授業をサボってトランジスタラジオで聴きたい日本のロック・J-POP

ディスクユニオンの日本のロック/J-POP担当スタッフが綴る新入荷商品やオススメ商品の紹介のブログ

May/2017
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
blog内検索
最新トラックバック
2大特典つき前売予約、受付開始!(Theピーズカーニバル”とりあえずここはいい気持ち”)
  うつみようこ&ヨコロコバンド「Rockability」
1972春一番BOX(見る前に跳べ)
  ブログ開始!
最新コメント
リンク集

Apartment「SPARKLE BICYCLE」

2008-07-15

9581.jpg  ザ・ビートルズ「ラバー・ソウル」、ピンクフロイド「夜明けの口笛吹き」から40年強。ここ日本で、一人宅録でこんなフワフワしたサイケでアシッドな音楽が生まれてしまう技術の進歩とaprtment=生井達也のセンスに脱帽。
 英語で歌う日本のアーティストに普段グッと来ないのですが、これはヤラレマシタ。kiiiiiiiのレイキンによるアートワークも◎。

(お茶の水駅前太郎/「disk unionスタッフが選ぶ日本のインディーズの55枚」より)

Posted by jpstuff at 20:15:48Comments(1)TrackBack(0) │その他

プラハデパート「CHECK!」

2008-07-15

9580.jpg  現在まで数多くのCD-R作品をリリースしてきたプラハデパートが遂にプレスCDをリリース。
 という訳でもないが、既発の曲もスッキリと聴き易くなり、でも混沌としているのが魅力かなと改めて思う次第。良い意味で音源とライヴの印象が違うのも惹かれる存在。

(中野店;南/「disk unionスタッフが選ぶ日本のインディーズの55枚」より)

Posted by jpstuff at 20:06:28Comments(0)TrackBack(0) │その他

渚にて「よすが」

2008-07-15

9579.jpg  ひとりの帰り道、ふと口づさむ「うた」がある。それぞれの「拠所」へと続く夜道に鳴らされるそれぞれのテーマソング。
 渚にて、久々の新作に込められたものはそんななんでもない、けれどどうしようもなく大切なもの。変わらないこととは、常に変わり続け生き続けていること、そのことを気付かせてくれる1枚。

★diskunion先着特典;未発表音源CD-R★

(お茶の水駅前店;佐藤/「disk unionスタッフが選ぶ日本のインディーズの55枚」より)

Posted by jpstuff at 20:01:11Comments(0)TrackBack(0) │その他

曽我部恵一BAND「キラキラ!」

2008-07-15

9578.jpg  「待望」という言葉がこれほどまでに似合うアルバムがあったでしょうか!待ち焦がれた「曽我部恵一バンド」としての初のスタジオフルアルバム。
 先行シングル「魔法のバスに乗って」やサニーデイ時代の名曲「青春狂走曲」を含む全12曲。汗が飛び散るこの全力加減がまさにバンド!今年の夏も各地で大暴れします。オススメ!

(新宿本館日本のロック・インディーズ館;松岡/「disk unionスタッフが選ぶ日本のインディーズの55枚」より)

Posted by jpstuff at 19:43:13Comments(0)TrackBack(0) │その他

Quinka ,with a Yawn「FIELD RECORDINGS」

2008-07-15

9577.jpg  暮らしの中に溶け込む、優しい音の粒。「あしたま」のテーマ曲や数々のCMソングを手掛ける青木美智子のソロユニット。
 3作目となる今作は大自然の中で制作。生の鳥の声や風の音などもそのまま収録、壮大且つ素朴なサウンド。絵の見える、風景の感じられる柔らか音楽です。子供の子供の世代にまで聴いてほしいなぁ。

(神保町店;久保/「disk unionスタッフが選ぶ日本のインディーズの55枚」より)

Posted by jpstuff at 19:35:07Comments(0)TrackBack(0) │その他

「disk unionスタッフが選ぶ 日本のインディーズの55枚」2008年夏版完成いたしました!

2008-07-15

昨年も作成してご好評いただきました、
「disk unionスタッフが選ぶインディーズの○○枚」シリーズ08年夏版。今回は前回以上のボリュームの55枚です。

diskunionインディーズ取扱店にて無料配布中。是非お手にとって新たなインディーズ商品との出会いにご活用くださいませ!

(お茶の水駅前太郎)

Posted by jpstuff at 19:06:34Comments(0)TrackBack(0) │その他

ぱぱぼっくす「僕のものになれ」

2008-07-05

9529.jpg  関西が、そして日本が誇る「うたもの」ロックバンドの至宝ぱぱぼっくすが、活動10年目にして実に4年ぶりとなるフルアルバムを完成させました。

 今作はドラムたかだまさふみの正式メンバーとして初のアルバムとなり、また新たな彼らの旅路を刻み込んだ渾身の1枚になっています。
 表題曲「僕のものになれ」は、いつの時代にも古びない懐かしくも普遍的な「みんなのうた」として聴き継がれていく名曲に仕上がっています。そして、オフコースの名曲「水曜日の午後」のカバーや切実さに溢れたラストを飾る「きこえるかな」など充実の短編集として読み応え、聴き応え充分の傑作。

 おとぎ話前野健太など次世代の若手ミュージシャンからも絶大な支持を受ける彼らの、唯一無二の「うた」と「メロディー」、ぜひ堪能してください。

★ディスクユニオンオリジナル特典★
 お買い上げ先着にて、ボーカルさわだともこ超絶弾き語りDVD-Rをお付けいたします。

さらに、

★ディスクユニオンお茶の水駅前店限定スペシャル特典★
 こちら激先着にて、さわだともこ直筆メッセージカードと特製ステッカーをお付けいたします。
※数にとても限りがございます、ご了承くださいませ。


(お茶の水駅前店;佐藤)

ぱぱぼっくす ボーカルさわだともこミニ・インタビュー(初出『トランジスタラジオで聴きたい日本のロック便り』6月号)は続きをどうぞ→

Posted by jpstuff at 14:04:03Comments(0)TrackBack(0) │その他

まつきあゆむ「まつきあゆむ」

2008-05-20

9287.jpg  昨年9月からMYSPACEのサイト上で毎週月曜に宅録した新曲を発表するという「新曲の嵐」で話題を呼んでいる、まつきあゆむの渾身の新譜。その名も『まつきあゆむ』が完成しました!

 バンドで見せるロックンロールへの熱い情熱とともに宅録でしか表現できないある種の精緻さが見事に融合した、新しくも懐かしい、正しく普遍的なポップミュージックの誕生を告げる快作の誕生です。

★ディスクユニオンオリジナル特典★
こちらお買い上げ先着で、オリジナルDVD-Rを差し上げます!(さらにメーカー特典ステッカーも!)

さらに、
★お茶の水駅前店限定スペシャル特典★
お買い上げ先着で、まつきあゆむ直筆サイン入りポラを差し上げます!

(お茶の水駅前店;佐藤)

Posted by jpstuff at 19:37:46Comments(0)TrackBack(0) │その他

shibata emico「in the night」

2008-05-13

9239.jpg  夜の帰り道、一人口ずさみたくなる歌がそこにある。尽きない思いが夜空に消えていく、今夜も、そして明日も明後日も。思いは、歌ととともにいつまでも生き続ける。

 山形県酒田市出身、現在は東京在住のシンガーソングライターshibata emicoの1stフルアルバムを聴きながら、東京の夜をひとり歩いてみたくなる。まちの灯りが少しずつ色を変えるように、彼女の歌声もそのときそのときの感情によって彩りが変わっていく、夜の闇を照らすライトのようなあかりとともに。
 昨年3月、彼女としては初作のミニアルバム『シーズン・ソングス』を発表。三輪二郎がギターで参加しているなどバンドサウンドがメインの作品であった。しかし、今回は全編彼女だけの弾き語りで歌とピアノ/歌とギター/歌とローズピアノ/のいずれかで構成されている。

 今作はタイトルにもあるように「夜」をテーマとした楽曲、通低音としての「夜」が常にある。昼と夜、明と暗はいつも寄り添って離れない。愛し合う恋人同士のような間に生まれる光。それが彼女の歌を聴いていると感じることができる。

(お茶の水駅前店;佐藤)

shibata emicoミニ・インタビューに つづく→→

Posted by jpstuff at 16:29:58Comments(0)TrackBack(0) │その他

平井正也とガイコツ楽團スペシャル「今夜はすてきな三にんぐみ!」

2008-05-13

9238.jpg  2007年12月22日に祖師ヶ谷大蔵cafe MURIWUIでのライブの模様を臨場感溢れるサウンドで録音したCD-R。

 前回のライブ盤の2人<平井正也(マーガレットズロース)、渡辺勝>に加え、今回はふちがみとふなと船戸博史がウッドベースで参加!一気にカラーが変わった冬らしいグッと来る演奏になっています。

 この3人で繰り広げられる平井正也ソロの曲、マーガレットズロースの曲、そしてふちがみとふなと「博学と無学」のカヴァー。最近のライブ盤にはあまりない、60年代のアーティストのライブ盤のような、なんとも豪華な空気を味わいながら珈琲を飲みたくなる1枚。なのに税込\1,050。

 この3人でのスタジオ録音盤が作られることに淡い期待を寄せずにはいられません。

(お茶の水駅前太郎)

Posted by jpstuff at 16:19:42Comments(0)TrackBack(0) │その他
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited