ゴダイゴ ブログ はるかな旅へテイキングオフ

ゴダイゴの軌跡は銀河鉄道999 モンキー マジック ガンダーラ ビューティフル ネーム ホーリー&ブライトなどのヒット曲だけでは語りつくせない!その幅広い魅力を広めるため金斗雲に乗ってやってきた音楽ブログ!結成30周年を機に果たされた本格的再始動を思いッきりセレブレイションしながら「ゴダイゴこそ俺たちのスペースオペラだ!」を合言葉に未CD化作品復刻、未発表音源や未発表映像の蔵出し…という目標を「どこかにあるユートピア」と信じて、ゴダイゴ周辺のいろいろな話題でアナタと旅していきます。さあ、WEST TO INDIA!

なつの組(ミッキー吉野+竹越かずゆき)、タケカワユキヒデ、8月は2タイトルが堂々リリースです!

2010-07-28

13065.jpg さてさて!いよいよ8月4日に発売が迫りました「なつの組」のデビューシングル「YES,I WILL.../笑顔取り戻すまで」完成品も納品され、あとは発売日を迎えるばかりとなりました。"YES,I WILL..."のほうは昨年のゴダイゴ@C.C.レモンホール公演でも演奏された楽曲です。竹越かずゆきさんのPOPな歌声をじっくり堪能できますのでぜひチェック!

そして「笑顔取り戻すまで」のほうはミッキーさんらしいアレンジ/メロディが炸裂する、明るさと切なさを同時に兼ね備えた絶妙なPOPチューン。メッセージソング的な解釈も可能でありながら、決して押し付けがましくなく、聴き手にそっと寄り添うような質感のミッキーさんによる歌詞は、日々をひたむきに頑張ってる大人たちに効能アリ!「矛盾は飲み込めるのさ」!

さらに本作の大きなトピックとして注目なのが、近年ミッキーさんと親交の深い蛭子能収さんによる個性的なイラストをフィーチャーしたジャケットです。もちろん原画を拝見した際にそのインパクトにスタッフ一同「おお!」と声をあげてしまいましたが、実際の商品パッケージとなって沸き起こる「画力」はさすが!楽曲の持つそこはかとないせつなさのイメージにぴったりです。

【絶賛予約受付中!ミッキー吉野&竹越かずゆきによる新ユニット「なつの組」デビューCD 8/4発売予定!こちらをクリック!】

もう一方のタケカワさんの記念すべき「ホームレコーディング・デモ」シリーズの第1弾。マスタリング、印刷データ入稿も無事に完了あとは完成を待つばかり…といった状況です。写真は印刷校正紙サンプルを切り取ってCDケースにはめ込んだモノです。このジャケもまたインパクトあります。待望のVOL.2は9月下旬発売予定ですでに制作進行中です。収録内容等の詳細は間もなく発表の予定です。どうぞご期待ください!

【2010年8月25日発売予定 GMT-022『タケカワユキヒデ / HOME RECORDING DEMO ARCHIVE SERIES VOL.1』絶賛予約受付中!ディスクユニオンだけのオリジナル特典はCD本編に未収録のデモ音源「PASSING PICTURES(チェロ入りミックス)」を収録したスペシャルCD!こちらをクリック!】

"G-matics"ツイッターはじめました!

2010-07-13

13017.jpg ゴダイゴ関連音源復刻専門レーベルG-maticsのアカウント取得しました。これから新譜情報はもちろん、制作日誌的な内容をどんどんつぶやいていく予定です!

ということでFOLLOW US IN TIMEのほどお願い申し上げます!

http://twitter.com/Gmatics

キタキツネ物語ALTERNATE SOUNDTRACKS 発売まであと約1ヶ月!

2009-05-28

11117.jpg 告知開始以来、たくさんの反響を頂いておりますキタキツネ物語 ALTERNATE SOUNDTRACKS + タケカワユキヒデ/HOME RECORDING DEMO IN 1978ですが6/24の発売日までいよいよ1ヶ月を切りました。制作のほうも大詰めとなり、ブックレット、帯、インレイの紙まわりのサンプルが完成(画像参照)、ひとり眺めながらニヤニヤと悦に入っております。

肝心の音源もマスタリングが終了。コロムビア盤のサントラをすでにお持ちの方にこそ、なお一層楽しんでいただける内容になっていると確信しております。予約数には限りがありますので、特典付きでの商品確保をご希望の方はご予約のほうをお急ぎください。お問い合わせも多数頂いておりますが、上記クリックページで「売切」の表示が出ていなければ特典付での確保が可能です。

"G-matics"から初の新録音源リリースとなる EnTRANS(エントランス)/We,Usもご予約受付中!

こちらもお問い合わせ多数頂いております「不思議の国のアグネス」については間もなく!詳細発表の予定となります。いましばらくお待ちくださいませ!

ディスクユニオン特典完成!タケカワユキヒデ紙ジャケ6タイトル間もなく発売!

2008-11-19

10164.jpg タケカワユキヒデ復刻6タイトルの製品仕様版、そしてディスクユニオン・オリジナル特典「走り去るロマン」ボックス+「走り去るロマン」1979年版レプリカ紙ジャケット+帯、ついに納品されました。皆様のお手元にきちんと発売日にお届けすることが出来ます!…というわけでオリジナルLPジャケットをバックに記念撮影してみました。

企画を進行させて頂きました側のワタクシが言うのもナンですが、本体/特典ともに「モノ」としての所有欲を大いに駆り立てられる逸品に仕上がっております!最新マスタリングによるタケカワさんのサウンドを聴きながら、視覚もフル稼働させながら各タイトルの作品を存分にお楽しみ下さい!

オリジナル特典付きでのセットは売切が予想されます。もしもお悩みのようでしたらお早めにどうぞ!特典は追加生産はございません。初回生産分が無くなり次第終了となります。

そして週末に控えるはゴダイゴの名古屋公演&渋谷公演!現在ミッキーさん音楽の映画「ハッピーフライト」のサントラを聴きながら自身の気分をクールかつ"FLY HIGH"モードにスイッチング中!怒涛のGウィークに気分高揚!

タケカワユキヒデ紙ジャケ6タイトル ディスクユニオンだけのオリジナル特典イメージ画像解禁!

2008-11-05

いよいよ11/21の発売が迫る!タケカワユキヒデ名作紙ジャケ6タイトル!全タイトルを同時にお買い上げの方にはスペシャル特典をご用意しております!…そしていよいよトゥナイト!そのイメージ画像をハレルヤ!と公開致します。現在ご予約殺到中!先着限定となりますのでお早めにどうぞ…

ディスクユニオン・オリジナル特典は豪華W特典!タケカワユキヒデ紙ジャケット復刻6タイトルをまとめてお買い上げのお客様に「走り去るロマン<紙ジャケ収納BOX+レプリカ紙ジャケット+帯>セット」を先着で差し上げます!

(W特典-その1)「走り去るロマン」ボックス

同時発売の6タイトルを収納可能なボックスです。1975年版「走り去るロマン」青文字レタリングのセカンドプレス仕様ジャケットと、1978年版「走り去るロマン」アメコミ風ジャケットをあしらったリバーシブルデザイン!アナタの愛蔵盤となる6枚のCDコレクションを"NOW AND FOREVER"大事に保存する上で欠かせない、究極の収納アイテムです!

(W特典-その2)「走り去るロマン」1979年版レプリカ紙ジャケット+帯
ゴダイゴ全盛期に再発売された1979年版仕様「走り去るロマン」LPジャケット&帯を可能な限りオリジナルに忠実にミニチュア復刻!なんと帯裏の「ゴダイゴ・ディスコグラフィー」まで偏執狂的に再現します!※ライナー復刻は付属しません。

⇒ディスクユニオン(特典「走り去るロマン<紙ジャケ収納BOX+レプリカ紙ジャケット+帯>セット」)にてお買い上げの方はコチラをクリック!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

●"G-matics"が所属するDIW PRODUCTSオンラインショップでも限定オリジナル特典アリ!
「タケカワユキヒデさん直筆サイン入りスペシャルポスター(数量限定、先着)⇒お買い上げの方はコチラをクリック!

タケカワユキヒデさんをセレブレイティン!"月夜のハッピー・バースディー"!

2008-10-22

10008.jpg タケカワユキヒデさん、お誕生日おめでとうございます(七色のリボンで飾られた部屋にて)!この好き日に我々G-maticsが制作を進行させて頂いておりますタケカワさんのコロムビア在籍時の名作ソロアルバム6タイトルの発売までいよいよあと1ヶ月!…というタイミングもあわせて迎えているワケなんでございます!

制作のほうは順調です!ジャケット周りの最終調整はほぼ終了。今回ご紹介の画像は色味校正の途中段階の出力用紙。商品付属の帯については従来の復刻作品パターンと同じく、オリジナルLP時代のデザインを尊重したものとなります。「ドント・ターン・バック」については見開きジャケット仕様、「ハロー/グッドナイト」については'80年代にポピュラーだった"シール帯"をそれぞれ再現する予定です。旧仕様のCDを大事にお持ちの方にも損はさせない作りとなっております。マスタリングのほうもすでに完了しており、音質のほうも21世紀仕様のクリアーなサウンドになっております。ハートフルな作品をリッチな仕様でエンジョイできるまであと1ヶ月…どうぞお楽しみに!

タケカワユキヒデ紙ジャケット復刻6タイトルをまとめてお買い上げのお客様には…もちろん特典をご用意しております!

●ディスクユニオン・オリジナル特典!
「走り去るロマン<紙ジャケ収納BOX+レプリカ紙ジャケット>セット」⇒お買い上げの方はコチラをクリック!

●"G-matics"が所属するDIW PRODUCTSオンラインショップ限定オリジナル特典!
「タケカワユキヒデさん直筆サイン入りスペシャルポスター(数量限定、先着)⇒お買い上げの方はコチラをクリック!

●2008年11月21日 同時発売 各タイトル¥2,500(税込)●紙ジャケット仕様●2008年最新マスタリング音源採用 ●オリジナル・インサート復刻(GMT-013のぞく)

●GMT-009 走り去るロマン(PASSING PICTURES)
(1975年作品/初回ジャケットでは初CD化!)


1975年1月発表タケカワユキヒデ栄光のデビュー・アルバム。自作曲を英語で歌うことにこだわりぬいた情熱とその抜きんでたメロディ・メイカーとしての資質をプロデューサ−、ジョニー野村に見出された。作詞は奈良橋陽子が担当、制作時に難航していた録音作業をきっかけにミッキー吉野が参加、後のゴダイゴ結成に繋がる運命的な出会いが凝縮された側面ももつ日本POPS史上屈指の重要作品。"本当の自分の歌を唄いたい"というリアルな想いが詞に託された「ぼくのドリーム」、沢田研二がライヴでカバーした「夜の都会」など、全曲みずみずしい感性に裏打ちされた純度の高い極上メロディの応酬!ほとんど市場に出回ることがなかった幻の初回ジャケット仕様での復刻。「ぼくらのしあわせ(HAPPINESS)」は初期バージョンにプラスしてゴダイゴによる演奏の再録音テイク(1979年)を同時収録!
《収録曲》1.ぼくのドリーム 2.いつもふたり 3.夜の都会 4.走り去るロマン 5.ラッキー・ジョー 6.雨に踊る少女 7.ふたりの童話 8.霧の尼僧 9.君のひとこと 10.ぼくらのしあわせ 11.スポットライト 12.白い小鳥 13.ハピネス(英語バージョン/演奏:ゴダイゴ)

●GMT-010 レナ(LYENA)
(1980年作品/15年ぶりプレスCD復刻!)


1980年7月発表。それまでに作曲した作品から厳選された8曲を収録。当初はあおい輝彦に「サヨナラ・マイ・ラブ」として提供され、初期ゴダイゴのステージやドラマ「男たちの旅路」劇中で演奏されていた名曲「あの頃」、ストリングスによる伴奏がメロディラインの繊細さを際立たせる「天使の翼」や「レナ」、西遊記の三蔵法師がもし女性だったら…という設定での世界観を歌詞にしたという「愛のフィーリング」、文字通りタケカワの多重コーラスによるエンディング間際の展開が圧巻の「ふたりのコーラス」などを収録。全曲ともに作詞は奈良橋陽子、アレンジはミッキー吉野/岸本博が担当。同時期のゴダイゴ作品とは異なる傾向の質感が見事にサウンドで演出されている。プレスCDでの復刻が特に待ち望まれていた名盤。
《収録曲》1.あの頃 2.天使の翼 3.レナ 4.カサブランカ・レディー 5.愛のフィーリング 6.ファイナル・ショー 7.アフター・ザ・レイン 8.ふたりのコーラス

●GMT-011 白い街角(EMPTIEST FEELING)
(1983年作品/25年越し遂に初CD化!)


1983年1月発表。"武川行秀"と漢字表記のアーティスト名義でリリースされた。前作までとは一転して日本語詞によるシティポップス調の楽曲に比重を置いた異色のアルバム。シングル・カットもされたタイトル曲「白い街角」、ゴダイゴのアルバム「M.O.R.」に提供した「ピアノ・ブルー」のカバー・バージョン、浅野孝己によるヘヴィなギタープレイが印象に残る「ロッカ・バイ・ナウ」、唯一の英語詞で安堵感あふれるメロディーが紡がれる「グレープ・シード」ほか収録。当時、活動を共にしていたタリスマンによる演奏。ミッキー吉野がアレンジで参加した最後のアルバムとなった。長らく入手困難な状況が続いていた中、待望の初CD化が遂に実現。
《収録曲》1.白い街角 2.ソー・ベイビー 3.ピアノ・ブルー 4.月夜のバースディー 5.ロッカ・バイ・ナウ 6.涙のレモン・ドロップス 7.さよならのラブレター 8.エンドレス・ロード 9.ハード・ワールド 10.グレープ・シード

●GMT-012 泥棒日記 (journal du voleur)
(1984年作品/24年越し遂に初CD化!)


1984年8月発表。前作に続いて"武川行秀"の漢字表記アーティスト名義でのリリース。コンピューターによる打ち込みサウンドを効果的に導入しながらも独自のPOPセンスを意欲的に展開した作品。ゲスト参加の高崎晃(ラウドネス)が凄まじいギターソロを聴かせる「トゥナイト」、テクノポップ調のアレンジで転調も鮮やかに迫る「ホット・ナイト」、メロディがミニマル的に繰り返される中で多彩なリズム楽器がじわじわと迫る「傷ついたハートひきずってLOVE YOU」、全曲が日本語詞による楽曲で構成されている。今こそ再評価されてしかるべきのMTV時代当時の雰囲気をたっぷりと含んだ絶妙なPOP感覚が満載!長らく入手困難な状況が続いていた中、待望の初CD化が遂に実現。
《収録曲》1.トゥナイト 2.ホット・ナイト 3.グッド・ガール 4.ユー 5.ローラ 6.傷ついたハートひきずって LOVE YOU 7.テイク・ア・チャンス 8.スィンキング・オブ・ユー

●GMT-013 ドント・ターン・バック(DON'T TURN BACK)
(1986年作品/22年ぶりCD復刻!見開きジャケット復刻)


1986年1月発表。ソングライターとして幾多のアーティストに提供した楽曲の数々の中からセルフカヴァーしたトラックを中心に構成されたアルバム。浅野孝己によるギター以外はすべて打ち込みで演奏されている。高倉健主演映画「夜叉」のテーマ曲としてナンシー・ウィルソンに提供した「ウィンター・グリーン・アンド・サマー・ブルー」、アニメ「うる星やつら」の主題歌「ロック・ザ・プラネット」(テレビ版)、「ボーン・トゥ・ビー・フリー」(映画版)、中森明菜の「ピアス」を改題した「ディス・タイム−イッツ・フォーエヴァー」、中村雅俊に提供した「アイム・ミッシング・ユー」、「ユー・ブリング・ザ・レイン」などを収録。長らく入手困難な状況が続いていた中、22年ぶり待望のCD復刻が遂に実現。
《収録曲》1.ウィンター・グリーン・アンド・サマー・ブルー 2.ラヴ・イズ・フォー・フリー 3.ターン・バック 4.ロック・ザ・プラネット 5.デュエット 6.ボーン・トゥ・ビー・フリー 7.ディス・タイム-イッツ・フォーエヴァー 8.アイム・ミッシング・ユー 9.ユー・ブリング・ザ・レイン

●GMT-014 ハロー/グッド・ナイト(HELLO/GOOD NIGHT)
(1987年作品/21年ぶりCD復刻!)


1987年2月発表。それまでのキャリアから厳選された新旧レパートリーのセルフカバーを散りばめて構成されたハートウォーミングな作品集。中森明菜に提供した「SOLITUDE」を英語でセルフカバーした「DON'T OPEN UP TO STRANGERS」、深町純によるピアノ演奏が新たな息吹をあたえた「I CAN BE IN LOVE, TOO」、ディズニー映画「リターン・トゥ・オズ」のテーマ曲として生まれた「KEEP ON DREAMING」、自叙伝的な歌詞が胸を打つ「I BELIEVE IN MUSIC」などを収録。中西俊博(バイオリン)、伊勢正三(ギター)などの凄腕ミュージシャンによるアコースティックな質感をたたえたサウンドと、タケカワユキヒデのボーカルとが絶品の相性で光る充実作。21年ぶり、待望のプレスCD復刻。
《収録曲》1.HELLO 2.I CAN BE IN LOVE, TOO 3.MY SUMMER GIRL 4.EMPTIEST FEELING 5.LYENA - DON'T OPEN UP TO STRANGERS(Solitude) - LYENA 6.IT'S GOOD TO BE HOME AGAIN 7.TRULY ME 8.KEEP IT MOVING GIRL 9.THINKING OF YOU 10.KEEP ON DREAMING 11.I BELIEVE IN MUSIC 12.GOOD NIGHT

●ディスクユニオン・オリジナル特典詳細!
タケカワユキヒデ紙ジャケット復刻6タイトルをまとめてお買い上げのお客様に「走り去るロマン<紙ジャケ収納BOX+レプリカ紙ジャケット>セット」を先着で差し上げます!

(1)「走り去るロマン」ボックス
同時発売の6タイトルを収納可能なボックスです。1975年版「走り去るロマン」青文字レタリングのセカンドプレス仕様ジャケットと、1978年版「走り去るロマン」アメコミ風ジャケットをあしらったリバーシブルデザイン!

(2)「走り去るロマン」1979年版レプリカ紙ジャケット
ゴダイゴ全盛期に再発売された1979年版仕様「走り去るロマン」LPジャケット&帯を可能な限りオリジナルに忠実にミニチュア復刻!なんと帯裏の「ゴダイゴ・ディスコグラフィー」まで再現します!※ライナー復刻は付属しません。

●さらにタケカワ氏所蔵デモテープをアーカイヴした未発表作品集商品化も企画進行中!詳細は決定次第お知らせ致します。

幻の音源が遂に解禁!ミッキー吉野 発掘&復刻アルバム3タイトル遂に発売開始!そして明日は"G"ナイト!

2008-09-25

9906.jpg 38年の時を越え、熟成のサウンドが遂に解禁!そう!ミッキー吉野アルバム3タイトル遂に入荷しました!ご覧のとおりディスクユニオン神保町店1Fでは今回も猛プッシュで全力大展開中!なんと今回はミッキーさん直々に書いていただきましたサインをドドーン!と飾らせていただいております!試聴機では一足早く11/21発売予定タケカワさんの復刻6タイトルからのダイジェスト音源を聴く事が出来ます。ぜひお立ち寄りください!

さてさて今回のアルバムの発売の内容も含めて"磯子マガジン"さんにてミッキーさん特集のインタビュー記事が掲載されています!実は先日おじゃました本牧JAZZフェスティバルの時に行われたこのインタビューの際にたまたま近くにおりましたワタクシも、大変恐縮ですがコメントをさせて頂いております。

いよいよ明日に迫った今回のミッキーさんアルバム発売記念イベント"G-maticsナイト"のことにも触れて頂いております。読み応えのある力作特集ですのでぜひご覧になってみてください!

磯子Magazineミッキー吉野さんにインタビュー!

というわけで実は現在も最終準備に追われております。もうジタバタしても仕方ありませんね。着々と仕込んだネタや仕掛けのパワーの強力さにアグラをかいて(?)ワタクシ自身、たっぷり楽しませてもらっちゃおうと開き直ってます!当ブログでもたくさんの方々より参戦表明をいただき大変嬉しく思っております。明日アナタとお会いできることを心より楽しみにしております!皆さんでとびきりの夜にしましょう!では歌舞伎町のド真ん中で7時に!!

ミッキー吉野ソロアルバム3連発、間もなく発売!試聴できるようになりました!

2008-09-22


発売日まであと数日!9/26発売予定ミッキー吉野紙ジャケット3タイトル!ディスクユニオンのトップページではバナー設置中。そして特設ページも出来ましたのでぜひご覧になってください!さらに"ME & '70s"のほうはナント全曲試聴可能となっております!「もうどうしても待ちきれない!」というアナタは今すぐボタンをポチっとな!

G-maticsナイト@新宿ロフトプラスワンのほうも間もなく開催です!果たしてナニが飛び出すのか…?ゴダイゴ・ファンのアナタにとってとびきりの夜にしたいと思っておりますので、可能な方はぜひぜひいらっしゃってください!

また浅野さん関連のアルバム 浅野孝己 / MOSRITE GUITAR FANTASY THE DREAM COLLABORATION WITH TAKAMI ASANO GUM2(浅野孝己) / HOSHI NI NEGAI の2タイトルもディスクユニオンにて販売開始致しました。こちらもぜひどうぞ!

ミッキー吉野 紙ジャケCD 3タイトル、いよいよ現物完成!もうすぐ発売です!

2008-09-14

9846.jpg 早いもので発売までいよいよあと2週間を切りました…9/26発売予定ミッキー吉野紙ジャケット3タイトルの完成品が無事に納品されました!Yeah!制作の実作業はお盆前にほぼ終了していたので、この完成品が手元に来るまでは「人事を尽くして天命を待つ…」状態だったのです。

もちろん頭の中では完成品をイメージして作業進行しているんですが、いざモノホンを手にすると…感無量です。平面の展開図上で色味確認チェックしていた紙ジャケットの方はプロダクツとしての質感が立体的になり、主役となる肝心の音の方もCD-Rで最終チェックしていたマスタリング済音源よりも、実際のプレスCDで聴いたもののほうが1枚ベールがはがれたようなクリアな印象のサウンドに感じることができました。

コレすなわち、楽しみにお待ち頂いている皆さんに自信を持ってお送りすることができるということに他なりません!どうかご期待下さい。

今回の3タイトルはすべてイラストが印象的なデザインのジャケットですね。「アメリカン・ロード」は山下達郎さんの「COME ALONG」ジャケや、かつてのFM STATION世代には涙モノの鈴木英人さん、「ロングウェイ・フロム・ホーム」は世紀の名優ショーケンこと萩原健一さんの作品。なんといっても難産だったのが復刻作品ではない「ミー・アンド・セブンティーズ」です。

新録音作品ではないけれど、初めて世に出る音源だけを収録した作品…ということでメインのデザインについては「ミッキーさんアーティスト生活40周年の時間経過が表現されていて、1970年代初期"ニューロック"感のある雰囲気をにじませつつ、幻のアルバム的イメージが漂いながらも古臭さはないような…」という、言葉だけでは着地点の見えようがない、無茶振りにも程があるワタクシの要求を、ミニー吉野画伯のイラストを効果的に交えてズバリ表現してくださったデザイナーのUさんにはホントに感謝!ぜひじっくり眺めながら本編を聴いて頂ければと思います。

あえて今回は写真には載せませんでしたが、裏ジャケや見開きの内側もおもしろいデザインになっていると思いますので、ぜひお手にとってご確認を!渾身の編集で進行した16ページブックレットにはミッキーさん直々の貴重な解説や当時の写真を多数掲載しており、こちらも見応えのある仕上がりです。今まで謎(?)に包まれていたミッキーさんの70年代における活動の軌跡がかなり立体的に捉えられるはずのアイテムですので、日本ロック史に一石を投じるつもりで鼻息も荒く、あらためて全身全霊で大スイセン致します!

最後にタレコミ情報!タケカワユキヒデさんがパーソナリティを務めるUSEN 昭和ちゃんねる(I-40)『知らないだろう?』(毎週金曜日、1日に4時間番組を6回放送/1ヶ月ごとの更新)。毎回音楽界の著名人をゲストに招いて進行する長丁場トーク番組ですが、なんと!ミッキー吉野さんがゲストで出演するとのこと!しかも気心の知れたふたりのトークは大いに盛り上がり、当初の収録予定を軽くオーバー、2回分の放送になるとか?(…って4時間番組なのに!)「タケによるミッキーへのインタビュー」…コレはゴダイゴ・ファンならずとも驚きの歴史的な快挙!好企画にも程があるデショ!可能な方はぜひチェックを!

ゴダイゴ・ファンには楽しみの多い秋です!

9/26発売 ミッキー吉野/紙ジャケ3タイトル、ディスクユニオンだけのオリジナル特典CD詳細決定!

2008-08-19

9/26発売予定ミッキー吉野/紙ジャケ3タイトル同時お買い上げでディスクユニオンだけのオリジナル特典企画は「未発表音源収録CD ディスクユニオン・バージョン」!収録内容詳細を発表いたします!

1.My Love Only For You (愛する君に) 2:46
ミッキー吉野、栄光のアーティスト生活40周年の原点となったゴールデン・カップスの名曲"愛する君に"。2000年当時に福岡地方で放送された出演番組のオープニングを飾った、ミッキー吉野自らが歌う幻のカバー・バージョンを初音源化!

2.MIRACLE (Instrumental Version) 6:26
ゴダイゴ時代に作られたおなじみのナンバー。ミッキー吉野(ピアノ)、樋口晶之(ドラムス)、宇都冬彦(ベース)、小塚泰(ギター)の凄腕メンバーにより'90年代前半に録音された超絶技巧の応酬セッションによるインストゥルメンタル・アレンジ仕様。今回が初公開となる強力秘蔵音源!

特典は数に限りがございます。お早めのご予約をオススメ致します!

ミッキー吉野 特典付まとめ買いセット 絶賛ご予約受付中!こちらをクリック!

追伸:9/26(金)開催予定"G-maticsナイト"の前売りチケット開始は8月中旬とお伝えしておりましたが、現在引き続き調整中となります。詳細決定次第続報をお伝えしますので今しばらくお待ち下さいませ!

ミッキー吉野アルバム3タイトル発売記念イベント"G-maticsナイト"開催のお知らせ!そして…

2008-08-09

9695.jpg 当ブログ、ディスクユニオンのサイトほかでミッキーさん40周年記念アルバム+復刻関連情報を告知開始以来、各方面よりたくさんの反響を頂きましてありがとうございます!制作側としてもあらためて身を引き締めております。実際の制作作業もかなり大詰めとなってきてます。こちらのブログでこまめに経過をお伝えして行きますのでチェックのほどを!

というわけで、今回掲載しました画像は完成ホヤホヤ今回の3タイトル販売分のプロモーション用フライヤーです。"Me & '70s"のジャケットデザインにもモチーフとして使用させて頂いている新婚ホヤホヤのミニー吉野画伯によるインパクトのあるイラストを拝借してかなり挑発的なアプローチで仕上げてあります!各レコード店に来週あたりから配布される予定です。で、このフライヤーの裏面には掲載されているんですケド…新規情報をここで発表しちゃいます!

(新規情報その1!)
9/26(金)"G-maticsナイト"開催決定!

場所:新宿ロフトプラスワン OPEN/18:00 START/19:00 前売り¥2000/当日¥2300(+ドリンク)※時間/入場料は予定のため変更の可能性があります。前売りチケット開始は8月中旬を予定しております。詳細決定次第続報をお伝えします! 

【イベント概要】
日本が誇るスーパー音楽制作集団“ゴダイゴ”の貴重な音源を復刻し続けるレーベル“G-matics”が「ミッキー吉野デビュー40周年&幻のソロ作品3タイトル発売」を記念して行うイベント、その名 も「G-matics ナイト」!発掘作業の経過報告がてらの(秘)音源の数々を肴にゴダイゴを語りつくす一夜。スペシャル・トークゲストに御大ミッキー吉野氏も登場!イベント会場限定Tシャツの販売もあります。コアなゴダイゴマニアから最近ファン になった若いファンまでMANZOKUする夜になること確実!

(新規情報その2!)
タケカワユキヒデ名作ソロアルバム6タイトル"G-matics"より紙ジャケ復刻決定!

「名曲しか書けない男」タケカワユキヒデのコロムビア時代のソロアルバム6タイトル(「走り去るロマン」、「レナ」、「白い街角」、「泥棒日記」、「ドント・ターン・バック」、「ハロー/グッド・ナイト」)近日発売決定!さらにタケカワ氏所蔵デモテープをアーカイヴした未発表作品集も企画進行中!

…という2連発です。トークイベントの方はハズカシながらワタクシめが当日の司会進行役を務めさせて頂きます。「いやあ、ココだけの話!」、「んもぉ〜!今日のお客さん、運がいい!」…のお約束フレーズをなるべく盛り込むためには多少の"反則技"も飛び出すかもしれませんヨ!アナタがゴダイゴのファンであれば絶対に損はさせませんので(あ〜ハードル上げちゃった!)ご都合の付く方は是非是非遊びに来てください!

タケカワさん復刻については現状11〜12月ごろを予定しております。特典も…もちろんやらないワケにはいかないでしょう!予約受付は現状ではまだ行っておりませんのでご了承下さい。こちらも情報を随時お伝え致します。

とにかく今後もあのテこのテで色々と盛り上げて行きたいとあらためて燃えております。コンセプトは引き続き「正しく強く!」

blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited