AORって何?

これでAOR通になれます....多分

AOR中古CDセール開催!!

2006-09-27

4948.jpg ディスクユニオン稲田堤店では9/30(土)にAOR中古CD新着ミニセールを開催します。

廃盤等は殆どありませんが定番中心にめずらしい物も含め約80点放出します。
セール品の一部の画像などはこちらでご案内してます。

最近入荷の新品も取り揃えてますので是非ご覧くださいませ。

写真は出品予定のマイケル・マクドナルドの2枚目のクリスマス・アルバムです。

Posted by fosterfrees at 01:48:04Comments(0)TrackBack(0)

DAN SEALS(ダン・シールズ)の82年作のセカンドが再発、入荷しました。

2006-09-13

4821.jpg DAVID PACKのファーストを再発したアメリカのレーベル、WONDED BIRDからあのイングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーダン・シールズのセカンド・ソロアルバム「HARBINGER(ひとりぼっちの部屋)」が再発されました。(99年にCD化になりその後廃盤。)

今でもカントリー界で現役で頑張っている彼ですが82年の本作はもろAOR路線の内容で爽やかな作品に仕上がっております。

1曲目のウィルソン・ブラザーズのカバーから始まり5曲目はエアプレイの「IT WILL BE ALRIGHT」、8曲目のグレン・バラード作の爽快なミディアムナンバーなどイングランド〜時代のウエスト・コースト・ミュージッグの世界が広がります。

前作、ファーストである「STONES」はデヴィッド・フォスターTOTOの面々が参加していたこともありちょっと硬い感じがしたサウンドですが(これはこれで良かったですが)このセカンドはグループ時代の暖かい感じに戻った作品です。

今回の再発にあたり曲目の変更はありませんが裏ジャケットは違います。(本作も国内の予定はありません。)

Posted by fosterfrees at 03:34:49Comments(0)TrackBack(0)

DAVID PACK(デヴィッド・パック)ファーストが再発、入荷しました。!!

2006-09-13

4820.jpg AOR〜プログレファンを魅了したあのアンブロージア(AMBROSIA)のヴォーカリスト、デヴィッド・パックの85年リリースのファースト・アルバムが遂に再発されました。

92年にCD化されましたが廃盤になってしまいこの作品もプレミアがついていましたのでうれしい事件です。

85年と言うこともあり打ちこみ系が多いサウンドでマイケル・マクドナルドのセカンド「ノー・ルッキング・バック」に雰囲気が似ている感じです。

そのマイケルも作曲&バッキング・ヴォーカルでサポートしている他、ランディ・グッドラム、ジェフ・ポーカロ、ジェイムス・ニュートン・ハワードなどメンツも豪華です。

各曲もミディアム系を中心に良い曲ばかりで、特にバラードが素晴らしい出来です。
アンブロージアの名曲「ビッゲスト・パート・オブ・ミー」似の「THAT GIRL IS GONE」など彼の裏声が十二分に発揮されております。

昨年発売された新作が気に入った方はもちろん、AOR〜ブルー・アイド・ソウルが好きな方必聴の1枚です。

US盤、WOUNDED BIRD レーベルからのリリースで曲目等の変更はなし、裏ジャケが当時と違いますので持っている方も要チェックですよ。(国内の予定はありません。)

Posted by fosterfrees at 02:40:57Comments(0)TrackBack(0)

ベストヒットU.S.A.でお馴染みVAPOUR TRAILS(ヴェイパー・トレイルズ)再発決定!!

2006-09-08

4753.jpg 80年代に小林克也氏のVJで人気だった「ベスト・ヒットU.S.A.」(復活して今もCSで放送中)のテーマ曲に使われ日本で大ブレイクしたヴェイパー・トレイルズ(当時はVT'S-ヴィーティーズ)が再発されます。

99年にCD化された後、廃盤になっており再発が待たれていた1枚です。(オリジナルは79年。)

番組に使用された曲「DON'T WARRY BABY(サーフサイド・フリーウェイ)」がやはり目玉ですがラリー・カールトンがプロデュースしたこともありAOR〜FUSIONのサウンドに仕上がっております。

メンバーはイギリス出身のセッションミュージシャン仲間ですがカールトンの他マイケル・オマーティアン、ビル・チャンプリン、トム・スコットらも参加もあり見事なウェスト・コースト,AORを展開したスカッとした作品です。

ワーナーさんより11/22発売予定です。

Posted by fosterfrees at 00:20:08Comments(0)TrackBack(0)

あの隠れたAORの名作FRANK STALLONE(フランク・スタローン)入荷しました。

2006-09-06

4735.jpg ロッキーでお馴染みの俳優のシルベスター・スタローンの弟のフランクが83年に発表のAOR作品「FRANK STALLONE」が入荷しました。

ハード・ポップ調の「FAR FROM OVER」がヒットしたことで有名なアルバムですが実はこの曲以外は80年代前半の良質なAORの作品に仕上がってます。(若干ハードっぽい曲もありますが。)

ペイジズっぽいミディアム・メロウな3,(裏声もいいですよ。)、フェンダー・ローズとホーンの絡みが絶妙な5、ビル・ラバンティ作曲の7、ペイジズのカバーの9、切ないバラードの10など本当いい曲ばかりです。

更に本作と同時に77年発表の彼が在籍していたグループVALENTINEも入荷しました。
この作品はブルー・アイド・ソウルっぽい内容で当時のファンク、R&Bのアレンジ満載のサウンドでこちらもおすすめです。

ちなみにフランクはここ、VALENTINEはここから試聴できます。


1. Far From Over
2. Music Is Magic
3. Love Is Like a Light
4. Darlin
5. If We Ever Get Back
6. She's So Popular
7. Runnin
8. Once More Nver Again
9. I Do Believe in You
10. Fly Together

Posted by fosterfrees at 02:33:33Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL MCDONALD(マイケル・マクドナルド)のギタリストBERNIE CHIARAVALLEソロ入荷しました。

2006-09-06

4734.jpg マイケル・マクドナルドアンブロージアに共作、ギタリストとして参加しているBERNIE CHIARAVALLEの2005年発表の作品が入荷しました。

恐らく3作目となる本作ですがギタリストと言うより彼のヴォーカルを全面に出した良質なAOR作品です。
ソング・ライティング力も高く殆どがミディアムテンポのゆったりとした曲でマイケルやデヴィッド・パックと一緒に仕事をしてきたのもうなずけます。

サビで入るウエスト・コーストっぽいコーラス(裏声もなかなか)やマイケルとの共作曲(1曲あり)など聴き所も満載の1枚です。

現在は何とあのマイケルの奥様のエイミー(AMY HOLLAND)の2006年発表の新作の仕事をしているとのことですので楽しみです。

試聴もここから出来ますので是非。!!

Posted by fosterfrees at 01:31:37Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited