日本地下音楽

日本のアングラ、インディーズシーンの自主制作音源(CDR等)を中心に、メジャーものまで日本の地下音楽の入荷状況、オススメ商品、またライブレポートなど含めて長々と殴り書きします。

 
 

月曜なのでチャート更新、夜夜夜!!!

2010-05-31

はい、月曜日の夜ですね。
寒かったですね、週末。寒すぎてこたつに入りました。冬に戻りましたね、突然。

突然ですが、月曜の夜なので、チャート更新ですね。

こちらからどうぞ、今週も激波乱の人生!!!!

あと、6/2発売の面白い新譜がたくさんあるので、そちらもチェックを!!!



Posted by kame at 20:34:07Comments(0)TrackBack(0)

TOKYO NEW WAVE

2010-05-24

というコンピです。

ここ数年、ディスクユニオンでも、東京のインディーズシーン、先鋭的でオルタナティヴ、反骨精神があり、ユーモアにとんでいる、彼らの音源を数多く取り扱いしてきました。

デモ音源とはいえ、その音楽性は高いですし、レベルも高い。個人的にも、すごい好きなアーティストがたくさんいます。そんなアーティストが終結したコンピが7月にリリースされます。

「TOKYO NEW WAVE」

情報をさっと更新しましたので、こちらからどうぞ!!!!!



Posted by kame at 19:19:16Comments(0)TrackBack(0)

雨の月曜日 串揚げ

2010-05-24

中目黒のうまい串揚げに久々にいきました。
だからなんだというんでしょうか。

さて、雨の中、ぬれながらでもチャートは
更新します。執念です、ここまできたら。
今週は進入かも多く、おもしろいデモ音源や限定音源もありましたので、そのあたりが
チャートにインしたり、アウトしたりです。

こちらから!



Posted by kame at 13:09:41Comments(0)TrackBack(0)

チャート更新しました

2010-05-17

月曜日です。
今日は天気もよくて、暖かいを通りこして、暑いですね。
週末はいかがお過ごしでしたか?
はい、チャートの時間です。こちら



Posted by kame at 16:11:31Comments(0)TrackBack(0)

GW明けのチャートは!!!!!!!!

2010-05-10

大変動!!!!びっくりです。
週末はサーティーワンのアイスクリームが1円だということで、世間はにぎわっていたみたいです。

てことで、5月病、第一弾のチャートはこちら!

今週はかなりの大変動です。



Posted by kame at 17:55:23Comments(0)TrackBack(0)

小谷美紗子 メールインタビュー1

2010-05-07

12732.jpg 最新作がいつも最高傑作だと思える渾身の作品を届けてくれる小谷美紗子。3年振りの新作となる今作には、生涯の代表曲の1つになるであろう大名曲“青さ”、“手紙”が収録され、5曲入りのミニ・アルバムとは言え、濃密すぎる1枚となった。
いつでもドキュメントを真っ直ぐに伝え歌う彼女だが、今作に詰め込まれた感情表現には彼女の中に新しい何かを感じたのは私だけだろうか?…そんな話も含め、メールにていくつか質問をぶつけてみました。

<Interview :Tomoko Sunaga (SECRETA TRADES)>

−最近はツイッターを始められたりブログの更新もあって、ミステリアスな美紗子さんの近況を覗き見れて嬉しく思っています。それと先日行われたUSTREAMを使っての試聴会。ご自身も生中継で登場してファンからの質問に答えたりと、とても意義のあるプロモーションだと思いました。勝手なイメージなんですが、あまりこういったデジタルなコミュニケーションって苦手なんじゃないのかなと思っていたのですが…

小谷(O):私は生放送が好きです。自分の言ったこと、やったことが取り消せない世界。出演する誰もがフェアな環境で、責任感と緊張感を持って誠実に行動する世界。そんな生きた放送による試聴会、とても楽しかったです。ツイッターは完全に名前を伏せた上で言葉を投げる掲示板などとは違って、自分の実際の友達や仕事仲間にも自分が書いた内容が伝わる場合が多いので、そういう意味でもフェアな環境だと思います。そういったコミュニケーションの場が、非難の言葉が行交い討論する場になったとしても、言葉に覚悟と責任を持った上での誠意のある意見交換ができると思います。誠意と思いやりの上に成り立つ批評なら、いつでも受け付けています。名前を名乗らない批評は、法にふれないピンポンダッシュや悪戯電話の様なもの。またそれを観て楽しんでいる人は、人の醜さや不幸をただ見物する火事などに集まる野次馬でしかなくきっと、自分を振り返る瞬間に己を恥じていることでしょう。

−単独音源の新作としては3年振りとなる今作ですが、この間ライブやイベントに多く出演されながらも作曲活動はされていたんでしょうか?特にスランプという訳ではなかったんですよね?今作のリリースの前に、昨年10月にリリースされたmiscorner/c+llooqtortionの作品にコラボレーション参加されましたが、これまで共演されてきたeastern youthの流れから、また更にコアなライブハウスベースのオルタナティヴなバンドのリスナーへも伝わった事が凄く嬉しかったんです。この作品で美紗子さんにはまった!という声も多く聞いて。ご自身にとってはこの作品への参加が活動モチベーションに何かしら作用しましたでしょうか?

O:作曲のペースは今までと変わっていないです。アルバムはスタッフと自分との意思疎通ができてから準備万端整えて出すようにしています。
miscorner/c+llooqtortionとのコラボレーションは、出来上がったオケにメロディーと歌詞を付けるという作業で、ほとんど初めてだったので、とても新鮮で楽しかったです。オケが先にしっかりと出来上がっていたので、メロディーに良い隙間を置くことができました。洗練されたアレンジに背中を押される様に、すぐに歌詞もメロディーも出来上がりとてもスムーズでした。また是非一緒に曲作りができたらいいなと思います。

−今作は全て日本語詞の作品ですが、歌い方のバリエーションが豊かで、それぞれ変化がありとても楽しめて聴けました。冒頭の“日めくり”は少女の様に可愛いらしくて、“手紙”は自然な抑揚で、心を打つ歌詞がそのまますーっと入ってくる… 歌い方のニュアンスって、メロディが出来た段階でイメージしたものが最終的にそのまま固まるんですか?

O:歌い方については、あまり深く考えていませんが、作り声や、独創性と歌唱力を強調しようとする歌い方は好まないので、楽曲の内容を素直に表現する歌い方になっていると思います。おばあちゃんと話すとき、友達と話すとき、恋人と話すときとそれそれ声のトーンが自然と変わる様に、曲によっても歌い方が自然と変わるといいなと思っています。

−今作の中で個人的に“青さ”がもうたまらなくて。何度聴いても最初のワンフレーズでじわーっときてしまって人前ではうっかり聴けない曲です。懐かしさを感じさせるちょっとフォーキーなメロディーと歌詞の感情とのマッチングが凄い… この曲は親友の梶木良子さんへの気持ちを綴った曲という事ですか、こんな素晴らしい曲を贈られたなんて羨ましすぎます!

O:アルバム「Night」に「still have us」という曲がありその曲はもう一人の親友みどりちゃんに贈った曲なのですが、その曲ができた後「私の曲はないんか?」と良子さんに言われました。いつか書こうとずっと思っていたのですがいつも一緒にいるので、照れくさくてなかなか書く気にはなりませんでした。「still have us」の場合はイギリス留学に旅立ったみどりちゃんへの曲なので遠くにいる大切な人を思う曲になったのですが、良子さんとは本当にいつも一緒にいるので(笑)。でも、ここでは言えないような様々な出来事があり、改めて彼女という親友の尊さを実感し小学生の頃から変わらない彼女の笑顔を歌にしました。その笑顔に何度も救われて、今私がここにいるのだと思います。

インタビュー2へ



Posted by kame at 19:01:08Comments(0)TrackBack(0)

小谷美紗子 メールインタビュー2

2010-05-07

12731.jpg −今作は全体を通して前向きで穏やかな曲が揃いましたね。いわゆる小谷節と言いますか、グッサリくる様な感情を表現する気持ちが消えた…というわけではなく、たまたま今作はこういう作品になったという事なんでしょうか? “線路”や“空の待ち人”にはしっとりした女性感や、母性的な包容力を凄く感じました。ご結婚されてから表現したいことに変化があったりしたんでしょうか?

O:ウハハ。表現したいことは、日常の流れ次第。実際に感じたことしか曲にならないので、その辺りは今までと変わりません。ただ最近は、大切な人を励ましたいという気持ちになることが多かったので特に「線路」などは、私が言える精一杯の励ましの言葉が詰まった曲になっています。私が我がままに音楽活動を続けていられるのは、旦那様のお陰なので包容力を凄まじく感じているのはむしろ私の方なのです。

−美紗子さんは普段ほとんど音楽を聴かないという事ですが、意識的に耳に入れない様にしているんでしょうか?そんな中でも最近買ったCDやレコードでお気に入りの作品があったら教えて下さい。

O:聴きたいと思う時に聴きたいものだけを聴きます。ただ、自分が聴きたい音楽を自分でやっているので、なかなかそれ以外のものを求めることはありません。今までに本当に気に入って自分で買ったCDが20枚か30枚ほどあるのでそれで十分です。多過ぎるくらいだと思っています。一番最近買ったアルバムは3年ほど前に買った「YES」のアルバムです。(※お気に入りは“Roundabout”だそうです。)

−一緒にプレイしてみたいなと思うアーティストがいたら教えて下さい。

O:シンディーローパーのコーラスがやりたいです。

−最後に、音楽以外に美紗子さんを癒したり元気にしてくれるものって何ですか?

O:友達、家族、動物、植物、激辛料理。

−レコ発ツアーではトリオ編成でこの『ことの は』の曲たちが聴けるんですね!物凄く楽しみです。ありがとうございました。

-------------------------------------------

New Mini Album 2010.05.12 Release
『ことの は』 ¥1600(tax-in)RDCA-1014

ご予約はこちら

収録曲(全5曲)
1. 日めくり
2. 青さ
3, 線路
4. 空の待ち人
5. 手紙

★ディスクユニオン オリジナル特典 缶バッジ付!★

【Live Schedule】

6月4日(金) "alternative soloist"vol.2 @ 代官山 晴れたら空に豆まいて
"alternative soloist"vol.2
■出演:小谷美紗子/suzumoku/代々木原シゲル/高橋優/ノグチサトシ


小谷美紗子 Trio Tour 2010 ことの は (ワンマン)

7月20日(火) @ 名古屋CLUB QUATTRO

7月21日(水) @ 心斎橋CLUB QUATTRO

7月27日(火) @ 渋谷duo MUSIC EXCHANGE

チケット一般発売日:6月5日(土)
※『ことの は』商品封入の購入者チケット先行予約あり(初回プレス分のみの封入)


小谷美紗子official website:http://www.odanimisako.com/
myspace:http://www.myspace.com/odanimisako
twiiter:http://twitter.com/odanimisako



Posted by kame at 18:56:24Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE