SUPER FUJI DISCS制作メモ(日本)金野記

日々の日記です

 
 

絶対零度

2013-06-30

16770.jpg へぼ詩人の蜂蜜酒は、大工哲弘に続くオフノートの2番として発売された。1994年アルバム『リライアブル・フィクション』発売時、その頃おれはバージンメガストア池袋店に勤務しワールドミュージック担当だったがインストアイベントをやった。ルナパークアンサンブルの10インチ(クラゲイルレコード)をとても大事に聴いてたので、このCDはコメントカードなどですんなり紹介出来たけど少しでも売りに繋がればと「絶対零度!!!!の木村真哉、大熊ワタルが〜」と付け加えた。絶対零度は一度も聞いたことがなかったが80年前後の東京のパンク、ニューウェイブ・シーンにあって何だかよくわかんないけど何だか凄いというイメージだけがあった。ここから約20年、絶対零度からは30数年、その後期メンバーだった坂口透氏より持ち込まれたその音源で初めて知ることとなり、いや実はその沢山のカセットを編集してくれたCDRを聴くまでにはもうひとつあって、それは80年前後にあっったミニコミ誌「ミュニオン」のこと、これも現物を全く見たことなかったが、話の特集だったか本の雑誌で紹介されていて多分自分と同世代の高校生が作っていたことに当時かなり焦ったもの、この主宰、林原聡太氏が絶対零度のマネージャーもやっていた、このことを思い出し、それは間違いないだろうと、このCDRを聴き、それはたいへんカッコよかったです。そしてこのたび発売することになったのです。

絶対零度II(SUPER FUJI DISCS FJSP213/214 7月24日発売)
絶対零度III(SUPER FUJI DISCS FJSP215/216 7月24日発売)



Posted by kaneno at 17:20:07 | SUPER FUJI DISCS制作メモ(日本)金野記 TOP | 前の記事次の記事


TOP OF PAGE