黒汁通信

ソウル〜インディ・ソウル〜R&Bのウラ、オモテ、ソコやらアソコをより深く弄るバイヤー業の日々を赤裸々に綴ります。

MEN OF STANDARD / SURROUNDED やはり傑作!WARRYN CAMPBELLの仕事に間違いナシ!近々のコンテンポラリー・ゴスペル事情

2006-07-31

4319.jpg MEN OF STANDARD / SURROUNDED (SONY URBAN)

想像どおり傑作となりましたMEN OF STANDARDSONY URBAN移籍第1弾ということでどうでるか不安もありましたが、ヴォーカル・グループという彼らの根本の部分を損なわず、時流適合したサウンドに見事にそれをのせて歌い上げた作品に仕上がっている。

やはり何と言ってもプロデューサーおよび作曲を全ての楽曲で担ったWARRYN CAMPBELLの手腕によるところが大きいでしょう。今やコイツの名前を見たらハズシなしというまでの安定感をみせるWARRYN。レーベル・メイトとなったMARY MARY(WARRYNはMARY MARYの姉の方の旦那)然り、KELLY PRICEDRU HILL、KANYE WESTらメジャーR&Bシーンで振るった手腕を、コンテンポラリー・ゴスペルというカテゴリーで完全に昇華させている。

説得力のある、歌の巧いシンガー達がこぞってゴスペルへと向かってしまう昨今。つい最近でこそJAHEIMURBAN MYSTICなどR&Bでも充分歌ってくれ、成功できる人も出てきていますが、たしかにNE-YOCHRIS BROWNに歌を求めるってのも酷なワケでして。TREY SONGZあたりの"歌ありき"の人の扱いがメジャーは下手というか、勿体無いというか。こういう状況を打破してくれるのが彼、WARRYN CAMPBELLではないかなぁと妄想膨らませているのでありますが果たして。

閑話休題。この「SURROUNDED」はそういった意味でも自分の中では大きな影響を与えてくれた作品になった。近々のメジャーR&B事情、ゴスペルのの垣根、あーだこーだもぅいいではないですか、と。歌を聴かせるアルバムがここにあるってだけで。兎にも角にもMEN OF STANDARD、歌好きには無条件でお薦めなのです。

オフィシャルHP

歌ぢから度 ☆☆☆☆☆ | 美メロバラー度 ☆☆☆☆☆ | 高揚感&抱擁力度 ☆☆☆☆ | コンゴス期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:22:46Comments(0)TrackBack(0)

美嬢黒コレクション No.002 LETOYA

2006-07-31

4318.jpg デスチャ離脱、放置しとくには惜しい美女にして努力の嬢、LETOYA NICOLE LUCKETT新作発売中!地元HOUSTONに根を張り、踏ん張り、ついにここまで来た!その根性に惚れたッ!






参加メンツが凄い、BUN B、PAUL WALLSLIM THUGMIKE JONESって、ヒューストン・オールスターズでんがな。制作陣もJUST BLAZE、JONATHAN ROTEM、TEDDY BISHOP、JAZZY PHA、SCOTT STORCHにJERMAINE DUPRIと、一体幾らかかってるんだ!? と心配したくなるような豪華さ!

カムバック度 ☆☆☆☆ | 頑張り度 ☆☆☆☆☆ | 露出度 ☆☆☆☆☆(ハンパ無し) | ジャケ顔は実はピーターに似てる度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:19:24Comments(0)TrackBack(0)

DARIEN BROCKINGTON / SOMEBODY TO LOVE LITTLE BROTHERSのアルバムにも参加していた期待の新人! インディソウル列伝 No.079

2006-07-30

4316.jpg DARIEN BROCKINGTON / SOMEBODY TO LOVE (HALL OF JUSTUS/ABB SOUL)

すでに好事家の間では話題となっているシンガーDARIEN BROCKINGTONが正式にアルバム・インフォメーションされました。配給はあのPEVEN EVERETTもリリースしているABB SOULより。すでにLITTLE BROTHERの昨年発売の名作アルバムや、そのメンバーPHONTEとNICOLAYによるユニットFOREIGN EXCHANGEのアルバムにも参加していて、その界隈からはすでに高い評価の声を聴く。

そんな彼、実はすでにミニ・アルバムを自身のレーベルからリリースしていたのです。小生所有の皿は無念のCD-Rでしたが、コレが内容も実に良い。

DARIEN BROCKINGTON / THE FEELING EP (CD-R)
1. Introuction
2. Steppin' Out
3. Love Is Done
4. Sacrifice feat. Yahzarah
5. Next To You
6. Can We Fall In Love Again
7. Dedication
8. This Is Our Life
9. Listen

自身HPのディスコグラフィーによるとまだ購入ができそうですのでさっそくオーダーを...否!? もしかしたら新作に収録されるやも?ここは一先ず様子を伺うか。

まぁニュー・クラシック・ソウル〜ヒップ・ホップ・ソウルであるが、以前にも紹介しましたRAHEEM DEVAUGHNCROSSRHODESといい、メジャーとの境界線なんてもう、この辺りはないですね。しかもインディの方がクオリティが高いってことの方が多かったり。よりアーティストの純度が高いアルバムが出来上がるといったワケでしょうか。

コレは期待せずにはいられません!

オフィシャルHP
オフィシャル myspace

ドレッ度 ☆☆☆☆☆ | ネオ・ソウルって?度 ☆☆☆☆ | 歌心深し度 ☆☆☆☆☆ | アーバン度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:25:24Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / RAREST OF THE RARE SOUL HARMONY VOL.3 自分達が写りたいだけか!? このセンスにの脱帽のレア・シングル集の第3弾!

2006-07-29

4307.jpg V.A. / RAREST OF THE RARE SOUL HARMONY VOL.3 (FISHY)

ウ〜ン、まさに独壇場。スウィート〜ヴォーカル・グループ・ファンには堪らないレア音源満載の傑作コンピレーション「RAREST OF THE RARE SOUL HARMONY」のシリーズ第3弾の発売決定!第2弾も凄いジャケでしたが、今回も極悪センス爆発ッ!家族ぐるみなナイスジャケかと思いきや、やっぱりオッカなすぎの皆々さま方!

しかし、内容もやはり凄いことになっております。

収録内容:
1. My Love - Mailbu's
2. I'm A Fool - Sherry Gibbs & Hearts
3. Love - Fondells
4. Stop Doubling My Love - Freedom Machine
5. Leading Two Lives With Four Women - Thrillers
6. I've Done You Wrong - Please
7. Burning Up In Love - Choparrels
8. Bucket Full of Tears - Derrick Harriot
9. This Is the Night - Hi C's
10. One Of These Mornings - Capitolairs
11. I'll Make It Up To You - Mary Holmes
12. Wish I Could See You
13. I Tried My Best - Ben Ivers & Nue Day Express
14. She Won't Give In - Rhyhtm & Blues
15. I Can't Say I Love You - Lanny Hunt & Themes
16. Weekends - Visions
17. If I Had To Go Away - Jigsaw
18. Take These Chains - Dushons
19. Never Before - Betty Foster
20. That's All I Want To Do - Lenny Wayne & Hi-Tones
21. 48 Hours A Week - Cassadons
22. Misery Loves Company - Johnny Stewart
23. Love Will Make Your Mind Go Wild - Jerry Ford
24. Tomorrow May Never Come - Four Gents
25. Living In A Lonesome House Without You - Carrie Riley & Fascinations

ウ〜ン、脱帽。段々整理できなくなってきました同系コンピレーション群の中でもやはり群を抜いてレア&独自のセンスを感じるこの力作シリーズ。間違いなく要チェックなのであります。

近日入荷予定!ご予約受付中!

同系(極甘/チカーノ)シリーズ一覧:
LATIN SOUL RECORDINGS レーベル一覧
LOST SOUL RECORDS レーベル一覧
RAREST OF THE RARE SOUL HARMONY シリーズ一覧
CHICANO SOUL シリーズ一覧
HOOD DREAMS シリーズ一覧
GANGSTER SOUL HARMONY シリーズ一覧
SOUL VOCAL GROUP TREASURE シリーズ一覧 (CD-R)

第1弾のジャケはどこへやら...度 ☆☆☆☆☆ | レアー度 ☆☆☆☆☆ | 甘茶度 ☆☆☆☆ | これぞチカーノ達が愛したクラシックス度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:50:21Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / SOULFUL THANGS VOL.5 ジャケット修正入りました!

2006-07-29

人気爆発中の甘茶コンピレーション・シリーズ「SOULFUL THANGS」の第5弾、昨日入荷のご案内もいたしましたとおりチカーノ嬢のモンマリ(盛萬)なジャケットがコレ股、玉乱ずなグッドスタッフであったワケですが、何と2回目入荷からはショッキングな事態に!

モ、モ、モンマリが隠されてんがなーッ!!

というワケでして、1回目入荷のモンマリ・ジャケットはレアーですのでご注意あれ。

ショック修正度 ☆☆☆☆☆ | ドテとも呼ぶ度 ☆☆☆☆ | ある意味凄い皿使い度 ☆☆☆☆ | 内容は言わずもがな最高!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:49:20Comments(0)TrackBack(0)

MARCUS COLE / WRITE MY SONG この激バリトン声、やはり凄い。久々のソロ・アルバムはEMI GOSPELより発売!

2006-07-28

4292.jpg MARCUS COLE / WRITE MY SONG (EMI GOSPEL)

以前にお伝えしました劇作家LATERRAS R.WHITFIELDによるミュージカルのオリジナル・サウンドトラック「ISSUES: WE ALL GOT 'EM」GARY JENKINSとともに参加し、久々にその見事な歌声(この喉、辛〜!)を聴かせてくれたあのMARCUS COLEの待望の新作がいよいよ8/1発売となります。なんと発売は今や飛ぶ鳥を落とす人気のKIERRA KIKI SHEARDEMI GOSPEL

すでにオフィシャルHPでは数曲試聴が可能ですが、一聴した感じではかなり地味、というか落ちついた雰囲気のアルバムに仕上がっていそう。でもアノ声が声だけに、やっぱりシビレてしまうのですね〜ハイ。

収録内容:
1. Thats Alright
2. He s Been Good
3. Finally
4. Breathe
5. Give Him the Praise
6. Being With You
7. I Am Persuaded
8. Your Glory
9. Write My Song
10. Youre There
11. Celebrate
12. Bless My Soul

クワイアによるバック・コーラスも随所に支える本格的なゴスペル・ソングと、よりメジャーR&B路線な今風ナムバーをバランスよく収録。つい昨日発売されたMEN OF STANDARDと並んでR&Bファンのゴスペル入門としては最適なアルバムに仕上がっております。と、いうかR&Bとして聴けてしまいますね、普通に。

最近、この辺りのゴスペルが抵抗なく聴けるようになってきて、とても嬉しい。最近の流行のクランクン'ビやらなんちゃらよりは、ずっとこっちの方がソウルフルっすからね。

塩辛ヴォイス度 ☆☆☆☆☆ | 大人のゴス・アル度 ☆☆☆☆ | 大袈裟すぎる部分もちょこっと度 ☆☆☆ | 99年作久々聴きたい度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:03:48Comments(0)TrackBack(0)

JEWEL / CUT 'N' POLISHED アース・ウィンド&ファイヤーの亜流では終わらぬアーバン・メロウな名作世界初CD化!

2006-07-27

4291.jpg JEWEL / CUT 'N' POLISHED (ERECT)

これこそソウルLPのジャケット!何という安直なジャケット!そしてグループ名は... 宝石って!? アルバム・タイトルにも決して深い意味などなさそうだか、やけに説得力のあるジャケットとバンド名のインパクトが、その内容よりも先行して覚えられてしまう彼らJEWELの唯一のLPにして、82年発売のレア・アルバムが世界初CD化です!

収録内容:
1. Gotta Make It Better
2. We Cannot Say Good-Bye
3. Song Of Life
4. Rhythms Of Home (Majai)
5. You're So Jealous
6. Something You Should Know
7. Soon You'll See The Way
8. Jewel's Groove

70年代から脈々と受け継がれてきたファンク・グループが、生き残りを架けて切磋琢磨した80年代前半。大きく成功を収めたEARTH, WIND & FIRECON FUNK SHUNといった先駆者の陰には、いつも彼らのようなマイナーの存在があるのは世の常。

そんな勝者から、彼らのようなマイナー・グループが受ける影響は絶大である。彼らも然り、とりわけEARTH, WIND & FIREからの影響はかなり大きく、都会的なグルーヴを持つ(3)(5)、メロディの展開にまで影響(真似?)を感じさせるアーバン・スロウ(2)(6)は、本物を凌ぐようなアース・ワールドを展開している。

しかし、それだけではただの物真似バンドで終わってしまうわけで、そこに収まらなかったのは彼らにはひとつ強力な独自の武器があったからであろう。その独自性というのがソウル・ファンには何よりも大切な"ヴォーカル"である。この力強い歌声こそが、この唯一のアルバムがいまだに評価されている所以。楽曲の展開、コーラス〜サビと徐々に盛り上がり昇天を極めるテナー・ヴォーカル、類稀なファルセットによるコーラス・ワーク、メンバー全員のスキルの高さが伺える。

イリノイ州のローカルなスタジオで、成功に向けて鍛え上げた見事な結晶=サウンド。まさに"JEWEL 宝石"と言ってはさすがに言いすぎか!? さぁ、いよいよ今こそ再評価を!

レアー度 ☆☆☆☆ | ローカル(地元)パワー度 ☆☆☆☆☆ | アースじゃん!?度 ☆☆☆☆☆ | 国内帯・ライナー付も発売決定!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:34:56Comments(0)TrackBack(0)

黒美嬢コレクション No.001 CHERISH

2006-07-27

4290.jpg 以前からイチ押しの姉妹グループCHERISHのジャケットが キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!







ガ、ガマンの限界デス!

左度 ☆☆ | 左2度(現在、携帯待ち受け中) ☆☆☆☆☆ | 右2度(幼っ!) ☆☆☆☆ | 右度 ☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:25:21Comments(0)TrackBack(0)

PERFECT CIRCLE / WE'RE #1 ファンクそしてソウル・バラードの輝き。70年代ベイ・エリア産グループによるレア盤が世界初CD化!

2006-07-26

4284.jpg PERFECT CIRCLE / WE'RE #1 (INNER CITY)

70年代に数多く生まれたマイナー・ファンク・バンドによるレア・アルバムの中でも、ここ日本で圧倒的な人気を誇るLPであるPERFECT CIRCLEがついに世界初CD化となりました!

言わずもがなレコード店では常に壁掛けアイテムとして重宝され、レア・グルーヴ・ブームによるソウル・レコード全盛期には、その姿すら見かけなくなってしまったほどの人気ぶり。数年前に怪しいアナログ再発盤が出回ったが、今やそれすら見かけずという状態。たしかに納得のこの黒塗り〜いかにも"ソウルのレア盤"と言わんばかりのインパクトあるジャケットの持つ力、然るべきであろう。

ついにCD化となり明かされるそのグループの全貌。実は03年にUBIQUITY傘下のリイシュー・レーベル、LUV N' HAIGHTより発売されたファンク・コンピレーション「INNER CITY SOUND」は、このPERFECT CIRCLEの中心人物であるGEORGE SEMPER(key)がオーナーを務めたレーベル"INNER CITY RECORDS"の編集盤なのである。そこにも当アルバム収録の(5)(7)の2曲が収録され話題となりましたが、今回ようやく念願叶って単独でのCD化となった次第である。

収録内容:
1. Dip Stick
2. For Your Funkification
3. This Love Is Mine
4. Jungle Disco
5. Spread The News
6. The Perfect Circle
7. The Hands Of Time
8. I'll Always Love You (Girl)
9. Peaceful Funk

前述コンピレーション「INNER CITY SOUND」でも聴くことのできた、同レーベルのベイ・エリアらしいサウンドの旨味をすべて凝縮したかのような名曲揃いによるこのアルバム。切れ味あるリズム隊とホーン・セクションをフィーチャーし、曲によってJ.B.〜Pファンクの影響も色濃く感じさせるファンク・ナンバーの勢いたるや、マイナーに埋もれてしまうには実に惜しい実力と説得力を持つ。疾走する(5)(7)、メロディックなブギー・ファンク(1)あたりが真骨頂であろう。これぞ70年代と唸ってしまいそうなファンク・サウンドを堪能できる。

しかし!それだけでは終わらないのがこのアルバムが"重宝"されている所以。KOOL & THE GANGにも通ずるサマーブリーズなスロウ・ナンバー(3)、哀愁バラッド(8)の存在こそが、このアルバムをさらにネクスト・レベルへと誘ってくれるのである。ファンク&スロウ。どちらも彼らのポテンシャルの高い演奏、歌声を披露するには十二分!さぁ、いよいよ今こそ再評価を!

レアー度 ☆☆☆☆ | グルーヴ&ファンク度 ☆☆☆☆☆ | サマー・ブリージンなバラー度 ☆☆☆☆ | 70'S度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:04:38Comments(0)TrackBack(0)

BLACKSTREET / HOT SUMMER JAM: LIVE IN CONCERT すでに話題騒然の野外フェス・ライヴ映像オーストラリア盤DVD!

2006-07-25

4270.jpg BLACKSTREET / HOT SUMMER JAM: LIVE IN CONCERT (RAJON VISION)

世界各国、もはや裏表関係ナシ観れない映像はないのではないか!? と思わせるほど連日発売されるDVD市場。その中でも90年代R&Bファンの間ではすでに話題騒然となっていたDVDがついに入荷しました!な、な、なんとあのBLACKSTREETの全盛期ライヴ映像作品です!

さてその気になる内容は...

収録内容:
1. This Is How We Roll
2. Never Gonna Let You Go
3. Let's Stay In Love
4. Fix
5. Before I Let You Go
6. Don't Leave Me
7. Man Behind The Music
8. No Diggity

収録内容から憶測するにアルバム「ANOTHER LEVEL」発売96年以降(DAVE HOLLISTERはすでにおらず、CHAUNCEY HANNIBAL、ERIC WILLIAMS、MARK MIDDLETON&TEDDY RILEYの第2期メンバー)か。

生ということでヴォーカル・グループとしてのBLACKSTREETを存分に味わえる内容。にしてもこんなに歌、凄かったのかぁ〜とあらためて関心したりして。中でもMARK MIDDLETONのシャウトっぷりには圧巻!そしてTEDDY RILEYの十八番ヴォコーダー・プレイも冴えわたる!

そして野外フェスということでの客のダレ具合、開放(脱力?)感、そしてチープすぎで泪を誘うステージ演出の数々、そんな何ともアメリカのフェスらしい雰囲気の中、一心不乱に歌い狂い、踊り舞うメンバーの熱の入れ具合といったら!ウ〜ン!これぞライヴの醍醐味!

果たして正規か、何故のオーストラリア盤。悲しいかな映像方式はPAL、しかしリージョンがフリーですのでPCなどではご覧頂けます。(丸見えDVDプレイヤーをお持ちの方も最近、増えていますね。このテの作品は多くがPALであったり、リージョン1であったりするので今や必需!)

懐かしい、胸焦がれる名曲の数々が今、ステージで蘇る!

NJS度 ☆☆☆☆☆ | BLACKSTREET 歌、凄い度 ☆☆☆☆☆ | MARK MIDDLETONは今!?度 ☆☆☆☆ | GUY?BLACKSTREET?どっちやねん!度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:58:45Comments(0)TrackBack(0)

SLY & THE FAMILY STONE トリビュート盤DIFFERENT STROKES BY DIFFERENT FOLKS〜奇跡の復活〜そしてリマスター盤一挙発売!

2006-07-24

4257.jpg 60〜70年代に活躍したシンガー〜アーティスト達は今、団塊の世代?アメリカにそんなモンないだろうが、今年早々のビッグ・ニュース「アノ人は今?」ランキング堂々一位SLY STONEの復帰、しかもその場所はグラミー授賞式というショッキングな事件を経て、コレは何かある...と予想はしていましたが、やはり来ました。SLY & THE FAMILY STONEのオリジナル・アルバムが一斉リマスター&ボーナス・トラック追加収録でCD化となります。

企画トリビュート盤「DIFFERENT STROKES BY DIFFERENT FOLKS」は若干不発の感も否めなかったが、前述のグラミー授賞式の演奏途中でステージを去るという破天荒っぷり披露、一斉に「まだダメなんじゃん!?」と思わざるを得なかったアノ現場を目撃したあたりから本人の現状を判断するなれば致し方なしか。よってこの再発もまだ先でも良いのでは?という思いも少し。が、たしかにこの機を逃したら確約はないワケでして。

さて気になるその内容ですが、リイシューの仕事っぷりには定評のあるEPIC/LEGACYということでまったく文句の付けようがない徹された再発となりそう。まずは10/31発売予定で「A WHOLE NEW THING」「DANCE TO THE MUSIC」「LIFE」「GREATEST HITS」の4タイトル、続いて後期作品がリイシューとなる予定。10/31発売分には細かいインフォメーションもありましたのでここでご紹介しましょう。

「A WHOLE NEW THING」(EPIC/LEGACY / 90277) *写真
1. Underdog
2. If This Room Could Talk
3. Run, Run, Run
4. Turn Me Loose
5. Let Me Hear It from You
6. Advice
7. I Cannot Make It
8. Trip to Your Heart
9. I Hate to Love Her
10. Bad Risk
11. That Kind of Person
12. Dog
13. Underdog (Single Version) - Bonus Track
14. Let Me Hear It from You (Single Version) - Bonus Track
15. Only One Way Out Of This Mess - Bonus Track
16. What Would I Do - Bonus Track
17. You Better Help Yourself - Bonus Track *Previously Unreleased

「DANCE TO THE MUSIC」(EPIC/LEGACY / 90274)
1. Dance to the Music
2. Higher
3. I Ain't Got Nobody
4. Dance to the Medley: Music Is Alive/Dance in/Music Lover
5. Ride the Rhythm
6. Color Me True
7. Are You Ready?
8. Don't Burn Baby
9. I'll Never Fall in Love Again
10. Dance to the Music (Single Version) - Bonus Track
11. Higher (Single Version) - Bonus Track
12. Soul Clappin' - Bonus Track
13. We Love All - Bonus Track *Previously Unreleased
14. I Can't Turn You Loose - Bonus Track *Previously Unreleased
15. Never Do Your Woman Wrong (Instrumental) - Bonus Track *Previously Unreleased

「LIFE」(EPIC/LEGACY / 39452)
1. Dynamite!
2. Chicken
3. Plastic Jim
4. Fun
5. Into My Own Thing
6. Harmony
7. Life
8. Love City
9. I'm an Animal
10. M'Lady
11. Jane Is a Groupee
12. Dynamite! (Single Version) - Bonus Track
13. Seven More Days - Bonus Track *Previously Unreleased
14. Pressure - Bonus Track *Previously Unreleased
15. Sorrow - Bonus Track *Previously Unreleased

「GREATEST HITS」(EPIC/LEGACY / 75910)
1. Dance to the Music
2. Life
3. M'Lady
4. Everyday People
5. Sing A Simple Song
6. Stand!
7. I Want to Take You Higher
8. Hot Fun In the Summertime
9. Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)
10. Everybody Is A Star
11. Family Affair
12. Runnin' Away
13. (You Caught Me) Smilin'
14. If You Want Me To Stay
15. Frisky
16. Time For Lovin'
17. Loose Booty
18. I Get High On You

全曲リマスター、ボーナス・トラック&未発表も収録。そして「GREATEST HITS」はオリジナル・アルバムとしては彼らの前期(「暴動」以前)の音源で構成されていたが、今回は後期音源も収録した、まったくの新ヴァージョンで登場となる予定。これは凄い。

青春真っ只中の暑い夏がやって来る、あの名曲が蘇る。"Hot Fun In the Summertime"で胸を焦がすあの想い、もう一度。続報、要注目です。

さすがLEGACY企画度 ☆☆☆☆☆ | 本当にスケジュールどおりお願いしマス度 ☆☆☆☆☆ | 青春真っ只中度 ☆☆☆☆ | もしかして国内盤は紙ジャケで発売か!?期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:08:38Comments(0)TrackBack(0)

タッチ・オブ・クラス / ラヴ・ミーンズ・エヴリシング | ワシントン・ジャム・バンド / ゴナ・ゲット・ユア・チェリー世界初CD化!

2006-07-23

4254.jpgTOUCH OF CLASS タッチ・オブ・クラス / LOVE MEANS EVERYTHING ラヴ・ミーンズ・エヴリシング (紙ジャケ/Pヴァイン)
WASHINGTON JAMB BAND ワシントン・ジャム・バンド / GONNA GET YOUR CHERRY ゴナ・ゲット・ユア・チェリー (紙ジャケ/Pヴァイン)

またしても日本が世界に誇るべきCD化が実現!フィリー&マイアミ産というソウル・ファンにとっては聖地といっても過言ではないアイテム。OLLIE NIGHTINGALEBILL CODAYROSCOE ROBINSON(8/4発売)といったサザン〜ディープ・ソウル・リイシューを原点に、あらゆるブラック・ミュージックを幅広くリイシューを続け、進化し続ける偉大なるレーベルPヴァインが新たに立ち上げた新プロジェクト「GROOVE DIGGERS」シリーズの第1弾、TOUCH OF CLASS以前紹介したページ)とWASHINGTON JAM BAND(写真)の2タイトルが世界初CD化です!

まずは名曲"I Just Can't Say Goodbye"というフィリー屈指の名曲を吹き込み、ソウル界にその名を残したTOUCH OF CLASS。ソウル・ヴォーカル・ファンにはもちろん、フリー・ソウル好きのヤングな輩にもストライクなソウルフル具合。そして知る人ぞ知る存在であったWASHINGTON JAM BANDはマイアミ産ファンクを基盤にメロウさもあわせ持つ隠れ名盤。やはり目の付け所が流石。

そして!ディスクユニオン・オリジナル特典として、今回発売2タイトルのうちお買い上げ1タイトルごとにそれぞれ1枚、特製ポスト・カードを差し上げます!どちらもアンニュイな男女ジャケ故、ラブレターに持って来いのポストカードをぜひゲット!

Pヴァイン「GROOVE DIGGERS」シリーズ第1弾 世界初CD化2タイトル特典ポストカード 特集ページ

フィリー名作度 ☆☆☆☆☆ | マイアミ深いゼ!度 ☆☆☆☆ | 紙ジャケもシックで◎度 ☆☆☆☆☆ | GROOVE DIGGERS続編期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 10:26:26Comments(0)TrackBack(0)

好評開催中!盆だ!黒汁歌合戦 「インスト・ソウル MIX CD-R」 プレゼント!!

2006-07-22

inst_soul_mix

ご好評プレゼント企画今年も開催!ディスクユニオンSoul Blues Gospel online掲載商品をまとめて\10,000(税込)お買い上げの方に、Maskman(c)プレゼンツ世界初!?ソウル・インストMIX CD-R 『THE SOUL OF A MAN』 を差し上げます!

もちろんディスクユニオン限定!もちろんリスニングにも持って来いのイカした内容!ダンス・パーチーで使うも◎。お盆の家族対抗歌合戦で使うも◎。バーでご自慢の十八番を歌い上げるも◎。用途はさまざま貴方しだぁ〜ぃ!
この機会にぜひどうぞ!

*特典はなくなり次第、終了とさせて頂きます。
新宿ソウル/ブルース館お茶の水ソウル/ブルース館も同時開催!

ファンク度 ☆☆☆☆ | ノーザン度 ☆☆☆☆☆ | カラオケ度 ☆☆☆☆ | 盛り上がり必至度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:14:41Comments(0)TrackBack(0)

ESTHER MARROW / NEWPORT NEWS, VIRGINIA オリジナルはFLYING DUTCHMAN発69年作"MAMA"収録のレア盤世界初CD化!

2006-07-21

4237.jpg ESTHER MARROW / NEWPORT NEWS, VIRGINIA (SONYBMG MUSIC)

レア・グルーヴ〜フリー・ソウルによるレア盤再評価により発掘されたアルバムは数知れず、人間の欲望とはまさに底無し、まだまだ頂戴!と言わんばかりにオリジナル盤はFLYING DUTCHMANから発売のこのアルバムも遅ればせながら再評価となりますか。同じくJAZZ系レーベルMAINSTREAMから発売されたALICE CLARKと同趣向、カテコライズを拒む自由な精神によるウーマニズムなブラック・アルバム69年作が世界初CD化です。

FLYING DUTCHMAN音源コンピレーション「FLYING FUNK」収録の"MAMA"でも印象的な、厳かなストリングス演奏が全編を支配する中に、タイトでグルーヴィーな佳曲多し。ゴスペル出身の彼女のシンガーとしての卓越した力量をプロデューサー陣が理解していればここまで大袈裟なバックを用意せずともと... 思わせる勿体無ぁ〜な瞬間もあるが、これは時代故。ちなみにプロデューサーはGENE PAGEやARTIE BUTLERの名が。

先日ご紹介しましたSONYBMG MUSICのレア・グルーヴ再評価シリーズ「THE VIBE! ORIGINAL RARE GROOVES ALBUM SERIES」の中からのリイシュー。もっと多くの未聴アルバムを楽しめる機会が増えることを期待しつつ。

ジャケは男かと思った!度 ☆☆☆☆ | "MAMA"名曲度 ☆☆☆☆☆ | シンガー力量度 ☆☆☆☆☆ | THE VIBE!続編に期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 09:43:18Comments(0)TrackBack(0)

B.B. & Q. BAND / GENIE ついに世界初CD化!CURTIS HAIRSTONのヴォーカルによる85年作!

2006-07-20

4227.jpg B.B. & Q. BAND / GENIE (VINYL MASTERPIECE)

伊FONTE RECORDSからHIGH FASHIONとセットで発売されたB.B. & Q. BANDのオリジナル・アルバム3枚を、先じてリイシューしたのは、80'Sリイシュー・シーンの発端であり先駆者であるVINYL MASTERPIECEであった。早いものでもうあれから2年の月日が経とうとしている。そして、ついに出ます。ファンが期待、そして予想してやまなかったであろうあの名盤「GENIE」がいよいよ世界初CD化です!もちろん発売はVINYL MASTERPIECE!

83年発売「SIX MILLION TIMES」の後、解散状態へと陥った彼らが、再起をかけて元BREAKWATERのKAE WILLIAMS JR.を中心に、CHANGEの面々、そして言わずもがなの稀有のシンガーCURTIS HAIRSTONらで活動を再開、85年に発売されたのがこのアルバムである。結果としてはグループ自体はまたしても暗礁へ乗り上げ、代わってそのアルバムで一気に注目を集めたCURTIS HAIRSTONがソロ・アルバムをリリースするという形で幕を閉じた。

もちろん人気のワケはCURTIS HAIRSTONによるところも大きいが、それだけではない。前述のKAE WILLIAMS JR.の手腕によるこれまでとは違ったB.B. & Q. BANDを演出するとともに、見事に時代をつかんだ、メロウでいて熱い名作。85年といういろいろな意味で瀬戸際であり、移行期であった同時代の中では抜きん出たクオリティを持つサウンドでこそ栄えたCURITSのヴォーカルという形でとらえても過言ではないであろう。

そしてもちろん手を抜かないのがVINYL MASTERPIECE、なんとリミックスやヴァージョン違い、デモ・トラックまでをも引っ張り出しての全6曲のボーナス・トラックをプラス。そしてジャケット・アートワークは先行発売されたヨーロッパ盤ジャケット(紫色/写真)と、US盤ジャケット(灰色/青)のリバーシブル仕様を予定。文句の付けようのない完璧なリイシューが実現となっております。

収録内容:
1. Genie (6:02)
2. Main Attraction (5:43)
3. Won't you be with me tonight (4:32)
4. Don't force it (4:53)
5. Minutes Away (3:15)
6. On the shelf (5:14)
7. Dreamer (5:45)
8. Riccochet (4:10)
Bonus Tracks:
9. Dreamer (Shep Pettibone / Long vocal version) (7:10)
10. Riccochet (Ben Liebrand Mix) (5:56)
11. Dreamer (Shep's Dream Version) (6:06)
12. Main Attraction (The finest Remix) (6:37)
13. Dreamer (No.1 Remix) (6:12)
14. Dreamer (Shep Pettibone / Short vocal version) (3:55)

8/7発売予定。ついにこのアルバム、80'S再発シーンもそろそろ佳境か!? それともさらに突き進むのか。今後のVINYL MASTERPIECEの打つ手には要注目です。

悲願の初CD化度 ☆☆☆☆☆ | さすが圧巻VINYL MASTERPIECE度 ☆☆☆☆☆ | ボーナストラック多し度 ☆☆☆☆ | この辺りまでくるといよいよ80'S玉切れ感も...度 ☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:39:03Comments(0)TrackBack(0)

KARLYTON "KK" CLANTON / SPEAK FOR ME L.A. BLACK MUSIC AWARD?受賞者! インディソウル列伝 No.078

2006-07-19

4216.jpg KARLYTON "KK" CLANTON / SPEAK FOR ME (68 STREET)

はじめて聴いた瞬間は???でしたが、聴く度に彼の熱い心の内がヒシヒシと伝わってくるこの感触、シンプルでシリアスな楽曲に、違和感すら覚えそうなくらいに熱く、懐の深い歌声。これでソウル名曲でも歌ってくれたら最高なにになぁ〜とは思うべからず、これが彼、KARLYTON "KK" CLANTONなのです。

ジャケットのインパクトからしてかなりの強者かと思わせながら、その第1印象をあえて避けるようなこのシリアスな楽曲群。CURTIS MAYFIELD「ゼアズ・ノー・プレイス〜」あたりを彷彿とさせながらも、どこか艶やかさも感じさせてしまうメロウネス。そして歌声、塩辛〜ファルセットも多様、実に巧い。聴いていると気付くと彼の世界にいつのまにかドップリな状態になってしまう、不思議な魅力を持つアルバムです。

果たしてそんなものがあるのか不明ですが彼、今年度のL.A. BLACK MUSIC AWARDのR&B PERFORMER OF THE YEARを受賞しているらしい。そんな勲章も似合わないくらいの素直さ、あたたかさ、感情が込められた、ちょっと変わったインディ・ソウル名作。自身のmyspaceにSOUND LIKE... K-CI HAILEYと書いてあるのがちょっと嬉しかったり。

ゼアズ・ノー度 ☆☆☆☆ | 内なる熱さ度 ☆☆☆☆☆ | 歌唱力度 ☆☆☆☆☆ | 次作も期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:09:06Comments(0)TrackBack(0)

FIVE HEARTBEATS 15TH ANNIVERSARY EDITION 本編DVD+CD(サウンドトラック盤)のデラックス版が発売!

2006-07-18

4204.jpg FIVE HEARTBEATS 15TH ANNIVERSARY EDITION (20TH CENTURY FOX)

DVDの急速な普及はここ日本のみならず、否、米国の方が凄まじい勢いであると実感したのは、先月のシカゴ訪問時に感じた事。本当に圧倒的な量!ビデオ・テープなどはまったく姿を消し、凄まじい数のDVD作品が陳列された店舗には思わず驚愕した。そしてその中でもここ日本でなかなかお目にかかれない、国内盤などはもっての他なマイナー作品たちまでもが、次々とDVD化されている状況。この勢いまかせな米国の流儀、わりと好きですケド。

そんな中、ソウル・ファンには神格化(?)されている映画がある。そう「FIVE HEARTBEATS」である。架空のヴォーカル・グループの紆余曲折、成功と挫折を描いたブラック・シネマの名作である。そんな名作が15周年を記念してワイド・スクリーン版&サウンドトラック付きのデラックス版でDVD再発されました。

しかし無念!今回のDVD化もリージョン1(*)の発売!お願いですから国内字幕版出して〜。自分は昔、NHKのBSかどこかで放映された字幕入りのビデオを持っている(借りっぱなしです!ゴメンなさい○○さん!)し、国内盤ビデオも発売されていたので字幕付けるのは安易なハズ?ぜひ一念発起を!

そして今回はハナから付いてるサウンドトラック盤。ジャケなどは付いていないのでチト寂しいですが、DELLSの熱唱はやはり感激モン、劇中の架空のグループFIVE HEARTBEATSが歌っている楽曲を収録した、まさにFIVE HEARTBEATSの最初で最後のアルバム。名盤です。

それと余談ではありますがこのDELLSの歌っている主題歌、劇中で使われているのはな、なんと!昨日ご紹介しましたVALENTINE BROTHERSのBILLY VALENTINEが歌っているそうです。しかもそのヴァージョンはEXPANSIONのコンピレーションに収録されているとのこと。存じませんでした。探してみよっと!

*リージョン1 - 米国、カナダ ※日本国内用(リージョン2)のDVDプレーヤーでは再生できません。

思わず振り付け真似しちゃう度 ☆☆☆☆☆ | リード・ヴォーカル役がアルバム発売!?度 ☆☆☆☆ | 字幕なしでも楽しめる!度 ☆☆☆☆ | 字幕あり国内発売期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 01:15:01Comments(0)TrackBack(0)

CHOCOLATE MILK / ACTION SPEAKS LOUDER THAN WORDS ビーチクけーすーなお色気ジャケのファンク名盤が世界初CD化!

2006-07-17

4199.jpg CHOCOLATE MILK / ACTION SPEAKS LOUDER THAN WORDS (SONYBMG)

「ソウルLPジャケット名作50選」にも堂々ランクイン(実際のオリジナルLPによる透け乳首のアンニュイさたるや!)のCHOCOLATE MILKの75年ファンク名盤が世界初CD化!ニューオリンズを拠点に活動、あのALLEN TOUSSAINTのプロデュースの元、ご存知御当地名物バンドであるMETERSとは違ったより正統的なファンクのアプローチで確固たる地位を確立した彼らの初期代表作である。

なぜ今頃?という感が否めなくもないが、そうなのです!昨年から話題となっているSONYとBMG/RCAの合併によるSONY/BMGの一連リイシュー活性化の賜物なのであります。今回のこのリイシューもシリーズとしてリイシュー。まさにフジテレビの如き企画力は恐るべしであります。そのシリーズの名はズバリ「THE VIBE! ORIGINAL RARE GROOVES ALBUM SERIES」

全10タイトル(現時点では8タイトル、JAZZの2タイトルが未入荷)、BMGジャパンさんやソニー・ミュージックさんの精力的なリイシューにより、ここ日本ではすでにCD化されていたアイテムが数点あるが、海外では初CD化が多数。そして世界初CD化の中でも注目なのがこのCHOCOLATE MILKとまさかのCD化となったESTHER MARROW(こちらは後日ご紹介)。

権利ある音源が増えればその分、企画の幅も広がる。それを巧く料理してくれているSONY/BMG。今回の仕掛けはどうやら欧州の連中のようですが、おそらく米国仕掛けのLEGACYシリーズRCA/LEGACYARISTA/LEGACY)にも今後注目 ...と思っていた矢先、グラミー賞授賞式のステージでなんだかなぁ〜復帰を果たしたSLY STONEが率いたSLY & THE FAMILY STONEの出直し盤が近々リリース・インフォされる予定!続報をお待ち下さい。

イイですね〜リイシュー活性化!でも、もうちょっと想定の範囲外のアイテムが欲しい!?

想定の範囲度 ☆☆☆☆ | 求め過ぎ度 ☆☆☆☆ | 豊富なRCA〜SONY音源度 ☆☆☆☆☆ | SLYはなんと未発表収録!?度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 00:40:59Comments(0)TrackBack(0)

THE VALENTINE BROTHERS / FIRST TAKE 都会的なフュージョン〜アーバン・サウンドと熱いヴォーカルが絡むモダン・ソウル名作CD化!

2006-07-16

4191.jpg THE VALENTINE BROTHERS / FIRST TAKE (EXPANSION)

シンプルで抽象的なジャケットからも、当時の流行を先取りしたブラコン〜アーバン路線狙いがうかがえる82年作。JOHNとBILLYのVALENTINE兄弟による80年代のソウル名盤にして、軟派で都会的なフュージョン〜アーバン・サウンドと、熱いヴォーカルの絡み合いに見事に成功した稀有の傑作が待望のCD化です。

後にあのSIMPLY REDが世界的大ヒットまでに仕立て上げた"Money's Too Tight To Mention"のオリジナルを収録ということで話題となるこの1枚、しかしそれだけでは済まされない、スルーすべきではない名曲が詰まりに詰まっている。

プロデューサーはBOBBY LYLEということでフュージョン畑ではあるものの、そのサウンドはまさにN.Y.サウンドのソレであり、後のブラコン・サウンドへと続くアーバンの極み。洗練された都会的な楽曲展開にサウンドの中核をなすのはシンセ類。ただその機械的な臭いを掻き消すような、熱く、人間らしさを感じさせる2人のヴォーカル。そう、その融合感こそがこのアルバムの重要なポイントであり、今、再評価されるべき音なのであります。これもソウル。

やはりというか、見事CD化を実現したのはあのEXPANSION。オリジナル盤はBRIDGEってことで、同レーベルのRICK SMITHを再発したVINYL MASTERPIECEから近々再発されるかなぁと予測してはいましたが、さすがの仕事っプリです。先月のD TRAINといい、EXPANSIONもいよいよ80'S快進撃か!?

収録内容:
1. Overture
2. Money's Too Tight To Mention
3. This Kind Of Love (So Special)
4. I'll Make You Happy
5. Just Let Me Be Close To You
6. Just Another Love Song
7. Money's Too Tight (Instrumental)
8. Overture (Reprise)

デュオ度 ☆☆☆☆ | アーバン〜シャンパン度 ☆☆☆☆☆ | 首都高湾岸線〜高層ビル群度 ☆☆☆☆☆ | EXPANSIONの80'S再発期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:25:39Comments(0)TrackBack(0)

WEE GEE ウィー・ジー / ホールド・オン(トゥ・ユア・ドリームス)ついに世界初CD化Mr.ドラマティックスのソロ名作!

2006-07-15

4185.jpg ウィー・ジー / ホールド・オン(トゥ・ユア・ドリームス) (VIVID SOUND)

孤高のソウル名作"紙ジャケ"CD化を続けるヴィヴィド・サウンドから股しても屈指のソウル名盤がCD化実現!今もソウル・ヴォーカル・グループ最高峰に君臨し、その中でも指折りのリード・ヴォーカリストとして評価されているDRAMATICSの初期リード、WEE GEEことWILLIAM HOWARDの唯一のソロ・アルバム「HOLD ON (TO YOUR DREAMS)」が世界初CD化となります!ついに、ついにこの日がやって来ました!

ソウル・ファンには忘れ得ぬ存在である彼。デトロイトの先輩格であったTEMPTATIONSのリード・ヴォーカルであるDAVID RUFFINの影響を強く受け、そしてそれを完全に昇華させたヴォーカル・スタイル。とくにバラードによるところの彼はまさにソウル・ファンの理想とする姿である。

DRAMATICS脱退後、シングル・リリース、裏DRAMATICSの結成での小競り合いと、けっして順風満帆ではなかった彼のソロ転身後の苦労のすべてがこの1枚へと込められているような気がして、いつも聴く度に感傷的になってしまう。この切なさ、悲しさを乗り越えた者のみしか、得ることのできないような気にさせる懐の深さたるや。

紙ジャケ仕様 9/20発売予定 絶賛ご予約受付中です!

嗚呼、名盤度 ☆☆☆☆☆ | デトロイ度 ☆☆☆☆☆ | バラー度 ☆☆☆☆☆ | 歌度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 14:08:04Comments(0)TrackBack(0)

顔黒コレクション No.007 アノ人

2006-07-15

4184.jpg 仰天写真!なんでアノ人がコノ方々と同じステージ上へ!? 出身地同じだったでしょうか?





さぁ〜一体誰と誰でしょう?どうやらアノ人は近々アルバムを発売するそうです。し、しかし!ゴスペル・アルバムだそうで!無念!? 今も元気に歌っている姿を拝めるだけでもまぁ、幸せってことで。

続報をお待ち下さい。

太った度 ☆☆☆☆ | 元からデカいか度 ☆☆☆☆ | こ、このヒゲメガネはもしや!?度 ☆☆☆☆ | 新作期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 14:04:28Comments(0)TrackBack(0)

LOST SOUL RECORDSからハーモニー〜チカーノ〜レア〜レディースな甘茶コンピレーション最新作一挙7タイトル入荷!

2006-07-14

4179.jpg LOST SOUL OLDIESのばっふんな圧倒的ヴォリューム全15集を発売しているLOST SOUL RECORDSLATIN SOUL RECORDINGSとの関係も気になるデス)から勢いだけでつくったにしては収録曲も圧倒的な新たな4シリーズ、計7タイトルが一斉入荷しました!

今回もキテますチカ〜ノ画伯。完全にドチャ甘マイ・ワールドのオープン・リーチ状態。一体、どういうセンスでこの色使いとマーシー&ナオンなジャケットなのでしょう!? 恐るべし!チカーノ甘茶シーン!

「LOST GROUP HARMONY」 第1集のみ
「HEART & SOUL RARE OLDIES」 第1〜2集
「LOST CHICANO OLDIES」 第1〜2集
「LOST LADIES OF SOUL」 第1〜2集

「LOST GROUP HARMONY」はグループ・ファンには涎モンの内容、「HEART & SOUL RARE OLDIES」はソウル・ファン悶絶のレアー具合、「LOST CHICANO OLDIES」は、あ、出た!チカーノ・シリーズ最新作、そして今回の目玉は何といっても女性ヴォーカルのみを寄せ集めちたムセ返るよなナオン・シリーズ「LOST LADIES OF SOUL」!

どれもこれも股、スッごいセンスのジャケだぁ〜こと... まぁ好きですケドね!家の壁が全面こんなだったらさぞ幸せだろうなぁ〜

ムセるよな甘茶度 ☆☆☆☆☆ | ド級のセンス、オカンには見せられんジャケ度 ☆☆☆☆ | これで内容も股スッごい殻憎いゾ度 ☆☆☆☆☆ | さらに新作を期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 21:09:05Comments(0)TrackBack(0)

D-EL / LIFE STORIES オーランドからブリブリ&スロウのインディ・デュオ登場! インディソウル列伝 No.077

2006-07-13

4169.jpg D-EL / LIFE STORIES (ONE ENTERTAINMENT)

行ってみたいなフロリダ!から登場のマイアミ・バイスなインディ・デュオD-EL。あ、マイアミじゃぁないです、オーランドでした。ってことはディズニー&ユニバーサル・スタジオ(オーランドの観光2大名所)なデュオ?

歳の頃まだ20代前半といったところ。御当地の音楽的背景も影響してかフロア・ライクなダンス・トラックによるハイテナー歌の競い合いといった趣。しかし一転、スロウになると80'S〜90'SライクなコンテンポラリーR&Bヨロシクな美メロで艶やかに包み込むように歌う。なかなか歌心のわかる若い輩ではありませぬか。関心、関心。

全曲のプロデュースも兼ねるDSMOOVEことDONNEY SMITHと、イカにも歌いそうなイカツい男ズバリのBIG EL。主導権はどちら?と勘ぐってしまうのはデュオを聴くときの悪いクセでして。

歌に関してはどちらも甲乙つけ難く、どちらもイイ塩梅にテナってます。自身によるプロデュース故の楽曲との相性、やっぱり音が作れるヤツらは強いなぁ〜と、いやに関心してしまったり。(でもそんなのまったくできないヤサ男の魅力も捨て難いのではありますが!)

メジャーとは一風違ったこの感触。イナタさでも、洗練でもない、これがリアル・アメリカ(フロリダ)か?若者喰いな輩には持って来いの好デュオなのであります。今後の期待も込めて☆4っつ!

D-EL myspace
D-EL オフィシャルHP

近日入荷予定!絶賛ご予約受付中です。

フロリダ度 ☆☆☆☆☆ | スロウ大盛り度 ☆☆☆☆ | 歌ぢから度 ☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 21:43:23Comments(0)TrackBack(0)

JEFF HENDRICK / SOUL CELEBRATION 欧州で大ブレイク!アーバンメロウな大人の夜を演出好盤! インディソウル列伝 No.076

2006-07-12

4164.jpg JEFF HENDRICK / SOUL CELEBRATION (BOUT TIME)

無名のパッと出シンガーのアルバムがここまでの市民権を得るというパターンも極稀ではあるが、それを何故か納得させてしまう説得力、それがこのJEFF HENDRICKの出世作セカンドである。

本国カナダ発売は昨年の暮れ、そして欧州各国では即ブレイク。US経由で情報が日本に入ってきたのが今年の3月あたりか。すでに欧州ツアーを敢行するなど、相変わらずの"新人音痴"っぷりを発揮した我が日本であるが、紹介されるや否やその浸透スピードはここ数年のインディ・アルバムにはない早さを記録した。

もちろんCRAIG DAVID〜RAY HAYDENに通ずるUKソウル亜流の受け入れられ易い音サウンドであるという点も大きいが、にしてもここまで人気が出るとは。で、その人気っていうのは巷のラジオでかかったり、いろんなお店で大々的に展開されていたり。音の説得力ってやっぱり凄いなぁ〜と、あらためて初心にかえった次第であります。

もちろんソウル・ファンにもぜひ聴いて頂きたい代物。モダン・ソウル〜ステッパーズの一連の流れの中でもかなりの重要作品であることは間違いないでしょう。軽快さと繊細さを兼ね備えた絶妙なサウンド・プロダクション、そして芳醇なメロディ・ラインにさりげない歌声。まぁ色々とウンチク書きましたけど、要は深夜〜早朝の湾岸ドライヴ&アーバン・メロメロな夜のキメ歌に最適!ってことで!

UKソウル度 ☆☆☆☆☆ | アーバン・メロウ度 ☆☆☆☆☆ | 欧州ツアー度 ☆☆☆☆ | 夏近し あの娘もこの娘も メンロメロ度 ☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 21:19:24Comments(0)TrackBack(0)

HAROLD MELVIN & THE BLUE NOTES / IF YOU DON'T KNOW ME BY NOW 廉価レーベル独BRILLIANTから謎の新録!?

2006-07-11

4148.jpg HAROLD MELVIN & THE BLUE NOTES / IF YOU DON'T KNOW ME BY NOW (BRILLIANT)

あぁ〜終わっちゃいましたねWC。何だかんだでソウル・ファンってこういった国民的イヴェントにけっこ〜弱かったりするんですよね。

なんて世間話はおいといて。そんな盛り上がりまくりのドイツから股、怪し〜ぃブツが入荷予定です。覚えていらっしゃいますか?デルフォの謎の新録としてソウル界を騒がせたドイツの廉価レーベルBRILLIANT。そこからなんと!今度はハロ・メルの新録盤が入荷予定なのです!

しかし!ここでチェックしていて気が付きました。新録?たしか最近もどっかでそんな話聞いたような...そぅ、ST.CLAIR RECORDSというこちらはU.S.〜カナダの廉価レーベル。ここから発売された「FOREVER GOLD」も新録だったような... お!ビンゴ!12曲がそのST.CLAIR盤とダブります。しかし2曲は初出?以下、収録楽曲一覧。

1. Love I Lost
2. Where Are All My Friends *初出?(ST.CLAIR盤に未収録)
3. If You Don't Know Me by Now
4. Bad Luck
5. Satisfaction Guaranteed
6. My Girl
7. Hope That We Can Be Together Soon
8. Ain't No Stoppin' Us Now
9. Wake Up Everybody
10. For the Love of the Money
11. Get Ready
12. I Miss You
13. Could It Be I'm Falling in Love
14. Tell The World How I Feel About 'Cha Baby *初出?(ST.CLAIR盤に未収録)

すでにST.CLAIR盤を聴いたことある方はご存知とは思いますが、リードはDONNEL "BIG DADDY" GILLESPIEという極太バリトン・シンガー。ソウル・ファンには一家に1セットのソウルDVD決定版でお馴染み「70'S SOUL JAM」にも出演しており、今年の2月の来日公演でも大絶賛だった彼ですが、その懐の深さたるや唖然の歌ぢからである。

7月下旬頃入荷予定 お値段もお手頃で買い直し必至盤なのであります。

名曲ズラリ度 ☆☆☆☆☆ | バリトンDONNEL GILLESPIE度 ☆☆☆☆ | テディ・ペンDVDも◎度 ☆☆☆☆ | 本当の新作期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 13:01:21Comments(0)TrackBack(0)

DONZ / SEX LIES AND AUDIO TAPE デッドストック緊急入荷!全米ヒットしながらも今や残少〜希少の01年傑作!

2006-07-10

4143.jpg DONZ / SEX LIES AND AUDIO TAPE (HEARTLESS)

春に突然DRAMATICS名曲カヴァー"IN THE RAIN"をリリースしたLORENCE MICHAELSとその従兄弟であるJEFFによる男気デュオDONZの唯一のアルバムがデッドストックで再入荷いたしました!

何と言ってもR&Bデュオといって連想するのはK-CI & JOJOですが、それにも引けを取らない男ップリとシャウターっプリの歌声は今も評価は高く、前述のとおり片割れであるLORENCE MICHAELSがDRAMATICSカヴァーをしれっとこなしてしまうあたり、やはりスタート地点からの歌に対する趣の深さが立証されたワケであるが、やはりインディになってしまった故のチープな音に悲しみを噛み締めつつソロを聴くより、やはりコチラのDONZでこそ燃ゆる男気。

ボトムの効いたアップの出来も好評価、アップの音質でそのアルバムのサウンド・クオリティを推し量るというのはインディ・ソウル〜R&Bファンの常であるが、しかし、本当の歌ファンにはやはりスロウにおける表現力の豊かな2人の掛け合いこそである。コレ股、2人してディープ声ってんですから、凄たらしい。

01年当時のR&Bシーンの中でもかなりの重要作品であるとは思うが、如何せん流通状態が悪かった。こんな事情で多くのリスナーの耳に届かないなんてのは嘘、あってはならぬのであるからしての、今回のデッドストック再入荷。

前回の「売切御免!90'S R&B CLASSICS DEAD STOCK CDs!!」でもちょこっと入荷したA FEW GOODMENのお蔵皿とともに極少入荷ですので、未聴の方はお早めにどうぞ!

ディスクユニオンSoul Blues Gospel online
「売切御免!R&B CLASSICS DEAD STOCK3タイトル」特集ページ

デュオの良さを伝え度 ☆☆☆☆☆ | 流通度 ☆☆☆ | 今でもイカしたサウン度 ☆☆☆☆☆ | ズブ濡れ度 ☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 20:36:22Comments(0)TrackBack(0)

ARETHA FRANKLIN & KING CURTIS / LIVE AT FILLMORE WEST (DELUXE) 温故知新。これぞソウル・ライヴ名盤中の名盤!

2006-07-09

4136.jpg 昨日お伝えしましたARETHA FRANKLIN、そしてKING CURTISの各々の「LIVE AT FILLMORE WEST」がデラックス盤として無事発売されました。

RHINO HANDMADEより限定盤として発売された「DON'T FIGHT THE FEELING」より、今までの通常版には未収録であった楽曲、ヴァージョンを追加収録してRHINOより発売となりました。

ソウルを代表するライヴ盤の中でも、5本の指に入るであろう屈指の名盤。DONNY HATHAWAY「LIVE」、CURTIS MAYFIELD「LIVE」、OTIS REDDING「LIVE IN EUROPE」、ISLEY BROTHERS「ISLEYS LIVE」、JAMES BROWN「LOVE POWER PEACE: LIVE AT OLYMPIA, PARIS, 1971」(プラス個人的にはFUNKADELIC「LIVE: MEADOWBROOK ROCHESTER MICHIGAN」とEARTH WIND & FIRE「THAT'S THE WAY OF THE WORLD: ALIVE IN '75」)らと並んで、いやそれら以上にライヴのダイレクトさをストレートに伝える名盤。今さらなんてことはございません。今だからこそ!

ARETHA FRANKLIN / LIVE AT FILLMORE WEST (DELUXE)
名盤「LIVE AT FILLMORE WEST」にディスク1枚(音源はRHINO HANDMADE限定盤「ARETHA FRANKLIN & KING CURTISLIVE AT FILLMORE WEST: DON'T FIGHT THE FEELING」に収録音源と同一)をプラスしたデラックス・エディション。

DISC.1
1. Respect *C
2. Love The One You're With *B
3. Bridge Over Troubled Water *C
4. Eleanor Rigby *C
5. Make It With You *C
6. Don't Play That Song *C
7. Dr. Feelgood *B
8. Spirit In The Dark - Unedited Version *C
9. Spirit In The Dark - Unedited Version (Reprise) *C
10. Reach Out & Touch (Somebody's Hand) *C
DISC.2
1. Respect *B
2. Call Me *C
3. Mixed-Up Girl *A
4. Love The One You're With *A
5. Bridge Over Troubled Water *B
6. Share Your Love With Me *B
7. Eleanor Rigby *A
8. Make It With You *B
9. You're All I Need To Get By *B
10. Don't Play That Song *A
11. Dr. Feelgood *A
12. Spirit In The Dark *A
13. Spirit In The Dark (Reprise) *A

*収録日・・・ A. March 5,1971 B. March 6,1971 C. March 7,1971

KING CURTIS / LIVE AT FILLMORE WEST (DELUXE)
名盤「LIVE AT FILLMORE WEST」に曜日違いの別テイクを5曲(音源はRHINO HANDMADE限定盤「ARETHA FRANKLIN & KING CURTISLIVE AT FILLMORE WEST: DON'T FIGHT THE FEELING」に収録音源と同一)をプラスしたデラックス・エディション。

1. Memphis Soul Stew *C
2. A Whiter Shade Of Pale *C
3. Whole Lotta Love *B
4. I Stand Accused *B
5. Them Changes *C
6. Ode To Billie Joe *C
7. Mr. Bojangles *A
8. Signed, Sealed, Delivered (I'm Yours) *A
9. Soul Serenade *C
10. My Sweet Lord with Billy Preston - Bonus Tracks: Alternates & Unused Songs *A
11. Them Changes - Bonus Tracks: Alternates & Unused Songs *A
12. Ode To Billie Joe - Bonus Tracks: Alternates & Unused Songs *A
13. Soul Serenade - Bonus Tracks: Alternates & Unused Songs *A
14. Memphis Soul Stew - Bonus Tracks: Alternates & Unused Songs *B

*収録日・・・ A. March 5,1971 B. March 6,1971 C. March 7,1971

嗚呼、名盤度 ☆☆☆☆☆ | 完全版高騰度 ☆☆☆☆☆ | ナンバリング無しで完全版再発可能性度 ☆☆☆ | DELUXE度 ☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 16:59:53Comments(0)TrackBack(0)

CASSIE / CASSIE 夏のR&Bデイーヴァ合戦!キャバクラで指名したい娘NO.1なら彼女!

2006-07-08

4134.jpg CASSIE / CASSIE (BAD BOY)

ついにアルバム正式インフォメーション!すでに全米ではシングル"ME & U"がヒット!ベリーエキゾな顔立ちにドキュンなCASSIE嬢!このロリータ・フェイスに似つかわしくないブ厚い唇たるや、世のBボーイ諸君、否、オヤヂの皆さまも虜になること間違いナシでおま!

やっぱり話題は前述"ME & U"も手掛けるプロデューサーRYAN LESLIEか。怒涛の仕事をこなし、一挙にスターダムへとのし上がるかと思えば、幾分スロウペース?今年中の自身のアルバム発売は叶うのか。BMR最新号でも特集されていたように、ヒップ・ホップ・ソウル新時代突入を予感させるこのアブストラクトな楽曲群。RYANの今後の展開を占う意味でもハズせないアルバムとなるであろう。

いよいよその全貌が姿を現し始めた夏のR&Bデイーヴァ合戦。年末のアルバム発売に向けていよいよ始動BEYONCE、お帰りなさいのLETOYA(国内先行7/19)、CHERISH(8/15)、MEGAN ROCHELL(8/22)、CHERI DENNISはCASSIEと同じBAD BOYってことで、発売ズラして延期の様子。MISSEZはアルバム無理か?あとKELISもですね。出るんでしょうか?

さぁ貴方はどの嬢と過ごす夏!?

CASSIE嬢 オフィシャルHP
黒汁通信 RYAN LESLIEページ

ピ〜ナ度 ☆☆☆☆ | ロリ〜度 ☆☆☆☆ | 唇堪らん度 ☆☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 15:40:52Comments(0)TrackBack(0)

V.A. / LOU BEATTY'S DETROIT SOUL: THIRTY RARE GEMS FROM THE VAULTS OF LA BEAT RECORDS GRAPEVINEからLA BEATレーベル集!

2006-07-07

4128.jpg V.A. / LOU BEATTY'S DETROIT SOUL: THIRTY RARE GEMS FROM THE VAULTS OF LA BEAT RECORDS (GRAPEVINE)

失禁するほど素晴らしいCDってのにも滅ッ多にであうモンでもないワケでして。しかし、如何せん最近おシーモの調子が悪い小生故、いとも簡単に... いたしてしまいましたCDがコチラ、GRAPEVINEの新作「LOU BEATTY'S DETROIT SOUL」であります。

デトロイトの奇跡、LA BEATとその傘下のCARRIE、MARY JANE、COOLSCHOOL、RAMBLERといったレーベル音源をまとめたGRAPEVINE快心の一撃なワケですが、股スッゴイのはお得意の未発表(流石はマスター・テープ・コレクターGARY J. COPE氏)をなんと5曲も惜しみもせずに収録しているってトコ。これで内容悪ければ文句言いたい放題なんですが、股、いいからなぁ〜。

なんと言っても注目は日本人のソウル・ファンは、その7インチには足を向けて寝られないというほどの溺愛っぷりのNELSON SANDERSの4曲でしょう。この歌いっぷり!カン高いがそれ以上に塩辛い!という、他に類をみない稀有のヴォーカル。(14)(27)のバラードは神憑り、(6)(21)ともノーザン・ビートに乗って弾ける様、拝みたくなるわぃ。

しかし!それ以上にこのLA BEATの奥深さを思い知る全30曲のとてつもないパワフルさといったら!荒くれモーター・サウンドの異名をとるその重量なボトムに、軽快なドラミング、シンプル故に味わい深しのいぶし銀のギター・プレイ。これこそが60'Sソウルの素晴らしさ。無性に腰の付近がムンズムンズ、踊りたくなる。そして、哀愁たっぷりやるせない切なさ度満点のウェッティーな楽曲群、胸を締め付けられ感動する瞬間、多々である。

収録内容:
1. Edward Hamilton - I'm Gonna Love You
2. The Masqueraders - How
3. Lou Beatty - A Wet Pillow *Previously Unissued
4. Edward Hamilton - My Darling Baby
5. Don Hart & James Shorter - All The Love I Got
6. Nelson Sanders - This Love Is Here To Stay
7. The Masqueraders - I Got The Power
8. Don Hart - I'll Keep Holding On
9. James Shorter - Modern Day Woman
10. Al Williams - I Am Nothing
11. Lester Tipton - This Won't Change
12. Edward Hamilton - Thank You Mother
13. Clifford Binns - Take It From Me
14. Nelson Sanders - I'm Lonely
15. The LPTs - I Am Nothing (Instrumental) *Previously Unissued
16. James Shorter - Ready For The Heartbreak
17. Clifford Binns - You've Got To Help Me
18. Al Williams - Try Them *Previously Unissued
19. Don Hart & James Shorter - It's In My Mind
20. Lou Beatty - A Family *Previously Unissued
21. Nelson Sanders - Mojo Man
22. The Masqueraders - I'm Gonna Make It
23. Al Williams - She Does It *Previously Unissued
24. Don Hart - I Can Make It
25. Edward Hamilton - Call Me
26. The LPTs - Long Cool Summer
27. Nelson Sanders - Tired Of Being Your Fool
28. Al Williams - Brand New Love
29. Edward Hamilton & The Arabians - Baby Don't You Weep
30. The Masqueraders - Be Happy For Me

小生の中では早くも年間NO.1コンピレーションに決定。コレ以上は出ない!いや、出たら困るゾォ〜!

ダンサー度 ☆☆☆☆ | 哀愁度 ☆☆☆☆ | あらためて凄いレーベルだ度 ☆☆☆☆☆ | NO.1コンピレーション ☆☆☆☆☆(確定)

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 21:34:30Comments(0)TrackBack(0)

OST(V.A.) / ISSUES: WE ALL GOT 'EM THE ORIGINAL SOUNDTRACK SILKのGARY JENKINS、MARCUS COLEが激唱ミョージカル・サントラ盤!

2006-07-06

4096.jpg OST / ISSUES: WE ALL GOT 'EM THE ORIGINAL SOUNDTRACK (PLAY MUSIC HOUSE)

大変お待たせいたしました。ついに入荷!すでに各方面から絶賛の劇作家LATERRAS R.WHITFIELDによるミュージカル「ISSUES」のサウンドトラック盤にして、コンテンポラリー・ゴスペル〜R&Bの話題作!

今年2月頃から全米各地で公演されたこのミュージカル。何?ミュージカル!? といって無視するなかれ。何と実際の舞台での主演役者に名を連ねるのはあのDAVE HOLLISTER(新作の噂が!?)にLATOYA LONDONANGIE STONECHRISTOPHER WILLIAMS(!)といった超ツワモノ揃い!こんな豪華なメンツによる舞台なんて、大のミュージカル嫌いなワシも観に行きたいッ!

そしてそのサウンドトラックがコチラ。これ股、凄いんです、歌が。もちろんベースにあるのはゴスペルなんですが、何せその高揚感と壮大なバラードっぷりには脱帽。スゲー歌だな誰だろ?と裏ジャケを調べるとな、なんと!SILKGARY JENKINS、懐かしのMARCUS COLE(絶妙のタイミング8/1新作発売決定!)の名が!

1. Issues Theme Song - Verdena Taylor, Tasha Brown & James Murray
2. Cornerman - Gary Jenkins
3. I Need a Miracle - Tameka Hall, Verdena Taylor
4. Battle of the Sexes - Gary Jenkins, Verdena Taylor, Latavia Parker, James Murray
5. Let the Past Go - Marcus Cole and Verdena Taylor
6. Without You - Latavia Parker
7. No More Heartache - Gary Jenkins and Latavia Parker
8. Making Up - Marcus Cole
9. Let the Past Go (Reprise) - Marcus Cole and Verdena Taylor
10. My Ministry - James Murray

男女(このJAMES MURRAYってシンガーも凄い)混合歌い乱れの(1)、メロディアスなミッド・バラードにおけるGARY JENKINS節炸裂の(2)、ゴスペル・バラッド(3)、ごんぶとバリトンMARCUS COLEのスロウ(5)、ミッド(8)、デュエット哀愁ミッド(7)と強力ヴォーカル続々!この歌で興奮しなきゃ嘘でしょうってくらいに歌い過ぎ警報が出まり、ゴスペルどうも苦手で...なんて流暢なこと言ってる場合ではない事態になっておりマス。

劇中のどのような場面でこの歌たちが歌われるのか、実際に舞台でDAVE HOLLISTERは歌ってるのか?ってゆーか、何故DAVE HOLLISTERはアルバムで歌ってないんだ!?

LATERRAS R.WHITFIELDオフィシャル・ページ

歌バカ度 ☆☆☆☆☆ | ゴスペル度 ☆☆☆ | MARCUS COLEやっぱり凄い声度 ☆☆☆☆☆ | 日本公演実現度 ☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 23:41:43Comments(0)TrackBack(0)

MEGAN ROCHELL / YOU ME & THE RADIO 夏のR&Bデイーヴァ合戦!オヤヂなら俄然この嬢!

2006-07-05

4087.jpg MEGAN ROCHELL / YOU ME & THE RADIO (DEF JAM)

BOYZ II MENのNATHAN MORRISに見出されたという若干二十歳のディーヴァ、MEGAN ROCHELL嬢のアルバム・リリースが正式インフォメーション!プロデューサーにRODNEY JERKINS、フィーチャリングにFABOLOUSという豪華なメンツによるシングルがすでに話題沸騰中!DEF JAMレーベル・メイトとなるRIHANNAとは対照的なオールド・フレイヴァー溢れた正統派女性シンガーとして、オヤヂは妙〜に期待してしまうのであります。

写真を見て思ったのですが、どことなく醸し出す雰囲気が90'Sブラコン・ライクな感じしませんか?彼女。歌も全体的には若さ溢れたキャワイイ系ですが、叔母ハン的のコブシを聴かせるハッ!とした瞬間もあり。歌巧いです、この娘は。

同タイミングでいよいよ発売となるNO.1キャバ嬢ヨロシクなCASSIE(8/8予定)、狙え次のデスチャ!なCHERISH(8/15)らと三つ巴の"夏のR&Bデイーヴァ合戦"開戦!本格派志向であれば俄然このMEGAN ROCHELL嬢でキマリか!?

Megan Rochellファンサイト? (試聴可)
Megan Rochellオフィシャル・サイト

何故か胸キュンしない熟女っぷり度 ☆☆☆☆ | おやぢキラーな玄人好みの裏NO.1嬢度 ☆☆☆☆☆ | 歌唱力度 ☆☆☆☆ | 期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 18:38:15Comments(0)TrackBack(0)

GALAXXY、DYSON'S FACES、CLIFTON DYSON他、一挙7タイトルのソウル・レア皿リプロ盤が10年ぶりの奇跡の再入荷!

2006-07-04

4077.jpg 思い起こせば10年前ほど昔、日本は空前のソウル〜レア・グルーヴ・アナログ高騰の時代。そんな頃に突如、世間に姿を表したあのリプロ盤を憶えていらっしゃいますでしょうか!?

GALAXXY FEAT.RON AIKENSDYSON'S FACESCLIFTON DYSONといったソウル・ファンには昔から人気だった、ソウル・ファンだったなら誰もが手にしてみたかったレア皿たちが、なんともお手頃な価格で購入できるとあって飛ぶように売れたあのリプロ皿たち。今や中古でも見掛ける事すら困難になってしまっている。時の経つのは早いものでして...

そんな過去を遠い目線で見つめる貴方にも、そんなの全然知らないヤングな輩にも願ってもないチャンスが10年の時を経て再来です!そんなリプロ盤が何故に今頃!? の奇跡の再入荷!さらには昨年FUNKY DELICACIESよりCD化され、そのヴォーカル・グループとしてのポテンシャルも見せ付けてくれたSTARFIREのオリ・ジャケ幻皿までも加わってマスがな!

個人的な思い入れとしてはCLIFTON DYSONの「SLOW YOUR BODY DOWN」(写真)ですね〜。当時、一緒にバイトしてた彼に薦められて始めて聴いた時の衝撃は今も忘れられない。AL JOHNSONによる流暢なアーバン80'Sなプロデュースに、タフなCLIFTON DYSONのヴォーカルにはゾッコンでした。胸がキュンってなったねぇ〜

そういえばPヴァイン盤のCDって廃盤ですね。股、聴きたいんでレコ股、買うかなぁ〜

一挙7タイトル、数量はもちろん限定入荷で次回入荷のお約束は出来ません。この機会にぜひどうぞ!

ディスクユニオンSoul Blues Gospel online 特集ページ

甘酸っぱい想ひで度 ☆☆☆☆ | レアー度 ☆☆☆☆ | リプロでも音まぁまぁ度 ☆☆☆☆☆ | C・DYSON関連CD再発(プラケ)希望度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 16:37:44Comments(0)TrackBack(0)

BILLY COOK / THE TRUTH 来日公演中ビリー・クックの新作が抜群のタイミングで到着!これぞSUPASTAR FROM HOUSTON, TX!!

2006-07-03

4068.jpg BILLY COOK / THE TRUTH (BATTISTE MUZIC GROUP 1965)

待望の初来日公演も昨日の横浜公演で無事最終日を迎えたばかり(今頃何処で遊んでるんだろうか!?)、Hタウンの生んだ天才シンガーBILLY COOKの予ねてから発売の予定されていた「THE TRUTH」が絶妙のタイミングで入荷しました!

今年の3月にPヴァインから国内盤オンリーで発売された「R&Bギャングスタ」から間髪入れずの新作発売となるが、これは彼がずっと以前から大切にあたため続けていたタイトル。「R&Bギャングスタ」は彼の言葉をかりると「日本のファンのために作ったアルバム」との事。

近年の異様とも言えるヒューストン = Hタウンの盛り上がりの中、様々な事件、事故が起こる中でも、彼はただひたすらに自分の歌を歌い続けるだけである。そんな想いが込められた彼の正真正銘の新作、必聴!

収録曲:
1. That Shit Gone Change feat. Trae
2. Slab On Blades feat. Bun-B & Congo
3. Peepin My Swagger feat. B.T.
4. Still Platinum feat. Mr.3-2
5. Rollin feta. Yung Chill
6. Days Of My Life feat. Trae & C-Note
7. Luv It Man feat. Fat Pat & Mr.3-2
8. Rep the South Side feat. Mr.3-2
9. Claimin They Gangsta feat. Chamillionaire & Archie Lee
10. Drama feat. H.A.W.K. & Meechie
11. Energizer feta. Yung Chill
12. B.A.B.U. feat. Congo, Talent & Kizzo
13. Lil Strippa feat. BT & Congo
14. 1 Room Vacancy
15. Missin You feat. Yung Chill
16. Never Left My Side
17. After Party
18. Skit "Shawn Harris" (Dat Bubble)
19. Dat Bubble
20. I Can't See It feat. Congo

既発曲は名バラード(19)のみの模様!残り全曲初出となるとコレは凄いヴォリューム!狂おしいまでのバラード(6)、レイド・バックなミッド・スロウ(8)(17)、もちろんテキサス流儀のバウンス・ナムバーからメロウ・ラッピンな哀愁ミッドまで、ビリーの歌とHタウン・サウンドを十二分に味わえる内容!

歌バカ度 ☆☆☆☆☆ | 壮絶慌々来日公演度 ☆☆☆☆☆ | レペゼンHタウンといった具合のフィーチャリング度 ☆☆☆☆ | これからの彼にさらに期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 16:09:17Comments(0)TrackBack(0)

BLACK COFFEY / UNRELEASED HITS VOL.1 コレ股デンジャーな代物が入荷間近!? アンリリースド・アルバム!

2006-07-03

4054.jpg BLACK COFFEY / UNRELEASED HITS VOL.1 (SO REAL MUSIC)

02年よりプロモ&シングルでいよいよアルバム・リリース(写真)間近か!? といったところで突然のお蔵入りを果たしたあのBLACK COFFEYがな、なんとそのアンリリースド・アルバムと同内容と思わしきPROMOTION ONLY CD-Rをリリースしています!

収録内容
1. In Love with Music (Intro)
2. Beautiful feat.Rob Jackson & Mino
4. Hey
5. Hard to Get
6. Give U What U Want
7. Take it There
8. What About the Children
9. Burnin feat.Young Chu
10. Interlude
11. Let Me Show You
12. Feeling U
13. Ready For Love
14. Interlude
15. To Be Loved
16. Rocket Love
17. Spill
18. Calling You
19. All I Want
20. In the Club (Remix)

プロモ・シングルにも収録されていたサビが印象的なミッド(5)がどうにも心に残っていて、聴いた瞬間、懐かしい想いに包まれた。嗚呼〜あの頃はただガムシャラに働いとったのぅ... 名曲はいつもそのシーンを想い出させてくれます。そしてSTEVIE WONDER企画盤「CONCEPTION」に収録された名曲カヴァー(16)の出来栄えといたら!

ヴォーカルがズバ抜けてタフってワケでもないけど、何か心に残っちゃう好デュオ。コレが出たってことは、いよいよマイナーで始動か!? 詳細は近日明らかに!

まさにHARD TO GETな楽曲群が解禁度 ☆☆☆☆☆ | MOTOWNに復帰期待度 ☆☆☆☆ | 歌バカ度 ☆☆☆☆ | COFFEY復帰期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:43:33Comments(2)TrackBack(1)

MAJESTICS / VOL.1&VOL.2 レアなアルバム4枚分を2in1で一挙CD化!カナダのファンキー・コンボによるソウル・インスト集!

2006-07-02

4053.jpg MAJESTICS / VOL.1 (INSTRUMENTAL R&B + FUNKY BROADWAY) (UNIDISIC)
VOL.2 (THE SOUL KING OTIS REDDING A TRIBUTE + HERE COME DA JUDGE) (UNIDISC)

JAZZMANのディープ・ファンク名コンピレーション「TEXAS FUNK」にメンバーが18歳頃の時に500枚のみでプレスされたという鬼レア・ディープ・ファンク皿"FUNKY CHICK"が収録され(7インチはFUNK45よりリイシュー)、さらには昨年、レアなARC盤アルバム「HERE COME DA JUDGE」(写真)もLPリイシューされるなど、情報の少なさとは裏腹に、話題とその格好良さだけで突っ走ってきたカナダのソウル・インスト・コンボ・バンドMAJESTICSの全アルバム4枚が、2枚のCDによりすべてCD化されている事が判明しました!

こちらもNOW AGAINよりいよいよCD化(7/25発売予定)となるKASHMERE STAGE BANDと並んで賞されるべきこの偉大なるバンドのCD化を突如CDしたのは、カナダの毎度お騒がせ独走リイシュー・レーベルUNIDISC!まさかUNIDISCからこんなリイシューが出るとは想像もつかなかったです。カナダ産ということで可能性はあったにせよ、まさかである。

アルバムはやはりアナログ・リイシューされた「HERE COME DA JUDGE」がズバ抜けて良い(何と言ってもカヴァー曲が凄い。"TIGHTEN UP""THE HORCE"ですモン)が、これは見たこともなければ聴いたこともない鬼レアLPであろう「THE SOUL KING OTIS REDDING A TRIBUTE」というOTIS REDDINGの名曲カヴァー集も気になるところ。

そして"LAND OF A 1000 DANCES""SWEET SOUL MUSIC""IN THE MIDNIGHT HOUR""FUNKY BROADWAY""SOUL FINGER"といったアトランティック名曲をカヴァーした「INSTRUMENTAL R&B」と「FUNKY BROADWAY」は使い所満載のアルバム。盛り上がり必至の名曲カヴァーはソウル・ファンもゾッコンでしょう。

7月上旬入荷予定。絶賛ご予約受付中!

ソウル・インストは盛り上がる度 ☆☆☆☆ | LPは4枚どれもレア度 ☆☆☆☆☆ | KASHMEREも快挙 ☆☆☆☆☆ | UNIDISC快挙&今後60'S〜70'Sリイシューも期待度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 18:57:37Comments(0)TrackBack(0)

ESCORTS / AT THE APPOLO N.Y.C. & BACK TO LOVE 自身のサイト限定発売アイテムが入荷!

2006-07-01

4049.jpg 復帰盤「R&B MENAGERIE」で見事なスイート・マナーを聴かせ、健在ぶりをアピールしたあのESCORTSのサイト・オンリー販売の銀皿が入荷!ところが!これが実にヤヤコシイことになっておりまして...

タイトルは「AT THE APPOLO N.Y.C.」と「BACK TO LOVE」のふたつ。一見ライヴ盤のようなタイトルがつけられた「AT THE APPOLO N.Y.C.」がスタジオ録音ベスト(70'S)&未発表(新録?)音源集で、一見ベスト盤のようなタイトルの「BACK TO LOVE」が最新のライヴ録音集といった混乱ップリ!しかも"アポロ"のスペルが間違ってますケド...

ESCORTS / AT THE APPOLO N.Y.C. *ベスト&未発表音源集。
1. Look Over Your Shoulder
2. Ooh Baby Baby
3. I'll Be Sweeter Tomorrow
4. Let's Make Love At Home Sometime
5. I Only Have Eyes For You
6. We've Come Too Far To End It Now
7. There's A Love For Everyone *未発表(新録?)
8. La La Means I Love You
9. Hypnotized *未発表(新録?)
10. I Can't Stand To See You Cry
11. Disrespect Can Wreck *未発表(新録?)
12. Corruption
13. Brother
14. All We Need Is Another Chance

ESCORTS / BACK TO LOVE *最新ライヴ録音!
1. Hands On You
2. Hypnotized
3. Somebody Loves You
4. Next Best Thing
5. Oona'o
6. I Can Dream About You
7. There's a Love For Everyone
8. Feeling Without Touching
9. Sara smile
10. Superstition

「AT THE APPOLO N.Y.C.」の初出は新録?と思われる3曲のみ。そして「BACK TO LOVE」は全曲初出と思われる。やはり気になるのはライヴ盤「BACK TO LOVE」の出来でしょう。

これが股、モンの凄いチープなシンセをバックにひたすら歌を味わえる珍好盤也!ハッキリ言って好きモンでない限りは堪えがたいものがある(いわゆる店頭演奏向けでは絶対にないです、ハイ)が、好きならドンピシャ!イヤホンで聴くとサブイボ続出ですワ〜

そして挙句は前述復帰盤「R&B MENAGERIE」の追加オーダー分はCD-Rとキタ... もぅこの暴君っぷりには脱帽なのであります。兎にも角にも甘茶党は必聴!

ドチャ甘度 ☆☆☆☆☆ | 濃厚ファルセッ度 ☆☆☆☆☆ | シンセ具合度 ☆☆☆☆ | さらに新作を期待(AUDIO CDでお願いしマス!)度 ☆☆☆☆☆

Bookmark and Share

Posted by kurojiru at 02:02:04Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited