AORって何?

これでAOR通になれます....多分

BILL CANTOS(ビル・カントス)新作入荷しました。!!

2006-08-30

4631.jpg DAVID FOSTER(デヴィッド・フォスター)と肩を並べる位の才能を持つアーティストとして95年に「明日巡り逢う君(WHO ARE YOU)」でソロデビューしたビル・カントスの2006年に発売された最新作「LOVE WINS -NEW STANDARDS FOR THE NEW MILLENNIUM-」が遂に入荷しました。

副題にもあるように今回はジャズ・スタンダード調が強いのですが全曲オリジナルと言うこともあり、どの曲も彼の世界を堪能できます。(相変わらずいい曲書きます。)

彼の心地いいピアノをアクセントにビッグバンド風、スウイング風、ボサノバ風(マイケル・フランクス風)など様々なアレンジの曲を演奏しておりどれも完成度の高い内容となっております。

全13曲の内2曲は前述の名作「WHO ARE YOU」のセルフカバーで聴き比べてみるのも面白いです。(タイトル曲の「WHO ARE YOU」はこっちの方が素晴らしい出来です。)

MIXはいつものBILL SCHNEE(ビル・シュニー)が担当しておりBACKにはBRIAN BROMBERGやLUIS CONTEも参加してます。

最近の正統派AORシンガーの中ではもちろん、コンポーザー、キーボーディストとしてもNO.1と言ってもいい位のビル・カントスの新作、是非聴いてみてください。

1,YOU'VE GOT ME
2,A LITTLE BIT OF HELP
3,DO I EVER
4,WHO ARE YOU
5,MORNING COFFEE
6,LOVE WINS
7,DON'T SAY A WORD
8,FORGIVE ME IN ADVANCE
9,GO 'WAY MOON
10,AVENUE 18
11,SUMMER DREAM
12,AFTER YOU SAY IT'S OVER
13,I FEEL YOU

Posted by fosterfrees at 03:06:15Comments(0)TrackBack(0)

DAVID FOSTER(デヴィッド・フォスター)プロデュースのMICHAEL BUBLE(マイケル・ブーブレ)新作国内盤発売!!

2006-08-21

4535.jpg 輸入盤発売から約1年半後にようやく発売されたMICHAEL BUBLEのセカンドアルバム「IT'S TIME(イッツ・タイム」。

今回、映画嫌われ松子の一生で1曲目の「フィーリング・グッド」が使われたこともあり話題になっておりますがその他も聴き所満載です。

前作同様、DAVID FOSTERとHUMBERTO GATICA(一部TOMMY LIPUMA)がプロデュースを担当している本作はカバー中心ですがオリジナル曲でFOSTERの娘のAMYが作曲に参加した「HOME」は哀愁漂うバラードでいい出来になってます。

その他ネリー・ファータドとデュエットした曲やなどありポップス寄りな作品も多くなっており最近話題になったJAMIE CULLUM(ジェイミー・カラム)を好きな方にもお薦めの1枚です。

Posted by fosterfrees at 03:26:38Comments(0)TrackBack(0)

マイケル・ラフ(MICHAEL RUFF)参加のBOB BANGERTER の2タイトル入荷しました。!!

2006-08-21

4534.jpg 先日、ご紹介したマイケル・ラフが参加したBOB BANGERTERの2タイトルも入荷しました。

まず2000年リリースのサードアルバムの「BLUE GROOVE」。 そして2004年の現在最新作の「ORDINARY MAN」の2枚です。

BOB BANGERTER、この人自体はギター&ヴォーカルでマイケル・ラフは共作及びキーボードとヴォーカルで参加しております。(レニー・カストロやコーネリアス・バンパスも参加してます。)

全体的にジャズアルバムですがマイケル・ラフの最近のジャズっぽい作品に仕上がってます。

Posted by fosterfrees at 02:50:50Comments(0)TrackBack(0)

ブルー・アイド・ソウルのスタイラスのピーター・カップルズのソロ入荷しました。!!

2006-08-21

4533.jpg 未だにファンの熱い支持を集めるオーストラリア出身のメロウ・ブルー・アイド・ソウル・グループの最高峰スタイラス(STYLUS)のリーダーだったピーター・カップルズ(PETER CUPPLES)のソロ作品5タイトルが一挙に入荷しました。


82年のファーストから2005年の最新作までどの作品もいいのですが中でも84年のセカンド「HALF THE EFFORT TWICE THE EFFECT」は80年代のAOR風味抜群の名盤です。(ホーンはシーウィンドです。)

詳しくは各タイトルのコメントをご覧下さい。
うーんマクサスの曲は爽快です。!!

Posted by fosterfrees at 01:49:27Comments(0)TrackBack(0)

DANN HUFF(ダン・ハフ)がプロデュースで参加RASCAL FLATTS の新作発売!!

2006-08-17

4500.jpg シカゴの新作の時にご紹介したRASCAL FLATTS(ラスカル・フラッツ)が新作をリリースしました。タイトルは「ME & MY GANG」

彼らはAORと言うよりかカントリー・コンテンポラリー・ポップスに近いサウンドでアメリカでは非常に人気があるみたいです。

今回の新作はあのダン・ハフが共同プロデューサーとして参加して勿論ギターも弾いてます(ソロもあります。)
前作からの延長のサウンドですがメロディが相変わらず良くできておりバイオリンやピアノなども印象的に使っており彼らの成長した音を聴けます。

やはり今回も国内盤は出ないみたいです。(何でですかね。)

Posted by fosterfrees at 02:13:01Comments(0)TrackBack(0)

MICHAEL RUFF(マイケル・ラフ)新作を含む4タイトル取り扱い決定!!

2006-08-17

4499.jpg TOMMY LIPUMAプロデュースによる84年リリースの名盤「ONCE IN A LIFETIME」(現在廃盤)で一躍AOR界で知られるようになったMICHAEL RUFF

その後もコンスタントに作品を発表していましたが自主制作やマイナーレーベルからのリリースの為あまり出まわってませんでしたが今回ディスクユニオンでは2005年発表の新作2枚を含め計4枚の取り扱いが決定しました。

●「FEELS GOOD」96年
●「LOVESONGS + LULLABIES」99年
●「EVERYTHING」05年
●「LOVE NEVER FADES」05年

この4作品になります。

新作も含め殆どアコギとピアノによるシンプルなサウンドでジャズ、フュージョン寄りなアレンジも多く大人のAORを聴かせてくれます。

近日入荷予定ですのでご期待ください。

一部入荷しました。!!

4作品共入荷しました。

Posted by fosterfrees at 01:49:51Comments(0)TrackBack(0)

CHICAGO(シカゴ)AOR名作「16」「17」が再発決定!!

2006-08-17

4498.jpg DAVID FOSTERがプロデュースを担当したシカゴの82年作「16」と84年作「17」がRHINOからリマスター&ボーナストラック付きで再発されます。!!


9/12発売予定の2枚にはそれぞれ1曲づつボーナストラックが収録されます。詳しい情報は不明ですがDAVID FOSTER絡みの未発表曲の可能性もありますのでかなり期待大です。

リマスターもうれしいですが「17」の「PLEASE HOLD ON」がLPバージョンかどうかも気になるところです。
(一応国内の編集盤でCD化されてますが...)

4月に「16」〜「21」までが国内盤で再発されましたがこちらはボーナストラックなしでしたので既に持っている方も要チェックですよ。

後はこの勢いで「18」のリマスターと「STONE OF SISYPHUS」の発売されればすごいですが。

9/30発売に延期になりました。--->10/3発売に再延期です。
※ボナトラは何と「16]は2曲、「17」は3曲収録予定です。!!--->すみません1曲づつでした。

Posted by fosterfrees at 01:20:47Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited