ゴダイゴ ブログ はるかな旅へテイキングオフ

ゴダイゴの軌跡は銀河鉄道999 モンキー マジック ガンダーラ ビューティフル ネーム ホーリー&ブライトなどのヒット曲だけでは語りつくせない!その幅広い魅力を広めるため金斗雲に乗ってやってきた音楽ブログ!結成30周年を機に果たされた本格的再始動を思いッきりセレブレイションしながら「ゴダイゴこそ俺たちのスペースオペラだ!」を合言葉に未CD化作品復刻、未発表音源や未発表映像の蔵出し…という目標を「どこかにあるユートピア」と信じて、ゴダイゴ周辺のいろいろな話題でアナタと旅していきます。さあ、WEST TO INDIA!

「小さなスーパーマン」の大きな影響力

2007-05-25

7084.jpg ガンバロンのCDがいよいよ店頭発売となりました。お手元に届きました皆様、お楽しみ頂いておりますでしょうか・・・?おかげさまでディスクユニオン通販分は完売、オリジナル特典付き分の商品は各店舗での販売分で終了となります。お早めにどうぞ・・・

幻の呼び声も高い当時のLPをお持ちでマニアックに復刻紙ジャケの出来合いを厳しい目でチェックされている方、まったく初聴の純粋な"新譜"として楽しんでいる方・・・ご意見・感想などをぜひコメントでお寄せください!

ワタクシ自身、復刻制作の作業に携わるのは初めてだったこともあり、社内外のたくさんの方々のご協力やお手伝いなくしては到底進行できませんでしたし、「ハカセの正直しんどい・・・」とつぶやきたくなる局面が何度もありました。

でも・・・試練ゆえに勉強になることばかりでしたし、強いこだわりゆえの愛情と執念(なんかドロドロ!)を考えうる最高の形で商品化出来たこと、企画段階の"内輪ウケ"で終わらず、世に出て、たくさんの方々に多くの反響を頂けたことに胸をなでおろしております。

"ガンバロン"をきっかけにたくさんの出会いもありました。以前の記事で紹介させていただいたAさん、ジャケット現物を快く提供してくださったKoiさん、復刻に向けての制作に奔走してくださった関係各社担当の皆さん、急な調整に何度も対応してくれた旧友でもあるデザイナーのUさん・・・ありがとうございました!

ディスクユニオンロボットヒーロー館限定特典用ということで紙ジャケットに快くサインをしてくださったガンバロン主人公、天道輝くん役を演じた安藤一人さん。貴重なサインを執筆を頂いたうえに、とても美味しいお食事までご馳走になってしまいました。気さくかつダンディな安藤さんは街行くたくさんの人から声をかけられる人気者!輝くん時代とは違った意味でカッコイイ方で感激してしまいました。記念のツーショット写真は宝物です。

そしてガンバロンの音楽担当、ゴダイゴ・リーダー、ミッキー吉野さん。ライナーノーツに貴重なエピソードを盛り込ませてほしいとのこちらからのお願いに快諾頂き、拙いインタビューに応じて頂きました(高崎さんありがとうございました!)。しかもなんと!現物を確認することを我々がほぼ絶望視していた、ガンバロンLPの貴重なオリジナル帯を提供していただき、その素材を元にデザインを起こしたレプリカ帯を急遽ディスクユニオン特典追加アイテムとさせて頂きました。・・・まさかミッキーさんご本人からお借りできるとは・・・今回の写真のように紙ジャケにクルっと巻けば1977年にタイム・スリップ!

そしてさらに・・・ミッキーさん栄光のアーティスト生活40年の歴史のなかでも一度のオファーとしては最高記録という、ン百枚分のディスクユニオン特典用直筆サインにも応じて頂きました。ガンバロン・ファン、ゴダイゴ・ファンの双方にインパクトのある、ディスクユニオン的にも歴史的な贅沢特典となりました。

ガンバロンの諸作品はもちろん、たとえばポールバター・フィールドの原曲を超えたカッコよさを誇るゴールデン・カップスの「ワン・モア・ハート・エイク」や、ずばりゴダイゴ「銀河鉄道999」でのハモンド・プレイをはじめ、数え切れない歴史的名演を奏で続けてきた国宝級のミッキーさん黄金の右手で心を込めてサインして頂いたものですので、皆さんのフェイバリット曲に思いを馳せながら眺めて頂くのも一興かと。ネット・オークションなんかに出品しないで大事に取っておこう!

今回のガンバロン制作におきましてご協力頂きましたすべての皆様、そしてお買い上げ頂きました皆様に心よりお礼申し上げます。またご迷惑をお掛け致しました各位には心よりお詫び申しあげます。

Posted by hakase at 01:14:10Comments(11)TrackBack(0) │ワルワル"ハカセ"のガンバロン制作日誌 ゴダイゴ ブログ はるかな旅へテイキングオフ TOP

少年タイムス号外!ガンバロン緊急ニュース!ディスクユニオン・オリジナル特典に新アイテム追加投入決定!

2007-04-04

6670.jpg 諸君!巨大怪獣オソロシゴリラが"白鳥の湖"の調べに合わせてバレエを踊り出しちゃうぐらいのビッグNEWSをお伝えしよう!

初CD化ガンバロン紙ジャケ、ディスクユニオンだけのオリジナル特典ラインナップ最終決定!

「小さなスーパーマン ガンバロン オリジナル・サウンド・トラック」ディスクユニオン各店および通販でご予約のお客様先着で・・・

その(1)なんと!ミッキー吉野氏直筆サイン入りガンバロンジャケット(もちろん商品とは別にお付けします!)を差し上げます!

その(2)ディスクユニオン・ロボットヒーロー館のみのプレミア限定特典として、ミッキー吉野氏とガンバロン主人公「天道輝」を演じた安藤一人氏の連名直筆サイン入りガンバロンジャケットを差し上げます! ご好評につき予定数量終了致しました。

さらにその(3)!1977年のLP発売当時のオリジナルデザイン帯を紙ジャケサイズに縮小したレプリカ帯・・・も付けちゃう事が決定しました!!すでにご予約頂いた方にはもちろんお付けしますので、ご心配なく。

特典の数には限りがございます。現在予約殺到中ですので、5/25の発売日まで間がある時点でもサイン入りジャケット確保分は予定数に達し次第、予約受付を終了とさせて頂きますので、ご希望の方はお早めにご予約下さい!

Posted by hakase at 00:03:39Comments(10)TrackBack(0) │ワルワル"ハカセ"のガンバロン制作日誌 ゴダイゴ ブログ はるかな旅へテイキングオフ TOP

ガンバロン!ガンバロン!30年目のCD発売までの道のり・・・その2

2007-04-03

「ガンバロンの件で・・・」ということで我々にコンタクトを取ってきてくださったのは当時の制作スタッフでもあるAさんでした。Aさんはガンバロンというキャラクターの状況が現在どのようになっているかを色々とご存知の方で「オリジナルLP時代のデザインでガンバロンCD化復刻を実現したい!」という我々の計画をお伝えすると、関係する方々や会社への調整役を買って出てくださったのです。まさにホワイトナイト!

そして2007年2月。ガンバロンのキャラクターを使用するにあたっての許諾確認が遂にクリア。「これでガンバロンのオリジナル・ジャケットが使える!」・・・と喜んだのも束の間、肝心の現物は我々の手元にはなかったのです。名うてのマニアックなレコードコレクター筋に聞き込み調査を行うも目ぼしい情報は得られず・・・

途方にくれていると、ふたたびこの人からの「やっぱり、こんなカンジのジャケでリリースすることになるぞ!」との脅し(カトちゃんの「アンタも好きネェ!」演出時にも匹敵する真っ赤っ赤なライトまでが既に用意されていたとのウワサ)をなんとか交わしつつ・・・

ガンバロンの主役、天道輝くんを演じた俳優、安藤一人さんのサイトの管理人を務めてらっしゃるkoiさんにコンタクトを取り、CD化の計画を明かした上で、ガンバロンのレコードジャケット現物をお借り出来ないでしょうか・・・とのこちらの申し入れを快諾していただき、数日後に貴重な現物をしっかりと受け取らせて頂きました。

そこから一気に、ガンバロンCD商品化に向け、怒涛の制作の日々が始まった・・・!

(つづく)

Posted by hakase at 00:58:56Comments(2)TrackBack(1) │ワルワル"ハカセ"のガンバロン制作日誌 ゴダイゴ ブログ はるかな旅へテイキングオフ TOP

ガンバロン ディスクユニオンだけのオリジナル”超強力”特典発表でごワル!!

2007-03-29

6631.jpg ディスクユニオンオリジナル特典決定!なんと!「小さなスーパーマン ガンバロン オリジナル・サウンド・トラック」をディスクユニオン各店および通販でご予約のお客様先着で・・・ミッキー吉野氏直筆サイン入りガンバロンジャケットを差し上げます!!

特典の数には限りがございます。お早めにご予約下さい!


P.S.さらなる追加特典も画策中ですので今後もお見逃しなく!今回ばかりは「そうはさせないぞ!ワルワル博士!」・・・とか言わないでくださいね!

Posted by hakase at 10:52:11Comments(8)TrackBack(0) │ワルワル"ハカセ"のガンバロン制作日誌 ゴダイゴ ブログ はるかな旅へテイキングオフ TOP

ガンバロン!ガンバロン!30年目のCD発売までの道のり・・・その1

2007-03-21

6563.jpg 以前掲載しましたガンバロンのCD化復刻決定の記事におきまして、数々のコメントを頂き、大変嬉しく思っております。反響の大きさに感謝するとともに、制作進行においても身の引き締まる思いです。というわけで、この作品がどのような経緯で30年ぶりの復刻リリース実現に至ったのか?赤裸々(!?)レポート記事を掲載していきたいと思います。

この計画がスタートしたのは、実はもう1年近く前のことでした。その後、正式に商品として発売するために必要な権利関係の洗い出しに着手したのは、ゴダイゴが再始動を遂げた東大寺コンサートの興奮さめやらぬ昨年の6月頃だったと記憶しています。

調査の結果、音源の許諾に関してはすぐにほぼクリアとの確認が取れました。「よっしゃ!」とガッツポーズをキメたのも束の間、"ガンバロン"のキャラクター画像を流用するにあたっての許諾調査は・・・困難を極めました。

なんといってもターゲットは30年ほど前の作品。当時の制作を担当していた「創英舎」は既に存在しない・・・しかしなんとしてでもオリジナルLP時代のデザインでの復刻を実現したい!

今回の復刻制作進行のアドバイザーとして助けてくれているディスクユニオン・スタッフのこの人からの「このままガンバロンの権利が不明で写真を使えないままだと、アンタ(つまりワタクシ)の顔のアップでこんなカンジのジャケでリリースするぞ!」との脅し("汗"演出用の霧吹きまでが既に用意されていたとのウワサ)をなんとか交わしつつ日々を悶々と過ごすこと約半年・・・

一時期は「計画自体が頓挫してしまうのか?」という最悪の袋小路(デッド・エンド)に追い込まれました。絶望感に打ちひしがれそうになりながらも・・・ある日、事態は急変した!なんとも心強い「ホワイト・ナイト」現る!!

・・・つづく

Posted by hakase at 23:47:42Comments(5)TrackBack(0) │ワルワル"ハカセ"のガンバロン制作日誌 ゴダイゴ ブログ はるかな旅へテイキングオフ TOP
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited