SUPER FUJI DISCS制作メモ(日本)金野記

日々の日記です

 
 

1000%SKY

2018-02-10

20812.jpg 2017年5月2日ひかりのうま(大久保)「としちゃんコンサート」三輪二郎/ファック松本/ピープルの3マンうちピープル(高橋翔/高原コウスケ/本田琢也/藤村頼正)は確か初めてのライブだったと思うが、ボーカルマイクのすぐ横、下手のピアノの上にスマホを置いて録った音が、とんでもなく酷くて、それはただのノイズでしかなかったが、微かに輪郭は感じられ、おれはそれに興奮した。そのライブのことは全く覚えていない。1976年、ロビー・ロバートソンがプロデュースしたニール・ダイアモンド「ビューティフル・ノイズ」はニールの娘がニューヨークの夜景を見て、ビューティフルなノイズね、と言ったことからタイトルが決まったというつまらない話だが、大久保駅南口沖縄居酒屋としちゃんの隣の隣この晩のノイズはビューティフルで、この石(ノイズ)から化石を掘り起こすかのようにレコードを作ろうとした。この約30分強の録音データをエンジニア中村宗一郎さんに送ったところ、やりましょうと返事あり、氏はその後7月のライブに来てくれたが何かを掴んだかのようには見えず、9月にデモ9曲が高橋翔から届けられ、これはロックか?何がロックであるかなど今最も言いたくない、ダムドか、プッシーギャロアのライブ盤聴いてみっか?などロック禅問答メールやりとりが続き、9月末おそらく誰も何もわからないまま録音が1日で行われた。藤村頼正のドラムがかっこいい。その後のトラックダウンは時間かかり11月15日のマスタリングで完成するもバンド名はない、どう売るかもわからない、帯のキャッチコピーなどさっぱり出て来ない、が、12月28日の先行レコ発ライブで、アルバムCD発売2か月も先駆けて、お客様にはCD(R)をプレゼントすることは、いいアイデアだった。データくらいどんどん持っていってほしい。ジャケットを描いてくれた100%ORANGE及川さんだけはわかっていたような気がする。なんだかよくわからないけどすごいのは間違いない。3月9日のフリーライブ(dues新宿)は皆様どうぞお越しください。

2017年2月7日発売MYRD122「1000%SKY」



Posted by kaneno at 01:37:54
TOP OF PAGE