紙ジャケットCD-紙ジャケ プログレの美学-

紙ジャケットCDとプログレッシヴロックを徒然なるままに散策した日記です。紙ジャケ、プログレがメインです。

 
 

ポポル・ヴー紙ジャケ POPOL VUH

2006-12-28

5313.jpg マヤ文明の創世神話であるポポル・ヴーからその名が創造されたポポル・ヴーの初期名作が一気に8タイトル紙ジャケ最新リマスターで甦ります。無機質な音のパラダイムで綴られるファースト、メロディが加わり緩やかなムーグシンセとアコースティックな響きで浪漫な香り放つファラオの庭、そしてもはやこの地上からではなく天空から舞い降りた旋律をソプラノヴォイスを絡ませピアノでゆっくりとミサ曲のように響かせる美しく神秘的な楽曲で構成されたホシアンナ・マントラ、ロックのダイナミズムを内省界に染み込ませた一人の狩人と七人の狩人などどれもがブリティッシュでは響かないドイツの神秘の森から創生された深い音響派の世界です。

ディスクユニオン特典はホシアンナマントラ・ボックスと8cmシングルです。



Posted by archangel_takekawa at 07:44:25Comments(0)TrackBack(0) │ジャーマン・ロック
紙ジャケットCD-紙ジャケ プログレの美学- TOP

マニュエルゲッチングE2-E4紙ジャケ MANUEL GOTTSCHING

2006-08-20

4530.jpg 来日記念&E2-E4初ライヴ記念としてマニュエル・ゲッチング MANUEL GOTTSCHINGの名盤E2-E4が紙ジャケ化されます。しかも今回の紙ジャケはチェス板のマスに沿ってのエンボス仕様でのオリジナルでの再現ですし、本人によるリマスターでの最新盤となります。当時リリースされたとき、アシュラのあのなんともいえないドイツの深い森的な陰なシーケンスでのメロディからがらりと変わったシーケンスで賛否両論のアルバムでしたが、今聞くと時代の先を睨みながらも我を貫いた孤高のアルバムであることを体感でき、ある意味極みも見える名盤と思います。

ディスクユニオンでは来日記念としてTシャツ&紙ジャケボックス付き限定版(LサイズMサイズ)も同時に発売します。

その他E2-E4グッズ多数(キャリングバッグ、タオル、スウェットバッグ、コットンバッグなど)通販で購入できます。

マニュエルゲッチング出演のメタモルフォーゼ情報(現地ディスクユニオンブースでもマニュエル関連販売いたします)
DATE:
8月26日(土)〜27日(日) オールナイト公演
開場/開演 開場16:30/開演18:00 閉演8/27(日)9時頃
開催地 自転車の国 サイクルスポーツセンター (伊豆市修善寺)
〒410-2402 静岡県伊豆市大野1826
◇料金
前売券 ¥12,000
当日券 ¥15,000

-SOLAR STAGE-
MANUEL GOTTSCHING(E2-E4世界初ライブ),SLEEPWALKER featuring PHAROAH SANDERS,O.D.D.((MIKE BANKS、GABE GONZALEZ
(PARLIAMENT/FUNKADELIC)等が参加)),KONONO No.1,SUNSHINE JONES (EX DUBTRIBE SOUND SYSTEM),THE BAYS,BLACK STROBE,
沼澤尚+勝井祐二ユニット etc...


-LUNAR STAGE-
MARK FARINA,DJ SNEAK,DJ PATIFE Featuring live vodals from Cleveland Watkis,DJ AKi,LUCIANO,JOHN DAHLBACK,SEBASTIEN LEGER,DJ Q'HEY


-PLANET STAGE-
MARK FARINA (MASHROOM JAZZ SET),IDJUT BOYS (Dan Tyler Conrad McDonnell from London/UK),EYE,KAORU INOUE,CALM,
FUMIYA TANAKA,KIHIRA NAOKI,GOTH-TRAD,DJ NOBU,DIESEL-U-MUSIC 2006 WINNERS



Posted by archangel_takekawa at 20:30:52Comments(49)TrackBack(6) │ジャーマン・ロック
紙ジャケットCD-紙ジャケ プログレの美学- TOP

CAN カン紙ジャケ 第三弾

2006-03-03

2819.jpg 昨年、絶頂期の8タイトルが紙ジャケでリリースされたCANの残された作品がリリースされます。メンバー本人たちが納得していないOut Of Reachを除く後期の作品(SAWDELIGHT、FLOWMOTION、CAN、RITETIME)中心になりますが、81年に発表されたDELAY1968のみマルコム・ムーニー加入直後のデビュー前68年の音源により構成された未発表曲集のため、モンスターの足音が聞こえるカンニバリズム脈動する作品となっています。

ディスクユニオン特典はそのDELAY1968のジャケットのボックスです。



Posted by archangel_takekawa at 14:23:03Comments(0)TrackBack(1) │ジャーマン・ロック
紙ジャケットCD-紙ジャケ プログレの美学- TOP

カン CAN 紙ジャケット 8月5日発売決定

2005-12-09

78.jpg カンボックス限定20セット販売します。この機会に是非どうぞ

延期になっていたカンの紙ジャケットCD4タイトル、「フューチャーデイズ」、「スーン・オーヴァー・ババルマ」、「ランデッド」、「アンリミテッド・エディション」がいよいよ8月5日に発売されます。もっとも奔放にソリッドに遊戯している傑作です。驚嘆のリアル且つクリアなリマスターですので、音質も保証付です。細部の音まで聞こえます。そして8タイトル購入特典が初の円形ボックスで例のカン詰をモチーフに再現したものです。是非この機会に缶詰を手に入れてください。中に『CAN/SOUNDTRACKS』『CAN/TAGO MAGO』英国アナログ盤デフ・ジャケットも入っているはずです。



Posted by archangel_takekawa at 10:28:22Comments(1)TrackBack(2) │ジャーマン・ロック
紙ジャケットCD-紙ジャケ プログレの美学- TOP

ラ・デュッセルドルフ LA DUSSELDORF 紙ジャケ

2005-09-02

274.jpg ラ・デュッセルドルフ LA DUSSELDORFの紙ジャケもリリースされます。10/21発売です。紙ジャケに相応しいか悩みました。タンジェリン・ドリーム、アシュラテンペルのような紙ジャケならではのジャケット・アート的なものでもないし、確かにリリースされた当時は「どこがプログレか」とそのスタイルの違いに違和感を覚えたのは確かです。それから20年以上経た今革めて聴くとデュッセルドルフの軽い音階と音響的な唸りこそ斬新=プログレだったと感じてしまいます。ディシプリンを思い出してください。当時驚きましたよね。違う音で。でも衝撃ですし、今聴くと結構インパクトあってやっぱりKCっていつのまにか捉えていませんか?デュッセルドルフも「VIVA」というあの文字と音響こそ次の時代を睨むアートだったのではと思います。久しぶりに聞いてみようではありませんか。ということで、ユニオン限定特典はもちろんVIVAボックスです。



Posted by archangel_takekawa at 14:14:15Comments(1)TrackBack(0) │ジャーマン・ロック
紙ジャケットCD-紙ジャケ プログレの美学- TOP