AORって何?

これでAOR通になれます....多分

AOR/POPS BOY MEETS GIRL(ボーイ・ミーツ・ガール)の ファースト入荷しました。

2006-10-05

5033.jpg 男女2人のユニット、BOY MEETS GIRLの85年の幻のファースト・アルバムが遂に入荷しました。

シャノンの優しく透明感のあるヴォーカルとジョージの暖かく爽快感のあるヴォーカルが全面に出ており、曲もキャッチーで極上のポップスを聴かせてくれます。

ヒットした1曲目の「OH GIRL」を筆頭に全曲、明るく聴きやすい内容になっております。(全曲彼らの作品です。)
(当時のピーター・ウルフのプロデュース作品を彷彿させる音作りです。)
個人的にはポール・ジャクソン・Jrのカッティング・ギターもいい味を出していてお気に入りです。

ちなみにジャケットは有名な写真家のノーマン・シーフが担当しております。

同時に2003年の最新作「WONDERGROUND」も入荷。こちらは落ちついた感じに仕上がってますが彼らの歌声は何も変わっておらず、安心して聴ける1枚です。

Posted by fosterfrees at 03:13:33Comments(0)TrackBack(0)

AIRPLAYのカバーでお馴染みのSHEILA(シェイラ)入荷しました。!!

2006-10-05

5032.jpg フランスでは人気のあるシェイラ(SHEILA)が81年にリリースしたもろAORの作品「LITTLE DARLIN'」が入荷しました。

ベテラン・プロデュサーのキース・オルセンの下、マイク・ベアード、デニス・ベルフィールド、アラン・パスカ、ビル・チャンプリン、トム・ケリー、リチャード・ペイジらがバッグを務めた、当時日本でも話題になった1枚です。

ビルとリチャード、トムの黄金コンビのコーラスは強力で、特にあのエアプレイの1曲目「ストランデット」のカバーは聴き応え十分で(この曲のカバーは多分これだけだと思いますが。)オリジナルと聴き比べるのも面白いですね。やはり彼らのコーラスを聴くとエアプレイを思い出します。

他にはマンフレッド・マンズ・アース・バンドの82年のヒット曲「ランナー」のオリジナル(?)も収録されてます。

同時に77年と79年作品も入荷。
こちらはディスコ・ソウル・サウンド系で79年作のは何とあのシック(CHIC)のナイル・ロジャーズとバーナード・エドワーズがプロデュースを担当しています。

Posted by fosterfrees at 01:03:22Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited