SUPER FUJI DISCS制作メモ(日本)金野記

日々の日記です

 
 

三沢洋紀とゆふいんの森(マイベスト!レコード)

2010-02-08

12350.jpg  野球を覚えたのは小学1年、左利きなので最初に好きになったプロ選手は、テレビで見たタイガースの藤井と藤田平、東京スタジアムで見たオリオンズの榎本。ガキの頃から通好み。きれいなスイングフォームで美しい弾が飛んでいった。南千住にあって異様にキラキラしてたフィールドの中その弾道は今も思い出すことができる。その打撃フォームを自然体というのを知ったのは後のことだ。
 中学の頃からロックを知って、以来ずっと日本人のロックの多くに違和感あったのは、ギターを構えた時のいびつなフォームにあるのだろう。ラブクライを好きになったのは、それがなかったからで、ギター姿がピタリと決まっていた。そしてついに本アルバムでの三沢洋紀に榎本喜八を見た。自然体のロック・アルバムだ。



Posted by kaneno at 19:11:37
TOP OF PAGE