日本地下音楽

日本のアングラ、インディーズシーンの自主制作音源(CDR等)を中心に、メジャーものまで日本の地下音楽の入荷状況、オススメ商品、またライブレポートなど含めて長々と殴り書きします。

 
 

JAPANESE INSTRUMENTAL BAND

2009-10-13

JAPANESE INSTRUMENTAL BANDという特集やってます。
日本のインストバンド(最近リリースがあったもの中心)対象商品を1枚お買い上げで、対象バンドの音源が収録されたスペシャルサンプラーを差し上げます!先着特典、無くなり次第終了の為、お早めにどうぞ!こちらに詳細どん!

オンラインショップのほかに、下記店舗でも開催中です。

・お茶の水駅前店
・新宿本館地下1F日本のロックインディーズ館
・下北沢店
・町田店
・国立駅前店



Posted by kame at 18:08:59Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

今週の一枚 すごい久々です!似非浪漫「elenpywo」

2009-07-03

11331.jpg 似非浪漫「elenpywo」

関西で活動をするプログレバンド「似非浪漫」の初の音源が遂にリリース!熱弁するボーカルと掛け合いボーカル。意味不明の展開、突如挿入されるコーラスや楽器も一体となってのユニゾン。しかも、拍子がカウントできない複雑さ。言葉がでないほどの圧倒力。高円寺百景みたいな怒濤の展開とコーラスで壮大さを感じさせつつも、関西ゼロ世代のノリ、テンションとユーモアが十二分に詰まった作品。超絶的な演奏も、楽器の絡みもどこをとっても最高!真のプログレ好きから関西アングラバンドなどが好きな方、全ての方に聴いて欲しい。ディスクユニオンオリジナル特典「ライブ収録DVDR」付き!



Posted by kame at 17:33:41Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

ORANGES & LEMONS とはまったく無関係ですが

2009-03-11

10764.jpg by XTC

全然関係ないですが、先日、動画配信サイトにて、diskunion TVという動画配信でオススメ商品〜SALE情報をお伝えする、いろいろな意味で笑える番組を開始しましたが、既にご覧の方はいらっしゃるかも、いろいろと遠くから、感想などが風にのってわたくしの元へ舞い降りてきています。

もし、まだ面識のない方で、ライブハウスなどで見かけたら、声掛けてください。飴玉を差し上げます。

つい先日、某バンドの方たちと飲みながらお話をしたのですが、ノリの軽さについて、言及されたため、最近では毎日座禅を組んで、精神に磨きを掛けております。(嘘)

シャムキャッツの新作(4/22発売)がいいです。
最近よく聴いています。コチラ



Posted by kame at 16:36:53Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

俺はこんなもんじゃない の新譜が凄いことになっている

2009-03-02

10707.jpg 「俺はこんなもんじゃない」というバンドがいるのはすでに知っている方もいらっしゃるかと思いますが、昨年はUFO CLUBのコンピレーションやイースタンユースの極東最前線のコンピレーションに、二階堂和美やtoe、54-71、ゆらゆら帝国らと並んで楽曲を提供。ライブ活動も定期的に行い、精力的な活動をしてきた彼らだが、そんな彼らが遂に2年ぶりにフルアルバムをリリースする。

アヴァンポップ、プログレ、サイケ、ジャズ、相変わらず彼らが奏でる楽曲は様々な音楽性を持ち、混ぜ込み、ポップな側面、インプロやノイズなどアンダーグラウンド志向な面と両面を見事に融合させており、壮大で革新的/確信的なコンセプトアルバムになっている。

バンド名からは、どうも勘違いをされやすい(と思っています)彼らだが、様々な楽器が入り組み、音を重ね、構築されていく楽曲は、非常に高いレベルを提示続ける。

ディスクユニオンでは先行発売となります、ご予約はコチラ



Posted by kame at 20:07:16Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 andymori「andymori」

2009-01-15

10459.jpg andymori「andymori」

最高に狂おしいアルバム。
andymoriのデビューアルバム。1st EPリリースから4ヶ月!遂にリリース決定。

普段、基本的にはプログレばかり聴いているんですが、ふとこの音源を流した瞬間、彼らの抜群のメロディーセンスと言葉と青臭さに、よく書かれている言葉で書くならば、どこか忘れてしまっていた青春とやらを(もともと青春なんてなかったですが)思い出させてくれた。

20歳の後半になっても、みんなに30歳の半ばに間違われても、いつになっても、こういう音楽を求めているんだなと、実感。直球で胸に響く名盤。

ユニオンオリジナル特典はステッカーです。ご予約はタイトルをクリックで。

※特典数量には限りがございます為、無くなり次第終了とさせていただきます。あらかじめ御了承くださいませ。



Posted by kame at 16:46:43Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 thai kick murph/1st

2009-01-09

10431.jpg thai kick murph/1st

都内の現役大学生5人組、結成1年のthai kick murphの1st single3曲入り。このメロディーセンス抜群ミラクルポップネスバンドは東京大学で毎年開催されるコマモルフォーゼへの出演をはじめ、若手インディーズバンドの中でも、めきめきと頭角を現している。80年代エレポップ要素を感じさせるよい意味でのチープさから、ピアノの音が主体となるバンドアンサンブル、そして、先述した抜群のメロディーセンス、瑞々しさと毒気が織り交ざったなんとも胸をやさしく掻き毟られる様な耳に残る歌声とハーモニー、全てにおいてセンスが嫌味がまったくなくすばらしい。とにかく、まずは聴いてみれば分かる2009年第一弾の本日の一枚。ライブではエレクトロセット、アコースティックセット、バンドセット(があるらしい/実際にはそれぞれを見たことないので)と遊び心をも交える余裕とエンタテイメント性にも期待大。

myspace→http://www.myspace.com/thaikickmurph
※1曲目のsingleダイジェストをチェック



Posted by kame at 12:29:53Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

イルリメの本名名義「鴨田潤」の弾語り音源が入荷!!!!!

2008-12-19

10332.jpg マジでいいんです。よ。

新作「メイド・イン・ジャパニーズ」のリリースが2/4に決定したイルリメ。
彼の突如発表された本名「鴨田潤」の弾語り音源がディスクユニオンに入荷しました。これまで、ごく一部の店舗、カクバリズムのHPのみでの販売となっていたこの音源はそのごく一部で販売するにはもったいないほどのすばらしい内容。
「ブーメラン・セレモニー」「たちんば」「トリミング」のアコースティックver、新録の楽曲2曲の計5曲収録。
さり気無く重なり連なる声や音や口笛。間。温かな空気。大げさな小細工なし。純粋、ダイレクトに歌を伝える作品。

コチラからどうぞ。



Posted by kame at 16:50:07Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 石橋英子「drifting devil」

2008-12-02

10236.jpg 石橋英子「drifting devil」

PANICSMILEのドラマーとしても活躍中のアンダーグラウンドシーンが生んだ奇才「石橋英子」のソロ音源2作目。

石橋英子×アチコでの活動もあってか、前作より「唄」を、音楽の持つ癒しの力、感じることができる全12曲。ただし、彼女の実験精神は、その唄の中にも随所にちりばめられ、極上のポップミュージックが完成。非常に完成度の高い一枚。ポップミュージックというくくりから、さらには、芸術の粋までに達し、アヴァン要素ももちろんあり、エレクトロニカ、ノイズ、クラシックを融合させ、それも、強引にではなく、実に地に足が着いたような正統な方法で見事に一枚のアルバムに収録されている。

そして、これはまったくの余談ですが、先日、丁度石橋さん本人にもお会いし、尋ねることができたのだが、このアルバムのジャケット、フィルマンザネラチャールズヘイワードらがメンバーのQUIET SUNが75年に発表した名盤「MAINSTREAM」のオリジナルジャケになんとなく似ていませんか?色遣いと不穏な球体が。ご本人様いわく、特に意識をしたというわけではないけど、そういわれるとそうかも…ということで。



Posted by kame at 17:52:21Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 fresh!「fresh!」

2008-10-14

9976.jpg fresh!「fresh!」

ディスクユニオンとSunrain Recordsとライブ会場限定!超絶プログレ!「Fresh!」のCDR。

秋山隆彦 drum (downy/KAREN/日暮愛葉 and LOVES!)仲俣和宏 bass (downy/KAREN)藤井友信 guitar (MUSIC FROM THE MARS)中村浩 sax (downy/日暮愛葉 and LOVES!/KARENサポート)伊東真一 guitar (SPARTA LOCALS)の超強力メンツからなる技巧派超絶プログレバンド「Fresh!」の限定CDRが入荷!!!!!マッツモルガンバンドの如く超絶演奏で展開されるメタル、ジャズロック、フュージョン、プログレな音は、めまぐるしく息つく間もなく奏でられる演奏され、まさに構築美!!!これはマジでやばいです!!!!!!



Posted by kame at 17:22:06Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

コレは大事件です!マヒルノの正式音源が遂にリリース!ディスクユニオンオリジナル特典(未発表音源収録)CDRつき

2008-09-24

ですね、もう、もはや、2008年のインディーズシーンの事件になるんじゃないでしょうか、正式音源リリースのマヒルノですって、やばいでしょ。

詳しくはコチラで書いていますが。どっかーん、もう!



Posted by kame at 16:14:39Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 cumulonimbus「cumulonimbus」

2008-09-17

9868.jpg cumulonimbus「cumulonimbus」

クラブからジャズ、ロックシーンまで、縦横無尽に駆け回るギター、ベース、ドラムの3人編成の新鋭インストバンド、cumulonimbusのデビューアルバム。
全体を覆うアッパーなビートを響き渡らせる生音にエレクトロニクスを絶妙に絡め、都会的な雰囲気を詰め込んだ、どうにも心地よいグルーヴを作り出す。
インストバンドが数多く現れているが、彼らと交流の深いnenemをはじめ、新鋭インストシーンとでも言えるのか、音のバランスを丁寧に作り上げた楽曲でまだまだインストバンドの快進撃を見せつけてくれるだろう。



Posted by kame at 20:33:15Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚とSOW晴れるといいな

2008-09-13

9850.jpg Uniq"est「Nine waves」

福岡を中心に活動を行う尺八、エレクトリックベース、ドラム、ピアノ、タブラ、サンプラー、ノイズにより静かに奏でられる現代音楽。遠くで鳴り響くアンビエントな音の粒が、尺八の古典的な音と重なり、精神統一世界へと導く包容力を持つ。エレクトロニクスを古典楽器と融合させここまで見事に形に作り上げることができる彼らの実力が見事に形となった大作であることは間違えないであろう。
マスタリングには、今年のsense of wonderへの出演決定など話題のkashiwa dasiuke氏。

http://www.myspace.com/uniqest

ということで、週末はSENSE OF WONDERですね。
晴れるといいですね。レイハラカミが楽しみです。

そういえば、このブログの右側のコーナー?ぜんぜん更新していなかったので、更新しました。
最近の若手注目バンドです。



Posted by kame at 15:32:43Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 uhnellys「MAWARU」

2008-09-12

9839.jpg 前回2回紹介したアイテムがいろ鮮やかなジャケットだったので、その流れで、今回も鮮やかなものにしたい!

uhnellys「MAWARU」

言葉を重ね続け、音を飛ばし続け、聴くもの、見るものを踊らせ続ける2人ユニットuhnellysのライブ音源に続くスタジオレコーディングアルバムが遂にリリース。ギター、トランペット、ドラム、言葉を次から次へとサンプリング。基本ラップスタイルだが、それだけに括り切れない音楽性は、彼らがこれまでに共演してきたさまざまなつわものたちからも納得させられる。非常にグルーヴィーでありながら、時にカオス渦巻く空間。その唯一無二の音楽性が、国内だけなく、海外へも渡り、評価を高めているのだろう。タイトルのごとく、回り続ける音の渦に飲み込まれる。ライブは必見!!!!!!!



Posted by kame at 14:29:06Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 辻隼人「エリーゼのくせに!」

2008-09-10

9831.jpg 辻隼人「エリーゼのくせに!」

今作では、ピアノの弾き語りで前編綴られている、新鋭シンガーソングライター「辻隼人」の新作。前作同様にその荘厳で悲壮感漂う世界感は今回でも健在。ピアノという楽器と声を武器に、限りなく儚く不穏でありながらも、包みこむような優しさと壮大さを兼ね備えている。エモーショナルなピアノロックアルバム。ジャケ、タイトルを含め、好作!!!!



Posted by kame at 17:33:48Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚「ARTLESS NOTE+The mornings/SPLIT」

2008-09-05

9809.jpg ARTLESS NOTE+The mornings/SPLIT

9/27(土)発売です。

現在のインディーズシーンの音楽は、人括りに、このバンドはこの音楽性だと断言することが難しいのですが、それは別に現在に限ったことなくて、ちょっと前から、そういった面白いことをやっているバンドが増えてきて、一言で言えば、ジャンクロック、ごちゃ混ぜにした音楽。

そして、その現在のインディーズシーンの新たな方向を指し示すであろう、新鋭オルタナティブバンド2バンドが放つ豪快なSPLIT!

The morningsはというと、ハードコア、プログレ、ニューウェーブ…というあらゆる音をぐちゃぐちゃと噛み砕き、若さと衝動的な感情をぶつけた不協和音と俊敏さと叫び。そして、不気味なポップさとなんだか居心地の悪い展開を1曲3分間にも満たない楽曲の中でジタバタと繰り広げている。

そして、それに対するARTLESS NOTEは、Gt/Vo+Dr/Chor+Dr/Synの異編成3ピースアヴァンポップロックバンド。ニューウェーブか、ポストパンクか、隙間だらけの非常に突き抜けた音が、ゆるくも攻撃的に鳴らされると思った途端!!!!見事なコーラスが被さる胸をくすぐるメロディーへの展開。その感覚は天才的なものを感じる期待が高まる若手注目イチオシバンド。

そして、最後はそんな2バンドが化学反応を起こし火花が散るかのような2バンドの共演音源!

これは。2008年度のリリースの中で事件になるかもしれない。



Posted by kame at 20:25:52Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

エクス・ポ VOL.4/VOL.5入荷

2008-09-05

です!
今回も、濃い、濃すぎる内容で、仰天です。

コチラからどどぞ。



Posted by kame at 13:33:28Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

夢中夢の新作が遂にリリース!ディスクユニオンオリジナル特典付き!

2008-08-19

夢中夢「イリヤ -ilya-」

ディスクユニオンオリジナル特典DVDR(PV収録)付き!

ジャパニーズ鬱ロックシーン史上に残る名盤!!!!
彼らの名前を目にしたことのある、アングラ音楽ファンは数多くいるかと思いますが、そんな夢中夢(ムチュウム)セカンドがついにリリース。

女性ボーカル、テクニカルな演奏とクラシカルな旋律、ピアノ、バイオリン、ストリングスなどを多様したシンフォニックなサウンドはへヴィメタル、ポストロックの要素を持ち、全体を支配するダウナーでダークな空気が現在の関西のアンダーグラウンドシーンでも一際目立つ存在感を打ち出している。
今回は、豪華なゲストミュージシャン、World's End Girlfriend/ロビン(from 赤犬)/ハジメ(from ミドリ)を招き、より彼らの深化を遂げている。
より深く、より美しく、そして、よりダウナーに、音像とカオスとその中に聴こえる一筋の光を感じさせる名作。



Posted by kame at 20:40:37Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

ディスクユニオンとライブ会場限定 ソニックアタックブラスターのライブ音源

2008-07-31

ということで、8/5に発売です。

8/5発売

ディスクユニオンとライブ会場限定のライブ音源

ナンバーガール、エレファントカシマシ、人間椅子などが引き合いに出されることが多い、
都内で活動をするソニックアタックブラスター。
湿り気のあるへヴィーさ、陰鬱さ、ダイナミックな展開な楽曲構成、全体を支配する和旋律、歌い回しが、叙情性をふんだんに含み、彼らの独自性を発揮している。

これまでに遠藤ミチロウとの2マン、その他、チョモランマトマトなど数多くのつわものたちとの共演を果たしてきた彼らのそのライブの生っぽさが詰まった全5曲。

コチラからどうぞ。

試聴は以下でできます。
http://www.myspace.com/sonicattacksblaster



Posted by kame at 16:32:12Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

FUJI ROCK ROOKIE A GO-GO特集 太平洋不知火楽団、音源取り扱い開始

2008-07-11

ということで、太平洋不知火楽団の音源取り扱い開始です。

コチラから



Posted by kame at 20:24:57Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

ROOKIE A GO-GO特集 追加で取扱い開始!!!!

2008-06-23

AFRICA EMOテングインベーダーズの音源取扱い開始です。

特集はコチラから!



Posted by kame at 20:20:29Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO-GO特集

2008-06-18

9444.jpg 毎年注目を浴びるFUJI ROCK FESTIVALのROOKIE A GO-GO。今後の注目バンドが生まれる可能性も秘めているだけに、
その出演バンドに注目が集まっている。そして、そんな中今年も合計15バンドの出演が決定した。

その出演を記念して、ディスクユニオンでは、FUJI ROCK ROOKIE A GO-GO特集として
出演バンドの中から数バンドをピックアップ。一部店舗と通販にて展開をします。

正式なリリースがあるアーティストから、まだ自主制作音源CDRしか作っていない
今後が楽しみなバンドまで。自主制作音源の取扱いを大々的におこなっている
ディスクユニオンならではのおもしろ企画。この音源がレア音源になる日も近くない!かも。

コチラから特集ページがご覧いただけます!



Posted by kame at 17:39:24Comments(2)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日のオススメ デフラグメントが監修、関西アングラシーンを網羅した濃厚コンピ&ミックスCDが入荷!!!

2008-06-13

9423.jpg ということで、下の記事でも記載したように、関西勢、勢い最近凄まじいいですね、FLUIDの新作、そして先日はLimited Express(has gone?)×DODDODOのSPLIT、発売に伴うインストアイベントは大盛況で、ライブハウスなみの盛り上がり!最高でした。

さて、そんな関西勢、まだまだ沢山アーティストが盛りだくさん、もうごっちゃまぜにいるんですが!

ブレイクコア、ハードコア、パンク、ポストパンク、ニューウェーヴだろうか、ノーウェーヴだろうが、ディスコパンク、ボディビート、エレクトロ...そんなごちゃ混ぜ内容脳天昇天のコンピとミックス音源が入荷です!

関東圏内ではディスクユニオン独占販売。ミックス音源の方は、先述したLimited Express(has gone?)×DODDODOのSPLITでDODDODOの曲に参加をしていたDJ MIGHTY MARSのセレクトミックス。収録アーティストはそれぞれ下記詳細でご確認を!!!!ジャケはやばいです。

コンピはコチラから

ミックスCDはコチラから



Posted by kame at 18:25:03Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 NISEUO cosmic-chang mothership progress「ST」

2008-06-11

9407.jpg NISEUO cosmic-chang mothership progress「ST」

6/21発売。
その長い名前を覚えるのに一苦労したのだが、先日マヒルノの企画でパフォーマンスを見た瞬間、名前も頭に媚リ着いて離れない、忘れられない程の衝撃を受けた。
まるで映画のワンシーンを見ているかのような、物語性溢れるコンセプトアルバム。ジャズ、ブルース、実験音楽、現代音楽…様々な要素を吐き気がするほど濃縮に混ぜ込んで圧倒的な音楽性を放つニセウオ・コズミック・チャン・マザーシップ・プログレス。
不穏で複雑怪奇な音楽をかなで、果てしなく壮大なスケールを持って現在のインディーズシーンに新風を吹き込ませる。
PASS WORDとして彼らから送られてきた言葉。
[鯨電話]-[地下室の望遠鏡]-[青ざめる鶏]-[105円のモナリザ]-[ガルバパンク]-[温めると食べられるマイクロフォン]-[化石の森]- [NISEUO cosmic-chang mothership progress]

とにかく、聴いて見て下さい。ライブを見てください。



Posted by kame at 17:40:06Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

なんと、54-71が

2008-06-09

新譜をリリースです。

取り急ぎ報告です。

コチラから予約できます。



Posted by kame at 21:00:40Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 大型新譜のリリースです!miaou「All Around Us」

2008-06-03

miaou「All Around Us」

miaouのフルアルバムがリリース決定。現在の日本のPOST ROCKシーンを引率するバンドたちの中でも一際、繊細なメロディーと音の結晶で、多くのファンを獲得し、日本のみならず海外でも評価が高いmiaouが、前作epから約2年、新作をリリースです。今回は、toeの美濃氏をサウンドエンジニアにし、より奥行きのある秀逸なサウンドを鳴らすと同時に、彼らの作り上げる透明感のある音の粒は、空中を舞い上がり、音と景色が交錯し、独自の世界観を提示している。
ギター、ラップトップ、ローズピアノ、シンセ、ベース、ドラムから生み出される極上の和製POST ROCK。激情的な音を奏でるtoe、te、LITEとは対極の音を奏でながらも、彼らと共に日本のPOST ROCKシーンを支えるmiaouに期待が高まる。



Posted by kame at 19:50:08Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 FLUID「FOAMAT YOUR FLUID」

2008-05-31

9357.jpg FLUID「FOAMAT YOUR FLUID」

7/5発売
FLUIDの新作が遂に発売!!!!!!!攻撃的、瞬殺的な音に打ちのめされる衝撃的な内容。
2004年にファーストアルバムをリリース、各方面から絶賛を浴び、FUJI ROCKのROOKIE A GO-GOに出演。その後メンバーチェンジを経て、今年の2月にメンバーチェンジ後初の正式音源となるSPLIT音源を盟友TORICOとリリース。
以前よりソリッドに研ぎ澄まされた瞬発力にさらに磨きがかかった音は、ニューウェーブもハードコアも、ポストパンクもひっくるめダンスフロア、ライブハウスを恍惚の世界へと導く、現在の日本インディーズシーンが創り上げる新世代オルタナティヴ。
彼らをはじめ、関西のインディーズシーンがさらなる賑わいをみせ、自主企画をはじめ、ボロフェスタなどを大々的に開催するなど、自身のバンド活動だけではなく、良質なアンダーグラウンド、インディーズシーンの火付け役的な存在にもなりつつある。



Posted by kame at 11:52:49Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日のオススメ about tess「beautiful」

2008-05-30

9356.jpg about tess「beautiful」

ディスクユニオンオリジナル特典DVDR(ライブ映像)つき。

既に全国レベルでの展開を行いイベントとしての認知度も高い「SWAN SONG COUNCIL」
そのイベントを主催しているバンドabout tess。都内を中心に活動し、凛として時雨との2マン、元CANのダモ鈴木とのコラボレーション、sleepy.abのレコ発のサポートなど、活動の場も幅広く既にバンドとしても不動の地位を確立しつつある彼ら。
プログレッシヴな超絶演奏を息つく間もなく壮絶に繰り広げ、ひたすら繰り返されるリフとそれに重なる様々な音は芸術といえる程の構築美。
冒頭から、拍数も数えられぬ展開から、硬質なギター、それに対し躍動するリズム、グルーヴをも作り出し混沌から未来へ向け彼らの本領が発揮された美しい作品となっている。



Posted by kame at 20:45:49Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 Limited Express(has gone?)×DODDODO「ST」

2008-05-28

9343.jpg Limited Express(has gone?)×DODDODO「ST」

6/11発売。解散、復活、活動拠点を関西から東京へ移し、メンバーもチェンジしたLimited Express(has gone?)と関西ブレイクコアの女王とも言われるDODDODOの強力SPLIT!!!
相変わらず両者とも、自分たちの道を貫き、さらに勢い増した楽曲は、ハードコア、オルタナ、ニューウェーブ、ブレイクコアなど海外に通じるレベルの音楽性をリスナーに突きつける!

ディスクユニオンでは限定特典DVDR(両アーティストのライブ映像収録)と発売日6/11同日に下北沢店にてインストアイベントを行います。



Posted by kame at 19:44:27Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 YOMOYA「YOURS OURS」

2008-05-26

9332.jpg YOMOYA「YOURS OURS」

6/4日発売。予約開始です。ディスクユニオンオリジナル特典PV収録DVDR付き。

2003年度より渋谷、新宿、下北沢を中心に活動をするYOMOYA(ヨモヤ)のファーストアルバムがnhhmbase、4bonjour's partiesなど現在のインディーズシーンの良質な音楽、さらには、Owen、Joan of Arc、HER SPACE HOLIDAYといった海外のポストロック、エレクトロニカ作品をリリースする& recordsから遂にリリース。

日本語詩を用いたみずみずしいボーカルとコーラスワーク、そして、USインディ、ポストロック、フォークロックを通貨したサウンド、美しいメロディー、微細に飛び交う音の結晶は心の奥底まで、じっと染み入る。人差し指先で、胸の内側を少しだけ優しく掻き弾かれるような。
それらが、まるで小さな積み木を組み立てるように、童話を語るように、組み立てられ、言葉が交わされYOMOYAという音楽を形成する。

トクマルシューゴ、4bonjour's parties、nhhmbaseなど、次世代の日本のインディーズシーン、もしくは、それインディーズを飛び越え、メジャーのJ-POP、J-ROCKシーンにも静かに侵食する彼らの音の存在感は間違えなく多くの人の心に鳴り響き、2008年度リリースの傑作となるであろう。



Posted by kame at 18:30:44Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日のオススメ マヒルノ「3rd」

2008-05-23

9311.jpg マヒルノ「3rd」

あの、マヒルノの3rd音源が入荷しました!というか、ライブ会場限定で売っていたのですが、一部のお店でも取り扱いを開始ということで(今回は限定500枚だそうです)diskunionにも入荷です!明日から店頭で販売開始です。

内容は言わずもがな、圧倒され、恐怖感を抱く、今後のインディーズシーンに激震を与える衝撃的な内容!!!いやはや、このバンドが日本のインディーズシーンを塗り替えると言っても言い過ぎではないでしょう、とにかく聴け!

近日試聴開始します。

って、堰がきったようにブログ更新していますが、気まぐれではありません。
今後も随時オススメ商品アップします!



Posted by kame at 16:52:44Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 Pq/From Neon Town

2008-04-11

9081.jpg Pq/From Neon Town

都内でマイペースながらも活動をする「Pq」アルト、テナーサックス、トランペットなどの管楽器と薄気味悪く何を呟いているのか聴き取れないボーカル。予測もできない展開と意味不明な拍子を聴かせたかと思えば各楽器乱れうちなカオティックな渦を撒き散らす。不穏に目まぐるしく動き回る楽曲はフンラクザッパのアンクルミートの様な感触をも感じる好作品。



Posted by kame at 16:43:59Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 真美鳥/ピラニア

2008-03-21

8992.jpg 真美鳥/ピラニア

4/20発売

2001年に結成され、東京アンダーグラウンドシーンでは、その強烈なライブパフォーマンスで、さまざまな人を魅了し続けている「真美鳥」がついに正式音源をリリース。

メンバーの岩永中すけ(ギタリスト)は画家としても活動し(ソロで音楽活動もしている)、BOREDOMSのEYEの作品などを紹介、展示してきたギャラリー「magical,ARTROOM」において、作品を発表。そして、今作はその「magical:ARTROOM」が新たに立ち上げたレーベル「Gullwing Record」が自信をもってリリースする第一弾アーティストなのである。
これまでに、水中、それはくるしい、俺はこんなもんじゃない、前野健太、GELLERS、4bonjour's partiesなど、現在注目されつつある関西ゼロ世代以降の音楽シーンを担う若手バンドとの共演、そして、自主企画を行い都内を中心に活動してきた。
今にも壊れそうで絶妙なバランスを保ち、断崖絶壁で演奏をしているような危うさ、控えめに重なるギター、ドラム、ベースの音と声と言葉、そして、その音と音、声、言葉の間に漂う独特の空気感は、聴けば聴くほど、脳内にうっすらとモヤがかかった混沌としたイメージを焼き付け、聴く人を惹きつける中毒性を持つ。アシッド・サイケロックという一言では言い表せない彼らの音楽には、アンダーグラウンドという枠を飛び越えて、日本の音楽のレベルの高さを感じさせ、マヘル・シャラル・ハシュ・バズなど、これまでに日本のアンダーグラウンドを世界レベルへひっぱり上げてきた彼らに続き、同様の存在になりえるのではないかという期待さえ持つことができる。
目の前で繰り広げられ、耳の遠くで響き鳴らされているこの音は、まさに奇跡で、唯一無二の音楽であるのではないだろうか。

今回、ミックス、マスタリングを担当したのは、中村宗一郎(ピース・ミュージック)

彼らの音楽が正式にリリースは日本の新たなアンダーグランドシーンの先駆けとなることは間違えない。
鳴らされている音楽も奇跡であれば、このリリースも奇跡となるであろう。



Posted by kame at 19:38:34Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

3〜5月の要注目新譜紹介

2008-03-18

ということで、まとめて紹介。既に紹介しているものもありますが、こちらのHPで、まとめて紹介しているので、是非ごらんください。ユニオンオリジナル特典付きのものもあります!

コチラからどうぞ!!!!



Posted by kame at 19:13:34Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 魔ゼルな規犬/090-9170-6967

2008-03-17

8972.jpg 魔ゼルな規犬/090-9170-6967

なんと、あのカルト的な人気を誇る「魔ゼルな規犬」の正式発売音源がついにリリース!!!!
ディスクユニオン先行発売、オリジナル特典付で3/19日から発売開始です!!!!!

※通販での注文は本日から開始です。出荷は明日から開始となります。

街を歩くと時々目にする「魔ゼルな規犬」のステッカー。
電柱に、看板に、そこらに犬のマーキングのように、貼り付けてあるあのステッカーで、既にコアなアンダーグラウンド音楽ファンには名前が知れ渡っている「魔ゼルな規犬」

エレクトロニカ、IDMというくくれない「魔ゼルな規犬」の音楽は様々な音、声がカットアップ、コラージュされ鏤められた今回のこの音源は、実に精密で、聴いていて、そのたたきつけられる不可解な言葉までもが、気がつけば不安から精神安定へと変化し、耳になじみ、ある種のトリップ感覚までをも生み出している。

今回の作品は初音源でしかもプレス音源。セーラー服おじさんの作品もリリースする「人間大学レコード」より。
現在のより深いアンダーグラウンドシーンを知るために必須な一枚である。

※特典数量には限りがございますため、なくなり次第終了とさせていただきます。
ディスクユニオンと公式ページのみのオリジナル特典ステッカー

なんと!!!!あのいたるところに貼り付けられているステッカーがもらえます!
数量に限りがございますためなくなり次第終了とさせていただきます。
あらかじめご了承くださいませ。



Posted by kame at 20:07:17Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 shibata emico/in the night

2008-03-11

8940.jpg shibata emico/in the night

※発売日が5/7へ変更となりました。
4/2発売。女性SSW。2007年3月にはミニアルバム「シーズン・ソングス」を発表。
前作のバンドサウンドからギター、ピアノ(特に控えめに鳴らされるローズの音が鳥肌ものです)を中心とした弾き語りスタイルへと変化し呟かれる言葉と楽器の音はCat Powerなどに通じる内省的な世界を創りだし、物語を語るように静かに語りかけられる。物悲しさ、儚さを感じさせる秀逸作品。
3/30には新宿の廃校で行われる「廃校フェス」にカーネーション、少年ナイフ、俺はこんなもんじゃないらと参加。これまでにもApple store渋谷、HMV渋谷でのインストアライブから高円寺のカオスライブハウス無力無善寺でのライブなど、その活動の幅も広く、今後期待される要注目SSWであるに間違えない。



Posted by kame at 19:01:49Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 101A/LETHE

2008-03-10

8932.jpg 101A/LETHE

ディスクユニオンオリジナル特典付き!ライブ、PV、インタビュー映像DVDR!
コンピ、「シューゲイザー至上主義」へも参加した101Aの3rdアルバムが発売。
グランジ〜シュゲイザーへ通じるへヴィネスさ暗鬱さ、更には優美さが一体となり、noahの時に攻撃的で、時に消え入るようなボーカルが幽玄的な音世界を創り上げている。1曲の中でその移り変わる情景は限りなく美しい。



Posted by kame at 20:20:06Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一冊 エクス・ポ/VOL.2

2008-03-07

8920.jpg エクス・ポ/VOL.2

HEADZの佐々木敦氏が編集する新感覚カルチャー雑誌「エクス・ポ」の第二刊が入荷!
一般の書店では手に入らないこの雑誌ですが、内容は佐々木氏が編集を務めるというだけあり、かなり濃い内容、読み応えがありすぎる!!!
前作同様、個人的に楽しみにしていた連載「吉田アミ&雨宮まみのお悩み相談室」はもちろん、今回は、まもなく新譜も発売「にせんねんもんだい」のインタビューが掲載。



Posted by kame at 21:22:11Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

なんと!!!相対性理論が!!!

2008-03-05

とにかく、売れすぎて、大変だった、あの相対性理論の自主制作音源「シフォン主義」

そのシフォン主義が、なんと、リマスターをされ正式音源としてリリースすることが決定です!!!!

そしてこのディスクユニオンのHPでもまもなく、予約開始です!!!!

本当に、まもなくなので、もうしばらくお待ち下さい。自主制作盤を買いそびれた方、すごい反響で問い合わせが殺到し、是非ともその音源をお渡ししたかったのですが、是非ともこの機会にご購入下さい。

予約開始次第、またHP、ブログでも紹介いたしますので、しばらくお待ち下さい!



Posted by kame at 21:24:27Comments(0)TrackBack(1) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 the NO/NO

2008-03-03

8889.jpg the NO/NO

おとぎ話ワッツーシゾンビand young...Lainy J Grooveらと交流のある、関西のロックバンドthe NO。
切ないメロディーに乗せ唄われる歌詞には、おとぎ話にも通じる青春が行き交う青臭さと爆発力を詰め込まれている。ユニオンオリジナル特典付き!
刹那さ胸にしみる甘酸っぱい珠玉のロック魂が詰まった16曲。



Posted by kame at 21:11:11Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 texas pandaa/DAYS

2008-03-01

8878.jpg texas pandaa/DAYS

現在のインディーズシーンでは、ポストロック〜シューゲイザーブームが全盛期を向かえ、その中で、一際存在感を放つアーティストを輩出している残響レコード。その中で、もっと美しく儚い音を奏でるtesxas pandaaのセカンドアルバム。ギター、ドラム、ベースと英語で呟く憂いのある女性ツインボーカル。ゲストに砂口(tp./naan)、波多野(Vo./People In The Box)、海野(Vio./nano machine)を迎え、その蒼白な世界に、鮮やかに、そして静かに色が重ねられている。このアルバムは、例えば、朝起きて気分が優れない時、夜一人で歩いていて寂しくなった時、部屋で何もできずに座っている時、何時、何処でも、冷たい記憶を温かく包みこむ包容力を持ち合わせている。僕は、女性ボーカルが大好きなのだが、このアルバムは、nina nastasia、jen woodなどと並び常に手の届く場所に置かれている。



Posted by kame at 15:03:48Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 アニュウリズム/一人と一人の声

2008-02-28

8868.jpg アニュウリズム/一人と一人の声

3/1発売予定

東京の音楽シーンで活動するSSWアニュウリズムの音源が遂に全国流通。

USインディのSSW直系の、か細くつぶやきだされる歌声、爪弾きだされるギターは、CAT POWER、JULIE DOIRON、今は亡きELLIOTT SMITHのように、またはJUDIE SILL、初期JONI MITCHELLに代表される70年代のSSWを彷彿とさせ、日本語詩と創作言語を織り交ぜた独特の世界観は、儚く、美しく、彩りをかすかに添え、流れるようにメロディーを奏で、紡ぎだされていく。

音楽活動としては約4年ほど活動を重ね、これまでに植野隆司(tenniscoats)&半野田拓、MUDDY WORLD、gargle、マヒルノ、henrytennis、俺はこんなもんじゃない、狂うクルー、GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE、TIALA、DEEPSLAUTER、いなかやろう、三輪二郎などハードコア、プログレ、ポストロックとジャンルを問わず様々な共演履歴を持つ。
また、その活動は音楽だけにとどまらず、2004年にgallery世田谷233で「シカクイハコ展vol.1」2005年にgallery世田谷233で「シカクイハコ展vol.2」2007年に亀有Gallery Barcoで「シカクイハコ展vol.3」3度にわたる個展を開催。
また、飛鳥新社発行の「HAPPY CARD BOOK」に数点イラストの提供、spore.vol.4に絵と文6ページ掲載、2004年にショートフィルム作品「硝子と鉛の火粉」のコンセプチュアルアート担当(全体的な美術)
2005年オレゴン州ポートランドのCompound Galleryにて「F15FTEEN」というグループショウに参加。
などアートの分野でも積極的に活動をする。

ジャケは本人が書き下ろしたイラスト。



Posted by kame at 16:04:33Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 SILVER SPOON EYEBALL

2008-02-26

SILVER SPOON EYEBALL/AFTER SILENCE

3/26発売。
仙台で活動するインストバンド「SILVER SPOON EYEBALL」の初音源。これまで正式な音源リリースがないにも関わらず、toe、LITEとの共演、今年の春も開催される恒例の大型野外イベント「渚音楽祭」への出演決定、そして今作品にはKASAI(audio active)のリミックス作品も含まれるという、注目度の非常に高いこのバンド。

ポストロック〜メタルまで縦横無尽に駆け巡るその楽曲は、ミニマリズムと浮遊感溢れるトランシーさを併せ持ち、クラブミュージックリスナーから、ロックファンまでを、そしてライブハウスから野外ステージまでを包み込み、狂わせる。
研ぎ澄まされ、破壊力のある楽曲はこれまでのインストロックの概念を超える。



Posted by kame at 20:19:21Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 FLUID×TORICO/±

2008-02-01

8715.jpg FLUID×TORICO/±

このスプリットは本当にヤバイです!!!!!!!!!!
京都のアンダーグラウンドシーンで活動する両バンドが、編成を変えてから初の正式音源がリリースされます。3/1日発売。

ジャケ、帯はないものの、気持ち悪くて好印象なピクチャーレーベル仕様となり、プレス音源にもかかわらず\500で4曲いり。しかもどちらのバンドの凄まじい音源は聴き応えあります。

瞬発力を兼ね備え、より削ぎ落とされた音と演奏力は、ニューウェーブ、ハードコア、パンクをごちゃ混ぜに混ぜ込んで、さらには、ポップさをプラス。

nhhmbaseにせんねんもんだいgroup_inouMELTBANANAPANICSMILEECDSHIPPING NEWSLIGHTNING BOLTDEERHOOFなどの大物アーティストからフジロック出場と、これまでの活動からも分かるように、今後の期待が非常に高まる2バンドだけにこのスプリットは今現在のインディーズ、アンダーグラウンドシーンを知る為には重要なスプリット音源となるに違いない!!!!!!



Posted by kame at 18:19:05Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 灰皿/かんらく

2008-01-21

8668.jpg 灰皿/かんら

2/1発売

関西ゼロ世代という言葉が風化しつつある今の関西アンダーグラウンドシーンで、その演奏力と楽曲のアイデアの高さで、山本精一、ドラびでお、ホッピー神山、Mani Neumeier(Guru Guru)、Acid Mothers Temple、吉田達也…などと共演を果たし、その名を轟かせている「灰皿」

近作は、前作に続く正式リリース音源。

前作より更に音の厚み、アイデアが膨らみ、ELPのようなバキバキとしたオルガンの音が暴れまわる曲、ひたすらミニマルに繰り返すエレピの音が、混沌としたトランス感を生み出す曲、そして突如挿入されるキメとインプロにてうねりをあげるそれぞれの楽器。

QUCIK JAPANにて「次世代アーティスト」として取り上げられるなど、今後期待が高まる「灰皿」の凶暴性と浮遊感漂う全5曲入り!!!!!



Posted by kame at 19:56:35Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 THE PYRAMID/Brazil

2008-01-08

8600.jpg THE PYRAMID/Brazil

未開の地(だと個人的に思っています)名古屋から現れた若手注目バンド!!!!THE PYRAMIDの3rdデモ音源。
GONG meets PFMと言われる彼らの最新音源はそのどちらの要素も十分に持ち合わせつつ、1stで聴かせた演奏に比重を置いた曲から2ndで聴かせたメロディーに比重を置いた曲を収録した全5曲。
4人が織り成す燃える演奏が繰り広げられるまさにプログレッシブなM2や浮遊感溢れるボーカルとエレピがゆらゆらと重なり合いながらもキャッチーなメロディを奏でるM1、名古屋のハードコアライブハウスHuckfinnでのライブ音源も収録!!!



Posted by kame at 14:57:09Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 ときめき☆ジャンボジャンボ/METEOR

2007-12-22

8553.jpg ときめき☆ジャンボジャンボ/METEOR

関西次世代バンド「ときめき☆ジャンボジャンボ」
あふりらんぽ、ZUINOSIN、オシリペンペンズなどに代表される関西ゼロ世代と呼ばれるアーティスト。そのゼロ世代の波が収まりつつある中、徐々に頭角を現しつつある様々なバンド。初期衝動に駆られ狂ったようなパフォーマンスと音で迫りくるゼロ世代の影響を受けつつも、そこに新たなる音楽性を持ち込み、パフォーマンスだけでなく、確実な演奏力と楽曲のレベルの高さを見せる。「ときめき☆ジャンボジャンボ」はクラシック、チェンバーロック、ジャズロック、プログレ、フュージョンを織り交ぜながらも独自のポップ感覚を持ち合わせたインストバンド。先述のゼロ世代との共演、交流をもちつつも新たな波を作る出す存在である。不穏で重厚な不協和音、哀愁漂うギターソロ、軽快なピアノなど交え体が踊るポップ感溢れる全5曲。



Posted by kame at 15:28:25Comments(1)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 bronbaba/kinder book

2007-12-20

8533.jpg bronbaba/kinder book

12/19発売

先日発売された「loop&loop」の正式音源が好調な彼ら。
その音源では10代の頃に作られたデモ音源の正式発売ということもあり、
荒々しい若さが溢れるカオス空間を作り上げていたが、
今回の1stフルアルバムでは、奥深さが増し、また混沌とした感情も
更に深みを増し、このフルアルバムが完成した。

これまでに凛として時雨、9mm parabellum bulletなどと共演。
その荒んだライブパフォーマンスは度肝を抜かれ、ただひたすら圧倒させられる世界観を表現。
退廃的なサウンドと若さ故に生み出た葛藤か入り混じったアルバムは
ポストロック、シューゲイザーなど盛り上がりつつあるインディーズ音楽シーンの中で
新たなる頭角を表し、また異端的な存在となるであろう。



Posted by kame at 15:59:07Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 ぐしゃ人間/オマエノロイ+1

2007-12-07

8478.jpg ぐしゃ人間/オマエノロイ+1

オマエノロイのCDRがバカ売れ状態でついに在庫もなくなり、入荷待ち状態だったのですが、そんなぐしゃ人間から届いたのが、そのオマエノロイの音源に1曲ライブ音源を収録したもの。しかも、今回はCDRではなくプレスしてあるCDで。そして、ジャケの色もより顔色悪く不気味になり登場。
内容は、3曲目までは同様の内容となり、残り1曲はライブ音源、怨念たっぷりのスクリームが異常にかっこよすぎる内容です!!!



Posted by kame at 19:15:27Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 MASS OF THE FERMENTING DREGS/MASS OF THE FERMENTING DREGS

2007-11-27

8417.jpg MASS OF THE FERMENTING DREGS/MASS OF THE FERMENTING DREGS

1/16発売

神戸出身の3ピースオルタナガールズバンド「MASS OF THE FERMENTING DREGS(略してマスドレ)」の正式音源が遂にリリース。
ROOKIE A GO-GOの出演も果たし、EMIの新人発掘「GREAT HUNTING」のオーディションで見事優勝、その後、NUMBER GIRLやFlaming Lips、Clap Your Hands Say Yeahを手がけたことで有名なデイヴフリッドマンプロデュースに迎えUSレコーディングを行うなど、現在のインディーズ新人バンドとして注目を一身に受けている。

今まで正式な音源がリリースされておらず、ディスクユニオンとライブ会場限定で販売しているCDRはディスクユニオンだけで半年も経過しないうちに300枚以上を販売。
そのCDRにも収録されている楽曲を含め、セルフプロデュースの4曲、USにてデイヴフリッドマンのプロデュースでレコーディングされた2曲の全6曲が収録された今回の正式発売のアルバムとなる。録音はほぼ一発録音。
轟音と畳み掛ける演奏とエモーショナルな歌声はライブさながらの迫力で迫り、インストの曲をはさみながらも、息つく間もなく次々へと移り変わる。



Posted by kame at 13:33:44Comments(0)TrackBack(1) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 sgt. with ダモ鈴木/LIVE at shimokitazawa ERA 2007.0302

2007-11-26

8413.jpg sgt. with ダモ鈴木/LIVE at shimokitazawa ERA 2007.0302

12/1発売。ディスクユニオン、ライブ会場のみ発売、数量限定発売商品!!!

東京を中心に活動するインストバンド、sgt.とあのジャーマンロックの代表バンドCANのボーカリスト、ダモ鈴木のライブセッション音源がディスクユニオンとライブ会場限定で発売決定。
2007年に下北沢のERAで行われたセッションライブ音源を5トラック、60分収録。



Posted by kame at 21:15:14Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 ハズレッシヴ/BIG BEAR

2007-11-19

8381.jpg ハズレッシヴ/BIG BEAR

東京から世界へ向けて、真のワールドミュージックを提供する、なんとも形容のし難いロックバンド「ハズレッシヴ」の新作が遂に12/21に発売!!!
これまでに三上寛、にせんねんもんだい、突然段ボール、灰野敬二、オシリペンペンズ、JOJO広重、石川浩司(exたま)などと共演。カセットMTR、4TRにて一発録音された音は粗雑でありながら、なんとも形容のし難い音楽性へと発展させ、渾身の一撃を食らわせてくれること間違えない。帯にはLOS APSON?山辺氏のコメントを記載。ビジュアルイメージも含め、何から何まで衝撃なハズレッシヴの成長は留まらず、今後も日本のインディーズシーンに刺激を与え続けてくれるであろう。



Posted by kame at 17:06:38Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 FRATENN/白詩

2007-11-13

8331.jpg FRATENN/白詩

先日アルバムをリリースし注目を集めたあのドラびでおの息子のバンドFRATENN
ドラムとギターという2人編成デュオで即興からバリバリの変拍子までを超絶テクニックで演奏する彼らのライブ映像。圧倒的なテンションの絶叫、畳み掛けるドラムの音、とぼけた言葉、音と、時折見せる静けさをうまく配置し、バランスを保ったライブは評価が高い。固定カメラでのライブ映像ではあるが、迫真迫るその演奏は、爆音で聴けばそのテンションあがる充実内容。最近注目されつつある山口出身アーティストとしても、今後の彼らに期待が高まる。



Posted by kame at 15:48:40Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の二枚 長谷川健一

2007-11-09

8315.jpg 長谷川健一

京都が誇る孤高のSSW「長谷川健一」のデビューアルバム、2作同時発売。
11/22発売予定

船戸博史(ふちがみとふなと)のプロデュースで制作されたほとんど奇跡に近い
音と声を結晶をCDに詰め込み2枚同時発売する「長谷川健一」

あのハウ・ゲルブの来日公演(京都公演)で共演を果たし、久保田麻琴、近藤智洋(ex.ピールアウト)から絶賛されるなど京都から生まれた後世に今後も語り継がれていくであろうSSW「長谷川健一」

閉鎖的なスタジオではなく、現在のホームグラウンドである京都の名所アバンギルド、車の音も聴こえるその階段部、某異能ミュージシャン宅、エンジニア宅…
多くの場所を渡り歩き、様々な方法で録音、ベストテイクを選び抜かれ録音された2枚のアルバム。
そのなんとも言えない聴く人の心を締め付ける悲しげな声と爪弾き出されるギターの音が絶妙に絡み、その音と声の間に耳では聴こえない何かを響かせ、色を添え、奇跡に近い空気を創り出している秀作になっている。

発売にあわせ試聴も開始予定です。



Posted by kame at 18:54:54Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 uhnellys/Live in Europe

2007-11-07

8295.jpg uhnellys/Live in Europe

11/21発売予定
東京地下シーンで着実に人気と実力をあげつつあるオルタナティブHIP HOP デュオ「uhnellys」の
ヨーロッパでの白熱さながらのライブ音源が11月21日発売予定!
グルーヴィーなリズムが心地よく刻む中、カオティック、混沌と渦巻き、飛ぶ交う言葉と音が圧倒。
ライブでのオーディエンスの歓声もより臨場感がある好ライブ音源!!!!



Posted by kame at 20:15:32Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 UMLAUT/a blood filmed urbanity

2007-11-05

8278.jpg UMLAUT/a blood filmed urbanity

11/22発売予定!

大阪を中心にライブ活動を展開する、男2人女2人編成のギターロックバンド「UMLAUT(ウムラウト)」
2005年、大阪にて結成。Lostage、mass of the fermenting dregs、and young、the chef cooks meらと共演、負け劣らないパフォーマンスで精力的にライブをこなす。2007年1月からは、自主イベント「BITE YOU」を展開。地元大阪、神戸で着実にリスナーを増やし続け、現在では東京でのライブも徐々に増やし、その勢いは全国的に広がりをみせている。
結成直後に制作された初の自主音源CDR(\500)はライブ会場とTIME BOMB RECORDSのみで販売。半年で200枚を販売し完売。
今年6月には、初のスタジオレコーディングミニアルバム「a blood filmed urbanity」を発売。今回がそのアルバムの初の全国流通となる。
POPさを廃したメロディーの中にも耳に馴染むラインが流れ、その上に中性的でエモーショナルな歌声が重なり、ささくれだったギター、不穏に波うつリズムからは混沌とした感情から生まれる衝動を奏で、その楽曲からはただパンクロック、ギターロックというだけでは表現しきれない独特の個性、可能性を持つ。
12月初旬、東京、名古屋でのライブ、来春には新しい音源の製作にとりかかる予定となっている。



Posted by kame at 20:03:48Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 texas pandaa/Days

2007-11-01

texas pandaa/Days

予約開始です。

12/5発売
前作「one gleam after the shadow」から約一年。
憂いをおびた女性ツインボーカルに幻想的なギターとノイズが
重なり東京の女子シューゲ界では不動の地位を確立した
texas pandaaがセカンドアルバムをリリース。再び残響レコードより。

前作と同様、淡々と重なるボーカルと乾いたギター、ドラム、ベースは
冷たくもぬくもりのある世界感は完璧なまでに表現し、
さらにゲストに海野/Vio(nano machine)、砂口/tro(naan)、
波多野/Vo(People In The Box)を向かえ前作よりも様々な音が鏤められ、
楽曲の幅を広げバンドの成長を窺わせる内容となっている。

以前このブログでインタビューをさせていただきました。
その内容はコチラからどうぞ!



Posted by kame at 17:05:31Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日のオススメ the guitar plus me/777

2007-10-30

8254.jpg the guitar plus me/777

弾き出される流れるギターの音に、かすかに動きまわる微細なデジタル音が心地よく耳に入り込む。
メロディーと音はPOPであり、かすかに秘めた憂いの感情を紡ぐ。
the guitar plus me、シオザワヨウイチがリリースした7枚目のミニアルバム。一人だからできる雨の降る楽園音楽の様な全7曲。海外TVドラマ「フルハウス」の主題歌を含み、実に静かに、胸を撫でてくれます。



Posted by kame at 20:45:34Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 bronbaba/loop&loop

2007-10-17

8168.jpg bronbaba/loop&loop

10/17発売。本日です。
凛として時雨OCEAN LANECOMEBACK MY DAUGTERSデラシネ9mm Parebellum BulletQomolangma Tomatoなど今の日本のインディーズシーンにて頭角を現しているバンドたちと共演し、カオス渦巻く退廃的な世界を創り上げる。その中で轟音と響き渡る残響音が見るものを圧倒させてきた。
自主制作音源CDRは都内のみで1000枚を販売。勢いはとどまるところを知らず、今回ミニアルバムが発売です。



Posted by kame at 15:57:08Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日のオススメ トクマルシューゴ/EXIT

2007-10-16

8161.jpg トクマルシューゴ/EXIT

まもなく発売開始です。特典(未発表音源カセットテープ)付きです。

様々な楽器を使用し、一人で録音、ミックスをこなし作成されたトクマルシューゴの3rdアルバム。

美しいメロディーに乗り重ねられていく様々な音の微粒子はどこまでの軽やかで自由に動き、その次々に咲き乱れる様は、どこにも存在しない究極のポップミュージック。彼の才能が十分に発揮された秀作であることは確かです。



Posted by kame at 19:37:38Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一冊 「MAG FOR EARS」

2007-10-12

8139.jpg 先日も紹介したMAG FOR EARSのVOL.3が入荷です。
今回も面白い内容になっていますので、是非。

「音楽のファンタジー」とは?
「音楽のロマンチシズム」とは?



Posted by kame at 17:39:50Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の二冊 「MAG FOR EARS」

2007-10-05

8102.jpgMAG FOR EARS」というレビュー掲載本が二冊入荷です。毎号タイトルを掲げ、第一号は「あいまいな音楽」とし102枚を紹介、第二号は「女の音楽」とし165枚を紹介。

レビュワーには、大谷能生、狩生健志(俺はこんなもんじゃない、ハズレッシヴ)、吉田アミ(Astro Twinなど)、松本亀吉など。
レビュワーがおそらく独断と偏見で選んだであろう、テーマにあった音楽を紹介。
ジャンルもJPOPからマイナープログレ、サイケ、ポストロック、アイドル、オルタナ…など様々。
新発見、再発見、購買意欲も倍増、意外な落とし穴も、不意打ちも。といった面白い内容です。
是非。
近日中に第三号も入荷予定!!!



Posted by kame at 19:43:55Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の二枚 「Yucca」2タイトル入荷!!

2007-09-28

8057.jpg 東京都内で活動する、新鋭POPバンド「Yucca」
の既発の2タイトルのアルバムが入荷です。

THE ORANGE SUN IN MY ROOM

LABORATORY PRODUCTS

日本の音楽シーンを盛り上げようと、cryv、oaqk、OVUM、FORT WAYNEと協力し「closer」というイベントを開催している彼ら。前回のcloserには約300名近くの動員があり、今回は、さらにhenrytennisなどの協力を得て名古屋、大阪と東京以外でも開催が決定。スウェーデンから、ポストロックバンドAERIALが参加決定。その他、SHIFT旅団などの参加も決定している。



Posted by kame at 18:04:06Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 ツチヤニボンド/ツチヤニボンド

2007-09-19

8006.jpg 9/26発売!予約受付中です。

ツチヤニボンド/ツチヤニボンド

本日から全曲先行試聴できるようになっています!
マルチプレイヤーとしてその才能を魅せる土屋貴雅を中心に結成された「ツチヤニボンド」
ロック、ソウル、ワールド、ヒップホップからサイケデリックな世界感を見事に昇華し独自の音楽性とサウンドを創り上げている。
リズムの変化、さまざまな楽器の駆使により出来上がった楽曲は、奥行きが広がり、浮遊感のあるボーカル、コーラスワーク、グルーヴ感が懐かしさと新しさを感じさせるポップミュージック。
ジャケットは彼らが音楽以外で影響を受けたと言う、「楳図かずお」によるもの。
予約受付中です。



Posted by kame at 18:23:50Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 bronbaba/loop&loop

2007-09-18

予約開始です。
bronbaba/loop&loop

これまでに、凛として時雨OCEANLANECOMEBACK MY DAUGHTERSデラシネLITEsleepy.abte'9mm Parebellum BulletQomolangma TomatoGREEN MILK FROM THE PLANET ORANGEなど、さまざまなアーティストと共演。

茨城出身の若干20歳のメンバー3人が創り出す退廃的なカオス空間。
轟音ノイズと音に打ち消されて、浮いては沈むボーカル。
混沌としたその世界こそが彼らの表現したい世界であり、その世界は「脅威」の一言で表すことができる。
若さを排除し、どこまでも貪欲に混沌に沈み響き渡る音楽は今後の日本の音楽シーンでも頭角を現すに違いない。
現在のポストロック、シューゲイザーブームにおいて、またひとつ大きな存在が現れようとしている。



Posted by kame at 20:04:33Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 3nd/View from here

2007-09-04

7874.jpg 3nd/View from here

9/12発売予定。
Gtの速水を中心に、現在活動休止中のNATSUMENの山本氏(ベース)とFuji rockにも出場しているpocketLifeの安西氏(Gt)、杏露虫の遠藤氏(Dr)結成されたインストポストロックバンドのデビューアルバム。残響レコードから。
流れるように緻密に練り上げられた楽曲。静と動とをバランスよく配置し、終始にわたりうねりを上げるベースと、冷たく突き刺さるツインギターの表現力を最大限に活かし繰り出されるアンサンブルは無機質なイメージをもたれがちなインストバンドの中に、激情とは違う静かに迫りくる感情を創り出している。先日発売された次世代音楽シーンを予見するコンピレーション「14 new RIPS」のも楽曲が収録されるなど評価が高い。



Posted by kame at 17:49:34Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の2枚 にせんねんもんだい/自主制作音源・映像が入荷!!!

2007-09-03

ご無沙汰しております。

久々にオススメ商品の紹介です。
東京が誇るガールズスリーピースバンド「にせんねんもんだい」のCDR/DVDRが入荷です。

ミラーボール(CDR)
nisennenmondai LIVE!!!(DVDR)

前作のりんご(CDR)と同様、自主制作の作品の上に、現在ではバンドのHP、ライブ会場とディスクユニオンでの取り扱いになります。
お早めにお買い求め下さいー

また試聴も近日中に更新よていです!



Posted by kame at 18:52:51Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 V.A/Conti 5TH ANNIVERSARY

2007-08-21

7764.jpg V.A/Conti 5TH ANNIVERSARY

発売から結構時間がたっておりますが、このたび入荷したコンピ。
シタール、ドラムの変則編成の2人組ユニットContiの結成5周年を記念して制作されたコンピは全17曲、nhhmbase、RUINS slone、PANICSMILEなど彼らの交流のあるバンドが名を連ねる。現在のアンダーグラウンドシーンで活動を表すコンピとして、重要な一枚なのだが、ノイズ、インプロ、ライブ、演説!!などここでしか聴けない内容も含まれる濃い内容。



Posted by kame at 20:03:27Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 burrrn/song without words

2007-08-20

burrrn/song without words

非常に久しぶりの更新となりましたが、
本日のオススメ一枚です。

現在、シューゲイザーブームの到来と言うことで、
ポストロック〜シューゲイザーバンドが日本のアンダーグラウンドシーンで活動するバンドの中でも徐々に増え続けていますが、burrrnは本物の80年代後半〜90年代初頭の音をかき鳴らし混沌としたシューゲイズサウンドを響き渡らせる。
広がるギターノイズの中に漂う美しいメロディーと掻き消されていく言葉は懐かしいあの時代を彷彿とさせてくれる。



Posted by kame at 19:45:55Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

次世代インディーズ・アンダーグラウンドシーンを予見した名コンピ「14 new RIPS」

2007-08-06

7663.jpg 先日もオススメ商品、予約開始として紹介をしたコンピレーションアルバム「14 new RIPS」がまもなく販売開始です。

また、収録バンドの音源も下記バンドに関しては取り扱いがあります。
emulsionthe morningscircuit unconnectionbaticahenrytennis百蚊

取り扱い店舗は下記の店舗になります。

<<取り扱い店舗>>
・お茶の水駅前店・神保町店・新宿本館地下1F日本のロック、インディーズ館・下北沢店・吉祥寺店・国立店・町田店・横浜店・淵野辺店・稲田堤店・津田沼店・千葉店・柏店・北浦和店・池袋店・横浜西口店・渋谷パンクマーケット・新宿パンクマーケット・オンラインショップ



Posted by kame at 21:18:53Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 clean of core/new demo CD

2007-08-02

7637.jpg clean of core/new demo CD

都内で活動する、プログレ〜マスロック〜ポストロックバンド。
不穏な空気溢れる不協和音、展開が時にエモーショナルな響き、時に無機的な響きを鳴らす。
突如ブレイク、キメなどをはさみつつ、リズムも、コードも変化し動き続ける楽曲は、完成度も高い。
今後さらに磨きがかかることに期待が高まるバンド。
自主企画「月と戦慄」ではGREEN MILK FROM THE PLANET ORANGEを中心に強者を呼び積極的に行うなど、活動にも期待が高まる。
近日試聴開始予定です。



Posted by kame at 16:00:27Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 予約開始「前野健太/ロマンスカー」

2007-07-30

7603.jpg ロックバンド「おとぎ話」にも熱烈なラブコールを受け、各方面からも注目度が高まる新世代シンガーソングライター「前野健太
彼のソロデビューアルバム「ロマンスカー」が9/5に発売。

日本語詞に耳に馴染むメロディー、様々なゲストによって重ねられる楽器、切なさ、懐かしさ、愛情、友情、人間味が伝わり、心に染み込む秀作です。
ゆらゆら帝国でおなじみの中村宗一郎氏をマスタリングに迎え制作された意欲作。レコーディングは俺はこんなもんじゃないの狩生健志氏。

また今回は同時発売のおとぎ話のデビューアルバム「SALE!」も必聴です。



Posted by kame at 18:40:25Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 推薦盤「マヒルノ/セカンド」

2007-07-23

7562.jpg マヒルノ/2nd

今一番東京アンダーグラウンドシーンで注目しているバンド「マヒルノ」のセカンドが遂に販売開始です。

前作の1stから一年経過。
音源、ライブともかなりの完成度の高さ、凄まじさで、東京のアンダーグラウンドシーンでは徐々に頭角をあらわし、今では、各方面から注目されている。
東京だけではなく地方へも拡大、侵食し続け、その狂気を日本全国に突き刺しているマヒルノ。

彼らのセカンド音源CDRが完成、ディスクユニオンでも店頭、ネット販売を開始いたします。
試聴も開始。是非一度聴いてみて下さい。

詳細・試聴はコチラからどうぞ。



Posted by kame at 18:34:35Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 こどものこども/こどものこども

2007-07-17

7519.jpg こどものこども/こどものこども

懐かしさを感じるメロディーと男女ツインボーカルの絶妙な掛け合い、コーラスが見事なポップミュージックを創り上げている「こどものこどもの」のCDR。
静岡で結成、現在は東京に活動拠点を移す。「赤い疑惑」「herpiano」「おとぎ話」「前野健太」らと交流がある彼らの音楽性はブレがなく、真正面から素晴らしい音楽を奏でようとする気持ちが十分につたわる珠玉の全8曲。
近日中に試聴更新予定です。



Posted by kame at 18:46:27Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 激推薦盤です mass of the fermenting dregs/kirametal

2007-06-22

7337.jpg mass of the fermenting dregs/kirametal

フジロック'07 ROOKIE A GO-GO出演決定!
神戸のガールズ3ピースオルタナバンドの自主制作音源ディスクユニオンに入荷!!!
現在購入できるのはバンドHPかライブ会場かユニオンのみ!!

東芝のGREAT HUNTINGのオーディション「Road to Tarbox Audition」の最優秀バンドに輝きあのデイヴ・フリッドマンのプロデュースでレコーディングも決定し、その上今年のフジロックのルーキーにも出場が決定した神戸の女性3ピースオルタナバンド「mass of the fermenting dregs」
近年たくさんのガールズバンドが出現していますが、このバンドの凄まじさ、狂気さは本物。
Sleater Kinneyなどに象徴される海外のオルタナガールズバンドに負けぬ程の研ぎ澄まされた音を、3ピースならではの鋭さで畳み掛け、演奏、エモーショナルなボーカル、メロディーなどすべてにおけるギシギシとした息をつく間もない迫力とキレに圧倒される。
デイブ・フリッドマンのプロデュースはもちろん、今後の彼女たちの活動に注目が高まる。

近日中に試聴開始します。



Posted by kame at 20:47:23Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 予約&先行試聴開始 V.A/14 new RIPS

2007-06-13

7260.jpg V.A/14 new RIPS

日本のアンダーグラウンドシーンの今後の動き、シーンを予見したコンピレーションアルバムが8/8日に発売されます。ユニオンでは、収録音源の先行試聴開始します。またリリースパーティのディスカウントチケットも特典として先着で差し上げます!

今後の新しい日本のアンダーグラウンドシーンを築き上げるであろう14バンドを収録したコンピレーション発売決定!!!
日本のインディーズ・アンダーグラウンドシーンはポストロック・エレクトロニカ・音響・オルタナ・パンク・ハードコア・プログレッシヴロック・フリージャズ・サイケ・ノイズ・テクノなどの過去数十年にわたり培われてきた様々な音楽の影響を受け、それらに新しさとオリジナリティを吹き込み独自の感性で創り上げられたクオリティの高い楽曲が連日ライブハウスを中心に響き鳴らされている。
「14 new rips」はその音を響き鳴らすバンドの中から14バンドを選び出され制作されたコンピレーションアルバムである。
彼らの活動は日本の音楽シーンだけでなく、海外へ積極的にツアーへ行き、各方面からも高く評価されている。音楽のレベルの高さはもちろんのこと、彼らの行動力を源にシーン全体が盛り上がりを見せ、着実に浸透しつつある。
そんな今後の日本アンダーグラウンドシーンの未来を見据えたコンピである「14 new rips」。今まで生み出された日本のアングラシーンなどに続く、今後の日本のアングラシーンを明確にしてくれる一枚である。

同じフィールドで活動するバンドを収録したコンピ

V.A/NICESHOT WAGON
V.A/NEXTPOP

も是非チェックしてみてください。



Posted by kame at 11:18:01Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 トクマルシューゴ/L.S.T.

2007-06-06

7216.jpg トクマルシューゴ/L.S.T.

様々な楽器を駆使し、まるでおとぎ話、物語、絵本を創り上げて行くかの様に音を重ね合わせ、色を染み込ませ、そこに話を語る様な言葉をすっと忍び込ませる。
ニューヨークのレーベルからリリースされたファーストアルバム「night piece」が国内だけでなく海外でも評価が高いトクマルシューゴ。
先日発売のGELLERSのメンバーとしても活躍する彼ですが、ここで聴ける音は彼の奏でる音響マジック。決して豪華な音ではなく、荒れ狂った音でもなく、その隙間の間には、安らぎを与えてくれる彼の魔法が十分に詰め込まれている。
あるCD MAGAZINEの特集で「10年後のヒットチャートを占う」という企画でも見事1位になっていたトクマルシューゴ。
その可能性を十分にひめ、素晴らしい才能の持ち主である。



Posted by kame at 20:07:22Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 予約開始 いなかやろう/いなかやろう

2007-06-01

7161.jpg いなかやろう/いなかやろう

高円寺無力無善寺、U.F.O.CLUB〜秋葉原GOODMANなど東京のアンダーグラウンドスポットを次々に徘徊し、そのインパクトのあるバンド名と耳馴染みのよいポップなメロディーが話題となっていた「いなかやろう」彼らのデビューアルバムが遂に発売されます。胸をしめつけるコーラスワーク、ギターソロ、展開はインディーズ界でも他のバンドには類がない色を放っている。60年代、70年代の洋楽ポップスの世界を彼らの類い稀な才能で現代の東京アンダーグラウンドに蘇らせた極上の音楽になっている。

※ディスクユニオンオリジナル特典DVDR付き。



Posted by kame at 18:19:36Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚&試聴 WATER WATER CAMEL/AIRSHIP

2007-05-30

7135.jpg WATER WATER CAMEL/AIRSHIP

自主企画「空中クロール」をはじめ、お寺でのライブ、ワークショップの開催なども行い、独自の感性で人と音楽を結びつけるWATER WATER CAMEL
中学時代の幼なじみという彼らは現在一軒家で共同生活をし、音楽活動を続けている。そんな家をスタジオとし制作されたデビューアルバム。
美狂乱の須磨和声(バイオリン)をはじめ様々なゲストを迎えて制作された渾身の一枚となっている。透き通る声、ハーモニーと時折混じり入る些細なエフェクト、クリアなギターを丁寧に重ね創り上げられ、美しいメロディーと言葉、静かに変化する壮大な展開を挟み、形作られる音は、懐かしい情景を思い出させる。

音楽の素晴らしさと街の中で生活する人間模様を伝える秀作全11曲。



Posted by kame at 17:37:08Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 さめ/じんべい

2007-05-18

7028.jpg さめ/じんべい

山口で活動をするMIDIギタリスト井上経康が率いるバンド「さめ」の1曲入りデモ音源CDR(じんべい)
5拍子の展開から変拍子、キメなどを取り入れ幾度の展開により形を変形自在に変え、コーラス、語り、歌など紆余曲折を経て、怒涛の展開へ流れ込む様に思わず息をのむ。
プログレ好きの心をくすぐる一枚。かなりかっこいいです!



Posted by kame at 19:31:12Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 4 bonjour's parties/PIGMENTS DRIFT DOWN TO THE BROOK

2007-05-17

7018.jpg 4 bonjour's parties/PIGMENTS DRIFT DOWN TO THE BROOK

都内を中心に活動する7人から結成される「4bonjour's parties」HER SPACE HOLIDAYDIRTY THREEなどとの共演、オーストラリアツアーを大成功させ、海外での評価も高い。クラリネット、フルート、トロンボーン、アコギなど様々な楽器から織り成されるオーガニックサウンドと、ラップトップなどを用いたデジタルサウンドが美しいメロディーに重なり、どこまでも広がる音の色はどこか優しく温かい景色を創り上げて行く。
日本のインディーズ・アンダーグラウンド音楽という枠を超えて、世界に通じるレベルの彼らの音楽に是非耳を傾けて欲しい。素晴らしい作品です。



Posted by kame at 10:50:19Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 GELLERS/GELLERS

2007-05-16

7012.jpg GELLERS/GELLERS

リアル東京アンダーグラウンドシーンにて活動する知る人ぞ知る、注目バンド「gellers」のアルバムが遂に発売です!!!
日本だけでなく、海外でも評価が高いあの「トクマルシューゴ」が在籍するバンドとして有名ですが、そんなこともさておき、美しいメロディーが際立つ楽曲はバラエティにとび、ときめき・きらめきを放ちながら詰め込まれ、実に素晴らしい内容になっています。

荒削りで音の粒と叫びが歪んだ感情がストレートに感じ取れるM1、M2、バイオリンとの重なりが美しいM4、切ないメロディーが胸を締め付ける極上のPOPソングM5、M7などどの曲も素晴らしい。

ストレートでありながら、どこか歪んだ音の中に練り込まれた、いまだ青春真っ只中の若さ溢れる叫び、
熱い想いは、大人になりきれない大人のためのある意味癒しの音楽だと思う。

発売日にあわせて試聴を開始予定!!!
またディスクユニオンではオリジナル特典(ディスクユニオンのみ楽曲を収録したCDR)付き!!!



Posted by kame at 11:16:44Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 CAUCUS/空と時間軸 e.p.

2007-05-14

7000.jpg CAUCUS/空と時間軸 e.p.

Galaxie500、Low、Daniel Johnston等のプロデュースなどで有名なUSロック界の奇才、Kramerを迎えて制作された一枚。1曲目の奥深い音の厚みを感じることができるサウンドスケープに男女ツインボーカルが優しくかぶさる10分近い長さのバラードから、疾走感溢れるインディポップなど、幅広くもポップでどこか懐かしく切ない音を詰め込んだ涙が滲む一枚。



Posted by kame at 19:51:34Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一本 国/国ドットコム

2007-05-11

6969.jpg 国/国ドットコム
しばらくぶりの本日の一枚ですが、今日はDVDR付きカセットテープを最近リリースした「俺はこんなもんじゃない」のフロントマン「狩生健志」による一人ユニット「国/国ドットコム」です。

今では、豊田道倫、ぐしゃ人間、でぶコーネリアスなどアンダーグラウンドを拠点とするアーティストなどのライブで司会をこなし、東京だけでなく関西へも司会をやりに関西方面へも活動を広げている。内容はカセットテープではカラオケ収録というお得な内容!そして気になるおまけのDVDRもカラオケルームでの長渕を熱唱する姿、ひたすらマイク片手に歌?語りまくる姿、ピアノを弾く寂しげな姿など見所満載すぎる!!!そしてディスクユニオンオリジナル特典CDR(狩生さんが参加するバンドなどの音源を12曲収録)とこれば、カセット、DVDR、DCRの3つのメディアで国が味わえる内容。今後、世界へも活動の場を広げ、ワールドワイド国ワールドを広げていくであろう彼の魅力がたっぷり詰まっている。笑いも涙もありの、充実内容です!!!



Posted by kame at 15:30:50Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 辻隼人/牝牛-LA VACHE

2007-04-17

6776.jpg 辻隼人/牝牛-LA VACHE

元Aaのボーカルのソロ「辻隼人」ピアノ弾語り。一音一音に気持ちを込め丹念に織り込まれる言葉とピアノ音。憂い気がかるボーカル。スロウコア、サッドコアに通じる様な悲愴感溢れる美しい世界をバンドアンサンブルではなくピアノ一つで創り上げてしまう力量には脱帽です。



Posted by kame at 18:41:10Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 zegen/WORLD WALL BEYOND

2007-04-11

6724.jpg zegen/WORLD WALL BEYOND

遠藤ミチロウKING BROTHERSニューロティカワッツーシゾンビMARBLE SHEEPらと共演。静岡を中心に活動する平均年齢19歳、若手バンドzegen(ジゲン)。MARBLE SHHEPの松谷氏、元ゴイステのアサイ氏などから大絶賛を受け、満を持してデビューアルバムを制作。ぐしゃっとひしゃけたノイジーなギターと歪んだ感情が溢れる独自の詩を混ぜ込んでカオティックな世界を作り上げている。静と動が交錯し、1曲の中にドラマティックな展開を創り出している彼の力には既に貫禄すら感じさせる。今後どのように変化していくのか非常に期待が高まるバンドです。



Posted by kame at 16:40:21Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 GeGeGeGe Quartet/DEMO

2007-04-10

6711.jpg GeGeGeGe Quartet/DEMO

Sax、Gt、Ba、Dr4人編成のフリージャズ、プログレ、サイケを行き来する「GeGeGeGe Quartet」不協和音ユニゾンで予測不能な展開のキメを局所に挟みながらそれに対するインプロの嵐。ノイジーなギターと金切りサックスのインプロパートをバランスよく次から次へと渡らせそれに対するリズム隊も的確なリズムを刻み心地よい。ダモ鈴木(CAN)とのインプロセッション、自らの企画にGIANNI GEBBIA(ITARY)、沢田守秀(MARBLE SHEEP)を呼ぶなど交流も広い。



Posted by kame at 12:34:23Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 トミーザグレイト/アフターパーティアットダンスフロア

2007-04-03

6667.jpg トミーザグレイト/アフターパーティアットダンスフロア

煌くパーティアルバム、トミーザグレイトのニューアルバム。
一曲目のイントロからディスコフレイヴァー全開!!!
80年代独特のチープな音を鏤めながら、ヒップホップ、ディスコ、ニューウェーブなどアッパーに踊れるトラックで埋め尽くされている。
全曲にわたりそのテンションは保たれているが、中盤インストの曲では、
そんなリズムにゲストで参加の石橋英子(PANICSMILE)のフルート、越川律幸(ex-CLISMS)のエレピが哀愁の色を添えるなど表情豊かなポップミュージック!!!



Posted by kame at 20:21:03Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 石橋英子×アチコ/ロラ&ソーダ

2007-03-28

6617.jpg 石橋英子×アチコ/ロラ&ソーダ

PANICSMILEMONG HANG、町田康バンドのメンバーとして、またソロとして昨年発表したアルバムも評価が高かい石橋英子とART-SCHOOLdownyのメンバーから成るKARENのボーカルアチコのピアノと声だけによるデュオ。現代音楽、クラシックを学んできたと言う石橋英子の洗練されたピアノの音に透明感とどこか憂いのあるアチコのボーカルが重なり、独特の静けさ荘厳さを感じさせる。童謡「赤とんぼ」やパラダイス・ガラージ豊田道倫氏の「大人になれば」などをはじめ、メロディーの美しさが際立つ。ホールにて録音されたと言うその音には空気感が十分感じ取られる作品となっている。エンジニアAxSxE(NATSUMEN)



Posted by kame at 15:02:07Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 百蚊/刺したい

2007-03-27

6605.jpg 百蚊/刺したい

福岡アンダーグラウンドバンド「百蚊」Gt&Vo×Gt&Vo×B&Vo×Drの4ピース。オルタナティブの血を受け継ぐ不穏な音の塊。不協和音、ノイズ。幽玄な女性ボーカル。美しさと狂おしさをあわせ持つバンド。その中にさりげなくリズムの変化などをつけ楽曲自体に面白さを加えている。ライブでのパフォーマンスは紅一点のボーカルの奇妙で奇抜な行動で評判が高い。



Posted by kame at 18:20:16Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 前野健太バンド/LIVE 2006.10.01

2007-03-10

6476.jpg 前野健太バンド/LIVE 2006.10.01

さむつらす、前野健太ソロなどで活動する前野健太のバンド編成ライブCDR。日本ロックを新しい未来を切り開く、切なく胸を締め付けられるメロディーと詩が詰め込まれたライブ盤。音質が悪いとかそういうことは関係ない。確かに音は良くないが伝わる音の結晶は感じることができる。そんなバンドサウンドは二胡・吉田悠樹(パイカル)、SAX・あだち麗三郎(俺はこんなもんじゃない他)などメンバーの個性も引き立ち、実際に目の前で繰り広げられている熱気が伝わる。名ライブ盤。

こちらも近日中に視聴開始予定!!!



Posted by kame at 18:43:18Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 灰皿/炎寂

2007-03-08

6450.jpg 灰皿/炎寂

ギター、キーボード、ドラムの3ピース。ジャズ畑出身の彼らの演奏力は確か。変拍子、不協和音などのプログレ、ジャズの要素を巧みに取り込みながら、彼らの目指すジャズトランスの世界を作り上げている。2曲目の「ジェミニカ」では構成された曲展開、各楽器のソロなど聴きどころがこれでもかという程詰め込まれている。その後の曲でもインプロを中心にシンセの音が飛び交う浮遊空間を作り上げていたり、キーボードの不協和音が勇ましさと壮大さを印象つける展開の曲など、どれも必聴。3ピースとは思えぬ音の空間に陰を感じながらも心地よくなる一枚。マニ・ノイマイヤーのACID GURUS TEMPLE、ホッピー神山ワッツーシゾンビ、ドラびでお、ニーハオ!などとの幅広いジャンルのアーティスト共演をし今後の動きが楽しみなバンド。
こちらも近日中に視聴開始です!!!



Posted by kame at 16:45:30Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 花のように/夜行列車

2007-03-05

6425.jpg 花のように/夜行列車

都内で活動する「花のように
あまりの美しさに終始鳥肌が立ち、息を止め、静かにその音に耳を澄ます。
そうしているうちにピンク色の沼にはまり込んだかすかな温もりと、懐かしいおとぎ話、童話の世界を感じる。ドリーミィサイケデリック。
声、ギター、ベース、ドラムにバイオリン、トロンボーン、アコーディオン、鉄琴などを配置よく控えめに重ね合わせていくその音は、耳と心をやさしく包み込む素晴らしい世界をつくりあげている。本当に秀作です。すばらしいです。
近日視聴開始しますので、お楽しみに。



Posted by kame at 20:56:32Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 チッツ/おじいちゃんまた戦争の話

2007-02-28

6387.jpg チッツ/おじいちゃんまた戦争の話

関西からまた勢い余りに余ったパンクバンドが襲来。おとぎ話、ミドリ、ヨルズインザスカイなどと共演をする。そのライブでのパフォーマンス(未見ですが)はすさまじい、狂喜乱舞で評判だそう。勢いのあるパンクロックで突っ走り、どこまでイってくれるだろうか、期待が高まるバンド。



Posted by kame at 20:50:33Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 DARKSIDE MIRRORS/STAY EVIL!!

2007-02-26

6366.jpg DARKSIDE MIRRORS/STAY EVIL!!

シナロケ鮎川夫妻の娘姉妹を擁するバンドの1stフルアルバム。受け継いだロックの歴史の莫大な遺産を完全に自身のセンスのみで審美した結果生み出された、全く新しい漆黒のロックンロール!! STOOGES、オノ・ヨーコ(!!)、JEFFERSON AIRPLANE、NAZ NOMAD(DAMNED変名)のカヴァーも収録。(御茶ノ水駅前店:切通)



Posted by kame at 18:37:00Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 INN JAPAN/電子音楽インジャパン DJしゃんぺ〜編

2007-02-23

6350.jpg INN JAPAN/電子音楽インジャパン DJしゃんぺ〜編

2006年RAWLIFE、円盤ジャンボリーと出演をはたした、まさしくこれぞ真の意味でのロックバンド「INN JAPAN」(福岡)
チープでスリル?が味わえるオリジナルアルバム、ベストアルバムもいいが、今回の紹介はリミックスアルバム。SUICIDEのセカンドの様な、チープなエレクトロ音にアランヴェガの様な不安定なボーカルがかぶさるなんとも言えぬ、底抜けに明るい不穏な空気。クラブでこれがかかっていたら、とてつもなく嬉しい気分になるのは僕だけでしょうか?歌詞も小学生でも分かる単純明快でよい!とにかく聴いてみて下さい。



Posted by kame at 20:52:26Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 テイントン/バイバイハミングバード

2007-02-22

6339.jpg テイントン/バイバイハミングバード

4年振りか、5年振りのテイントンの新作。絶妙なハーモニー、コーラスワークを用い見事に70年代のニューミュージックの雰囲気を詰め込み、鮮やかな景色が広がる音世界を創り出している。言葉、歌詞、メロディーから感じ取られる淡く切ない想いが十分感じられる力作。ディスクユニオンオリジナル特典(レコ発ライブ映像DVDR付き)



Posted by kame at 17:08:24Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 MUSIC FROM THE MARS/Living in the zoo

2007-02-06

6215.jpg MUSIC FROM THE MARS/Living in the zoo

独特のボーカルで歌われる日本語歌詞が、ギター、ピアノ、ドラム、ベースにのり、洗練された都会的な雰囲気がかもし出される一方で、プログレッシブロック、フュージョンと言った土臭さ、泥臭さとうまくまとめている。一曲数分という中にも、拍子の変化、ドラマティックな展開などを挟み、またフルート、サックス、ホルンも効果的に使用するなど、アイデアも構成も十分詰め込まれた4曲入り。
3曲目の中盤、クリアなギターとピアノ、管楽器によって紡がれる音はカンタベリージャズロックなどの影響も見受けられる。



Posted by kame at 15:17:07Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 島津田四郎/島津田四郎

2007-01-26

6144.jpg 島津田四郎/島津田四郎

曽我部恵一氏の実家の2階にて録音された、ROSE RECORDSからの新人、島津田四郎のデビュー作。
ギター一本で人と会話をするように、淡々と次々へ、物語を、会話を進めていくその様子が、なんともいえない。本当になんとも、いえない。ただひたすら自然の中で、友達と、独りでもいいんだけれど、静かに会話とかしながら歩いている。梅雨の湿り気から、秋の澄んだ空気までを含んだフォークアルバム。



Posted by kame at 19:32:12Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 V.A/ぴるる・ぴるくる・ぴくにっくる

2007-01-25

6135.jpg V.A/ぴるる・ぴるくる・ぴくにっくる

不思議にポップな心の隙間を音で埋め尽くすコンピ。
参加アーティストはトクマルシューゴ、スッパマイクロパンチョップ、asuna、藤田建次ほか18アーティスト。独特の空気感溢れるマジック的音楽に癒される一枚。



Posted by kame at 10:48:58Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 SALADABAR/RESORT BOMB

2007-01-18

6070.jpg SALADABAR/RESORT BOMB

結成十年、秋葉原GOODMANなどを中心に東京オルタナシーンで活動をしているSALADABAR(サラダバー)がアルバムをリリース!!最近では真面目?に活動をしているらしいという噂とおり、ギター、トランペット、サックスなどが出す音はふざけた感じを残しつつも、心地よいをつくりだしてくれる。
変拍子や展開、ちょっと間抜けたリフなど、それらを見事に、聴いていて楽しくなるポップな音に
融合出来るのは彼らだけではないだろうか。今の東京から生まれるアヴァンポップの象徴!!



Posted by kame at 14:10:48Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の二枚 ヨルズインザスカイ/1ST DEMO、2ND DEMO

2007-01-15

6042.jpg ヨルズインザスカイ/1ST DEMO2ND DEMO

関西アンダーグラウンドから出現、Limited Express(has gone?)オシリペンペンズ、2UP、PANICSMILEデラシネおとぎ話などとの対バンで、関東でのライブも積極的に行い、注目を集めるヨルズインザスカイ。先日行われた円盤ジャンボリーにも初登場。
ハイテンション、ハイトーンボーカルが印象的。轟音ノイズ、畳み掛けるようなひたすら繰り返すミニマルな音がその声で頭が熱くなった聴くものをひたすら泥酔させる。
NOWAVE、PUNK、HARDCOREなど縦横無尽に走りまくる破壊的ジャンクミュージック!!



Posted by kame at 16:46:19Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 YODO/よあけ

2007-01-13

6032.jpg YODO/よあけ

名古屋で活動するバンド、Yodo。裏7586という自主制作コンピ、竹村ノブカズ氏主宰のレーベルChildiscのコンピ「childisc compialation vol.8」への参加で注目を集めるバンド。「夜明」という絵本をテーマに作られた、ドリーミィな音響・エレクトロニカなどに通ずる優しい音の集まり。01-02年の初期音源。



Posted by kame at 15:42:24Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 punkchill/Again

2007-01-10

6007.jpg punkchill/Again

都内を中心に活動するちょっと年くってるけどガールズトリオ 「プンクチル」の2NDアルバム。ゆら帝/ギタウルフなどのエンジニア・中村宗一郎氏が録音とミックスを担当ほぼプロデューサー。トムトム系RAP挑戦たる「ムタチオン」からスタンダード然とした名曲「三叉路」まで、スタジオで出来る限り楽しくやりつくした感のある素敵なアルバム。オレも聴くからキミも聴け。聴く人の耳と心にいつのまにか棲みつきそれが堪らなく心地よい全11曲。
DIW:金野



Posted by kame at 18:14:50Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 PANICSMILE/E.F.Y.L.+1/72

2007-01-05

5978.jpg 2007年。明けましておめでとうございます。
今年も素晴らしい自主制作音源、インディーズ音源、新人バンド音源などの
紹介、ライブレポ、試聴など更新します。
興味ある方はチェックしてみてください。
手の届くところから徐々に広げていけるよう頑張りますので
宜しくお願い致します。

ということで、一発目の本日の一枚。

PANICSMILE/E.F.Y.L.+1/72

今や、東京オルタナ・アンダーグラウンドシーンでは知らない人はいないだろう、PANICSMILE。
今回は、既に廃盤となっていた1stアルバム音源を再発。
さらに、95年の初カセット音源もリマスタリングを施し追加収録。
NO WAVE〜ALTERNATIVEの血を受け継ぐ音・ノイズから垣間見ることが出来る、PANICSMILEの原点。

※ディスクユニオン限定特典付き!!



Posted by kame at 17:43:19Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 REGENT SLIM/POST HEAVYMETAL

2006-12-27

5925.jpg REGENT SLIM/POST HEAVYMETAL

REGENT SLIMの新作、ミニアルバム。
リズム・音の重なり・アンサンブルが更に力強さを増した作品。
重い音、リフ、奇数拍などを精密な作りにより、
通常では考えられない踊れる空間を作り出している。
もはや、インスト・ポストロックバンドでは括りきれない音。



Posted by kame at 11:42:28Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 DODDODO/donomichi DODDODO

2006-12-23

5906.jpg DODDODO/donomichi DODDODO

大阪在住のソロアーティスト、DODDODO(ドッドド)
サンプラーを使用し、ノイズとも言える様々な音が飛び交う、飛び交う。
飛び交う音の洪水に首でも締められている様な苦しさ。
ガラクタを思いっきり踏みつけて、けとばして、散かして、子供心に戻ったような楽しさが味わえる。
と、同時にどこか、卑猥な、後ろめたい気分も味わえる、なんともエキセントリック。
関西アンダーグラウンドでも幅広い活動をしている天然奇天烈な彼女の今後に期待。
ヒップホップ、エレクトロニカ、チープトロニカなビートが裏心をつく心地悪い一枚。



Posted by kame at 17:34:13Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 テストパターン/朝を見た

2006-12-22

5896.jpg ご無沙汰しております。
万が一、毎日更新だから、と期待して
毎日チェックして頂いている方がいたとすれば
申し訳ございませんでした。怠っていました。

てことで、本日の一枚。久々に。

テストパターン/朝を見た

岡山にて活動をするポストロックバンド、テストパターンの4枚目。
こう言った音に関しては、インストモノが多いなか、その音の隙間に現われるメロディー、声がタイトな演奏を、程よく中和させるほどの柔らかさをもたらし、ポップな内容となっている。
ジャケのこだわり、中に入っている写真も併せて充実している作品。



Posted by kame at 19:14:46Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 タイカップ/the long march

2006-12-18

5850.jpg タイカップ/the long march

ダブロックバンド、タイカップ。もう今年も夏は終わってしまいましたが、これからの季節でも心地よいリズムに自然と身体が動くはず。そんな音を出すバンド。
数年前からニューウェーブ、ダブなどのリバイバルでその辺りの音が見直されたわけですが、ここ東京の地下深くにも同様にその波が押し寄せている。ゆる〜い雰囲気の中にもしっかりとした音が存在感をもち鳴っている。



Posted by kame at 11:15:15Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 テクマ!/Electric Suicide

2006-12-15

5822.jpg テクマ!/Electric Suicide

日本のシンセ・テクノポップ界の王子、テクマ!のニューアルバムがCD+DVDと両面デュアルディスクで発売。アメリカ・カナダのツアーを終え、前作以上に鍛えられた肉体とその音楽性を引っさげてメャーシーンに挑む曲の数々は、全く無駄のないソリッドでいて超ポップな名曲揃い!!music from the marsのメンバーをはじめ多数のゲストによる参加により一層音の濃さ、華やかさを増しています。CD、DVDともにかなり濃い内容であること間違え無し。パフォーマンス、風貌その全てにおいて只者ではない。



Posted by kame at 16:16:08Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 THEE 50'S HIGHTEENS/ROLLING HIGHTEENS REVUE

2006-12-14

5808.jpg THEE 50'S HIGHTEENS/ROLLING HIGHTEENS REVUE

福岡のガールズ・ガレージバンド。日本だけでなく、ヨーロッパでも人気が高い。攻撃的なギター、オルガンの音が暴れる中、絶叫する女達。そんな彼女達のライブ映像とPVが見れるお得なDVD-R。過去に、MAD3、ギターウルフデキシードザエモンズなどと共演をしている彼女達のパフォーマンスは必見!!



Posted by kame at 14:39:07Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 中学生棺桶×SETE STAR SEPT/偏見喰らい

2006-12-13

5799.jpg 中学生棺桶×SETE STAR SEPT/偏見喰らい

1stアルバム以後、自主企画「根暗画面」をはじめとしたライヴ活動に勤しみ数々の手売り音源をリリース中のリアル・ドゥーム集団中学生棺桶と、海外のレーベル含めリリース物も多い女装メンバー含む3ピースGRINDバンドSETE STAR SEPTのSPLIT。棺桶は稀代の名曲「虚無牢」を「六月十三日の虚無牢」としてリメイクしたものや、「人生が二度無くとも」pt.1&2、そしてGG ALLIN & THE MURDER JUNKIESの「BASTARD SON OF A LOADED GUN」を「女の敵」と改造したカヴァー(嬉しい初CD音源化!)含む6曲。SSSは1分前後のアヴァンギャルドなNOISE GRIND7連発の計13曲収録。横浜関内店:南



Posted by kame at 19:48:27Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 V.A/電電オバケカーニバル

2006-12-11

5775.jpg V.A/電電オバケカーニバル

マジックブックレコーズからでたエレクトロニカ、ブレイクコア、へんてこテクノポップなどかわいいのか、気持ち悪いのか、ノイズなのか、なんなのか、だけど無性に聴きたくなるコンピが発売。RAW LIFE周辺のアーティストから関西まで。また、かなりの人気でメタモへの出演もしたgroup_inouのimaiなど、カラフルな人たちのカラフルな音が詰まった、面白変態コンピ。



Posted by kame at 17:28:39Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 タラチネ/桃源郷

2006-12-09

5765.jpg タラチネ/桃源郷

気付くとどこか郷愁、儚さが残り悲しくなる。繰り返される音、それに重なる音、シンセの浮遊音。驚くほど美しい音の重なり。ギター、フルート、トランペット、ピアノ、メロディオンなどをはじめ音が紡ぐ景色。壊れそうなのに、どこか力強い。その絶妙なバランスが全体を通じて様々な言葉の掛け合いや様々な楽器の掛け合いなどに表れている秀作。
俺はこんなもんじゃない、ハズレッシヴのメンバーがゲストで参加。



Posted by kame at 15:10:47Comments(0)TrackBack(1) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 rejuvenated half-faze/ccmmgr

2006-12-08

5756.jpg rejuvenated half-faze/ccmmgr

12/10発売商品を。
都内で活動する大学生4人組。その読みにくい名前もバンドの音楽性を表しているのだろうか、リジュヴネイテッド・ハーフフェイスのデビューアルバム。残響レコードから。
一直線に歌うエモーショナルな女性ボーカル。その一直線な感情の歌・声とは裏腹にリズム、楽曲は一筋縄でいかない、様々な要素が詰め込まれた複雑かつ突拍子もないもの。プログレ・ポストロック・エモなどの影響を受けつつメロディー・歌・声の持つ力を大切にした内容。



Posted by kame at 19:49:56Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 setopianics/hinatano

2006-12-07

5741.jpg setopianics/hinatano

徳島出身の菱垣貴史による一人ユニット。
冒頭、昔懐かしいピアニカ、学校帰りに田んぼの真ん中で聴いたピアニカにはじまる。
そんな懐かしい音に静かで優雅な音が重なり合い、なんとも言えぬ郷愁、哀しい気分になる。
小学校の校舎から見た景色だとか、帰り道に歩いた路だとか、そういったものが甦る。
田舎で幼少期を過ごした人には涙を誘う素晴らしい一枚。



Posted by kame at 14:42:33Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 *Havanella/#0

2006-12-06

5728.jpg *Havanella/#0

都内で活動をする、ベース、ドラム(兼アコーディオン)、バイオリンの3ピースバンド。
ギターレスらしい、静かな音をうまくつかい実に表現豊かな音楽が奏でられる。ライブではかなり興奮するほどの激チェンバーな展開ありとかなり幅広い要素が優しく詰め込まれている一枚。



Posted by kame at 17:11:39Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 54-71/54-71

2006-12-04

5708.jpg 54-71/54-71

もはや新人ではないんですが、言わずとしれた54-71。
のsome of usからリリースされた作品。
ギターが抜け、ドラム、キーボード、ベースのトリオとなり、音のジャンルもプログレ、ヒップホップなどを含めた方向へ。
音の緩やかさと、時に隙間のある空間に心躍る、身体躍進。
しかも、この音源、ディスクユニオン、ライブ会場限定発売らしいです。



Posted by kame at 17:53:08Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 うーず/うーず

2006-12-02

5700.jpg うーず/うーず

結構活動暦が長いという、うーずの自主制作CDR。
ギターレス、ハモンドオルガン×ベース×ドラムの3ピース。オルガンサイケ。
メロディー、詞がしっかりとしている上に、演奏もかなり素晴らしい。耳に広がるオルガンの音が個人的にかなりのツボ。壮大なオルガンの音に身震い。
まじでやばいです。



Posted by kame at 16:23:47Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 竹久圏 & ザ・スペクタクルーズ/ヤーサス!

2006-12-01

5690.jpg 竹久圏 & ザ・スペクタクルーズ/ヤーサス!

KIRIHITO/GROUPのギタリスト、竹久圏のソロアルバム。
様々なギターを中心に様々な音が控えめに彩りを添え、不思議と居心地のいい素晴らしい空間が作られている。
今現実にある音のサンプリング、ノイズなど微粒子的な音を見ず知らずのアーティストへ送り、音をミックス、また、交流のあるアーティストとの演奏、その中で作られている音は空間とか時間とか場所とか、そういったものを関係なしに音楽の素晴らしさを物語る秀作。参加アーティストも豪華。



Posted by kame at 18:16:10Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 texas pandaa/one gleam after the shadow

2006-11-30

5679.jpg texas pandaa/one gleam after the shadow

先日、UNITで「残響祭」というのが開かれていました。
行きたかったんですが、行けなかったので、久々にずっとこれ聴いていました。なので紹介。

発売時にはかなりお薦めとしてこのブログでも取り上げたのですが、何回聴いても最高です。
東京が誇る女性ツインボーカルシューゲイザーバンド。
冒頭の音が鳴った瞬間に景色を青白く変色させるほどの、美しさ。
それにかぶさる、鬱むいたツインボーカル。
以前は「暑い夏が冷たくなる」と書きましたが今聴くと「寒い冬でが暖かくなる」
かき鳴らさせるノイズ、音、ゲストによって奏でられる音には冷たさを感じさせられますが、
全体として包容力が、温もりが感じられる1枚。



Posted by kame at 13:20:23Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 大谷能生×戸塚泰雄/2005.3.22 LIVE at 円盤

2006-11-29

5667.jpg 大谷能生×戸塚泰雄/2005.3.22 LIVE at 円盤

ディスクユニオンでもかなり売れている、アンダーウラウンド音楽雑誌「NU」の編集・発行を行っている戸塚氏と菊地成孔(DCPRG)などとの活動でも知られる大谷氏のインプロ、ライブ盤。
ターンテーブル、リズムマシンなどから発せられるノイズが詰め込まれ、小さな会場で行われた臨場感がひしひしと伝わる。



Posted by kame at 16:19:02Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 GREENHAND/サヨナラダンス

2006-11-27

5650.jpg GREENHAND/サヨナラダンス

都内にて活動する、現在メンバーはVo.GtとGtの2人からなるGREENHANDの4曲入りCD-R。
ジャケットの淡い色とコーヒーが物語るように
音と言葉を大切にあたためたギターポップ。
くるりなどの日本のギターロック、UK/USインディーから影響を受けたというその音は
良質で、静かに心に染み入る、煌めきポップミュージックである。



Posted by kame at 17:37:56Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 miimi/光と影

2006-11-25

5631.jpg miimi/光と影

都内で活動する、淡い感情の女性ボーカルが印象的なmiimiの3曲入りCD-RとPV収録のDVD-Rの2枚組み。
トリプルギター、ベースレスと言う編成で静と同時に轟音を持ち、その歌声と音が一体化し全体的に陰のある感情と一人浮遊する感をより引き立たせている。
映像作品やアートとの交流を持ち、なるほど音楽に関しても映像的な印象を受ける。
メンバーのmasaは残響レコードよりリリースをする「te'」のベースとしても活躍中。



Posted by kame at 15:52:35Comments(2)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 V.A/KIMICA GOLDEN DOCUMENT VOLUME.1「CLUB GOODMAN〜月曜なのに満タン」

2006-11-24

5623.jpg V.A/KIMICA GOLDEN DOCUMENT VOLUME.1「CLUB GOODMAN〜月曜なのに満タン」

秋葉原GOODMANにて行われる好評イベント「月曜なのに満タン」の10周年を記念し、PANIC SMILE吉田氏の監修によりDVD化!!
内容は見て頂ければ分かりますが、かなり濃いメンツによる、
かなり濃い内容のライブ映像となっています。
ライブに行きたくなること確実な内容です!!
収録アーティストは、はかまだ卓ソロ・オクムラユウスケ・オオクボ-T・水中、それは苦しい・片山省吾 with His broken heartsです。
やばいですね。



Posted by kame at 19:45:20Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 CoverAge/2005.12.26-28.

2006-11-22

5572.jpg CoverAge/2005.12.26-28.

下北沢・高円寺を中心に活動している4人組バンド。
めちゃくちゃ純粋なんだろうな〜と思わせる、4曲。ここまでストレートにぶつかってくると逆にロックさを感じてしまった。
日本語メロディバンドに影響をうけたんであろう、直球のメロディーとインディーズとは思えないボーカルの美声に力を感じます。



Posted by kame at 15:10:45Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 花のように/1st DEMO

2006-11-21

5529.jpg 花のように/1st DEMO

既に、2枚目のDEMOが発売されているようですが、
こちらでは1枚目のDEMO音源を。
ギター・ベース・アコーディオン・トロンボーン・ピアノの優しい音が、優しい歌を静かに包み込む。
全ての楽器がいっせいに鳴るのではなくバランスを上手くまとめて、極めて音数はシンプルなのに、
とてつもなく全体に膨らみが感じられる。
静かに時間の流れる音。



Posted by kame at 12:03:40Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 おとぎ話/BLANK POP!!!!!

2006-11-20

5515.jpg おとぎ話/BLANK POP!!!!!

おとぎ話「Blank Pop!」CD-R \525UFO CLUBコンピレーション第2弾『U.F.O CLUB TOKYO JAPAN Vol.2(CTCD-502)』にも参加している実力派オルタナティヴ・パンク・バンド。横浜発若手ロッカー最右翼、そのライブ・パフォーマンスは巷で話題。80sパンク・ニューウェイブを踏襲しつつ、ますますワイルドになった破壊的サウンド。



Posted by kame at 17:56:30Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 THE JOHNSON AND JOHNSON/THE JOHNSON AND JOHNSON

2006-11-18

5494.jpg THE JOHNSON AND JOHNSON/THE JOHNSON AND JOHNSON

ギターウルフ、KING BROTHERSなどとの共演をし、精力的に活動を続ける、東京ガレージシーンの新星、THE JOHNSON AND JOHNSON。
強者たちとの共演で培ったその力は劣らぬほどの力。
やはり、ロックンロールとはこうでなきゃいけない。その音に痺る。爆音で聴け。



Posted by kame at 12:41:42Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 藤田建次/Magnetic Pilgrimage

2006-11-17

5478.jpg 藤田建次/Magnetic Pilgrimage

温もりが感じられる、独特の浮遊・ドリーミーサイケデリックミュージック。
ピアノの音、サンプリング、電子音、テープコラージュなどで全編にわたり紡がれる音は極上の旅へ。
おそらく一人で奏でられたと思われる音は
様々な景色が次々へと重ねられ、変貌を遂げていく。
今の季節、これからの季節にいい、心温まる夢の音楽。



Posted by kame at 19:51:05Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 V.A/nextpop

2006-11-16

5454.jpg V.A/nextpop

ライブハウス、shinjyuku motion一周年を記念したコンピが発売!!
バランスよくmotionで活動するバンドが12組収録されています。
マヒルノ、bronbaba、worst taste、もらん、cryv、about tess、ユー・グラン・グラン、G-Ampere、mothercoatなど。
1曲目「マヒルノ」からがっつんと勢いよくやられ、そのまま流れで次々と曲が進み、気が付いたら最後。
ネクストポップという名前からも分かるよう、次なるポップミュージックの示す方向を確実に表している良質コンピ。
そんな次なるポップミュージックの示す音が、大きなコンサートホールとかではなく、小さなどろどろしたライブハウスにて演奏されている今の日本の音楽シーンの重要な一部分を明確にしてくれる。



Posted by kame at 10:47:05Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 ライスボウル/BoyとGirl

2006-11-15

5450.jpg ライスボウル/BoyとGirl

2005年にファーストアルバム『Weekeye』をリリース、地元福岡のラジオ番組チャートで一位となるなど話題になる。
同年の秋には曽我部恵一の九州ツアーでバックバンドを務め、さらに今年春には、曽我部恵一バンド春ツアー3000〈博多百年蔵公演〉においてオープニングアクトに大抜擢されるなど、話題がつきない。
ボーカル毛利のピュアな歌声と歌詞はリアルな若者の心象風景を描き、メロウとハードを行き来するバンドサウンドは聴くものの心と体を揺さ振る。



Posted by kame at 20:55:46Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 Daftrinity/声

2006-11-13

5412.jpg Daftrinity/声

3曲入り\500!!!しかもCDRではありませんよ!デジパック。
彼らの思いがすでに、この豪華さで伝わってくる。本当に捨て曲なしの3曲。
どんな時も『思いやる心を忘れないでほしい』と、切に願う、切なくも前向きな歌が聴く者の涙を誘うタイトル曲『声』。以前からライブではダントツに人気の高かった、極上のUSポップチューンHello』サビで歌い上げるボーカルと、ピアノ、両者のメロディが絶妙に絡み合う『My own story 』と彼らは言っている。サビ・メロディーが、はっきりしていてとっても心地よく耳に残る1枚である。最後に彼らは千葉県出身の男性4人のロックバンドです。



Posted by kame at 13:47:22Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 sgt.&good music!/sggmt!!

2006-11-10

5387.jpg sgt.&good music!/sggmt!!

まるで映画が始まるような始まりの1曲目のsgt.突然、BaとDrがリズミカルに乗っかって、その上に心地良いバイオリンが乗っかり、ダイナミックな音楽へと突き進む。あらゆるジャンルを飛び越えたインストバンドsgt.。
テルミンとツインアコースティックギター、鍵盤と不思議な編成が、創り出す音楽は、幼少時代を思い出す部分が所々あり、聴いていて安心してしまうメロディーがとても耳に残るgood music!のSplit CD。4曲入りで30分!!
とても贅沢な1枚です!!!

そして、ディスクユニオンのみのオリジナル特典CD-R付きです!!数量限定、お早めにお買い求め下さい。



Posted by kame at 16:04:58Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 9mm Parabellum Bullet/Phantomime

2006-11-09

5376.jpg 9mm Parabellum Bullet/Phantomime

日本のギターバンドの中でも、耳にしっかりと焼きつくメロディーと演奏と声を併せ持つバンドはなかなかいないのではないか。
研ぎ澄まされた感覚と音、同時に柔らかさも併せ持つ、また同時にオルタナ、エモに近い感情を、すべて丸呑みにし、声をかぶせていく9mm Parabellum Bullet。
日本インディーズシーンに、メジャーにも劣らない音楽聴かせることが出来るバンド、彼ら以外になかなかいないのはないかと実感できる。
CD/DVD2枚組。



Posted by kame at 15:29:34Comments(0)TrackBack(1) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 sachiko/不贖

2006-11-08

5362.jpg sachiko/不贖

サイケデリックバンド、OVERHANG PARTYのベーシストsachikoによる、ヴォイスソロ。
どろっとしたノイズサイケアバンギャルド。冷たい空気が足元から流れてきて恐ろしいのに、一筋の光が見える作品。
いい意味で、恐怖音楽。夏だからといって行われる、子供騙しな肝試しより、うそ臭いホラー映画より、比べものにならないほど、恐ろしい作品。オススメです。



Posted by kame at 17:44:01Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 TEASI/壁新聞

2006-11-07

5345.jpg TEASI/壁新聞

発売から結構時間が経過してますが。

音と音、声の間に大きく優しく空気と風景と匂いと見えない何かを詰め込むことができる名古屋のバンド、TEASIのセカンド。
今回は、お寺にて一発録音ということで確かに耳を澄ませば、本当に聴こえるかすかな音もありますが、それ以外に冒頭に書いたように、聴こえない何かも確実におおきく詰め込まれています。
ゲスト達によって奏でられる楽器との間にもその距離感とかではないなにかが挟み込まれています。空気とか、匂いとか、本当にそういうものだと。何も考えず、ひたすら静かに聴いて下さい。
多分何か、感じ取れるはず。イースタンユースのメンバーも大絶賛です。

また、TEASIとは関係のない話ではありますが毎月発行をしております、フリーペーパー「日本地下音楽記」が今月で第4号となります。
11/15発行予定。今回は、名古屋アンダーグラウンド特集になります。だからTEASIを書いたのですが
、通販購入で同封、お近くの店頭にありますので、
お手にとって読んでみてください。



Posted by kame at 15:59:58Comments(0)TrackBack(1) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 RATVILLE/如才EP

2006-11-06

5334.jpg RATVILLE/如才EP

京都のクラブ、ライブハウスを中心に関西アンダーグラウンドと密接な関係を持ちつつ活動する京都のDUB、ALTERNATIVEバンド、RATVILLEの自主制作1stCDEPが完成。
54-71FULID、zOoOoOm、REBEL FAMILIAGOTH-TRAD、こだま和文、SHIRO The GOODMANなどとの共演をしている。
ディープでゆるやかなダブサウンド。夏は終わってしまったけれど、これからの季節でも聴きたくなる、夏の野外の開放感に溢れるダブと言うよりは、地下深いライブハウスで、密室で行われている音に近い。かといって閉鎖的な感じはせず、重たくても心地よさは充分に伝わってくる。



Posted by kame at 15:33:35Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 SORATOBU/SORATOBU

2006-11-03

5311.jpg SORATOBU/SORATOBU

Vo、Gt、Banjo、Organ、Pianica、Tablaなど担当とBass、Sampler担当の二人からなるユニット、SORATOBU(ソラトブ)
歯車がくるいかけた機械に滑り込む。
浮遊感。遠くで鳴らされる音と声に
なんとも言えぬ、その空気に、流れ込む。
フォークを基本に様々な音が数少なく控えめに
色を重ねていく。湿り気なく軽く。
冒頭の始まりから徐々に軽快になる音楽には
自然と心も揺れ動きます。
静かな日中をこんなフォーク音楽で過ごしたい。



Posted by kame at 17:10:22Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 シェリーズ/浮く足

2006-11-02

5284.jpg シェリーズ/浮く足

現役女子音大生3人がかき鳴らす轟音サウンド、オルタナバンド、シェリーズの音源が残響レコードより発売。
テンポが激変、メロディーが突拍子もない、それでいてポップ。なのは、多分本人達の天然さ故であろうか。
そして、この音源、依然自主制作盤でリリースされた際にはディスクユニオンの下北沢店でかなり売れ、三ヶ月連続でチャート1位を獲得。
と、現役女子音大生の力には脱帽です。そして今後がかなり楽しみなバンド。要チェック一枚。



Posted by kame at 15:51:13Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 FROITO/DEMO 2006

2006-11-01

5278.jpg FROITO/DEMO 2006

活動自体は今現在ではあまりされていないが、結成4年、メンバーチェンジも数度としているらしい、FROTIOの自主制作CD-R。
メンバーは様々なバンドで活動をしているツワモノが集まり、なるほど、よく作られた、素晴らしい硬派なポストロック、マスロック的な作品となっています。
さらりと変拍子を綺麗にこなすあたりがさすがといったところ。
3曲目がお薦め。各楽器の音が生かされ、計算した絡みが繰り返されるリズム、メロディーと変拍子に病みつきになる。
ライブ自体は少ないが、生で見てみたいバンド。



Posted by kame at 16:40:34Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 アニュウリズム/記憶にある丘

2006-10-31

5261.jpg アニュウリズム/記憶にある丘

擦れた声、つまじき出されるギターの音。絵描きでもある埼玉在住男性の一人ユニット、アニュウリズム。
そのライブは静かに卒倒するほどの美しさ。
そしてこの音源もまさに。
緑の夢や、青い夢や、黄色の夢や、黒い夢がいっぱい詰まっているんだと、この音楽聴くと、そういう心があったんだって気付かされます。
こういう音楽こそが今の人の心に本当に必要とされていると個人的な意見ですが、強く思います。
ダウナーSSW、アシッドフォーク、ドラッグシティ系など好きな人には是非聴いて欲しい。



Posted by kame at 17:34:57Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 V.A/NICESHOT「WAGON」

2006-10-30

5248.jpg V.A/NICESHOT「WAGON」

今回は、コンピを1枚。
先日も入荷商品で案内をした、コンピ。
東京は、西麻布の秘密基地にて行われている
ナイスなパーティ「NICESHOT」
こちらのパーティに参加したアーティストを集めたコンピが発売してます。
アングラ感たっぷりなバンドが勢ぞろいしたのに
さらりと聴ける良質はみだしポップなコンピ。
ライブ音源あり、スタジオ音源あり、今現在の東京のアンダーグラウンドシーンを間近に感じ取ることが出来る素晴らしい1枚。
或る程度しられているバンドを集めたアングラコンピは最近多いですが、
その中で知る人ぞ知るいいバンドをここまで集めた
コンピは他にない、と思います。



Posted by kame at 15:51:08Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 アニマ会議/The Selfish Giant

2006-10-27

5216.jpg アニマ会議/The Selfish Giant

本日は、映像DVD作品紹介で。

オスカーワイルドの「わがままな巨人」を紙コラージュによるアニメーションとして作成したアニマ会議の映像。
白黒の移り変わる景色の中、淡々とした声(マヘルシャラルハシュバズ工藤冬里)やピアノの景色にその趣をいっそう強めさせる演奏が加わり、なんともいえない幻想的な世界を作り出している。
視覚のみに重点をおいた映像が多い中(別に否定はしませんが)、視覚的にも優れその上心にしっかりと届く作品。



Posted by kame at 17:13:35Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 BUM/BUM

2006-10-26

5182.jpg BUM/BUM

都内で活動する映像関係のクリエイターチームが制作した自主制作音源。
ノイズか、エレクトロニクスか、それらが鳴り響く中、それ以上に不穏でダークな言葉(だろう)が飛び交う、繰り返される。

何よりも怖い。

何よりも不安。

ぼっと聴いていたら瞳孔が開ききってしまう程。
バックで流れる音にメロディーみたいなモノを感じる瞬間も垣間見れるが、そんなこと、よっぽどの余裕がないと分からない。
自分自身、これ初めてきいたのが、ライブハウスであったため、周りの人がたくさんいたから平気だった。
だけど、それでも周りの人たちが生気を全て座れた廃人のように見えた。



Posted by kame at 14:26:12Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 tacobonds/モーニングコール

2006-10-25

5174.jpg tacobonds/モーニングコール

次世代東京アンダーグラウンド・オルタナティブシーンの代表的存在、tacobonds。
秋葉原GOODMAN周辺バンドと言うイメージが強い彼らだが、その活動範囲をどんどこ広げつづけ、マニアなファンを増殖しつつある、変拍子プログレパンクオルタナジャンクバンド。その自主制作盤。
今は、DIW DEAD ROCK RECORDSよりアルバムを出しています。
兎に角、地下深く、酒浴びるほど飲んで、嘔吐しながら、変拍子とノイズにまみれて聴くべき、
新しい東京アンダーグラウンドの名盤で迷盤。
大いに、迷いまくってください。
吉田肇氏(PANIC SMILE)録音、ミックス作品



Posted by kame at 19:19:54Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 春風堂/霧もやからのターキー

2006-10-24

5167.jpg 春風堂/霧もやからのターキー

女性Vo.Key.Gt.Ba.Drそれぞれが絶妙なバランスで溶け込むように重なり合い、独自の世界を展開している春風堂。
FOE、二階堂和美吉村秀樹などと共演し、無戒秀徳の日記で取り上げられるなど、今後の更なる活躍が期待されるバンド。
その表現豊な音楽をライブで実際に味わうと、なにか、世界が音に溶け込み、その中から自分だけがゆっくりと溶け出すような、そんな感覚に酔いしびれることができる。
独特の優しい日本的サイケフォーク感覚。  



Posted by kame at 18:45:22Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE/City Calls Revolution

2006-10-23

5159.jpg GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE/City Calls Revolution

東京アンダーグラウンドシーンにおいて、
凄まじい勢いで活動をし、日本のみならず海外ツアーも幾度とこなし、海外での評価はもちろん、
日本でも評価、評判が急激にあがりつつあるバンド、GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE。
31knotsTristezaなどとも共演した彼ら。
プロデューサーにYeah Yeah YeahsLiarsTV on the radio等を手がけたPaul Mahajanを迎えた入魂1枚。
パンク、ハードコア、メタルを通過したジャパニーズサイケデリック、プログレシッブ、パンクバンド!!
宇宙が見えゆったりとしたひたすら大きいのに、腰から砕ける音楽。
1曲目「Concrete City Breakdown」はマジでかっこよすぎです。新しい方向性を見せる、PROGRESSIVE ROCK!!!



Posted by kame at 19:25:27Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 断絶間/断絶間

2006-10-20

5142.jpg 断絶間/断絶間

ex.センチメンタル出刃包丁のベーシスト、ヤミに君が楽器をギターに持ち替えて加入した断絶間の1st DEMO。
初期あぶらだこの匂いもする、ぐしゃっとした質感と金属的なサウンドがひりひり気持ちいい。勿論日本語で歌われる不穏な音塊7曲入り。
ラスト「人工野原閉鎖」の世界観は「ワルシャワの幻想」へのアンサーソングか?と思ったほど素晴らしいと思う。中学生棺桶やセン出刃、ミヤマGt.とも絶賛対バン中だったがいきなりの活動休止。
今すぐライヴを見たくなった人は来春まで待て。個人的にも今後期待大。



Posted by kame at 19:43:51Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 bahAMaba/( )

2006-10-19

5131.jpg bahAMaba/( )

本日は予約商品ですが、本当に、いや、本当に
すごいかっこいいので紹介です。
好評予約受付中です。マジでやばいです。

11/22発売予定。担当者、激押し期待の新人バンドの1stアルバムです。

都内で活動するライブが好評な激情インスト・ハードコア・マスロック・プログレ・バンド、bahAMabaの待望の1stアルバム。
鋭いギター、重いベース、速いドラムという3ピースのインスト・バンドならではの、息の合った間、気合の入った空間、大胆かつ繊細な計算された音の絡み、疾走感溢れる展開、キレのある変則リズム、叫び。
すべてを聴いていてこちらまでが息を止めてしまうほど。
一発録音の作品らしく、研ぎ澄まされた音に、歌は無くても感情ががっしりと詰め込まれている。
彼らの煮えたぎる熱い音が痛いほどに伝わってくる。
爆音で聴きすぎて、酸素不足注意なお薦め一枚!!



Posted by kame at 14:59:21Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の1枚 フレアオッズ/EARLY YEARS

2006-10-18

5123.jpg フレアオッズ/EARLY YEARS

やっぱり名古屋が熱い!!!
名古屋、四日市が誇る、ガレージサイケ昭和歌謡ニューロックバンド。
名古屋、四日市ではかなりの人気なバンド。
東京ではUFO CLUBなどで活動をし、UFO CLUBのコンピにも収録、先日の円盤ジャンボリーにも参加と、東京でも人気が徐々にあがってきてます。
日本アンダーグラウンドロックにフレアオッズ的なガレージ、サイケ、プログレなどを加えたまさにアートロック、ニューロック。
デキシードザエモンズでお馴染みのDEWMAKINO(エンジニア)、ゆらゆら帝国を手掛ける中村宗一郎(マスタリング)に加え、益子真司(DMBQ)がゲスト参加!!
ユニオン限定特典CDR付き(数に限りがあります。無くなり次第の終了となりますのでお早めにどうぞ!!)



Posted by kame at 12:53:33Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 ぐしゃ人間/グシャノウタ

2006-10-17

5117.jpg ぐしゃ人間/グシャノウタ

都内で大活躍する女性3ピースバンド。
少女性と少年性を持つ歌詞と、歪んだベース、繊細で轟音なギターが壮絶に激突し、混沌とした不条理極まりない世界観と情念を産み出している。
デス声から少女特有の幼い声を自在に使いわける、感情剥き出しのヴォーカルや、ポストロック、プログレ、オルタナの影響を受けつつも、独自の繊細かつ多彩な感性の、奇抜なギターと絡み合い異様な音を醸し出している。
関西アンダーグランド好きにはお勧めですよ!



Posted by kame at 12:05:58Comments(1)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 ソニックアタックブラスター/ライブ2

2006-10-16

5112.jpg ソニックアタックブラスター/ライブ2

東京アングラライブハウス、屋根裏、シェルター、GOODMANで活動中のGt/Vo、Gt、Ba、Drから成る、ソニックアタックブラスター。
ダムダム団、トニーチェンバロンなど、クセのあるバンドとの対バンをこなし、自らの個性を埋没させないほどのパフォーマンス。
時にポップ、時に湿って。
だけど、基本この音源聴く限り後者のイメージが強い。
ライブでの生きた感じがひしひしと伝わってきます。



Posted by kame at 17:24:13Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 out of unknown/narcotic structure

2006-10-13

5100.jpg out of unknown/narcotic structure

構築美。
複雑なリズムに恍惚。
歩いていたら何処へ行けばいいのか、どちらの方向へ曲がるべきなのか、だけど、向かうべき場所は決まっているのであろうか。
ノイズ、静かに反復するギターリフ、バイオリンその音を聞いていると本当に何時息を吸うべきか、分からなくなる。
ライブ活動などは行っていないとのことだが、実際目の前で繰り広げられるこの世界を生で見たい。



Posted by kame at 20:31:56Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 903号室/LIVE!!

2006-10-12

5089.jpg 903号室/LIVE!!

凶暴!凶暴過ぎるギタ−のサトウ氏とOUTVOTE'S、PinkDrops、くるしまぎれ、愛の居住区などなどでも全てを破壊する勢いのドラム、トミリ氏の最叫で最狂の2人組「903号室」。
オシリペンペンズ、あふりらんぽ達関西0世代音源を扱うFRING START RECORDSから出ている「903号室」狂気のライブ音源。
本当にライブがカッコいいんです!903号室は。有り得ないですってば、本当に面白いんです。
だから一度是非ライブを見る事を大推薦致します。
凶暴度120%、危険度200%、破壊力300%、発狂度400%、トキメキ胸キュン度500%の合計チ−ン!1520%ォ−!大暴れのライブでブチかました全8曲。
大絶頂です。



Posted by kame at 12:33:35Comments(1)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 DRIVE TO THE FOREST IN A JAPANESE CAR/demo

2006-10-11

5079.jpg DRIVE TO THE FOREST IN A JAPANESE CAR/demo

東京NOWAVEバンド、DRIVE TO THE FOREST IN A JAPANESE CAR、デモCDR!!!
いやぁ、最高。このささくれだった、ギター、ボーカル。
ここ最近の80年代NEW WAVE、NO WAVEバンドがたくさん出てくる中、この日本で、こんなすげぇバンドがいるとは!!
メジャーからの流行NEW/NO WAVEバンドにこれ聴いて、ちょっとは自分達の音を見直してもらいたいくらい。
ELEVATIONなどその辺り、21世紀東京NEW/NO WAVEに期待!!東京ロッカーズ、関西NOWAVE的な衝撃をもう一度!!



Posted by kame at 15:23:22Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 ダカダバダン/ダカダバダン

2006-10-10

5064.jpg ダカダバダン/ダカダバダン

唄+VOXギター+ドラムと唄+リッケンベース+ムーグ+リズムBOXの2人組。
ピッポコニューウェーブ。
スカスカで反復リズムが心地よく、ジャケットの如く、
虹色のオーラか気か煙かが体から滲み出る感じ。
声は甘く、音はぽこぽこで、全てがかわいいポップアルバム。
なんか、本当に頭のなかぐるっと一回転まわっちゃって、それで戻ってきてコンニチワ的。
覚えやすいメロディーが確実に一日中頭の中で回りまわること間違えなし。
ストレンジニューウェーブポップ6曲入りCDR。
かわいさと共に宇宙へ小旅行。



Posted by kame at 12:15:47Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 いくら僕がぎゃーと叫んでも空は高い/1st demo

2006-10-06

5042.jpg いくら僕がぎゃーと叫んでも空は高い/1st demo

暗黒オルタナティブバンド。
苦しさに追いやられたわめき声、意味不明、プログレ的展開の中、
本当に悪い小説でも読んでいるかの気分にさせられる。
音の厚みより何かだ江切れない重圧、煮えたぎった感情。
でも、曲によっては、静かで、気持ち落ち着くメロディーも若干垣間見ることができるが、
やっぱり、このバンドの一番は、声と詩であることを認識させられる。
まさに、いくら僕がぎゃーと叫んでも空は高い…
掴めない…



Posted by kame at 17:29:48Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 CLISMS/LIBIDO

2006-10-05

5034.jpg 毎日といって、かなりの日にちが空いてしまいました。
個人的都合のためですが、本日より再開します。
また、場合によっては毎日は無理なのですが
できる限り頑張ります。
といったところで本日は、

CLISMS/LIBIDO

東京オルタナティヴ、ガレージロックンロールバンド、CLISMSのライブCDR!!!何度かのメンバーチェンジのち、今のメンバーによる今のCLISMSのライブ音源。いやぁ、すごい迫力、ライブの音そのまま、ツインドラム向かい合ってドコドコ。彼ら、UFOCLUB、GOODMANなど中心にライブをやってますが、そのライブの凄まじい形がCDRにつまってます。このCDR、ライブ会場かディスクユニオンでの販売のみとなっております。必聴!!!音の分厚さに腰抜かす。



Posted by kame at 16:14:17Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 henrytennis/Eight Rare Cases

2006-09-29

4980.jpg 毎日といっておきながら早速二日目にして
できませんでした。

本日は、何度かライブレポで書いたバンド。
マジでお勧めです。何万回聴いても飽きない。

henrytennis/Eight Rare Cases

これこそまさに21世紀の「NEW WAVE OF PROGRESSIVE ROCK!!」
東京都内で活動しているhenrytennisの待望の1stアルバムはcinra recordsより。
様々な要素を混ぜつつもhenrytennisにしか出せない音、雰囲気がこのCDには詰まっている。ギター、ベース、エレピ、オルガン、フルート、ドラム、シンセ、グロッケンの音、声が個性を放ちそれぞれの音を鳴らしつつも緩やかに、穏やかに、狂的に鳴り響いている。二律背反な音が、違うリズムが混ざり込み合っているにも関わらず、大きく豊に優しい音としてまとまりをもっている音楽。



Posted by kame at 20:33:28Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP

本日の一枚 Praha Depart/お前等全員敵じゃねえ

2006-09-27

4951.jpg 先日書いたとおり、
アンダーグラウンドな素晴らしい音源を、
出来る限り毎日紹介します。
ってことで本日、一日目。

Praha Depart/お前等全員敵じゃねえ

轟音ジャンクガレージバンド、プラハデパート。
高円寺や渋谷屋根裏などで活動をする
女ボーカル×男ギター×男ドラムの3ピース。
確か去年の年末だったか、渋谷屋根裏にてライブを見て、
そのはちきれんばかりの高テンションでボーカルが叫びまくったと思ったら、
何やらぶつぶつと、鬱気味に下を向いてなにかをたたき出したり。
と思ったら!!!!!そんなライブに圧倒、卒倒。
音源もまさにそのまま。
濃いどろっとした音がCDの中にぐしゃっと
コレでもかというほど詰め込まれている全7曲入り。



Posted by kame at 15:44:39Comments(0)TrackBack(0) │オススメ
日本地下音楽 TOP