日本地下音楽

日本のアングラ、インディーズシーンの自主制作音源(CDR等)を中心に、メジャーものまで日本の地下音楽の入荷状況、オススメ商品、またライブレポートなど含めて長々と殴り書きします。

 
 

SOUL FLOWER UNION インタビュー1

2010-12-07

13546.jpg くるり、あら恋、ビーチズなどがこぞって惚れ込むモンスターバンド、ソウル・フラワー・ユニオン!!!前作『カンテ・ディアスポラ』をリリース後、重量級のライブ盤『EXILE ON MAIN BEACH』、そして3枚のミニアルバム級のマキシ・シングルのリリースラッシュを経て、約2年ぶりの新作アルバムが遂に完成!!
紛れも無い最高傑作を作り上げたばかりで、レコ発ツアー間近のフロントマン・中川敬氏にインタビューさせて頂きました〜!!

<インタビュー:南(diskunion渋谷中古センター)森崎(diskunion営業部)>


-それではよろしくお願いいたします。

中川(以下:N)よろしく〜。最高傑作やね〜、『キャンプ・パンゲア』。

-早いですね(笑)。確かに、いつも仰られる様に、今作もやはり最高傑作だと本当に思います。今作は『キャンプ・パンゲア』と言うタイトル、そして曲にも<パンゲア><パンサラッサ>があり、それぞれギリシャ語で“パンゲア=全ての陸地”、“パンサラッサ=全ての海”と言う事だそうですが?

N:何億年も前、地球の大陸はくっついたり離れたりしていた。もちろん見て来たわけじゃないよ(笑)。3億年くらい前に今の大陸が全てくっついてて、その大陸の呼称を“超大陸”とか“パンゲア”とかいうんやね。マイルス(・デイヴィス)の『パンゲア』もそれ。語源は“全ての陸地”。まあ、アルバム・タイトルは相当後で付けたけども、最終的に『キャンプ・パンゲア』にしたっていうのは、ちょっとした遊び心も含んでいて、そんなに深刻に考えなくてもよろしい(笑)。

-先に<パンゲア>と言う曲が出来ていたんですね。

N:そう。アルバムタイトルはいつも最後まで悩む。今回、自分の唄をあとで振り返ってみると、ディアスポラ(=離散の意)、デラシネ(=郷失者の意)、“よそ者”、“マレビト”……、そういういわば“人間の移動”を唄っている。まあ、もちろん旅の人生でもあるし。だから俺の中では『カンテ・ディアスポラ2』って感じなんよね。ただ、それではBM tunesも売りにくいやろなってことで(笑)、考えたのがこのタイトル。野営地・パンゲア、とか、仮の宿・パンゲア、とか。まあ、新しい軍事基地を作ったっていう風にとってもらっても別にいい。呑み屋しかない軍事基地、9割女性(笑)。

-(笑)、1曲目の<パンサラッサ>はインストの曲ですが、インストとしては8曲目に<道々の者>と言うインストナンバーも収録されていて、これは流れを切り換えると言った意味合いも込められているんでしょうか?

N:そうなったね。いつもあらゆる曲順を試行錯誤して考え抜くんやけど、やはりアナログ世代、A面・B面的収め方に行き着くことが多いね。この<道々の者>を真ん中に置くアイディアは結構当初からあったかな。

-なんだかニューエスト・モデル(ソウル・フラワー・ユニオンの前身バンド)時代を思い出しましたよ。真ん中にこう言う感じでインストがあるって言う流れが。

N:リプライズ(14曲目<続・死ぬまで生きろ!>)についてもよく言われるけどね。<ソウル・フラワー・クリーク>(ニューエスト・モデル1992年作『ユニバーサル・インベイーダー』収録)ですね、って。でも、このリプライズはたまたま。
「あ、<ソウル・フラワー・クリーク>も、『サージェント・ペパーズ(・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド)』(The Beatlesの名盤)のリプライズも同じ位置やったな」ってあとで気付いたくらい。でも、そういう踏襲じゃなくて、曲順っていつも最終的に、映画的に落とし込むところがあって。今回で言うと、映画の最終シーンが<続・死ぬまで生きろ!>で、クレジット・ロールに<移動遊園地の夜>がくるというイメージが降りてきた。『サージェント・ペパーズ』も、リプライズの後に<ア・デイ・イン・ザ・ライフ>があって良かったねぇ(笑)。

-だからですかね、<死んだあのコ>や<再生の鐘が鳴る>もうそうですが、歌詞を読むとすごく映画的な情景が浮かんできますよね。

N:そんな狙ってるわけではないけどね。客観的に見ると、『ロロサエ・モナムール』(2005年作)以降、そういうタイプの曲が増えてきたとは思うね。書いてる時はそんなことはあんまり考えてなくて。自分の中にある記憶とか、心象風景みたいなものを1曲の中に複合的に混ぜちゃえ、みたいなところがあって。
<そら>(2003年作『シャローム・サラーム』収録)あたりもそうやけど、特定の1ヶ所や、特定の誰か1人の主人公じゃない歌詞構造にしようとしてて、そうすることによって普遍的な人生が浮かび上がってくるんじゃないか、っていう。
<死んだあのコ>も実は具体的に・・・ソウル・フラワーのファンの子がガンで亡くなったことがきっかけになって書き始めてはいるんやけど、ちょうど書いてる時に、沖縄戦や、米占領下の沖縄のことを調べてて、複数の主人公が楽曲に入り込んできた。子供を亡くした親の心情。胸一杯になりながら、一気に書き上げた。

-<死んだあのコ>の歌詞を読んでいると、前作に収録されている『海へゆく』(2008年作『カンテ・ディアスポラ』収録)に通じる何かを感じます。

N:なるほど。わからない(笑)。自分がどう変化してきたかとか、実はこうしたインタビューの場とかからいつも教えてもらってる。表現作法はどんどん変化してるとは思うけど、俺の中では、自分が出会ったものに対して、自分というフィルターを通して日常的に楽曲に落とし込むっていう作業をちゃんとやっとかなあかん、と思ってるだけで。日記書かないし(笑)。

インタビュー2へ


Posted by kame at 13:39:33 │Comments(0)TrackBack(0) | 日本地下音楽 TOP | 前の記事

この記事へのトラックバックURL

http://blog.diskunion.net/user/kame/kame/cwtb.cgi/13546

この記事へのコメント


■お名前
■メール
■URL

■コメント

TOP OF PAGE