ROCK'N CAT BABY

猫好きのうわ言です。

blog内検索
プロフィール
好きなものは、猫、鎌倉、ジブリ機内食カンボジアMARK STEWARTココアCHANDANまい泉のカツサンド月見バーガーハンチング、アボガド、ディープ・ブルー、映画のチラシ、チョコあ〜んぱん陶芸、オープンシャツなどなど。
最新記事の表示
リンク集
最新邦楽シングルチャート
1、ASIAN KUNG-FU GENERATION/ワールドアパート
2、柴咲コウ/影
3、倖田來未/WIND
4、絢香/I believe
5、TOKIO/Mr.Traveling Man
最新洋楽アルバムチャート
1、オムニバス/姫トランス
2、ジェイムス・ブラント/バック・トゥ・ベッドラム
3、ベント・ファブリック/ジュークボックス
4、ジャック・ジョンソンandフレンズ/シング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム:キュリアス・ジョージ
5、セルジオ・メンデス/タイムレス

ALBUM LEAF!!!

2006-02-03

2505.jpg 最近、友達に連れられて東京都庁に行ってまいりました。もちろん展望をしに行ったのですけど、夕方の時間にちょうどいったら夕日のきれいなこと。久々に感動しました。高い場所に行くと何だかいろんなことがどうでもよくなりますね。んで、夕日をあびながらボーっとしてたら何だかエレクトロニカな音が聞きたくなったんです。そこで今日は、ALBUM LEAFの「IN A SAFE PLACE」を紹介。ボーっとしているところをさらにボーっとさせてくれるアルバムです!いい!

ALBUM LEAF/IN A SAFE PLACE

Posted by chiro at 20:09:04Comments(0)TrackBack(0) │その他

NO NEW YORK!!!

2006-01-19

2268.jpg とりあえず、ずっと放置していてごめんなさい。。
今年もこんな気ままなブログをよろしくお願い致します。
今回は、今朝、中野にあったクラシックという喫茶店の話をしていて思い出したV.A./NO NEW YORKのCDを紹介しようと思います。クラシックという喫茶店を簡単に説明しますと、昭和5年に創業して以来、中も外もほとんど変わらない状態で営業をし、店内に入るとそこはもう昭和の世界。ボロボロのソファとスピーカーと決しておいしいとは言えないコーヒー。しかし、ボロボロのスピーカーから流れるクラシックは趣きがあってレコードに針を置いたときに出るパチパチって音がたまりません。
私もよく行っては、何時間も居座っていました。
で、何でこの喫茶店でNO NEW YORKが思い出されるのかというと、この喫茶店にNO NEW YORKに参加しているバンド、「DNA」の日本人ドラマー、モリイクエがよく来ていたらしいのです。クラシックとモリイクエ、意外な感じもしますが、そんな繋がりを思うとおもしろい気がします。
もう終わってしまいましたが去年の末に帯、特典付のNO NEW YORK紙ジャケも出ていたことですし、年の出だしとしてもう一度聞いてみるのも良いと思います。

V.A./NO NEW YORK

Posted by chiro at 18:33:40Comments(0)TrackBack(0) │その他

FLAMING LIPS!!!

2005-11-07

1233.jpg 最近、私が休みの日にかぎって天気が悪い。
ちっとも洗濯物が外で干せなくて嫌になります。
天気の良い日に風に揺られる洗濯物を見ながらベッドでゴロゴロしたいのです。

で、全然関係ないんですけど、この前、友人の車で首都高からベイブリッヂを走ってた時に思い出した曲がありました。FLAMING LIPSの「THE SOFT BULLETINの1曲目「RACE FOR THE PRIZE」。何故かこの曲のイントロを聞くと東京ラブストーリーを思い出すんですよね。今にも「カンチ!」とか聞こえてきそう。キラキラしてる感じが月9っぽいのです。夜のベイブリッヂってやっぱりベタベタなドラマを思い出させます。ということで、ベイブリッヂを通るときはとりあえず聞いてみて下さい。たぶんベタベタな気分になって笑えてきます。

FLAMING LIPS/THE SOFT BULLETIN

Posted by chiro at 20:10:40Comments(0)TrackBack(1) │その他

PIXIES!!!

2005-11-01

1142.jpg 先週末、同じROCK部門のOさんにピクシーズのトリュビュートアルバム(FEEDとか惑星とかがカヴァーしているやつ)を借りました。そして日曜日、友人に貸してたピクシーズのDVDが返ってきました。この友人とは以前、女子3人でピクシーズのコピーバンドをしていました。ちなみにそのときの私の担当はギター。そんなことを思い出して久しぶりにピクシーズ聴こうかなっていう気分になったので、今回は紹介するまでもないですがピクシーズです。
ピクシーズの曲がかっこいいのはもちろんですが、メンバーのルックスと出す音のギャップにまず衝撃でした。目を疑いました。バンドマンらしさが全然ない。ピクシーズはその点においてもすごいです。
そして、ポップでキャッチーな曲にあの絶叫ヴォーカルとソリッドなギター。
かっこいいっす。

Posted by chiro at 19:16:04Comments(0)TrackBack(0) │その他

MAXIMUM JOY!!!

2005-10-31

1129.jpg 先週、MAXIMUM JOYが入荷しました。
タイトルはUNLIMITED(1979-1983)。
シングルから7曲、ファースト・アルバムから4曲の編集盤です。
ポップ・グループ好きの私としてはもちろん即買いしました。サーモンピンクのジャケもかわいいし。
何か、ポップ・グループ、マーク・スチュワートグラクソ・ベイビーズリップ・リグ&パニックと、この辺の入荷が続いていて、個人的にうれしい。MAXIMUM JOYはこの辺の中では一番聴きやすい感じだと思います。わりとサラッと聴ける。
最近、天気も気温もハッキリしなくてテンションも落ちぎみですが、これ聴くとちょっとテンションが上がりますよ。

MAXIMUM JOY/UNLIMITED(1979-1983)

Posted by chiro at 20:43:35Comments(0)TrackBack(0) │その他

FLYING LIZARDS!!!

2005-10-24

991.jpg この給料日前の時期になると必ず口ずさみたくなる曲があります。それは、FLYING LIZARDSの「MONEY」。

I want money That's what I want.

とてもストレートな気持ちですけど。。

この曲の入っているFLYING LIZARDSのファーストアルバムは、当時6ポンド程度で作られたと言うのだからびっくりです。実際、聴いてみると納得してしまう音ですけど。しかし、このチープですき間だらけの音が良い味出してるのです。ヴォーカルもその辺の女子に歌ってもらいましたという感じで良い!全然やる気ないけどポップです!

FLYING LIZARDS/MUSIC FACTORY

Posted by chiro at 20:01:57Comments(0)TrackBack(0) │その他

DEAD 60s!!!

2005-10-20

927.jpg そう言えば、先週末ラッキーなことが一つありました。競馬で当たったのです!私、今まで競馬というかギャンブル全般に興味なかったのですが、両隣(特に左側)の競馬好きの人の影響で、最近は絶対に勝つ!っていうレースの時だけ少し賭けてみることにしてるんです。まぁ100円とか200円なんですけど。。。それで、この前の日曜にあった秋華賞でエアメ・サイアとライン・クラフトの馬連を買っといてもらったら、みごとに当たりました〜。160円儲かっただけですけど。。けど、少しでも儲かれば、とりあえずうれしい。
ギャンブルで勝ってウカレ気分の時は、最近流行りのDEAD 60sでもかけて飛んだり跳ねたりしたいものです。リヴァプールのデルタ・ソニックレーベルからでたロックでファンクでパンクでダブでやんちゃな音です。何かこれ聴くと無茶したくなるんです。

DEAD 60s/DEAD 60s

Posted by chiro at 17:41:04Comments(0)TrackBack(0) │その他

P.I.L.!!!

2005-10-19

893.jpg 週末、雨が微妙に降る中、美容院に行ってきました。
私は、昔から美容院て場所があまり好きではありません。何か緊張するのです。小さい頃、よく美容院に行って変な髪形にセットされると、文句も言えずに泣きそうな顔で家までダッシュして帰ったことを思い出します。けど髪の毛を切ったり染めたりすると新鮮な気持ちになります。
その夜、外は雨でなぜか久しぶりにP.I.L.が聞きたくなりました。ジャー・ウォブルの重低音ベースと金属的なギターにジョン・ライドンのヴォーカルとこれがまたかっこいい。特にベースのグルーヴ感といったらしびれます。そしてP.I.L.の曲は夜の雨に合う!

P.I.L./METAL BOX

Posted by chiro at 16:22:02Comments(0)TrackBack(1) │その他

WHO MADE WHO!!!

2005-10-14

798.jpg この前の日曜日、親戚の結婚式に行ってきました。当然ドレスなんて持っていない私は、母親の着物を着て出席致しました。着物に慣れていない私は、動きのすべてがどこか不自然。着物を着るとずいぶんと動きが制限されてしまうのです。普段、いかに楽な服を着ているのかということがよくわかります。せっかくの披露宴の料理も半分も食べられなかった。けど意外とこの窮屈な感じは身が引き締まる気がするのです。たまに着るのも良いのではないかと思いました。そして、窮屈な着物をきているということで、勢いのあるハジけた音楽が私は欲しくなったのです。
そこで、今回はGOMMAレーベルWHO MADE WHOを紹介します。ベルリンでGIGOLOレーベルのDJ HELLがヘビープレイしていたというWHO MADE WHOのサティスファクション。かっこいいです。軽い感じで思わず踊りたくなります。たとえ着物でも踊りたくなります。ぜひ一度、踊ってみてください!

WHO MADE WHO / WHO MADE WHO

Posted by chiro at 20:02:39Comments(0)TrackBack(0) │その他

JAMES CHANCE !!!

2005-10-12

751.jpg やっときましたよ!ジェイムス・チャンスの新譜が!
まずジャケがかっこよい!特典ポスターに至ってはそれだけでもいいから欲しい!ってくらいの渋さです。日本限定ってのがまた嬉しい。
7月にあった代官山UNITでのライブがよみがえってきます。もう確かに見た目はおじさんだけど、ビシッときめた白のスーツに50代とは思えないライブパフォーマンスがとても熱かった。。久々にドキドキしました。
今回出た新譜は、今までよりも少し大人な部分が加わったような感じでした。でもあの狂ったような破壊的な感じは相変わらずです!意外とこの微妙に寒くなってきた秋に合うのかなって思いました。

JAMES CHANCE & TERMINAL CITY / GET DOWN AND DIRTY!

Posted by chiro at 20:42:49Comments(0)TrackBack(0) │その他
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited