AORって何?

これでAOR通になれます....多分

ALESSI(アレッシー)の新作入荷しました。!!

2007-06-20

7298.jpg 2004年に約22年振りの新作を発表しAORファンをびっくりさせたALESSIが早くも2年後にリリースした新作が遂に入荷しました。!!

前作同様、全盛期を彷彿させるウェスト・コースト風味満載の内容となっており高音が魅力のハーモニーも健在です。

50歳は越えている彼ら兄弟ですが歳を感じさせない若々しい歌声を聞くと懐かしさと共に感動を憶えてしまいます。

現在彼らの70年〜80年代の作品は廃盤になってますので早く再発して欲しいですね。

Posted by fosterfrees at 01:27:50Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

DAVID FOSTERプレゼンツ、チャリティ・ライヴ入荷しました。

2007-03-05

6419.jpg アメリカで有名なデパートチェーンのJCPENNYにより2006年6月に開催されたチャリティ・ライヴ「CONCERT FOR AMERICAS KIDS」が入荷しました。

DAVID FOSTERとHUMBERTO GATICAが音楽プロデュースを担当しておりFOSTER関連から超ビッグまで幅広いジャンルのアーティストが参加した豪華な内容です。

STING,JON BON JOVI,3 DOORS DOWN,MARY J.BLIGE,JOHN LEGEND,CHRIS BOTTIのロック、R&B,JAZZのスーパースターの他FOSTERにゆかりがあるANDREA BOCELLI,ALEJANDRO SANZ,RENEE OLSTEAD,最近シングルを手掛けた新人KATHARINE MCPHEEらが参加しています。

そして何と言ってもバックが凄い!!。
PIANO:DAVID FOSTER
KEYBOARDS:GREG PHILLINGANES
GUITAR:DEAN PARKS,MICHAEL THOMPSON
BASS:NATHAN EAST
DRUMS:JOHN ROBINSON
PERCUSSION:PAULINHO DA COSTA
と、このメンツだけでも観る価値ありますね。

内容的にはFOSTERが2度目に来日したJTスーパープロデューサーのライヴに近い感じがします。

このライヴはCDとDVDの2枚組仕様となっておりCDは19曲、DVDは21曲収録されております。ただDVDはリージョン1ですのでリージョン1専用のプレイヤーかPCで再生可能ですのでお気を付けください。

こちらはサイト限定商品ですので在庫がなくなり次第品切れになるかもしれませんのでお早めに。

ご購入はこちらから

Posted by fosterfrees at 01:22:43Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

DAVID FOSTERもプロデュースで参加!!12歳のBIANCA RYANデビュー作

2006-11-21

5526.jpg アメリカの音楽コンクール番組で優勝した何と12歳のアーティストのBIANCA RYAN(ビアンカ・ライアン)のデビュー作品。

この作品のプロデューサーにはDAVID FOSTER(デヴィッド・フォスター)の他ROBBIE BUCHANAN(ロビー・ブキャナン),WALTER AFANASIEFF(ウォルター・アファナシフ)らが参加しておりあのDIANE WARREN(ダイアン・ウォーレン)も曲を提供しており新人としては凄いメンツでのデビューとなっております。

1曲目から12歳とは思えない彼女のヴォーカルにまずびっくりさせられます。(大人っぽい!!)
バラードが多く最近の女性アーティスト(ティーンエイジャー)の中でもトップクラスではないかと思います。

豪華なメンツにも負けないこの歌唱力は今後も楽しみです。

Posted by fosterfrees at 01:44:38Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

DAVID FOSTERプロデュース!!JOSH GROBAN新作発売!!

2006-11-21

5525.jpg DAVID FOSTER絶賛のアーティストJOSH GROBAN(ジョシュ・グローバン)の3枚目のアルバムが発売されました。

今回のプロデューサーはFOSTERはもちろん、GLEN BALLARD(グレン・バラード)など複数を起用しよりバラエティな出来になっており過去2作よりも完成度が高い作品に仕上がっていると思います。

特に英語詩の曲が約半数以上ありより親しみ易い内容です。
ハンコックが参加、リチャード・ペイジ作曲と豪華なメンツですがJOSHの素晴らしい歌唱力に相変わらず圧倒されます。

国内盤は2007年発売予定で輸入盤先行発売です。通常盤は13曲入り、DVD付きの特別盤は2曲プラスの15曲入り、更に彼のネット限定盤は全16曲入りとなっています。

Posted by fosterfrees at 01:15:23Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

MICHAEL MCDONALD(マイケル・マクドナルド)のギタリストBERNIE CHIARAVALLEソロ入荷しました。

2006-09-06

4734.jpg マイケル・マクドナルドアンブロージアに共作、ギタリストとして参加しているBERNIE CHIARAVALLEの2005年発表の作品が入荷しました。

恐らく3作目となる本作ですがギタリストと言うより彼のヴォーカルを全面に出した良質なAOR作品です。
ソング・ライティング力も高く殆どがミディアムテンポのゆったりとした曲でマイケルやデヴィッド・パックと一緒に仕事をしてきたのもうなずけます。

サビで入るウエスト・コーストっぽいコーラス(裏声もなかなか)やマイケルとの共作曲(1曲あり)など聴き所も満載の1枚です。

現在は何とあのマイケルの奥様のエイミー(AMY HOLLAND)の2006年発表の新作の仕事をしているとのことですので楽しみです。

試聴もここから出来ますので是非。!!

Posted by fosterfrees at 01:31:37Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

BILL CANTOS(ビル・カントス)新作入荷しました。!!

2006-08-30

4631.jpg DAVID FOSTER(デヴィッド・フォスター)と肩を並べる位の才能を持つアーティストとして95年に「明日巡り逢う君(WHO ARE YOU)」でソロデビューしたビル・カントスの2006年に発売された最新作「LOVE WINS -NEW STANDARDS FOR THE NEW MILLENNIUM-」が遂に入荷しました。

副題にもあるように今回はジャズ・スタンダード調が強いのですが全曲オリジナルと言うこともあり、どの曲も彼の世界を堪能できます。(相変わらずいい曲書きます。)

彼の心地いいピアノをアクセントにビッグバンド風、スウイング風、ボサノバ風(マイケル・フランクス風)など様々なアレンジの曲を演奏しておりどれも完成度の高い内容となっております。

全13曲の内2曲は前述の名作「WHO ARE YOU」のセルフカバーで聴き比べてみるのも面白いです。(タイトル曲の「WHO ARE YOU」はこっちの方が素晴らしい出来です。)

MIXはいつものBILL SCHNEE(ビル・シュニー)が担当しておりBACKにはBRIAN BROMBERGやLUIS CONTEも参加してます。

最近の正統派AORシンガーの中ではもちろん、コンポーザー、キーボーディストとしてもNO.1と言ってもいい位のビル・カントスの新作、是非聴いてみてください。

1,YOU'VE GOT ME
2,A LITTLE BIT OF HELP
3,DO I EVER
4,WHO ARE YOU
5,MORNING COFFEE
6,LOVE WINS
7,DON'T SAY A WORD
8,FORGIVE ME IN ADVANCE
9,GO 'WAY MOON
10,AVENUE 18
11,SUMMER DREAM
12,AFTER YOU SAY IT'S OVER
13,I FEEL YOU

Posted by fosterfrees at 03:06:15Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

DAVID FOSTER(デヴィッド・フォスター)プロデュースのMICHAEL BUBLE(マイケル・ブーブレ)新作国内盤発売!!

2006-08-21

4535.jpg 輸入盤発売から約1年半後にようやく発売されたMICHAEL BUBLEのセカンドアルバム「IT'S TIME(イッツ・タイム」。

今回、映画嫌われ松子の一生で1曲目の「フィーリング・グッド」が使われたこともあり話題になっておりますがその他も聴き所満載です。

前作同様、DAVID FOSTERとHUMBERTO GATICA(一部TOMMY LIPUMA)がプロデュースを担当している本作はカバー中心ですがオリジナル曲でFOSTERの娘のAMYが作曲に参加した「HOME」は哀愁漂うバラードでいい出来になってます。

その他ネリー・ファータドとデュエットした曲やなどありポップス寄りな作品も多くなっており最近話題になったJAMIE CULLUM(ジェイミー・カラム)を好きな方にもお薦めの1枚です。

Posted by fosterfrees at 03:26:38Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

マイケル・ラフ(MICHAEL RUFF)参加のBOB BANGERTER の2タイトル入荷しました。!!

2006-08-21

4534.jpg 先日、ご紹介したマイケル・ラフが参加したBOB BANGERTERの2タイトルも入荷しました。

まず2000年リリースのサードアルバムの「BLUE GROOVE」。 そして2004年の現在最新作の「ORDINARY MAN」の2枚です。

BOB BANGERTER、この人自体はギター&ヴォーカルでマイケル・ラフは共作及びキーボードとヴォーカルで参加しております。(レニー・カストロやコーネリアス・バンパスも参加してます。)

全体的にジャズアルバムですがマイケル・ラフの最近のジャズっぽい作品に仕上がってます。

Posted by fosterfrees at 02:50:50Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

MICHAEL RUFF(マイケル・ラフ)新作を含む4タイトル取り扱い決定!!

2006-08-17

4499.jpg TOMMY LIPUMAプロデュースによる84年リリースの名盤「ONCE IN A LIFETIME」(現在廃盤)で一躍AOR界で知られるようになったMICHAEL RUFF

その後もコンスタントに作品を発表していましたが自主制作やマイナーレーベルからのリリースの為あまり出まわってませんでしたが今回ディスクユニオンでは2005年発表の新作2枚を含め計4枚の取り扱いが決定しました。

●「FEELS GOOD」96年
●「LOVESONGS + LULLABIES」99年
●「EVERYTHING」05年
●「LOVE NEVER FADES」05年

この4作品になります。

新作も含め殆どアコギとピアノによるシンプルなサウンドでジャズ、フュージョン寄りなアレンジも多く大人のAORを聴かせてくれます。

近日入荷予定ですのでご期待ください。

一部入荷しました。!!

4作品共入荷しました。

Posted by fosterfrees at 01:49:51Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

JAY GRAYDON(ジェイ・グレイドン)国内盤発売決定!!

2006-07-21

4236.jpg 3月に入荷した輸入盤に続きようやくGRAYDONの「パスト・トゥ・プレゼント・ザ・70S(PAST TO PRESENT - THE 70S)」の国内盤発売が決定しました。

完全未発表音源のこの作品、国内盤のみGRAYDONによる詳細な曲解説訳が付く他、ボーナストラックの予定があります。

キングより8/23発売で定価2,800円です。

Posted by fosterfrees at 00:45:10Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

新鋭女性ジャズシンガーRENEE OLSTEADの新作をDAVID FOSTER(デヴィッド・フォスター)がプロデュース

2006-07-19

4218.jpg 2004年にDAVID FOSTERをプロデュースに迎えデビューしたシンデレラ・ガールRENEE OLSTEADの待望のセカンド・アルバムが間もなくリリースされます。

今回もFOSTERがプロデュースを手掛けておりタイトルは「SKYLARK」とちょっと意味深?ですね。

前作同様、オリジナルの他カバーもあるとのことですが詳しい情報はまだわかりません。

兎に角10代とは思えない歌唱力で圧倒したファーストだっただけに今回も期待大です。

詳細は8/1の発売日以降御報告します。

※9月発売に延期になりました。(詳しい発売日は未定です。)--->2007年2月に延期になってしまいました。

Posted by fosterfrees at 01:57:02Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

TOTO(トト)4曲入りマキシシングル入荷しました。!!

2006-07-19

4217.jpg 7年振りの新作「フォーリング・イン・ビトウィーン」を引っさげ来日も好評だったトトのニュー・シングル「BOTTOM OF YOUR SOUL-SUMMER 2006 TOUR EDITION」が入荷しました。

4曲入りのこのマキシシングルはFRONTIERSレーベルからのリリースで今のところ国内盤の予定はありません。---->すみません9/21に発売されます。

収録曲は
1. Bottom of Your Soul (radio edit version)
2. Gypsy Train (recorded live at Gampel Festival in Switzerland, August 2004)
3. Medley: "Africa" / "Rosanna" / "Bottom of your Soul" (recorded live in Bordeaux, France March 2006 TV mix)
4. Bottom of Your Soul (album version)
で23分の大作です。

新曲はありませんがルカサーがヴォーカルのミディアムチューンのタイトル曲の他、これでしか聴けないライヴが収録されており、シングルは限定ですので早めにゲットした方がいいですよ。

Posted by fosterfrees at 00:37:58Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

グレイドン、ルカサーなど超豪華アーティストが参加したスティーリー・ダン(STEELY DAN)トリビュート・アルバム発売!!

2006-06-01

3805.jpg スティーリー・ダン、AOR,ギタリスト好きの方は必聴の凄い作品がリリースされました。

「ROYAL DAN A TRIBUTE」と題したスティーリー・ダンのトリビュートアルバムです。
全曲インストで1曲ごとにメインギタリストが違う贅沢な作品です。
詳しいメンツは見ていただければわかりますが兎に角すごい!!

1,PEG--ROBBEN FORD
2,BODHISATTVA--STEVE MORSE
3,HOME AT LAST--JAY GRAYDON
4,AJA--AL DI MEOLA
5,PRETZEL LOGIC--STEVE LUKATHER
6,JOSIE--JEFF RICHMAN
7,DIRTY WORK--MIKE STERN
8,FEZ--JIMMY HERRING
9,FM--FRANK GAMBALE
10,HEY NINTEEN--ELLIOTT RANDALL

ジェイ・グレイドンスティーヴ・ルカサーから
ロベン・フォード、アル・ディ・メオラ、マイク・スターン、フランク・ギャンバルのジャズ、フュージョンの他、
スティーヴ・モーズ、ジミー・ヘリング、エリオット・ランドール、ジェフ・リッチマンと渋めまで全10曲共新録という内容です。(ジェフ・リッチマンはプロデュースも担当)

更に固定のバックバンドがスゴイ!!
ds:ヴィニー・カリウタ(VINNIE COLAIUTA),b:ジミー・ハスリップ(JIMMY HASLIP),key:ピーター・ウルフ(PETER WOLF),sax:アーニー・ワッツ(ERNIE WATTS)とベテランが固めてます。

各曲共オリジナルを尊重しつつも独自の世界を作り出した内容に仕上がっております。
グレイドンはもちろんランドールもスティーリー・ダンに参加したこともあり興味ある作品です。

輸入盤は近日入荷予定。国内盤は8月発売予定です。

Posted by fosterfrees at 23:12:58Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

ジョセフ・ウィリアムス今度はヴァーティゴ(VERTIGO)で新作発表!!

2006-05-29

3779.jpg 先日、新作を発売したばかりのジョセフ・ウィリアムスが今度はヴォーカリストとして参加したヴァーティゴの新作「ヴァーティゴ2」をリリースします。

前作でもヴォーカルで参加しており今回約2年8ヶ月振りと久々の作品は前回同様メロディアスなAOR〜ハード・ロックの内容になってます。

先日のカバー・アルバムはバラード中心でしたがこのヴァーティゴではトトに通じるサウンドでいきいきとしたジョセフの歌声を聴けるはずです。

輸入盤はFRONTIERSから6/9発売予定。
国内盤はキングから7/26発売予定です。国内盤はボーナストラックが予定されてます。

Posted by fosterfrees at 23:26:35Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

マイケル・フランクス来日決定!!&新作続報

2006-05-27

3758.jpg 6/28に久々の新作をリリースするマイケル・フランクスの来日が決定しました。

7/2〜4 7/6〜8の計6日、場所はBLUE NOTE TOKYOです。間近で見れるコンサートですので是非行きたいですね。

ところで新作の方ですがタイトルの「ランデヴー・イン・リオ」の通り、かなりブラジル色が強い内容となっておりプロデュースにジェフ・ローバー、ジミー・ハスリップらが参加しておりロビー・デュプリーとのデュエットもあり話題の1枚です。

ブラジル色が強いと言っても全体的にはやはりマイケル・フランクスのサウンドに仕上がった安心できる内容ですので是非チェックしてみてください。

Posted by fosterfrees at 01:48:03Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

ジョセフ・ウィリアムス(JOSEPH WILLIAMS)新作カバー・アルバム発売されました。!!

2006-05-25

3737.jpg 以前お知らせしましたジョセフ・ウィリアムスの待望の新作が遂に発売されました。

内容もお伝えしてましたが全曲カバーで楽器はピアノのみとジョセフのヴォーカルを十分堪能できる作品となっております。

1曲目の映画「アルマゲドン」からラストのセデスのCM曲まで誰もが聴いたことがある名曲ばかりです。
(映画使用曲が目立ちます。)

殆どオリジナルに忠実なアレンジですが聴いているとジョセフの持ち歌のような感じさえするいい仕上がりになってます。(曲にもよりますが。)

意外?な曲が少ないような気がしますが70年代から80年代のバラード中心の選曲で30歳以上の方には非常に懐かしく、若い方には新鮮に思える内容かと思います。

全部聴いて正直ジョセフの新作としては若干物足りなさは残りますがソロを出してくれただけでも満足です。(うーん、トトに復帰してくれないかな。)

1,I DON'T WANT TO MISS A THING(エアロスミス)
2,UNCHAINED MELODY(ライチャス・ブラザーズ)
3,BECAUSE YOU LOVED ME(セリーヌ・ディオン)
4,NOW AND FOREVER(リチャード・マークス)
5,YOUR SONG(エルトン・ジョン)
6,(EVERYTHING I DO)I DO IT FOR YOU(ブライアン・アダムス他)
7,HAVE I TOLD YOU LATELY(ロッド・スチュワート/ヴァン・モリソン)
8,CAN'T FIGHT THIS FEELING(REOスピード・ワゴン)
9,WE'RE ALL ALONE(ボズ・スキャッグズ)
10,CAN'T HELP FALLING IN LOVE(エルヴィス・プレスリー)
11,SAVE THE BEST FOR LAST(ヴァネッサ・ウィリアムス)

Posted by fosterfrees at 01:23:49Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

マイケル・フランクス(MICHAEL FRANKS)新作発売!!

2006-05-03

3522.jpg マイペースで活動を続けているマイケル・フランクスの約3年振りの新作の発売が決定しました。

タイトルは「ランデヴー・イン・リオ(RENDEZVOUS IN RIO)」で全11曲予定。日本盤のみ、あの名曲「アントニオの歌(ANTONIO'S SONG)のセルフカバーを収録。

詳細はまだ未定ですが夏〜秋には来日の予定もあるとのことですので予習にはもってこいですね。

6/28(水)発売予定。

Posted by fosterfrees at 15:25:21Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

元トト(TOTO)のジョセフ・ウィリアムス(JOSEPH WILLIAMS)久々の新作発表!!

2006-04-04

3199.jpg トトのアルバム「ファーレンハイト」と「セヴンス・ワン」の3代目のヴォーカリストとして活躍したジョセフ・ウィリアムスが久々にソロ・アルバムをリリースします。(父親はあの映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムスです。)

2003年にリリースされたヴァーティゴ名義以来ですがソロ・アルバムとして「3」からは何と9年振り5枚目となります。(「アーリー・イヤーズ」も含む)

まあジョセフの場合いろいろなユニットや他アーティストへの参加があり常に第一線で活躍していましたので久々とはあまり感じませんがやはり嬉しいですね。(最近ではシカゴの最新作に参加。)

気になる内容ですが今回は何と、ピアノの弾き語りのみで非常にシンプルです。そして楽曲は全てカバー曲と言うなんとなく日本独自企画のような感じです。

曲目はエアロ、ライチャス・ブラザーズ、リチャード・マークス、エルトンロッド、REOスピード・ワゴン、ボズエルヴィス、ヴァネッサ・ウィリアムスなど様々です。

ベタな曲が多いですがやはり彼の暖かいヴォーカルはピアノとの組み合わせで良く映えオリジナルとは違う世界を作ってくれると思います。

全11曲、WHDエンタティンメントから5/24発売予定です。

1,I DON'T WANT TO MISS A THING
2,UNCHAINED MELODY
3,BECAUSE YOU LOVED ME
4,NOW AND FOREVER
5,YOUR SONG
6,(EVERYTHING I DO)I DO IT FOR YOU
7,HAVE I TOLD YOU LATELY
8,CAN'T FIGHT THIS FEELING
9,WE'RE ALL ALONE
10,CAN'T HELP FALLING IN LOVE
11,SAVE THE BEST FOR LAST

Posted by fosterfrees at 01:23:07Comments(0)TrackBack(1) │AOR新作 AORって何? TOP

ボビー・コールドウェル新作(?)発売されました。!!

2006-03-25

3042.jpg ボビー・コールドウェル(BOBBY CALDWELL)の昨年に続き早くも新作と思いきや、今回ビクターから3/24発売されたCDはJAY GRAYDONと同じく(?)アルバム未収録曲やレア音源などを収録した日本編集の裏ベストアルバムな感じの内容となっております。

タイトルは「スペシャル・トゥ・ミー〜ジ・アザー・サイド・オブ・ボビー・コールドウェル」でヒット曲やアルバム収録曲もありますが今まで他のアーティストと共演したりサウンド・トラック・オンリー、企画アルバム、プロモ音源などをまとめたファン待望の1枚です。

例えばイエロー・ジャケッツのアルバムで参加した(5)(名曲です!!)や映画「マック」の使用曲(7)、ブレンダ・ラッセルとのデュエット(11)、小田和正トリビュートの(14)の他プロモ音源の(6)、(16)など聴き答え十分です。

更に最近TVのCMで使われた(15)も収録とツボを押さえた選曲ですね。
今回収録した曲以外にもまだまだレア音源はありますがこれだけでも収録できたことに素直に喜びたいと思います。今後第2弾が出ること願いながらこの全18曲を聴いてください。


(1)スペシャル・トゥ・ミー / ボビー・コールドウェル SPECIAL TO ME(Caldwell - Radcliffe - Shane) / BOBBY CALDWELL
(2)イッツ・オーヴァー / ボビー・コールドウェル
IT'S OVER(Caldwell) / BOBBY CALDWELL
(3)ワーズ / ボビー・コールドウェル WORDS(Caldwell) / BOBBY CALDWELL
(4)シー・ダズ・イット・ベター / ボビー・コールドウェル SHE DOES IT BETTER(Caldwell - Marx - Behringer) / BOBBY CALDWELL
(5)ロンリー・ウイークエンド / イエロージャケッツ・フィーチャリング・ボビー・コールドウェル
LONELY WEEKEND(Caldwell - Curiale - Lawson - Ferrante) / YELLOWJACKETS feat. BOBBY CALDWELL
(6)キャント・セイ・グッドバイ〔オリジナルTK ヴァージョン〕 / ボビー・コールドウェル
CAN'T SAY GOODBYE〔ORIGINAL TK VERSION〕(Perry - Caldwell) / BOBBY CALDWELL
(7)テイク・ミー、アイル・フォロー・ユー / ボビー・コールドウェル TAKE ME, I'LL FOLLOW YOU(Silvestri - Caldwell) / BOBBY CALDWELL
(8)ショウ・ミー / ボビー・コールドウェル
SHOW ME(Caldwell) / BOBBY CALDWELL
(9)イーヴン・ナウ〔ラジオ・エディット〕 / ボビー・コールドウェル EVEN NOW(Caldwell - Haslip) / BOBBY CALDWELL
(10)ワン・ラヴ / ボビー・コールドウェル
ONE LOVE(Caldwell) / BOBBY CALDWELL
(11)フー・アー・ユー? / ブレンダ・ラッセル&ボビー・コールドウェル WHO ARE YOU?(Cantos) / BRENDA RUSSELL & BOBBY CALDWELL
(12)トゥモロウ / ボビー・コールドウェル
TOMORROW(Caldwell - Marx) / BOBBY CALDWELL
(13)タンゴネラ / ボビー・コールドウェル
TANGONERA(M:Rachmaninoff / L:Seymour / Arr:Takahashi - Akita) / BOBBY CALDWELL
(14)君にMERRY X'MAS  MERRY X'MAS / ボビー・コールドウェル MERRY X'MAS(M / L:Kazumasa Oda / English Lyric:Geila Zilkha) / BOBBY CALDWELL
(15)ビヨンド・ザ・シー (トヨタ “エスティマ” TV-CM曲) / ボビー・コールドウェル BEYOND THE SEA(Lawrence - Trenet) / BOBBY CALDWELL
(16)風のシルエット 20th アニヴァーサリー・ヴァージョン〔エディー・ミーツ・ヤンナ・リミックス−ラジオ・エディット〕 / ボビー・コールドウェル
WHAT YOU WON'T DO FOR LOVE 20TH ANNIVERSARY VERSION〔EDDY MEETS YANNAH REMIX〕(Caldwell - Kettner / Remixed by Eddy Meets Yannah) / BOBBY CALDWELL
(17)ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイド / ヴァネッサ・ウイリアムズ&ボビー・コールドウェル
BABY, IT'S COLD OUTSIDE(Loesser) / BOBBY CALDWELL Duet with VANESSA WILLIAMS
(18)ネヴァー・ラヴド・ビフォー / ボビー・コールドウェル NEVER LOVED BEFORE(Caldwell - Marx) / BOBBY CALDWELL

Posted by fosterfrees at 01:03:59Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

15年振り!!シカゴ新作「XXX(30)」入荷しました。!!

2006-03-23

3021.jpg シカゴ(CHICAGO)待望のスタジオ新作「XXX(30)」が遂に入荷しました。!!
ファーストシングル「FEEL(フィール)」は何とロバート・ラムのリードヴォーカルで力強いミディアム・テンポでこれぞ正にシカゴのサウンドです。
以前このブログで紹介しましたがプロデューサーはカントリー・ポップス系のRASCAL FLATTS(ラスカル・フラッツ)のメンバーのJAY DEMARCUSが担当。
カントリー寄りのサウンドになるのかとちょっと心配しましたが全くの無用です。往年のサウンドもしくは「19」に近い仕上がりで自信を持っておすすめできます。
参加ミュージシャンではギターにDAN HUFF(ダン・ハフ),バック・ヴォーカルでJOSEPH WILLIAMS(ジョセフ・ウィリアムス)、BOBBY KIMBALL(ボビー・キンボール)の名前もあります。
それにしても15年待ったかいはあるニューアルバムです。是非聴いてみてください。!!
ちなみに国内盤は4/26発売予定です。

Posted by fosterfrees at 02:18:45Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

キター!!JAY GRAYDON入荷しました。!!

2006-03-21

3003.jpg お待たせ致しました。遂にJAY GRAYDON(ジェイ・グレイドン)の新作が入荷しました。店舗は3/21からの販売ですが通販では絶賛販売中です。こちらからどうぞ。AIRPLY(エアプレイ)が好きな方は必聴です。
その他ではドナルド・フェイゲン(DONALD FAGEN)のDVD-オーディオ付きも入荷しております。評判もいい新作是非高音質で聴いてください。

Posted by fosterfrees at 00:58:48Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

ドナルド・フェイゲン新作入荷しました。!!

2006-03-15

2965.jpg 13年振りのサード・アルバム『モーフ・ザ・キャット(Morph the Cat)』がようやく入荷しました。
1曲目からスティーリー・ダン〜ドナルド・フェイゲン節全開で相変わらずの仕事振りです。
尚DVD-オーディオ付き仕様は若干発売日が遅れる他、国内盤は3/29発売に延期になっております。
ところで富田ラボの2/22に発売された新作の中で高橋幸宏と大貫妙子がデュエットしている曲(プラシーボ・セシボン)があるのですが、これがスティーリー・ダンしていてとてもいいです。1度聴いてみてください。

Posted by fosterfrees at 23:18:04Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

JAY GRAYDON新作近日入荷!!

2006-03-15

2964.jpg お待たせしました。今年AOR話題の1枚JAY GRAYDONのニュー・アルバム『Past to Present - the 70s』のディスクユニオンでの取り扱いが決定致しました。
近日入荷予定で只今ご予約受付中です。
こちらで3曲試聴もできますので是非お聴きください。1曲目からかなりやばいです。更にDAVID FOSTERのシンセが絡む3曲目はもろエアプレイで強力です。
こちらの商品はサイト限定商品の為限定数の入荷になりますので品切れの際は御了承下さいませ。
売価は\4,290(税込み)予定とちょっと高めですが現状,国内盤発売の予定もなく通常のお店では取り扱いもありませんので在庫がある内にお早めにお求めくださいませ。

Posted by fosterfrees at 22:49:38Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

アレッシー新作です。!!

2006-03-02

2799.jpg ビリーとボビーのアレッシー兄弟、70年代前半から活動し甘いヴォーカルと爽やかなハーモニーで大活躍した彼らが82年以来何と22年振りにリリースした新作がディスクユニオンにようやく入荷しました。
1曲目を聴いた感想は今は恐らく50歳代と思いますが当時と変わらない歌声でビックリ!!
2曲目以降は懐かしさが溢れてきて自然に涙が出てきてしまいました。(本当です!!)
最後まで一挙に聴いた後は感動ものでもう1回聴き直し更に過去の作品も引っ張り出して感動に浸りながらアレッシーを聴きまくりました。
兎に角アレッシーを好きな方はもちろん、何かAOR系でいい新作がないかと探している方是非聴いてみてください。これはいいですよ。!!

Posted by fosterfrees at 02:34:23Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

JAY GRAYDON新作続報

2006-02-24

2736.jpg 2月発売予定のジェイ・グレイドンの新作の新しい情報です。
前回、新作とお伝えしましたが全曲デモ&レア音源集となっておりました。お詫び致します。
曲目も発表されておりこれがすごいことになってます。
1. IF THERE'S A WAY (3:04)
2. WHAT GOOD IS LOVE (3:22)
3. YOU CAN COUNT ON ME (4:01)
4. YOU'RE MY DAY (2:54)
5. SHOULD WE CARRY ON (3:56)
6. SECRET LOVE (3:39)
7. SHE WAITS FOR ME (3:32)
8. THROW A LITTLE BIT OF LOVE MY WAY (4:19)
9. I FALL IN LOVE EVERY DAY (3:21)
10. LOVE FLOWS (4:10)
11. LOVE FLOWS - melody guide version (4:23)
12. TED'S THEME #2 - without Ted's "Rap" (1:05)
13. TED'S THEME #2 - with Ted's "Rap" (1:05)
14. TED'S THEME #1 (1:23)
15. TED'S THEME #1 - with Ted's "Rap" (1:23)
16. TED'S THEME #1 - only the tail of Ted's "Rap" (0:22)
17. SONY JINGLE (1:09)
18. IF THERE'S A WAY - instrumental track (3:04)
19. WHAT GOOD IS LOVE - instrumental tracks (3:22)
20. IT'S RIGHT TO BE IN LOVE (3:21)
21. One more bonus track for the Japanese version, which will be released later this spring or early summer.
以上の20曲で11曲目からはボーナストラックで21曲目は日本盤のみのボーナストラックになります。
曲目からお分かりのようにエアプレイの2曲(5,7)やビル・チャンプリンの1STの曲(2,19),竹内まりや(6)などデモ音源の他、映画提供曲や未発表曲もあり全て70年代の貴重な音源ばかりです。
詳しいことは彼のHPの最新情報をご覧下さい。こちらです。
日本盤は春か初夏リリース予定で輸入盤は近日発売予定ですが現在取り扱い未定となってます。
兎に角早く聴きたいですね。又情報が決まり次第ご報告します。

Posted by fosterfrees at 01:44:51Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

CHICAGOニューアルバム続報

2006-02-08

2541.jpg シカゴの15年振りの新作発売が決定しましたが今回は続報です。
先行シングルのタイトルは「FEEL」で2/14リリース予定です。アルバム『30』はちょっと延びて3/21の予定となっております。
プロデューサーはカントリーグループのRASCAL FLATTSのメンバーのJAY DEMARCUSが担当。
ジャケ写も到着です。兎に角期待大の新作、新しい情報が来次第アップします。

Posted by fosterfrees at 01:12:31Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

ジェイ・グレイドン、ニューアルバム発表決定!!

2006-01-29

2432.jpg 昨年暮れにジェイ・グレイドン(JAY GRAYDON)のHPでニューアルバムが2月発売と発表がありました。
デヴィッド・フォスターを始めトトの面々(ジェフも!!)、ビル・チャンプリンなどの参加もあり正に70年代以降のAORサウンドを再現したような作品のようです。
恐らく録音時期もだいぶ前の物もあるのではないかと思います。現在正確な発売時期や配給会社など未定で入荷時期は不明ですが近日中に入荷する予定です。
新作と一緒の来日も祈ってます。

Posted by fosterfrees at 02:49:40Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

シカゴ15年振りニューアルバム発表!!

2006-01-29

2430.jpg 遂にオリジナル・アルバムとしては「21」以来何と15年振りのシカゴ(CHICAGO)の新作発売が決定しました。
幻のアルバム「STONE OF SISYPHUS」の後、ビッグ・バンド、クリスマス、ライヴ、ベスト、BOX,過去作品のリマスターなどのリリースはありましたがようやく待望の新作が出ます。
詳細は不明ですがHPを見るかぎりはメンバー交代もなく期待大です。
発売日は3/14予定でRHINOからのリリースです。
新作も当然楽しみですがAORファンとすれば「16」以降のリマスター盤の発売も期待したいところです。
(写真は2005年発売のベストです。)

Posted by fosterfrees at 01:55:23Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

TOTOニューアルバム発表!!

2006-01-26

2363.jpg オリジナル・アルバムとしては「マインド・フィールズ」以来7年振りの新作となるトト
本作ではグレッグ・フィリングスが正式にメンバーになり6人での作品になってます。気になる内容ですが1曲目がボビー・キンボールのボーカルでかなり骨太でハードなサウンドでびっくりしましたが全体的にはやっぱりトトです。ジョセフ・ウィリアムスがヴォーカルで参加した曲は『セブンス・ワン』っぽい仕上がりですし、スティーヴ・ポーカロやジェイソン・シェフ、シカゴ・ホーンなども参加でバラエティな内容になっております。
リード・ヴォーカルはボビー、ルカサー、ペイチの他グレッグもソウルフルな歌声を聴かせており若干ルカサー色が強かった以前よりトトとしてのまとまりを強く感じた1枚です。5月の来日までは取りあえずこの新作を聴きこんでください。

Posted by fosterfrees at 03:44:31Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

ドナルド・フェイゲン13年振りの新作!!

2006-01-22

2303.jpg スティーリー・ダン(STEELY DAN)ドナルド・フェイゲン(DONALD FAGEN)が前作「カマキリアド」以来何と13年振りのサード・アルバムをリリースします。前作の時もファースト・アルバム「ナイトフライ」から11年振りでしたので相変わらずのマイ・ペース振りを発揮しております。
新作のタイトルは「モーフ・ザ・キャット(Morph the Cat)」で国内盤は3/8発売予定。輸入盤は3/7発売予定です。国内盤はボーナストラックが予定されております。そして輸入盤はCDとCD+DVDオーディオの2種類が発売されます。DVDオーディオの内容はアルバム収録曲のサラウンド・サウンド・ヴァージョンを収録されます。
収録曲は
1,Morph the Cat
2,H Gang
3,What I Do
4,Brite Nitegown
5,The Great Pagoda of Funn
6,Security Joan
7,The Night Belongs To Mona
8,Mary Shut the Garden Door
9,Morph the Cat (Reprise)
の全9曲。只今ディスクユニオンでは予約受付中です。期待して待ってください。

Posted by fosterfrees at 00:53:49Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

LAVA/ALIBI

2006-01-21

2287.jpg 北欧のメロディック・ハード・ロック・バンド、LAVA(ラヴァ)の、2005年の通販限定CDです。
過去の作品はもろ北欧っぽかったのですが今作は正にAORと自信を持って言える内容です。
ミディアム・テンポの曲が多く、エレピやアコギ、サックスなどをアクセントにしトトや時にはドナルド・フェイゲンっぽい感じに仕上がっており80年代を彷彿させる1枚です。

Posted by fosterfrees at 00:59:23Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP

JACK WAGNER/DANCING IN THE MOONLIGHT

2005-11-11

1286.jpg 80年代中盤に新人ながら「オール・アイ・ニード」が全米NO.1になり一躍有名になったジャック・ワグナー。80年代にリリースした2枚のアルバムはトトエアプレイなどの参加でAORとしても高い評価を受けてました。その後ハードっぽいサウンドに転向しながらも音楽活動は続けており今回なんと12年振りに新作(5作目)を発表しました。本作は彼のサイト限定商品の為ちょっと高めですが内容はアコースティックで落ちついた大人のAORを聴かせてくれます。デヴィッド・フォスターでお馴染みのジェフ・ペシェットがプロデューサーで参加していることで曲のクォリティも高く暖かいサウンドですので秋から冬のこの時期にぴったりのおすすめの1枚です。購入はコチラ

Posted by fosterfrees at 02:00:48Comments(0)TrackBack(0) │AOR新作 AORって何? TOP
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited