む実力派グループ! インディソウル列伝 No.108

2007-02-22

6337.jpg AHMIR / THE GIFT (CHINO WORLD/ECHO VISTA)

昨年の夏頃だっただろうか... 一部のR&Bリスナー、インディ・ソウル・マニアの間ですでに名前が挙がり始めたのは。サイトで曲が聴けるのは数曲のみ、しかしその素晴らしさは昨今のメジャー・シーンを含めたR&Bグループ不作の御時勢もあってか瞬く間に拡がり、アルバムを待ち望む声が後を絶たなかった。

そうこうしているとプロモーション・ビデオもあちこちで見られるようになり、その深すぎるほどの深みを持ったリード・テナーと重厚且つツボを得まくったコーラス・ワーク、そして超Aランクと言っても良い楽曲の質は更に多くのリスナーの耳に届くようになり、数曲だけ露出しているに過ぎないアーティストとしては異例とも言える期待が湧き上がっていった。

年も明けて2007年、待望のと言った程度では済まされない、一部のコアなファンだけではなくここ日本のR&B、ソウル・リスナー全員が熱狂しうるであろうデビュー・アルバムが届けられた。彼らの名はAHMIR「THE GIFT」。デビューにして早くも伝説の誕生だ。

アルバムの前半は快調なアップ群がデビューの勢いそのままに続いていく。昨年から聴かれていた曲が濃密スロウだったので、スロウ〜ミッド中心のメロウ色強いアルバムになるのかと思っていたが嬉しい誤算と言っても良いような高品質なナンバーがそろっている。

先行シングルとして既にカットされている(3)はへヴィーな鎧の様なリズムが印象的なクラブ映えしそうなバウンシーなナンバー(なんとビルボードR&Bチャート堂々3位を記録!)、往年のフィリー・ソウルを連想させるヴィブラフォンのキャッチーなリフが心地よい(6)等、アップ系でもはずれが無い。

そしていよいよ登場する前述の昨年よりお馴染みの(8)。イントロのピアノからもう鳥肌が立つような無敵のスロウ。極上だの何だの言う言葉が陳腐に思えてしまうほどの最高級ソングだ。このアルバムの、いや今年度のメジャーを含めたR&Bシーンのハイライト・チューンになると言っても過言ではないだろう。

そしてそんな最高級レヴェルの曲に負けないスロウ達が(9)(11)(13)(14)(15)(18)(19)と後半を占めている。タイプも様々で時折ファルセット・コーラスも交えたりと本格派グループ・ファンをも唸らせること請け合いだろう。そして言うまでも無く楽曲はどれも完璧だ。実力、楽曲共にここまでハイ・レヴェルなグループは今世紀に入ってからはいなかったのではないだろうか。

期待を込められて話題が先行したアーティストが、結局アルバム完成まで至らず、リスナーが地団駄を踏むことがたまにあるこのシーン。それを考えたら(8)のような曲がしっかりアルバムに収められて、尚且つ他の曲も素晴らしいアルバムが届いただけでも一安心である。

そして今年に入ってからチラホラと感じていた「2007年はグループ復権の年」の予感が一層現実味を帯びてきた。そんなシーンの決定打となるであろうこのARMIRのデビュー・アルバム。どこまで話題になるか今から楽しみである。


by 営業部 S氏


3月上旬入荷予定。絶賛ご予約受付中です!

オフィシャルHP ←名バラード"The Wedding Song"のプロモーション・ビデオがご覧頂けます!

アップでは荒々しく度 ☆☆☆☆☆ | スロウでは優等生っぷりも聴かせつつ度 ☆☆☆☆☆ | グググッと歌好きを刺激するナイス・ガイ度 ☆☆☆☆☆ | 2007年グループ復権渇望度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:44:39Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / MOTOWN: THE EARLY YEARS 突如発売!モータウン往年の映像かと思いきや、なんと最新ライヴ映像!

2007-02-21

6330.jpg V.A. / MOTOWN: THE EARLY YEARS (SHOUT! FACTORY)

昨年の黒汁通信内でMARVIN GAYEの「THE REAL THING IN PERFORMANCE 1964-1981」ご紹介の際に最新情報としてお伝えしました「MOTOWN: THE EARLY YEARS」が突如発売された。このタイトルから連想するに往年もモータウン映像か...と想像し、誤報してしまいましたことをこの場を借りてお詫び申し上げます。その内容はなんと最新のライヴ映像でした。

2005年3月にアトランタで行われたコンサートを収めたもの。アメリカのPBSで放送された映像のDVD化。SHOUT! FACTORYといえば昨年のTEDDY PENDERGRASSの79年映像の発売、さらには「RHYTHM LOVE AND SOUL」といった最新ライヴ映像のDVD化と、何かとソウル・ファンはお世話になりっ放しでございます。さて、その気になる収録内容は以下のとおり。

収録内容
1. Dancing In The Street - Martha Reeves
2. (Love Is Like A) Heat Wave - Martha Reeves
3. Jimmy Mack - Martha Reeves
4. Nowhere To Run - Martha Reeves
5. Needle In A Hay Stack - The Velvelettes
6. Do You Love Me - Joe Billingslea's Contours
7. Just A Little Misunderstanding - Joe Billingslea's Contours
8. Get Ready - The Temptations Review featuring Dennis Edwards
9. Ain't Too Proud To Beg - The Temptations Review featuring Dennis Edwards
10. The Way You Do The Things You Do - The Temptations Review featuring Dennis Edwards
11. My Girl - The Temptations Review featuring Dennis Edwards
12. Baby I Need Your Loving - Four Tops
13. Bernadette - Four Tops
14. It's The Same Old Song - Four Tops
15. I Can't Help Myself - Four Tops

やはり圧巻なのはTEMPTATIONS REVIEW FEAT.DENNIS EDWARDSでしょうか。おぉDAVID SEAのリードの熱いこと!そしてCONTOURSの初映像!どこかの教授のような髪型がすごいです。

そして大トリTHEORONNIE MCNEIR(今年ソロ新作発売との噂も!)在籍のFOUR TOPS。THEOのスタイルがALI OLLIEに似ているだけにテンプスを聴いているような感覚になるなぁ。まぁTHEOはテンプスにもいましたしね。今は亡きOBIE BENSONの勇姿が見れるのも嬉しいかぎりです。

そしてさらに嬉しいのはTEMPTATIONS REVIEW FEAT.DENNIS EDWARDSのバック・バンドがあのファンク・ブラザーズだということ。JACK ASHFORD、故JOE HUNTERの演奏が拝めるのも貴重です。

リージョン・フリーですので国内DVDプレイヤーで再生可能!貴方のお宅でソウル・オン・DVD!

・特集ページ 「SOUL ON DVD〜自宅 de ソウル・ショウ 2006夏最新版」
・黒汁通信 「ソウル映像大賞 2006 」

ちょっと紛らわしいジャケ度 ☆☆☆☆ | 演奏のテンション度 ☆☆☆☆ | お客のノリノリ度 ☆☆☆☆☆ | SHOUT! FACTORYの映像作品期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 08:09:07Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / HAMP SWAIN PRESENTS MACON SOUL SOUP: JAR-VAL AND STONE RECORDINGS 今年のGRAPEVINEは本気!第2弾は怒涛のディープ・ソウル!

2007-02-20

6322.jpg V.A. / HAMP SWAIN PRESENTS MACON SOUL SOUP: JAR-VAL AND STONE RECORDINGS (GRAPEVINE)

今年の英GRAPEVINEは本気です。いや、昨年が本気ではなかったという訳ではございません。今年の同レーベル・リリース第1弾となった「GENE LAWSON PRESENTS UPLOOK RECORDS STORY: VINTAGE SOUL FROM PHILADELPHIA」の興奮も冷め遣らぬ中、早くも新作のインフォメーションが届いた。これが股、凄いっのなんのってもぅ。

タイトルはズバリ「HAMP SWAIN PRESENTS MACON SOUL SOUP: JAR-VAL AND STONE RECORDINGS」

往年のソウル・ファン〜シングル・コレクターの皆さまは興奮必至!まさかこんな編集盤が発売される日が来るなんて... サザン〜ディープ・ソウル・ファンには血眼皿の応酬であるジョージア州メイコンのレーベルJAR-VAL、そしてWATERレーベル曲集なのであります!

収録内容
1. Thank You Baby - Matt Brown
2. I Can't Love But One Man At A Time - Nancy Butts
3. This Time It's Got To Be Real - Jimmy Braswell
4. I Want To Hold You - Jimmy Lee Bryant
5. Sweet Thing - Matt Brown
6. Only One Love - Nancy Butts
7. I Owe You Love - Ronnie Miller
8. Too Many Yesterdays - Nancy Butts
9. Every Day (I Love You Just A Little Bit More) - Matt Brown
10. My Little Girl - Jimmy Lee Bryant
11. Time Waits For No Man - Jimmy Braswell
12. Letter Full Of Tears - Nancy Butts
13. Listen To The Music - Ronnie Miller
14. Baby I'm A Want You - Matt Brown
15. I've Been Blind Too Long - Nancy Butts
16. I've Been Blind Too Long (Instrumental) - Nancy Butts
17. I Love You - Alice Rozier & Little Joe
18. I'm Gonna Hold On To You - Alice Rozier & Little Joe
19. Ruby - The Flintstones
20. Flintstones - The Flintstones
21. I Need You (Most Of All) - Thomas Bailey & The Flintstones Band
22. The Flintstone Shuffle - Thomas Bailey & The Flintstones Band

そう、皆さまのご期待どおり... 収録されております。出れば£1,000も下らないと言われる鬼レア・ディープ皿、THOAMS BAILEYのSTONE盤!いや、この話、実は私のお師匠でございますMASKMAN(c)氏からの密告なのでございます。「おぃ、コイツはヤバイことになってるぞ」...と。

おマスクの上からでもその興奮した表情が伺えるほどの興奮っぷり... あ、これは本当にヤバイんだなぁ〜と。MATT BROWN、NANCY BUTTS、JIMMY BRASWELLももちろん凄い!

という訳で今年のGARY J. CAPE氏、かなり本気です。昨年のリリースの大人しさ、こういった鬼のリイシューの音源発掘〜権利獲得に時間をかけていたと考えれば、これ、頷ける訳でございます。

さぁ、心して待ちましょう!絶賛ご予約受付中!

祝!JAR-VAL&STONE皿CD化!度 ☆☆☆☆☆ | THOAMS BAILEYといえばFEDERAL盤は英KENTリイシュー度 ☆☆☆☆☆ | 快進撃!英GRAPEVINE度 ☆☆☆☆☆ | 2007年これからも期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:11:24Comments(5)TrackBack(0)

SLY & THE FAMILY STONE 全盛期オリジナル・アルバムの全曲リマスター&ボーナス・トラック再発いよいよ発売へ!

2007-02-19

6318.jpg 最初にインフォメーションされたのは2006年の7月。その少し前に企画されたトリビュート盤「DIFFERENT STROKES BY DIFFERENT FOLKS」の発売、衝撃のグラミー賞授賞式でのパフォーマンス(金髪モヒカン姿!)を経て、絶妙のタイミングかと思ったSLY & THE FAMILY STONEの全盛期オリジナル・アルバムの全曲リマスター&ボーナス・トラックを収録しての再発企画。

結局、その時は無期延期となり、これはもう出ないのかなぁ〜と諦めていましたが... 2007年春、いよいよ発売されそうです!ソウル界のみならず、リイシュー市場の歴史に残る大事件勃発であります!

当初インフォメーションされた内容と変更になった(まだその部分も未確定要素を含みますが)点は、まず全7タイトルが同時発売される事。そして新たに「THE COLLECTION: LIMITED EDITION BOX SET」という今回再発されるタイトル7枚を収めた限定BOXが発売される模様。こちらはジャケット写真もあがっているので、間違いなく出そうです。

さらに当初インフォメーションではオリジナル・アルバムとして捉えられ、初期3タイトルを同時に発売が案内された「THERE'S A RIOT GOIN' ON〜暴動」以前のベスト盤「GREATEST HITS」は、少し遅れて5月発売となるようである。そして仕様は全タイトルともデジパックのようだ。

さらに突っ込むとEU流通とUS流通の2パターンが存在するが、その違いは現段階では不明。さらには発売日も2パターンあったり(どうやら一部告知されている3月中の発売は延期された模様)... まだまだ未確定な部分は多いが、目を離さず追いかけてゆきましょう。

昨年のインフォメーション段階で収録されるボーナス・トラックの内容が明らかになったのは初期3タイトルのみでしたが、今回全タイトルの収録内容が明らかになったのでここでご紹介しましょう。

■「A WHOLE NEW THING」(EPIC/LEGACY / 90277)
1. Underdog
2. If This Room Could Talk
3. Run, Run, Run
4. Turn Me Loose
5. Let Me Hear It from You
6. Advice
7. I Cannot Make It
8. Trip to Your Heart
9. I Hate to Love Her
10. Bad Risk
11. That Kind of Person
12. Dog
13. Underdog (Single Version) - Bonus Track
14. Let Me Hear It from You (Single Version) - Bonus Track
15. Only One Way Out Of This Mess - Bonus Track
16. What Would I Do - Bonus Track
17. You Better Help Yourself - Bonus Track *Previously Unreleased

■「DANCE TO THE MUSIC」(EPIC/LEGACY / 90274)
1. Dance to the Music
2. Higher
3. I Ain't Got Nobody
4. Dance to the Medley: Music Is Alive/Dance in/Music Lover
5. Ride the Rhythm
6. Color Me True
7. Are You Ready?
8. Don't Burn Baby
9. I'll Never Fall in Love Again
10. Dance to the Music (Single Version) - Bonus Track
11. Higher (Single Version) - Bonus Track *Previously Unreleased
12. Soul Clappin' - Bonus Track
13. We Love All - Bonus Track *Previously Unreleased
14. I Can't Turn You Loose - Bonus Track *Previously Unreleased
15. Never Do Your Woman Wrong (Instrumental) - Bonus Track *Previously Unreleased

■「LIFE」(EPIC/LEGACY / 83945)
1. Dynamite!
2. Chicken
3. Plastic Jim
4. Fun
5. Into My Own Thing
6. Harmony
7. Life
8. Love City
9. I'm an Animal
10. M'Lady
11. Jane Is a Groupee
12. Dynamite! (Single Version) - Bonus Track
13. Seven More Days - Bonus Track *Previously Unreleased
14. Pressure - Bonus Track *Previously Unreleased
15. Sorrow - Bonus Track *Previously Unreleased

■「STAND!」(EPIC/LEGACY / 75912)
1. Stand!
2. Don't Call Me Nigger, Whitey
3. I Want to Take You Higher
4. Somebody's Watching You
5. Sing a Simple Song
6. Everyday People
7. Sex Machine
8. You Can Make It If You Try
9. Stand! (Single Version) - Bonus Track
10. I Want to Take You Higher (Single Version) - Bonus Track
11. You Can Make It If You Try (Unissued Single Version) - Bonus Track
12. Soul Clappin' II - Bonus Track *Previously Unreleased
13. My Brain (Zig-Zag) (Instrumental) - Bonus Track *Previously Unreleased

■「THERE'S A RIOT GOIN' ON」(EPIC/LEGACY / 75911) *写真
1. Luv N' Haight
2. Just Like a Baby
3. Poet
4. Family Affair
5. Africa Talks To You "The Asphalt Jungle"
6. There's A Riot Goin' On
7. Brave & Strong
8. (You Caught Me) Smilin'
9. Time
10. Spaced Cowboy
11. Runnin' Away
12. Thank You for Talkin' To Me Africa
13. Runnin' Away (Single Version) - Bonus Track
14. My Gorilla Is My Butler (Instrumental) - Bonus Track *Previously Unreleased
15. Do You Know What? (Instrumental) - Bonus Track *Previously Unreleased
16. That's Pretty Clean (Instrumental) - Bonus Track *Previously Unreleased

■「FRESH」(EPIC/LEGACY / 90275)
1. In Time
2. If You Want Me to Stay
3. Let Me Have It All
4. Frisky
5. Thankful N' Thoughtful
6. Skin I'm In
7. I Don't Know (Satisfaction)
8. Keep on Dancin'
9. Que Sera, Sera (Whatever Will Be, Will Be)
10. If It Were Left Up to Me
11. Babies Makin' Babies
12. Let Me Have It All (Alternate Mix) - Bonus Track *Previously Unreleased
13. Frisky (Alternate Mix) - Bonus Track *Previously Unreleased
14. Skin I'm In (Alternate Mix) - Bonus Track *Previously Unreleased
15. Keep on Dancin' (Alternate Mix) - Bonus Track *Previously Unreleased
16. Babies Makin' Babies (Alternate Version) - Bonus Track *Previously Unreleased

■「SMALL TALK」(EPIC/LEGACY / 704540)
1. Small Talk
2. Say You Will
3. Mother Beautiful
4. Time For Livin'
5. Can't Strain My Brain
6. Loose Booty
7. Holdin' On
8. Wishful Thinkin'
9. Better Thee Than Me
10. Livin' While I'm Livin'
11. This Is Love
12. Crossword Puzzle (Early Version) - Bonus Track *Previously Unreleased
13. Time For Livin' (Alternate Version) - Bonus Track *Previously Unreleased
14. Loose Booty (Alternate Version) - Bonus Track *Previously Unreleased
15. Positive (Instrumental) - Bonus Track *Previously Unreleased

■「THE COLLECTION: LIMITED EDITION BOX SET」(EPIC/LEGACY / 704540) *7CD Box Set
・Limited Edition (Containing All 7 Deluxe Reissues)
・One Time Solicitation (When There's A Riot Goin' On)
・7 Classic Albums(Remasterd For Incredible Sound)
・Previously Unreleased Bonus Tracks
・Restored Art

もうこの収録内容を見るだけでも興奮を隠せない。じっくりと時間をかけて、いい仕事してくれましたね。さらに噂では日本盤の発売はな、なんと紙ジャケットでの発売が企画されているとの情報も!これは大変なことになって参りました...

後は本当に発売されるのを待つばかりであります。最新情報入り次第、追ってご連絡をいたします!

永遠の名盤度 ☆☆☆☆☆ | 話題騒然度 ☆☆☆☆☆ | リマスター&ボナトラで最高の仕事っぷり度 ☆☆☆☆☆ | 国内盤紙ジャケ発売も期待大!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:01:21Comments(0)TrackBack(1)

LLOYD / STREET LOVE 元N-TOONのお子ちゃまもこんなに立派な男になりました。話題の新作セカンド!

2007-02-18

6317.jpg LLOYD / STREET LOVE (UNIVERSAL)

ちょっとしゃくれた顎が印象的な"タトゥの似合うワイルド・ボーイ"へと成長を遂げたLLOYDクンの新作がインフォメーション。

すでにヒット中のシングルSPANDAU BALLET"TRUE"使いの哀愁ソング"YOU"(リミックスはOUTKASTのANDRE3000とNASをフィーチャー!)、そしていよいよお蔵入りが濃厚となってきたJOHNTA AUSTINのペンによる楽曲など、話題騒然の内容である。

全体的に哀愁〜80'Sへのレイドバック感漂う楽曲が多いか?いや、まぁこれが今の流行なんでしょう。歌そのものはこんなもんでしょうが、兎に角、音が旬。ボーボーに伸びきった髪の毛(ロンゲ)とともにぜひチェックを。

オフィシャルHP
オフィシャルmyspace

イイ男度 ☆☆☆☆ | 髪ボーボー度 ☆☆☆☆☆ | 現在のアメリカの黒人の若者って...こんな容姿なんですかね?度 ☆☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:26:15Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / SOUL RESURRECTION VOL.1 FROM DEEP INSIDE THE PLAYGROUND VAULT バーミンガムに続くはマイアミ・ソウル未発表曲集!

2007-02-17

6303.jpg V.A. / SOUL RESURRECTION VOL.1: FROM DEEP INSIDE THE PLAYGROUND VAULT (SOUTHERN AMERICANA MUSIC)

ここ数年のNUMEROSHAKE ITNOW-AGAINSOUL-TAY-SHUSといった、より深く音を探求(Diggin')するレーベルによる発掘音源には驚かされるばかりである。

昨年の暮れに発売されディープ・ソウル・ファンを圧倒した「THE BIRMINGHAM SOUND: THE SOUL OF NEAL HEMPHILL VOL.1」RABBIT FACTORY)という衝撃作品のリリースにより、往年のソウル・ファンの注目も俄然高くなっている。そんな状況の中、アメリカのリイシュー事情の中からまた新たなディープな作品が届けられた。それがこの「SOUL RESURRECTION VOL.1: FROM DEEP INSIDE THE PLAYGROUND VAULT」である!

時は60年代後半のフロリダ。FINLEY DUNCANにより1969年に設立されたレコーディング・スタジオ"PLAYGROUND RECORDING STUDIO"。ナッシュビルにスタジオを持つSHELBY SINGLETONとともに、様々な録音が行われた。そんな"PLAYGROUND RECORDING STUDIO"から数十年の時を経て発掘された未発表音源集を収めたのがこの作品なのであります。

収録内容
1. Bad Habit Baby - Reuben Howell
2. I'll Keep On Loving You - Doris Allen
3. No Need To Worry - Reuben Howell
4. So Good To Be Together - John Hamilton And Doris Allen
5. No Way To Stop It - Jimmy Gresham
6. Watch Yo Step - Jimmie Nelson
7. I'll Keep On Lovin You - Big John Hamilton
8. The Funky Muscle - Count Willie With Leroy And Dukes
9. Everybody's Clown - Len Wade
10. Chasin A Rainbow - Jimmy Gresham
11. Leroy's Blues - Leroy Lloyd And The Dukes
12. How Can I Prove - Reuben Howell
13. Sang This Song - Johnny Soul
14. Heavy In My Mind - Doris Allen
15. Missin Piece Of Me - Johnny Lee Hamilton
16. Disco Nights - Count Willie With Leroy And The Dukes
17. Sundown - Leroy Lloyd & The Swingin' Dukes w/Cigarette Jones On Sax
18. Love Comes & Goes - Len Wade
19. Just Call Me Darling - Reuben Howell
20. The Worm Song - Leroy Lloyd & The Swingin' Dukes

もちろんシングル・オンリーのマイナー・シンガーたちばかりであるが、もう名前を見るだけでサザン〜ディープ・ソウル・ファンは歓喜である。ディープ・ソウル・ファンには抜群の人気を持つCOUTN WILLIE、SSS INTERNATIONAL〜MINALETのシングルで有名なDORIS ALLEN、そして昨年SUNDAZEDより単独あるばむCDリイシュー化されたばかりのBIG JOHN HAMILTON他... こんな録音が残されているなんて!

成功を夢見て、数多く生まれた南部のスタジオ。そしてそこで奏でられた音から感じられるのはソウル・ミュージックへの溢れる愛情である。大きく光り輝いたサザン・ソウルを支えたのはこんなマイナーなスタジオであったり、シンガーであったのであろう。このまま埋もれてしまわなかったことに心から感謝したい。

3月上旬入荷予定。ご予約受付中!

2007年サザン〜ディープ・ソウル・ブーム再熱度 ☆☆☆☆☆ | レーベルは新鋭SOUTHERN AMERICANA MUSIC度 ☆☆☆☆☆ | 未発表度 ☆☆☆☆☆ | 続編へさらに高まる期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:22:07Comments(0)TrackBack(0)

HERMON HITSON / YOU ARE TOO MUCH FOR THE HUMAN HEART ハード"枯れ"ディープ・シンガー列伝!なんとまさかの新作情報が!

2007-02-16

6289.jpg 2005年リイシュー大賞を受賞(当社比)したSOUL-TAY-SHUSからのリイシューCD「YOU ARE TOO MUCH FOR THE HUMAN HEART: RARE & UNRELEASED GEORGIA SOUL 1961-1976」で広く知られることとなったグレイト・ディープ・シンガーHERMON HITSON。何故今頃紹介を?その答えは英国ソウル雑誌「IN THE BASEMENT」最新号#45 FEBRUARY-APRIL 2007をご覧頂くとしまして...

何が凄いってこのCD、彼の代表作であるディープ・サザン・ソウル仕立ての名曲ACTO盤"You Are Too Much for the Human Heart"(なんとオリジナル・ヴァージョンに加え未発表ヴァージョンまでも収録!)をはじめとするシングルをほぼ網羅。さらには6曲の完全未発表曲を収録!という鬼のような仕事をしてしまっているのであります。

収録内容
1. You Are Too Much For The Human Heart *未発表ヴァージョン
2. I Got That Will
3. Show Me Some Sign
4. Yes You Did
5. Bad Girl
6. Don't Take Your Love *未発表
7. Georgia Grind
8. Why Is It Taking So Long *未発表
9. Walking In The Park
10. Where Can I Find My Baby
11. You Can't Keep A Good Man Down
12. Ain't No Other Way
13. Please *未発表
14. Tired Of Tryin' (To Make You Love Me) *未発表
15. Love Slipped Through My Fingers *未発表
16. Been So Long
17. Sweeter *未発表
18. Ayana
19. A Dream I Had (I Love Her)
20. Laughin
21. You Are Too Much For The Human Heart

一歩間違えれば下手と呼ばれても仕方ないないであろう、その勢いと熱の篭ったディープでハードなシャウトっぷり。これぞディープ・ソウル。そんな彼の魅力すべてを伝えてくれるこのCDのリイシューされた価値はひじょうに大きく、まさに快挙なのでありました。

さて、そんなこのCDのライナー・ノーツ。なんと2004年の彼の写真が挿入されているのをご存知でしょうか?少し肥えた近所の気のイイおっさんと化した彼の姿。いやぁ実にいい顔。この顔こそリアル・ディープである。そう...この時点でしっかりと彼の近況を調べておくべきでしたのです...猛省。やはり我慢できません。お伝えいたします。

驚くなかれ!そのHERMON HITSONの新作が発売されています!!

・HERMON HITSON / YESTERDAY, TODAY & TOMORROW (SWEET ROSE EXPRESS/'06)

某所にて数曲聴きましたが、いやぁまだまだディープっぷり健在!現在、急いでコンタクト中でございます。

詳細わかり次第、さらに続報にてご報告をお楽しみに!

ハード"枯れ"ディープ・シンガー度 ☆☆☆☆☆ | ジョージア度 ☆☆☆☆☆ | DON BRYANTの未発表やらで快挙連続!SOUL-TAY-SHUS度 ☆☆☆☆☆ | 驚愕の新作期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:32:42Comments(0)TrackBack(0)

マージー・ジョセフ / マージー・ジョセフ, スウィート・サレンダー, マージー 70年代アトランティック名作3タイトル世界初CD化!

2007-02-15

6285.jpg 70年代のソウル...そう、それはまさしく"新しきソウルの光と道"(DONNY HATHAWAY名作「EVERYTHING IS EVERYTHING」の邦題)であった。

そんな時代の真っ只中、ヴォルト(VOLT)で2枚のLPをリリースした淑女MARGIE JOSEPHが新たな挑戦として、今年創立60周年を迎えるアトランティックへ移籍しリリースされた3枚がヴィヴィド・サウンドより世界初CD化されました。

昨年の暮れに創始者であったAHMET ERTEGUNが亡くなり、そんな最中に迎えたアトランティックの創立60周年。これ股、絶妙なタイミングでのCD化でしょう。アレサCD化といい、流石の仕事っぷりでございますヴィヴィド・サウンド。

マージー・ジョセフ / マージー・ジョセフ (VSCD-320)
マージー・ジョセフ / スウィート・サレンダー (VSCD-321)
マージー・ジョセフ / マージー (VSCD-322)

彼女の事を語る上で欠かせない存在、名プロデューサーARIF MARDIN。彼の思い入れも相当強かったのであろう。後にこの時代の功績により、名プレイヤーとして絶対的な地位を得るミュージシャンたちの演奏も聴きどころ満点。CORNELL DUPREE、JERRY JEMMOTT、RICHARD TEE、BERNARD PURDIECHUCK RAINEY... 恐るべしな力の入れ様である。

そんなアトランティック関連。2007年はしばらくソウル・ファンには嬉しい盛り上がりが続きそうですが、このような世界初CD化が次々と続くなんてことになったら...そりゃぁもぅ、嬉しいんですがねぇ。

祝!世界初CD化(紙ジャケ)度 ☆☆☆☆☆ | セクシーな太腿にドキーッ度 ☆☆☆☆ | 名曲カヴァー多し度 ☆☆☆☆☆ | アトランティック関連リイシュー期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:32:57Comments(0)TrackBack(0)

GERALD LEVERT / IN MY SONGS ラスト・アルバム発売。生前の彼の裸の歌が溢れた泪のディープ・ヴォーカル・アルバム!

2007-02-14

6273.jpg GERALD LEVERT / IN MY SONGS (ATLANTIC)

まずひとつ。感情移入抜きには正直聴けないアルバムである。

昨年11月10日に40歳という若さで急逝したGERALD LEVERTが亡くなる前まで録音していたとかねてから噂されていたニュー・アルバムにして、ラスト・アルバムがついに発売となった。

ライナー・ノーツには父EDDIE LEVERT、母、弟からの贈る言葉、裏ジャケットは幼少の頃の写真...純粋なニュー・アルバムがこういった"追悼"的意味合いを持つケースも稀である。本当に若すぎる急逝...なんです...

収録内容
1. What Cha Think About That
2. To My Head
3. Wanna Get Up With You
4. Sweeter
5. Hang In There
6. Fall Back
7. Deep As It Goes
8. DJ Don't
9. M'Lady
10. In My Songs
11. I Don't Get Down Like That
12. Is This The Way To Heaven

最後の曲が"Is This The Way To Heaven"だなんて... ね。
心よりご冥福をお祈りいたします。

オフィシャル HP

楽曲粒揃い度 ☆☆☆☆ | 荒さ度 ☆☆☆☆ | 迫る歌声度 ☆☆☆☆☆ | ラスト度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:40:44Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / SISTER FUNK 2: THE SOUND OF THE UNKNOWN SOUL SISTERS JAZZMANからの新作はBBEの「SISTER FUNK」続編!

2007-02-13

6258.jpg V.A. / SISTER FUNK 2: THE SOUND OF THE UNKNOWN SOUL SISTERS (JAZZMAN)

ディープなソウル・ファンも文句無しに喜べるCD化であった「GOOD THINGS: THE STORY OF SAADIA RECORDS」「FLORIDA FUNK」番外編SAADIA RECORDS集)を発売したばかりのJAZZMANから新たなインフォメーション。あのBBEから発売されたIAN WRIGHT選曲による「SISTER FUNK」の第2弾が、レーベルを越えてJAZZMANから発売されます。

IAN WRIGHTって誰な方にはぜひコチラのmyspaceをチェックして頂くとしまして。そう、イイ男なんですよね〜。そしてイイ男には、イイ女が似合う。というワケで...「SISTER FUNK」。その全貌をチェキ!

収録内容
1. You're Doing It With Her - Rhetta Hughes
2. Love Addict - Honey & Bees
3. Sweet Sweet Baby - Dolly Gilmore
4. What I Did In The Street - Barbara King
5. Follow The Wind - Coletta Woodson
6. Watch The Dog - Sandy Gaye
7. The Queen - Big Ella
8. Baby You're A Jive Cat - Sheila Wilkerson
9. A Woman Was Made For A Man - Richi Corbin Trio
10. Heartbreak Hotel - Barbara Trent
11. Take Me Baby - Altha Spencer
12. It's Not Too Late - Cheryl Johnson
13. I Don't Want Your Love - Barbara Howard
14. Whatcha Need - Leon Mitchson
15. If You Want Your Man - Cheryl Dorsey
16. Muddy Waters - Fabulettes
17. The Dance Man - Keisha Brown
18. You Better Stop It - Barbara Mason
19. Since I Was A Little Girl - Hard Drivers
20. Love Came Into My Life - Florence Trapp

う〜ん、女好きには堪らない内容ですなぁ〜。艶やかでいてファンキーなレディ・シャウト。そしてタイトなサウンド。収録曲を見ていると、シスター・ファンクにはどうも"Barbara"って名前が似合うらしい...

グッゴー!絶賛ご予約受付中!

レディ・ディープ・ファンク!度 ☆☆☆☆☆ | 女嫌いにもキク〜度 ☆☆☆☆☆ | 60'Sから70'Sまで度 ☆☆☆☆ | 2007年JAZZMANの仕事っぷり期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:55:57Comments(0)TrackBack(1)

V.A. / BOOGIE TIMES PRESENTS THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC VOL.5 2007年初!祝!第5弾はジャケット一新!

2007-02-12

6256.jpg V.A. / BOOGIE TIMES PRESENTS THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC VOL.5 (BOOGIE TIMES)

果たして80'S再発シーンは今、どこへ向かおうとしているのか?その先駆的存在である仏BOOGIE TIMESはその先を見据えているのか?

その答えはすべてここに。2007年の第1弾、シリーズ第5弾となる「BOOGIE TIMES PRESENTS THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC VOL.5」の発売がインフォメーションされました。収録内容は発売まで極秘...とのこと。う〜ん、焦らされてます...

昨日入荷し、当ブログでも紹介しようと思った矢先に即、完売した「FUNK 80 - ONLY THE BEST RARE TRACKS」といった新鋭の登場もあったり、2007年も続きそうな80'S再発。もう、何があっても驚かなくなってしまったこの鈍った感覚を拭い去り、曇りなき眼で見定められるか...

ご予約受付中!

加速80'S熱度 ☆☆☆☆ | 45'Sまでにおよぶ深度 ☆☆☆☆☆ | 業・欲求度 ☆☆☆☆☆ | 国内アルバム単体再発も期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 12:52:43Comments(0)TrackBack(0)

MUSIQ SOULCHILD / LUVANMUSIQ ATLANTIC移籍第1弾新作!ソウルの申し子の新たな挑戦がはじまる!

2007-02-10

6252.jpg MUSIQ SOULCHILD / LUVANMUSIQ (ATLANTIC)

昨日お伝えしました期待のサントラ「TYLER PERRY'S DADDY'S LITTLE GIRLS」JAHEIMANTHONY HAMILTONとのコラボレーションを披露するMUSIQ SOULCHILDの新作もついにインフォメーションです。

ネオ・フィリーの旗手としてデビューしたのが2000年。シンガー〜アーティストとしての新境地を開くことができるか。アルバムからのファースト・カット・シングル"Buddy"はご存知ダンクラ名曲TAANA GARDNERの"Heartbeat"使いのゴキゲンなソウルフル・ナムバー。この楽曲だけで熱いモノが込み上がってきます。

収録予定
1. Buddy
2. Ms.Philadelphia
3. Teach Me
4. Betterman
5. Thequestions
6. Today
7. Makeyouhappy
8. Ridiculous
9. Millionaire
10. Takeyouthere
11. Lullaby
12. Greatestlove

2曲目なんて曲名だけでグッとキマす。3/13発売予定。ドーんと売れて、昨年までの停滞したメジャー・シーンの流れを一掃してくれるか!?

オフィシャル myspace
オフィシャルHP

いよいろ今年のメジャー物も徐々に動き始めましたね。大御所もイイですけど、やっぱり新たな新人発掘に期待したいところであります。期待の新人さんをmyspaceで聴くだけなんてもぅ沢山ですから!

新境地度 ☆☆☆☆ | ネオ・フィリー度 ☆☆☆☆☆ | ニュー・ソウル度 ☆☆☆☆☆ | 2007年メジャー・シーンへ期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 20:58:52Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / STAX 50: A 50TH ANNIVERSARY CELEBRATION スタックス創立50周年間近!関連作品続々登場の予感!

2007-02-09

6238.jpg V.A. / STAX 50: A 50TH ANNIVERSARY CELEBRATION (STAX/ユニバーサル)

昨日お伝えしましたJOHNNIE TAYLORの未発表ライヴ音源「LIVE AT THE SUMMIT CLUB 1973」の発売により、スタックス50周年が盛り上がるのでは!? と予測してみましたが、やはり出そうですスタックス関連作品。このJOHNNIE TAYLORに続きインフォメーションされたのはこちらの「STAX 50: A 50TH ANNIVERSARY CELEBRATION」というスタックス音源ベスト集である。

こちらは国内盤も発売の案内がされたということは、嗚呼JOHNNIE TAYLORは国内盤なしですかね...無念。さぁその気になる収録曲は?

収録内容
disc.1
1. Gee Whiz (Look At His Eyes) - Carla Thomas
2. Last Night - The Mar-Keys
3. You Don't Miss Your Water - William Bell
4. Green Onions - Booker T And The MG's
5. Walking The Dog - Rufus Thomas
6. I've Been Loving You Too Long (To Stop Now) - Otis Redding
7. Candy - The Astors
8. Respect - Otis Redding
9. You Don't Know Like I Know - Sam & Dave
10. I Want Someone - The Mad Lads
11. Hold On I'm Coming - Sam & Dave
12. Let Me Be Good To You - Carla Thomas
13. Your Good Thing (Is About To End) - Mable John
14. Knock On Wood - Eddie Floyd
15. B-A-B-Y - Carla Thomas
16. Tramp - Otis Redding
17. Soul Finger - Bar-Kays
18. Born Under A Bad Sign - Albert King
19. Soul Man - Sam & Dave
20. (Sittin' On) The Dock Of The Bay - Otis Redding
21. I Got A Sure Thing - Ollie & The Nightingales
22. Soul Limbo - Booker T And The MG's
23. I've Never Found A Girl (To Love Me Like You Do) - Eddie Floyd
24. What A Man - Linda Lyndell
25. Private Number - William Bell,Judy Clay
26. Who's Making Love - Johnnie Taylor
27. I Forgot To Be Your Lover - William Bell
28. I Like What You're Doing (To Me) - Carla Thomas

disc.2
1. Time Is Tight - Booker T And The MG's
2. So I Can Love You - The Emotions
3. Walk On By - Isaac Hayes
4. Do The Funky Chicken - Rufus Thomas
5. Jody's Got Your Girl And Gone - Johnnie Taylor
6. Mr. Big Stuff - Jean Knight
7. Never Can Say Goodbye - Isaac Hayes
8. Whatcha See Is Whatcha Get - The Dramatics
9. Respect Yourself - The Staple Singers 
10. Theme From Shaft - Isaac Hayes
11. Son Of Shaft-The Bar-Kays
12. That's What Love Will Make You Do - Little Milton
13. I've Been Lonely (For So Long)-Frederick Knight
14. Hearsay - The Soul Children
15. In The Rain - The Dramatics
16. I'll Take You There - The Staple Singers
17. Starting All Over Again - Mel & Tim
18. Dedicated To The One I Love - Temprees
19. If You're Ready (Come Go With Me) - The Staple Singers
20. Cheaper To Keep Her - Johnnie Taylor
21. I'll Be The Other Woman - The Soul Children
22. Woman To Woman - Shirley Brown

ザッと見たところ未発表などはなく、名曲集といった趣。しかし選曲がかつてのヒット曲ズラリではないところがちょっと嬉しい。そして68年までのアトランティック期、そしてそれ以降の音源もまとめて収録されているという事。これは嬉しい。

OTIS REDDINGSAM & DAVESOUL CHILDRENDRAMATICSらが並ぶベスト盤の発売は、40周年の際に発売された4枚組「THE STAX STORY」以来か。 兎に角、嬉しい限りであります。

実はこの後にもスタックス関連で嬉しいニュースがあります。そうです、ご存知のあの歴史的ソウル・ボックス「コンプリート・スタックス/ヴォルト・シングルズ 1959-1968」が40周年の際に再発されて以来、10年ぶりに限定再発されることが決定!発売は4/25。ご予約は2/25より受け付けとなります。こちらも乞うご期待!

2007年はアトランティックとスタックス祭!度 ☆☆☆☆☆ | ソウル・ミュージックの原点をもう一度 ☆☆☆☆☆ | 関連作品発売期待度 ☆☆☆☆☆ | もしかして紙ジャケ化なんてことも!? 大期待!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 13:40:02Comments(0)TrackBack(0)

ANTHONY HAMILTON / SOUTHERN COMFORT 突如インフォメーションされた謎の新作!? インディ発!?

2007-02-08

6237.jpg ANTHONY HAMILTON / SOUTHERN COMFORT (MRV)

不屈の男、ANTHONY HAMILTONが移籍した模様である。なんとインディのようだ。

昨日お伝えしました期待のサントラ「TYLER PERRY'S DADDY'S LITTLE GIRLS」JAHEIM、そしてMUSIQとのコラボレーションが収録されていることから、ひょっとしたらATLANTICか?なんて思いましたが、マイナーとは。しかしこれ、まだ正式にリリースされるのか微妙なんですよね。

インフォメーションされたのはUSの大手ディストリビューターから。前作リリースのSO SO DEFZOMBA傘下)のオフィシャル・サイトはまだ存在しているし、そこにはこの新作について何も記載はない。そして今やリリース前のプロモーションの場として利用されることの多くなったmyspaceにも記載は皆無...

と、思ったら!違うURLでこのアルバムについて記載したmyspaceが存在していた形跡が!しかし、今はもう削除され、キャッシュも消えてしまっている... う〜ん、これは、出なそうな雰囲気ですねぇ。

収録内容
1. They Don't Know
2. Magnolia's Room
3. Why
4. Don't Say What You Won't Do
5. Glad U Called
6. Fallin In Love Again
7. Trouble
8. Never Give Up
9. Better Love
10. Please
11. Sailin Away

4/3発売で案内されているが、かなり微妙です。続報を待ちましょう。

リリース前のスッタモンダ度 ☆☆☆☆☆ | 祝!新作度 ☆☆☆☆☆ | まさかインディとは...度 ☆☆☆☆ | 出るか期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 22:26:06Comments(2)TrackBack(1)

VIP / THA LADIES' EDITION 02年デビュー作「ALL ACCESS」から音沙汰のなかった彼らの新作!? インディソウル列伝 No.107

2007-02-07

6228.jpg VIP / THA LADIES' EDITION (LYTZ OUTT)

02年のデビュー・アルバム「ALL ACCESS」でインディ・ファンを虜にしたアトランタの好グループVIPのセカンド・アルバムと思わしきアルバムが先日到着。これが股、怪しい代物なのでやんす...

その"思わしき"という理由はまず1曲目が前作にも収録された楽曲であること。まぁこれはよくある話でございますが、さらに怪しいのはジャケットやライナーの記述である。兎に角...書かれていることが少なすぎる。タイプライター的な書体で曲名、作曲者、Publishingのみが書かれたライナー。そしてグループ写真も02年当時の写真しか使われていない。一体、どういう出所から出たのだろうか...ファースト・アルバムの未発表曲集のような雰囲気も漂わせるこのアルバム...

しかし!これが股、凄い良い出来なのであります!

世間的には地味なスロウ・ナンバーの連続(ほぼ全曲スロウ〜ミッド・スロウ)ですが、これがソウル・ファン〜歌モノ好きには見事にストライク!いやぁ〜サウンドがシンプル&地味なだけに歌をトコトン堪能できるこの内容。この地味さ、本当に未発表かも...と恐るゝサイトをチェックすると...

おぉ〜新作みたいです。

オフィシャル myspace

新しい写真くらい撮ればいいのに... 地道な活動、応援しましょう!

祝!セカンド度 ☆☆☆☆☆ | 地味楽曲度 ☆☆☆☆☆ | BUT歌を堪能度 ☆☆☆☆☆ | 次作ではニュー写真期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 20:33:35Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / ECCENTRIC SOUL: TWINIGHT'S LUNAR ROTATION 米国ソウル再発シーンの中心的存在となったNUMEROからの新作はTWINIGHT音源集!

2007-02-06

6222.jpg V.A. / ECCENTRIC SOUL: TWINIGHT'S LUNAR ROTATION (NUMERO)

レーベル創設から早2年が経過するも、俄然クオリティの落ちる心配はご無用な米NUMERO。同趣向レーベルとしてNUMEROよりも数年前に創設されたSTONES THROW傘下のNOW-AGAINは100%ファンク絡みの音源ディグであるのに対し、NUMEROはそれを踏まえた上で、さらに突き進めたソウル路線を展開してくれているのが、何よりも彼らを応援する所存。

その"ソウルを深く探求する"という、かつてのアメリカ人は持たなかったであろうその信念は、他のアメリカのマイナー・レーベル、もしくはこれからレーベルを立ち上げようとする者たちに対して、大きな影響、そして確かな自信を与えてくれているに違いない。今後も彼らの存在がUSリイシュー市場をさらに活性化させてくれることを願うばかりである。

そんなNUMEROの中核をなすシリーズ「ECCENTRIC SOUL」の最新作がインフォメーションされました。どうやら今年もやってくれそうです。

This is the Big Dig, the Tutankamen of R&B: Twinight. After two years of interviews, cold calls, storage spaces, half truths, unknowns, and dead ends, we've finally completed a large piece of Chicago's secret soul history. Eccentric Soul: Twinight's Lunar Rotation takes a look beyond their hit maker Syl Johnson, and instead focuses on the records that never had a shot at the charts. It's the story of struggling disc jockeys moonlighting as producers, high school talent show winners, major label cast offs, minor label upgrades, girlfriends with decent voices, and master purchases traded for chart position.

It happened after midnight, and it happened right here in our backyard. Comprising 40 tracks in all by 22 artists, among them Renaldo Domino, Dynamic Tints, Annette Poindexter, Nate Evans, Radiants, Notations, Mystiques, Kaldirons, Perfections, Mist, Harrison & The Majestic Kind, Schiller Street Gang, Velma Perkins, Jimmy Jones, Sidney Pinchback, Stormy, Johnny Williams, Elvin Spencer and Pieces Of Peace. this comprehensive two CD set includes a complete label history, a bakers dozen of unpublished photos and three unreleased tracks, including two that were only rumored to exist.

つい先日やっとの思いで入荷したSYL JOHNSONのTWINIGHT音源集2タイトルの興奮も冷め遣らぬ中、なんとNUMEROからTWINIGHT音源集がリリースされます。しかも2枚組、全40曲。収録アーティストは上記のとおり。気になるところではNOTATIONS、DYNAMIC TINTS、MYSTIQUES、おぉELVIN SPENCERまでも!

これは期待せずにはいられません!絶賛ご予約受付中!

米国再発旗手度 ☆☆☆☆☆ | クオリティ度 ☆☆☆☆☆ | 丁寧な仕事度 ☆☆☆☆☆ | 2007年もNUMERO期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 22:04:58Comments(2)TrackBack(0)

訃報 BILLY HENDERSON (SPINNERS) 1939-2007

2007-02-05

6205.jpg 「アトランティック1500」により名作3作品が国内CDリリースされたばかりのSPINNERSのオリジナル・メンバーであったBILLY HENDERSONが亡くなった。享年67歳。

最新のグループ映像などには彼の姿はなく、すでに数年前からグループを離れ、活動は休止していた模様。

心よりご冥福をお祈りいたします。

・黒汁通信バック・ナンバー 「SPINNERS / IN CONCERT スピナーズのメムバー事情〜DVD詳細追加報告」
・黒汁通信バック・ナンバー 「SPINNERS / IN CONCERT ソウル・ヴォーカル・グループ重鎮スピナーズの初ライヴDVDが発売」

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 13:33:11Comments(2)TrackBack(0)

J.B. / LIVE... LOVE... LIFE... THE TRIPLE L ALBUM その名もズバリなJ.B.!本名JAMES BROWN! インディソウル列伝 No.106

2007-02-03

6198.jpg J.B. / LIVE... LOVE... LIFE... THE TRIPLE L ALBUM (Pヴァイン/MELL SOUNDZ)

R.I.P."ゴッドファーザー・オブ・ソウル"JAMES BROWNと同じ名を持つシンガーがデビューを飾った。これ股、嘘のようなタイミングである。こういった星の元に生まれた男、J.B.(本名JAMES BROWN)には何かを感じずにはいられない。

サウスの嵐吹き荒れるアトランタをベースに活動する彼。5歳から教会の聖歌隊に入り、間もなくピアノを習得。学生時代は一通りの楽器はこなせるようになった逸材。卒業後KRS ONEとツアーを回っていたラッパーPHYRST BORNを擁するMELLOSOUNDZというプロダクションと契約し、リリースされたのが本作である。

そしてこのたび彼を日本に紹介するのはあのPヴァイン!メジャーR&Bリリースの激減、インディ・ソウル〜R&Bというアメリカでの主流となりつつある状況を許せぬ!とばかりに紹介してくれるその仕事っぷりは大評価である。

さて肝心の彼J.B.である。さっそくその歌声を聴いて頂くのが早いだろう。

J.B.オフィシャル・ページ
J.B. myspaceページ

この歌声、只者ではあるまい。JOHNNY GILLLUTHERJAHEIM?そんな歴代の名シンガー達を彷彿とさせるその歌声。いや、ズバリその"喉"というべきか。シンガーとしての力量はたしかにまだまだこれからであるが、この喉。今後も期待をせざるを得ない。

こうやって日本で紹介されるインディ・シンガー。ひとりひとりにそのエピソードがあり、その人生がある。ヒップホップ〜RAP全盛のこのご時世に歌うことを選んだ男達。もっと多くのシンガー達をここ日本へ紹介できるよう、Pヴァインさん共々、我らも頑張らねばいかんと心に誓うのであった。

R.I.P. J.B.度 ☆☆☆☆ | ガラガラ喉度 ☆☆☆☆☆ | シンガーとしての成長に期待度 ☆☆☆☆ | 2007年インディ・ソウル/R&B期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 20:50:48Comments(0)TrackBack(0)

ATTATUDE / A LONG TIME COMING 90年代グループ隆盛期を彷彿とさせる正統派登場! インディソウル列伝 No.105

2007-02-02

6184.jpg ATTATUDE / A LONG TIME COMING (ATTATUDE)

ジャケット写真の雰囲気で「コレは!」と思うアーティストがいる。特にグループでメンバーが何気なく写っているだけでも画になるというか、その佇まいだけでそのグループの性格まで伝わってくるような存在感を発しているとでも言うような。このATTATUDEはまさにそんなグループ。

そしてそんなグループは音の方も期待を裏切ることなんて無い。90年代グループの良い所どりしたバウンシーなミッド・ナンバー。奇をてらうことない真っ正直なメロディを、荒削りを感じさせながら分厚いハモニーでしっかりと聴かせるスロウ。そして随所に挟み込まれる擬音とセクシーなセリフに彩られたトラック等々... 2007年は素晴らしいグループに沢山出会えそうな予感を抱かずにはいられない、そんなグループATTATUDEのデビュー・アルバムだ。

出身はイリノイ州。ウィンディ・シティの風がこちら側にまで吹いてくるようなアルバムだといったら大袈裟だろうか。すでにオープニング・アクトとして地元のヒーローCHI-LITES、やはりシカゴが生んだ90年代の名グループPUBLIC ANNOUNCEMENT、そしてフィリーの大御所HAROLD MELVIN & BLUE NOTES、等のステージでの経験がある。大半を占めるグッド・スロウは、そのようなキャリアに疑いを持つ気など微塵もおきない素晴らしいナンバー達だ。

ゴスペルのしっかりとした下地もあるのだろう、洗練されつつも微妙なラフさがグループ・ファンにとってはたまらない魅力に聴こえるのではないだろうか。セリフに導かれながらの美しいハーモニーが琴線に触れる(5)、アコースティック・ギター一本のトラックでほぼアカペラ状態の歌唱がこのグループの底力を思い知らせてくれる(6)、夢見心地なファルセット・リードで一気にリスナーの世界を拡げるであろう(8)等スロウに関しては尽きることの無い形容詞を並べることができる。

そしてこのグループの質を高め、90年代のグループ黄金期を思い起こさせてくれる要因の一つがバウンシーなミッド・ナンバーだ。昨今のグループにしては珍しいほどのクオリティの高いそのような曲等は(2)(7)(9)など数曲あり、甘さ一辺倒ではない骨太さも多方面のリスナーに受け入れられる要因になるだろう。

複数のリード・シンガーを持ちながらもそれぞれが高い能力を遺憾なく発揮している、まさにR&Bグループの理想形の一つといってもいいだろう。昨年度は頻繁にステージ活動も行い、その実力をさらに磨き上げた上でのこのアルバムだ。今後は来日ステージも夢ではない、そんな可能性をも感じさせてくれるグループであることは間違いない。今年度の初頭を飾るにふさわしいグッド・グループです。

by 卸部S氏 絶賛ご予約受付中!

正統派度 ☆☆☆☆☆ | シカゴの奥深さ計り知れず度 ☆☆☆☆☆ | ジャケット魅力的度 ☆☆☆☆ | 2007年グループ期待!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 08:07:02Comments(2)TrackBack(0)

OST / TYLER PERRY'S DADDY'S LITTLE GIRLS WHITNEY復帰、R.KELLY新曲、元XSCAPE〜元TRANSITIONSまで話題必至のサントラ!

2007-02-01

6177.jpg OST / TYLER PERRY'S DADDY'S LITTLE GIRLS (ATLANTIC)

タイラー・ペリーの新作映画サントラ「TYLER PERRY'S DADDY'S LITTLE GIRLS」がインフォメーションされて数日、忙しくて収録曲をチェックできていませんでしたが... すでにネット各所では話題騒然!本当だ!こりゃぁ大変!マスコミ的な話題としてはWHITNEY HOUSTONの復帰作となるCISSYとのHOUSTON姉妹&DIONNE WARWICKの"Family First"でしょうが、いやいや、ソウル・ファンには他に凄いのがドバッとあります。

収録内容
1. Struggle No More (The Main Event) - Anthony Hamilton / Jaheim / Musiq Soulchild
2. Don't Let Go - R. Kelly
3. Greatest Gift - Tamika Scott (ex.Xscape)
4. Brown Eyed Blues - Adrian Hood
5. Family First - Whitney Houston / Cissy Houston / Dionne Warwick
6. Step Aside - Yolanda Adams
7. I Believe - Brian McKnight
8. Daddy - Beyonce
9. Struggle No More - Anthony Hamilton
10. Blood Sweat & Tears - Governor
11. A Change Is Gonna Come - Charles "Gator" Moore (ex.Transitions)

まずは冒頭のANTHONY HAMILTONJAHEIMMUSIQ SOULCHILDの"現メジャー界のソウル3兄弟"による(1)は楽曲の良さもあり3人のソウル魂が迸る傑作。はっきり言ってこの1曲で買い決定。MUSIQ SOULCHILDはATLANTICへ移籍しての第1弾アルバムも控えていることから絶妙のタイミングでしょう。

そして次はR.KELLYの新曲(2)。おぉ!80'S的なセンセ・サウンドに絶妙に絡むR氏の懐の深さといったら!やっぱりというか、あらためて彼の歌の凄さを実感。そしてこちらが予想を遥かに超えて素晴らしいディープな歌を聴かせてくれたバラード(3)。なんと歌うのは元XSCAPEのTAMIKA SCOTT!

そして最後の(11)。そうです、楽曲は言わずもがなのSAM COOKE定番カヴァー。しかし、それを歌っているのがすごいんです。なんと2001年にアルバム「BACK IN DA DAYS」でデビューし、ソウル・ファンの心を鷲掴みにした忘れられない好グループ、TRANSITIONSのドス声バリトン・リード CHARLES "GATOR" MOOREなのであります!これは仰天!

なんと彼、ソロでATLANTICと契約したとのこと。そして華々しくソロ・デビューを飾ったのがこちらの曲。いやぁ、これはアルバム期待せざるを得ないですよね!? (きっとアルバムにはこのサム・カヴァーは未収とみた!)

映画も凄いがサントラも凄い。なんか、輝かしかった頃のメジャーR&B作品の豪華さが蘇ってくる感じ。今、こういうトキメキをメジャー物に抱かなくなってきてしまっているものですから、なおさら興奮!

2/13発売予定!心して待ちましょう!

「TYLER PERRY'S DADDY'S LITTLE GIRLS」オフィシャル・ページ ← 試聴可!

超豪華!度 ☆☆☆☆☆ | まさかの復帰CHARLES "GATOR" MOORE度 ☆☆☆☆☆ | 映画も注目度 ☆☆☆☆☆ | 2007年メジャーR&Bへの期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:32:20Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited