SUPER FUJI DISCS制作メモ(日本)金野記

日々の日記です

 
 

山下洋輔トリオとブラス12/イントロデューシング・タケオ・モリヤマ

2013-05-07

16568.jpg 2008年3月、関西取引店営業の途中、どうしても聴きたかったCD「あべのぼる/マジック・アニマルズ」を求め大阪扇橋の春一番事務所に行き、それは阿部登さん本人から買えたのですが、ちょうどそのときの営業資料が今度出る山下洋輔紙ジャケシリーズ(「ミナのセカンドテーマ」「木喰」)だったのでちょいと見せびらかしたら「それもいいけど東芝の出さなきゃ。一番好き」と山下洋輔元マネージャー氏。そのときは予定になくこうして1996年以来3度目のCD再発となります。12人のブラス(サックス3、トランペット4、トロンボーン4、テューバ1)を加え森山威男をフィーチャーしたスタジオ第3作目(1971年)。オリジナルLPと先の2つのCDではその名はクレジットされていませんが、トロンボーンの1人は向井滋春、最初のレコーディングです。

山下洋輔トリオとブラス12/イントロデューシング・タケオ・モリヤマ(FJSP-208|¥2,625 SUPER FUJI DISCS|5月8日発売)



Posted by kaneno at 00:35:25

majikick V.A.2〜イッツ・トゥー・レイト〜

2013-05-06

16567.jpg M12「土喰い商売人」の収録が嬉しい。さやはことあるごとにその良さを力説していた。その夏八木ムガ君はコケッシーズの追っかけをしていておれはコケシのライヴで初めて会ったのか忘れたがバンブルビー・レコードのコンピ『墨堤夜景』(1999年)に「Nゲージ」で参加してもらった(ユニット名のとおり鉄道好きだから。確か中身聴くことなく収録した。でも曲は「自動車賛歌」)。「ソナムツェリンズ」のカセットもよかった。ダンボールバットと土喰い商売人のスプリット7インチ(1996年)はツタヤ新宿のバーゲン投売りラックで見つけた。2枚買っておけばよかった。さて本タイトルになったM3プカプカブライアンズではVoさやの今では珍しい歌い方がいい。マジキックとは関係ないコンピカセット『Kitchen Tapes '90』から4曲収録。M16植野隆司デモが個人的には一番か。遅すぎたは早すぎた。

majikick V.A.2〜イッツ・トゥー・レイト〜(FJSP-199|¥1,575 SUPER FUJI DISCS)



Posted by kaneno at 16:01:53

majikick V.A.1〜ソレハ音、アナタハ唄〜

2013-05-06

16566.jpg マジキックBOXは、ノンサッチや小泉文夫監修の民族音楽シリーズを全巻揃えた感じです。アーリー・プカプカはトルコ軍楽で、テニスは南印の歌謡集のよう。ショナ族のンビラとチベットの密教音楽にあたるのが本作「V.A.1」かと思います。本BOXの雛形である2003年に編まれたマジキック私家版レアトラック集CDR3枚のうち「太鼓とか編」(12曲入り)をさらにパワーアップした(全19曲)のがこの「V.A.1」、ますますわからなくなっておりますアウトサイドを歩け。

majikick V.A.1〜ソレハ音、アナタハ唄〜(FJSP-198|¥1,575 SUPER FUJI DISCS)
majikick BOX〜You Have Good Sense(FJSP-191|\6,930|SUPER FUJI DISCS)



Posted by kaneno at 13:56:56

あがた森魚/乙女の儚夢

2013-05-05

16565.jpg はちみつぱいの「煙草路地」の路地はロジー、接尾語のlogyでタバコロジーの事だと、つい最近知って、有名な話だったと思うがちょっとなるほど今日もタバコが美味い。あがた森魚の未発表ライヴその他をアーカイヴする「あがた森魚の世界史B」シリーズ始めるにあたり、ちょうどこないだ古本屋でまとめて買ったニューミュージックマガジン1972年あたりパラパラしたら広告頁に“日本の今のフォーク界に重大な影響を与えている”フェアポートコンベンション、これで丸ごと1頁あって、あがたベルウッド初作『乙女の儚夢』(1972年)のブックレットにある“『フルハウス』を下敷きにした”とはかなり斬新なことだと思っていたが、フェアポートは普通だったことがちょっとなるほど、これも当り前の話だった思うが。しかし『乙女の儚夢』、林静一の画にタイトル文字は:赤瀬川原平を始めSP盤に自らの歌を被せたりどこまでもコンセプチュアル、画期的で聴くたびに新鮮なアルバムらしいアルバムだ。直筆の制作メモ(今と同じこと言ってるのでこれまたなるほどの驚きです)が記してある本人製作の12頁豪華ブックレットも完全復刻した紙ジャケ仕様はまだ在庫あります。

あがた森魚/乙女の儚夢(FJSP-25|SUPER FUJI DISCS ¥2,500)



Posted by kaneno at 02:07:21

都市レコード/road to you

2013-05-04

16564.jpg 新作『road to you』からA面1曲目奥林良治作「道の果て」。
http://www.youtube.com/watch?v=UZNa2RpJsZQ
長州ちから監督ひどいMVだが、ひどいは愛の言葉ひどいミーンズアイラブユー今日はトッドラングレンVerで。「チューリップ/青春の影」を思い出した。スライドギターは三輪二郎。
同じくB面1曲目冷水忠寛作「日が沈めば」。
http://www.youtube.com/watch?v=3vpHIoviEGM&feature=youtu.be
長州ちから監督さらにひどいMVだが、必要なのは世界感覚、トッドラングレン続きます(魔法使いは真実のスターより)けど、ひどいが今ナウ欲しかったので2本とも素晴らしいMVとなった。喜多郎チックなピロピロ・シンセサイザーが鳴るが宮地健作か三沢洋紀のどちらのアイデアか忘れたけど喜多郎は永遠に来ないナウでこれは今こそナウ。

都市レコード/road to you(MYRD-47|MY BEST! RECORDS ¥2,415)



Posted by kaneno at 17:19:21

都市レコード/Poet's songbook

2013-05-04

16563.jpg 近藤チマメさんが作ってくれた私ならこう選曲する的都市レコードのミックステープ(CDR全14曲)がとても良くてベスト盤『Poet's songbook』自体が裏ベストっぽいので裏の裏それは表なのかもしれないが改めて都市レコードは全部知らなきゃいけないと思った次第。ポエットポートレイトのコンピCD『チャプター1』(1999年)と『〜3』(2002年)に収められた「夏〜End of the Summer〜」と「大いなる日に」がどうしても素晴らしく、『チャプター3』では「大いなる日に」の1曲前が「drumrin/白昼夢」で、白昼夢はおれは経験ないが愛染恭子のは観たが、都市レコード自体が白昼夢のようだ。この近藤ミックス都市レコCDRは白昼夢ミックスでやはりこれは裏の裏の裏。さて『Poet's songbook』のマスタリングは中村宗一郎氏によるものだが、ただのCDコピーでマジックは無い、そこが素晴らしくそれがマジック。

都市レコード/Poet's songbook(MYRD-46|MY BEST! RECORDS ¥2,310)



Posted by kaneno at 17:13:57
TOP OF PAGE