AORって何?

これでAOR通になれます....多分

DAVID ROBERTS(デヴィッド・ロバーツ)遂に発売されました。!!

2006-07-28

4293.jpg AORの激レア盤だったデヴィッド・ロバーツが遂に発売になりました。!!

トトやエアプレイなど豪華ミュージシャンが多数参加しているこの作品、産業ロックっぽいイメージがあり確かににそう言う曲もありますがミディアム〜バラードは良い曲が多く名盤と言っても過言ではありません。

クリストファー・クロスを彷彿させる曲などは正に当時のAORの音です。全曲デヴィッドの作曲ですが今回のライナーノーツには彼の最新のインタビューも載っており彼の音楽のルーツやリリースの裏話しなどが詳しく書いてあります。

今回の再発は紙ジャケ、リマスター仕様でもありますので是非聴いてみてください。

Posted by fosterfrees at 01:55:06Comments(0)TrackBack(2)

JAY GRAYDON(ジェイ・グレイドン)国内盤発売決定!!

2006-07-21

4236.jpg 3月に入荷した輸入盤に続きようやくGRAYDONの「パスト・トゥ・プレゼント・ザ・70S(PAST TO PRESENT - THE 70S)」の国内盤発売が決定しました。

完全未発表音源のこの作品、国内盤のみGRAYDONによる詳細な曲解説訳が付く他、ボーナストラックの予定があります。

キングより8/23発売で定価2,800円です。

Posted by fosterfrees at 00:45:10Comments(0)TrackBack(0)

STEPHEN BISHOP(スティーヴン・ビショップ)紙ジャケでの再発2タイトル決定!!

2006-07-21

4235.jpg 映画「トッツィー」の挿入歌「君に想いを(IT MIGHT BE YOU)」のヒットや同じく映画「ホワイト・ナイト」の主題歌「セパレート・ライヴズ(SEPARATE LIVES)」---ヴォーカルはフィル・コリンズ&マリリン・マーティン---の作者として有名なSTEPHEN BISHOPの廃盤だった2タイトルが紙ジャケで再発されます。

ひとつは80年作の「哀愁マンハッタン(RED CAB TO MANHATTAN)」で3枚目のアルバムです。
マイク・マイニエリとトミー・リピューマをプロデューサーに迎えたこの作品にはクラプトン、フィル・コリンズ、アート・ガーファンクルの大御所からガッド、ニール・ラーセン、ラス・カンケル、ウィリー・ウィークスらがバックを固めた名盤です。

ファーストの「オン・アンド・オン」のようなヒット曲はありませんが非常にまとまっており完成度は高い1枚です。

もう1枚は89年に久々にリリースされた4枚目の「ボウリング・イン・パリス(BOWLING IN PARIS)」です。

こちらはプロデューサーにマイケル・オマーティアンらを起用したことで70年代のピアノ中心のサウンドから一転してシンセや打ちこみ系が多いサウンドになっております。

と言ってもこの人の魅力は暖かいヴォーカルと曲の良さにつきますのでこの作品もいい出来になっております。
個人的にはミディム・スロウの「パークド・カーズ(PARKED CARS)」は「君に想いを」路線で当時聴きまくりました。(今聴いても素晴らしい!!)

2枚共紙ジャケ仕様で9/20発売予定。VIVIDより。

Posted by fosterfrees at 00:11:34Comments(0)TrackBack(0)

GINO VANNELLI(ジノ・ヴァネリ)紙ジャケリリース決定!!

2006-07-20

4234.jpg カナダ出身のAORシンガーGINO VANNELLIのA&M時代の6作品が紙ジャケでリリースされます。

73年のファースト「クレイジー・ライフ」から78年の大ヒット作品の「ブラザー・トゥ・ブラザー」まででそれぞれ最新マスタリング音源(予定)での再発になります。

今もコンスタントに新作を発表していますがやはり彼は70年代のこの6作品と81年の「ナイトウォーカー」は完成度が高くおすすめです。

ユニバーサルより8/23発売予定。定価2,141円

○クレイジー・ライフ(73年)
○パワフル・ピープル(74年)
○ストーム・アット・サンナップ(75年)
○ジスト・オブ・ジェミニ(76年)
○ポーパー・イン・パラダイス(77年)
○ブラザー・トゥ・ブラザー(78年)

Posted by fosterfrees at 23:13:57Comments(0)TrackBack(0)

新鋭女性ジャズシンガーRENEE OLSTEADの新作をDAVID FOSTER(デヴィッド・フォスター)がプロデュース

2006-07-19

4218.jpg 2004年にDAVID FOSTERをプロデュースに迎えデビューしたシンデレラ・ガールRENEE OLSTEADの待望のセカンド・アルバムが間もなくリリースされます。

今回もFOSTERがプロデュースを手掛けておりタイトルは「SKYLARK」とちょっと意味深?ですね。

前作同様、オリジナルの他カバーもあるとのことですが詳しい情報はまだわかりません。

兎に角10代とは思えない歌唱力で圧倒したファーストだっただけに今回も期待大です。

詳細は8/1の発売日以降御報告します。

※9月発売に延期になりました。(詳しい発売日は未定です。)--->2007年2月に延期になってしまいました。

Posted by fosterfrees at 01:57:02Comments(0)TrackBack(0)

TOTO(トト)4曲入りマキシシングル入荷しました。!!

2006-07-19

4217.jpg 7年振りの新作「フォーリング・イン・ビトウィーン」を引っさげ来日も好評だったトトのニュー・シングル「BOTTOM OF YOUR SOUL-SUMMER 2006 TOUR EDITION」が入荷しました。

4曲入りのこのマキシシングルはFRONTIERSレーベルからのリリースで今のところ国内盤の予定はありません。---->すみません9/21に発売されます。

収録曲は
1. Bottom of Your Soul (radio edit version)
2. Gypsy Train (recorded live at Gampel Festival in Switzerland, August 2004)
3. Medley: "Africa" / "Rosanna" / "Bottom of your Soul" (recorded live in Bordeaux, France March 2006 TV mix)
4. Bottom of Your Soul (album version)
で23分の大作です。

新曲はありませんがルカサーがヴォーカルのミディアムチューンのタイトル曲の他、これでしか聴けないライヴが収録されており、シングルは限定ですので早めにゲットした方がいいですよ。

Posted by fosterfrees at 00:37:58Comments(0)TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited