SUPER FUJI DISCS制作メモ(日本)金野記

日々の日記です

 
最新記事の表示
月別アーカイブ
最新記事の表示
最新記事の表示
 

ぱいぱいでか美/レッツドリーム小学校

2016-06-05

19403.jpg 2010年11月だったかイエスママオーケー?CEOデラックスエディションが出来たので、その発案から主にDISC2の制作に大きく関わった澤部渡さんと共に金剛地武志さん家に招かれ打ち上げをした際ワインも進みBGMも氏が中高時代に作ったカセット(それは80年代初期インダストリアル〜ポジパン的ダーク音源でカッコ良かった)から初期松田聖子たしか「ユートピア」になりハタと。特徴的なソニー信濃町スタジオの音だとおれでもわかるが実は松田聖子はテレビでしか見たことなくてLPは初めて(1981年市谷田町CBSソニーでパシリのバイトしてた大学生のおれでも郷ひろみ南沙織山口百恵らを手がけた社内主流の酒井政利氏と松田聖子のそのときは傍流若松宗雄氏の確執は伝え知ってた)、その豪華なしかし練りに練られた音を中目黒からの帰路ずっと忘れぬよう頭の中で反芻した。このころ某社と某社が夜ごとのライブハウスで名刺を配りまくり数か月後このレベルでデビューしてしまうんかというCDが溢れかえっておりおれはそのほとんどが嫌だった。こうして全てが「ユートピア」の1/100規模ではあるが当時考え得る最良の作家音楽家を集め2014年「ぱいぱいでか美/レッツドリーム小学校」と「嶽本野ばら/初音ミクの結婚」を作った。もちろん「ユートピア」の足下の爪垢にも及ばない。

ぱいぱいでか美/レッツドリーム小学校
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1006232163

嶽本野ばら/初音ミクの結婚
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1006123344




Posted by kaneno at 12:55:04 │その他

遊佐春菜/Spring has Sprung

2015-05-09

18611.jpg 壊れかけのテープレコーダーズ3作目「ハレルヤ」(2012年)が出たころ、それを聴いた住所不定無職ユリナから、次は遊佐のソロでしょ、との言あり同時に、翌2013年迷宮モンスター魔界的ポップンロール大傑作「ゴールド・フューチャー・ベイシック」を創り上げた同ザ・ゾンビーズ子がプロデュースをと決まりましたが、このとき遊佐本人は首を縦に振らずしかし壊れかけ第4作「broken world & pray the rock'n roll」(2014年)というロックス的大傑作をモノにした2014年後半、本プロジェクトが本格的にスタートしました。作(編)曲はもちろんゾンビーズ子、そこに作曲家、アレンジャーとしても最近注目を集めるシンガー・ソングライターの金子麻友美が加わりました。作詞は遊佐春菜が全て書く予定でしたが、マーライオンより使ってほしいと提供されたが曲になっていないデモテープに捨てるには惜しいとても優れた1フレーズがありそのデータを藤井邦博(魚座)に送ったところ約30分で作詞作曲された仮歌つきで戻ってきたのをきっかけに次々と詞が送られそれに触発されて遊佐も初めての詞を書き始めました。詞作が困難と思われた2曲はそれぞれニイマリコ(HOMMヨ)とシンガー・ソングライター三輪二郎に発注、遊佐の新たな魅力を浮かび上がらせ、9曲が出来、さらにたくさんのカバー曲候補から、かつて上田禎が率い角森隆浩の歌で人気のあったニーノトリンカ2001年の名曲「ずっと雨降り」と、ストロベリー・スイッチブレイドの1983年インディーズ時代の隠れた名曲「TREES & FLOWERS」を選び全11曲が揃いました。
演奏メンバーは、住所不定無職ファミリーから、ベースに田代タツヤ(撃鉄、住所不定無職)、ドラムが柳沢明史(totos、snap、ダブルオー・テレサ、住所不定無職サポートなど)、ギター佐古勇気(snap、佐古勇気とGABBA GABBA HEY、倉内太&ネイティブギター)、そしてキーボードに鮎子(フジロッ久)と決まり、本年2月スタジオ練習が始まり3月より録音(TanGok Studio/エンジニア馬場友美)、中村宗一郎のマスタリングを経て完成しました。

2015年6月24日発売 遊佐春菜/Spring has Sprung MYRD-86 \2,400+税



Posted by kaneno at 17:14:18 │その他

図書館の新世界

2015-02-18

18471.jpg 今朝図書館の新しいの1曲届いてそれは図書館のことだからまだまだ作り込んでいく25%段階くらいのものらしいがこれは最早ネクストレベルネクスト何とかとか安い言葉では表せない新しいモノその新しいも何が新しいのかわからないんだけど確かに音楽ではあるがとてもわかりやすいポップス音楽ですけどあるモノといったモノである確かな感触があって歌っているのは田中亜矢で間違いなくその歌詞を書いたのは足立守正で極々極々普通の言葉が意味としてイメージにならずしかし知らなかったモノが湧いて出て来てその感覚は音楽が先を行ってしまっておれの言葉が追いつかないのでこれは何だろうとこれまでなかったたいへんうれしい気持ちですから図書館次作を待ちましょう。

*参考「図書館/図書館の新世界」MYRD-3 2009年発売 http://diskunion.net/portal/ct/detail/IND3470



Posted by kaneno at 01:01:22 │その他

三輪二郎/III

2014-06-29

18103.jpg [20140622三輪二郎インストアツアー・メモ2] ■22日(日)雨9時、寝屋川駅前喫茶店モーニングゆで卵が旨い、関西喫茶店モーニング食い煙草吸ってスポーツ新聞読んでるこの光景もあと10年くらいか。京阪乗車淀屋橋市営地下鉄乗り換え梅田へタワーレコード2店舗回り三輪営業、ここでもJインディーズ良心系平台で何とか何とかグループが推されていてさすがに気になったか三輪も試聴していたがつまらんと言いながら12時タワーレコード難波店入り、イベント担当は住所不定無職初作発売時(2010年)に営業宣伝を手伝ってくれた小川さん久しぶり、三輪は気になるんだとカネコアヤノを買い、おれはデヴィッドクロスビーの新作迷い未だグラハムナッシュと顔判別つかず買わず、開演までのお客様待ちの時間アルバム『III』を流していたが「ダブル・ファンタジー」中、木をカタカタ叩く音に気付いてコレ何?と三輪に聞いたら、ゆり子さんがヴァイオリンのボディ叩く音だという。そういえば向島ゆり子、本作では「宿直明けのララバイ」でアコーディオンのボタンの空気音鳴らしてくれてます。■ライブ本番、加地等が生まれ育った寝屋川に泊まったことを知ってのことか多分知らないと思うが「ヘイミスターあしたのジョーイ」をカバーした。14時終了ひょっこり写真家・糸川燿史さんが来てくれ大塚まさじの再来ですとウソこいて三輪を紹介。うどん松屋でかすうどん食い浦朋恵のディドリーボウでアイスコーヒー、7月9日の三輪の大阪ライブで共演してくれるので初顔合わせ、居合わせたお客さんに「三輪二郎一番、3・2・1ですね」と言われたので以後キャッチコピーに使います、梅田に移動、鳥の巣で串カツ食い新大阪へ17時新幹線のぞみ乗車、食後のカツサンドとビール買い忘れた。■「『ダブル・ファンタジー』をジョンとヨーコのそれに準えたり“ワイルドサイドを歩け’14”はないよね」「この曲、『哀しみのダンス(レナード・コーエン)』くらいのレベルは行ってる」「このアルバムさ、『アストラル・ウィークス(ヴァン・モリソン)』に質感似てる」などと話してたら19時半新横浜着■そのまま2人で京急に乗り換えず横浜線根岸線で桜木町へ徒歩10分黄金町試聴室20時着、「『ミナトの渡辺勝ショウ』レコ発ワンマン」は終盤に近づいていたが、ああ渡辺勝、今日もいい。22時解散。

三輪二郎/III(MY BEST! RECORDS/MYRD-67/¥2,500+税/発売中)



Posted by kaneno at 16:51:18 │その他

三輪二郎/III

2014-06-29

18102.jpg [20140621三輪二郎インストアツアー・メモ1] ■21日(土)朝6時新横浜駅集合だから眠れないので『井上陽水/氷の世界40thエディション』開けちゃったから実に40年ぶりに聴くわけで実は『氷の世界』2番目に買ったLPで中学1年、クラスの4人が持ってたくらい売れてたのでつられて買って歌詞カードに陽水の似顔絵描いたほど聴き込んだが、すぐ興味がカーペンターズやウィングスに移り恥ずかしくて約40年一切このLPを引き出すことはなく、しかしこの紙ジャケCDの歌詞カードのミニチュア見ると、自身の手書きでしたね、当時この神経質な筆跡真似てクラス担任との「あゆみ」なる交換日記をクラスの嫌いなヤツの悪口ばかり書いてたこと思い出して、このSHMCDには特に感慨もないが甘酸っぱく新幹線ひかり乗車、豊橋へ。■豊橋着、朝食にすがきや食いたかったが朝8時の街はドトールしか開いておらず豊橋鉄道渥美線乗り換え車輌は東急の初期ステンレス車の払い下げで懐かしく芦原駅下車、何もない、道路とススキ原の向こう遥か先にイオンの看板が見えるそんな道を徒歩25分、三輪二郎は立ちションしおれはタバコ2本吸い道に捨てたのは何年ぶりだろうとイオンショッピングモール豊橋南店着、従業員入口まで5分かかるくらいデカい。2Fフードコートのすがきやは開いていない。開演までのお客様待ちの時間、アルバム『III』を流していたが、トイレから帰ってきた三輪二郎、「今のマイケル・ブルームフィールド?かと思った」とちょうど「シーサイド・ライン」の間奏のギターに真顔で言うもんだから、サンプルもらってコピペ以上のことが出来ないライターからは一切言及ないが、三輪のギターこそがこのアルバムのハイライトであると思い直した。12時、ライブとサイン会終え豊橋へ戻り新幹線まで30分あるので豊鉄駅ビルですがきや食い、こだま乗車名古屋のぞみ乗換え京都へ。■15時タワーレコード京都店入り、バンちゃん(バンヒロシさん)の娘メロコア店員松永さん公休で会えず残念だがホームカミングス福富さんが店員でびっくり、世田谷ピンポンズも観に来てくれたというが、世田谷ピンポンズは加地等追悼イベント(2011年4月新宿ネイキッドロフト)で初めて観、多くの出演者の中で唯一つまり唯一人感心したが会えず残念、Jポップ売場ではインディーズ良心系平台で何とか何とかグループが推されていてどう客観的に見てもつまらんが残念、しかし豊橋に続きここでも三輪二郎ライブは良かった。17時終了、昨秋亡くなった藤井暁さんのお姉様と会う約束あったが行き違いで会えず残念、JETSET小堺店長夫婦と六曜社でアイスコーヒー飲んでオクノ修さんに会い23時近くまで打ち上げ、三条から京阪で寝屋川へ、しかし京阪の車輌はいい阪急近鉄は当り前にいい南海阪神でさえいい関西私鉄はいい関東に比べ運賃高いがこれでいい、24時前ホテルチェックイン。

三輪二郎/III(MY BEST! RECORDS/MYRD-67/¥2,500+税/発売中)



Posted by kaneno at 14:59:26 │その他

嶽本野ばら/初音ミクの結婚

2014-06-29

18100.jpg  本作が縁で松井茂さんからメールで量子詩が届くようになった。20字×20行、カッコいい全角。それをTEXTファイルなどに貼ると自動送りで横幅が揃わず不細工、メール本文だと句点も数字も全角で横が揃うのでカッコいい(句点もぶら下がりナシで次行の冒頭に来ます)から、メールが来るそんな日はおれはとても調子がいい。
 本作では2013年6月頃の量子詩の第837番と840番をマイネームイズうがい(どついたるねん)が、841番、843番、847番を佐藤優介(カメラ=万年筆)がトラックを作り、初音ミクが朗読しています。
 さておれだが、純粋詩・松井茂について、「川本真琴/音楽の世界へようこそ」(2010年)発売時、キャロル・ケイ参加とインフォ出したとき、安ライターが慌ててウィキったくせに然も自分の文章にしたレベルでしか、理解出来ていませんが(本作制作前には知りませんでした)、本稿オチは全角ってカッコいい。

参考・松井茂 http://www008.upp.so-net.ne.jp/methodpoem/

嶽本野ばら/初音ミクの結婚(MY BEST! RECORDS/MYRD-64/¥2,800+税/発売中)



Posted by kaneno at 10:57:03 │その他

壊れかけのテープレコーダーズ/broken world & pray the rock'n roll

2014-06-15

18073.jpg しかしダサい、小森清貴。壊れかけのテープレコーダーズの小森清貴がダサいナウ(参照:新作トレイラーPV)。しかし末端瑣末なことでチョロチョロして平熱微熱が良しとされる神経症的なかよし今シーンにあって、このカッコ悪さが高貴ですらある。4月20日、トラックダウン・データが届いたとき、おれは興奮して1987年トム・ヴァーレイン初来日公演よみうりホールのブートカセットをコピーして彼に送ったほど。トム・ヴァーレイン来日ライブはアンコール終了後客電点いても誰も帰らずずいぶん経って「マーキームーン」のイントロ流れた瞬間がおれ史上最高のロックだが、このときの興奮の10分の1の感覚を壊れかけの新作に思い出した。胸熱の重量感しかし爽やかです。ご期待ください。

壊れかけのテープレコーダーズ/broken world & pray the rock'n roll(MY BEST! RECORDS/MYRD-70/¥2,500+税/7月9日発売)



Posted by kaneno at 15:58:17 │その他

三輪二郎/III

2014-06-08

18064.jpg 11曲レコーディングして「ポケットの夢」「おかたづけブギー」は入れず、9曲ミックスして曲順を考えたが何だかなぁだったので三沢洋紀が決めてくれた。演奏メンバークレジットをエクセルで作ってたら(行:曲目/列:メンバー)、行真ん中あたり列膨らむキレイな曲線となった(=弾き語りで始まり2曲目からマザーコンプレックス・メンバーが加わり3曲目からゲスト加わりそして1人ずつ減っていく)ので、いいアルバムになったと思った。いつもはスペシャルサンクスの文字データを無断でデリートしちゃうおれだが本作では三沢洋紀にスペシャルにサンクスしたい。

三輪二郎/III(MY BEST! RECORDS/MYRD-67/¥2,500+税/発売中)



Posted by kaneno at 00:22:55 │その他

藤井洋平 リアルレコ発ワンマン公演6月8日CAYの件

2014-06-02

18042.jpg 波。(改行)波だ。とはロキシー・ミュージック「アヴァロン」(1982)日本盤LPの今野雄二ライナーノーツの書き出し、おれはこのLP、針を降ろすより「音楽が波である」と記した、この波のような文章を読んだ回数の方が多いくらいです。このフェリーのマジック・ウェイヴ。(改行)波。これが結び、(ブライアン・)フェリーのところを藤井洋平に置き換えてみたい、それが去る1月31日に行われた「バナナ・ゲーム」レコ発ワンマン(渋谷ラストワルツ)でした。この6月8日は、さらなる波となりましょう。皆様のお越しをお待ちしております。

藤井洋平ワンマン公演『Banana Goes on & on & on』2014年6月8日(日)CAY
ご予約は https://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1099.html
あるいは yoyaku.central.station@gmail.com まで。



Posted by kaneno at 00:19:41 │その他

嶽本野ばら/初音ミクの結婚

2014-06-01

18041.jpg 本作の企画はコチラ嶽本氏ブログに記されたとおりです。小説家・嶽本野ばら/画家・会田誠/純粋詩・松井茂、そして初音ミク、さてこれをどうすればよいのか、昨7月、全くのノーアイデアのまま、音楽を発注することになった佐藤望、佐藤優介(カメラ=万年筆)と一緒に原宿の嶽本宅に伺い打ち合わせ、そのとき氏から最近アシッド・フォークが好きだからそんな風にしたい、とそのコレクションを聞かせてくれたが、そうはならないだろうと、もちろんそうする気はなく、またここでも具体的なアイデアはなかった。歌詞は出来始めたが何もないまま11月、会田氏の画が出来上がって、これには関係者皆驚き気持ちだけは前に進んだが牛歩、川本真琴、どついたるねんウガイも参加することになったが越年、ちょっと気になる作曲家トラックメイカー高橋良に参加を請い、ようやく曲が揃い始め、3月、ヴォーカルを録ったが、この時点でもなおおれは何がしたいのか何を出したいのか全く出口が見えなかった。カメラ=万年筆の2人に録音データを戻しミックス作業、そしてマスタリング(中村宗一郎)、立会いナシ、一番大事な部分を端折りますが、出来あがったものにおれは、カメ万の2人もびっくり予期せぬアシッッッーーーッド驚いた。これがサイケデリックだと思います。

嶽本野ばら/初音ミクの結婚(MY BEST! RECORDS/MYRD-64/¥2,800+税/6月25日発売)



Posted by kaneno at 21:52:06 │その他

 
December/2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31