志は高く腰は低く〜今日のファッションのポイント?首から下げたエビアンです!

五島勉の「ノストラダムス」本以上の真実、「プラトニックセックス」を超えた性描写、ダン池田本並みの感動、石原真理子「ふぞろいの秘密」を彷彿とさせる理不尽さ、ジェームス三木の秘密の手帳に迫るデータ力で綴っていきます。

80'Sの終わり、そして新しいロックの夜明け

2008-10-14

9978.jpg まさかカズが自ら死を選ぶなんて!
どんなに追い詰められても、絶対にへこたれなかったあのカズが・・・
昔、とあるパーティーでお会いし軽くお話させてもらったことがあるのですが、決して自殺するようなタイプではない、言い方を選らばなけば「図太い」人だったと思ったのですが。
あくまでも憶測ですが、これは「逃避のため」の自死でなく、もっとこう「能動的」というか、何かのアピールとしての自死のような、新たな「ロス疑惑」を誕生させるためのような・・・

そんなカズの死のニュースをレコ発のライブ後に聞くや「これは何かの陰謀だ!恐ェよ!」と断言した葉蔵氏率いる「中学生棺桶」のNEWアルバム「告白を強いる伝染源」が10月10日にリリース!
リフ!リフ!日本語の唄!リフ!リフ!明確な意思と敵意!リフ!リフ!といった具合のめちゃくちゃガッゴィィィロックサウンド、DOOM PUNKサウンドに仕上がっております。
まだまだこういうコクのあるバンドはいるもんですよッ!

そして、その中学生棺桶のアートワークを担当するhayashi3が遂に漫画家デビュー!処女でないのに処女作のタイトルは「三十路OLモザイク日記」
筆者の周りにいるコクが溢れる人物達や男と女の間に流れる深い川や、筆者自身のただれた性遍歴を赤裸々に描く一作。マンガ+コラムの融合、これぞ「マンコラム」!
中学生棺桶のメンバーももちろん登場しております!

ユニオン各店で購入可!中学生棺桶にはスペシャルDVDR付!
中野店では大キャンペーン中につき、通常特典の他に特製バッヂ、「三十路OLモザイク日記」にもスペシャル特典(書き下ろし漫画入りしおり)もお付けしております。
さらに両方買ったらサイン入りポスター付!
ご来店はお早めに!

カズの死、王さんの勇退、清原の引退・・・ようやく80年代というキラキラした時代が終わりを告げたことを受け止めようと思います。
いい時代だったなぁ。

Posted by africakennel at 17:45:07TrackBack(0)
TOP OF PAGE
blog.diskunion.net ©2005 disk union company limited