SUPER FUJI DISCS制作メモ(日本)金野記

日々の日記です

 
 

加藤和彦/ボレロカリフォルニア

2009-02-09

10571.jpg  ミカ・バンドの『天晴』をやっと買った。20年。1989年、レコード屋で働き始めたばかりの頃だから、この年は良く覚えている。『天晴』は、大量平積みでこうやって売るということを初めて教わったCDだ。店内ヘビロテはさすがに辛く「またテンセーかよ」と『ミカ・バンドBOX』を買った。おれは他に成り手のないワールドミュージック担当で、前年のマーチン・デニー・ブームもあり、井出靖監修『クワイエット・ナイツ・クワイエット・ストーム』をよく売った。ローリンド・アルメイダ、レイ・テラスなどなど、ジャケはジャッキー・グリーソンのそれ、50年代キャピトルいい時代、コンピの鏡みたいなCDだ。
 さて、加藤和彦ソロ・キャリアの中で『マルタの鷹』の次に見過ごされていた今のところ最新(18年前!)アルバム『ボレロ・カリフォルニア』がリマスタリング紙ジャケ再発です。
 打ち込みの『マルタ』『天晴』とはうって変わって、1991年にわざわざ全てナマ録音。アレンジ全部ニック・デ・カロ、だから『イタリアン・グラフィティ』名コンビのアル・シュミットがエンジニアでL.A.キャピトル・スタジオでの録音(前段に係る、うまい)、だから、フェイク・ラテン〜ラテン・フレイヴァ〜アメリカを通したラテン、が本作です。
 本年1月、オノセイゲン氏がリマスタリングを施しての再発売、発売時を知る方もぜひ改めて聴いていただければ、また、ニック・デ・カロやアル・シュミットのことその他、加藤氏ご本人より伺った話を本CDライナーに付しましたので併せて楽しんでいただけると幸いです。
 本インタビューを行なった昨12月23日、続けて夜は、氏の継承者たる三沢洋紀率いるニュー・バンド、LETTERのライブがあり、いい1日だった。NOテーマでNOコンセプト、いい歌だけの加藤和彦ソロNEWアルバムを早く聴きたいと思う。



Posted by kaneno at 10:18:06

加藤和彦/マルタの鷹

2009-02-05

10559.jpg  加藤和彦の新しいバンド、ビタミンQの初ライブ、2月3日、行きました、フィーチャリングANZA。人いっぱいの渋谷AXロビーは実に華やか、喫煙率高し所かまわず、男は麗蘭土屋公平、女は土屋アンナ、みたいな方々でいっぱい、日本的ロックのパブリック・イメージで土屋を並べてみましたがドメスチック、ギターは土屋昌巳、こんな光景いつ以来だろう、おれが行ってないだけか、不景気とは、あちらこちらでザ・ギョーカイ、チラと見かけたパンタさんが目立たないほど、鮎川・シーナもいたに違いない、実に華やかでそれだけで感激しました。
 さて、加藤和彦ソロ・キャリアの中で最も見過ごされていたアルバム「マルタの鷹」がリマスタリング紙ジャケ再発です、マルティーズ・ファルコン。
 1987年といえば前年が「ピーター・ガブリエル/So」ですから世はファエライト。加藤和彦プレイズ・チェット・ベイカー・WITHフェアライトC.M.I.・ライク・チャンドラー&ハメット=ほぼ(清水靖晃、小原礼、高橋幸宏が参加)打ち込みによるモダーン・ジャズ・アルバム、が本作。しかしデジタル極致フェアライトで作り上げた極致アナログ感が加藤和彦の成せる技、快作です。
 さらに、A-1/B-1(M1、6)のカルロ・サヴィーナ、アレンジによる生オーケストラ録音パリ録音が華を添えます。C・サヴィーナは知る人ぞ知る、ニーノ・ロータの頭脳みたいな人です。
 本年1月、オノセイゲン氏がリマスタリングを施しての再発売、発売時を知る方もぜひ改めて聴いていただければ幸いです。
 本日2月5日、店頭入荷。ニック・デ・カロ遺作となった1991年同じく「ボレロ・カリフォルニア」と同時発売です。安井かずみ遺作でもあります。
 



Posted by kaneno at 10:01:33
TOP OF PAGE