SUPER FUJI DISCS制作メモ(日本)金野記

日々の日記です

 
 

NRQ/のーまんずらんど

2011-12-26

14663.jpg 11月19日(土)雨、20日(日)晴、埼玉入間のグズリ・スタジオで録音は行われ仮ミックスまで出来た。家帰ってひょいとつまんで出てきたのがジャクソン・ブラウン/レイト・フォー・ザ・スカイ、おれはまだ青い。この1年、アフター・ザ・デリュージ、でもビフォー・ザ・デリュージ、NRQのこのアルバムは、だから出来ちゃったんだろうと思う。全47分、なかなか終らない、2011年が終らないように。しかしけっして重くはない。

NRQ/のーまんずらんど(MY BEST! RECORDS \2,415)



Posted by kaneno at 12:09:53

NRQ/のーまんずらんど

2011-12-22

14659.jpg 1990年初め江戸アケミ死んでこれでおれとおれたちの歌が無くなった、以降無い、との言は90年代幾度か誰からと交されたが、じゃがたらの要、篠田昌已(ユニット)〜コンポステラ、1992年終り篠田昌已が死んでストラーダ、みなインスト・バンドだがおれとおれたちの歌があった。NRQがそれを今に継ぐ。

NRQ/のーまんずらんど(MY BEST! RECORDS \2,415)
2012年1月25日発売



Posted by kaneno at 09:57:00

NRQ/のーまんずらんど

2011-12-21

14654.jpg ザ・バンドのセカンドは35年も聞いてるけど未だこれが一番です。これを作りたくて仕事してますけどそれは無理です。08年11月、NRQを入谷なってるハウスで初めて観た。その時の対バン、大阪から来たウラトリオ、そのバリトンサックスに宿便が跳び出るくらいびっくりして、浦朋恵にはメンチカツおごらせてくれ、とプロポーズ、翌3月、新橋の名店「すいす」で食いました。それで出来たのがコレです。メンチカツは「すいす」が1番、大井町「ブルドック」が2番です。ところでNRQだが、この日、ザ・バンドを感じたのは間違いなく、間違った思い込みには違いないが、いつプロポーズするかと忘れては思い出し約2年が過ぎ、もちろんザ・バンドのセカンドを強要出来るはずもなく、しかし「バスドラが真ん中にあるのがロックだよね」などとそれを匂わせつつ、こうしてNRQのセカンド・アルバムが出来上がりました。全く違うものです。気にしないでください。
2012年1月25日発売「NRQ/のーまんずらんど
(マイベストレコード MYRD-25 \2,415)



Posted by kaneno at 17:02:16

蝉/3

2011-12-05

14606.jpg 11月26日から8日間、福岡から蝉が東京来たので花輪和一の短編「セミになった少年」まで読んじゃったり蝉漬けウィーク、セッション出演含む6公演うち約150分、観た。音の瀑布とよく言われているがでもその真ん中はクール、デュッセルドルフ2000年のチャチャがその脱力ハンマービートがおれの中でずっと鳴ってた。家帰って死ぬまで聞くことはないはずだったロバート・フリップ/GOD SAVE THE KINGがひょいとつまんだら出てきて30年目にして初めて面白くこれを体に染み込ませて次の日再び蝉観たらノリノリじゃんすか。こうやって蝉聴くのは間違ってるがそんなおれは今日もいい。

蝉/3(MY BEST! RECORDS MYRD-20/21 2CD \2,500 発売中)



Posted by kaneno at 09:56:43

すきすきスウィッチ/忘れてもいいよ

2011-12-05

14605.jpg 9月25日、池袋オルグ、スカート(澤部渡、POP鈴木、佐藤雄介、清水揺志郎)のライヴに佐藤幸雄は現れた。スパークスでは「ターミナル・ジャイヴ」が一番好きだと言っていた。おれもそうです。

すきすきスウィッチ/忘れてもいいよ(SUPER FUJI DISCS FJSP-112/113 2CD \3,150 発売中)



Posted by kaneno at 09:52:17
TOP OF PAGE