SUPER FUJI DISCS制作メモ(日本)金野記

日々の日記です

 
 

グレンスミス/ロマンアルバム

2013-01-05

16020.jpg たんきゅんの7インチ買ってきたけど(右のおばはんちょっとリームー)レコードプレーヤーで聴くのもなんなので特典のMP3も面倒ですからここんとこ毎日のようにPVをユーチューブ観てますとその度にグレンスミスをCDプレーヤーに入れてます。ジェフリン・ライクなサウンドはこれからもずっと飽きることないだろうと思いますが、聴く度に誤読を誘う歌が本当に大好きで例えば1曲目「泣き虫モンスター」では「有史以来〜」がYou Should Likeに聞こえたり、「泣いてばかり也」の「也」がダーリンだったり、文語カジュアル体の実験というか、それで2010年秋の発売前の校正作業以来実に初めてさっきなんですけんど歌詞カード読みますとサビんとこ「涙の波-全角アケ-涙涙の海」と、フォントは普通のゴシですが、この字の並びがもうたまらんちんでおれまで涙の海。3曲目「10年前」では「10years ago 君を見たときに」が、映画坂で君を見た〜、と聞こえるんですが、宮崎貴士は映画好きなのでそんなロマンチックな坂も八王子にはあるんだろう、おっと、10とyearsの間の半角アケがない校正モレ、と今気付きましたけど、このアルバムのすごいところは、、このブックレット/歌詞カードがこの音楽を流さずに読みたい触れたいものであるということでしょう。歌詞、写真とデザイン、紙質と印刷所の仕事、どれも全部素晴らしく、配信で買うのも嫌いじゃないけどクレジットカード持ってないのでウソだが、図書館のアルバム同様プラケース噛みたくなるくらいです。

グレンスミス/ロマンアルバム(MYRD-14|¥2,310|MY BEST! RECORDS)



Posted by kaneno at 01:46:59

なまこじょしこおせえ

2013-01-02

16016.jpg V.A./「なまこじょしこおせえ」
あるいは「賣國心」
あるいは「INFECUND INFECTION」。

2013年2月20日発売 (FJSP-184|¥2,625|SUPER FUJI DISCS)




Posted by kaneno at 16:16:26

どついたるねん/どどどどどついたるねん

2013-01-02

16014.jpg この3rdアルバムは1月23日発売だから1月15日には納品されなければならないのだから12月21日には音源マスターが届いていなければならずだがこの日初めて全99曲の曲名をメールもらってジャスラックに申請するのに曲名書くだけで2時間かかったがマスターは来ずおれはここでようやく本作の内容を少しだけ知ることになったのだが12月22日は『なまこじょしこおせえ』のマスタリングを吉祥寺GOKサウンドでその夜はグンジョーガクレヨンを八丁堀で観た。クリスマスはやっぱり家で過ごしたい。12月25日午前にマスターが届けば何とかなりそうだがここで1秒、2秒のトラックがマスターに読み込めない問題発生、急遽曲順差し替えることになり間に合わなそうだが、どついたるねん2ndアルバム『1986』の発売記念ライヴの始まる前プレス工場の営業の方がピックアップに来てくれて何とかなりそうだがそこでマスターを渡してしまったのでしかもマスターコピーがないのでおれは全容知らずだが案内書を書かなければならないわけでいつものことだが知らず書きでお取引様全店にFAXして12月28日夕方に工場からコピーが届いて昆虫キッズワンマンライブに渋谷ネストへ行ったらミツメ川辺素がいて初対面だったのだが本作のマスタリングをやってくれたのだと言うがプロデュースの高橋翔は今回はマスタリングをしないと言っていてそれはナイスアイデアだと思っていたのだがそれはそれでこれもナイスだ。さあマスターコピーを早く聴きたいと帰宅したら本棚の『町田町蔵/どてらいやつら』が目に入りちょっと聴き込んでしまいこれはこれでナイスなアイデア出てきたのでそれもナイスでこの日は寝た。さて本作のマスターコピーだが翌12月29日から聴き始め1月1日さっき聴き終えた。99トラックだが全64分でも実に長い終わらない、まだまだどんどん音が出てきて早く終わってくれと思ってもまだ終わらない、ならストップ押せばいいのだがおれは押せないキミに押してほしいOh,What a Nightおーわらない実に凄いCDが出来ました。ファグスの1stとかアルゼンチンのレイノルズに近いかもしれません。これもどつ、あれもどつ。

どついたるねん/どどどどどついたるねん(MYRD-41|¥1,575|MY BEST! RECORDS|2013年1月23日発売)



Posted by kaneno at 03:04:53

小山景子/記憶の運河

2013-01-01

16011.jpg ギター弓削聰。その名を初めて意識的に知ったのは田口史人さんの私家版CDR3枚組『佐藤幸雄の世界』に収められた「絶望の友」での6曲だった。パンゴ再発(1995年)の際、佐藤幸雄は参加しなかった再結成コンサート(渋谷クアトロ)に客演した直枝政広さんと「すきすきスウィッチ」の話になり「絶望の友」のこと、これがすごく良かったんだよ、と教えてもらった。2011年1月幡ヶ谷フォレストリミットでスカート澤部渡がPOP鈴木との2人編成で「きみのことすきじゃないんじゃない」をカバーした。『小山景子/記憶の運河』の冒頭3曲のエレキとアコースティックギターが弓削聰で、いやもう本当に最高です。

小山景子/記憶の運河(FJSP-178|¥2,310|SUPER FUJI DISCS)



Posted by kaneno at 10:47:10
TOP OF PAGE