黒汁通信

ソウル〜インディ・ソウル〜R&Bのウラ、オモテ、ソコやらアソコをより深く弄るバイヤー業の日々を赤裸々に綴ります。

黒く清らかな生活習慣と健康をお届けする 「黒汁通信」 増刊号 「黒汁大賞2006」いよいよ発刊!

2007-01-31



大変お待たせいたしました!フリーペーパー「黒汁通信」の増刊号「黒汁大賞2006」が刷り上りました!

2006年の作品たちを担当者がそれぞれ振り返り、来年への抱負も込めて熱く語っております。

一体どこでもらえるの!?

お近くのディスクユニオン店頭では無料配布中!もしくは ディスクユニオン Soul Blues Gospel online にてご購入頂きましたすべてのお客様に差し上げております!

*尚、発行部数には限りがございます。配布終了となってしまいました場合にはご了承願います。

さぁ貴方もぜひゲット!

こちらはネット版「黒汁大賞」ノミネート作品一覧
「ソウル・リイシュー大賞 2006」 ・「インディソウル大賞 2006」 ・「ソウル映像大賞 2006」


円満黒々ライフ度 ☆☆☆☆☆ | 2006年も本当に沢山出ました度 ☆☆☆☆☆ | 2006年格言度 ☆☆☆☆☆ | 今年も毎月頑張ります度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 20:16:58Comments(0)TrackBack(0)

V.A / NIGHTTIME LOVERS VOL.5 2007年も駆け巡る80'S再発シーン!もちろん引率するのは彼ら、VINYL MASTERPIECE!

2007-01-31

6163.jpg V.A / NIGHTTIME LOVERS VOL.5 (VINYL MASTERPIECE)

2004年あたりからジワジワとボディ・ブロウのようにキカせ、昨年一気にタタミかけた恐るべきハード・パンチの続く80'S再発シーン。たしかに怪しい代物含め、混沌としたシーンは一旦、リセットしたい気分ではあるが、やはりそうはさせてくれないようである。

先駆者として今や不動の地位を確立したVINYL MASTERPIECEの出世作「NIGHTTIME LOVERS」もいよいよ第5弾である。今年一発目のVINYL MASTERPIECE。昨年のMAGIC LADY音飛び盤(現在リマスター作業中!)の再入荷よりも先にこちらの新作が届きそうであります。

さて...もうご説明は不要でしょう。当社随一の80'S男爵、新宿ソウル/ブルース館スタッフのS氏による熱いコメントのご紹介です!

・・・・・

それにしてもあいも変わらずタイトなペースでリリースを続けるVINYL MASTERPIECE... 個人としても最高に心踊るハイライト・シリーズ「NIGHTTIME LOVERS」の最新第5弾が早くもリリース決定!! (って言うかこの前出したばっかじゃネェか!!はこの際言いっこ無しで。)いちファンとしては嬉しい限り(ここはポジティ・ブシンキングで)...と前置きはこのぐらいで、やっぱり最高なんです!! スムースに香るレアリティ、しかしそこだけに固執しない愛すべきコンセプトとセレクト・センス、加えて前作の"Meli'sa Morgan / Fools Paradise"から始まった当コンピ隠れた白眉(Frankie Rodriquez' Re-Edit)も引き続き健在!!!

まずは掴みはOKなグレイト・オペレイター"Barbara Mason / Another Man"で幕開け、EMERGENCY最大のハイライトの一つ"Chemise / She Can't Love You"やジャム&ルイスのグレイト・ワークスにして12"はプロモ・オンリーの"Klymaxx - Wild Girls"、おなじみのグレイトNY 80'S BOOGIE "World Premiere - Share The Night"等のミドル・クラス・クラシックを厳選、そしてフロムFIRST TAKE RECORDS 83年のレアNY BOOGIE "Colors / Am I Gonna Be The One"、地元オランダ産のオブスキュア・ディスコ"Sumy / Funkin' In Your Mind"、US PROMO ONLYのTEE SCOTT GREAT MIXでFOR DJ'Sにもおなじみ"Freddie James / Don't Turn Your Back On Love"等のヴェリ〜レア〜シングルも見事にディグ!!

そして特筆すべき今回最大のハイライト、フロムSALSOUL〜RAMSHORN発のアメイジング・フィメール・ディスコ"September / Are You Free Tonight - Frankie Rodriquez' Free Nighttime Lovers re-edit"!!! おなじみシグマ産の名曲をRE-EDIT、7:00オーバーのグレイト・ミックスに仕上げた"Evelyn Champagne King / Your Personal Touch"も素晴らしい...

毎回アイキャッチも抜群なパステルなジャケットも(個人的な)楽しみの一つ!! 今や濫立する80'Sコンピ、レアリティもどれをとっても遜色なしで逆に決め手にかける... なんて感も無きにしも非ずな現状で毎回期待を裏切らない愛すべき一枚...今回ももちろん一聴どころか百聴お願い致します!!!

by 新宿S氏

収録内容
1. Barbara Mason - Another Man
2. Chemise - She Can't Love You
3. Evelyn Champagne King - Your Personal Touch (Frankie Rodriquez' Personally Touched re-edit)
4. Klymaxx - Wild Girls
5. September - Are You Free Tonight (Frankie Rodriquez' Free Nighttime Lovers re-edit)
6. Carol Williams - Can't Get Away (From Your Love)
7. World Premiere - Share The Night
8. Sumy - Funkin' In Your Mind
9. Colors - Am I Gonna Be The One
10. Toni Smith - Ooh, I Like The Way It Feels
11. Freddie James - Don't Turn Your Back On Love
12. De De - S&M (Sexy Music)

そうなんですね... ついにエディット作業にまでその仕事っぷりは及んでいるのです。感服っ!

絶賛ご予約受付中!

オブスキュア度 ☆☆☆☆ | レアリティ度 ☆☆☆☆☆ | エディット仕事まで!度 ☆☆☆☆☆ | 2007年の80'Sさらなる高みへ度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:25:28Comments(0)TrackBack(0)

JB追悼号「ディスクユニオン CD&DVD高価買取情報リーフレット」

2007-01-31



JB追悼として「ディスクユニオン CD&DVD高価買取情報リーフレット」の今月号の表紙がジェイムス・ブラウンとなりました。ディスクユニオン各店にて無料配布中です。

好評発売中「追悼 ジェイムス・ブラウン 紙ジャケ 限定アンコール・プレス ディスクユニオン オリジナル特典」もぜひどうぞ。

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:23:13Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / GENE LAWSON PRESENTS THE UPLOOK RECORDS STORY: VINTAGE SOUL FROM PHILADELPHIA 入荷!怒涛の未発表音源11曲!

2007-01-30

6157.jpg V.A. / GENE LAWSON PRESENTS THE UPLOOK RECORDS STORY: VINTAGE SOUL FROM PHILADELPHIA (GRAPEVINE)

新年早々に速報でお伝えいたしました英GRAPEVINEの新作「THE UPLOOK RECORDS STORY」が早くも入荷いたしました!CHARLES MINTZ、DELEGATES OF SOUL、TEDDY PENDERGRASS、TONY TALENTの4アーティストですが、なんと全21曲。ん!? と思われた方、正解です。このUPLOOKレーベル、正規に発売されたシングルはごく僅かなのであります。ということは... そうです!未発表音源をドドーンと12曲(13曲?)収録しておりました!

収録内容
1. DELEGATES OF SOUL - I'll Come Running Back
2. DELEGATES OF SOUL - What A Lucky Guy I Am
3. DELEGATES OF SOUL - Heartbreak Of Love *未発表
4. DELEGATES OF SOUL - Girl I'm At Your Door *未発表
5. DELEGATES OF SOUL - Don't Take Your Love From Me *未発表
6. CHARLES MINTZ - Candy Baby *未発表
7. CHARLES MINTZ - Think Of What You're Losin' *未発表
8. CHARLES MINTZ - Love Wheel Turning *未発表
9. TEDDY PENDERGRASS - We Got Love *2004年に発表されている?
10. TEDDY PENDERGRASS - Angel With Muddy Feet *未発表
11. TEDDY PENDERGRASS - Should I Go Or Should I Stay *未発表
12. TONY TALENT - Gotta Tell Somebody (About My Baby) *未発表
13. TONY TALENT - Hooked On You
14. CHARLES MINTZ - Since I Found You Girl
15. CHARLES MINTZ - Finders Keepers
16. CHARLES MINTZ - Lucky Guy
17. CHARLES MINTZ - Give A Man A Break
18. CHARLES MINTZ - Running Back
19. DELEGATES OF SOUL - I'll Come Running Back (ALTERNATIVE VERSION) *未発表ヴァージョン
20. THE UPLOOK ORCHESTRA - Running Back (INSTRUMENTAL) *未発表ヴァージョン
21. CHARLES MINTZ - Running Back (ALTERNATIVE VERSION) *未発表ヴァージョン

まずはCHARLES MINTZ、正規にUPLOOKより発売された彼のシングルは2枚。それが(14)(15)(16)(18)の4曲。そしてABBOTTから発売されたの(17)。他の(6)(7)(8)が未発表曲ということになる。中でもバラード(7)は絶品の出来、彼のディープな喉に痺れる。ただし(8)は録音状態(保存状態か?)が非常に悪く、音が一部揺れる部分もあるのが惜しい。

そして次はDELEGATES OF SOUL、彼らは正規のリリースがなんとシングル1枚のみ。それが(1)(2)。ということは...(3)(4)(5)の3曲が未発表!これは凄い!ヴォーカル・グループとして評価の高さをさらに上げるであろうファルセット・リードのミディアム・スロウ(3)の素晴らしいこと!"TIGHTEN UP"的なアップ(4)、これ股スウィートな(5)は前述の(3)よりも若干、音がこもる。惜しい。が、この3曲は話題騒然です。

そして私わかりません!あのTEDDY PENDERGRASSの初期録音と思われますが、正規リリースはされていたのでしょうか!? (9)のみ2004年との記載があるが、他の(10)(11)は2006年の記載...(9)も未発表なのでしょうか!? 既出未発表か。(9)(10)はアップ。そして(11)はスロウ。おぉ若かりし彼の歌声!すでにそのバリトンの片鱗をみせている。彼のこの3曲は非常に音の状態も良い。

そして最後は正規発売されたTONY TALENTの(12)(13)。これがノーザン・タイプの抜群のモダン・ナムバー。そしてライナーを見て仰天!なんと12歳のお子ちゃまだそうで!それにしては立派なお歌!

そして未発表ヴァージョンの(19)(20)(21)で全21曲。いやぁ〜抜かりなきといいますか、執念のような仕事っぷりにはもはや感服。今年もありがとう!GARY J. CAPEさん!

驚愕未発表度 ☆☆☆☆☆ | いきなり年間ベスト級!度 ☆☆☆☆☆ | 今年もGRAPEVINE度 ☆☆☆☆☆ | 期待度度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:46:34Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / A SOULFUL TALE OF TWO CITIES 往年の名シンガーらが集う!フィリー&デトロイトの面々によるカヴァー・アルバム!

2007-01-29

6152.jpg V.A.(MASTERS OF FUNK, SOUL AND BLUES) / A SOULFUL TALE OF TWO CITIES (SOUL RENAISSANCE)

昨日のENCHANTMENTE.J.JOHNSON、そして年始早々のPOWER他...様々なマイナーからはもちろん、メジャーをも巻き込んで大きく盛り上がった「永遠のモータウン」はじめ、60年代、70年代のソウル・ミュージック全盛期に活躍したアーティスト達が"レジェンド"として、輝かしい功績を胸に新たな作品を届けてくれる昨今。

そんな中、昨年のWILSON PICKETTJAMES BROWN、一昨年のRAY CHARLESをはじめ、この世を去っていく"レジェンド"も少なくはない。そんな時代の節目の"今"だからこそ伝えられるべき"音"が、次の世代へのメッセージとなって届いてくれるのであれば、それは本当に素晴らしいことである。

閑話休題。そんな素晴らしい"レジェンド"の新たな作品がまた届いた。それがこの「MASTERS OF FUNK, SOUL AND BLUES〜A SOULFUL TALE OF TWO CITIES」である。フィラデルフィアのPHIL HURTTを中心に企画されたこのアルバム。もちろんすべて新たに録音された新録モノ。そして収録曲をご覧頂ければおわかりのとおり、モータウンの名曲をフィリー・ソウルの面々が歌い、フィリー・ソウルの名曲をモータウン〜デトロイトの面々が歌うという夢のような内容なのであります!

収録内容
Disc.1 - Philly does "Motown"
1. Higher Ground / feat. Jean Carne
2. Ain't Nothing Like the Real Thing/ feat. Bunny Sigler
3. Ain't That Peculiar / feat. The Philly Degrees
4. Dancing in the Street / feat. Kathy Sledge
5. Knocks Me Off My Feet / feat. Russell Thompkins Jr.
6. Fire and Desire / feat. Bunny Sigler& Jean Carne
7. The Girl's Alright / feat. Phil Hurtt
8. Just My Imagination / feat. Ted Mills
9. Isn't She Lovely / feat. Jimmy Ellis
10. Ooh Baby, Baby / feat. Bunny Sigler
11. My Cherie Amour / feat. Major Harris
12. My Baby Loves Me / feat. Barbara Mason
13. Baby, Baby, I Need You / feat. Phil Hurtt, Carl Helm & Bunny Sigler
14. Just Ask the Lonely / feat. William (Poogie) Hart
15. Got To Give It Up / feat. Bunny Sigler

Disc.2 - "Motown" does Philly
1. Ain't No Stopping Us Now / feat. Ali Ollie Woodson
2. Betcha by Golly Wow / feat. Freda Payne
3. Me & Mrs. Jones / feat. Lamont Dozier
4. One of a Kind Love Affair / feat. The Velvelettes
5. Didn't I Blow Your Mind This Time / feat. Carolyn Crawford
6. Love Won't Let Me Wait / feat. George Clinton
7. Love Train / feat. Bobby Taylor
8. When Will I See You Again / feat. Freda Payne
9. Close the Door / feat. Lamont Dozier
10. For the Love of Money / feat. Ali Ollie Woodson
11. Expressway to Your Heart / feat. George Clinton
12. Sunshine / feat. Bobby Taylor
13. TSOP(& D) / Masters of Funk. Soul & Blues (MFSB)
14. Sadie / feat. Bobby Taylor
15. When the World is at Peace / feat. George Clinton, Bobby Taylor, Kathy Sledge, Ali Ollie Woodson & Kim Weston

それにしてもよくこれだけの"レジェンド"が集ったものである。JEAN CARNEBUNNY SIGLERRUSSELL THOMPKINS JR.、PHIL HURTT、TED MILLS(from BLUE MAGIC!)、MAJOR HARRISBARBARA MASONWILLIAM HART MFSBALI OLLIE WOODSONFREDA PAYNELAMONT DOZIERVELVELETTESGEORGE CLINTONBOBBY TAYLORKIM WESTONという超豪華絢爛なメンツ!

久々の新録となるALI OLLIE WOODSONの歌う"Ain't No Stopping Us Now"、まさかのTED MILLS(BLUE MAGICリードVO.)の最新録音、そしてまさかまだ歌っていたのか!? と驚きを隠せないBOBBY TAYLORあたりが注目か。

名曲の数々が、名シンガー達の歌声で蘇る。悪いはずがありません。文句無しに2007年度インディ・ソウル最重要作品となることでしょう!

絶賛ご予約受付中!

・特集ページ「往年のヴォーカル・グループ復活の歴史 '06秋 最新版」

ソウル2大聖地度 ☆☆☆☆☆ | レジェン度 ☆☆☆☆☆ | 名曲度 ☆☆☆☆☆ | 企画話題性度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:51:41Comments(2)TrackBack(0)

JOHNNIE TAYLOR / LIVE AT THE SUMMIT CLUB 1973 発掘!ジョニー・テイラー1973年未発表ライヴ!

2007-01-28

6150.jpg JOHNNIE TAYLOR / LIVE AT THE SUMMIT CLUB1973 (STAX)

「ワッツタックス」に何故JOHNNIE TAYLORの姿は無かったのか... その答えが此処にある!? 1973年のJOHNNIE TAYLOR全盛期の未発表ライヴ音源が発掘!正式に発売がインフォメーションされました!

アトランティックが60周年記念の一環として盛り上がる最中、ついにスタックスも動き始めた。ご存知のとおりこの1973年当時のスタックスの権利はアトランティックにはない。スタックスがアトランティック傘下であったのは1968年まで。よってコレ...便乗企画!? と思いきや、実はスタックスの設立は1959年。ということは、翌々年の2009年には今度はスタックスが50周年を迎えるのであります!

徐々に盛り上がっていくスタックス設立50周年の開幕第1号がこちらの作品なのでしょう。否、そうであって欲しい(願望)!

収録内容
1. Introduction (featuring Rufus Thomas)
2. Take Care Of Your Homework
3. Little Bluebird
4. Steal Away (Ver.1)
5. I Don't Wanna Lose You
6. Who's Making Love
7. Hello Sundown
8. Steal Away (Ver.2)
9. Stop Doggin' Me
10. Jody's Got Your Girl And Gone

この収録曲で期待するなという方が無理というお話でございまして。これ、もしかして今年、本当にメジャーも交えてのディープ・ソウル・ブーム到来の年かもしれますぬぞ!?

2/20(U.S.)発売予定。心して待ちましょう!

*写真はそのライヴの模様。嗚呼、ジョニー!

・特集ページ「アトランティック・ソウル 1500」 全50タイトル diskunionオリジナル特典

嗚呼、ジョニー度 ☆☆☆☆☆ | 驚愕の全盛期未発表度 ☆☆☆☆☆ | 国内盤出る確立度 ☆☆☆☆ | スタックス創立50周年企画期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:20:33Comments(2)TrackBack(0)

E.J. JOHNSON / UNIVERSAL PRAISE 2004年!? バイヤー失格覚悟の2年越しのソロ・セカンド! インディソウル列伝 No.104

2007-01-27

6147.jpg E.J. JOHNSON / UNIVERSAL PRAISE (EMAN MUSIC)

やってしまいました...大変申し訳ございません。2004年にENCHANTMENT FEATURING E.J.JOHNSON名義で911事件追悼盤シングル「GOD BLESS AMERICA」をリリース後、アルバムは!? との事ある毎にサイトを確認していたつもりでしたが...なんと同じ2004年にアルバムがリリースされていたようです。それがこちら「UNIVERSAL PRAISE」である。

おそらく日本初上陸(のハズ)。しかしE.J. JOHNSONのアルバムが出ていて、まったく日本で話題にならないというのもおかしな話で...もしかするとようやく2006年になってサイト販売を開始したのか?いやいや...バイヤー失格であります...申し訳ございません。猛省。

さてE.J.JOHNSON。ご存知のとおりあの"GLORIA"で有名な、70年代を代表する永遠のソウル・ヴォーカル・グループENCHANTMENTの昇天ファルセット・リード・ヴォーカル。2000年の初のソロ・アルバム「TOTALLY WITH ME」で奇跡の復活。ソウル・ファンを興奮の渦へと巻き込んだあのアルバムからもう6年もの月日が経過してしまったのですね...

その「TOTALLY WITH ME」はインディ・ソウルの名盤として爆発的なセールス(当社比)をみせるも、ここ数年はまったく入荷せず、廃盤CDとして高値で取引されていた。そんな中、前述シングルで今度はENCHANTMENT復活!これはグループ名義でアルバムが!? と心躍らされていたのでありました。

そしてようやく届けられたセカンド・アルバム。いやぁ感慨深いものがございます。ん!? タイトルがゴスペルではないか?そうです。ゴスペル・アルバムです。しかし否っ!ここで引いてはなりませぬ!

モノホンのゴスペル・ソングももちろん収録しておりますが、今も現役バリバリなファルセットによるスロウ群の素晴らしさといったらやはり天下一品。これぞ"ファルセット"と大きくうなずきたくなるその見事な歌唱力は、やはり他の追随を許さないのであります。天才、神に近づく...そんな印象さえ受けます。

そしてさらに嬉しいニュース!エマニュエル本人曰く「ネットで自分のアルバムが凄い値段で売られているのを見て驚いた」という前述のソロ・ファースト・アルバム「TOTALLY WITH ME」の再入荷にも成功いたしました!今度こそは買い逃しのございませぬよう!

そしてインディ・ソウルとは何ぞや!? という新しいファン、PERSUADERS、そしてここ最近のPOWERなどの新作で、新たに往年のソウル・ヴォーカル・グループ復活作で心打たれた貴方には間違いなくお薦めな名作なのであります。

以下、収録内容一覧を。

■E.J.JOHNSON / TOTALLY WITH ME (EMAN MUSIC) '00
1. Spending The Night
2. Totally With Me
3. Keep My Love
4. Angela
5. It's True (I Love You)
6. Forever
7. Baby Don't Give Up
8. Before The Feeling Slips Away
9. I Should've Known
10. Cause I Believe
11. Got Myself Together
12. Magic
13. God Is Good

■ENCHANTMENT FEATURING E.J.JOHNSON / GOD BLESS AMERICA (EMAN MUSIC) '03
1. God Bless America (Vocal)
2. The Star Spangled Banner
3. God Bless America (Performance)

■E.J.JOHNSON / UNIVERSAL PRAISE (EMAN MUSIC) '06
1. God Is Good
2. Won't Let Go My Faith
3. I've Got To Praise You
4. I Will Praise Him
5. How Great Is God
6. On The Battlefield
7. That Book
8. Have U Heard
9. I Found God
10. I Really Love The Lord
11. Everything To Me
12. Follow Your Mind
13. Star Spangled Banner
14. God Bless America

・特集ページ「往年のヴォーカル・グループ復活の歴史 '06秋 最新版」

祝!2年越しの入荷!度 ☆☆☆☆☆ | 天才的ファルセット度 ☆☆☆☆☆ | 祝!「TOTALLY WITH ME」再入荷度 ☆☆☆☆ | こうなったらENCHANTMENT名義のフル・アルバム切望度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:18:48Comments(0)TrackBack(0)

黒田大介 / KICKIN VOL.1 & VOL.2 ディープ・ファンク〜ソウル・アンダーグラウンドへようこそ。リアルな黒さに惚れる名作CD化!

2007-01-26

6138.jpg 黒田大介 / KICKIN VOL.1 (BLOCKHEAD) *写真
黒田大介 / KICKIN VOL.2 (BLOCKHEAD)

ディープ・ファンクって何?なソウル・ファンにはコチラのCDをスッと渡して差し上げましょう。

日本のディープ・ファンク・シーンを引率したDJ 黒田 大介のミックス・テープ名作「KICKIN VOL.1」と「KICKIN VOL.2」が初CD化となりました!

先頃発売された「KICKIN VOL.3」も再入荷決定!さて、ご紹介するのはユニオン随一のディープ・ファンク男、営業本部K氏です!ではさっそくどうぞ!

・・・・・

日本のディープ・ファンク・シーンを築いた伝説のファンク・イベント『SEARCHING』のレジデントDJでもあり、KEB DARGEDJ SHADOWCUT CHEMISTやEGONなどにも一目を置かれるワールド・フェイマスなコレクターとしても知られるDJ 黒田 大介氏によるディープ・ファンク・クラシックMIX TAPEの「KICKIN VOL.1」と「KICKIN VOL.2」がなんと奇跡のCD化です。

当時は2000年にVOL.1、2002年にVOL.2がテープとして発売されたものなのですが、すでに持っている人でもテープが伸びてしまうくらい擦り切れるほど、聴いた人も少ないくないでしょう。そんな人にも待望のCD化がVOL.3をリリースしたBLOCKHEAD RECORDSより実現しました。

コアなローカル・ファンクの数々に、B-BOYまでもが鳥肌もののドラム・ブレイクが満載とファンク、ソウルのみならず、ヒップ・ホップ・サイドからも注目のこのシリーズだが、何よりも魅力はコレクターである以上にDJとしてのグルーブが現れていて、現場のフロアーの熱が体感できるので、そんなに詳しくいない人にも幅広くオススメの1枚です。

フロアーならずとも、汗かくこと間違いなし!!

by 営業本部K氏


うぅ〜ん、ソウルおやぢも悶絶絶句の黒さ。これを機に若い輩がリアル・ソウルメンに憧れることを夢見て。

ディープ・ファンク度 ☆☆☆☆☆ | 名著「ファンク・フォーティーファイヴ」と合わせてどうぞ!度 ☆☆☆☆☆ | 皿!皿!皿!度 ☆☆☆☆☆ | 黒さ度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:34:21Comments(1)TrackBack(0)

リトル・ロイヤル / ジェラス ディープ・ソウル・ブーム(?)の立役者、Pヴァインが入魂のボーナス・トラック追加収録で祝!世界初CD化!

2007-01-25

6134.jpg リトル・ロイヤル / ジェラス (Pヴァイン)

いよいよご紹介!R.I.P.JBの影響を感じさせながらも、よりサザン〜ディープな歌唱で人気のシンガーLITTLE ROYALの唯一のアルバム72年作が世界初CD化となります。近年のディープ・ソウル・ブームの立役者(いやいや、ブームだけじゃぁない。ずっとですね)であるPヴァインから発売!そして流石!と唸りたくなるような見事な仕事をしてくれました。

実はこのアルバムのオリジナルLP、ファースト・プレスとセカンド・プレスで収録曲が違っているらしく、そのどちらもカバーするような形でしっかりと収録、さらに彼のTRI-USでシングル6枚の内のLPノット・オン曲、さらにさらに!なんと驚愕の未発表曲および未発表ヴァージョンを7曲もプラスした全23曲でのCD化という嬉しいCD化が実現してしまうのであります!

収録内容
1. Jealous
2. I'll Come Crawling
3. Razor Blade (Unedited Version)
4. You'll Lose A Good Thing
5. Soul Train
6. I Surrender
7. Another Woman's Man
8. I'm Glad To Do It
9. Panama Red
10. That's My Desire
11. My Love Needs Company
12. Keep On Pushing Your Luck
13. Losing Battle
14. (I Want To Be Free) Don't Want Nobody Standing Over Me
15. Clim Lemon (take 1)
16. King Try Us
17. I Think I'll Fall In Love (take 1)
18. I Tried
19. We Got To Get Our Love Together
20. I Surrender (alt. take)
21. Sex And Soul
22. Clim Lemon (take 2)
23. I Think I'll Fall In Love (take 2)

いやぁ〜いい仕事ですなぁ〜。脱帽です。プロデューサーであるHUEY P. MEAUXって、たしかもう亡くなられていますよね...よくこんな数の未発表の存在が明らかになったものです。

まだまだソウルの奥は深い... 絶賛ご予約受付中!

祝!未発表コン盛りCD化度 ☆☆☆☆☆ | 仕事っぷり抜かり無し度 ☆☆☆☆☆ | ディープ de JB度 ☆☆☆☆☆ | Pヴァイン今年も抜きん出た期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:10:46Comments(0)TrackBack(0)

DANNY WHITE / NATURAL SOUL BROTHER またまたまたディ〜プ大傑作が祝!世界初アルバム化!今年はディ〜プに本腰イレテ!

2007-01-24

6119.jpg DANNY WHITE / NATURAL SOUL BROTHER: THE FRISCO RECORDINGS AND MORE 1963-1968 (KENT)

昨日のお約束ではLITTLE ROYALのお知らせの予定でしたが、先にコチラも!英KENTから快心のディープ物がCD化決定!あぁ、あたしゃもぅどうすりゃぁいいのぉ〜?というワ毛でして、ここは助っ人コメンテーター営業本部H氏にお頼み申します!

・・・・・・

っか〜!またまた、冗談のようなディ〜プものですね、これ。今年は頭っから期待度満点当たり年でしょうか?ノーザンやファンクに続いて、若年層を巻き込んでのディ〜プ一大ムーヴメントが来ちゃったりして。この筋の音源は米国はSUNDAZED、英国は老舗KENT、日本ではPヴァインがま〜ぁ積極的。素直に素晴らしい!ディ〜プものをCD化してくれてますね。

DANNY WHITEの60年代フリスコ/アトラス/SSSインターナショナル録音を完全収録!な〜んて聞いただけで胸が高鳴ってしまうのは私だけではないはず... 喉から捻りでる炎熱の、乾いたヴォーカルが襲い掛かってきますよ!(18)なんて彼の著名な楽曲ですが、何でしょう、この感じは魂を揺さ振られる感覚ですよ。

但し!この人はディ〜プだけではないのです。当時、英SUEでも発売された超クールなリズム・アンド・ブルース/モッド・クラッシック(17)や(20)等のダンサーも出色の出来。英国ではかなりの人気だとか。そういえば(20)、イタリアはVAMPI SOULから7"が発売済み。VAMPI恐るべし...

収録内容
1. Kiss Tomorrow Goodbye
2. The Little Bitty Things
3. Never Tell Your Friend
4. Make Her Mine
5. The Twitch
6. Why Must I Be Blue
7. One Little Lie
8. Loan Me A Handkerchief
9. I've Surrendered
10. Love Is A Way Of Life
11. Hold What You Got
12. Moonbeam
13. Miss Fine Miss Fine
14. Can't Do Nothing Without You
15. My Living Doll
16. Note On The Table
17. Keep My Woman Home
18. I'm Dedicating My Life
19. One Way Love Affair
20. Natural Soul Brother
21. Kiss Tomorrow Goodbye (Promo Version)

ライターにはISAAC HAYES、DAVID PORTERやSTEVE CROPPER。バックにはHI-RHYTHM SECTIONやMG'Sですからね。録音もSTAXやWILLIE MITCHELLのROYAL STUDIO等、すなわちメンフィスのゴックンものです。もう疑いの余地はないでしょう!

国内盤はPヴァインから帯、解説付で登場!私、ディ〜プってついつい国内解説、歌詞付に釣られてしまうンですが... 皆さんそこら辺どうなのでしょうか?あ〜ン、発売が待ち遠しい!頑張って待って下さいね〜!!

2007年もやっぱりKENT度☆☆☆☆☆ | ゴックン期待度☆☆☆☆☆ | ディ〜プ度☆☆☆☆☆ | モッ度☆☆☆☆

by 営業本部H氏


おぉ!メンフィスの美味しいところ凝縮のサウンド&楽曲に彼のディープ・ヴォイスが!! これは堪りません。全21曲悶絶コンプリート皿也!

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:05:19Comments(0)TrackBack(0)

BENNY JOHNSON / VISIONS OF PARADISE 祝!世界初CD化!ディープ〜70'Sレア名作!抜群のバックに弾けるディープ・シャウト!

2007-01-23

6110.jpg BENNY JOHNSON / VISIONS OF PARADISE (SOUL BROTHER)

Pヴァインによる一昨年のOLLIE NIGHTINGALE、そして昨年のBILL CODAYROSCOE ROBINSON辺りから何か凄まじい勢いを感じるディープ・ソウル・リイシュー。兎に角、売れる。ここまでは売れないだろう?との当バイヤーの予測をことごとく覆してくれる。嬉しい、嗚呼ッ!嬉しいです!! だってやっぱりソウルといえばディープですから!アトランティックの60周年なんていうのも重なり、今年はさらに盛り上がりそうな予感が...

そんな中、なんとあの英SOUL BROTHERからまさかのまさか!ディープ・ソウルfromトゥディ・レーベルで鬼レアLPとして有名なあのBENNY JOHNSONの唯一のアルバムがが世界初CD化となります!いやぁ〜ついに英国まで巻き込んでのディープ祭りとは... これは本当にディープ・ソウル・ブームの到来!?

ニューヨークで活動していたという彼。名著「U.S.ブラック・ディスグ・ガイド」の"70'S SOUTHERN DEEP SOUL"のコーナーで紹介されているとおりダイナミックで味わい深いディープな歌声を聴かせる隠れた名シンガー。シングルも3枚(Tarxから1枚、そしてLP収録されているTodayから2枚)しかリリースしていないのに本当によくアルバムが出せたもんです。まぁ出たは出たが、兎に角、珍しいLPとなってしまい、結果今までもファンの耳に届くことは少なかった名作であります。しかも、彼、このアルバムっきり音沙汰なしなんですよね...

収録内容
1. Visions of Paradise
2. Absolutely, Positively, Baby
3. Baby I Love You
4. Stop Me
5. Give it Up
6. Second To None
7. Won't You Stay
8. It's Your Baby
9. Please Come Back
10. I Just Got To Know

73年リリースということで60'Sディープとは股、一味違うモダンなテイストを持った楽曲に、彼のディープさが絶妙にマッチ。これは堪らん。ミッド(1)(3)(6)(10)あたりが哀愁さも漂わせ、抜群の出来。

しかし、ディープ・シンガーとなればやはり気になるのはスロウの出来。ノンノン!心配ご無用!英国ソウル誌「IN THE BASEMENT」編集局選曲によるバラード・オンリー泣きのコンピレーション「BASEMENT TRACKS: SOUL BALLADS FROM THE HEART OF BLACK AMERICA」に収録されたスロウ(5)、哀愁メロディなスロウ・バラード(7)、そしてサッドネスな(9)での熱っぽいディープ・シンガーっぷりは貫禄すら感じる名唱である!

今年初っ端のSOUL BROTHERがいきなりの2007年度リイシュー大賞候補!さて明日はPヴァインからのディープ・リイシュー・シリーズ最新作となるLITTLE ROYAL(「U.S.ブラック・ディスグ・ガイド」ではこのBENNY JOHNSONの左隣のページに紹介されているのです!)をご紹介!

期待せずにはいられぬ、眠れぬ!ディープ・ファン待望の時がついにやってきたのかもしれません!

祝!世界初リイシュー!度 ☆☆☆☆☆ | SOUL BROTHERいきなりの快挙!度 ☆☆☆☆☆ | いやぁ〜ディープ度 ☆☆☆☆☆ | モダンさ、哀愁さも堪らん度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:46:39Comments(0)TrackBack(0)

高齢者向けソウル・イベント『ALZHEIMER』のお知らせ ALZHEIMER at Capitano 2/10(sat)

2007-01-22



2007年第一回のアルツ、2/10、17;00〜に決定いたしました。

今年も棺桶に片足突っ込んだ年寄りが一生懸命レコードをかけますので
暖かい目で見守ってやってください。

それでは当日お待ちしております。

本年も何卒度 ☆☆☆☆☆ | いえいえ若き輩も度 ☆☆☆☆☆ | でぃ〜ぷばかりではないのだ!度 ☆☆☆☆ | 養老度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 18:01:18Comments(0)TrackBack(0)

LOU RAGLAND / TOGETHER グレイト・モダン・ソウル・シンガーおよそ7年ぶりとなる新作が発売! インディソウル列伝 No.104

2007-01-22

6101.jpg LOU RAGLAND / TOGETHER (GREAT LAKES)

レア盤「UNDERSTANDING EACH OTHER」で有名なグレイト・モダン・ソウル・シンガー、LOU RAGLAND。彼が現役なのご存知の方も多いはず。「IN THE BASEMENT」誌にインタビューが掲載されたり、ネット上で話題となったりと、地道な活動を続けてくれているのが何とも嬉しい限りであります。そんなLOUから新しい作品がまもなく到着予定です!

前作BLT名義(BB RICHARDSONとLOU、そしてTOUCH OF SILKの頭文字を取ってます)「THE CLASSIC」のリリースが1999年ですので、な、なんと!なんと約7年ぶりになります!

...とはいえ、ちょっと悲しいお知らせも。ハイ。CD-Rでの入荷になります。そして... 収録内容が前述「THE CLASSIC」と若干カブりマス...

収録内容
1. Together We Stand 初出
2. The Game Of Pleasure 99年作収録
3. I'm Gibba Be Loving You 99年作収録
4. The Storm Is Passing Over 初出
5. The Next Time 初出
6. It's You 99年作収録
7. Together Forever 初出
8. What Will Tomorrow Bring 初出
9. Unchained Melody 99年作収録
10.Your Love 初出
11. Let Me 初出
12. Don't Listen To The Words 99年作収録

とはいえ初出は12曲中、7曲ですから!! 日本、そして英国のソウル・ファンなら間違いなく嬉しいニュースでございます故!何とか今月末までには入荷の予定です。

果たしてその内容はいかに!? 乞うご期待!

祝!芸能生活○○年!度 ☆☆☆☆ | シンガー度 ☆☆☆☆☆ | 無念CD-R度 ☆☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:53:16Comments(0)TrackBack(0)

STAN MOSLEY / STEPPIN OUT 待った甲斐がありました!CD-RではなくCDプレスで新作到着! インディソウル列伝 No.103

2007-01-21

6097.jpg STAN MOSLEY / STEPPIN OUT (STAN MOSLEY)

STAN MOSLEYのアルバムが出てますょ!」とスタッフから連絡を受けたのはもう1年前... 連絡すると「今プレス中だから...」との回答。そして沈黙... もう諦めかけていました。しかし!突然の入荷の案内が!そして入荷した盤を見て仰天!

おぉーちゃんとしたCDをプレスしてたんですね!!

当初出回っていたのはCD-Rだったらしく(未確認)、自身のレーベルからとなれば仕方ないかなぁ〜。なんでMALACOから出さなかったんだろうな?なんてガックリしたのも束の間、その自身のサイト(現在は閉鎖してしまっております...)で聴いたその新曲の素晴らしさといったら!CD-Rじゃぁコレ勿体ない!! と泣いておりましたが... 1年経った今、悲願のCDプレス&入荷が実現しました。

やっぱり歌っている本人が一番、己を理解しているのか。まさに今が旬。絶妙のタイミングで自身のレーベルからのリリース。彼の歌声を表現する時によく取り上げられるBOBBY WOMACKと比較してもまったく引けを取らぬそのディープな歌声はもちろん、さらにメロウさを増した完熟の歌唱。掠れた喉から搾り出されるディープ汁、そしてファルセットまで駆け上がる卓越した歌唱力は文句なしである。

そして今作で抜きん出て素晴らしいと感じるのは楽曲、そしてサウンドのクオリティであろう。己の声を活かすためのシンプルなバック。適度なコンテンポラリーさによる甘さが、彼の塩辛い歌声を見事に包み込む。

プロデュース/作曲をSTAN自身とともに担っているのはEARL POWELLという人。調べてみるとこれが何と!あのPUBLIC ANNOUNCEMENTのメムバー(元?ですよね?)らしいのです。しかももう一人あのACE WATKINS(もうひとつのPUBLIC ANNOUNCEMENTを名乗る男!)まで絡んでます。どうりで若い音なわけだ。

世代交代... いつかは来る往年の名シンガー達との別れ。ベテランから若手へと渡る"ソウル魂"。STAN MOSLEYは己の道を極めるのと同時に、それを成す愛すべきシンガーなのだ。まだまだ若いモンには負けられん!と意地を張ったようにも聴こえるそのディープさをたっぷりとご堪能あれ!

待った甲斐度 ☆☆☆☆☆ | メロウ度 ☆☆☆☆ | but! ディープ度 ☆☆☆☆☆ | リアル・ソウル度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:26:11Comments(0)TrackBack(0)

SYL JOHNSON / DIFFERENT STROKES 67-69 & IS IT BECAUSE I'M BLACK? TWINIGHT音源!未発表を含むリイシュー!

2007-01-20

6087.jpg SYL JOHNSON / DIFFERENT STROKES 67-69 (TWINIGHT)
SYL JOHNSON / IS IT BECAUSE I'M BLACK? (TWINIGHT)

シカゴの重鎮、己から動く!彼自身の手によりTWINIGHTを復活(?)させたのが、愛娘SYLEENA JOHNSONの幻のデビュー作「LOVE HANGOVER」のリリースの際であった。それから5年...ついに沈黙を破ってTWINIGHT活動再開!そしてリリースとなったのがこの2タイトルである。SYL JOHNSONの全盛期〜成功までのすべてが詰まった、彼を語る上で欠かせないTWINIGHT期音源集です。

2枚のオリジナル・アルバムの「DRESSES TOO SHORT」と「IS IT BECAUSE I'M BLACK」丸ごとにシングル・オンリーもド〜んと。さらには噂によると未発表も収録されているのでは!? (ソウル大辞典によるとTWILIGHTが2枚、TWINIGHTが13枚、LPとのダブりが不明瞭...要調査)ささっ、どどどっとご紹介!

■「DIFFERENT STROKES 67-69」(写真)収録内容
1. Different Strokes
2. Try Me
3. Come On, SockIt To Me
4. Sorry 'bout Dat
5. I Can Take Care Of Business
6. Dresses Too Short
7. I've Got The Real Thing
8. I Resign
9. Soul Drippin'
10. Someone Like You
11. I Feel An Urge
12. Home Work
13. Trying To Get To U
14. Wiggles
15. Same Kinda Of Thing
16. Going To The Shack
17. New Day
18. Let Them Hang Higher
19. Ode To A Soul Man
20. Skinny Legs
21. Take Me Back
22. Don't Give It Away
23. Abra cadabra
24. Come On, SockIt To Me (inst)

■「IS IT BECAUSE I'M BLACK?」収録内容
1. Right On Sister
2. Is It Because I'm Black
3. Come Together
4. Concrete Reservation
5. Walk A Mile In My Shoes
6. One Way Ticket
7. Kiss By Kiss
8. Black Balloons
9. Get Ready
10. Talk 'bout Freedom
11. New Day
12. Thank U Baby
13. Your Love Is Good For Me
14. We Do It Together
15. That Is Why
16. Wiggles
17. Together Forever
18. Is It Because I'm Black 2006
19. Ms.Fine Brown Frame - Bonus Track
20. Tell The Truth - Bonus Track

ラスト2曲の"Bonus Track"との記載が...怪しいですかね。何はともあれソウル味全盛のSYLが凝縮されたこの時期(60年代後半〜70年代前半)の素晴らしいこと。後のHI録音でも味わえない、ダイレクト〜ダイナミック感!これがソウルなのであります!

絶賛発売中!

シカゴ度 ☆☆☆☆☆ | ソウル度 ☆☆☆☆☆ | コンプリー度 ☆☆☆☆☆ | 汁ジョンソン度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:07:23Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / クイントン・クランチのソウル秘宝館 タイトルだけで涎モノのサザン〜ディープ・ソウル・ファン悲願のコンピレーション!

2007-01-19

6073.jpg V.A. / クイントン・クランチのソウル秘宝館 QUINTON CLAUNCH'S HIDDEN SOUL TREASURES (Pヴァイン)

今年の入魂ディープ一発目フロムPヴァイン!日本のサザン・ソウル・ファンの心の故郷、名門ゴールドワックス・レーベルの創設者/プロデューサーであるクイントン・クランチ所有の80年代録音作品を世界初CD化の快挙です!さて、その気になり過すぎる内容は...

収録内容
1. Walk On Water - Willie Hightower
2. Rock Me Slowly - Willie Hightower
3. All Because Of Your Love - Willie Hightower
4. High On Your Love - Willie Hightower
5. Tell Me What You Want - Willie Hightower
6. Sunshine - Willie Hightower
7. Intensive Care - Willie Hightower
8. Friend To Friend - Willie Hightower
9. Too Many Irons In The Fire - Willie Hightower
10. Try My Love - Willie Hightower
11. Caught Up In The Middle - Willie Hightower
12. Hungry For Your Love - Willie Hightower
13. Put Love First - Jerry L
14. Ease It To Me - Jerry L
15. Sexy Lady - Ollie Nightingale
16. Love Me After Midnight - Ollie Nightingale
17. You Could Stand Another Greasin' - Joe L.Thomas
18. Too Poor To Die - Jerry L
19. The Last Word In Lonesome Is Me - Jerry L

フェイム、マーキュリーの作品で日本のディープ・ソウル・ファンに"絶対"の評価を受けるWILLIE HIGHTOWERが12曲、同社よりCD化されたディープ・ソウル名作中の名作「スウィート・サレンダー」でこれまた"絶対"の存在となるOLLIE NIGHTINGALEが2曲、今も現役で活動を続けるJERRY L、そしてJOE L. THOMASが5曲からなること作品。クイントン・クランチお蔵出し音源全19曲。

しかも正式リリースされたのは前述WILLIE HIGHTOWERの2曲(Adventure One 8502)のみ、すなわち未発表音源が19曲中な、な、な、な、なんと17曲もテンコ盛りなのであります。

そしてさらに気になるのはその内容である。80年代はサザン・ソウルにとって、ある意味良い時代だったのかもしれないと思わせるような原点回帰、サザン・ソウルの本当の姿、作られ方、歌われ方を表しているような作品がズラリといった趣だ。まず歌手がいて、楽曲があって、バックがある。クイントン・クランチがやりたかった事。叶わなかった夢... そこまで想いすぎたらいきすぎか?

派手さ皆無。素朴な歌を堪能できる素晴らしい作品群であると私は思うが、皆さまはどうおもわれるだろうか?音がチープだとか、バックがショボいだとか、言われてもイイの。だってコレがサザン・ソウルなのだから。現在のサザン〜コンテンポラリー・ディープ諸作品へと繋がる道。

さぁ、リアル・ディープ・ワールドへいざ!

WILLIE HIGHTOWER充実度 ☆☆☆☆☆ | 怒涛の蔵出し度 ☆☆☆☆☆ | ディープ・ソウル・ブーム到来!?度 ☆☆☆☆☆ | 流石はPヴァイン度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:14:44Comments(0)TrackBack(0)

MASHICA / THE REAL THING ジャズ畑の大御所が集う才女のデビュー作!稀にみる女性モノご紹介! インディソウル列伝 No.102

2007-01-18

6067.jpg MASHICA / THE REAL THING (RANSOM)

ヒールを投げ出して椅子にもたれかかり天井を見つめる"お疲れOLちゃん"風ジャケットから貴方はどんな音を想像するだろう?"今"風なジャケットなだけに洗練された音、すなわちR&B〜インディ・ソウルの世界を想像するのは容易である。しかし、このMASHICA(本名MASHICA WINSLOW)なるシンガー、そんじゃそこらのお姉ちゃんとはわけが違うので注意していただきたい。

マニアックな話になるが彼女の曾祖母がバルティモア出身の偉大なゴスペル・シンガーSHERRY HUNTであるとのこと。その曾祖母に3才の頃、既に音楽の才能があると見初められ〜大学を卒業してからも別の大学で教鞭を取っているというエリート中のエリート。勉学への情熱はそのまま音楽へも向かい今に至るというわけだそうだが、そこでこのデビュー・アルバム。

なんとGARY BARTZGARY THOMAS、DENNIS CHANBERSにLARRY WILLIS、ROY HARGROOVEとJAZZ系のアーティストが多数客演。というのも彼女の旦那であるDONTAE WINSLOWがジャズ・トランペッター、ソング・ライター、プロデューサーであり(彼もまた教師!)、JAZZ畑だけでなく他ジャンル、主にR&B〜HIP HOP畑まで股にかけて大活躍中だというのである。

そのプロデュース、客演したアーティストがR&BだとRUBEN STUDDARDほか、HIP HOPに至ってはあの大物JAY-Zの06年新作に夫婦揃って参加しているとのこと。この夫婦ただ者じゃない。ちょっと横道にそれたので話を戻すと、そのJAZZ畑のバック・メンに支えられ素晴らしく落ち着いたR&B〜インディ・ソウルを聞かせてくれるのが本作というわけである。

さて、その収録曲だが(10)(11)(12)がかなり良質なミッド・テンポのR&B〜インディ・ソウルである。そしてR&Bらしい雰囲気から打って変わって(16)がクールでファンキーなジャズ・ダンサー。この勢いだけで若者は勿論、ちょい悪オヤジ・ソウル・ファンだって振り向かせられそうな軽快でアダルトな雰囲気満点の曲。

JAZZ方面から評価すればこの曲を本作のベスト・トラックと推す方も大勢いるだろう。その他、スローが大半を占めるが、駄曲を探そうにも見つからない。今でこそR&Bもメイン・ストリームとして定着しているが、土台のしっかりしたアーティストが現在のシーンに"歌モノ"を仕掛けるとこういう面白い作品もできるという格好の例となった作品と言えそうだ。

往年のソウル・ファンには是非とも奥様、娘、彼女など女性のいるところで演奏して頂ければ間違いなく好印象気!気負いなく聴ける歌モノ・ブラック・ミュージックとしてお薦めしたい一枚である。

by 新宿ソウル/ブルース館 ヤング☆ディープマンS氏

たまにゃ女性モノも度 ☆☆☆☆☆ | 才女度 ☆☆☆☆☆ | ジャジー度 ☆☆☆☆ | お疲れOL萌え〜度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:34:16Comments(0)TrackBack(0)

BROWN'S BAG / SOUL SATISFIED 遅咲きの名シンガーここに華咲かす!グループ仕立てのバラードまで披露! インディソウル列伝 No.101

2007-01-17

6056.jpg BROWN'S BAG / SOUL SATISFIED (SOULCHOONZ)

毎度お世話になっております英SOUL BROTHER RECORDS発のインディ・ソウル・コンピレーション「THIS IS SOUL 2006」に収められた"NO MORE LOVE"収録(今作には同曲のリミックス・ヴァージョンが収録)のデビュー・アルバム「LABOR OF LOVE」の発売時、ここ日本ではほぼ話題にも上らなかったものの、英国〜欧州では大絶賛されたBROWN'S BAGことWARD BROWNの待望のセカンド・アルバム。

話題の発端となった英国のDI-LEE PROMOTIONS(LAB ADDICTSのリリースなどを手掛ける新鋭)が、前述SOUL BROTHEREXPANSIONの十八番であるU.S.インディ青田刈でリリースとなった当アルバム。言うなれば彼の世界デビュー・アルバムである。

シカゴ出身という地の利、そして80年代に数多くのメジャー・アーティストのバッグを務めたスキルを活かしたソウルフルなサウンド・プロデュース、抜群の楽曲センス、そして感情豊かな歌声。英国人好みのアーバン路線〜生音バンドによるサウンドの中に、ドス黒く光るディープな歌唱はソウル・ファンの心を鷲掴み必至である。

そしてさらに注目したいのがスウィート・バラード・ナムバーの(9)である。前半はファルセット(誰!?)でシッポリ〜後半は彼のディープなシングでグループ仕立てのソウルフル・バラードに仕上がっている!いやぁ〜凄いヤツがいたものです。

遅咲きの名シンガーここに華咲かす!絶賛発売中!

BROWN'S BAG オフィシャル・サイト

遅咲き度 ☆☆☆☆ | ディープ but アーバン度 ☆☆☆☆☆ | スウィ〜ト度 ☆☆☆☆☆ | 生き続けるソウル度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:02:05Comments(0)TrackBack(0)

PAZELEE / TRACKS FROM DA HOUSE 待望のセカンド!シルキーなテナー・ヴォイスが冴えるメロウ快作! インディソウル列伝 No.100

2007-01-16

6047.jpg PAZELEE / TRACKS FROM DA HOUSE (POPHOUSE ENT.)

昨今のインディ・ソウル・シーンの隆盛を語る上で、俗に言う"一発屋"で終るアーティストが少なくなった事も挙げられるだろう。言うまでもなく1作目のクオリティによることは勿論なのだが、リリースの側からもメジャー・シーンで充分通用する資質を持ちながらあえてインディ〜マイナー・シーンを活躍の場として選び、着実な活動をするシンガーも少なくない。このPAZELLEも2002年には今作と同レーベルからアルバムをリリースの経験がある。

当時まだまだインディ・ソウルなんてマニアが楽しむに過ぎない世界だったが楽曲のクオリティの高さ、実直な歌唱スタイルが評判を呼びメジャー進出も近しと噂されていたシンガーだった。今作も自らマイナー・シーンを選んだであろうことは確実な程のクオリティの高さを伴っての4年ぶりのセカンド・アルバム、シルキーでいながら時折聴かせてくれる熱いシャウトも健在なまさに待望とも言える内容だ。

オープニングから思わずうっとりしてしまうようなメロウ・ミッドが飛び出す。派手さはないが真摯な姿勢が一聴してこちら側に伝わるような楽曲、歌唱が秀逸なナンバーだ。この1曲だけで前作から引き続き期待に応えてくれることを確信してしまう。続く(2)(3)も同系統と言えそうなミッド。前半で完全にPAZELEEのペースに引きこまれていく。

そしてもう一つの真骨頂であるスロウ・ナンバー。(4)(7)と2曲しかないという言い方は正しくはないかもしれないが、思わずそのような言い方をしたくなるほどのクオリティの高さだ。(4)ではブルージーな曲調も難無くこなす懐の深さを披露、対して(7)は優しげなメロディが耳に残る。どちらのタイプでも垣間見せる"熱さ"が印象に残る、PAZELEEが真のソウル・シンガーであることを表現するにはもってこいなナンバー達だ。

そんな中で異色とも言える(6)のヒップ・ホップ色が強い曲がある。セントルイス出身のMARKADMUSというラッパーをフューチャーしたダーティーな曲なのだが、PAZELEEの絡みもスリル満点で、現代のサウス・テイストを強く感じさせてくれる異色とは言え捨て曲とはとても言えない曲である。このように感想を並べていくと前作よりもパワー・アップしている事は確実だといえそうだ。

とにかく彼のようなタイプのシンガーは、信用がおけるというような言い方がピッタリと当てはまる。だからこそマイナー・リリースとはいえ4年の月日を経ても、このような素晴らしいアルバムを届けてくれたのだろう。このようなタイプはつい応援したくなる、ある意味バイヤー好みのするシンガーなのではないだろうか。

by 卸部 S氏

祝!セカンド!度 ☆☆☆☆☆ | ア〜バン de 美メロ度 ☆☆☆☆ | シルキー・テナー度 ☆☆☆☆☆ | インディの醍醐味度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:00:44Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / GOOD THINGS - THE STORY OF SAADIA RECORDS マイアミ・ファンク&ソウル60's!アップにミッドに痺れる!

2007-01-15

6039.jpg V.A. / GOOD THINGS - THE STORY OF SAADIA RECORDS (JAZZMAN)

「FLORIDA FUNK」をリリースしたばかりのJAZZMANから今年の1発目は同じくマイマミ産!まさかこんなどマイナー・レーベルをコンパイルしてくるなんて... Saadia Records集。気になる収録曲は

収録内容
1. Robert Moore -Everything's Gonna Be Alright
2. Brother Williams - Cold Sweat
3. Pearl Dowell - Good Thing
4. Little Beaver - Everybody's Got Some Dues to Pay Pts 1 & 2
5. Little Beaver - Do Right Man
6. Pearl Dowdell - It's All Over
7. Brother Williams - Right On Brother
8. Robert Moore - Just Can't Help Myself
9. Little Beaver - Blind Man
10. Little Beaver - Do it to me One more Time

おぉLITTLE BEAVERのデビュー皿!ディープな味わい満点なサッド・バラード(5)(9)に泪、後にMIAMIのメムバーとなるROBERT MOORE、紅一点PEARL DOWELLなど、ライク60'Sな名曲ズラリ。アップからバラードまでイナタさの中に光るグルーヴ感が堪りません。しかもアナログ・リリースはなんと7インチ盤3枚組の予定!今年もこの調子で新作リリースお願いします!

ローカル度 ☆☆☆☆ | グッゴー60's度 ☆☆☆☆☆ | 2007年もJAZZMAN期待度 ☆☆☆☆☆ | 出荷もしっかりお願いしますょ〜度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:33:51Comments(0)TrackBack(0)

YOUNG CITY RU / MY LIFE & MUSIC 徹底したスムース・テイストによる期待の正統派R&Bシンガー! インディソウル列伝 No.099

2007-01-14

6038.jpg YOUNG CITY RU / MY LIFE & MUSIC (YOUNG CITY RU)

ちょっとBABYFACEを思い出させる面長なルックスから想像するのはやはり濃さよりもスムース、メロウといったテイスト。コネチカット出身のニュー・カマー、YOUNG CITY RUことRUFUS WILLIAMSのおそらくデビュー作!

昨年ブレイクしたNE-YO同様の路線のテナー、ミッドやスロウ共に水準以上、アレンジ、トラックの妙など現在進行形の正統派R&Bは、インディと言われなければ気がつかない質の高さがある。特に決め手となる曲が無いのが玉にキズと言えそうだが、全編を通じてのクオリティは文句の無いところだろう。また一人期待のシンガーの登場だ。

決め手となる曲が無いと記してしまったが、決してネガティヴな意味合いではない。それどころが近年のインディ作品では稀なほどの売れる要素を数多く持ったアルバムである。まずその特長として上げたいのがその声。NE-YOの路線という言い方も間違いではないと思うが、彼よりもスムースな色合いは強く、クセの無さや聴きやすさと言った点ではYOUNG CITY RUの方が上だろう。

そしてそのスムースな声にピッタリと当てはまっている楽曲。(2)こそダーティーな面を意識したであろうトラック、メロディだがそれ意外は夜のドライヴのBGMにぴったりとハマリそうな内容である。リズム・アレンジの底辺やコーラスの被せ方にふとニュー・ジャック・スイング辺りの匂いが感じられたり、スロウでのコンテンポラリーさは80年代のアーバンさに満ちていたりと様々な要素もありそうだが一貫しているのはメロディのスムースさ。

楽曲のクレジットがはっきりと無いのが残念だが、練られたバック・トラック共々主役の個性を存分に活かしたプロダクションは、そこいらの軽いシンガー達に出来るような芸当ではない事は一聴して伺えるクオリティがある。正統派は正統派だが、現代R&Bのくくりの中ではスロウともミッドとも言いきれないゆるいビートは、かなり個性的と言えるのではないだろうか。

よくこの辺りのインディ作品を紹介する際に、メジャーの商業路線をネガティヴに捉える表現をしてしまうが、そもそもR&Bとは商業的な意味合いが強い音楽だということを再認識してしまうような作品だ。ただインディ・アーティストの良い部分と言っても良いであろう、時代性に流されず自分のやりたい事をやるということはひしひしと伝わってくる。強烈なインパクトが無くても良い作品だということが逆に強烈に伝わってくる不思議なアルバムだ。

by 卸部 S氏

絶賛ご予約受付中!

RU大柴???度 ☆☆☆ | スムース度 ☆☆☆☆☆ | 若手度 ☆☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:43:40Comments(0)TrackBack(0)

LEON BEAL / ROMANTIC GROOVE スムース・バリトンとアーバンな楽曲が絶妙のマッチング! インディソウル列伝 No.098

2007-01-13

6030.jpg LEON BEAL / ROMANTIC GROOVE (12TH NOTE)

気障に帽子を目深に被りはにかんだ笑顔のジャケット写真の洒落っ気、そして真っ正直なアルバム・タイトル... 音の雰囲気がそれだけで伝わってきそうじゃありませんか?

白髪のまじった髭も印象的なオヤジですが、しかしオシャレ度はなかなかのもの。コテコテではなくスムースなテイストさえも感じるバリトン・ヴォイスを操り、アーバン度数の高い楽曲を歌いこなす。80'Sの味わいもそこかしこに感じられ、R&Bではなくあくまで"ソウル"道を行く。今や幅広いタイプのシンガーを配出し、かなりの市民権も得るようになったインディ・ソウル・シーンですが、それでも意外といないタイプかもしれません。そして勿論実力も文句無し。遅咲き(?)の注目株、LEON BEALの2006年最新アルバムのご紹介。

そんなアーバン・メロウな雰囲気プンプンのLEONですが、キャリアの出発点はゴスペル界。なるほど、しっかりした歌唱もうなずけます。このアルバムの中でもLEON自身のリード・ヴォーカルではさほど感じませんが、バック・コーラスのテイストはゴスペルの影響が強いかもしれません。

そんなアレンジが功を奏しているのが(9)。82年のビルボードR&Bチャート9位のヒットを記録したASHFORD & SIMPSONのカヴァーですが、前述のような分厚いコーラスが気持ちの良いナンバーに仕上がっています。下地のビート、その他のアレンジ等はオリジナルに忠実な部分が多いので余計にゴスペル・チックなコーラスが印象に残る見事なカヴァーといえるでしょう。

しかしそれ以上にこのアルバムのハイライトと言えそうなのが(7)のアーバン・ミッド・ナンバー。アルバム全体としてもそうなのですが生楽器主体のトラック、そして特に咽び泣くオブリのサックスが効果抜群な夜の雰囲気満点なナンバー。はて、どこかで聴いたような…と思っていたら今やUKソウルの雄と言っても良いようなレーベル、EXPANSIONの雰囲気にそっくりなアーバン感覚。いやいや、これはなかなかのものです。

そしてその路線よりも更に80'Sテイスト、あるいはブラコンの味わいが強いミッド・ダンサーの(2)、やはりEXPANSION色が強い(4)、ポップ色が強くチャートに並んでいてもおかしくないスロウの(5)(12)(13)等盛り沢山の内容です。現行R&Bテイストにも挑戦した(3)(6)等もありますが、この辺りはご愛嬌と言っては失礼かもしれませんがアーバン度の高い楽曲郡に比べたら完成度はちょっと…。悪くはないのですが、その他の曲の出来が良いのでそう感じてしまうのかもしれません。それだけアーバン・テイストな曲が素晴らしいという事でしょう。

アップ〜ミッドに秀逸な曲が揃っているので、へヴィー・ローテーションでの店内プレイも勿論可能です。味わいのある声にアーバンな楽曲... 待ち望むリスナーも多いのではないでしょうか。

期待のオシャレ・オヤジ。ブレイクの可能性は大です。

by 卸部 S氏

お洒落度 ☆☆☆☆☆ | バリトン度 ☆☆☆☆ | アーバン&スムース度 ☆☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:15:52Comments(0)TrackBack(0)

MAC GRAHAM / 7 GRAHAMS 続々と注目株を輩出しているカナダからまた注目のシンガー登場! インディソウル列伝 No.097

2007-01-12

6028.jpg MAC GRAHAM / 7 GRAHAMS (YEL MUSIC)

ドレッド・ヘアのシンガーというのも結構厄介なもので、R&B〜ソウル界の人間からすると言葉は悪いがキワモノ扱いして音もロクに聴かないでスルーしてしまうことも度々... 何てこともある。実際にドレッドで純度100%のソウル・シンガーが少ないというのも事実であって、ミクスチャーといえば聞こえは良いがはっきりした趣旨がこちらになかなか伝わってこないシンガーが少なくないことも否めない。

今回ご紹介するMAC GRAHAMも実はソウル純度は70%くらい。だが残りの30%はAORや80'Sのポップ・ミュージック辺りの影響が一番感じられ、ソウル〜R&B系のリスナーに受け入れられやすいのではないだろうか。そんな新たなドレッド・シンガーの最新7曲入りミニ・アルバムのご紹介である。

カナダ出身、キャリアの手始めとしてMcAuley Boysというグループでリードを勤めた経験がある。本国は勿論、アメリカ、イギリス、オーストラリア等にもツアーで飛びまわり、なかなか活躍していた様である。当然ブラック・ミュージックが下地にあるMACだが様々な国の音楽を体験する事によって、良い意味でミクスチャー性が磨かれたのではないだろうか。

(3)のスロウなどはその典型といえそうである。ちょっと気だるい淫靡なメロディにアコースティック・ギターを効果的に使用したナンバー。どこかで聴いたことがあるような曲だと思っていたらテレンス・トレント・ダービーなんて懐かしい名前が浮かんできた。彼のミクスチャー感覚から荒々しさを削り取ったようなイメージが丁度良いのだろうか。

いずれにせよキャラクターとしては申し分無いものがある。アコギはその他の曲でも前面にフューチャーされていてソウル・シンガーというよりも黒人シンガー・ソング・ライターと言った方がやはり良さそうだ。

しかしオープニングの元気いっぱいのアップ・ナンバーなどは80'Sのダンス・ミュージックからの影響が強く感じられ、この辺りはソウル・リスナーが反応してくれるのではないだろうか。そのような事を含めても7曲のみのミニ・アルバムでは掴み所が難しいシンガーと考えられる向きもある。しかし今回はここ日本での挨拶代わりという考えも出来るだろう。

今後更に大きくなって、フル・アルバム発売時にはぜひ抑えておきたいシンガーとして、いまから要チェックである事は確実なシンガーだ。

by 卸部 S氏

ドレッ度 ☆☆☆☆☆ | カナダ勢い度 ☆☆☆☆ | アーバン度 ☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 21:22:06Comments(0)TrackBack(0)

DYKE & THE BLAZERS / WE GOT MORE SOUL ダイク完全版!英ACE傘下のBGPからの2007年お初!

2007-01-11

6018.jpg DYKE & THE BLAZERS / WE GOT MORE SOUL (BGP)

米COLLECTABLESのオリジナル・ジャケット仕様、そして英KENTから収録曲満載の編集盤として再発されていたあのDYKE & THE BLAZERSが、完全コンプリート版(2CD)として英ACE傘下のBGPより発売決定です!

なんと彼ら、60年代中頃にはあのO'JAYSのバック・バンドを務めていたという意外な事実もある。そんな彼らがグループとして隆盛、R.I.P. JAMES BROWNの推し進めたファンキー・ソウル路線をいち早く習得〜実践。"FUNKY BROADWAY"のヒットで唯一無二の存在となった。

もちろんそのイナタさとダイレクトさを兼ね備えた唯一無二のファンキー・サウンドが闇に葬られるわけもなく、ここ数年のディープ・ファンク・ムーブメントで再熱、炎上。そして満を持しての今作の発売となったわけであります。

言わずもがなのディープ・シャウト、ソリッドなギター、荒削りな裸一貫バンド・サウンドを聴かせるボトム陣など、60年代ファンキー・ソウルを代表し、同年代のファンキー・ソウル・サウンドに多大な影響を与えた彼らのファンキー臭をじっくり満喫できる。

以前お伝えいたしましたACT 1「SOUL OF SPRING」の第2弾、そしてディープ・ファン悶絶のDANNY WHITE(こちらは後日ご紹介!)と「HEART OF SOUTHERN SOUL」の再プレス... といった入魂な5タイトルが同時発売!新年第1弾からドンでもない豪華さですな!

そして2月のリリースも決定!KENTからオムニバス「HITSVILLE WEST: SAN FRANCISCO'S UPTOWN SOUL」「A CHANGE IS GONNA COME: THE VOICE OF BLACK AMERICA 1964-73」、そしてOHIO PLAYERSWESTBOUND期3タイトルがナント!未発表音源をプラスして再CD化!

...って今年の英ACE傘下レーベルは凄い勢いです!今年も大きく期待いたしておりますよ!

ダイク(=大工)度 ☆☆☆☆☆ | ファンキー臭度 ☆☆☆☆☆ | 怒涛の英ACE度 ☆☆☆☆☆ | 2007年も期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 22:55:33Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / GENE LAWSON PRESENTS UPLOOK RECORDS STORY: VINTAGE SOUL FROM PHILADELPHIA GRAPEVINEから新年のご挨拶!新作決定!

2007-01-10

6012.jpg V.A. / GENE LAWSON PRESENTS UPLOOK RECORDS STORY: VINTAGE SOUL FROM PHILADELPHIA (GRAPEVINE)

2003年度は「ATLANTA SOUL:THE PEACHTREE RECORDS STORY」、2004年度は見事リイシュー・ベスト大賞を獲得したMASQUERADERS、そして昨年は「LOU BEATTY'S DETROIT SOUL: THIRTY RARE GEMS FROM THE VAULTS OF LA BEAT RECORDS」でリイシュー・ベストにノミネート... 年に何タイトルかは本気印の素晴らしいリイシューを届けてくれる英GRAPEVINEから早くも2007年の新作第1弾情報が飛び込んで参りました!

PHILLY ARCHIVES傘下からディープ・ファンク人気にあやかって突如リイシューされたあのCHARLES MINTZ(しかしCD-Rにカラー・コピーのジャケットという無念の代物でした...)のリリースで知られるフィリーのUPLOOKレーベル音源集であります!さて気になります収録内容は...

収録内容
1. DELEGATES OF SOUL - I'll Come Running Back
2. DELEGATES OF SOUL - What A Lucky Guy I Am
3. DELEGATES OF SOUL - Heartbreak Of Love
4. DELEGATES OF SOUL - Girl I'm At Your Door
5. DELEGATES OF SOUL - Don't Take Your Love From Me
6. CHARLES MINTZ - Candy Baby
7. CHARLES MINTZ - Think Of What You're Losin'
8. CHARLES MINTZ - Love Wheel Turning
9. TEDDY PENDERGRASS - We Got Love
10. TEDDY PENDERGRASS - Angel With Muddy Feet
11. TEDDY PENDERGRASS - Should I Go Or Should I Stay
12. TONY TALENT - Gotta Tell Somebody (About My Baby)
13. TONY TALENT - Hooked On You
14. CHARLES MINTZ - Since I Found You Girl
15. CHARLES MINTZ - Finders Keepers
16. CHARLES MINTZ - Lucky Guy
17. CHARLES MINTZ - Give A Man A Break
18. CHARLES MINTZ - Running Back
19. DELEGATES OF SOUL - I'll Come Running Back (ALTERNATIVE VERSION)
20. THE UPLOOK ORCHESTRA - Running Back (INSTRUMENTAL)
21. CHARLES MINTZ - Running Back (ALTERNATIVE VERSION)

前述のCHARLES MINTZはもちろん、実力派グループDELEGATES OF SOULを網羅。そしてTEDDY PENDERGRASSの初期音源。う〜ん、唸りたくなるような期待感に包まれております。

今年も凄い予感が... 冒頭からこんなアイテムですから!

今年もGRAPEVINE度 ☆☆☆☆☆ | ようネタが出てくるなぁ度 ☆☆☆☆☆ | アーリー・フィリー度 ☆☆☆☆☆ | 期待度度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 22:46:39Comments(2)TrackBack(0)

POWER / POWERIZED シングル・リリースから即!アルバム入荷!2007年早々のビッグ・アイテム第1弾入荷! インディソウル列伝 No.096

2007-01-09

6001.jpg POWER / POWERIZED (POWERIZED PRODUCTIONS)

シングル「POWER」の発売でド肝を抜く往年のソウル・マナーで驚きの復活を遂げたあのPOWERが新年早々アルバムを届けてくれました!昨年の今頃はあのPERSUADERSが新作を届けてくれたり、なんとも新春は往年のソウル・ヴォーカル・グループ・ファンにとって縁起が宜しいようで!?

すでにシングルは聴かれましたでしょうか?どうです!? この往年のソウル・マナーたっぷりな歌いっぷり〜コーラス〜リードの取り回し!アルバムはもちろんその幅をさらに広げて、よりアーバンに... よりソウルフルに!

収録内容
1.Power
2.Three Little Words
3.Listen To Your Heart
4.Let Me Be Your Man
5.Playroom
6.I Want To Know Your Name
7.Once Upon A Time (In Love With You)
8.Get Your Love
9.Started All Over Again
10.I Want You
11.It's Tyme
12.Power Remix

シングル収録の(6)のミディアム・スロウはもはや名曲級、カスレ具合が堪らないリード・ヴォーカルによるミディアム・スロウ(3)、そしてメロディアスなスロウ・バラード(5)!アーバンなメロウ・ミディアム(7)(9)、さらにはおやぢパワー炸裂のファンク(1)(8)(11)もおやぢの色気ムンムン!そしてクサすぎるほどのソウル臭を放つハーモニー&ファルセット・リードによるスロウ・ナムバー(10)で、リアル・ソウル・ファンは失神寸前でございます!

現在のメムバーはBRUCE PIERSON、PATRICK DANIEL、WENDELL WATSON、DARRYL S. DRAPER Sr.の4名。ライナー・ノーツには楽曲ごとにリードの担当のお名前が書かれており、一体、誰がこんないい歌声を聴かせるのか!? と調べてみると... おぉなんと!全員リード取ってますね!こりゃぁ参った!

隠れた実力派が今、メイン・ストリートへと躍り出る!

往年のソウル・マナー度 ☆☆☆☆☆ | スロウ・ナムバー多し度 ☆☆☆☆☆ | アーバンおやぢ度 ☆☆☆☆☆ | 2007年も復活組期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 19:30:13Comments(0)TrackBack(0)

新春2007 diskunion SOUL/BLUES presents お正月の黒汁祭 「ソウル賀正箱」 プレゼント!

2007-01-06

遅ればせながら新年のご挨拶を。2007年もより黒々く、皆さまのブラック・ミュージック・ライフを応援する 黒汁通信 そして ディスクユニオンSoul Blues Gospel online を何卒、よろしくお願い申し上げます。

それではさっそく新春2007お正月限定企画ご紹介です!


Pヴァインからリリースされたソウル紙ジャケットをまとめて同時に3枚お買い上げのお客様にもれなくディスクユニオン限定オリジナル特典 『ソウル賀正箱』 を差し上げます!

1/8(祝)まで

■対象: Pヴァイン発売 ソウル紙ジャケットの全品対象 まとめて3枚お買い上げ
■特典: ディスクユニオン限定オリジナル特典 『ソウル賀正箱』(紙ジャケット3〜4枚収納)
*特典はなくなり次第、終了とさせて頂きます。

対象商品はコチラ

BRIGHTER SIDE OF DARKNESS『LOVE JONES』 と JIMMY BRISCOE & THE LITTLE BEAVERS『MY EBONY PRINCESS』 ジャケットをあしらったスウィーティーな紙ジャケ収納BOX! 新春限定プレゼントにつきプレミア必至!

この機会にぜひどうぞ!

・特集ページ 「新春2007 diskunion SOUL/BLUES presents お正月の黒汁祭 〜ソウル賀正箱〜 プレゼント」

2007年も最新情報をどこよりも早く度 ☆☆☆☆☆ | アッと驚くニュースまで度 ☆☆☆☆☆ | 黒汁オリジナル特典も次々と度 ☆☆☆☆☆ | 円満黒々ライフ度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 17:32:24Comments(0)TrackBack(0)

追悼 ジェイムス・ブラウン 紙ジャケ 限定アンコール・プレス ディスクユニオン オリジナル特典

2007-01-01



貴方はいつでもJ.B.で...貴方の生涯がFunkで...そして貴方の全存在がSoulでした。どうか安らかにお眠り下さいませ。

2003年に発売されたジェイムス・ブラウンの紙ジャケット仕様 全15タイトルが限定アンコール・プレスが決定!そして今回の発売にともないまして、発売当時の特典BOXとは異なる diskunionオリジナル特典 をご用意いたします。

ジェイムス・ブラウン 紙ジャケット 限定アンコール・プレス 全15タイトル 各々\2,141(税込)
○プリーズ, プリーズ, プリーズ (UICY9279)
○トライ・ミー (UICY9280)
○シンク! (UICY9281)   
○ジ・アメイジング・ジェームス・ブラウン (UICY9282)
○ライヴ・アット・ジ・アポロ (UICY9283)
○ピュア・ダイナマイト! (UICY9284)
○パパズ・ゴット・ア・ブランド・ニュー・バッグ (UICY9285)
○アイ・ゴット・ユー (UICY9286)
○マンズ・マンズ・ワールド (UICY9287)
○ロウ・ソウル (UICY9288)
○コールド・スウェット (UICY9289)
○アイ・キャント・スタンド・マイセルフ (UICY9290)
○アイ・ゴット・ザ・フィーリン (UICY9291)
○セイ・イット・ラウド (UICY9292)
○セックス・マシーン (UICY9293)

【ディスクユニオン オリジナル特典】
15タイトルまとめてお買い上げ の方に先着で、紙ジャケ収納「アイ・ガット・ユー 〜 J.B.追悼BOX」をプレゼント!

1/17メーカー出荷開始/1/19店頭販売開始予定 ご予約受付中!

* 特典BOXは予約規定数に達し次第、終了とさせて頂きます。
* 特典BOXは商品入荷日以降の入荷となります。予めご了承願います。
* 全タイトル完全数量限定の再プレスになります。予約規定数に達し次第、販売を終了させて頂きます。

Soul Brother #1度 ☆☆☆☆☆ | The Hardest-Working Man in Show Business度 ☆☆☆☆☆ | Mr. Dynamite度 ☆☆☆☆☆ | Godfather of Soul度 ☆☆☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 03:08:26Comments(2)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited